厄除け 時間。 厄除け・厄祓い(厄払い)を行う時期はいつ?|厄年・厄除け厄祓いドットコム

法多山|御祈祷のご案内

厄除け 時間

皆さんは厄除けや厄払いに行ったことがありますか? お正月シーズンに「あっ、私って今年が厄年なんだ。 」と、なんとなく気にする程度。 あとは特に気にしていない、なんていう方も多いのではないでしょうか。 しかし、なんとなく悪いことばかりが立て続けに起こったり、病気や事故が続いたり……。 そんなタイミングで頭をよぎるのが「厄年」! 厄年は「社会的責任の増加」や「身体の曲がり角」ともいわれ、さまざまな変化が生じやすい年回りでもあります。 大変な1年を無事に乗り切れるよう、厄除けや厄払いで自分にエールを送ってみてはいかがでしょうか? この記事では、• 「厄年だけど、厄除けって本当に必要?」• 「そもそも厄年ってなに?気持ちの問題じゃないの?」• 「厄除けをしたいけど、どこにいけばいいのかわからない・・・」 こんな疑問や迷いを感じる方のために、厄年や厄除けに関する基礎知識や知っておきたいマナーについて徹底解説していきます。 全国各地のおすすめ厄除け・厄払いスポット情報についてもまとめてご紹介していきますので、「厄」の言葉が頭に浮かんだ方はぜひ参考にしてみてください。 厄除けに行く前に……そもそも厄年って何? 「厄」という言葉は「災難・不幸」を意味しており、「厄年」はより多くの災難が降りかかりやすいとされる年齢のことを指します。 厄年には「厄病神(やくびょうがみ)」を除 よ け、災難から身を守るために、お祭りや行事、祈祷などに取り組んできました。 厄年は災難や不幸を避けるため、例年よりも慎んで過ごしてきたともいわれています。 厄年の由来 諸説ありますが、厄年の起源は平安時代までさかのぼります。 昔は「厄年」ではなく「役年」と表され、その年の村の「大役」をまかされてきました。 村にとって重要な「役」を請け負った人々は、何事もなく無事に役を果たせるよう厄除け・厄払いで身を浄化したとされています。 もちろん、村の大役を果たすには多くの困難が待ち受けていました。 ネガティブなイメージが強い「厄年」は、大役を果たした平安の人々の努力から生まれたものだといえますね! 厄除けはいつ必要?一生で 3 回やってくる厄年を男女別でチェック 一般的に、厄年は一生の間に3回訪れるとされています。 くわしい年齢につい、男女別で確認していきましょう。 ここでは一般的な考え方について、解説をすすめていきます。 厄年は「数え年」で算出する 大前提として、厄年は誕生日を基準とする一般的な年齢ではなく、元旦を基準としてカウントする「数え年」で算出するのが基本となります。 具体的には、生まれた時を1歳とし、お正月を迎えるたびに年を重ねていくのが数え年の考え方。 厄年を分かりにくい、覚えにくいと感じてしまう方が多いのは、この数え年になじみがないためだともいえますね。 【男女別】厄年を確認しよう 数え年について理解したところで、厄年にあたる具体的な年齢を確認していきましょう。 厄年は一生で3回。 以下の年齢で訪れます。 男性…25歳、42歳、61歳• 女性…19歳、33歳、37歳 この中でも、男性は42歳、女性は33歳が一生の中でもっとも大きな厄年……大厄(たいやく)に当たります。 普段は厄除けや厄年などをあまり気にしない方でも、大厄の年齢だけはお寺に足を運ぶケースは非常に多いです。 男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」と語呂合わせで呼ばれることもあり、一生の間でもっとも慎んで過ごすべき1年だと認識しておいた方がいいでしょう。 また、上記でご紹介した年齢は本厄(ほんやく)のみ。 本厄の前後1年間はそれぞれ前厄(まえやく)、後厄(あとやく)といわれ、厄年に次いで慎重に過ごしたい年齢とされています。 くり返しになりますが、これらは「数え年」の年齢です。 実年齢とはズレがある点に注意しましょう。 厄除けに行くべきタイミング 厄年がいつなのかが分かったところで、1年のどのタイミングで厄除けに行くべきか?という点について話を進めていきましょう。 厄除け=お正月シーズンをイメージする方も多いとは思いますが、年始でなければならないというわけではありません。 厄除けに適した時期 古くからの習わしでいうと、厄年がスタートする元日(1月1日)~立春(旧暦の正月。 2月4日頃)までに厄除けをするのが望ましいとされています。 中でもお正月は初詣でお寺に訪れる人が多いため、初詣のタイミングで厄除けの祈祷を受けるのが一般的。 とはいえ、お寺や神社では一年中祈祷を受け付けてくれるため、ご自身の都合に合わせて厄除けに訪れるといいでしょう。 厄除けは厄年の人しか受けられないの? 厄除けは、一般的には厄年の方が受ける祈祷を指しています。 が、「なんとなく嫌なことが続くから、厄払いしてほしい」というケースももちろんOK! 厄年の家族や友人とともに、厄年以外の方が祈祷を受けるケースも非常に多いです。 ただ、厄年とは関係なく祈祷をお願いする場合、「厄除け」以外の祈祷をお勧めされることも。 というのも、各お寺・神社にはさまざまな種類の祈祷が用意されており、特定の悩みに対してはそちらの方がふさわしい場合があるためです。 病気平癒:病気やケガ、健康関係など• 交通安全:事故、車の運転など• 恋愛成就・安産祈願:良縁、結婚や恋愛の悩み、妊娠・出産など• 事業繁栄・商売繁盛:仕事、開業など などなど、具体的な悩みにはそれに特化した祈祷を受けたほうがいいことも。 厄年以外で厄除けを希望する方は、祈祷の受付時に相談してみるといいでしょう。 混雑が予想される時期は、事前に電話で確認しておくと確実です。 厄除け・厄払いのちがいとは? やや話がそれたため、厄除けに話題を戻します。 厄除け・厄払いとは、不幸や災いから身を守れるよう「厄」を除けるために祈祷(きとう)してもらうことを指します。 厄除けと厄払いは、どちらも平穏な生活をお祈りするもの。 目的は同じであり、両者を区別せずに「厄除け」という言葉が使われるケースも多いです。 細かく区別する場合は、大きく以下の3つのちがいを把握しておくといいでしょう。 祈祷を受ける場所のちがい• こまやかな意味合いのちがい• 儀式、祈祷方法のちがい それぞれについて、解説を進めていきます。 祈祷を受ける場所によるちがい もっとも分かりやすいちがいとして、どこで祈祷を受けるかで区別できます。 お寺:厄除け(厄を除ける)• 神社:厄払い(厄を払う・祓う) ただ、先ほども触れましたが、どちらも同じ意味として「厄除け」と呼ばれることが多いです。 神社に行って「厄除けをお願いします。 」と言ってもしっかりと通じますのでご安心を。 意味合いによるちがい 厄除けは「厄」を「除ける」という字の通り、これから降りかかる困難や災難から身を守る意味を持っています。 厄年のスタートに「厄除け」をすることで、この1年を穏便に過ごせるよう願うわけですね。 一方で厄払いとは、「厄」を「払う」と表されます。 つまり、すでに降りかかってしまった災難を払いのけるという意味合いがあります。 「なんだか悪いことが続くなぁ・・・」という場合は、厄払いのほうが意味合いとしてはふさわしいといえますね。 ただ、あくまで微妙な意味合いのちがいを述べたにすぎません。 「厄」を遠ざけてくれる点では共通しているので、そこまで細かく注意する必要はないでしょう。 儀式、祈祷方法によるちがい 「厄除け」をお願いした場合、ほとんどのお寺で執り行われるのが『護摩祈祷(ごまきとう)』と呼ばれる祈祷方法になります。 護摩祈祷では、薪を人間の煩悩に見立てて火を焚き、そこでさまざまなお供え物を燃やすことで煩悩を焼き清めます。 お寺での儀式に当たるため、薪を燃やした火を通じて仏さまに願いを捧げることに。 護摩修行を終えた方には御護摩札が授与され、一年間大切に保管することで厄を除けられると考えられています。 「厄払い」の場合は神社で執り行われ、神職をつとめる神主がお祓い(おはらい)をし、神様に願いを捧げる儀式方法になります。 大麻をふり、祝詞を読み上げる神聖な儀式であり、普段は足を踏み入れられない社殿にてお参りをすることに。 神主さんからのお祓いを受ける間は、頭を下げて神様への願いを心の中で唱えましょう。 祈祷方法や場所により、願いを届けるお相手が仏さまなのか、神様なのかというちがいが生まれます。 どちらがいい、というものではないため、ご自分の心の赴く先で祈祷を受けるのが望ましいでしょう。 もちろん、強く願いたいのであれば両方の儀式を受けてもOK。 決して罰当たりなことではないため、ご自分の気持ちに正直に行動することをおすすめします。 気になるマナーを徹底調査!厄除けにいく服装は?金額の相場は? 厄除けや厄払いにいくなら、最低限のマナーについては理解しておいたほうがいいでしょう。 もちろん祈祷の最中はそっと進行を促してくれるため、具体的な儀式方法まで把握しておく必要はありません。 ただし、その場所にそぐわない服装やあまりにも相場とかけ離れた金額では、せっかくの厄除けで恥をかいてしまうことも……。 スムーズに厄除けのご利益を受けられるよう、厄除けのマナーについてチェックしておきましょう。 厄除けで好まれる服装マナー 初詣のタイミングで厄除けを受ける人が多いように、ほとんどの人は普段着で参拝しています。 ただし、普段着であっても下記を代表とする暗黙のルールも。 露出の目立つ服装は避ける• あまりにも軽装すぎるのはNG(ジーパン・Tシャツ・サンダルなど)• 派手すぎる装飾も好ましくない 神聖な場所へ祈りを捧げる貴重な時間だからこそ、ややフォーマルを意識した服装を選ぶと安心です。 格式高い神社やお寺の場合、ラフすぎる格好などで場にそぐわないと判断されると、受付でやんわりと断られてしまうこともあるようです。 普段着が上記のNG例に当てはまる方は、参拝前に一度自分の服装が問題ないかどうかを客観的に考えてみるといいでしょう。 厄除けはいくら必要?金額の相場 厄除け・厄払いをお願いする場合、• お寺・・・お布施(おふせ)• 神社・・・初穂料(はつほりょう) と呼ばれるお金(祈祷料)を納める必要があります。 具体的な祈祷料の金額は、祈祷後にいただくお札やお守りの種類、大きさなどによって決まります。 また、混雑が見込まれる期間は祈祷料が増額するケースも。 いずれにせよ、自分が祈祷をお願いする予定のお寺・神社のホームページなどを確認し、目安となる金額の相場をチェックしておくといいでしょう。 あくまで参考程度ですが、5,000円前後の金額を設定している場所が多いようです。 金額によってご利益に差がある? 人によって、「納める金額が多いほど、ご利益があるのでは?」と考える方もいるでしょう。 しかし、金額とご利益の強さは比例しません。 相場だけは事前に確認しておき、あとは自分が納得できる金額を包むのがベスト。 多く包んだ方が安心できるのであれば、もちろんそれでもいいでしょう。 お財布が気になる方は、その時のご自分の事情を反映した金額でも問題ありません。 お布施・初穂料に「のし袋」は必要? 一般的に、祈祷料は厄除けの受付時に納めることになります。 その際、特に「のし袋」にいれる必要はなく、お財布から出したお札をそのまま納めてしまってかまいません。 ただし、「裸のお札はちょっと……」と気にかかる方は、のし袋にいれて事前に準備していくといいでしょう。 厄除け・厄払いはどこがいい?失敗しないお寺・神社を選ぶ 3 つのポイント 厄除け・厄払いの基本的な知識やマナーを確認したところで、実際に足を運ぶお寺や神社の選び方について、解説を進めていきましょう。 基本的には祈祷を受け付けていれば、どこで厄除けを受けてもご利益には大きな差はありません。 自分が負担なく、安心して祈祷を受けられる場所を選ぶのがベスト。 そこでここからは、お寺や神社選びで後悔しないよう、おすすめのチェックポイントを以下の3つの視点でご紹介していきます。 アクセス面:足が向きやすいか、交通の便がいいか• 実績面:厄除けに関する人気度はどうか、安心感はあるか• 心情面:少人数でも対応してくれるか、その場所を身近に感じられるか それぞれのポイントについてみていきましょう。 アクセス面:足が向きやすいか、交通の便がいいか お宮参りや七五三など、慣れ親しんだ地域の神社・お寺がある場合は連絡も取りやすいうえ、気軽に足を運びやすいですよね。 現代は昔と比べ、地域の神社との距離が開いてしまっている傾向があります。 しかし、地域の神社やお寺に願いを捧げることで、神様や仏さまとの心の距離を近くに感じられる場合も。 厄除けの翌年に訪れたい「御礼参り」にも行きやすいため、足の向きやすさは大切なポイントの一つだといえるでしょう(御礼参りについては、後述していきます)。 また、地域から離れた神社・お寺へ参拝を検討する場合は、その場所自体へのアクセスについて事前にチェックしておきましょう。 電車や公共交通機関を利用する場合は、最寄り駅からどの程度の距離にあるか。 自家用車の場合は、駐車場は十分にあるかなどは重要なポイント。 人気が高い厄除けスポットの場合、お正月シーズンは参拝客が集中します。 その分、駐車場が不足したり、タクシーがつかまりにくくなるケースは非常に多いです。 参拝にかかる負担を軽減できるよう、交通の便についてはしっかりと確認しておくことをおすすめします。 実績面:厄除けに関する人気度はどうか、安心感はあるか 人気の高い有名な厄除けスポットには高い実績と安心感がありますよね。 お正月シーズンによく目にする「日本三大厄除け大使」などがその代表例でしょう。 どんな神社・お寺なのかがまったくわからないまま参拝するよりも、「厄除けにご利益がある」と浸透している場所の方が強い気持ちでお祈りできる、というケースも。 厄除けに対して不安がある方は、知名度で選ぶのもひとつの方法です。 ただし、人気の厄除けスポットはそれだけ参拝客も多く、待ち時間が長くなる可能性が高いです。 参拝を検討するなら、しっかりと下調べをしておくと安心でしょう。 心情面:少人数でも対応してくれるか、その場所を身近に感じられるか 厄除けで有名なお寺や神社の場合、どうしても他の参拝客と一緒に大人数で祈祷を受けることになります。 「人混みがヤダ」「ご利益が薄くなりそう……」 このように感じる方は、あえて参拝客が集中しない場所を選ぶのもあり。 少人数でも丁寧に祈祷してくれる神社・お寺の場合、厄除けのあとで神主さんやお坊さんとゆっくりと会話をすることもできます。 厄除けについて深く話を聞けたり、自分の心を伝えることでより一層強い思いを持って祈祷に臨めることも。 厄除けをお願いした場所を身近に感じることができれば、願いを捧げた仏さまや神様も、あなたを近くに感じるかもしれません。 知名度よりも丁寧さや心の距離感を大切にしたい場合は、少人数でも受付が可能か?という視点で探してみるのがおすすめです。 厄除けを受けたら「お礼参り」も忘れずに! 厄除けをはじめ、何かお願い事をしに神社やお寺へお参りに行く方は多いですよね。 一方で、祈願した事柄に対するお礼をするために足を運ぶ、というのはあまりなじみがないのではないでしょうか? これを「お礼参り」といい、厄除けであれば厄年が明けた翌年に参拝することを指します。 厄除けのお礼参りに行くタイミングは? 厄年は前厄・本厄・後厄と、3年間にわたります。 人によっては毎年厄除けに訪れる人もいますし、本厄の年だけという方もいるでしょう。 いずれにせよ、厄除けのお礼参りは一般的に後厄まで終えた翌年とされています。 1年間の中では、お礼参りに適していると定められた時期はありません。 また、厄除けの祈願を受けたお寺や神社にもう一度出向かなければならないという決まりもありません。 同じ場所に参拝できない場合は、同じ宗派や祭神のお寺・神社に訪れるといいでしょう。 お礼参りの参拝方法は?金額は? お礼参りに行く場合、厄除けの祈祷時にいただいたお札やお守りを持参しましょう。 古いお札やお守りをずっと手元に置いておくのは好ましくありません。 お焚き上げをしてもらう方法もありますが、お礼参りにて返納するのが一般的です。 金額に関するマナーについてですが、お礼参りで特にお金を包む必要はありません。 あくまで感謝の気持ちを伝えることが目的なので、厄除けの祈祷で納めたお布施や初穂料のようなものは特に用意しなくてOKです。 代わりに、神様や仏さまが喜ぶとされる「お酒」を奉納する方法があります。 お酒を包装紙で包み、「奉納」や「御供」と書かれたのしを付けるのが一般的。 返納するお札とともに持参し、巫女さんや社務所へ納めましょう。 お酒ではなく、お礼の言葉をつづった絵馬を奉納する方もいます。 お礼参りでは決まったマナーがあるわけではなく、奉納品に関してもすべて個人の自由とされています。 大切なのは「感謝の気持ち」ですね。 厄除け・厄払いにぴったり!おすすめの神社・お寺をまとめてチェック! 厄除け・厄払いの基礎知識やマナーがわかったところで、実際に足を運びたいおすすめの神社・お寺をみていきましょう。 全国的にも有名な場所から、地元民から愛される場所まで、全国各地の神社・お寺に関する情報を気になる口コミとともにご紹介していきます。 厄除けに訪れる場所に迷った方は、ぜひ参考にしてみてください。 日本厄除け三大師(関東厄除け三大師) まずは全国的に有名な厄除けスポット「日本厄除け三大師」をご紹介していきます。 正月シーズンは多くの人で非常に込み合いますので、厄除けを検討する場合は必ず申し込み方法や受付時期について確認しておきましょう。 川崎大師(神奈川県) 年末年始にはテレビCMで頻繁に目にする機会の多い『川崎大師』ですが、正式名称は「金剛山金乗院平間寺」といいます。 全国的に非常に知名度が高いため、厄除けシーズンには全国各地から参拝客が足を運びます。 川崎大師とくらべるとやや華やかさは劣りますが、じっくりと厄除けのご利益を実感したい方にはおすすめです。 その分、人混みにもみくちゃにされるようなガヤガヤとした雰囲気ではなく、心穏やかに祈祷へ足を運びやすい場所だといえるでしょう。 祈祷の時間は正月シーズン(毎年1月~2月上旬)にかけて変動するため、電話や公式ホームページなどで事前に確認しておくことをおすすめします。 要確認。 予約は電話で問い合わせを。 当日受付のみ。 当日申込制。 電話の事前予約を推奨。 事前の申込みも可能。 当日受付にて申込みを。 土日祝は予約不要。 電話番号 0254-22-2339 公式HP 洲原神社(岐阜県) 住所 岐阜県美濃市須原468-1-1 アクセス 長良川鉄道「洲原駅」から徒歩10分 美濃I. 当日申込制。 上記以外の時間は問合せを。 当日申込制。 当日受付制。 他の期間は事前に問い合わせを。 当日申込制。 電話番号 052-671-0852 公式HP 多賀大社(滋賀県) 住所 滋賀県犬上郡多賀町多賀604 アクセス JR「彦根駅」乗り換え 近江鉄道「多賀大社前」駅から徒歩10分 名神「彦根I. 当日申込制。 できれば事前に問い合わせを。 電話番号 073-478-0006 公式HP 中国・四国・九州地方 大聖院(広島県) 住所 広島県廿日市市宮島町210 アクセス 宮島口桟橋から「JR宮島航路」または「宮島松大観光フェリー」で宮島へ。 俳優さんや女優さんの中には、「役」を落とさないようあえて厄除けに行かない! という方も多いといわれています。 厄除けで大切なのは個人の気持ち。 厄年と聞いてマイナスのことばかりを想定するのではなく、役がもらえるチャンスの1年だと前向きにとらえてみましょう。 ポジティブな感情が、いい運気を引き寄せてくれる可能性もありますよ! 最後に 厄除け・厄払いに関するさまざまな疑問や不安についてご紹介してきました。 何度もいいますが、大切なのは「自分の気持ち」です。 ぜひ当記事でご紹介させていただいた内容を参考に、自分が心から納得できる厄除けスポットを見つけてみましょう。

次の

浅草寺の初詣で厄除け!祈祷の料金と時間は?

厄除け 時間

お護摩のご修行は、奥深い内容を秘めた哲学的な意義と、真言宗という、正しい密教の教理に裏付けられた荘厳な宗教儀式です。 お護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、〈焚く〉〈焼く〉などの意味をもつことばで、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。 お護摩は、御本尊のご宝前に設けられた護摩壇の周囲に香華をはじめ五穀、お供物をそなえ、斎戒沐浴して心身を浄めた導師が、中央の炉の中に護摩木を焚いて、御本尊厄除弘法大師さまのご供養をすることにはじまる、きわめて厳粛な秘法です。 合掌して、お大師さまのご宝号「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」をお唱えください。 このお護摩によって、皆様の煩悩を焼き浄め、大厄を消除し、すすんで家内安全、商売繁昌、病気平癒、心願成就など、開運の祈願をなされますことをおすすめいたします。 平常時(2月1日・2日・4日~12月31日)のお護摩時間表 ・午前• 6:00(10月~3月は6:30)• 9:00• 10:30• 11:30 ・午後 月曜日~土曜日(祝日含む)• 1:00• 2:30• 3:30 日曜日及び毎月21日• 1:00• 2:00• 3:00• 4:00 毎月20日のみ• (別途、郵送料を申し受けます)• お護摩札の種類/祈願料.

次の

浅草寺の初詣で厄除け!祈祷の料金と時間は?

厄除け 時間

西新井大師の厄除けについてご案内いたします。 当山では、ご本尊弘法大師様の御宝前において家内安全 方位除け等の他の諸祈願と共に護摩祈願をもって行います。 ご来山の日取りが決まりましたら、HPの にて開始時間をご確認の上、時間に余裕をもってご来山下さい。 護摩受付にてお申し込み( )を済ませてから本堂にお入り下さい。 申し込みが開始時間を過ぎますと、次の会になりますのでご注意ください(最終会は特にお気を付け下さい)。 なお予約はお受けしておりません。 護摩祈願は一年中毎日行っております。 また、当山において厄年は、数え年で行っております。 数え年とは昔の年齢表記で、その年の満年齢に1歳を足した歳となります。 生まれた年を1歳とし、以後、元日が来るごとに1歳を加算して数える年齢です。 生まれた年を1歳とする数え年とちがって、満年齢は生まれた時点の年齢を0歳とし、 以後、誕生日が来るごとに1歳を加算します。 厄年は、男性と女性で異なります。 数え年で男性が25歳、42歳、61歳、女性が19歳、33歳、37歳とされています。 厄とは いずれの厄年にもその前後1年間に、厄の前兆があらわれる前厄・厄のおそれが薄らいでいく後厄があります。 令和2年 厄除け 一覧表(数え年) 男性の厄年 厄 大 厄 前 厄 24歳 平成9年生 41歳 昭和55年生 本 厄 25歳 平成8年生 42歳 昭和54年生 後 厄 26歳 平成7年生 43歳 昭和53年生 女性の厄年 厄 大 厄 厄 前 厄 18歳 平成15年生 32歳 昭和64年生 平成元年生 36歳 昭和60年生 本 厄 19歳 平成14年生 33歳 昭和63年生 37歳 昭和59年生 後 厄 20歳 平成13年生 34歳 昭和62年生 38歳 昭和58年生 男性・女性 共通の厄年 13詣 幼児厄 還暦 前 厄 13歳 平成20年生 3歳 平成30年生 60歳 昭和36年生 本 厄 4歳 平成29年生 61歳 昭和35年生 後 厄 5歳 平成28年生 62歳 昭和34年生 一人一人が持っている年齢ごとの星廻りが凶方に位置するとき、運気が低迷し、さまざまな災いが起こりやすい年と言われます。 凶方の星を吉方に転じさせるために方位災難除の祈願を行います。 令和2年方位災難除一覧表(満年齢) しちせききんせい 七赤金星【八方】 いっぱくすいせい 一白水星【北東】 しろくもくせい 四緑木星【南西】 さんぺきもくせい 三碧木星【北】 大正10年生 99歳 大正 7年生 102歳 大正 4年生 105歳 大正 5年生 104歳 昭和 5年生 90歳 昭和 2年生 93歳 大正13年生 96歳 大正14年生 95歳 昭和14年生 81歳 昭和11年生 84歳 昭和 8年生 87歳 昭和 9年生 86歳 昭和23年生 72歳 昭和20年生 75歳 昭和17年生 78歳 昭和18年生 77歳 昭和32年生 63歳 昭和29年生 66歳 昭和26年生 69歳 昭和27年生 68歳 昭和41年生 54歳 昭和38年生 57歳 昭和35年生 60歳 昭和36年生 59歳 昭和50年生 45歳 昭和47年生 48歳 昭和44年生 51歳 昭和45年生 50歳 昭和59年生 36歳 昭和56年生 39歳 昭和53年生 42歳 昭和54年生 41歳 平成 5年生 27歳 平成 2年生 30歳 昭和62年生 33歳 昭和63年生 32歳 平成14年生 18歳 平成11年生 21歳 平成 8年生 24歳 平成 9年生 23歳 平成23年生 9歳 平成20年生 12歳 平成17年生 15歳 平成18年生 14歳 令和 2年生 0歳 平成29年生 3歳 平成26年生 6歳 平成27年生 5歳•

次の