アカメロン。 マスクメロン

メロンの主な品種一覧:旬の果物百科

アカメロン

「赤肉メロン」も「青肉メロン」も、同じ種で実の色が違うだけです。 メロンは、インド原産の果物で、世界中に広まりました。 東アジアに広まったものはウリと呼ばれ、ヨーロッパに広まったものはメロンと呼ばれます。 日本でも、メロンが栽培されるようになる前から、ウリが食べられてきました。 その一つ「マクワウリ」も、メロンと同じ種なのです。 「赤肉メロン」をもっと詳しく 「赤肉メロン」は、果肉が赤いメロンの総称です。 有名な品種として、「夕張メロン」や「クインシーメロン」があります。 「 夕張メロン」はブランド名で、夕張キングメロンが品種の名前です。 夕張市で生産されて、基準を満たしたメロンだけが、「夕張メロン」を名乗ることが認められます。 そのため、夕張メロンは高級なのです。 夕張メロンは カボチャとメロンのかけ合わせだという都市伝説がありますが、嘘です。 赤肉メロンはほかにもたくさんありますよね。 品種が開発された当初、赤肉メロンに馴染みのなかった人たちが「カボチャとメロンのかけ合わせだ」と勘違いしたのです。 「 クインシーメロン」は、平成に普及したの赤肉メロンです。 夕張メロンに比べて日持ちが良いことが長所として挙げられます。 メロンの生産量は、茨城県が最大で、北海道は2位です。 北海道産の夕張メロンは赤肉メロンの中でも特に有名ですが、茨城県産の赤肉メロンも、お店では多く出回っています。 「青肉メロン」をもっと詳しく 「青肉メロン」は、黄緑色の実をしたメロンです。 爽やかな香りが持ち味です。 「アンデスメロン」「マスクメロン」「プリンスメロン」など、多くの品種が知られています。 「 アンデスメロン」は、病気になりにくく味も安定しているため、安くて美味しいと人気の品種です。 南米のアンデス山脈とは関係なく、「安全です」が縮まって「アンデス」になりました。 アンデスメロンなど、メロンの多くが網目模様をもっています。 網目は、皮が内側で成長する果肉によってひび割れて作られます。 網目が細かくて均一なほど、よく熟して美味しいとされています。 「 マスクメロン」は、ジューシーで香りも強い高級なメロンです。 病気に弱く温室でしか育たないため、貴重なのです。 「マスク」は、実は「ジャコウ musk 」のことです。 ジャコウジカの香水のような強くて甘い香りを持つことから、この名がつきました。 「 プリンスメロン」は、マクワウリとのかけ合わせで作られたメロンです。 品種としての歴史は長く、安くて美味しいメロンとして人気を誇りました。 しかし、病気に弱いことなどからシェアを落としています。 補足:「白肉メロン」もある 赤肉メロン、青肉メロンのほかに、「白肉メロン」もあります。 代表例は、「 ハネジューメロン」です。 輸入品でよく目にしますよね。 皮が白く、実の色も白いものが多いです。 ハネジューメロンから生まれた日本の品種が「 ホームランメロン」です。 上品な甘みが特徴です。

次の

【楽天市場】【業務用】ミコヤ アカニクメロンフレーバー 30ml 香料 mikoya 香り付け 風味 お菓子 食品 食材:お菓子 ケーキ型専門店 おかしの森

アカメロン

代金引換:手数料300円 税別• 後払い決済:手数料350円 税別• クレジットカード決済:手数料無料• コンビニ決済:手数料無料• 配送希望のお時間は各配送業者指定の時間帯よりご指定いただけます。 ただし、ご指定頂いた場合でも、交通事情等の理由により、指定時間内にお届けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。 海外発送 転送サービスをご利用頂く事でお買い物が可能です。 転送サービスをご利用の場合、メロンブックスでの送料に加え、• 転送サービス毎の各種手数料が発生致します。 お問い合わせ 「お問合せフォーム」までお問合せください。 営業時間 AM11:00~PM6:00(土・日・祝を除く)• jp ]のドメインからお送りいたします。 ドメイン指定をされている際は解除してご利用下さい。• 予めご了承ください。

次の

マスクメロン・アールスメロン・アンデスメロンの違い!品種名?

アカメロン

このページの目次• アンデスメロンについて アンデスメロンは1977年に種苗メーカー「サカタのタネ」が開発した 日本生まれのメロンです。 日本生まれなのになぜ「アンデス」というフレーズがついているのか。 それは生産者も流通業者も消費者も安心して栽培、販売、購入ができることから 「アンシン 安心 デスメロン」と呼ばれていたことが由来しています。 アンデスメロンは「アンシンデスメロン」を略して、付けられた品種名なのです。 よくアンデス山脈からきているのでは?と推測されることがありますが、全く関係がないようです。 アンデスメロンは開発者の願い通り、今では多くの生産者、流通業者、消費者に選ばれ、人気を集めています。 アールスメロン マスクメロン について アールスメロンは、実は マスクメロンの正式名称であることをご存じでしょうか。 マスクメロンは品種名ではなく、アールスメロンの呼称…つまりアールスメロンとマスクメロンは同じものなのです。 ちなみにマスクメロンのマスクは 「musk ムスク 」のような甘い香りがすることから、名づけられたそうです。 外国生まれのアールスメロンですが、現在では日本でしか作られておらず、アンデスメロン同様、知名度の高い人気品種となっています。 (追記) アールスメロン(マスクメロン)は高級品ですが、その中でもさらに最高級のメロンとして 「クラウンメロン」というものが存在します。 メロンが好きなら一度はぜひ!と言われるくらいのメロンなので、メロン選びの際には一度候補に入れてみてください^^ アンデスメロンとアールスメロン マスクメロン の違いを項目別に比較 ここからは項目別にアンデスメロンとアールスメロンを比較していきます。 まずは下記の比較表をご覧ください。 アンデスメロン アールスメロン 見た目 ・ 細かい網目模様 ・1㎏~1. 2㎏~1. 見た目 アンデスメロンとアールスメロンの見た目は非常によく似ています。 あえて違いを挙げるなら、網目の細かさと盛り上がり、サイズが若干異なるでしょう。 アンデスメロンはアールスメロンに比べて 網目が細かく、サイズもやや小ぶりです。 対してアールスメロンはアンデスメロンに比べて、 網目の盛り上がりが高く、より立体的でサイズはやや大きめです。 一般的にどちらも果肉の色は黄緑色の青肉系ですが、オレンジ色の赤肉系もわずかながら存在しています。 味・食感 見た目同様、味も大変よく似ており、どちらも強い甘みが特徴的です。 それぞれ、果肉の固さと香りに違いがあります。 アンデスメロンは 果肉がしっかりしており、噛めば噛むほど果汁が溢れ出るジューシーな味わいです。 アールスメロンはマスクメロンと呼ばれるくらい 香りが強く、なめらかでとろける口当たりが魅力のひとつです。 旬 アンデスメロンは一般的に4月から8月に出回りますが、旬は 5月から7月です。 基本的な収穫期は春から夏にかけてといわれていますが、ハウス栽培技術の進歩で最近では冬場に手に入るアンデスメロンもあります。 アールスメロンは毎月安定して100トン以上は出荷されており、 通年食べることができます。 ただ、最も収穫量が多く、美味しいと言われている旬は 6月から8月です。 産地 アンデスメロンの産地は 茨城県がトップで全体の約5割ものシェアを誇っており、次いで山形県、熊本県が続きます。 アールスメロンの産地は茨城県、熊本県がありますが、トップシェアを誇っているのは 静岡県で全体の約4割を占めます。 静岡県で有名なクラウンメロンは、アールスメロンの最高品種といわれるほどで価格、知名度ともに高いブランドメロンです。 値段 アンデスメロンは比較的安く手に入れることができる、 大衆メロンの代表といわれています。 旬の時期はスーパーに並ぶことも多く、価格は1玉あたり600円から1,000円程です。 特売の際は500円以下で買えることもあり、一般家庭にメロンを普及させた歴史も納得できる値段の安さが特徴です。 かわってアールスメロンですが、こちらはアンデスメロンと真逆で 高級メロンの王様と呼ばれています。 スーパーに並ぶこともありますが、価格は1玉あたり1,500円から2,000円程度とアンデスメロンと比べてかなり高めです。 ただ、アールスメロンも特売で売り出されることがあり、運がよければ1,000円前後で購入することができます。 どちらも知名度が高いメロンになりますが、 最も大きな違いは高級度にあるといえるでしょう。

次の