くろがね の あ youtube。 くろがねのあ(鉄篦啞)の妹くろがねさらがカワイイ!インスタやツイッターまとめ

くろがねさら

くろがね の あ youtube

概要 このガイドでは、アプリケーションに YouTube プレーヤーを埋め込む方法と、YouTube 埋め込みプレーヤーで使用できるパラメータの定義を紹介します。 IFrame URL にパラメータを追加すると、アプリケーション内での再生方法をカスタマイズできます。 たとえば パラメータによる動画の自動再生や、 パラメータによる動画の繰り返し再生が可能です。 パラメータを使用して、プレーヤーを によって制御することもできます。 このページには、 任意の YouTube 埋め込みプレーヤーでサポートされるすべてのパラメータが定義されています。 パラメータをサポートするプレーヤーについては、各パラメータ定義に記述してあります。 プレーヤーにコントロール バーを表示させる場合は、ビューポートの最小サイズを下回らずにコントロール バーを表示できるよう、十分な大きさを確保する必要があります。 少なくとも幅 480 ピクセル、高さ 270 ピクセルの、アスペクト比 16:9 のプレーヤーをおすすめします。 YouTube プレーヤーの埋め込み 次のいずれの方法を使用しても、アプリケーションに YouTube プレーヤーを埋め込み、プレーヤーのパラメータを指定できます。 下の手順で埋め込むプレーヤーでは、単一の動画を読み込みます。 それに続くセクションでは、再生リストや検索結果など、他の種類のコンテンツをプレーヤーに読み込ませる設定方法を説明します。 タグを使用してプレーヤーを埋め込む アプリケーションに タグを定義します。 このタグの中では、プレーヤーに読み込むコンテンツを src URL に指定した上で、必要な他のプレーヤー パラメータも追加します。 タグの height パラメータと width パラメータで、プレーヤーのサイズを指定します。 の要素を自分で作成する(IFrame Player API を使用しない)場合は、URL の末尾に直接、プレーヤーのパラメータを追加できます。 URL の形式は次のとおりです。 youtube. URL の autoplay パラメータが 1 に設定されているため、プレーヤーが読み込まれると、動画は自動的に再生されます。 IFrame Player API を使用してプレーヤーを埋め込む Player API の JavaScript コードが読み込まれた後、に沿って動画プレーヤーをウェブページまたはアプリケーションに挿入します。 動画プレーヤーのコンストラクタの 2 番目のパラメータは、プレーヤー オプションを指定するオブジェクトです。 プレーヤー パラメータは、このオブジェクト内で playerVars プロパティによって識別されます。 下の HTML コードと JavaScript コードは、 ytplayer という id 値を持つページ要素に YouTube プレーヤーを挿入する簡単な例です。 ここに指定されている onYouTubePlayerAPIReady 関数は、IFrame Player API コードが読み込まれたときに自動的に呼び出されます。 このコードでは、プレーヤー パラメータを何も定義せず、他のイベント ハンドラも定義していません。 createElement 'script' ; tag. youtube. getElementsByTagName 'script' [0]; firstScriptTag. parentNode. 以下のリストで、これらのオプションについて説明します。 動画の読み込み IFrame を埋め込むには、読み込む動画の YouTube 動画 ID を、IFrame の src URL 内で指定します。 youtube. 再生リストの読み込み プレーヤー パラメータを playlist に設定します。 また、 プレーヤー パラメータを、読み込む YouTube 再生リスト ID に設定します。 youtube. youtube. また、 プレーヤー パラメータを、読み込むアップロード動画の所有者の YouTube ユーザー名に設定します。 youtube. 特定のクエリの検索結果の読み込み プレーヤー パラメータを search に設定します。 次に、 プレーヤー パラメータに検索キーワードを指定すると、その検索結果がプレーヤーに読み込まれます。 youtube. パラメータ autoplay プレーヤーを読み込んだときに最初の動画を自動再生するかどうかを指定します。 サポートされる値は 0 または 1 です。 デフォルト値は 0 です。 パラメータの値は、に設定します。 このパラメータを使用したうえで パラメータを 1 に設定した場合、プレーヤーが読み込まれたときに指定した言語の字幕が表示されます。 パラメータを設定していない場合、字幕がデフォルトで表示されなくなります。 ただし、ユーザーが字幕を表示する設定にした場合はその指定した言語で表示されます。 デフォルトの動作はユーザー設定に基づきます。 color プレーヤーの動画進行状況バーで使用される色を指定します。 これは、動画の視聴した部分を示す色として使用されます。 有効なパラメータ値は red と white です。 デフォルトでは、動画進行状況バーで赤が使用されます。 color オプションの詳細については をご覧ください。 注: color パラメータを white に設定すると、 オプションが無効になります。 controls 動画プレーヤーのコントロールを表示するかどうかを指定します。 disablekb このパラメータの値を 1 に設定すると、プレーヤーはキーボード操作に応答しなくなります。 デフォルト値は 0(キーボード操作が有効)です。 現在サポートされているキーボード操作は、次のとおりです。 左矢印キー: 現在の動画を 5 秒戻す• 右矢印キー: 現在の動画を 5 秒進める• 上矢印キー: 音量を上げる• 下矢印キー: 音量を下げる• F キー: 全画面モードを切り替える• J キー: 現在の動画を 10 秒戻す• L キー: 現在の動画を 10 秒進める• 0~9 キー: 指定した位置に移動する。 enablejsapi このパラメータの値を 1 に設定すると、 または Player API を呼び出してプレーヤーを制御できます。 デフォルト値は 0(これらの API を使用してプレーヤーを制御できない)です。 IFrame API とその使用方法について詳しくは、をご覧ください(JavaScript Player API のサポートは終了しています)。 end 動画を特定の位置で停止させる場合に、再生を開始してからの時間(秒数)でその位置を指定します。 パラメータ値は正の整数です。 時間は動画の先頭から測定されます。 start プレーヤー パラメータや startSeconds パラメータの値からではありません。 これらは、動画の読み込みまたはキューイングを行うために YouTube Player API 関数で使用されるパラメータです。 fs このパラメータを 0 に設定すると、全画面表示ボタンはプレーヤーに表示されなくなります。 デフォルト値は 1 であり、全画面表示ボタンが表示されます。 hl プレーヤーのインターフェースの言語を設定します。 パラメータの値は、または完全指定のロケールです。 たとえば、 fr や fr-ca は有効な値です。 IETF 言語タグ(BCP 47)などの他の言語入力コードも正しく処理されます。 インターフェースの言語はプレーヤーのツールチップで使用され、デフォルトの字幕トラックにも影響します。 なお、ユーザー個別の言語設定と利用可能な字幕トラックに基づいて、YouTube が特定のユーザーに対し異なる字幕トラックを選択することもあります。 3 に設定すると、動画アノテーションはデフォルトで表示されなくなります。 デフォルト値は 1 です。 list list パラメータは、プレーヤーに読み込むコンテンツを識別するときに、 パラメータと組み合わせて使用します。 パラメータの値が search の場合は、 list パラメータの値に検索クエリを指定します。 パラメータの値が playlist の場合は、 list パラメータの値に YouTube 再生リスト ID を指定します。 パラメータ値に含める再生リスト ID には、下の例に示すように、 PL という文字を先頭に付ける必要があります。 youtube. listType listType パラメータは、プレーヤーに読み込むコンテンツを識別するときに、 パラメータと組み合わせて使用します。 パラメータと listType パラメータに値を指定する場合は、IFrame 埋め込み URL に動画 ID を指定する必要がありません。 loop 単一動画プレーヤーの場合に 1 を設定すると、最初の動画が繰り返し再生されます。 再生リスト プレーヤーまたはカスタム プレーヤーの場合、再生リスト全体を再生した後、最初の動画からもう一度再生が始まります。 サポートされている値は 0 と 1 で、デフォルト値は 0 です。 注: このパラメータは AS3 プレーヤーと埋め込み IFrame でのみサポートされており、AS3 または HTML5 プレーヤーのいずれかが読み込まれます。 loop パラメータは、現時点では pパラメータと組み合わせて AS3 プレーヤーで使用した場合のみ動作します。 単一の動画をループさせる場合は、 loop パラメータの値を 1 に設定し、すでに Player API URL に指定してある動画 ID と同じ値を パラメータの値に設定します。 youtube. パラメータの値を 1 に設定すると、YouTube ロゴがコントロール バーに表示されなくなります。 ただし、動画を一時停止したときにユーザーがプレーヤーにカーソルを合わせると、動画の右上に引き続き小さい YouTube テキストラベルが表示されます。 origin このパラメータは IFrame API のセキュリティを強化します。 埋め込み IFrame でのみ使用できます。 IFrame API を使用している場合、つまり パラメータの値を 1 に設定している場合は、常に自分のドメインを origin パラメータ値として指定する必要があります。 playlist このパラメータには、再生する動画 ID をカンマ区切りのリスト形式で指定します。 playsinline このパラメータは iOS 上の HTML5 プレーヤーで動画をインラインまたは全画面表示のどちらで再生するかを制御します。 有効な値は次のとおりです。 0: この値を指定すると全画面表示で再生されます。 現時点ではこれがデフォルト値ですが、デフォルトは変更される場合があります。 1: この値を指定すると、 UIWebViews( allowsInlineMediaPlayback プロパティを TRUE に設定して作成したもの)がインライン再生されます。 rel 注: このパラメータは 2018 年 9 月 25 日以降に。 変更前は、最初の動画の再生が終了したときに、プレーヤーに関連動画を表示するかどうかを指定します。 パラメータの値がデフォルト値の 1 に設定されている場合、関連動画が表示されます。 パラメータの値が 0 に設定されている場合、関連動画は表示されません。 変更後は、関連動画を無効にできなくなります。 代わりに、 rel パラメータを 0 に設定すると、再生した動画と同じチャンネルから関連動画が選択されます。 showinfo 注: このパラメータは、2018 年 9 月 25 日以降はご利用いただけません。 サポートされている値は 0 と 1 です。 このパラメータの値を 0 に設定すると、動画の再生が始まる前に動画のタイトルやアップロードしたユーザーなどの情報は表示されません。 プレーヤーに再生リストを読み込む場合に、このパラメータの値を明示的に 1 に設定すると、再生リストに含まれる動画のサムネイル画像も読み込み時に表示されます。 start このパラメータを指定すると、動画の先頭から指定された秒数分進めた位置から動画の再生が開始されます。 パラメータ値は正の整数です。 関数と同様に、プレーヤーは指定された時間に最も近いキーフレームを探します。 そのため、リクエストされた時間の直前から再生が開始される場合もありますが、ずれは通常、最大で 2 秒程度です。 この値は、YouTube プレーヤーがウィジェットに埋め込まれ、このウィジェットがウェブページやアプリケーションに埋め込まれた場合に、YouTube アナリティクスのレポートで使用されます。 このシナリオでは、 パラメータはウィジェット プロバイダのドメインを識別しますが、YouTube アナリティクスが実際のトラフィック ソースとしてウィジェット プロバイダを識別することはありません。 変更履歴 August 23, 2018 Note: This is a deprecation announcement for the showinfo parameter. In addition, the behavior for the rel parameter is changing. The behavior for the rel parameter is changing on or after September 25, 2018. The effect of the change is that you will not be able to disable related videos. However, you will have the option of specifying that the related videos shown in the player should be from the same channel as the video that was just played. To be more specific:• Prior to the change, if the parameter's value is set to 0, then the player does not show related videos. After the change, if the rel parameter is set to 0, the player will show related videos that are from the same channel as the video that was just played. The showinfo parameter, which indicates whether the player should display information like the video title and uploader before the video starts playing, is also being deprecated. Following the change, the channel avatar and video title will always display before playback begins, when playback is paused, and when playback ends. The avatar being displayed is new behavior that will be consistent across all embedded players. These changes will become effective on or after September 25, 2018. After that time, the showinfo parameter will be ignored. The behavior following the changes is consistent with the current default behavior for embedded players with the exception of the channel avatar changes mentioned above. August 16, 2018 The parameter can be used to specify the default language that the player will use to display captions. This parameter can be used in conjunction with the parameter to automatically show captions in the specified language during playback. September 15, 2017 The parameter's definition has been updated to remove references to the deprecated Flash AS3 player. The value 2 has been deprecated as it was originally designed to provide a performance improvement for embeds that loaded a Flash player. June 12, 2017 The new parameter helps to enable more accurate YouTube Analytics reporting when the YouTube player is embedded in a widget, and that widget is then embedded in a web page or application. November 1, 2016 This document has been updated to remove references to the deprecated Flash AS3 player as well as to parameters only supported by that player. The YouTube Flash player was deprecated in January 2015. October 20, 2016 This update contains the following changes:• The parameter definition has been corrected to note that the default value is 0, which means that keyboard controls are enabled. A value of 1 indicates that keyboard controls should be disabled. The list of keyboard controls that the player supports has also been updated to include the following:• [f]: Toggle full-screen display• [j]: Jump back 10 seconds in the current video• [l]: Jump ahead 10 seconds in the current video• [m]: Mute or unmute the video• [0-9]: Jump to a point in the video. In addition, the effect of pressing the [arrow left] or [arrow right] keys has changed. These keys now jump 5 seconds back arrow left or ahead arrow right in the current video. August 11, 2016 This update contains the following changes:• The newly published YouTube API Services Terms of Service "the Updated Terms" , discussed in detail on the , provides a rich set of updates to the current Terms of Service. In addition to the , which will go into effect as of February 10, 2017, this update includes several supporting documents to help explain the policies that developers must follow. The full set of new documents is described in the. In addition, future changes to the Updated Terms or to those supporting documents will also be explained in that revision history. You can subscribe to an RSS feed listing changes in that revision history from a link in that document. December 18, 2015 European Union EU laws require that certain disclosures must be given to and consents obtained from end users in the EU. Therefore, for end users in the European Union, you must comply with the. We have added a notice of this requirement in our. August 19, 2015• The parameter has been deprecated for the HTML5 player. In HTML5 players, the video progress bar and player controls display or hide automatically. That behavior corresponds to an autohide setting of 1. The theme parameter has been deprecated for the HTML5 player. HTML5 players now always use the dark theme. March 9, 2015• The document has been updated to reflect the fact that YouTube embeds, the YouTube Flash Player API and the YouTube JavaScript Player API have all been as of January 27, 2015. A deprecation warning appears in several sections of this document to help point readers to the as an alternative. The definition of the parameter has been updated to clarify the meaning of the parameter's values. Otherwise, those controls are visible throughout the video. The definition of the parameter has been updated to note that the parameter value could be an ISO 639-1 two-letter language code or a fully specified locale. For example, fr and fr-ca are both valid parameter values. The definition of the parameter has been reworded to clarify that the parameter enables a player to be controlled via API calls. The API could be either the or the. October 14, 2014• The HTML5 player now supports the , , , , , and parameters. The parameter descriptions have been updated accordingly. July 18, 2014• The new parameter can be used to set the player's interface language. The interface language is used for tooltips in the player and also affects the default caption track. The selected caption track may also depend on the availability of caption tracks and user's individual language preferences. The parameter's value is an , though other language input codes, such as IETF language tags BCP 47 may also be handled properly. The definition of the parameter, which only affects HTML5 players on iOS, has been modified slightly. The definition now notes that setting the parameter value to 1 causes inline playback only for UIWebViews created with the allowsInlineMediaPlayback property set to TRUE. January 28, 2014• The parameter controls whether videos play inline or fullscreen in an HTML5 player on iOS. Setting the value to 1 causes inline playback. The section has been updated to explain how to find YouTube video IDs and playlist IDs using the YouTube Data API v3 rather than the older API version. The parameter's definition has been updated to reflect the fact that the parameter value only affects the time that the Flash player actually loads in IFrame embeds. In addition, for IFrame embeds, the parameter value also determines when the controls display in the player. If you set the parameter's value to 2, then the controls display and the Flash player loads after the user initiates the video playback. May 10, 2013 This update contains the following changes:• YouTube no longer identifies experimental API features and services. Instead, we now provide a list of. July 20, 2012 This update contains the following changes:• The definition of the parameter has been updated to reflect support for a parameter value of 2 and to explain that, for AS3 players, the parameter value determines the time when the Flash player actually loads. If the parameter is set to 0 or 1, the Flash player loads immediately. If the parameter value is 2, the Flash player does not load until the video playback is initiated. June 5, 2012 This update contains the following changes:• The HTML5 player now supports the , , and parameters, and the definitions for these parameters have been updated accordingly. The definition of the parameter has been updated to explain how that if the player is loading a playlist, and you explicitly set the parameter value to 1, then, upon loading, the player will also display thumbnail images for the videos in the playlist. Note that this functionality is only supported for the AS3 player since that is the only player that can load a playlist. May 4, 2012 This update contains the following changes:• The parameter's definition has been updated to reflect the fact that the HTML5 player supports this parameter. May 3, 2012 This update contains the following changes:• The new parameter specifies the time, measured in seconds from the start of the video, when the player should stop playing a video. Note that the time when playback is stopped is measured from the beginning of the video and not from the value of either the start player parameter or the startSeconds parameter, which is used in YouTube Player API functions for loading or queueing a video. March 29, 2012 This update contains the following changes:• The new section explains different ways to embed a YouTube player in your application. This section covers manual IFrame embeds, IFrame embeds that use the IFrame Player API, and AS3 and AS2 object embeds. This section incorporates information from the old Example usage section, which has been removed. The new section explains how to configure the player to load a video, a playlist, search results for a specified query, or uploaded videos for a specified user. The new and parameters let you specify the content that the player should load. You can specify a playlist, a search query, or a particular user's uploaded videos. The definitions of the and parameters have been updated to more clearly explain the default parameter values for the AS3 player. The , , , , and parameters, which are all only supported for the deprecated AS2 Player API, have been moved to a new section named. The document no longer provides a way to filter the parameter list to only display parameters supported in either the AS3, AS2, or HTML5 player. Instead, each parameter definition has been updated to identify the players that support that parameter. August 11, 2011 This update contains the following changes:• The new and parameters let you customize the appearance of the embedded player's player controls. See the for more information. June 8, 2011 This update contains the following changes:• The new parameter lets you use a YouTube player that does not show a YouTube logo. As of this release, the parameter was only supported for the AS3 embedded player and for IFrame embeds that loaded the AS3 player. As of June 5, 2012, the HTML5 player also supported this parameter. February 14, 2011 This update contains the following changes:• The documentation has been updated to note that the AS2 Player API has been deprecated. The deprecation of the AS2 Player API was actually on October 14, 2009. February 3, 2011 This update contains the following changes:• The documentation has been updated to identify parameters supported in the HTML5 embedded player. The document now displays all of the parameters supported in any of YouTube's embedded players HTML5, AS3, AS2. The following parameters are supported in the AS2 player but have been deprecated for the newer AS3 and HTML5 players: , , , , , and. In addition, the parameter has limited support in the AS3 player and in IFrame embeds, which could load either an AS3 or HTML player. Currently, the parameter only works in the AS3 player when used in conjunction with the parameter. youtube. As noted above, IFrame embeds can load either an AS3 or HTML5 player. Though some parameters are not supported in both players, an IFrame embed that loads the AS3 player will support all parameters that work with that player and ignore all other parameters. Similarly, an IFrame embed that loads the HTML5 player will support all parameters that work with that player while ignoring all other parameters. The parameter list has been updated to include the parameter, which indicates whether the player's video controls will automatically hide after a video begins playing. The parameter list has been updated to include the parameter, which indicates whether the player's video controls will display at all. Player controls do display by default. The parameter list has been updated to include the parameter, which specifies a comma-separated list of video IDs to play. The definition of the has been updated to note that the fullscreen option will not work if you load the YouTube player into another SWF. The at the end of the document has been updated to use the embedded AS3 player instead of the embedded AS2 player. The parameters used in the example have also been updated to only include parameters that the AS3 player supports. In addition, the instructions for constructing the URLs that contain player parameters have been updated to reflect the URL formats used by the AS3 and AS2 embedded and chromeless players as well as by the HTML5 player. Except as otherwise noted, the content of this page is licensed under the , and code samples are licensed under the. For details, see the. Last updated 2019-07-16.

次の

東急くろがね工業

くろがね の あ youtube

instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. instagram. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. instagram. facebook.

次の

九五式小型乗用車

くろがね の あ youtube

2016年09月25日 09時30分 現代に復活した幻の車「くろがね四起」がさっそくプラモデル化されて登場へ 欧米の列強に先駆けて日本が世界で初めて実用化に成功した四輪駆動軍用車「 くろがね四起 九五式小型乗用車 」が ばかりなのですが、早くも年末にはプラモデルが登場することになりそうです。 今回モデル化されるくろがね四起は「NPO法人防衛技術博物館を創る会」が復元した実車をモデルにしているということなので、くろがね四起の中でも前期型の最後期時代、陸軍仕様ということになります。 展示されているのは、モデルの形状を確認するために3Dプリンタで出力した乳白色のモックアップ。 隣には、付属する陸軍歩兵のフィギュアが置かれています。 モックアップはこんな感じ。 幌を開けたタイプのボディとなっており、湾曲したフロントバンパーや前輪フェンダーの曲線、3人乗りの車内の様子などが忠実に再現されている模様。 なお、実際のくろがね四起の姿はこんな感じ。 モデル化にあたり、実車での取材が綿密に行われたとのこと。 車体下部の複雑な構造までしっかり再現されているようです。 キットには、防塵眼鏡を装着した陸軍歩兵の組み立てフィギュアがセットになっています。 モデル化にあたり、金型が完全新設計されているとのこと。 パーツ構成のイメージも展示されていました。 なお、くろがね四起のプラモデル化は今回が初めてというわけではなく、2008年にはタミヤからも同じ前期型のモデルが発売済。 今回のファインモールド製のキットは、復元済みのモデルをもとにスケールキット化したという点が、タミヤのモデルとは異なる点です。

次の