プロバイダー 変更 注意 点。 プロバイダーをスムーズに乗り換える方法と注意点

Microsoftアカウントの変更と注意点: パソコンのツボ 〜Office のTIP

プロバイダー 変更 注意 点

現在利用しているプロバイダーを解約して新しいプロバイダーに乗り換えるには、どんな手順で手続きを進めていけばよいのでしょうか。 乗り換えの際に注意すべきポイントとあわせて解説します。 プロバイダーとは? プロバイダーとはインターネットに接続するサービスを行っている会社のことです。 インターネットを利用するには光回線などの回線が必要ですが、その回線とインターネットをつなげるのがプロバイダーの役割です。 プロバイダーは接続業者やISP(インターネットサービスプロバイダー)とも呼ばれます。 なお、光回線などの回線を利用するには、プロバイダーとは別に、NTT東日本・西日本などの回線事業者との契約も必要になります。 インターネットを使うには、プロバイダーと回線事業者という2つの会社と契約をしなければならない、ということです。 プロバイダーを乗り換えても工事は必要ない プロバイダーを変更する場合、工事が必要になると思っている方もいるのではないでしょうか。 しかし、回線を変えずにプロバイダーだけを変更するのなら工事は必要ありません。 プロバイダー乗り換えの手続きをするだけで、新しいプロバイダーを利用できるようになります。 当然ながら立ち会いなども不要です。 プロバイダーを乗り換える手順 プロバイダーを乗り換えるための手順は次の3ステップで完了します。 順番に見ていきましょう。 乗り換え先のプロバイダーに申し込み まず、乗り換え先となる新しいプロバイダーに新規契約の申し込みをします。 申し込みはWebサイトからフォームに必要事項を記入して送信するケースが多いでしょう。 その後、担当者から折り返し電話がかかってくるか、電話でのやりとりが必要ない場合は手続きが進められて契約書やユーザーガイドが郵送されてきます。 現在使用しているプロバイダーの解約手続き 新しいプロバイダーの利用開始日が決まったら、それに合わせて現在使用しているプロバイダーの解約日を決めて解約手続きをします。 なお、回線事業者を変えない場合には回線事業者の契約解除はしないよう注意してください。 パソコンを設定 新しいプロバイダーを利用して、パソコンをインターネットに接続させるための設定をします。 設定方法は新しいプロバイダーから送られてきたユーザーガイドに記載されているはずです。 わからないときや上手くいかないときはサポートに連絡してみましょう。 プロバイダーを乗り換える際の注意点 プロバイダーを乗り換えるときは次の3点に注意してください。 解約金が発生することがある 現在使っているプロバイダーとの契約内容によっては、解約するときに解約金(違約金)が発生することがあります。 いわゆる「2年縛り」と呼ばれる契約の場合、解約金が発生しないのは契約月から2年経過した1ヶ月間のみなどとなっています。 契約内容を確認して、納得した上で乗り換えの手続きをしましょう。 プロバイダーのメールアドレスが変わる 現在契約しているプロバイダーから提供されているメールアドレスを使用している場合、プロバイダーを乗り換えると現状のメールアドレスは使えなくなります。 ただし、プロバイダーによっては「メールコース」などの名称でメールのみ利用できるサービスがあるので、月額数百円程度で使い続けることも可能です。 ちなみに、GmailやYahooメールなどのフリーメールは、プロバイダーが変わっても同じように使えます。 インターネットに接続できない空白期間ができる可能性がある 新しいプロバイダーの利用開始日と、現在のプロバイダーの契約が切れる日の調整がうまくいかないと、インターネットが使えなくなる空白期間ができてしまいます。 なかには、空白期間を作らないために、契約期間をあえて重複して契約する方もいるようです。 プロバイダーを乗り換えるメリット プロバイダーを乗り換える理由は人それぞれですが、多いのは現在のインターネットの速度または料金に不満があるというケースでしょう。 そのことを踏まえて、プロバイダーを乗り換える際には以下の点を押さえておくとメリットを感じられるはずです。 IPv6にすれば回線速度が向上・安定につながる IPv6はインターネットプロトコルの最新バージョン(バージョン6)です。 IPv6のみが対応しているIPoEという接続方式では、インターネットを高速かつ安定した環境で利用できる可能性が高くなります。 新しいプロバイダーを選ぶ際は、IPv6 IPoE に対応しているかどうかに着目して探してみてください。 光コラボレーションを利用すればお得になる 光コラボレーションとはNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光を、プロバイダーなどの光コラボ事業者が借り受けて各社のブランドとして販売しているサービスのことです。 簡単に言えば、プロバイダーと回線事業者が一体化したものが光コラボレーションです。 プロバイダーを乗り換えるときに、乗り換え先をこの光コラボレーション業者にすると、月々の利用料金が安くなるケースもあります。 また、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っている業者も多いといえます。 ただし、現在フレッツ光を利用していない場合は、回線を変更することになり、そのための工事が必要になりますので注意が必要です。 プロバイダーを変えずにIPv6 IPoE 接続が使えるDTIトライアル光 IPoE方式にすると本当に速くなるの? いつもプレイしているゲームは動くの? とプロバイダーを変更することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。 そんな方におすすめしたいのが「DTIトライアル光」です。 このサービスはプロバイダーは今のままで、IPoEでのインターネット接続だけDTIの「IPv6 IPoE 接続サービス」を使用するというサービスです。 しかも、ご利用料金は最大3カ月間無料、いわゆる「縛り期間」がないので「解除料(違約金)」不要でいつでも解約できます。 また、IPoE接続に必要な機器(ルーター)も無料でレンタルできるので「おためし」にはうってつけのサービスです。 光コラボなら速くてお得なDTI with ドコモ光がおすすめ 光回線・光コラボレーションサービスの新規申し込み、あるいは乗り換えを検討している方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービス(プロバイダー・DTIが展開する光コラボレーションサービス)で、以下のようにさまざまなメリットがあります。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、DTI with ドコモ光であれば、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用、他社光コラボからの乗り換えでお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるもおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

次の

意外に知らない?ソフトバンク光プロバイダYahoo!BBの注意点

プロバイダー 変更 注意 点

目次 この記事でわかること• プロバイダの変更ってどういうこと? プロバイダの変更を検討している方は 「 速度を早くしたい」 「 料金を安くしたい」 「 サービスが良いところがいい」 といった現状をより良くしたいという悩みを抱えています。 プロバイダの変更を検討するため、プロバイダの認識を揃えておきましょう。 そもそもプロバイダとは、 インターネットを自宅まで繋げるための入場窓口のような役割を担っています。 プロバイダによって 設備や 加入人数(混み合い)、運営会社が違うため、プロバイダを変更することで、速度が向上したり、サービス内容も異なってきます。 しかし、実は利用している光回線によってはプロバイダ変更ができるものとできないものがあるので注意が必要です。 利用してる光回線はプロバイダの変更が可能? 光回線には、プロバイダを変更できる回線と、変更できない回線が存在します。 まずプロバイダの変更ができる回線とできない回線をまとめたので、ご覧ください。 変更できる 変更できない• フレッツ光• ドコモ光のみ• auひかり• ソフトバンク光 などその他光回線 フレッツ光とドコモ光以外の回線を利用中であれば、乗り換えを検討しましょう。 わたしのネットが比較調査したデータから、現状オススメできる光回線の紹介も後述していきますので、ぜひご覧ください。 フレッツ光とドコモ光を利用中の方も、実はプロバイダを変更するより、 光回線の乗り換えを検討した方が、よりお得に光回線を利用できる場合もあるので次の項で詳しく解説していきます。 乗り換えを検討するなら!おすすめ光回線を紹介! プロバイダの乗り換えをするよりも、回線そのものを乗り換えることによって以下のメリットがあります。 光回線を乗り換えるメリット• 速度が大幅に向上する可能性がある• キャッシュバックが貰える• スマホとのセット割で携帯を安くできる わたしのネットが比較調査したデータを元に、今最もオススメできる光回線を紹介していきます。 ドコモユーザーにおすすめドコモ光 ドコモユーザーにオススメなのが、 です。 20,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、無線LANルーターが無料レンタルできます。 dポイントが5,000ポイントプレゼントされるのも嬉しいですね。 月額料金 戸建て マンション 5,200円 4,000円 キャンペーン• GMOとくとくBB限定最大20,000円キャッシュバック• 新規工事費無料• 5,000dポイント• ドコモ光期間限定割• ひかりTV入会でdポイント還元 また、ドコモスマホをご利用中の方は、スマホ代が毎月最大3,500円割引されます。 ソフトバンクユーザーにおすすめNURO光 NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線です。 NURO光は、フレッツ光などが提供するNTT回線とは別の 独自回線を用いて、インターネットを提供しているため、 速度が魅力的な回線です。 またプロバイダは同社が運営するSo-netとなっており、 So-net 設定サポートサービスやセキュリティサービスが無料でついているのでサポート面も充実しています。 月額料金 戸建て: 4,743円 マンション: 1,900円~ 公式キャンペーン• 45,000円キャッシュバック• 1年間月額1,980円キャンペーン• 【関西】1年間月額980円キャンペーン• ワンコイン体験• ひかりTVセット割 【北海道】 【関東】 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県 【東海】 愛知県、岐阜県、静岡県、三重県 【関西】 大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県 【九州】 福岡県、佐賀県 ソフトバンクスマホをご利用中の方は、スマホ代が毎月1,000円割引されます。 (ご家庭で4台ご利用中なら4,000円引き) \最大45,000円キャッシュバック/ また、NURO光がエリア外だった人は、ソフトバンク光がオススメです。 ソフトバンク光は、 解約するときに発生する違約金を100,000円まで負担してくれます。 月額料金 戸建て: 5,200円 マンション: 3,800円 公式キャンペーン• 20,000円キャッシュバック• 違約金・撤去工事費還元• オプション2ヶ月間無料• ADSLから乗り換えで工事費無料 もちろんソフトバンクスマホをご利用中の方は、スマホ代が毎月1,000円割引されます。 (ご家庭で4台ご利用中なら4,000円引き) auユーザーにおすすめauひかり auひかりもNURO光と同じく独自回線を用いてインターネットを提供していて、 最大速度10Gbpsで利用できます。 auひかりの魅力は、 申込窓口が提供する60,000円キャッシュバックや月額割引などの特典です。 その中でも2019年11月より満を持してauひかりのプロバイダに参入したGMOとくとくBBは、数ある申込窓口の中でも特典を含めると 1ヶ月あたりの実質料金が1番安くなります。 GMOとくとくBBは以下の2つのキャンペーンを展開しています。 以下にホームタイプと、マンションタイプに分けてauひかりのその他申込窓口と比較調査した結果をまとめました。 GMOとくとくBBは 運営実績が20年以上ある大手プロバイダで、 顧客満足度にも定評があるため安心できる申し込み窓口です。 トータルで掛かる料金を少しでも安く契約したい人は、下記の公式サイトからauひかりを申し込みましょう。 プロバイダ乗り換えの前にかならず確認してもらいたいポイントですので、忘れずにチェックしてください。 違約金がかかる可能性がある プロバイダを乗りかえる際、契約時に指定された期限内に解約すると違約金がかかることがあります。 一般的な期間は2年とされ、継続して利用すると月額料金が少し安くなるような契約です。 多くのプロバイダでは、2年間の内たった1カ月しか無料で解約ができず、その期間以外に解約すると違約金が発生するしくみになっています。 そのため、解約のタイミングを逃さないように契約を確認しておくことも大切です。 プロバイダ利用料金が変わる プロバイダが変わると利用料金も変わります。 例として、フレッツ光のプロバイダ料金を一覧にまとめたので参考にしてください。 大手と呼ばれるプロバイダ事業社ごとのプロバイダの月額利用料金は下記のとおりです。 フレッツ光のプロバイダ料金一覧表 フレッツ光回線のプロバイダ別月額利用料金比較表 プロバイダ名 NTT東日本エリア NTT西日本エリア ファミリータイプ マンションタイプ ファミリータイプ マンションタイプ OCN 1,100円 900円 1,100円 810円 BIGLOBE 1,000円 900円 1,000円 850円 Yahoo! BB 1,200円 950円 1,200円 950円 BB. excite 500円 500円 500円 500円 So-net 1,000円 900円 1,200円 900円 @nifty 1,000円 950円 1,000円 950円 plala 1,000円 800円 1,200円 950円 DTI 951円 680円 951円 680円 この表のようにOCNを利用する場合に他社と比較する事で、プロバイダの月額利用料金が高くなっている事がわかります。 一カ月の差額は少なくても、年単位で考えると大きな差になることもありますので、乗り換え先は慎重に選ぶようにしましょう。 回線速度が変わる インターネットの接速度は回線自体に依存すると言われているものの、実際にはプロバイダによって回線速度は変わります。 プロバイダの設備と利用人数によって、混み合いが発生します。 そのエリアで同じプロバイダを利用している人が多ければ多いほど、回線速度は遅くなるのです。 目安としてフレッツ光のプロバイダごとに平均速度を比較してみましたのでご覧ください。 フレッツ光のプロバイダ速度一覧表 参考:みん速 プロバイダ 平均ダウンロード速度 インターリンク 355. 88Mbps IIJmio 269. 91Mbps DTI 251. 07Mbps SANNET(サンネット) 239. 2Mbps plala(ぷらら) 228. 41Mbps BIGLOBE 208. 08Mbps So-net 194. 84Mbps @nifty 193. 23Mbps OCN 185. 93Mbps GMOとくとくBB 178. 79Mbps ASAHIネット 162. 51Mbps WAKWAK 151. 49Mbps BB. excite 145. 44Mbps InfoSphere 145. 17Mbps 楽天ブロードバンド 124. 54Mbps メールアドレスが消えてしまう プロバイダを変更すると、プロバイダから提供されているメールアドレスは基本的には変更になります。 ただしプロバイダによっては、メールのみを残すコースもあり、料金も200~400円程度なので変更する前に問い合わせてみましょう。 プロバイダを変更する方法 では、早速プロバイダを変更する方法について解説していきます。 プロバイダ変更とは まずはプロバイダ変更とはどんなものか見てみましょう。 NTTなどの回線事業者が提供する回線を利用し、 インターネットに接続できるようにするサービスを提供する接続業者のことをプロバイダと呼びます。 プロバイダ変更とは、この接続業者を変えることを意味します。 プロバイダを乗り換えても利用する回線自体は変わらず、接続業者のみが変更です。 プロバイダ変更の手順 プロバイダ乗り換えの際は、旧プロバイダと新しいプロバイダそれぞれの手続きが必要です。 正しい手順で進めないとインターネットを利用できない期間が発生することもありますので、計画的に準備しましょう。 変更先のプロバイダに申し込み まずは変更先のプロバイダへ申し込みましょう。 申し込みはプロバイダの公式サイトから行うことができます。 申し込みからサービス提供開始までの期間は、だいたい3日~1週間くらいが目安です。 使用中のプロバイダの解約手続き 次に、これまで使用していたプロバイダの解約手続きを行いましょう。 解約手続きの場合、インターネット上で手続きをるプロバイダもありますが、大半のプロバイダは解約窓口に電話で連絡をしなければいけません。 その上で、解約に必要な書類を送付してもらい、記入し終わったら返送する、という手順です。 工事は必要? 先述のとおり、プロバイダとはインターネット接続業者ですので、回線とは関係ありません。 プロバイダ乗り換えとは、インターネット接続の設定を変更することです。 したがって、 プロバイダを変更しても工事を行う必要はなく、これまで使用していた回線をそのまま使うことができます。 プロバイダはキャンペーン利用でお得に変更がオススメ 各プロバイダは乗り換えキャンペーンを用意しているため、上手にキャンペーンを利用することで、お得に変更できます。 現在利用中のプロバイダ別に、オススメの乗り換え方法をご紹介します! フレッツ光を利用中の場合 フレッツ光ユーザーの方がプロバイダを変更する場合には、プロバイダのみの乗り換えと光コラボへの転用、二つの選択肢があります。 この二つの選択肢の違いをご説明します。 プロバイダのみの変更 フレッツ光はプロバイダと回線の契約がわかれているので、プロバイダのみの乗り換えが可能です。 例えば、フレッツ光を利用中でプロバイダはOCNの場合、フレッツ光の契約はそのままでOCNのみ解約して別のプロバイダに変更できます。 ただし、フレッツ光の場合、プロバイダによるサービス内容や料金の違いはほとんどないため、お得さに関してはあまりメリットはありません。 【関連記事】 光コラボへの転用がお得 光コラボレーションとは、フレッツの光回線をOCNやソフトバンクなど、他の事業者が買い取って提供しているサービスのことです。 光コラボを提供している事業者はすべて共通のフレッツ回線を利用しているため、プロバイダを変更しても回線工事の必要はありません。 そのため、フレッツ光から光コラボ、もしくは光コラボから別の光コラボへの変更は、「乗り換え」ではなく、 「転用」と呼びます。 転用のメリットとして、通常乗り換える場合に必要になる違約金が発生しません。 その上、光コラボへの転用にはキャンペーンが豊富なため、よりお得にプロバイダを変更できます。 【関連記事】 転用はスマホセット割が使える回線がオススメ 光コラボへの転用を考えているのなら、現在利用中の スマートフォンとセット割が使える回線を選ぶことをオススメします。 例えば、ドコモのスマホユーザーであれば、ドコモ光に転用すると月額2,000円程の割引が適用される場合があります。 家族シェアパックなどを利用するとさらに割引額が増加します。 このように、スマホセット割が適用される光コラボへの転用は大きなメリットがあるのです。 auひかりを利用中の場合 auひかりはプロバイダ込みの支払い契約ですので、 残念ながらプロバイダのみの変更はできず、新規契約が必要です。 全7社あるauひかりのプロバイダは基本料金が同じですが、各社キャンペーンが豊富なので違約金がない場合は結果としてお得になることもあります。 また、キャッシュバックキャンペーンが充実した代理店もありますので、違約金を支払ってもお得になるケースもあるかもしれません。 ただし、戸建ての場合は乗り換えと解約を同時に進められますが、マンションプランでは解約後に新規契約をする必要があるため、その間の数週間はインターネットが使えない状況が発生するため注意しましょう。 【関連記事】 プロバイダ変更方法・注意点のまとめ 適切なプロバイダを選ぶことで、回線速度を改善したり、料金をおさえたりできます。 ただし、メールアドレスの変更や違約金などのデメリットがある場合もあるので、注意しましょう。 お得にプロバイダを乗り換えたい場合、乗り換えキャンペーンやスマホセット割の利用がオススメです!.

次の

プロバイダーの【乗り換えするメリットは?】手順と注意点

プロバイダー 変更 注意 点

ネットが使えない期間がない、スムーズな移行をめざしたい プロバイダを変更するきっかけは、引っ越しやキャンペーンなどさまざまでしょう。 ただ、以下の場合はプロバイダを変更せずとも、届け出ることで対応が可能であることに留意しましょう。 都市部なら、回線を敷設するタイプのプロバイダではなく、UQ WiMAXや携帯電話各社のデータ通信端末を使ったワイヤレスサービスを使うという選択肢もあり得ます。 自宅周辺がサービスエリア内であればよく、工事などの手間がかからないのも利点です。 乗り換えるかどうかは、「」などを参考に、現行のプロバイダの料金やサービスに満足しているかどうかを、最大の基準にしましょう。 入会と解約の注意点と賢い乗り換え方 プロバイダの乗り換えには、新しいプロバイダへの入会と、旧プロバイダの解約が必要です。 以下の点に注意して手続きしましょう。 とくにワイヤレスサービスでは、パソコンやタブレット端末が「0円」「100円」などとうたっていることがあります。 パソコン購入時の初期費用が安くなるのはありがたいのですが、数年間は解約不可だったり、一定期間後は料金が割高となる場合もあります。 そのプロバイダにふつうの方法で入会した場合とどちらがお得か、考えてから利用しましょう。 特に都市部から地方へ移る場合は要注意で、希望通りの回線を選べず、コースが限られることがあります。 ワイヤレスサービスの場合、地方では提供されていなかったり、都市部よりも速度が遅い場合がありますので、事前の確認が必要です。 知人に新しいアドレスを周知するためにも、1カ月程度は新旧のプロバイダを併用するのがベターです。 ただし、費用がかかり、同じ回線同士 ADSLからADSLなど での乗り換えの際にはできません。 回線事業者 NTTなど が変わらないなら、撤去日と開設日を同じ日に指定することは可能です。 もちろん、回線事業者の都合もありますので、工事日の調整の際に相談しましょう。 これは実質上、併用することができませんので、周囲とのトラブルにならないよう注意しましょう。 このため、工事日が希望通りにならないことがあります。 引っ越しなどやむを得ない場合以外は、この時期を避けたほうが賢明です。 乗り換えにはリスクの勘案を プロバイダの乗り換えにはさまざまなリスクがともないます。 インターネットが使えない日常は考えられませんから、乗り換えの際には、回線工事日をはじめ入念な準備が必要です。 入会や解約、工事日などを1カ月程度の工程表に落とし込んで、スムーズな移行をめざしてください。

次の