生理 使い捨てビデ 使い方。 使い捨てビデ(プチシャワー・セペ)で大丈夫?膣内を奇麗にするには

効果を理解して正しく使おう!ビデの正しい使い方・注意点。使い捨てビデの使い方!

生理 使い捨てビデ 使い方

排尿・排便後にビデで女性器を洗う• ティッシュで軽く拭く• 温風で乾かす(付属している場合) になります。 ビデを使用する際は女性器に当てて、汚れ等を落とします。 この時、膣の中にビデを入れてしまうと、外陰部についた汚れも一緒に膣内へと入れてしまう恐れがあるため、あくまでも外陰部を洗浄するイメージで使用するようにしましょう。 ビデを使うタイミングって? 主にビデを使用するベストタイミングは、生理の時や、産前・産後などの女性器を清潔に保つ必要がある時などです。 もちろん、それ以外で使ってもいいのですが、 「おりものが気になるから」と毎回使うのはNGです。 使いすぎによって、膣内の必要な善玉菌も洗い流してしまう可能性もあるため、ほどほどにしましょう。 生理の時は、女性器についてしまった経血を洗い流すことによって、清潔に保てるほか 生理時の独特な鉄臭いニオイを防ぐ事ができます。 ビデを使う時に注意すること ・膣内に直接温水を当てない 前述もしましたが、膣内に直接温水を当てると、外陰部周辺に付着している雑菌が膣内に侵入してしまう可能性があります。 雑菌が侵入してしまうと、膣内の自浄作用の働きが低下し、やを引き起こす可能性も。 ・強い水圧で使用しない 汚れを落とすために強い水圧で、しっかりと洗浄する人がいますが、これはやめておきましょう。 強い水圧は刺激になりますし、膣内にも入ると善玉菌が流されてしまいます。 強い水圧で汚れを落とすと言うより、弱い水圧で優しく洗い流すイメージで使用しましょう。 ・長時間の使用は控える 長い間、女性器に当て続けるのは良くありません。 乾燥を招く恐れもありますし、長時間当て続けるのは衛生的にもどうなのかと…。 時間は長くてもせいぜい10秒ほどがベストでしょう。 使い捨てタイプのビデはどうなの? 今は使い捨てタイプの携帯用ビデも販売されています。 使い捨て用ビデは精製水などで出来ているものが多く、膣内にも安心して使用する事ができるため、 長引く生理を早く終わらせたい時やおりもののニオイや量が気になる時などに使えます。 非常に便利のため使用している人も多いと思いますが、これも使いすぎには注意が必要です。 日常的に使っていると膣内の善玉菌も一緒に流してしまい、臭いなどをケアするはずが 逆にニオイの原因になってしまう事も少なくありませんので注意するようにしましょう。 ビデとウォシュレットの違い ウォシュレットとは、 TOTOが販売している温水洗浄便座の名称の事です。 よく、「ビデとウォシュレットとは何が違うの?」と言った疑問がありますが、ビデは数ある温水洗浄便座の一部であって、ウォシュレットはTOTOが販売している温水洗浄便座の事なので、まったく違います。 最後に 温水洗浄便座のビデを使う事で、生理の時の経血を洗い流してくれたり、ニオイ軽減になったりと便利ですが、使い方を間違えると逆にニオイを発生させてしまいます。 ビデで膣内を洗浄すると自浄作用が低下する恐れがあるため、ほどほどが大切です。 位置を動かす事も出来るので、自分のベストな位置に動かしながら、上手に使うようにしましょう。

次の

タンポンの正しい使い方、タンポン仕様のメリット・デメリット、ナプキンとの使い分けについて解説

生理 使い捨てビデ 使い方

ビデの正しい使い方 日本式のビデの正しい使い方をご紹介します。 どんな時に使うのか 日本でのビデは、排尿後に局部を清潔に保ちたいときや、生理の時に経血を洗い流して不快感を減らしたいとき、おりものを洗ってさっぱりしたいときなどに使います。 排便後にはビデ機能ではなくおしり洗浄機能を使います。 生理中や性交後などに性器の外部ではなく膣内を洗浄するのにトイレのビデ機能を使うという人もいますが、温水洗浄便座のメーカーは、ビデはあくまで性器外部を洗浄するためのもので、性器内部を洗浄することは推奨できないとしています。 膣内を洗浄したいときには、後からご紹介する携帯ビデを使いましょう。 正しいビデの使い方 正しいビデの使い方をご紹介します。 まず、ビデを使う前にトイレットペーパーを使って軽く拭いておきます。 水圧は弱めのシャワーにして周辺を優しく洗い流します。 強い水圧を使ったり、周辺ではなくデリケートゾーンの中心に向かってシャワーを当ててはいけません。 トイレットペーパーで押さえるように拭きます。 温風乾燥機能がついている場合も、軽くトイレットペーパーで拭いてから温風を当てて乾燥させます。 注意してほしいのは、強い水圧でデリケートゾーンの中心にシャワーを当ててはいけないということです。 こうやって洗ってしまうと、水の勢いで周囲の雑菌が尿道に入ってしまう可能性が高く、膀胱炎などの原因になってしまうこともあるのです。 排尿後にビデ機能ではなくおしり洗浄機能を使うのも、高い水圧のシャワーを当てることになり、膀胱炎の原因になります。 また、膣内はいつも弱酸性に保たれていて、外部からの雑菌や病原菌の侵入・繁殖を防いでいます。 強い水圧でデリケートゾーンを洗ってしまうと、この雑菌や病原菌を防いでいる粘膜も水圧で洗い流されてしまい、病気にかかってしまうこともあるのです。 「必ずビデ機能で洗う」「弱めの水圧で周辺を優しく洗い流す」「デリケートゾーンの中心だけを目がけてシャワーを当てない」ことに注意しましょう。 誤った使い方 ビデのシャワーやおしり洗浄のシャワーを高圧で当てて排泄を促す、という使い方をしている人がいますが、これは間違った使い方です。 いつもそうやって排泄をしていると、常習化してしまい、シャワーを当てなければ排泄ができなくなってしまいます。 また、ビデもおしり洗浄も、強すぎるシャワーは洗いすぎになり、かゆみの原因になることもあります。 携帯ビデとは? 薬局などで「使い捨てビデ」「携帯ビデ」などが売られています。 どんな時に使うのかをご紹介します。 どんな時に使うのか ビデの機能が付いていないトイレを使ったときや、衛生環境があまりよくないトイレで衛生面に不安があるときなどには、携帯ビデが便利です。 薬局などで「使い捨てビデ」「携帯ビデ」などの名前で売られています。 そのほか、携帯ビデには膣内を洗浄するという使い方もあります。 膣の洗浄は頻繁に行うことはおすすめできませんが、おりものや経血で不快感を感じているときに膣洗浄をすると膣内が清潔になり、不快感がなくなったり生理痛が緩和されることもあります。 また、性交後に膣内を洗浄したいという人も、トイレのビデ機能ではなく、携帯ビデを使いましょう。 携帯ビデでの膣内洗浄の方法 携帯ビデには使い方の説明書がついていますので、よく読んで使用してください。 ここでは携帯ビデを使った膣内洗浄の方法を簡単にご説明します。 膣内を洗浄した後は洗浄した液体を流しますので、トイレやシャワーのあるところで使います。 まず、手と指をよく洗い、清潔な状態にします。 片膝をついてしゃがんだり、便座に座ったり、中腰状態になるなど、膣に携帯ビデを入れやすい体勢をとります。 片手で膣の入り口を開き、ビデのノズル部分を膣内に入れます。 ゆっくりと挿入し、ビデのボトル部分を押して中の液体を膣内に流し込み、洗浄します。 膣内を洗浄した液体が外に流れ出てくるので、トイレやシャワーで流します。 膣内洗浄で気をつけたい点 頻繁に膣洗浄をしない 前述の通り、膣内は外部からの雑菌や病原菌を防ぐために常に弱酸性に保たれています。 弱酸性に保たれているのは、膣内の常在菌の働きによるものです。 膣洗浄を頻繁に行うと、この常在菌も洗い流されてしまい、膣の自己防御機能が低下してしまいます。 膣の常在菌を洗い流してしまうと、膣炎を引き起こしやすくなったり、性感染症などの感染症にかかりやすくなったりしてしまうのです。 また、不妊症の原因になったり、早産の危険が高まったりする原因にもなります。 膣洗浄は多くても月に2〜3回に留めておきましょう。 精製水を使う 携帯ビデを膣洗浄の目的で使う場合は、精製水を使います。 精製水は、蒸留、ろ過、イオン交換などで比較的純粋な状態にされた水です。 紫外線などで減菌されたり殺菌されているものもあります。 携帯ビデ用の液体には、銀イオンを配合したものなどもありますが、膣内を洗浄するときにはできるだけ純粋な水を使います。 いろいろな成分が含まれているものを使ったり、水道水を使ったりすると、刺激を受けすぎてしまったり、アレルギーを引き起こす原因になったりすることもあります。 使い回しをしない 膣洗浄をするときは、使い捨ての携帯ビデを使い、使い回しは絶対にしないようにしましょう。 一度でも使ったものは、様々な雑菌が含まれていたり、綺麗に洗ったつもりでも菌が残っていることもあります。 衛生的な面から、使い回しはしてはいけません。 海外のビデの使い方 海外のビデの使い方をご紹介します。 日本のものとはかなり違います。 海外のビデはどんなもの? 便座と一体になっている日本のビデとは違い、海外のビデは、便器の隣に別に設置されていることがほとんどです。 蛇口がついていて、一見して洗面台のようにも見えます。 海外のツアーに参加する時には、必ずと言っていいほど添乗員の方から海外式のビデの使い方を説明されます。 それほど、日本式のビデと海外のビデは違っているのです。 日本式のビデもアジアの一部で広がっていきつつありますが、海外ではビデといえばほとんどが日本人には洗面台に見えるビデです。 イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、マルタ、クロアチア、キプロス、アルバニアなどの国では、ホテルだけではなく一般家庭のバスルームにも必ずと言っていいほどビデが設置されているそうです。 海外のビデの使い方 間違いやすい使い方 日本式のビデに慣れている日本人には、知識がなければ海外のビデは何をするものなのかも分からないかもしれません。 蛇口がついていてお湯や水が出る、水を溜める部分がある、バスルームに置いてある、タオルが近くにかかっている、便器に似ている、などから、ビデで排泄をしてしまったり、顔や手を洗うものだと思ってしまったり、洗面台と勘違いをして蛇口からの水を飲んでしまったりする人もいます。 海外式のビデも、基本的には日本式ビデと同様、主に肛門や性器などの下半身を洗うものです。 日本のものと違うのは、必ずしも排泄の後だけに使うものではないことと、女性だけではなく男性も使うものであることです。 海外ではシャワーを浴びる代わりにビデを使って簡単にさっぱりしたり、足を洗うときにビデを使ったりもします。 海外のビデの近くには専用のタオルがかけてあることがほとんどです。 バスルームには手や顔を拭くタオルも別にかけてあることが多く、どちらを使ったらいいのか迷った場合は、タオルを使わない方がいいかもしれません。 ビデで排泄をしてはいけないのはもちろん、衛生面から見ればビデの蛇口からの水を本来の目的以外に使うことはやめた方がいいでしょう。 また、海外では一般家庭にビデがあることが普通でも、よそのお宅のビデは基本的には使わないそうです。 海外式ビデの使い方 海外でも、ビデの使い方は親から教わって使い始めたりするそうなので、家庭によって使い方が違っていることもあり、必ずしも「こう使わなければいけない」という方法が決まっているわけではないそうです。 しかし、基本的な使い方はあるので、ここでは海外のビデの基本的な使い方をご紹介します。 ビデはトイレの便器に座るように、またがって使います。 前を向いてまたがるか後ろを向いてまたがるかは、洗う場所や人によって違うそうです。 蛇口から水をシャワーのように出しながら洗う方法と、ビデに水を溜めて洗う方法があります。 ビデのそばには専用のソープが置いてあることが多いので、ソープを使って手で洗います。 普通のソープでは刺激が強すぎるため、専用のソープはデリケート部分用の低刺激のものです。 ビデ専用のタオルで拭きます。 日本式のビデに慣れていると、抵抗がある使い方かもしれません。 海外のビデはこんなにも日本のものと違っているのです。 まとめ 温水洗浄便座はとても便利なもので、慣れてしまうと洗浄機能のないトイレは使えなくなってしまうという人もいます。 しかし、洗浄機能の使い方を正しく知っている人は案外少ないのではないでしょうか。 正しく使わないと病気の原因になってしまうこともあります。 トイレのビデを膣内の洗浄に使うという人もいますが、トイレメーカーには推奨されていない使い方です。 膣内を洗浄したいときは携帯ビデ(使い捨てビデ)を使いましょう。 薬局などで簡単に手に入れることができます。 使い方の説明書をよく読んで使いましょう。 ビデはもともと海外で生まれたもので、日本式のビデは独自の発展を遂げたものです。 海外に行ったときにビデの使い方が分からないという人も多いでしょう。 使い方に迷ったら、「使わない」という選択も良いのかもしれません。

次の

プチシャワーセペの使い方はこれ!写真付きで説明するよ!

生理 使い捨てビデ 使い方

生理中の臭いが気になるということはありませんか? デリケートゾーンは排泄する部位であるとともに常に下着に覆われており、衛生を保つことが難しく蒸れやすいことから、臭いのトラブルが生じやすい部分です。 生理中は経血と生理用品によっていつも以上に下着の中が蒸れ、環境が悪くなることも…。 デリケートゾーンの臭いが、もし自分でも気づくほどの臭いであれば、それが周りにも気づかれていないか心配になりますよね。 今回は、生理中のデリケートゾーンの気になる臭いの原因と、その臭いを軽減するための対策についてご紹介します。 臭い原因は生理の経血じゃない!? 私たちがよく口にする生理の血、経血というのは剥がれ落ちた子宮内膜のことを指し、怪我をした時に出る血とは成分が全く異なります。 子宮内膜は子宮の内側にある層で、生理周期に合わせて徐々に厚くなっていきますが、妊娠が成立しないと使わなかった子宮内膜は一旦すべて剥がし落とし、経血として膣から排出されます。 私たちは、この経血こそが気になる臭いの原因だと思いがちですが、実はこの経血、排出されたばかりのものは無臭に近いそうです。 では一体何が原因で、あの嫌な臭いが発生するのでしょうか。 経血が膣から体外に排出されてナプキンに染み込み始めると、経血が空気に触れます。 経血が空気に触れると酸化し始め、その酸化がどんどん進んでいくと今度は雑菌が繁殖していきます。 生理中の嫌な臭いの原因は「酸化」と「雑菌の繁殖」なのです。 実は、生理中に限らず、デリケートゾーン の臭いが気になる場合、そのほとんどが雑菌によるもの。 したがって、雑菌を繁殖させないように気をつけることで、臭いを軽減することができます。 では、具体的な対策をみてきましょう。 職種やライフスタイルによってもナプキンを交換する回数は大きく異なるでしょう。 経血量の多さで苦労している人のなかには、日中でも夜用の大きいナプキンを使用している人もいるようです。 どのタイプのナプキンを使用したとしても、こまめに交換できるのであればいいのですが、もし頻回にトイレに行くことができずに長時間同じナプキンをつけたままで過ごしている場合、ナプキンに染み込んだ経血の酸化が進みます。 それにより雑菌の繁殖も進み、あの生理特有の生臭いにおいが出てくるのです。 現在は生理用品開発の進歩によって、吸収力とともに通気性に優れた、機能的なナプキンが数多く販売されるようになりました。 つけ心地が快適なためにナプキンの交換回数が減ったことはうれしいことなのですが、一方でナプキンを長時間つけっぱなしにすることによる臭いのトラブルはなくなりません。 経血量が多い3日目くらいまでは漏れないためにも意識的に交換するかもしれませんが、忘れてはいけないのは、4日目以降の生理の終わりかけの時期です。 いくら汚れが少なくても、長時間同じナプキンを使用していれば蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。 ナプキンがもったいないから…とケチらずに、生理が終わるまではこまめに交換するようにしましょう。 膣の中で経血を吸収するタンポンは、経血が空気に触れることが少ないため、ナプキンに比べて臭いの心配が少なくなります。 また、ナプキンのように蒸れる心配もありません。 とはいえ、タンポンには膣から外に出ている紐が存在し、膣内で経血をたっぷり吸収してしまうと、経血がその紐をつたって外に出てくることは避けられません。 やはりどうしても、こまめに生理用品を替えることができない方には、「」がベストです。 月経カップは膣内に挿入し、膣内で経血をキャッチするため、経血が空気に触れる機会がほとんどなく酸化を防ぐことができます。 経血は空気に触れなければ酸化は進まないため、結果的に臭いの軽減につながります。 さらに、カップの取り扱いに慣れてしまえば、通常のショーツのみで過ごせるようになるため、「ナプキンの蒸れによる肌トラブルが軽減した!」という喜びの声をよく伺います。 月経カップは、経血の量にもよりますが最長で12時間の連続使用が可能です。 医療用シリコーン100%でできており、タンポンにあるようなTSS(トキシックショック症候群)のリスクもほぼありません。 たとえば、月経カップ「スーパージェニー」はスモールサイズでタンポン約3本分、ラージサイズは約4本分の容量があるため、トイレに行って交換する回数が確実に少なくなりますよ。 私たちの体毛はもともと保温や保護のためにあり、アンダーヘアも大事な生殖器を保温し保護するために存在するそうです。 しかし、現代の私たちは下着を履くようになったため、アンダーヘアは必ずしも必要ではなくなりました。 欧米ではアンダーヘアの処理は常識ですが、日本では男性も女性もアンダーヘアを処理している人はまだまだ少数派です。 特に湿度の高い日本では、処理することでデリケートゾーンの臭いが軽減でき、生理でない時も快適に過ごせるようになりますよ。 脱毛することに抵抗がある方は、毛を短くカットするだけでも蒸れや臭いはかなり軽減します。 夏は暑くて汗をかいたり熱がこもったりして蒸れやすくなるのは簡単にイメージできると思いますが、実は寒い冬こそデリケートゾーンが蒸れやすい環境が整っているのをご存知ですか? 寒いと身体を冷やさないためにタイツやレギンス、モコモコパンツなどの重ねばきを積極的にしますよね。 それこそがまさに蒸れやすく、雑菌の繁殖の原因になるそうです。 デリケートゾーンの通気性を考えるだけで臭いの発生を軽減できるので、特に生理中はデリケートゾーンのトラブルを抱えやすいという人は、身につける下着や洋服について一度見直してみましょう。 <下着や洋服類の選び方> ・締め付けが強すぎないものを選ぶ ・下着は通気性の良い綿やシルクの素材を選ぶ ・ゆったり着れる洋服を選ぶ ・無理な重ねばきはしない いつでもおしゃれはしたいものですが、せめて臭いの気になる生理中だけでもデリケートゾーンの通気性を考えたものにするのが良さそうですよ。 デリケートゾーンに悩みがない人は構わないけれども、少なくとも臭いやかゆみ、膣カンジダ症になりやすいなどの悩みがある人は、通気性の悪い革製のパンツや、ピチピチのスキニーパンツを履くのはやめましょうねと、産婦人科の先生もおっしゃっていました。 臭いが気になるとつい石鹸でいつも以上にゴシゴシ洗いたくなりますよね。 生理中だとなおさらです。 でも実は、洗いすぎることによって逆にデリケートゾーンの臭いを強めることがあるのをご存知ですか? 膣には常在菌が存在し、膣内を酸性に保ち細菌の侵入を防いだり、病原菌を死滅させたりして、嫌な臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれています。 洗いすぎることによって常在菌のなかの良い菌まで洗い流してしまい、膣の自浄作用を弱めてしまうことがあるからです。 また、身体を洗う石鹸やボディソープはアルカリ性の物が多く、膣の酸性を弱める働きがあります。 デリケートゾーンを洗う際はボディソープの成分を確認して、膣のpHに適した弱酸性のものを選ぶようにしましょう。 最近ではデリケートゾーン専用の石鹸も多く販売されており、筆者も愛用しています。 比較してみると洗い上がりが身体用の石鹸とは明らに違うことが分かるのでおすすめです。 膣内を清潔にする方法として、ビデによる膣洗浄もあります。 ビデを使って膣内を洗い流せば、経血や雑菌が洗い流されるのですっきり感がありますし、使い切りタイプなので衛生的です。 でもやはり頻繁に使いすぎると、膣の良い菌まで洗い流してしまい自浄作用を弱める原因になってしまうため注意しましょう。 参考:日本性感染症学会「 」 番外編:昔の女性たちの臭い対策 今のような生理用品がなかった明治時代の女性たちは、知恵を絞って生理中の経血やそれに伴う臭いの対処をしていたそうです。 これは一例ですが、藁灰(藁を焼いてできた灰)の黒く燻した部分の灰は臭いを吸収するのに効果があることを当時の人々は知っていたため、黒い灰を集めてはお茶などを包装する紙で折りたたんでナプキン状にし、デリケートゾーンに当てて対処していました。 この手作りナプキンは消臭効果に加えて、吸収力もあり、長持ちもするので野良作業にはよかったとのことです。 使用後の処理は、燃やして灰にして畑に撒き、肥料にするだけなのでゴミも出ません。 黒い灰には消臭効果 があることを知っていた当時の人々にも驚きですが、ゴミが一切出ない見事なリサイクル方法にも驚きを隠せません。 しかし、いつの時代も、女性たちは生理の悩みを抱えていたんですね。 手作りの生理用品を使用していた昔の状況を知ると、どんな生理用品もすぐに手に入れられる現代の私たちはがとても恵まれていることが分かります。 参考文献:小野清美著,『アンネナプキンの社会史』, JISS出版局(1992) さいごに 今回は生理中の気になる臭いについて、その原因と対策についてご紹介しました。 寒い冬の方が、実はデリケートゾーンが蒸れやすい環境が整っているのは意外でしたよね。 筆者は数年前、一年中常夏の国に住んでいたことがありました。 年中暑いとデリケートゾーンがものすごい蒸れて、トラブルも多いのではないかとみなさん想像しますよね。 それが意外なことに、実際にはそうではなかったのです。 暑いとこまめにシャワーを浴びたりプールに入ったり、ゆったりシルエットの風通りが良い洋服を自然と選んだりしていたためか、デリケートゾーンのトラブルがほとんどありませんでした。 (質の悪い海外製のナプキンはゴワゴワで苦労しましたが…。 ) 特に今回ご紹介したは「生理用品の交換回数が減る」「蒸れにくい」「経血が酸化しにくい」という3つの点からも、生理中の嫌な臭い軽減にはかなり威力を発揮します。 デリケートゾーンの臭い対策のためにも、いまから月経カップの練習を開始して、年中快適に過ごしませんか? 関連記事: インテグロ株式会社 生理ケア&月経カップアドバイザー 1990年東京生まれ。 筑波大学体育専門学群 卒業、中高保健体育教員免許取得。 筑波大学人間総合科学研究科体育学専攻 博士前期課程 修了。 小さいときから身体を動かすことが好き。 3歳から水泳を始め、約18年間競泳選手として活躍。 大学院在学中は、スポーツを通じた国際協力としてNGOにてカンボジアの小学校の体育科教育の普及に携わる。 また、日本では小学生から大人までの幅広い年齢層に水泳の指導を行う。 2017年月経カップと出会い、生理中の過ごし方や生理に対する捉え方が大きく変わり、月経カップを通じて女性がより快適で自由に過ごせるように、社会や家庭でアクティブに活躍する女性たちをサポートしたいと思うようになる。 世界中の数十種類もの月経カップを試してきた経験から、月経カップの選び方や使い方、経血量やライフスタイルに合わせた生理ケアについて、アドバイスを行ったり、ワークショップを開催したりしている。 現在、女性の体や性教育、妊娠・出産・子育てについてより専門的な知識を身につけるため、一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会(代表理事:丸の内の森レディースクリニック 院長 宋美玄先生)主催「これだけは知っておきたい」講座修了。

次の