笠井 アナ 余命。 笠井信輔アナが語った「悪性リンパ腫」その衝撃の発覚経緯とは?

笠井信輔アナ、がんは全身に散らばっている状況「生存率は7割」

笠井 アナ 余命

目次 「笠井信輔アナウンサーのがん(悪性リンパ腫)の症状は? 悪性リンパ腫は発生場所によっては自覚症状が分かりづらいと言われていますが、笠井アナウンサーは悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかる前から、体調不良を感じていたそうです。 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)の主な症状は以下の通りです。 典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少。 中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)などがみられ、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。 引用: 笠井アナが感じていた体調不良は、 頻尿、腰痛、急激な体重減少(-3kg)だったようです。 頻尿は前立腺肥大症が原因と思われますが、腰痛や体重減少は悪性リンパ腫の症状でしょう。 現在はがんが全身に広がっている状態ということで、日常生活の中でも肩や腰に強い痛みを感じていると話しています。 現在は市販薬の中でも一番効くという鎮痛剤を飲みながら仕事をしているようで、痛みが緩和される時間は平均4時間、調子が良いと6時間持続するとのことです。 痛み止めが切れるとかなりの激痛が肩と腰を襲うそうなので、早めに治療に入って欲しいなと感じました。 また、12月7日に放送された『 鉄道沿線ひたすら歩き旅6』では、40km以上歩いた後に肩の強い痛みを訴えています。 撮影されたのが10月下旬だったそうなのですが、笠井アナは「たくさん歩いて疲れたからだと思っていたが、思い返してみればあれが悪性リンパ腫の予兆だったのかもしれない」と話していました。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーががん(悪性リンパ腫)になった原因は? 笠井アナウンサーが悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)というがんになってしまった原因は何なのでしょうか。 健康な状態であればリンパ球の中にがんが生まれてしまっても、自身の免疫細胞が排除してくれるので、がんにはなりません。 しかし、免疫力が低下していると免疫細胞が勝つことが出来ずに、がん細胞が過剰に増殖してしまうのです。 笠井アナウンサーも 多忙で免疫力が落ちていたところにタイミング悪くがんが発生して増殖してしまったのかもしれませんね。 また、がん専門サイト「がん治療. com」には、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の原因が以下のように記載されています。 【免疫不全】 先天性及び後天性の免疫不全の罹患者または、免疫不全を引き起こす薬剤の治療を受けた場合、非ホジキンリンパ腫のリスクが増大することが報告されています。 【細菌感染】 日本では胃に発生する悪性リンパ腫が多く、ヘリコバクター・ピロリ菌と非ホジキンリンパ腫の感染の関係性が報告されています。 【ウイルス感染】 ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-Iウィルス)の感染や、C型肝炎ウイルスの感染が非ホジキンリンパ腫の感染と関係していることが報告されています。 【農薬および化学物質の暴露】 除草剤、害虫駆除剤、肥料を職業的に扱っている作業者と非ホジキンリンパ腫の発生との関係が明らかになっています。 また、有機溶剤、有機塩素系殺虫剤、ポリ塩化ビフェニールも非ホジキンリンパ腫の原因になり得るという報告があります。 【ダイエットや生活習慣】 動物性たんぱく質の摂取や脂肪の摂取が非ホジキンリンパ腫の原因になり得るとの報告があります。 引用: これらはあくまでも原因として考えられる、報告されているというレベルですが、遺伝性のものというよりは私たち自身の生活習慣が元で発生する可能性があるということでしょうか。 悪性リンパ腫は1万人に1人がかかるがんと言われていますが、原因を見ると誰が発症してもおかしくないと感じます。 悪性リンパ腫を予防する方法は? 悪性リンパ腫を予防する方法としてはがん専門サイトに明確な記述はありませんでした。 上記で挙げた「悪性リンパ腫の原因と考えられることを習慣にしない」ことが大切なのではと思います。 免疫力を高める• 除草剤・害虫駆除剤の使用時には十分注意する• 動物性タンパク質の過剰摂取に気をつける など、私たちの生活の中で気をつけられることは多くありそうです。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーのように悪性リンパ腫を早期発見する方法はあるの? 笠井アナは9月のフジテレビ退職後に頻尿や腰痛に悩まされ、体重が3kg減少したことも「多忙のため」と思っていたそうです。 しかし、あまりに続く体調不良に病院で検査をしたところ前立腺肥大だったことが分かり、その際に肩と腰が病巣の悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかっています。 ということは、 「多忙が原因だ」「加齢が原因だ」と自己判断して検査を受けに行っていなかったら病状は悪化していたに違いありませんね。 体調不良での早期受診や定期的ながん検診がいかに大切なものかを思い知らされます。 特に自覚症状が出づらい病気は発見が遅れることも多いようです。 乳がんで亡くなった小林麻央さんもそうでしたよね。 悪性リンパ腫を早期発見するためには、.

次の

間垣親方も罹った『悪性リンパ腫』余命・予後は〇年だった?!原因・症状・治療・予防対策方法とは

笠井 アナ 余命

元小結時天空の間垣親方『悪性リンパ腫』で死去… 日本相撲協会は2017年1月31日、元小結時天空の間垣親方(本名・時天空慶晃=ときてんくう・よしあき)が同日午前1時12分に悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去したと発表しましたた。 享年37歳だという若さだった。 間垣親方は現役だった2016年1月に悪性リンパ腫の治療で入院していることを公表していましたね。 2015年7月ごろから右脇腹に痛みが発生し、同10月から抗がん剤治療に取り組んでいたのです。 土俵への復帰を目指していましたが、5場所連続全休の末、36歳だった2016年8月に引退を発表し、年寄『間垣』を襲名しました。 引退会見時には 抗がん剤治療を終え、腫瘍が小さくなったことを明言していましたね。 時津風部屋の部屋付き親方として『若い人を指導しながら、ともに成長したい』と今後について話していました。 その後は親方の業務をこなしていたが、2016年11月の九州場所から休場し、治療に専念していたんです。 部屋の力士には30日夕方に病状の悪化が伝えられていました。 遺体は31日午前3時ごろ、東京・墨田区の時津風部屋に戻った。 通夜は2月6日午後5時、告別式は同7日午前11時半から、いずれも東京・墨田区の回向院念仏堂で営まれるそうです。 喪主は父ジグメド・アルタンガダスさんとの情報です。 悪性リンパ腫ってどんな病気?治るの? そもそも悪性リンパ腫とはどんな病気なのかというと 『血液がん』の一つ。 体内に存在するリンパ系組織で起こるがんで、リンパ節の腫大を主な症状とするが• 胃 などの消化管や他の臓器といったリンパ節以外の組織に浸潤をきたすこともあるのです。 このリンパ系組織とは、全身に広がる細い管である 『リンパ管とリンパ節』で成り立っています。 よく知られているのは わきの下や頚部、鼠径部(足のつけ根)などだが、脾臓や胸腺(胸骨の裏側にある組織)と扁桃もリンパ系組織の一部なのです。 悪性リンパ腫の種類は50!? 悪性リンパ腫はその組織の違いにより大きく• ホジキンリンパ腫• 非ホジキンリンパ腫 とに分けられます。 ホジキンリンパ腫はさらに4型に分けられます。 非ホジキン・リンパ腫もさらに10種類以上に細分化され、その症状は緩やかに進展するものから急速に進展し、急性白血病と同様の症状をきたすものまで極めて多種多様。 国際的に用いられるWHO分類ではリンパ腫細胞の性質や発生部位などで 約50種類のタイプに分類される。 悪性リンパ腫などの血液のがんは、診断される時期に全身に広がっている場合が多いため、他のがんのように手術が初期治療の選択肢とはならず、 化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療が行われるのです。 悪性リンパ腫の多くがこうした治療の効果が大きいため、治癒や長期間の病状コントロールが本来期待できます。 緩やかに進行する悪性リンパ腫の場合には、そのまま治療をせずに経過観察をすることもあるようです。 化学療法はホジキンリンパ腫と非ホジキン・リンパ腫とで多少異なるが、現時点では、ホジキンリンパ腫ではABVDと呼ばれる4種類の抗がん剤の併用療法が、また非ホジキン・リンパ腫では、CHOPと呼ばれる4種類の抗がん剤の併用療法、さらには5種類の抗がん剤によるR-CHOP療法などが行われます。 このほかにも自分の末梢血幹細胞を保存し、それを用いて移植を行う 自家末梢血幹細胞移植等も行われることもあります。 かの有名な『高倉健』さんもどの悪性リンパ腫であったかは明らかにされていないのはご存知でしょうか? 実はこの悪性リンパ腫は年々増加傾向にあります。 がん登録の体制が整っているアメリカでは 過去30年間で50%以上の増加率になっており、10万人当たり年間約20例の新規リンパ腫患者が発生しているんです。 こうした新規のリンパ腫患者の半数以上が60歳を越える高齢者で、最も頻度が高いのが、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫だという。 日本でも1年間に発生する悪性リンパ腫は約13000人で、やはり増加傾向にあります。 ホジキンリンパ腫が20~30歳代に多いのに対し、非ホジキンリンパ腫の発生のピ-クは50~60歳代で、高齢者は合併症や臓器機能の低下、薬物の代謝や排泄が遅いことなどから慎重な治療が必要のようです。 特に高齢者の非ホジキンリンパ腫をどのように考えて治療するか高齢化が進む先進国では大きなテーマとなっているのです。 しかし、一方では症状を軽減するための支持療法薬や、制吐剤、抗菌約などの開発が進み、抗体薬も飛躍的に進歩してきました。 高倉健さんのような80歳以上の超高齢者でも、治療成績は大きく改善されつつあったのです。 悪性リンパ腫の余命・予後は? 悪性リンパ腫は体内に存在するリンパ組織のガン。 リンパ節の腫大を主な症状とします。 脾臓や骨髄、胃などの消化管や他の臓器といったリンパ節以外の組織に浸潤をきたすこともあります。 細かい分類があり、その複雑さが病気にかかった人々やその家族を不安にさせるのですが、一体余命や予後はどのくらいなのでしょうか? 悪性リンパ腫における生存率は初期段階の場合、 5年生存率は70%~85%あります。 さらに悪化している場合は50%未満という結果があります。 抗がん剤治療や放射線治療の最先端医療も受診することができ5年生存率も高くなり、がんの病態や転移状況により異なるものです。 5年生存率• 低悪性度1期 70%~90%• 低悪性度2期 70%~90%• 低悪性度3期 50%~70%• 低悪性度4期 50%~70%• 中悪性度1期 70%~90%• 中悪性度2期 70%~90%• 中悪性度3期 40%~50%• 中悪性度4期 40%~50%• 高悪性度1期 70%~90%• 高悪性度2期 70%~90%• 高悪性度3期 40%~50%• ホジキンリンパ腫の生存率 生存率様々な治療法を実施することにより5年生存率は 約7割程度と報告されています。 生存率については国際予後スコアがあります。 これは進行期ホジキンリンパ腫の場合になります。 悪性リンパ腫の症状 緩除に進展する悪性リンパ腫の場合は、リンパ節の腫大あるいは 脾臓の腫大が主な症状ですが、 貧血等の骨髄抑制のために引きおこされる症状が見られる場合もあります。 診断されても数年は治療せずに様子を見るだけのこともあります。 一方、急速に進展する悪性リンパ腫の場合には、急性白血病と同様に感染あるいは出血の症状を伴うこともあり、さらにリンパ腫自体に伴う発熱や夜間の発汗、体重減少などの症状が見られることもあります。 リンパ節の腫大に伴い、各種臓器や血管、神経が圧迫されていろいろな症状を呈することがあります。 また、リンパ腫の細胞が各種臓器に浸潤し、いろいろの障害を呈することもあります。 診断・検査 リンパ節の腫大する病気にはいろいろあり、悪性リンパ腫やガンの転移といった悪性の病気のみでなく、結核や細菌、ウイルスの感染症、各種免疫疾患などでもリンパ節が腫大します。 そのためリンパ腫の診断は治療を行う上で極めて重要なステップといえます。 リンパ腫の診断の決め手は腫大した リンパ節の生検です。 リンパ節生検では、安全でとりやすい部位 頸部、わきの下やそけい部など にある腫大したリンパ節に局所麻酔を行い手術的に取り出して検査します。 取り出したリンパ節は 病理学的に検査される一方、そこに存在するガン細胞の性質や遺伝子レベルでの検討が加えられます。 その他にも骨髄への浸潤を検討するために骨髄穿刺検査ならびに骨髄生検が必要となります。 またリンパ節の腫大の程度と範囲を知るために、頸部から胸部、腹部、骨盤腔までのCT検査が必要です。 もちろんさまざまな臓器の浸潤を検討するために、生化学検査等により肝臓や腎臓の検査もします。 また脳脊髄液への浸潤を考慮しなければならない場合には、脳脊髄液検査 腰椎穿刺 を行います。 治療法は? 悪性リンパ腫の治療法は 放射線療法と抗ガン剤による化学療法とが主体となります。 手術で病気に犯されたリンパ節を全てとってしまうことはできません。 緩やかに進行する悪性リンパ腫の場合には、治療をせずに経過観察をすることもあります。 化学療法剤はホジキン病と非ホジキン・リンパ腫とで多少異なります。 ホジキン病ではABVDと呼ばれる4種類の抗ガン剤の併用療法が、また非ホジキン・リンパ腫では、CHOPと呼ばれる4種類の抗ガン剤の併用療法が主に行われています。 いずれの治療も、治療により感染症が起こりやすくなるため、予防のために抗生剤を投与することがあります。 放射線治療は特にホジキン病の早期の患者に行われるもので、全身のリンパ節に放射線を照射します。 稀に局在する悪性リンパ腫に対し、放射線療法を用いる場合もあります。 最後に骨髄移植が適応となる場合があります。 各々の適応に関しては、専門家との相談が必要です。 自分の末梢血幹細胞を保存し、それを用いて移植を行う自家末梢血幹細胞移植なども行われることがあり、同種骨髄移植も含めた多様な選択肢が存在します。 予防法はあるの? 現在のところは原因はよくわかっておらず、予防方法は今のところ知られていません。

次の

笠井信輔アナ病状(現在)は?悪性リンパ腫=ガンで復帰はいつ?

笠井 アナ 余命

目次 【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)と福島の放射能が原因!? 笠井アナは2011年3月11日に起きた東日本大震災の翌日12日から1ヶ月間被災地に滞在し、現地取材をしていました。 被害の大きかった福島県双葉郡大熊町には福島第一原子力発電所があり、地震直後の状況は以下のようなものでした。 地震から約1時間後に遡上高14 — 15 mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1 — 5号機で全交流電源を喪失した。 原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。 大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した。 引用: 「メルトダウンにより被災地(または関東まで)があ大量の放射能に汚染されている」という話は被災地以外に住んでいる人もインターネットなどでよく目にしたのではないでしょうか。 このことから、笠井アナの癌(悪性リンパ腫)と放射能が原因なのでは?と思ってしまいますよね。 確かに震災以降の癌患者が増えているなどの話を耳にすることはありますが、実際に直接関係があるかどうかは専門医にしか分からないのではないでしょうか。 (または専門医でも分らないかも?) 仮に約9年前の放射能が原因だったとしても、笠井アナががん(悪性リンパ腫)である事はもう変わらないので、今後の治療を応援していきたいですよね。 しかし、がんと放射能の関係性は人ごとではないよなと気になるところではあります… 笠井信輔アナの著書「僕はしゃべるためにここ 被災地 へ来た」 笠井アナは東日本大震災の翌日12日より1ヵ月間被災地で現地取材を行った時の想いを自身の著書にまとめています。 この本の印税は全額義援金にされるとのことでした。 震災報道の真実。 被災地ノンフィクションの決定版! 私たちは「余計な人間」ではないか? ボランティアをしたほうが役立つのではないか? 被災者に水や食料をあげたほうがいいのではないか? 取材車で行方不明者捜しを手伝った方がいいのではないか? いや、それならば、何のために僕はここにいるのか…。 引用: 「しゃべるために来た」という笠井アナですが、被災者の仮設住宅にノックもせず濡れたまま入ったことが一時期問題視されましたよね。 しかし、あの震災後の状況をリアルで見ながら「取材をして現状を伝えていく」という使命感が強くなりすぎてしまった結果なのかなと感じます。 使命感が強けりゃ何やっても許される、というわけではないんですけどね。 汗 スポンサーリンク 笠井信輔アナの病気と放射能を危惧する世間の声 しかしTwitterでは 「笠井アナの癌(悪性リンパ腫)と福島の放射能が関係あるのではないか」、 「同じ番組で取材に行っていた別のスタッフも癌になっている」と行った声が多く上がり、癌と放射能の関係を危惧しています。 そういえば、東電福島原発事故後、東北に何回も取材に行っていた笠井アナウンサーが悪性リンパ腫。 ちょうど8年目。 それどころか同じコーナー担当のディレクターも同じく悪性リンパ腫に罹っていた。 本人たちは分かっているでしょうね。 — チューリップ 2015tulips 笠井アナは311の翌日、3月12日に福島入りして現地取材してる。 無事で済む筈がない…………. — くりえいと kurieight 笠井アナ 悪性リンパ腫で入院 こんな若いのに何故? 広島原爆から10年後にこの種の病が増えて来たと本で読んだ まさにあの福島原発からの.. — はなびらひらひら hamadajima1 笠井アナが被災地に現地取材に行っていた事は有名なので、その事を思い出した人が多かったようですね・・。 関係があるかどうかは定かではありませんが、震災直後に長期間現地入りしていたという事で、関係があるんじゃないかと思ってしまう気持ちは分かります。 スポンサーリンク 福島震災前と後の癌罹患・死亡データの比較 国立がん研究センターのサイトを確認してみました。 ちょうど2010年の罹患データが無く、2006年の罹患数、2010年の死亡数、2018年のデータで比較してみたいと思います。 福島に限らず全国で悪性リンパ腫と括られる全てを含むデータなのでご了承ください。 ) 上記の票を見る限り、悪性リンパ腫の罹患数は 2006年から約1. 8倍に増加しています。 しかし、2010年の65歳以上の人口は2,924万人。 2017年の65歳以上の人口は3,515万人というデータがあります。 高齢化に伴い、悪性リンパ腫の罹患数が増加しているというのも大きな要因かと思われます。 「悪性リンパ腫だけではなく、白血病や甲状腺癌など他の癌も含めるともっと大規模に増えている」という声もありました。 笠井アナが、悪性リンパ腫 と発表になりましたが あの福島第1原発事故から約9年経ってますが、白血病、甲状腺癌、その他癌患者が9年で10倍に増えています 国が全く発表しないのもパニックにさせないためです 福島県の方 1年に2回必ず血液の検査、甲状腺の検査をしてください しかし、「東日本大震災以前と悪性リンパ腫の増加に関係はない」という意見も出ています。 風評加害者の人が笠井アナの病気と放射能を関連付けて、52RT 37いいねを拡散してましたが 原発事故以前2010年の罹患数は24000人で、それ以降も人口の高齢化以外に増加の理由は見られません、際立った地域差もありません。 しかし、少なからず可能性はあるのかもしれない、という事は頭の隅に入れておいても良いかもしれませんね。 不安だと思う人は定期的な検査を受け、「何もなければ一安心」で良いのではないでしょうか。 スポンサーリンク 笠井アナの癌(悪性リンパ腫)と福島の放射能は関係ある!?まとめ 笠井アナのがん(悪性リンパ腫)と福島の放射能は関係があるのか、調査をしてみました。 確実に関係がありそう!というデータは得られませんでしたが、可能性の一つとしては考えられるかもしれません。 しかしそれは喫煙や生活習慣においても同じことが言えるレベルなので、実際のところはもっと詳しいデータ(原因別など)が出ないと分からないですよね。 笠井アナの今後の治療を応援していきたいと思います。

次の