エースバーン 受け。 エースバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーンの対策について

エースバーン 受け

純粋な攻撃性能以外にも「カウンター」「コートチェンジ」「いかりのまえば」「ちょうはつ」など補助的な役割を持つ事が可能なのも特徴の1つです。 耐久面が低めなのでエースバーンよりも速いポケモンで攻める、スカーフ持ちのポケモンで攻めると仕事をさせずに倒しやすいですが、ダイマックスを使用されると耐久も上がるので ダメージレースにおいて非常に厄介なポケモンです。 火力を上げる積み技が「ビルドアップ」のみなので1手で火力を大幅に上げる手段は存在せず、抜群を取られない高防御のポケモンであれば比較的受けが安定しやすくなります。 エースバーンの対策 高い素早さを持ちますが、より速いポケモンを使用する事で低耐久のエースバーンに仕事をさせずに倒すのが最も有効な手段となります。 「きあいのタスキ」で耐えて「カウンター」を行ってくる可能性がある事を考慮すると特殊アタッカーであればより良い対策と言えます。 また、高威力の先制技である「ふいうち」も使用可能なのでふいうちを喰らっても確実に倒せるポケモンを選択していきましょう。 様々な攻め手や択がある以上どれか 単一では対策が成り立ちづらく、状況に応じてどのように対応していくかを選択する必要があります。 先制してエースバーンを倒せるポケモン タイプが変化する前に先制して高火力で弱点を突けば倒せる可能性が高いです。 スカーフを持たせる、こちらも高速ポケモンを使うなどで対応しましょう。 相手がダイマックスを使用した場合でも、 多くの場合ダイマックスターンを消費させる事が可能となり、その後こちらのダイマックスで切り返しがしやすくなります。 ダイジェットを使用可能なポケモンや、ダイジェットを使用して飛行タイプに変化したエースバーンに抜群を取れるタイプであればより効果的です。 素早さダウンを利用する 「こごえるかぜ」「がんせきふうじ」と言った確定素早さダウンの効果を持った技を使用すると エースバーンの強みの一つである高い素早さを活かしづらくする事が出来ます。 ダイマックス状態を考慮すると大ダメージを食らってしまう前提の動きとなるので、 「きあいのタスキ」と併用するとより安定度が高まります。 「ダイジェット」で素早さを上げられた場合でも、可能な限り素早さアップを抑える事でこちらの後続ダイマックスアタッカーが全抜きする態勢を整えやすくなります。 「ダイジェット」を半減する為対面で撃たれづらい「ドリュウズ」などの鋼タイプや岩タイプ、「ダイジェット」後に抜群技で大ダメージを取られる事を考慮させられる「マンムー」などの氷タイプであれば「ダイナックル」で攻撃を上昇させられとしても素早さダウンは行いやすいのでおすすめです。

次の

【ソードシールド】エースバーンの対策!全てがタイプ一致の高速アタッカー【ポケモン剣盾】

エースバーン 受け

サイクルのクッション兼ステロによる起点作成役、カバルドン。 主にエースバーンとパッチラゴン受けを意識しています。 技構成からあくびが抜けていますが、そもそものステロに加えて、攻撃技のじしん、起点化回避のふきとばし、今後増えるであろうラムエースバーンを意識してダイジェット連打に対抗するためになまけるを入れてあくびを切りました。 もしあくびを採用する場合はなまけるとの入れ替えだと思います。 なおじしんはゴリランダーのグラスフィールドで威力が半減します。 しかしドヒドイデのトーチカやギルガルドのキングシールドなど、デメリットも多くあるため接触技の採用は避けています。 みがわりりゅうまいドラパルトです。 エースバーンに対していたずらごころみがわりや壁貼り展開で対抗してくる構築に分からせます。 壁エースがエースバーンだった場合はみがわりをうまく使って壁ターンを枯らしたり、ふいうちを透かしたりを行う必要があるでしょう。 ダイジェット連打で上を取られるのは怪しいです。 カバ引きが安定 黒いきりをもっていないドヒドイデやその他受けポケモンをみがわりで起点にしてりゅうのまいを積んでいきます。 メガネロトム。 相手のエースバーン受けとして選択されやすい、カバルドン、バンバドロ、サダイジャなどにハイドロポンプで対抗し、アシレーヌやラプラスなどの特殊アタッカーはほうでんで麻痺を狙いながら削りをいれます。 相手が耐久無振りだった場合はアシレーヌは確定1ラプラスは87. かえんだまやヘドロは他の相手ポケモンに返しましょう 1度目のサイクルでトリックを狙っても大体相手が引いていき失敗するので、トリックはここぞというタイミングに狙いましょう。 ふいにCが高い相手にメガネを渡さないように。 ハチマキゴリランダー。 サイクルのコマとして。 最後に草技の一貫を通しての勝ちも狙っていけます。 こちらも基本的にはエースバーンを止めに来るポケモンに圧力をかけつつ、輝石ポケモンの石をはたきおとすことをねらいます。 グラスフィールド状態でのハチマキウッドハンマーは目を見張る火力を出すため相手の受けを成立させません。 サイクル性能を高めるとんぼは確定として、最後の1枠は地面技、アクロバット、格闘技からの選択になりますが、エースバーン以外での処理が困難になりやすい、ナットレイに対抗するために、鉄のトゲ分のダメージを回復しながら殴れるドレインパンチを採用しました。 リベロエース、バグ枠。 ミラー意識で最速。 技選択でふいうちを切ったのは、みがわりドラパ等との択を発生させるならダイジェットで押したほうが強く感じたため、とダイスチルによる防御アップで相手の物理ダイマックスに対する耐久を上げるという選択肢を得るため。 そしてトゲキッスに対する対抗手段が欲しかったからです。 ドラパルトはパーティ単位で考えればオーロンゲでも対処可能でしょう。 みがわりやビルドやしねん、エレキボールなども選択肢には入ってきますが、わざわざ炎技を切ってダイマックス後にみがわりグラスシードHBゴリランダーに粘られたり、HBナットレイとまもると膝の択ゲーをするよりも負荷をかける事の出来るかえんボールの方が有用だと思います。 戦術と解説 基本的にはダイマックスエースをエースバーンとドラパルトから選択して、オーロンゲとカバのどちらかの起点作成役を選択し、サイクルを回していけるロトムとゴリランダーから1枠を選ぶのが良いと思います。 ドヒドイデがいるならロトム、ドラパルトがいるならオーロンゲ、パッチラゴンがいるならカバルドンなどそれぞれのポケモンに対抗できるポケモンは存在するため慣れていけば、全く対抗できないということは減ると思います。 試運転した結果若干いたずらごころエルフーンやぺリッパーカジリガメ構築が重く感じました。 レンタルIDは0000 0001 KP8W M5 です。 もし興味を持っていただけたならぜひ使ってください! 改善案がいただけると非常に嬉しいです。 7わらやまALA やはりこのパーティはめちゃくちゃ強かったですが、サニゴーンがとても重くかったです。 こちらこそありがとうございます! わらやまALAさん。 サニゴーンは基本的には物理防御耐久は脆いのでタスキをカバルドンの砂などで削り、砕けるボディなどで上を取られないように注意して強めの物理技を入れる事ができれば倒せると思います。 またオーロンゲにはゴースト技は半減なのでオーロンゲで攻撃を受けてソウルクラッシュで特攻を下げながら戦っていくというルートも相手できると思います。 進化前の輝石を持ったサニーゴは少し処理ルートが面倒ですがゴリランダーで何処かではたきおとすを入れて耐久を並程度まで落としたり、どちらかのトリックで輝石を奪いながら耐久崩したり、又はドラパルトのみがわりでおにびやちからをすいとるを無効化しながらりゅうのまいの起点にしたりなどで倒せると思います。 ありがとうございます。 やることがあまり難しくないので非常に使いやすいと思いました。 これからも使わせていただきます。 相手の手持ちにウォッシュロトムなどいるとカバの選出を控えてしまいがちですが、実際はカバで場を作らないとどうにもならないことも多いですし……。 ステロの有無で各定数変わるので、ピンポイントで苦手な相手がこない限りは、カバウサギ構築が一番勝ちやすかったです。 オーロンゲに光の壁がなくて負けた試合が一戦だけありましたが、それ以外の試合は全て勝てました。 やっと3桁に乗れました! ありがとうございました。

次の

エースバーン

エースバーン 受け

炎御三家伝統の直立二足スタイルで、以来6世代ぶりの炎単色となった。 進化前からのの脚は健在で、蹴り上げた小石にしながら「ほのおエネルギー」を注いでゆく事で、「炎のサッカーボール」を作り出せる。 バトルの際はその「」を鋭くシュートして叩き込む攻撃を得意とし、蹴り込む時もをかけて相手のタイミングをずらしたり、ボールに回転を加え避けづらい攻撃にしたりと、攻守に優れた華麗な足さばきで相手を翻弄する。 その自慢の脚力は剣盾のDLCで復活した「つれあるき」でも見られ、通常の走りどころか自転車の走行にも余裕で付いてくる。 プレイヤーと一緒に走る姿はさながらトレーニング中のコーチと選手。 性格も冷めていたラビフットから、再びヒバニー同様のなものへと戻っており、応援されるとさらに燃えるが、に走ってピンチを招くこともある模様。 待機時にも時折かえんボールを作り、リフティングするような仕草を見せている。 これらの点や「ストライカーポケモン」という分類からわかるように、ガラル地方のモデルであるイギリス発祥のがモチーフで、プロレスラーなに引き続き、スポーツの要素を意識している。 また、ジム戦でのダイマックスや勝利の雄叫びも、試合で得点を決めた選手のパフォーマンスを強く意識したものになっている。 Cinderは 灰かぶり のものと同義。 なお、図鑑説明に「サッカー」という言葉が出てきたり、「サッカーを観るのが幸せ」と語るNPCがエンジンシティにいるなど、サッカー選手が存在すると同様にガラル地方においてもスポーツとしてのサッカーは存在するようである。 ちなみに2020年現在、 ポケモン御三家の最終形態で最軽量級であり、最重量級 310. 0kg のと比べると10倍弱もの差がある。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 80 116 75 65 75 119 代々両刀型の種族値だった炎御三家のセオリーを破って高速物理アタッカーの配分となっており、以来となる炎御三家最速を更新した。 (すばやさ120)などにギリギリ届かないところが惜しいが、それでもほのおタイプ全体では3番目(1位が特殊条件下のなので)に速い。 耐久は決して高くはないがそこまで紙でもなく、良く言えばちょうど「」の発動を狙いやすい数値といったところ。 こう見えてより硬い。 かなり優秀な専用技 「」を習得するため、文字通り火力にも秀でる。 タイプ上、物理アタッカーの悩みの種であるやけどにもならない。 また、もう1つの専用技として、自分と相手の場の状態を入れ替えるという珍しい効果の「」を覚える。 他の技の候補としては「」「」「」「」「」「」「」などが挙げられる。 意外なことに(特殊技ではあるが)「」「」を習得できる。 この2つはサッカーを意識したチョイスか。 サッカー関連で言えばこの他に「()」「」「」「」「」などを覚えられる。 反面、これまでの炎御三家がだいたい覚えられた・のわざは、非常に少ない。 詳しく説明するといわタイプのわざは一切覚えられず、じめんタイプのわざは「」、「」ぐらいなので、同タイプのポケモンに圧力をかけにくい欠点もある。 これに関しては後述の隠れ特性も影響していると思われる。 そして実は 「」を覚えない。 ストライカーだけあってみみっちい事は嫌いなのだろうか?不意打ちはするけど。 隠れ特性の「 」はらの持つ強特性「」と同様の効果を持つ。 この特性の強さは第7世代までの対戦をやったことのある人なら説明不要だろう。 長らく、ガラル御三家の隠れ特性はでその存在を確認できるのみで、一般には未解禁であったが、6月2日にスマホ版ポケモンホームを利用することで遂に解禁される運びとなった。 特にエースバーンはその特性の優秀さから、かねてから大きな注目を集めており、 解禁直後のランクマッチでも早速隠れ特性持ちのエースバーンを引き連れたプレイヤーが多数出現。 「ダイナックル」「ダイジェット」で自己強化をしながら次々撃破していくエースバーンを止められるのはやエースバーンの上を取れる程度であり大躍進、6月5日には何とあのを押し除けランクバトル 使用率1位の座に鎮座した。 何気に シングルバトルに於いて使用率1位になるのはエースバーンが初であり、大変目覚ましい記録と言える ダブルバトルではが使用率1位の記録を保持していた。 解禁されるやいなやTwitterのトレンドやYahoo! の検索ワードランキングにも「エースバーン」がランクインする等、界隈では大きな盛り上がりを見せた。 ただ、やの項目を見れば分かる通り、リベロは非常に強力ではあるものの、扱いがかなり難しい特性である。 更に自身より速い 上記でも挙げたやまだ未解禁ではあるもののエースバーン以上の器用さを持つは特に危険 や有効打のない耐久型 特にトーチカを持つやダイナックルの能力上昇の意味を無くすや等 には注意する必要がある。 その為、強いからと言って決して過信せずサッカーの試合の様な冷静な判断で対戦を運ぶ必要がある。 タイプ ほのお 高さ 27. kg ストライカーポケモン・エースバーンがキョダイマックスした姿。 2020年6月実装のDLC「」を進行する事で、最初に貰ったパートナーへ後天的にキョダイマックスの素養を付与させる事が出来る。 本体の見た目の変化は小さいが、ラビフットからの進化に伴い失われていた要素が復活し、短くなっていた耳の長さも背丈を超える程のものに成長した。 キョダイマックスのパワーにより、足元のかえんボールが自身よりも大きな「 キョダイ火炎ボール」へと変化しており、自らはその上にしたスタイルをとっている。 そして持ち前のテクニックでシュートを蹴り込むと、そのがボールにも乗り移り、まるで意思を持っているかのように相手を追い詰めるとされる。 また、ポケモン中屈指であるそのも更に強化されており、たとえボールがなかったとしても、蹴り技一つで他のダイマックスポケモンを凌駕する戦闘能力を発揮するようだ。 このエースバーンが繰り出すほのおタイプの技は、専用の 「キョダイカキュウ」へと変化する。 通常版の「ダイバーン」よりも高い威力を持つだけでなく、相手のとくせいによる防御を無効化する効果が付与されている。 ポケモンカード 「ポケモンカードゲームソードシールド」より最初期であるスターターセット炎とコレクションシールドに収録。 いずれも大ダメージを与えると引き換えに炎エネルギーをトラッシュするデメリットを持つが、中でもコレクションシールドに収録されているエースバーンは• 自分の番にベンチからバトル場に出たとき、トラッシュから炎エネルギーを2枚このポケモンにつけられる特性「」• エネルギーを2枚トラッシュする代わりに190ダメージを与えられる「フレアストライカー」• 逃げる為に消費するエネルギーが1個だけ …と単体で自己完結しているスペックを誇り、TAGTEAMやVポケモンに匹する火力から登場以降多くの炎デッキのメインとして採用され続けている。 余談 サッカーを主体として闘うことは決して珍しくない。 の作品も試合しながら闘う。 ちなみにエースバーン同様に炎属性を持つ創作上のサッカープレイヤーには、などがいる。 この為か発売前ヒバニーも最終進化はになるのではとネガティブ? な考察もあった(ヒバニー系統の図鑑説明文もを彷彿とさせるものである)。 のタマゴ技に「」があり、上述の通りいわ・じめんタイプの技を使えないために高威力のこの技がサブウェポンの有力候補となるのだが、構図としては サッカー選手がボールではなく相手を蹴っているというシュールなものになってしまう。 現実では、攻撃に欠かせないエースストライカーが を行うなどありえないはずなのだが…。 まあ、過去にももいたのだし、今更そのあたりにツッコむのも野暮というものか。 なお、隠れ特性の「」とは、サッカーで言えば「攻撃にも参加する 」を表す用語である。 「ストライカーポケモン」という分類とは少し趣が異なるかもしれないが、そこはストライカーの役割もリベロの役割もこなせる多彩さを特性で表現した…ということなのだろうか。 関連イラスト.

次の