クルーズ 船 感染 者 数。 玉川徹氏、クルーズ船乗客を日本感染者とカウントせず憤り 視聴者から「船籍って知らないのかな?」「「批判するところがズレまくってる」と指摘

調査報告クルーズ船 ウイルス対策のカギは?

クルーズ 船 感染 者 数

薄闇の海に、ほの白く山のような船体が浮かんでいた。 2月5日未明、横浜港(横浜市)沖。 数時間前、10人の感染が判明した豪華「ダイヤモンド・プリンセス」に防疫指揮官として乗り込みながら、厚生労働省の正林督章(しょうばやしとくあき)審議官は「大変なことを任された」と緊張を覚えた。 ウイルスとともに、3711人もの人間がとどまる閉鎖空間。 活動は難を極め、最終的な感染者は712人を数えた。 中国・武漢から世界にまん延した未知のウイルスと、日本の医療との戦いが幕を切った現場。 最前線は、その船外にもあった。 前日の4日夜。 ダイヤモンド・プリンセスの検疫のニュースを見ていた藤沢市民病院(神奈川県)の阿南英明副院長に、県庁職員から急報が入った。 「船内で感染者が出ました。 神奈川の病院で受け入れます」。 災害派遣医療チーム(DMAT)の経験が豊富な阿南氏は要請に応じ、県庁に詰めて患者の搬送を取り仕切ることになった。 5日は、10人を船から感染症に対応する指定医療機関に振り分けて運び、ひと息ついた。 だが翌6日、新たに10人の感染が判明した。 この時、乗客乗員の大半はPCR検査を受けていない状況だった。 神奈川県内の指定医療機関は、8病院74床。 同じペースで患者が増え続ければ、すぐに病床は埋まってしまう。 「これから地獄が始まるのか-」。 阿南氏が受け入れを打診する病院からも、「これ以上は通常の診療に影響が出る」「今は3人が限界」と悲鳴が上がり始めた。 県外の空き病床の「受け皿」を活用する広域搬送と、新型コロナ患者の入院先を感染症病床に限定しているの「原則」を外すこと。 阿南氏の働き掛けで厚労省は9日、暫定措置としながらも一般病床での患者受け入れを認め、都道府県にベッド数の確保を促した。 2月半ばに至り連日、船内から100人近い感染者が出たが、広域搬送を宮城県から大阪府まで15都府県に広げ、軽症者を数十人単位で受け入れる病院も現れ、初動期の「医療崩壊」は避けられた。 当時、市中感染が限定的で同時多発していなかったことも幸いした。 「新型コロナウイルスは日本にとって『戦後最大の医療危機』。 備えはなかった」。 政府のメンバーの釜萢敏(かまやちさとし)常任理事が、そう振り返る「第1波」。 波はその後、高くなっていく。 (一ノ宮史成、一瀬圭司).

次の

【新型コロナウイルス】クルーズ船の感染者を受け入れた都道府県と対応する病院について

クルーズ 船 感染 者 数

クルーズ船での感染者情報:感染者の詳細 過去に最新情報で記載していた情報です! 2020年2月3日 横浜から周遊している大型クルーズ船に乗っていた香港在住の男性から感染が確認されたとの事。 咳は横浜を出発する前日からしていたみたい・・そのため、乗客乗務員約3500人を乗せた船は着岸せずに停滞で、検疫を始めたみたいです。 (横浜到着前に那覇で検疫済だけど、異例の再検疫だそうです) 症状がある人のみ検査。 症状がない人は検査せずに下船・・。 感染が確認できたら医療機関に入院。 感染者と接触した人は自宅待機で健康状態をチェック。 現実的に全員検査は厳しいし、全員隔離も難しいからこれが最善の手なのかもしれないけど・・濃厚接触者を自宅待機にするのはチャーター機のときのようにクレームが出そうですよね。 また対応が変わるかもしれませんが。 2020年2月4日 検疫に時間がかかっており、4日中に着岸することはないようです。 まだ全員の検疫が終わっていませんが、すでに100人以上が検査の対象とのこと。 現在検査は時間がかかるため、100人以上の検査となると複数の場所に検体が運ばれ検査されるようです。 乗客の多くは高齢者との報道があったので、心配ですね・・船上ではパニックにはなっておらず、比較的落ち着いているとのこと。 数名は感染者が出そうな予感がしますが・・まずは皆さんの無事を願います。 2020年2月5日 検疫の際に症状のあった273人が検査をしましたが、本日 31人のみ結果が出て10人の感染が確認。 感染が確認された10人は神奈川県内の複数の医療機関へ搬送。 残りのおよそ3700人の乗客乗務員は原則14日間はそのまま船内にとどまり待機してもらう方針。 最初に感染が確認された香港の男性が参加していた鹿児島のバスツアーでは、男性含む40人が約半日かけて県内の観光地を回ったとのこと。 今回、同じバスツアーに参加していた2人の感染が確認されています。 クルーズ船の 日本人乗客は1281人。 検査結果が出ていない人がまだ242人もいるため、完全に結果が出るのはまだ数日かかるとのこと。 その間に症状が出てきて検査になる人もいそうですね・・ 感染確認されたのは乗務員1人(フィリピン国籍)、日本国籍3人、中国籍3人、オーストラリア国籍2人、アメリカ国籍1人。 重症者は今のところなし。 50代4人、60代4人、70代1人、80代1人の合計10人とのこと。 2020年2月6日 検体を採取した273人中、合計102人の検査が終了。 感染者は20人。 国籍は日本人4人、アメリカ2人、カナダ2人、ニュージーランド1人、台湾1人。 20人の感染者も高齢者がほとんどです。 他にもたくさんの高齢者が隔離されている状態なので、疲れ切って免疫が低下してしまわないか心配ですね・・ 感染の可能性が高い人から検査をしているといえど、なかなかの感染率ですね。 バスツアーで一緒だった方も感染している可能性も高いですね。 2020年2月7日 クルーズ船で感染者は合計61人出ましたが、WHOは日本上陸前のため日本国内の感染者に含めない事を決定しました。 クルーズ船で本日新たに感染が確認された41人中21人が日本人。 アメリカ8人、オーストラリア5人、カナダ5人、アルゼンチン1人、イギリス1人。 20~40代が3人、50代3人、60代8人、70代1人、80代6人。 クルーズ船内で6日までに確認されている1人が重症とのこと。 何らかの持病があったそうです。 アメリカ人が428人、イギリス人が70人、ロシア人が24人乗船しているとのこと。 各国は自国民に対し必要な支援を行っていくとしています。 2020年2月8日 新たに6人の検査結果が出て、3人の感染が確認。 3人はいずれも乗客、30代の中国籍女性、アメリカ国籍の60代女性と70代男性とのこと。 アメリカ政府は、船内のアメリカ人を本国に移送したいと打診しましたが、「船にとどまるのが最善」との結論で、対応については日本政府に任せると判断したそうです。 引き続き、必要な支援は行っていくとのこと。 2020年2月10日 本日新たに感染者が65人確認され、クルーズ船からの感染者合計は135人となりました。 65人中45人が日本人という発表もあったようですが、厚労省は「まだ詳細は判明していない」としているので、正確ではないようです。 隔離期間中に残り約3600人の乗客乗務員の検査も検討しているようですが、現段階では厳しいそうです。 隔離前のクルーズ旅行代金が全額返金になると決定されました。 2020年2月11日 体調不良を訴える人が439人いるそうですが、検査待ちの人もいる状況とのこと。 年齢は20~90代の男女。 日本43人、アメリカ12人、オーストラリア4人、フィリピン3人、イギリス1人、カナダ1人、ウクライナ1人。 乗客の2666人の年齢は、60代910人、70代1008人、80代215人、90代11人。 全体の8割が60代以上で、新型コロナウイルスが重症化すると言われる糖尿病や高血圧などの持病がある人も少なくないそうです。 乗務員の感染者は、レストラン2人、バー2人、配膳係1人の感染が確認されているようです。 2020年2月12日 新たに検査した53人のうち39人の感染が確認されました。 うち日本人は10人。 乗客29人、乗員10人で、10代女性の感染も確認されたようです。 4人が重症で、うち3人は日本人。 60代男性1人、70代男性2人。 外国人は70代男性1人とのこと。 やはり高齢者にとってはとても危険なウイルスですね・・ICUで治療や、気管に酸素を送るなどの呼吸管理が必要な状態だそうです。 楽しいはずのクルーズ旅行の結末がこんなのはとても残念ですよね。 そして、検疫官1人(50代男性)も感染が確認されました。 と、菅官房長官から発表があったようなので、近いうちに全員検査という方向になるかもしれませんね! 2020年2月13日 新たに221人の検査をした結果、44人の感染確認。 乗客43人、乗務員1人、日本人は29人・・ うち70代が7人、80代が33人もいるそうです。 14日から、80歳以上で持病のある人または窓のない部屋に滞在している人で陰性が確認された人は希望があれば下船していく。 80歳以上の乗客約200人は検査を終えているとのこと。 下船したあとは潜伏期間が終わるまでは政府が用意する宿泊施設に滞在予定。 今後、80歳以上で持病のない人や70代の乗客についても検討していくとのこと。 下船の優先順位については柔軟な対応をしていくようです。 まだ検査結果が出ていない人と感染が確認されていない人の2人も重症とのこと。 【現時点での感染者の情報】 国別:日本が110人、アメリカが40人、オーストラリアが16人、カナダとフィリピンが12人、中国が6人、香港が4人、イギリスとインドが3人、アルゼンチン、ウクライナ、台湾が2人、ニュージーランド、タイ、ポルトガル、マケドニア、ルーマニア、フランスがそれぞれ1人。 18カ国の国と地域。 年齢別:20代が10人、30代が7人、40代が7人、50代が20人、60代が50人、70代が73人、80代が49人、90代が2人と、60代以上がおよそ8割。 うち無症状が38人。 これで乗客乗務員約3700人のうち930人の検査が終了し、合計285人の感染が確認。 新たに感染が確認されたのは乗客47人、乗務員20人の計67人。 感染が確認された285人のうち、日本人は半数近い137人で、そのほか、アメリカやオーストラリアなど合わせて20の国と地域の人たちの感染も確認されています。 年齢別では20代が14人、30代が13人、40代が16人、50代が25人、60代が52人、70代が113人、80代が50人、90代が2人と、60代以上が7割とのこと。 船内に残っている乗客乗務員約3400人も全員検査する方針を発表した。 陰性が確認できれば19日以降に下船できる予定とのことです。 感染者と同室で陰性だった人は、感染者と離れてから14日間、健康状態に問題がなければ下船してもらうとのこと。 2020年2月16日 289人の検査結果が出たうち、新たに感染者70人。 うち、無症状感染者38人。 全体では1219人の検査が終了し、感染者合計355人。 無症状患者は111人。 本日の感染者の国籍内訳は、日本32人、アメリカ10人、カナダ9人、中国5人(うち2人の国籍は香港)、香港4人、オーストラリア3人、イスラエル3人、台湾1人、イギリス1人、フランス1人、チリ1人 年代別では、20代1人、40代2人、50代5人、60代23人、70代38人、80代1人 やっぱり高齢者が多いです・・ 船内は医者72人、看護師66人、薬剤師25人で対応中とのこと。 うち70人は無症状とのこと。 クルーズ船内での日本人の感染者は合計212人になりました。 これまでに1,723人の検査が終了し、454人の感染が確認されています。 うち189人は無症状。 2020年2月18日 本日検査結果が出た681人のうち、88人の感染が確認されました。 (うち65人が無症状感染者) これまでに感染確認されている542人のうち、247人が日本人です。 2020年2月19日 新たに検査結果が判明した607人のうち、79人の感染確認。 うち、無症状感染者は68人。 これまで検査が終了した3011人中、621人が陽性。 うち無症状感染者は322人となりました。 14日間の健康管理期間が経過し、陰性が確認されていた方のうち443人が下船。 また、陰性が確認され本人の希望で税務大学和光校舎に移動していた52人も全員解散したとのこと。 2020年2月20日 新たに検査結果が判明した52人のうち、13人の感染確認。 うち無症状感染者は6人。 これまで検査が終了した3063人のうち、感染者は634人。 14日間の健康管理期間が経過し、陰性が確認されていた方のうち274人が下船。 クルーズ船に乗車していて感染が確認され治療中だった方が2人、本日亡くなられました。 ご冥福をお祈りします。 マスクにより酸素を投入。 呼吸状態の改善を認めず。 2020年2月21日 潜伏期間が終了し、検査が陰性だった253人が下船しました。 2020年2月22日 ・クルーズ船に乗車していたが既に下船している23人について、症状がなかったため検査をしていなかったことを明らかにしました。 信じられないですが、正直に公表してくれたのはよかったです・・。 23人については今後検査を実施するとのこと。 ・ロシア人で無症状患者として施設に滞在していた2人が、国の指示で帰国するため退所しました。 無症状感染者の退院の基準として2度目の検査が必要だったが、検査をしておらず退院時に陰性だったかは確認されていないとのこと。 ・クルーズ船内で事務作業などをしていた厚生労働省職員41人を検査すると発表がありました。 下船後2週間は自宅勤務になるとのこと。 ・これまでに感染が確認された人と同室で過ごされた方に関しては、接触がなくなってからの潜伏期間が終了するまでの間、税務大学和光校舎で過ごすとこになるため89人(うち70人が日本人)が下船しました。 潜伏期間が終了した後に検査で陰性であれば帰宅できる方針です。 2020年2月23日 クルーズ船に乗船しており感染が確認され治療中だった方が1人亡くなられました。 国内での死亡者はこれで4人目となりました。 全員80代でした。 ご冥福をお祈りします。 内訳としては乗員819人中55人、乗客12人中2人。 これでクルーズ船での感染者は合計691人となりました。 2020年2月25日 クルーズ船内で感染確認された方が本日1人お亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りします。 クルーズ船内での死亡者は4人目で、国内の死亡者は合わせて5人目です。 肺炎像を認め酸素投与開始。 呼吸状態は悪く、人工呼吸管理を開始。 抗ウイルス剤等の肺炎治療を行うも状態は改善せず。 乗員94人中、9人。 乗客73人中、5人。 全員無症状患者とのこと。 これまで4,061人を検査し、感染者は705人となりました。 およそ380人のアメリカ国籍の人とその家族が乗船している。 カリフォルニア州とテキサス州の空軍基地に帰国後、検疫を受けるとのこと。 その後14日間は隔離予定。 チャーター機への搭乗を拒否した場合、一定期間はアメリカに戻れないとのこと。 搭乗したうち14人が感染していることが判明。 数日前に船内で検査を受けており、チャーター機出発前に検査結果が出たとのこと。 14人に関しては機内で隔離することにより他の乗客への感染を防ぐことができると判断し帰国させることにしたということです。 帰国を希望した4人と、その配偶者の1人の合計5人を移送する計画。 クルーズ船に乗っている14人の韓国人については感染確認されていないようですが、韓国に移送される5人は2週間インチョンにある施設で隔離されるとのこと。 オーストラリア、ニュージーランド チャーター機を派遣し、希望する自国民らが下船・帰国した。 判断の理由については「乗客たちが直面している特異な状況、および日本の医療システムへの負担の軽減を考慮しての決断だ」と説明しています。 チャーター機をいつ派遣するかは不明。 その他、香港や台湾やオーストラリアも自国民の乗船者が速やかに帰国できるようにチャーター機を派遣しようという方向で動いているようです。

次の

玉川徹氏、クルーズ船乗客を日本感染者とカウントせず憤り 視聴者から「船籍って知らないのかな?」「「批判するところがズレまくってる」と指摘

クルーズ 船 感染 者 数

「」も参照 2月3日夜にの沖に停泊した。 当該客船は2月1日にで検疫を受けていた 、しかし、船内で乗客の発熱が報告されていたことから、2月3日から2月4日にかけて船内で検疫官による健康診断が行われ、船内の有症状者と濃厚接触者からCOVID-19検査に必要な検体が採取された。 2月4日夜、運航会社のが乗客の下船を延期する旨を公表、加えて次回クルーズの運航中止を顧客に通知した。 ダイヤモンド・プリンセスには、56カ国の乗客2666人と1045人の乗務員、計3711人が船内に乗船していた。 香港・によると 53人の香港住民がいる。 6 うち1人は米国国籍を有する。 3 28 うち5人は中国香港国籍を有する。 11 1 3 1 2 3 2 1 4 1 2 4 1 3 2 2 2月5日、ダイヤモンド・プリンセス船内において10人の感染者が確認され、日本の(感染症法)に基づき、内の医療機関に全員搬送された。 また、同日午前7時から、クルーズ船に対して14日間の検疫が開始された。 これ以降、以下の通り2月11日を除く毎日、感染が確認されており、船内での感染者数は2月13日現在で218人となった。 防衛大臣の2月8日付ツイートによると、アメリカ政府から、船内に留まる方が感染拡大を防ぐための最善の方法であるというの判断に基づく申し出があり、日本はこの提案を受け入れたことが明らかとなっている。 がを派遣、長期化する船での生活に備えて、2月6日から乗客乗員へ向けた生活物資や医療などの支援活動を行っている。 2月10日、前日までに乗船者336人のうち感染者70人が確認されたことから、運航会社のプリンセス・クルーズがクルーズ費用の払い戻しを決定した。 厚生労働省は乗客乗員全員に対して下船する際のウイルス検査の実施を検討している。 14日間の隔離期間終了間際の2月14日頃から、各国がチャーター機の手配を開始し、16日現在、米国、イスラエル、台湾、香港、カナダなどが申し入れを行っている。 また、クルーズ船から下船する予定の乗客乗員らを19日未明からの開院前のに順次移送した。 同センターには計128人が搬送された。 2月18日、病院感染症内科の教授は DMAT の一員としてダイヤモンド・プリンセスに乗船した。 岩田は自身のチャンネルで船内で安全な場所と安全でない場所を区別できておらず、感染対策がほとんどなされていないと訴え、その日のうちに船外に出されたと主張した。 しかし、その翌朝「ご迷惑をおかけした方には心よりお詫び申し上げます」とツイートし、自ら動画を削除した。 2月19日までに船内3011人のウイルス検査が終了した。 の健康観察期間(14日間)を発熱等の症状がなく経過し、陰性と判定された乗客の下船が認められ 、2月19日から21日にかけてこれに該当する乗客が下船した。 下船後は専用で複数のまで移動し、それぞれなどで帰宅している。 は、船内で最初に感染者が確認され検疫が実施された5日以降、船内での感染が広がっていないと判断した。 厚生労働相は15日の記者会見で、「基本的にはそうした(感染防止措置をとる)前の段階で感染があり、発症したと我々は見ている」と述べ、検査で感染が確認された乗客はいずれも5日より前に感染したとの見解を示した。 一方、防止策が不十分で検疫実施による5日の室内待機以降も感染が続いていた可能性が(CDC)やなどにより指摘されている。 2月22日、船内で業務をしていた厚生労働省の職員のうち、発熱などの症状が無かった職員の多くは終わったあと、ウイルス検査を受けずに職場に復帰していたことが判明した が、同日一転して該当する職員41人の検査を実施した上で2週間の自宅勤務とする方針を明らかにした (翌日にはそれまで無症状で船内業務を継続していた職員1人の体調が悪くなり、感染が確認されている )。 また、ウイルス検査で陰性であったため、下船した970人の乗客乗員のうち、23人は下船に必要な検査を行っていなかったことも分かった。 同日、検査で陰性だったため下船した在住の女性の感染を確認(下船者で初の感染確認) 、さらに2月25日、同じく下船した在住の女性の感染が確認された (いずれも検査漏れのあった23人には含まれない )。 下船者の中からは26日以降も感染者が出ており、26日時点で45人に発熱などの症状があり 、29日までに計6人の感染が確認されている。 3月になると、7日までにさらに4人の下船者の感染が確認されている。 うち在住の男性は船内で感染が発覚後、東京都内の医療機関に一度入院していたが、2回の検査で陰性となり胸部レントゲン検査でも異常がみられなかったことから退院し、自宅のある秋田県に戻って再度検査を受けたところ再びウイルスの陽性反応が出て同県初の感染者確認となった。 航行日程と船内の常設診療所における発熱患者数 [ ] 下記は、クルーズ船の寄港先と発熱で船内の常設診療所を受診した患者数である。 日付 入港 出港 寄港地 発熱者数 備考 1月20日 - 17:00 横浜港 1 香港の80代男性が乗船 1月21日 1 1月22日 7:00 21:00 鹿児島 4 1月23日 2 1月24日 3 1月25日 7:00 23:59 4 同上男性が下船 1月26日 3 1月27日 7:00 16:00 チャンメイ 8 1月28日 8:00 18:00 ハロン湾 3 1月29日 7 1月30日 11 1月31日 7:00 17:00 5 2月1日 7:00 17:00 13 検疫 2月2日 12 2月3日 横浜港 7 濃厚接触者などの検体を採取。 2月4日 7 2月5日 7 感染者10人を確認 2月6日 4 船内の感染報告数 [ ] 712• 2月6日:10人の感染者が確認され、これにより検査結果が出た102人のうち合計20人の感染が確認された。 2月7日:検査結果が出た171人のうち、41人が感染。 2月8日:検査結果が出た6人のうち、3の感染を確認。 2月9日:検査結果が出た57人のうち、6人の感染を確認。 2月10日:検査結果が出た103人のうち、65人の感染を確認。 2月12日:検査結果が出た53人のうち、39人の感染を確認。 病院に搬送された確認感染者のうち、4人が重症である。 また、検疫を行っていた検疫官の男性1名も船内で感染したとみられる。 2月13日:検査結果が出た221人のうち、44人の感染を確認。 2月15日:検査結果が出た217人のうち、67人の感染を確認。 2月16日:検査結果が出た289人のうち、70人の感染を確認。 うち38人は無症状病原体保有者である。 2月17日:検査結果が出た504人のうち、99人の感染を確認。 うち70人は無症状病原体保有者である。 2月18日:検査結果が出た681人のうち、88人の感染を確認。 うち65人は無症状病原体保有者である。 2月19日:検査結果が出た607人のうち、79人の感染を確認。 うち68人は無症状病原体保有者である。 2月20日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、80代の男女2人の死亡が確認された。 クルーズ船の感染者が死亡したのは初めてである。 また、同日に検査結果が出た52人のうち、13人の感染を確認。 うち6人は無症状病原体保有者である。 2月23日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、80代の男性の死亡が確認された。 また、2月19日-21日の間に実施した検体採取の結果が出た831人のうち、57人の感染を確認。 うち52人は無症状病原体保有者である。 2月25日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、80代の乗船者1人の死亡が確認された。 2月26日:検査結果が出た167人のうち、14人の感染を確認。 うち12人は無症状病原体保有者である。 2月28日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、70代女性と1人の死亡が確認された。 3月2日:乗員である30代男性1人の感染を確認。 3月7日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、人男性1人の死亡が確認された(3月6日死亡)。 3月15日:15人の感染を確認。 うち7人は無症状病原体保有者である。 3月20日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、57歳人男性の死亡が確認された(3月19日死亡)。 3月23日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、70代日本人男性2人の死亡が確認された(3月22日死亡)。 3月30日:日本国内の医療機関に入院中のクルーズ船感染者のうち、60代香港人女性の死亡が確認された(3月28日死亡)。 乗客に対する各国の対応 [ ] チャーター機などで帰国した各国の乗船者に対して、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスは、さらに14日間の隔離措置を行う予定である。 韓国は、自国民以外の乗船者に関して、入国を拒否する方針を示した。 以下におけるチャーター機の派遣先はすべて羽田空港である。 - 2月16日にのチャーター機( )2機を派遣し、翌17日に328人を帰国させた。 本来は貨物専用機であるが、旅客機に近い設備を装備した上で乗客を搭乗させた。 - 2月19日、 ()のチャーター機1機(ボーイング777-200) を派遣し、2月21日にカナダ人の乗客255名 を帰国させた。 チャーター機はオンタリオ州のカナダ軍基地に向かい、300キロ離れた施設で乗客を2週間隔離する。 - 2月19日、大統領専用機として運用されているの を派遣し、韓国人6名と配偶者の日本人1名を帰国させた。 - 2月20日、のチャーター機1機(ボーイング747-400)を派遣し、オーストラリア人・ニュージーランド人の併せて174人 を帰国させた。 - 2月20日、のチャーター機を羽田空港に派遣し、香港からの乗客を帰国させた。 - 2月20日、チャーター機を派遣し、乗船していたイスラエル人15名のうち希望した11名を帰国させた。 - 2月20日、のを派遣し、希望した35名のイタリア人乗客を帰国させた。 この航空機にはウイルスの拡散防止装置が装備されていた。 - のチャーター機を派遣し、2月21日に台湾人の乗客を帰国させた。 - 2月21日、のチャーター機(ボーイング747-400) を派遣し、イギリス人乗客を帰国させた。 - 2月22日、のを派遣し、ロシア人乗客8名を帰国させた。 - 2月25日、のチャーター機2機を派遣し、445人を帰国させた。 - 3月1日、のチャーター機1機()を派遣し、69人を帰国させた。 各国メディアによる報道 [ ] ダイヤモンド・プリンセスの乗客の出身国のマスメディア等は、日本政府の対応について批判的報道を行った。 :「隔離計画にしくじって、中国本土以外で最大の感染拡大を引き起こした」(2月18日)• :「(ダイヤモンド・プリンセスは)感染で煮え立っている鍋だ」と語る専門家の言葉を紹介(2月18日)• :「2週間も船内に大勢を押し込めた日本政府の方針に、日本国外の専門家からは疑問の声が上がっている」(2月17日)• :「(日本が)世界で最も危険な場所の一つになりつつある」(2月19日)• :「選択肢は限られていた分、日本政府はもっと迅速に行動しなければならなかった」 一方では「船内の人々の間で感染を防ぐには不十分だったかもしれない」と指摘し、「隔離のための日本政府の途方もない努力を称賛する」と評価した。 また の ()は「船は巡航途中で感染が蔓延していた」、「のイギリス、所有法人の国籍であるアメリカは何もしなかった」、「日本政府は乗客のウイルス検査と管理対策の実施に最善を尽くした」と評価した。 グランド・プリンセス船内における集団感染 [ ] 2020年2月11日にの・がのを出発し、2月21日までにサンフランシスコ - ・ - サンフランシスコのクルーズに運航した。 その後、当該船舶は再びサンフランシスコを出航し、サンフランシスコ - 間のクルーズに運航した。 グランド・プリンセスには乗客乗員合わせて約3500人が乗船していた。 21人の感染者が発覚した時点で、当該船舶はハワイからサンフランシスコへ回航中であったが、既に米国当局により寄港を拒否されたため、の沖合を巡航していた。 なお、運航会社はダイヤモンド・プリンセスと同じである。 2月11日-21日のクルーズに乗船したカリフォルニア州在住の1人と同州在住の1人は3月初めに感染が確定され、うちプレイサー郡在住の71歳男性は3月4日に死亡した。 ほかにエンセナーダで下船後、飛行機でに帰った1人 、在住の60代夫婦 など、多くの下船客の感染が確認された。 なお、メキシコクルーズの乗客のうち、62人はハワイクルーズにも参加していた。 3月5日、乗船客の情報によると、一部の検査キットは午前11時頃、のによって船内に運ばれた。 約100人に対する一次検査の結果、21人の乗客乗員に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。 3月9日、カリフォルニア州北部の港に入港し、乗客約2,400人全員の下船が開始された。 下船した乗客のうち治療が不要なアメリカ在住者は同国内各所の基地に分散移送して14日間の隔離措置を実施、また外国人数百人についてはそれぞれの国に送還され、残る約1100人の乗員については船内に待機したまま別の港に向かい隔離措置を実施する見込みとなっている。 国連海洋法 [ ] において船籍国が公海上の主権・保護等を担うと定められており、運航会社の判断等が尊重されることから、クルーズ船内での感染予防措置やウイルス検査等が複雑化した。 その他のクルーズ船舶 [ ] ダイヤモンド・プリンセス船内でのCOVID-19陽性確認後は、各国でクルーズ船の寄港への危機対策が強まった。 台湾、日本、韓国、フィリピン、ベトナムなどの国は2020年2月6日以降、クルーズ船の寄港を順次禁止した。 運航各社も運航の見直しを行い、米国のが一部運航を中止、のや米国のが上海発着を取りやめるなどの対策を講じた。 感染が確認された船舶 [ ] ワールド・ドリーム [ ] 「」も参照 3月11日、人乗客1人はので感染が確認されたため、当該船舶はレシフェに停泊していた。 シルバー・エクスプローラ [ ] 3月11日、83歳のイギリス人乗客1人は感染が確認されたため、当該船舶はのに停泊していた。 コスタ・マジカ [ ] 3月12日、で下船した2人の感染が確認されたため、、、、に停泊を拒否された。 3月26日、当該船舶はマイアミ沖に停泊し、米国沿岸警備隊によって感染者が運び出された後、全員は船内で待機。 コスタ・ファボローザ [ ] 3月中旬、で下船した6人の感染が確認された。 3月26日、当該船舶はマイアミ沖に停泊し、米国沿岸警備隊によって感染者が運び出された後、全員は船内で待機。 ルビー・プリンセス [ ] 3月19日、・シドニーの港に到着。 到着時、インフルエンザ様症状の乗客・乗員13人が検査を受け、結果が出る前に2700人が下船、上陸した。 到着時点の検査で4人が陽性と判明、さらに下船した乗客にも感染しており通算162人が陽性と判明し、3月31日時点で計5人が死亡した。 この事態を受けて、他の3隻のクルーズ船は西海岸のへの入港を許可されず、上陸客はパースから20km沖にある孤島に収容し検疫、外国人客はパースから空路で帰国予定。 コスタ・ビクトリア [ ] 「」も参照 3月下旬、乗客の女性1人が検査で陽性反応を示したため、で入院。 3月24日、当該船舶はイタリアのに到着し、726名の乗客と776名の乗組員が下船した後、感染者と接触した人たちは即座で隔離され、他の人は近所のに移送された後、各自の出身国に送還する予定であった。 MSザーンダム [ ] 3月27日、チリからへ航行する途中、約150人の乗客がインフルのような症状を呈した。 の通行許可を待っている間に4人の乗客は死亡、2人は感染が確認された。 28日、当該船舶はパナマ運河を通過し 、さらに一部の乗客をに移したが 、フォートローダーデールの市長は既に2隻の停泊を「歓迎しない」と表明した。 グレッグ・モティマー [ ] 2020年4月、小型探検クルーズ船「」で乗客217人のうち128人の感染が確認された。 同船は南米周遊クルーズに就航していた。 コスタ・アトランチカ [ ] 2020年4月〜5月、日本の香焼工場に停泊中のの乗組員623人のうち 、149人の感染が確認された。 感染が確認されなかった船舶 [ ]• 2月7日よりタイ中部ので停泊中。 運航会社は米国のシーボーンクルーズライン。 2月8日より台湾のに停泊した。 発熱の人や中国渡航歴のある人への検疫を終えた後、同日の夜に中国国籍の乗員らを除く乗客全員を下船させた。 1月27日より船内に乗客がおらず、2月9日-10日はに停泊し、12日よりに停泊中。 乗務員約1200人は全員検疫を済ませており、異常がない。 当初、台湾に入港予定だったが、台湾当局が全てのクルーズ船の寄港を禁止したため、2月13日に長崎港に入港した。 厚生労働省によると、感染が疑われる乗客乗員はおらず、乗客らは下船し、長崎市内を観光した。 同船は14日午後に長崎を離れ、と横浜港に向かう予定である。 運航会社は日本クルーズ客船。 2月初頭には韓国付近の上で巡航していた。 この船は1月25日に中国・に入港したことがあり、計3706人の乗船客のうち、インフルエンザのような症状が出た17人と湖北省在住者146人に対する検疫が行われた。 この163人の陰性反応が確認された後、全ての乗客は下船した。 3月3日、船内で2人のドイツ人乗船客は感染者と接触したことがあると分かったため、ので検疫を実施。 検査の結果、2人は陰性である。 1月20日、約6000人の乗客を載せた当該船舶に54歳の女性は発熱があったため、イタリアので検疫を実施。 翌日、この女性とその夫の検査結果が陰性であったため、全員は下船。 14日以内にに停泊したことがあるため、・・当局によって寄港拒否されたが、3月1日にようやくに停泊できた。 は船内に感染者がいないと発表したが、乗客たちは下船した際に地元住民に、激しい抵抗にあった。 イタリア人約60人を乗せたこの船舶は2月末にシンガポールを出発し、、レムチャバン、シアヌークビルに停泊した後、3月3日に再びシンガポールに戻り、5日にに着いたが、次の寄港予定地であるとに寄港拒否されたので、3月10日現在はシンガポールを目指して回航中。 南米を周遊中、ブラジル・リオデジャネイロへの寄港を拒否されたため、4月5日に米国マイアミ州を目指し回航中。 内国船舶における事態 [ ] エジプトのナイル川遊覧船 [ ] 「」も参照 2020年1月18日、のある個人タクシー組合支部の従業員や家族など80人が都内ので新年会を開催した。 この屋形船には船の従業員も合わせると約100人が乗っていた。 風雨のため屋形船の窓は全て閉め切られていた。 70代の運転手が1月29日に発症、肺炎が判明し2月6日に入院、2月13日にと診断された。 同日にはこの運転手の母親が死亡し、同ウイルスへの感染が判明した。 この運転手の他に新年会へ参加した1名、ほか屋形船の従業員2名も同ウイルスへの感染が判明した。 感染が判明した従業員は先立つ1月15日に中国人約60名の団体客を同社の屋形船で対応していたという。 同じ従業員が1月18日のタクシー組合の新年会においても対応していた。 従業員からの伝聞では15日の団体客はからであったと言い、その団体の関係者に連絡を取ったが否定的回答がありその後の状況は把握できていない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 重複計算訂正 出典 [ ]• Diamond Online. 2020年6月5日閲覧。 国立感染症研究所 2020年2月19日. 2020年3月5日閲覧。 福井新聞ONLINE 2020年2月3日. 2020年2月4日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年2月3日. 2020年2月4日閲覧。 FUNECO 2020年2月4日. 2020年3月5日閲覧。 厚生労働者資料、2月20日時点。 2020年3月8日閲覧。 立場新聞. 2020年2月19日. www. mhlw. jp 2020年2月5日. 2020年2月5日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web 2020年2月5日. 2020年2月10日閲覧。 「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船中の米国人に関しては、米国政府から日本政府の対応ぶりに謝意が表明されるとともに、14日間の検疫期間を船上で過ごすことがウイルス感染の拡大を防ぐ最良の方法であるとの米衛生当局の判断に基づき、早期に下船・出国させる考えはないとの説明を受けています。 毎日新聞 2020年2月10日. 2020年3月5日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web 2020年2月10日. 2020年2月12日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 共同通信(2020年2月18日作成). 2020年2月18日閲覧。 2020年3月9日. 2020年3月17日閲覧。 2020年2月19日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 厚生労働省、報道発表資料 2020年2月18日. 2020年2月20日閲覧。 BBC NEWS JAPAN 2020年2月9日. 2020年2月19日閲覧。 神奈川新聞〈カナロコ〉 2020年2月19日. 2020年2月29日閲覧。 毎日新聞 2020年2月20日. 2020年2月20日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年2月19日. 2020年2月20日閲覧。 SciencePortal 2020年2月20日. 2020年2月29日閲覧。 日本放送協会 2020年2月22日. NHKニュース. 2020年2月24日時点のよりアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 時事通信 2020年2月22日. JIJI. COM. 2020年2月26日時点のよりアーカイブ。 2020年3月6日閲覧。 日本放送協会 2020年2月24日. NHKニュース. 2020年2月26日時点のよりアーカイブ。 2020年3月6日閲覧。 日本放送協会 2020年2月22日. NHKニュース〈神奈川 NEWS WEB〉. 2020年2月22日時点のよりアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 日本放送協会 2020年2月22日. NHKニュース. 2020年2月23日時点のよりアーカイブ。 2020年3月6日閲覧。 日本放送協会 2020年2月22日. NHKニュース. 2020年2月26日時点のよりアーカイブ。 2020年3月6日閲覧。 中日新聞 2020年2月23日. 2020年3月6日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月2日時点のよりアーカイブ。 2020年2月29日閲覧。 日本放送協会 2020年2月26日. NHKニュース. 2020年3月2日時点のよりアーカイブ。 2020年2月29日閲覧。 日本放送協会 2020年2月29日. NHKニュース. 2020年3月3日時点のよりアーカイブ。 2020年2月29日閲覧。 日本放送協会 2020年3月6日. NHKニュース. 2020年3月7日時点のよりアーカイブ。 2020年3月7日閲覧。 厚生労働省• www. mhlw. jp 2020年2月6日. 2020年2月6日閲覧。 McCurry, Justin; Ratcliffe, Rebecca 2020年2月8日. The Guardian. www. mhlw. jp 2020年2月7日. 2020年2月7日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月8日. 2020年2月8日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月9日. 2020年2月10日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月10日. 2020年2月10日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月12日. 2020年2月12日閲覧。 日本放送協会 2020年2月12日. NHKニュース. 2020年2月12日閲覧。 日本放送協会 2020年2月13日. NHKニュース. 2020年2月13日閲覧。 日本放送協会 2020年2月13日. NHKニュース. 2020年2月13日閲覧。 日本放送協会 2020年2月16日. NHKニュース. 2020年2月16日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月16日. 2020年2月16日閲覧。 日本放送協会 2020年2月17日. NHKニュース. 2020年2月17日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月17日. 2020年2月17日閲覧。 日本放送協会 2020年2月17日. NHKニュース. 2020年2月17日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 共同通信 2020年2月19日. 共同通信. 2020年2月19日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 NHKニュース 2020年2月20日. 2020年2月20日閲覧。 共同通信 2020年2月20日. 共同通信. 2020年2月20日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月20日. 2020年2月20日閲覧。 NHKニュース 2020年2月23日. 2020年2月23日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月23日. 2020年2月23日閲覧。 日本放送協会 2020年2月25日. NHKニュース. 2020年2月25日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 日本放送協会 2020年2月28日. NHKニュース. 2020年2月28日閲覧。 日本放送協会 2020年2月28日. NHKニュース. 2020年2月28日閲覧。 日本放送協会 2020年3月2日. NHKニュース. 2020年3月3日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年3月7日. 2020年3月8日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年3月15日. 2020年3月16日閲覧。 www. mhlw. jp 2020年3月20日. 2020年3月22日閲覧。 厚生労働省, 2020-03-23. 厚生労働省, 2020-03-30. NHK News Web 2020年2月17日. 2020年3月1日閲覧。 日テレNEWS24 2020年2月19日. 2020年3月1日閲覧。 NHK News Web 2020年2月21日. 2020年3月1日閲覧。 東京新聞 2020年2月18日. 2020年3月1日閲覧。 NHK News Web 2020年2月20日. 2020年3月1日閲覧。 FNN PRIME 2020年2月21日. 2020年3月1日閲覧。 日本経済新聞 2020年2月17日. 2020年3月1日閲覧。 Taiwan News 2020年2月22日. 2020年3月1日閲覧。 SomersetLive 2020年2月22日. 2020年3月1日閲覧。 NHK News Web 2020年2月25日. 2020年3月1日閲覧。 時事通信 2020年2月21日. 2020年3月20日閲覧。 Desk, News 2020年3月8日. Prague Post. 2020年3月27日閲覧。 news. ontario. ca 2020年3月6日. 2020年3月7日閲覧。 The Mercury News 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 The Maritime Executive 2020年3月4日. 2020年3月5日閲覧。 Honolulu Civil Beat 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 news. ontario. ca 2020年3月6日. 2020年3月7日閲覧。 USA TODAY. 2020年3月7日閲覧。 BBC News 2020年3月10日• 日本経済新聞 2020年3月10日• Yahoo! ニュース、安部かすみ 2020年3月10日• 日本経済新聞 2020年2月18日. 2020年2月19日閲覧。 読売新聞オンライン 2020年2月6日. 2020年2月13日閲覧。 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします 2020年2月10日. 2020年2月13日閲覧。 日本経済新聞 電子版 2020年2月7日. 2020年2月13日閲覧。 毎日新聞 2020年2月10日. 2020年2月12日閲覧。 2020年2月5日. 2020年2月8日閲覧。 雷光涵 2020年2月8日. 中国語. 聯合報. 2020年2月8日閲覧。 TBS NEWS 2020年2月11日. 2020年2月12日閲覧。 日本放送協会 2020年2月11日. NHKニュース. 2020年2月12日閲覧。 日本経済新聞 電子版 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 news. tv-asahi. jp 2020年2月15日. 2020年2月15日閲覧。 www. sinchew. com. my 2020年2月15日. 2020年2月15日閲覧。 NBC 6 South Florida. 2020年3月9日閲覧。 elnuevodia. com 2020年3月22日. 2020年3月22日閲覧。 ポルトガル語. 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 CNN. com. 2020年3月16日閲覧。 Lucia News Online. 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 NBC2. 2020年3月27日閲覧。 USA Today. 2020年3月27日閲覧。 Fox News. 2020年3月27日閲覧。 BBC2020,3. Sunday 15th March 2020, 1. 15pm UK time UK time• 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年3月27日閲覧。 la Repubblica 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 Harris, Alex 2020年3月27日. Bradenton Herald. 2020年3月27日閲覧。 Harris, Sophia 2020年3月27日. CBC News. 2020年3月27日閲覧。 USA Today 2020年3月28日. 2020年3月28日閲覧。 BBC News 2020年3月29日. 2020年3月30日閲覧。 Neal, David J. 2020年3月30日. Miami Herald. 2020年3月30日閲覧。 一般財団法人 みなと総合研究財団 2020年4月13日. 2020年4月20日閲覧。 長崎県, 令和2年4月27日. 長崎県• 中国語. 中央社. 2020年2月8日. 2020年2月8日閲覧。 長崎新聞 2020年2月8日. 長崎新聞. 2020年2月13日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン 2020年2月11日. 2020年2月13日閲覧。 福井新聞ONLINE 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 news. cgtn. com 2020年2月26日. 2020年3月7日閲覧。 2020年3月8日閲覧。 Berlin, Berliner Morgenpost- 2020年3月7日. www. morgenpost. 2020年3月8日閲覧。 Giuffrida, Angela 2020年1月30日. The Guardian. 2020年3月7日閲覧。 CNN. 2020年3月7日閲覧。 hermesauto 2020年3月9日. The Straits Times. 2020年3月10日閲覧。 Batchelor, Amanda 2020年3月25日. WPLG. 2020年3月26日閲覧。 日本放送協会 2020年2月17日. NHKニュース. 2020年3月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 (SARS)• (MERS)• (DMAT) 外部リンク [ ]• (英語) - (WHO)• - (Centers for Disease Control and Prevention:CDC)•

次の