初音 ミク 鼓動 2020。 「初音ミク×鼓童」スペシャルライブレポート/伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)

【水族館、アクアリウム向けBGM】初音ミク・Append新曲の「Aquatronica 電影水族館」をアップしました。

初音 ミク 鼓動 2020

公式サイトによれば、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたプログラムのひとつなのだそうです。 舞台に立つのは、インターネットを介して世界に羽ばたいた「電子の歌姫」であるミクさんと、日本の伝統芸能である「和太鼓」の演奏技術を磨き上げて世界を股に掛けた活動を続けている鼓童。 知っている人にとっては、まさかのコラボレーションですよね……。 歌声合成ソフトウェアとして誕生し、今やバーチャル・シンガーとして世界へ人気を広げている初音ミクと、世界中に和太鼓の魅力を伝える太鼓芸能集団・鼓童との初のコラボレーションを実現。 日本が誇る伝統文化と世界を魅了するデジタルなステージ演出の融合によって、新風を巻き起こします。 ( ) 同じ音楽分野のアーティストでありながら、その背景は大きく異なる2者のコラボとくれば、そりゃあ話題にならないはずがありません。 発表当初から、 「いったいどんなライブになるんだ……」と期待半分、不安半分な声が聞かれていたように思います。 僕自身はコアなミク廃ではないものの、ニコニコ動画でボーカロイドが流行しはじめた2007年から今に至るまで、ボカロ文化が好きで聴き続けているファンの一人。 ついでに和太鼓も好きで、鼓童の演奏もいつか聴いてみたいと思っていたこともあり、ライブへの参加を決めたのでした。 セットリストと簡易感想 そんな期待と不安が入り混じった状態で参戦したものの、 終わってみれば「最高だった!!」の一言。 不安なんざ一瞬で消し飛び、期待値を大きく上回るパフォーマンスに魅了され、最高の気分で会場を後にしました。 「これ、今回限りのコラボだとしたらもったいなさすぎじゃね!?」と感じられるほど。 本当に、もっともっと聴いていたかった……。 セットリスト自体は、『マジカルミライ』をはじめとするボカロイベントの流れを汲んでいながら、演奏内容は「鼓童」成分マシマシのすばらしいコラボレーション。 よく知るボカロ曲に「和」の要素と、鼓童による生身の人間のパフォーマンスが合わさり、なんかもう最強に見える。 そんな感じで、以下ではセットリストを振り返りつつ、簡単にその内容をまとめました。 BURNING/鼓童 ホール内に和太鼓の重低音が響きわたり、登場した鼓童の面々が奏でるオリジナル楽曲を皮切りに、ライブがスタート。 普段、夏祭り以外の場では和太鼓と縁がない人は、その音の大きさと響き方にびっくりしたんじゃないかしら。 つかみはバッチリ! 2. 千本桜/黒うさP feat. 会場のボルテージも最高潮に。 間奏では、画面上に花びらが集まったと思ったら和太鼓が登場。 ねじり鉢巻を装着したミクさんが、図太い1本のバチで和太鼓を叩くパフォーマンスも。 かわいい。 周囲では鼓童のみなさんがデカい和太鼓をドンドコ叩いており、「音」の重圧が尋常じゃない。 和太鼓のほか、小さなシンバルのような楽器・チャッパも登場し、踊り狂う鼓童のみなさんがかっこいい。 初音ミクの消失/cosMo 暴走P feat. 初音ミク 「消失!?こんな序盤で!?」とでも言わんばかりに、イントロが流れた途端にざわめく客席。 ネット上で公開されていた練習映像でも聴くことができますが、実際にホールで聴くとマジでヤバかった。 ゲーム『Project DIVA』シリーズでも高難易度曲として有名ですが、ゲーム上の連打が生ぬるいと感じられるほどの超絶連打。 しかも複数人の演奏者さんによる和太鼓のドコドコドコドコドコドコ……を全身で受け止める形になるので、迫力が半端じゃなかったです。 エイリアンエイリアン/ナユタン星人 feat. 初音ミク ここでちょっとだけBPMが下がり、始まったのは「 エイリアンエイリアン」。 手拍子のタイミングでチャッパを叩く鼓童の方がかわいい。 ワールズエンド・ダンスホール/wowaka feat. 初音ミク・巡音ルカ 「バラードが来ると思った? ……残念! むしろ加速するぜ!」という声が聞こえたような気がした。 ステージ上にはルカさんも登場し、楽器の数も増加。 チャカポコチャカポコと耳に入ってくる情報量もマシマシで、否が応でも楽しくなってきます。 紅一葉/黒うさP feat. 巡音ルカ ルカ姉続投でバラード曲。 原曲が「和」の要素を多分に含んでいることもあり、これは和太鼓と合うでしょう……と思ったら、出だしの篠笛にやられた。 どこか切なさを感じる高音がふつくしい……。 からくりピエロ/40mP feat. 初音ミク バラードで落ち着いたところで、程よいテンポ感の「 からくりピエロ」。 それまでの体の底から響いてくるような重低音とはまた違う、軽快な締太鼓の音が心地よい。 ロミオとシンデレラ/doriko feat. 初音ミク まだ10曲も終わっていないというのに、この名曲続きっすよ! ステージ脇で低音を発する大太鼓のほか、上段にはドラムのように複数の太鼓を叩く演奏者さんの姿も。 バンドのドラムとは異なるリズムで楽曲を支えており、意識して聴いてみるとおもしろい。 裏表ラバーズ/wowaka feat. 初音ミク ここに来て再びのテンポアップ! 舞台上の演奏者さんの数も増え、しかも叩いたり弾いたり踊ったりとやたら動きまわるため、視線があちらこちらに引き寄せられて忙しい……というか、目の数が足りねえ! 11. 巴/鼓童 3つの大太鼓に3人の奏者、各々の掛け合いと背中で魅せる演奏がとにかくかっこいい、鼓童のオリジナル曲。 最初こそ静かに聴いていた観客も、徐々に演奏を見ながら自然と歓声を上げるように。 ステージ上のパフォーマンスもそうですが、お約束でもなんでもなく「演奏に魅了されて自然と声が出てしまった」感じの雰囲気がホール内に漂っており、和太鼓のライブとしては新鮮さを感じました。 峰の風/鼓童 feat. 演歌とはまた違う、民謡を歌うミクさんの声は初めて聴きましたが、調声にかなりこだわっているのか、音の伸びとビブラートがさながら人間のようですごかったです。 かと思いきや、同じく2人でチャッパを叩いていた鼓童の演奏者さんが、たびたびリンレンをコピーした動きを見せていてびっくりした。 側転の部分とか、まるっきり完全にシンクロしてたよ! すげえ! 14. いーあるふぁんくらぶ/みきとP feat. 鏡音リン・鏡音レン 「リモコン」のラストで銅鑼が登場したと思ったら、それが叩かれるのを合図にそのまま「 いーあるふぁんくらぶ」に突入! アジアンな楽曲は和楽器とも親和性が高く、まったく違和感がない……どころか、みんなノリノリ&笑顔で演奏していて楽しい。 Celluloid/baker feat. 初音ミク まさかまさかの「 Celluloid」。 古参ホイホイにも程があるでしょ……泣くわこんなん! 鼓童のみなさんは小休止、ミクさん&バンドによる直球ストレートのライブパフォーマンスが、かえってしんみり具合と感動を高めていた感じ。 色褪せないなあ……。 Packaged/livetune feat. 初音ミク そういう流れなんだろうなーと何となく察してはいたものの、この流れはオッサンの涙腺にクリティカルヒットするやつやで……。 このあたりはミクさんタイムらしく、再登場した鼓童の面々もサポートに徹していた印象です。 積乱雲グラフィティ/ryo supercell feat. 初音ミク 安定と信頼のryoさん曲。 画面情に広がった青空の青さと、曲展開に合わせてモクモクしていた積乱雲も印象的。 改めて振り返ってみると、 この曲に限らず映像面でもいい仕事をしていた……というか、かなり力が入っていたように思います。 SHAKE/鼓童 feat. ステージ上でも鼓童のみなさんが大きな動きで魅せる楽しい曲となっており、ライブも終盤であることがわかりますね……! 19. ワールドイズマイン/ryo supercell feat. 初音ミク ラストスパートと言わんばかりのWIM。 ここまでの楽曲と比べると極端にハイテンポなロックナンバーではないこともあり、和太鼓がどういった絡み方をしてくるのかと思いきや……驚くほどにぴったり。 原曲にもあるドラムパートで、Bメロ部分、特にサビ前の「ダダダッダ、ダダッダダッダ」のリズムが、想像以上に和太鼓の低音ともマッチ。 これを聴いたら、原曲が物足りなく感じるんじゃ……という懸念が出てくるほどに気持ちのいいアレンジになっていました。 初音ミク 紛うことなきラスボス曲。 一番デカい大太鼓を使ったイントロがあまりに壮大すぎて、最初は「 激唱」だと気づかなかった。 もともと緩急が非常に激しい曲だったのが、和太鼓の重低音によってさらにメリハリが強調された形。 一心不乱にサイリウムを振り振り、なんかもう言葉にできないほどにテンションが上がってヤバかったです。 これが聴けただけでも、参加する価値はあった……! 21. 39/sasakure. 初音ミク 終わりが近いことがわかりますね……。 聴くだけで泣けてくるから困る。 やはり楽曲が楽曲ということもあり、演奏でも画面でもミクさんを際立たせる演出になっていた模様。 Tell Your World/livetune feat. 初音ミク 満を持しての「 Tell Your World」。 会場の盛り上がりは最高潮に達し、キャノン砲によって打ち出されたテープがキラキラと眩しい。 テープを持ち帰りそびれたのが唯一の心残り……orz 鼓童のみなさんも複数種類の和太鼓を総動員して、低音パートとステージ前でのパフォーマンスを担当していました。 そして演奏後には、 ミクさんから「アンコールはないよー」の声。 ……事前に注意されてしまった! 23. 桜ノ雨/halyosy feat. 自然と歌い出す人も少なくなく、ステージ上でも何人かの鼓童の方が歌っていらっしゃった様子。 本当に来てよかったと思える最後の一曲となり、セットリスト全体を振り返っても最上の選曲だったと思えました。 ライブの模様は4月と5月に放送予定! 先ほどの公式Twitterのツイートにもあったように、この ライブの模様はテレビでも放送を予定しているそうです。 ライブに行けなかった人はもちろん、行った人も改めて感動を追体験できるというありがたさ。 さっすがNHKさんやで!.

次の

【初音ミク】「マジカルミライ 2020」楽曲コンテスト結果発表!

初音 ミク 鼓動 2020

関連する記事• 2020. 15 バーチャルYouTuber VTuber キズナアイの投稿動画において、再生前のサムネイルにていわゆる「分裂」版の出演有無を視聴者が明確に確認する[…]• 2020. 06 VR法人HIKKYは5月6日、仮想空間における展示即売会「バーチャルマーケット4」 の5月5日までの延べ来場者数が50万人を突破したと発表しました。 […]• 2019. 18 いつか無くなるものを求めちゃいかんのだよ。 無くなるものは、求めるためではなく、そいつで遊ぶために、この世にあるんだからな。 「セフティ・マッチの金の言[…]• 2020. 03 任天堂のセカンドパーティー HAL研究所の酒井省吾氏は6月2日、バーチャルYouTuber VTuber /バーチャルライバー リゼ・ヘルエスタによ[…]• 2020. 21 ホロライブプロダクション傘下の女性グループ「ホロライブ」所属のバーチャルYouTuber VTuber 星街すいせいは3月21日の生放送配信にて、[…].

次の

This is NIPPON プレミアムシアター ~結~ 初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2020

初音 ミク 鼓動 2020

歌声合成ソフトの枠組みを超えて世界を魅了し続けるバーチャル・シンガーの「初音ミク」、 日本の芸能文化の先駆けとして世界を駆け巡る太鼓芸能集団「鼓童」。 2020年、This is NIPPON プレミアムシアターの締めくくりとなる、新たな伝説にご期待ください。 佐渡島を拠点に、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。 1981年ベルリン芸術祭でデビュー。 以来50以上の国と地域で6,500回を越える公演を行う。 劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、多様なジャンルのアーティストとの共演、国際芸術祭、映画音楽などへ多数参加している。 2012年から2016年まで坂東玉三郎氏を芸術監督に招へい。 2017年「幽玄」で坂東玉三郎氏と再共演を果たし、翌18年には歌舞伎座において新作歌舞伎「幽玄」として演奏で参加した。 近年は石川さゆり、AI、元ちとせ、ブラフマンなど、さまざまなジャンルのアーティストと共演。 2019年には19年ぶりの中国ツアーを成功させたほか、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開会式、「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」に出演した。

次の