ずい ずい ずっ ころばし ごま みそ ずい。 複数人でできる手遊び〜ずいずいずっころばし〜

ずいずいずっころばし

ずい ずい ずっ ころばし ごま みそ ずい

『ずいずいずっころばし』歌詞 まず、『ずいずいずっころばし』の歌詞を覚えていらっしゃらないかたも多いかと存じますので以下に記させていただきます。 ずいずいずっころばし ごまみそずい 茶壺に追われて とっぴんしゃん 抜けたら、どんどこしょ 俵のねずみが 米食ってちゅう、 ちゅうちゅうちゅう おっとさんがよんでも、 おっかさんがよんでも、 行きっこなしよ 井戸のまわりで、お茶碗欠いたのだぁれ いままで何の意識もせずに歌っていた童謡の歌詞をこのように文字に起こしてみると、全く現代口語では全く意味がわかりません。 実は、この『ずいずいずっころばし』、長く歌い継がれている童謡である反面、その意味については諸説あり、まだ確固たる結論は出ていないのが現状なのです。 そこで有力といわれている2説をご紹介いたします。 「お茶壺道中」説 この童謡は江戸時代に行われた「お茶壺道中」という幕府の伝統行事を批判している歌であるという説がございます。 お茶壺道中とは何か? 「お茶壺道中」とお聞きになられて、これまたピンと来ない方が多いかと存じます。 江戸時代、将軍御用達のお茶は「宇治茶」でございました。 宇治茶はその名の通り、京都の宇治地域で作られた茶葉です。 そして江戸幕府、将軍のいる江戸城があったのは当然江戸、すなわち今日の東京は皇居にあたる場所です。 すなわち毎年4月~5月、お茶の季節になると新茶を京都から江戸(東京)に輸送しなければならなかったのです。 お茶壺道中の具体的な行程は以下の通り、• 宇治から茶葉の生育状況の報告を受ける。 採茶使が茶壺ともに江戸を出発する。 彼らが宇治に到着する。 9日目から、茶道頭立ち会いのもと、茶詰めが行われる。 茶詰めが終わったら、茶壷を封印する。 封印した茶壷を羽二重(はぶたえ)という光沢のある布で包む。 さらにそれを帛紗(ふくさ)と呼ばれる茶道用の布で包み保護する。 それを籠の中の箱に入れ、2人が担ぎ、残りは護衛しながら運ぶ。 江戸に着く。 将軍満足! とこのように、将軍の宇治茶への魂の入れ込み様は凄まじかったのです。 したがってお茶壺道中の格式は、当時の行事の中でも群を抜いて高く、お茶壺道中の間は、東海道には庶民はもちろん、大名でさえ出くわしてしまった場合は立ち入ってはいけないという凄まじい伝統行事だったのです。 また、東海道沿いの田畑の耕作は禁じられ、さらにそれだけでなく、街道沿いの住民は道の掃除を強制されました。 さすが、将軍!! 『ずいずいずっころばし』は風刺歌 こんな命令でもお上の命令であることに変わりはございません。 平和な江戸時代といえど、逆らえば「斬り捨て御免!」を食らってしまいかねません。 しぶしぶお茶壺道中にお付き合いする民衆は不平を持ちます。 皆様も上司や先輩に、よくわからない飲み会の準備を頼まれたときはなかなか断れませんよね?それのもっと強い版です。 さらに民衆はその恩恵には授かれない。 そこでこの童謡が作られたという説があるのです。 そしてそのお土産をもらってうれしそうな役人が、うれしいでチュウチュウチュウ。 そして最後はお茶壺道中に逆らうと、井戸に落とされるということを示しているのではないかと存じます。 つまり、「昔、お茶碗を割っただけで井戸に落とされたっつう奴もいたからなぁ。 お前達、絶対にお茶壺道中の邪魔はしてはいけないぞ」と子供に恐怖を植え付ける文句だと考えられます。 「性的」歌詞説 「お茶壺道中説」が比較的格式高い説であったのに対し、それに相反する俗な説として、 『ずいずいずっころばし』は「性」について歌った春歌なのではないかという説もございます。 『ずいずいずっころばし』の元ネタは『伊勢物語』? 『ずいずいずっころばし』の元ネタの説がそもそも異なります。 この説では『伊勢物語』の「筒井筒(つついづつ)」(二十三段)が元ネタとされているのです。 「筒井筒」(文語) まずは原文を見ていただきます。 後に、現代語訳も記しますので、ご安心ください。 昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女を こそ得めと思ふ。 女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。 さて、この隣の男のもとより、かくなむ、 比べ合っていた私の振り分け髪も、肩を過ぎました。 あなた以外の誰のためにこの髪を結い上げましょうか。 などと言い交わして、とうとうかねてからの希望の通り結婚したのでした。 と、このように両思いの幼馴染同士が色々あって結婚するお話ですね。 訛り前があった? 『ずいずいずっころばし』は今、歌われているのは随分訛ってしまったあとのもので原型があったとされています。 その原型に近いものが… ついついつっころばし こまいしょつい 茶壷に追われて ドッピンチャン 抜けたら どんどこしょ 俵のねずみが米食ってチュウ チュウチュウチュウ おっとさんが呼んでも おっかさんが呼んでも 行きっこなしよ 井戸の周りでお茶碗割ったの だれ? ほとんど変わらないではないか!!どこが春歌なんだ?! とお思いになられるかもしれませんので、解説をしていきたく存じます。 まず、「ついついつっころばし こまいしょつい」について。 「つっころばし」は「つっころび」から派生した言葉であるとされ、「つっころび」はいわゆる遊女ではないそっち系の商売の女性。 「こまい」とは精巧に編みこまれた竹細工のことで、土壁の骨組みとして用いられます。 そして「こまいしょ」は「こまいしよう」という誘い。 つまり、「ねえねえお姉さん、イジりっこして遊ぼうぜぇ」という誘いなんです。 下品で、すいません。 次に「茶壷に追われて」について。 「つぼ」の原型である「つび」は女性のデリケートゾーンを意味します。 壺は古来から性的な意味合いを含む言葉としても用いられてきた信頼の実績があるのです。 これは「誘われた女性のほうから男性にのしかかってきた」ということを意味します。 そして「ドッピンチャン」。 これは男と女がドタバタしている様を示しております。 さて「抜けたら」。 別に当時には現代における「ぬける」とかそういう言い回しはありませんので、そういう意味ではございません。 いわゆる「刺したら」という意味です。 「ドンドコショ」。 さらに騒ぐんですね。 もううるさいくらいなんですね。 「俵のねずみが米食ってチュウ チュウチュウチュウ」。 ねずみは当時「女郎」や「遊女」などを示す隠語として用いられました。 つまり「ねずみ」はその女性。 そして「米食って」は元は「泡食って」だったのではないかといわれており、「当惑している様」を示しているといわれています。 そしてチュウはよがる声。 つまり「その女性は当惑しながらも、よがっている」という意味と捉えることもできるわけです。 「おっとさんが(ry」については、もうそのままの解釈で結構です。 2人は楽しみの真っ最中。 もう誰が呼んでも相手にはしないわけです。 最後、「井戸の周りでお茶碗割ったの だれ?」。 ここで「筒井筒」につながります。 彼らのような若き男女の行動の軽率さを憂いているのです。 つまり、軽率に行為に及んではいけないよと。 まとめ 結論:綺麗なお姉さんとずいずいずっころばしをすれば、必然的に手を触ることができる! 最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次の

ずいずいずっころばし (Zui Zui Zukkorobashi)

ずい ずい ずっ ころばし ごま みそ ずい

(筆者がこの歌の蛇行法則を見出した時期は、西暦1992年4月の事でした。 ) ずいずいずつころばしごまみそずい んやしんぴつとてれはおにぼつやち ぬけたらどんどこしよたはらのねず うゆちうゆちうゆちてつくめこがみ ちゆうおつとさんがよんでもおつか どいよしなこつきいもでんよがんさ のまはりでおちやわんかいたのだれ これを右上から読んでいきます。 いちずみかされずやねがつんだ そつのこおがのみぼらめもよたまにはくでん いごおたつんでかしはよてよもばれしちがい わろてこゆきやことどうさつちつつ ちとこおずぴどゆつなでいんらうおしり ずしたちうよはいやけゆゆいまずんぬうちどの 位置積み重れず屋根が突んだ 帥の公衙の見惚らめもよ たまには功田 移郷経つんでか支派 仍て よもばれし痴がい 悪て此ゆ木屋こと どう察知 つつ ちと高津人 斎つ名で印籠 御知り 図師達 紆余は嫌けゆ維摩順ぬ打殿 意味のわからない言葉を広辞苑で調べてみました。 「もよ」・・・感動の意を表す助詞。 「支派(しは)」・・・本派から分れた別派。 「よも」・・・ 下に打消の語を伴って まさか。 いくらなんでも。 よもや。 「痴がい」・・・おろかなこと。 おろかなさま。 「斎つ(ゆつ)」・・・いわい清めること。 神聖なこと。 清浄なこと。 以下に意味解釈を表示します。 瓦の位置がうまく積み重ねられていないので屋根が突き出ている 大宰府長官の公邸のなんとほれぼれしいことだろう たまには功労者として田を与えてくれてもいいだろうに 移郷されるまでに年月が経っているので 別派はそういうわけで よもや おろかなさまが ばれることはない と思っていることだろう 悪事のせいでこの小屋にいるとは 他人にはどう察知できるだろうか といいつつ ちょっと高津の人は神聖な名で印籠を御知りで 図師達はのんびりすることを嫌がり 維摩会の順番にかかわらず打殿を測っている 移郷とは、奈良・平安時代、殺人犯で死刑を免ぜられた者が強制的に他郷に移住させられることをいいます。 高津(こうづ)は島根県西部の益田市にある地名です。 島根県西部は石州瓦の産地でもあります。 「石州」とは石見(いわみ)の国のことです。 印籠は、江戸時代には薬入れとして用いられましたが、古くは、印や印肉を入れていたそうです。 田畑を測る役人である図師によって朱肉が使われていたことを表わしていると考えています。 維摩会とは、大乗仏教の一つである維摩経を講読する会のことで、その際、寺院に布施する田地を維摩田というそうです。 打殿とは、布を打って光沢を出す仕事をする建物のことです。 奈良・平安時代に布目瓦が多用されていたことを指していると考えています。 解釈した文章内容のように、隠謀に巻き込まれて没落した人を調べたところ、奈良時代末期の藤原浜成(ふじわらのはまなり 西暦724~790年)という人が該当することが分かりました。 この人は、藤原四家の中で最初に没落した京家・麻呂の子(不比等の孫)で、大宰帥の後、員外帥となります。 しかし、娘の夫である氷上川継が謀反を起こしたため、参議・侍従を解任されます。 また、この浜成という人は、日本最古の歌学書である『歌経標式(浜成式)』という著作を残しています。 『歌経標式』の中には浜成の作である次のような謎歌(表向きに歌っていることとは無関係な字句が隠され、その字句をつなげると一つの文句になるような歌)が記載されています。 ねずみのいへ よねつきふるひ きをきりて ひききりいだす よつといふかそれ (33文字) 鼠の家(穴)米つきふるひ(粉) 木を伐りて引き切り出す(火)よつ(四)といふかそれ 浜成は、これが「あな恋し(穴粉火四)」という意味をもつと解説しています。 「俵の鼠が米食って」の部分は、この歌のことを表していると考えています。 この図のとおり、歌詞を蛇行状に並べてできた文章の中に、意味をなさない「ん」の文字が3個あり、その位置が、歌詞を普通に唱えた時に、33文字間隔で並んでいるのです。 暦を概算すると、太陽と月の周期が33年で一巡するのです。 「ずいずいずっころばし」には、「暦・天文」にまつわる謎が秘められていると考えています。 --- 「ずいずいずっころばし」にみられる「蛇行法則」が何を意味するのかと考えを巡らせ、「蛇行法則」は「惑星の逆行」を表わすのではないかと推察しました。 惑星の逆行とは、天空における惑星の見掛け上の位置が、他の恒星に対して逆の方向へ移動しているように見える現象のことです。 この「惑星の逆行」の時期に、歌に表された「事象」が起きたのではないかと推察しました。 実際に、氷上川継の乱の年代の惑星配置を、Stella Theater Proというプラネタリウムソフトを使って、時代をさかのぼって再現してみました。 氷上川継の乱が起きたのは、天応二年閏正月十一日(西暦782年3月3日)ですが、同時期の西暦782年2月1日頃~4月15日頃(閏正月は2月21日~3月22日)に、火星がおとめ座(秋分点方向)からしし座にかけて逆行していることが判明しました。 --- ねずみのいへ よねつきふるひ きをきりて ひききりいだす よつといふかそれ この文字数を数えると33文字となり、これも蛇行状に表示してみます。 火星を漢名では「螢惑」と言い、五行思想では「火」に配されます。 螢惑(けいわく)・・・火星の別名。 わざわいや戦乱の前兆となるといわれる。 この時系列に着目します。 『続日本紀』には、藤原浜成が大宰帥に任ぜられた理由については記されていません。 また、同書には、藤原浜成の人となりの一つとして「術数に習熟していた」と書かれています。 術数・・・陰陽家・卜筮家などの暦数の術。 --- 「おっとさんがよんでもおっかさんがよんでもいきっこなしよ」の部分については中国の書物にその手掛かりを求めました。 中国の子供の教育について、朱子学の祖である朱熹が著した『童蒙須知』という書物の中では、話し方や歩き方の具体的な行いとして、 若父母長上有所喚召 卻當疾走而前 不可舒緩 もし父母や目上の人から呼ばれたら、 急いでその人の所へ行き、ゆっくりしてはいけません。 という教えが説かれています。 その、室町時代から江戸時代にかけての陰謀とは、明智光秀の謀反のことです。 その題材として該当するのが、安土桃山時代の武将・細川忠興(号・三斎)です。 忠興の妻は光秀の娘(ガラシヤ)ですが、前述した川継の妻が浜成の娘という関係に似ています。 その他に、題材として該当するのが、忠興の父・細川藤孝(号・幽斎)です。 幽斎は、本能寺の変の際には光秀の誘いを断り、剃髪して忠興に家督を譲っています。 この人は信長、秀吉、家康の三代に仕え、近世歌学の祖とされます。 歌詞の末尾の「井戸のまわりでお茶わん欠いたの誰」については、ひとつの手掛かりがあります。 当時の武将の間で名器とされた朝鮮半島産の「井戸茶わん」について、秀吉に仕えていた幽斎が詠んだとされる歌があります。 筒井筒 五つに割れし 井戸茶わん とがをば 我れが 負いにけらしな 「ずいずいずっころばし」には、この歌が示唆されていると考えています。 --- 「印籠」に入れられた朱肉を示す「朱」という文字は、朱子学の祖である「朱熹」のことを表すこともあるそうです。 前半の「ちと高津人 斎つ名で印籠 御知り」の部分に該当するのが、戦国武将の大内義隆です。 この人は石見を含む七国の守護であり、大宰大弐に任ぜられ、朝鮮から朱子学の書を手に入れます。 また、治安の乱れた京都から多くの公家を迎えますが、領国経営が不安定となり、家臣の謀反を招いて自刃しました。 維摩会は、興福寺で行われるものが最も有名です。 その興福寺の衆徒の長を戦国時代に継いだのは筒井順慶という武将でした。 「維摩順ぬ」とは、「筒井順慶ではない」という意味を表わしていることになります。 「打殿を測っている」とは、秀吉が行った「太閤検地」のことを表していると考えています。 その太閤検地は本能寺の変と同じ時期に始まっています。 以上をつなげてみます。 大内義隆は主君に従うことを知っているけれども 図師たちは主君に従う筒井順慶ではない羽柴秀吉である これは間接的に「羽柴秀吉は主君に叛いた」という意味を表わしていると考えています。 ずいず いづつ ころばし こまみ そ ずい ちゃつぼにおはれて とつ ひしや ぬけたら どんど こしよ たはらのねずみがこめくって ちゆう ちゆう ちゆう ちゆう おっとさんがよんでもおっかさんがよんでもいきっこなしよ いどのまはりでおちゃわんかいたのだれ 随ず 井筒 転ばし 高麗見 其 随 茶壷に追はれて 突 ひしや 抜けたら どんど 来しよ 俵の鼠が米食って 知勇 知勇 知勇 知勇 おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも行きっこ無しよ 井戸の周りでお茶わん欠いたの誰 従わぬ筒井順慶を味方に転じさせ、手に入れた高麗の物を見ている、その人に従うと、 茶会に追われ、突然の災難に遭うが、 過ぎたら小正月が来る。 鼠の家米つきふるいの歌を詠んだ藤原浜成は、 知恵と勇気をもち、 主君に叛いた。 筒井順慶から秀吉に渡った井戸茶わんが割れた歌を詠んだのは誰。 井戸茶わんの元の所有者は筒井順慶でした。 山崎の戦で光秀の誘いに応じず、秀吉にも味方をしなかった順慶が、光秀側の劣勢を察知すると秀吉側に転じ、勝敗が決した後に、その日和見を秀吉にとがめられ、所領を保つために井戸茶わんを献上したという伝説があります。 「ずいずいづっころばし」という意味不明の言葉を「山崎の戦で従わぬ筒井順慶を羽柴秀吉が味方に転じさせた」と判ずることができました。 --- 藤原浜成の「謎歌」、「おろかなさまがばれることはない」、「羽柴秀吉は主君に叛いた」などの、「ないことをあることのように言う」主張など、「ずいずいずっころばし」には、嘘の主張が含まれていると考えています。 --- 戦国時代の「山崎の戦」については、下総国野田ののページでも、題材の後半を成しています さらに、京家・藤原浜成の曾孫・藤原興風(ふじわらのおきかぜ 生没年不詳)が、延喜十四年四月二十二日(西暦914年5月24日)、下総権大掾に叙任されています。 その九年後の延長元年(西暦923年)、下総国野田の愛宕神社が創建されています。 --- 江戸時代、徳川将軍家への献上のために行われた「御茶壷道中」。 その「茶壷」に納めるための茶葉の「茶摘み」の最盛期である「八十八夜」の頃は、太陽暦の5月1日~2日に相当し、「かごめかごめ」の意味付けのページで述べた、ユダヤ暦の「イヤル」の月の頃にあたります。 そして、「ずいずいずっころばし」の文字数「112」から「88」を引くと、同意味付けのページで述べた、「鳳凰山の直線」や「地軸」の傾斜角「24」度が導かれます。 airnet. city. masuda. odn. geocities. dfg. wol.

次の

複数人でできる手遊び〜ずいずいずっころばし〜

ずい ずい ずっ ころばし ごま みそ ずい

童謡の暗号 わらべうたの中には、歌詞に底知れない暗さを感じるものがあります。 「ずいずいずっころばし」もその一つ。 無垢なこどもたちに「うた」という形に暗号化して、後世に語り継がせたかった作者の意図は何かについて、考えてみました。 茶壺道中 ずいずいずっころばし ごまみそずい ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん ぬけたら どんどこしょ たわらのねずみが 米食ってちゅう ちゅう ちゅう ちゅう おっとさんがよんでも おっかさんがよんでも いきっこなしよ いどのまわりで おちゃわんかいたの だぁれ この歌は何についてうたったものなのか、それを読み解くカギは、「 ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん」にあります。 江戸時代、将軍御用の宇治茶を採茶し、茶壺に入れて江戸まで運ぶ 茶壺道中という行事がありました。 茶壺が通行している間は、農民は耕作をやめて家にこもらなければならなかったので、「とっぴんしゃん(戸をぴしゃん)」と表現されています。 さて、お茶というものの権威を高めた人物は誰かというと、 千利休を連想すると思います。 千利休を連想させるもう一つのワードは、「 ごまみそずい」で、利休がごまを好んだことから、ごまを使った料理に「利休」がつくものが多くあります。 (例:利休あえ、利休みそ等) 井戸茶碗 千利休の存在が浮かび上がれば、最後のフレーズ「 いどのまわりで おちゃわんかいたの だぁれ」の意味がわかります。 これは、「井戸茶碗を欠かしたのは誰か」という意味で、豊臣秀吉が開催した北野大茶湯で、秀吉の自慢の 井戸茶碗「筒井筒」を小姓が割ってしまったという逸話と結びつきます。 お茶をたてていたのは利休であり、秀吉は激怒して、小姓を手打ちにしようとしました。 当時は高麗の茶器バブルで、茶碗一個で城が建てられるほどの価値だったといいます。 茶会の参列者は一同、凍り付くような場面だったかと思います。 その時細川幽斎が、伊勢物語の「筒井筒」にかけて、次のような狂歌をさらりと詠みました。 筒井筒 五つにわれし 井戸茶碗 咎をば我に 負いにけらしな 秀吉の怒りを恐れずに、小姓の助命をする幽斎の豪胆っぷりには、列席の戦国武将たちも舌を巻いたことでしょう。 茶会の席を血で穢してはならないという戒めもあり、秀吉も幽斎の機転の句を誉めて、小姓は事なきを得ました。 知らずに見逃したことが悔やまれます(TT) 筒井筒 筒井つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな 妹見ざるまに さて、伊勢物語に出てくる本歌に話題を移します。 この句はあまりにも有名で、「筒井筒」といえば、幼馴染の男女の恋という意味としてとらえられます。 ずいずいずっころばしの最後のフレーズから、 筒井筒という暗号が出て来ると、「ああ、彼らのことだな」と連想される幼馴染の男女がうかびあがってきます。 それは、 茶々(淀君)と大野治長の二人です。 「 ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん」から、熱をあげていたのは茶々の方だったのかもしれませんね。 一方の千利休は、二人の情事について重大な事実を知っていたため、つまり世継ぎが秀吉の子ではないことを知るにおよび、「 ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん」な目にあうことになってしまったのかもしれません。 俵のねずみ 茶々は千利休を排除するために、 ある人物を陰謀に加えます。 それは、農民から米をしぼりあげる検地奉行 石田三成。 「たわらのねずみが 米食ってちゅう ちゅう ちゅう ちゅう」のフレーズに隠された意味です。 千利休を排除する陰謀工作の実行犯が、「ちゅうちゅうちゅう」の三っつなりの三成。 秀吉に対して発言力を握っていたのが、豊臣秀長と千利休ですが、これにとってかわろうとしていた勢力が石田三成らの五奉行でした。 まとめ 茶々と石田三成が陰謀を企て、千利休を自害に追い込んだというのが、ずいずいずっころばしの歌詞に隠されたメッセージだと思われます。 表面的には意味がないようにみせておきながら、暗号化された言葉を追いかけていくと、千利休のダイイングメッセージのように犯人が誰かが示されている、とても不思議でこわい歌です。 最後に、「ずいずいずこっころばし」はどこにあるのか。 この橋に暗号化された言葉は、「殺す橋」です。 おそらく、千利休の首がさらされた一条戻り橋(京都)のことなのではないかと思っています。 あの世とこの世の境界といわれてきた、こわい橋です。 敗者の側のもみ消された歴史を推理するのが趣味です。 自分の観点で歴史について、いろいろ書いています。

次の