60 歳 の ラブレター。 「60歳のラブレター」

60歳のラブレター インタビュー: 仕事一筋の孝平役で主演、中村雅俊インタビュー

60 歳 の ラブレター

本作で描かれる3組の男女のうち、野心的なサラリーマンの橘孝平を演じた中村雅俊に話を聞いた。 仕事一筋で家庭を顧みず、気が付いたら妻や娘との絆はバラバラになっていた……そんな孝平を演じる上で感じたことや、役柄への思いを語ってもらった。 (取材・文:平井万里子) 中村雅俊 インタビュー 「人生には、陽の当たる場所を歩くときと日陰を歩くときがある」 原田美枝子と夫婦を演じた中村雅俊。 でも『同じような食材を使いながら、こんなに美味しく食べさせてくれるとは!』と心を打たれました。 3組の物語にすごくリアリティがあるので、6人の誰かに自分を投影させる人も多いと思います。 中でも僕がドキッとしたのが孝平の『背中を押されて生きてきた』というセリフ。 『俺がいたからこの家は……』と驕っている男性も、この映画を見ればきっと奥さんの大切さに気づくはず。 「妻の目線で見れば『許せない』と思われるんでしょうね。 でも、精神的に認める部分はあります。 最初から優秀な夫でいられるわけではないですしね。 でも離婚を決めてからの孝平の人生は下り坂でドン底まで落ちる。 定年退職・離婚後も新たな仕事に打ち込む孝平だが… 「彼のように『自分はベテラン』とあぐらをかいている人もいますが、才能に年齢は関係ない。 僕らの世界だってそう。 若い世代はみんなライバルですよ。 長くやってることの重みもあるから、彼らを納得させるものを見せないと。 今の若い人たちはみんな仲いいじゃないですか。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

60歳のラブレター

60 歳 の ラブレター

それは60歳を期に、長年連れ添った夫から妻へ、妻から夫へ・・・普段表せない感謝と愛情をこめた言葉を贈るというもの。 ところが、これが予想外の大反響となり、やがて一冊の本になります。 数々の作品は、一般公募にもかかわらず(がゆえに)、多くの人々の共感を得、感動の渦に巻き込み、次々とラジオドラマ化・書籍シリーズ化・舞台化。 ひとつの社会現象として話題となり、今もなお根強い人気を誇っています。 今年は奇しくも戦後60年。 共演に、映画・ドラマ・舞台・CMなどで活躍中の女優・風吹ジュンと、幅広い世代に人気を博す名優2人が舞台を飾ります。 作・演出に、映画『レディ・ジョーカー』、『OUT』、『愛を乞うひと』などで数々の話題作を手がけた映画監督・平山秀幸&脚本家の鄭義信が参加。 今回の舞台は、平山監督による初の舞台作。 「60歳のラブレター」をテーマに人気劇作家・脚本家の鄭義信が描くストーリー展開ともに、注目度が高い作品となります。 今年還暦をむかえたばかりの長塚京三、そして平山秀幸・鄭義信の強力なプロデュース陣による、2005年「60歳のラブレター」舞台版、是非ご期待ください。 すべての著作権は毎日放送に帰属します。 Copyright c 1995-2006, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

次の

映画『60歳のラブレター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

60 歳 の ラブレター

昨年の10月、女房が胃潰瘍の手術のために入院した。 後で分かったのだが、 意を決しての入院だったようだ。 女房は手術室へ向かう直前、 ベッドの枕の下から、一通の封書を私のポケットにねじ込んだ。 寂しそうに笑っていたのが少し気にはなった。 手術は一時間足らずで終わったが、 その間、待合室で先ほど渡された封書を開けてみた。 「お父さん! 私は潰瘍ではなく、癌だと思っています。 この先あまり長く生きられないと思うので、 今のうちに言っておきます。 四十年近く連れ添ってくれてありがとう。 良妻だったと思っていません。 わがままばかり言って、迷惑のかけっ放しだったと、 自分でも思います。 でも、あなたのおかげで、 私は、結構楽しい人生が送れました。 私が先に逝くことになりますが、『三途の川』は渡らずに、 あなたが来るまで、じっと待っています。 来た時には、他のいい女に目移りすることなく、 真っ先に私を探して下さい。 来世でも、夫婦として一緒に暮らしてあげますから」 「なんじゃこれは!?遺書か?ラブレターか?」 思わず吹き出した。 術後、医師から告げられた>>>.

次の