マンウィズ 熊本。 MAN WITH A MISSION、熊本城ホールでこけら落とし公演

「マンウィズ」の公演決定! 10月13日、桜町再開発ビルの「熊本城ホール」こけら落とし

マンウィズ 熊本

MAN WITH A MISSIONが、今秋に開催する"Remember Me TOUR 2019"ツアーの追加公演として熊本公演の開催を発表した。 "Remember Me TOUR 2019"ツアー初日となる同公演は、昨年開催された復興フェス"GAMADASE KUMAMOTO"のスピンオフ特別公演、さらに10月に開業する熊本城ホールのこけら落としイベントも兼ねて行われる。 ぜひチェックしてみよう。 Remember Me (フジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」主題歌) 2. Left Alive (スクウェア・エニックス ゲームソフト『LEFT ALIVE』CMソング) 3. スターライト・シンドローム 4. 【DVD初回生産限定盤】(2DVD) SRBL-1840~1841/¥5,093(税別) 【DVD通常盤】(DVD) SRBL-1842/¥4,630(税別) 【Blu-ray】 SRXL-197/¥5,556(税別) [収録内容] ・Live Video(全3形態共通収録) "Chasing the Horizon Tour 2018 Tour Final in Hanshin Koshien Stadium" 2018. 17 兵庫 阪神甲子園球場 1. 2045 2. Broken People 3. database feat. TAKUMA 10-FEET 4. Freak It! feat. 東京スカパラダイスオーケストラ 5. Take What U Want 6. Break the Contradiction 7. higher 8. My Hero 9. Get Off of My Way 10. Dead End in Tokyo 11. Find You 12. Sleepwalkers acoustic ver. Hey Now 14. Raise your flag 15. Please Forgive Me 16. FLY AGAIN 17. Chasing the Horizon -ENCORE- 18. Take Me Under 19. Winding Road 20. Emotions ・Special Mission(特典映像:初回生産限定盤とBlu-ray盤に収録) 1. カミカゼ・ボーイ 落し穴ドッキリ大作戦!!! 完全版 前編 2. カミカゼ・ボーイ 落し穴ドッキリ大作戦!!! 完全版 後編 3. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: YOJI SHINKAWA KOJIMA PRODUCTIONS Co. , Ltd.

次の

いざ熊本へ!【MAN WITH A MISSION】と復興支援活動をまとめた。

マンウィズ 熊本

2020年2月14日(金)公開になる、MAN WITH A MISSION初の音楽ドキュメンタリー映画「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」のメインビジュアルが解禁。 限定特典付きのムビチケが、全国の上映劇場で1月17日(金)より販売されることも決定した。 「ムビチケ」劇場窓口購入者特典はオリジナルステッカー(先着数量限定)、「ムビチケオンライン」購入者特典はスマホ壁紙2種類となる。 特典ステッカーはムビチケ1枚につき1枚付くが、なくなり次第終了となるので早めの予約をお忘れなく。 2日目の8月30日はMAN WITH A MISSION史上初の野外ワンマンライブを開催する。 ゼブラヘッドからコメントが届いている。 「マジで最近、いろいろあるけど んー、そうだなぁ、俺たちに出来る事か、、、。 うまく言えないけど、こんな時だからこそ いい音楽を沢山届けられるよう、最近は ずっと楽曲制作のことを考えているんだ。 たまに ふざけてしまうけど、本気だぜ。 「MAN WITH A MISSION」の初となる音楽ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』の予告篇映像が解禁された。 最新映像には、謎につつまれている、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド「MAN WITH A MISSION」の生態を10年間追い続けたアメリカ人ジャーナリスト「カール・クーパー」が2010年に単身来日して以降、メンバーや関係者へのインタビューや、レコーディング、ライブなどに潜入取材した記録の一部が今回、トレーラーとして初解禁。 予告篇 映像 30秒という短い映像ながら、疾走感溢れるライブシーンや、そのライブでタオルを振り回し熱狂するファンの姿、彼らの類い稀なる才能に心を掴まれた男たちの姿が映し出され、これまで見たことがなかった彼らの一面が切り取られた、究極の生命体5匹からなる「MAN WITH A MISSION」の魅力がギュッと詰まった内容が楽しめる。 ぜひチェックしてほしい。 まずは結成10周年記念日となる2020年2月9日には、Zepp Tokyoにてスペシャルライブの開催が決定。 当日はライブ以外にも10周年を振り返るトークセッション、映画「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」の一部を放映する特別企画も実施し、同時に同公演の全国ライブビューイングも開催する。 そして、結成10周年プロジェクト第一弾となるMAN WITH A MISSIONの活動10年間の軌跡を追ったドキュメンタリー映画、「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」の公開が 2020年2月14日(金)に決定した。 こちらの映画は2020年2月14日(金)~2月27日(木)の2週間限定で劇場公開となっている。 2020年はますますMAN WITH A MISSIONから目が離せない1年となりそうだ。 10月23日にニューシングル「Dark Crow」をリリースするMAN WITH A MISSION。 前作シングル「Remember Me」がロングヒットの中、10月13日(日)、熊本城ホールを皮切りに全国17か所を巡る「Remember Me TOUR 2019」がスタート。 ツアースタートの地、熊本は自身主催の復興支援フェス「GAMADASE KUMAMOTO」を開催したゆかりがある土地、また今回会場となった熊本城ホール(イベント展示ホール)に「GAMADASE KUMAMOTO」の収益(支援金)で制作された、各種催事で利用可能となる仮設ステージを贈呈、そんな経緯から熊本城ホールこけら落とし公演も担うことにもなった。 ミュージックビデオ「Dark Crow」 また、ツアー初日に合わせて、10月23日(水)に発売のニューシングル「Dark Crow」の先行配信と、同ミュージックビデオが公開された。 特報映像 さらに、毎回重大発表が行われるライブ終盤のアンコールムービーでは、自身初の音楽ドキュメンタリー映画、「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」が2020年に公開される事が発表され、会場を沸かせた。 今後の詳細に期待しよう。 2019年9月からバンド初となるカナダ、メキシコ公演を含む、5年ぶりの単独北米ツアーを敢行中のMAN WITH A MISSION。 そんな中、本日9月20日(金)に公開となった映画「3人の信長」の主題歌である「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」が、映画公開を記念して、10月23日(水)のシングル発売に先駆けて先行配信がスタートした。 こちらの楽曲には2019年グラミー賞、最優秀ロックアルバム賞ノミネートアーティスト、フォール・アウト・ボーイのボーカル、パトリック・スタンプと共作をし、ゲストボーカルとしても参加した夢のコラボ楽曲。 先月8月17日に行われたSUMMER SONIC TOKYOでは、パトリックがMAN WITH A MISSIONのステージにサプライズゲスト出演をし、超満員のオーディエンスを前に「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」を初披露。 大きな話題を呼び、今回待望のリリースとなる。 合わせて10月23日(水)発売のニューシングル「Dark Crow」の対象店舗での購入者特典である「リフレクトステッカー」の、店舗別絵柄が公開された。 フラッシュをたいてステッカーの写真撮影をすると、メンバー別に特別な絵柄が浮き出る仕組みとなっている。 jp限定特典】の記載があるページからの購入のみが対象となりますのでお気をつけ下さい。 先行配信シングル「86 Missed Calls feat. jp限定特典】の記載があるページからの購入のみが対象となりますのでお気をつけ下さい MAN WITH A MISSION 公式HP:• 今年3月にリリースされたデビュー作「inside you EP」でレコチョク上半期ランキング2019にて新人ランキング1位を獲得するなど、華々しいデビューを飾った新人シンガーソングライターmilet(ミレイ)。 先月8月21日には、現在放送中のTVドラマ「偽装不倫」主題歌「us」を収録した通算3作品目となる3rd EP「us(アス)」をリリースし、オリコンデイリーデジタルシングルランキングにて初登場1位を記録した。 表題曲「Drown」は現在NHK総合にて放送中のTVアニメ「ヴィンランド・サガ」の2クール目エンディング・テーマに決定しており、新曲「Drown」に関してmiletは「一歩一歩、大地を強く踏みしめるようなビートに感情をぶつけて歌いました。 」と語っている。 さらに、TVアニメ「ヴィンランド・サガ」2クール目オープニング・テーマはMAN WITH A MISSION「Dark Crow」に決定したことも発表されたが、そのMAN WITH A MISSIONの10月23日発売ニューシングル「Dark Crow」に収録される新曲「Reiwa」にmiletがゲストボーカルとして参加することも明らかになった。 ワールドワイドに活躍するMAN WITH A MISSIONと、miletのコラボレーションが一体どんなものになっているのか、今から期待が高まる。 milet コメント 『ヴィンランド・サガ』について: 原作の世界に潜ると、今までにない初めての感覚に陥りました。 生と死の狭間で見えない感情の波に溺れ、自分の知らない自分に出会いながら生きていくトルフィン。 私自身の中で渦を巻く痛みや希望や強さ、そして愛を重ねて曲を書かせていただきました。 一歩一歩、大地を強く踏みしめるようなビートに感情をぶつけて歌いました。 こんなに素晴らしい作品の一部になれることがとても嬉しいです。 作品とともに楽しんでいただけたら幸いです。 Photo by 酒井ダイスケ MAN WITH A MISSION 「Reiwa feat. milet」について: 「Reiwa」をはじめて聴いた時、真っ直ぐに優しく包み込んでくれるような歌声と、白く輝く世界が広がっていくような壮大で力強いサウンドに胸を揺さぶられました。 令和という新しい時代に、平和への祈りを込めながら、また生きている幸せを噛み締めながら歌わせていただきました。 そして以前からずっと大好きだったMAN WITH A MISSIONさんの音の中に溶け込むことができ、ただただ嬉しさでいっぱいです。 MAN WITH A MISSIONさんとmiletの融合をぜひ楽しみにしていてください。 MAN WITH A MISSION Kamikaze Boy コメント miletさんノ唄声ヲ初メテ聴イタ時、新シイ時代ノ象徴トナリ、ソレヲ牽引シテイクヨウナアーティストガマタ新タニ出現シタナト感ジマシタ。 今回、新曲「Reiwa」ヲ制作スルニアタッテ、ソノメロディーヲ描イテイク時、ナゼカズット頭ノ中デmiletさんノ声ガ楽曲イメージト重ナリ、皆ト相談サセテ頂イタ結果、思イ切ッテオファーサセテ頂キマシタ。 miletさんノ唄声ガ入ッタ途端、コノ楽曲ニ新シイ時代ノ息吹ノ様ナモノガ注ギ込マレタ気ガシテイマス。 2018年9月から初となるカナダ、メキシコ公演を含む、5年ぶりの単独北米ツアーが決定したMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)。 新曲「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」が、9月20日(金)公開のTAKAHIRO主演映画、「3人の信長」の主題歌に決定した。 この楽曲はアメリカのロックバンド、フォール・アウト・ボーイのボーカルであるパトリック・スタンプと共作をした楽曲で、「Dead End in Tokyo」に続き二作目の共作となる。 映画「3人の信長」本予告60秒youtube映像 「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」の楽曲が使用された映画の本予告が解禁となったので、早速チェックしてほしい。 2019年、海外公演を開催する日本人アーティストまとめver. 4を紹介します。 ・あいみょん 新世代シンガーソングライター・あいみょんの上海ワンマンライブが決定。 今年2月に発売したアルバム『瞬間的シックスセンス』の収録曲「マリーゴールド」MV撮影はオリエンタルな異国情緒溢れる上海で撮影され話題となった。 新アルバムを携えた日本全国ツアー中のあいみょん、海外ワンマンライブは台湾開催以降2回目。 現在海外での人気が急上昇しているあいみょんに、ぜひ注目してほしい。 英語の歌詞を流暢に歌う彼らは海外でも注目を集める。 今回は、中国本土で初めてワンマンライブを開催する。 そんなゆずが、9月28日と29日に台湾・台北のLegacy MAXにて単独公演「YUZU ASIA LIVE 2019 YUZUNOMI~拍手喝祭~」を開催する。 北米ツアーは2017年秋に開催したJimmy Eat WorldとStone Sourとのツアー以来で、単独ツアーとしては2014年6月以来、5年ぶり。 詳細は後日オフィシャルHPにて発表となるのでお見逃しなく。 彼らのワールドツアー開催が発表された。 ヨーロッパ・アメリカ・ロシアをまわる大規模なツアーとなっている。 世界で人気を集める彼女たちの動向から目が離せない。 そしてアルバムがリリースされる9月4日から、東名阪・韓国・香港・台湾を周るツアー「Say Goodbye to the System」の開催が発表された。 上海、台湾、香港、Los Angels、New York、Paris、Londonでのライブ開催、世界のアーティストと積極的にコラボを続けるSKY-HI。 海外で活躍するSKY-HIの今後の展開にも期待が高まる。 現在初のアリーナツアー真っ只中のMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)だが、合間を縫ってイギリスへ渡英した。 6月12日(水)には過去にThe WhoやSex Pistols、The Clashなど早々たるロックレジェンドたちが演奏をしてきた、由緒正しきロンドンでのライブハウス100 Clubでのソールドアウトワンマンライブを行い、現地ファンを魅了。 6月14日(金)にはSlipknot、Tool、Def Leppardらがヘッドライナーを務めた、来場者のべ7万人の世界最大級のメタルフェスであるDownload Festival(ダウンロード フェスティバル)に出演。 2018年9月にスタートした自身5枚目のアルバムを引っさげた「Chasing the Horizon」ツアーだが、日本のみならずアジア・ヨーロッパを経て、6月29日(土)に福島県の南相馬BACK BEATにていよいよファイナルを迎える。 現在初のアリーナツアー中で、ニューシングル「Remember Me」が主要デジタルサイトのデイリー・ウィークリーチャートで軒並み1位を獲得しているMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)。 そんな中5月21日(火)、5月22日(水)と計2万6千人のファンの前で横浜アリーナ公演を行った。 本公演は、チケット販売開始と同時に即完売したプレミアム公演となった。 ライブ中盤には「我々ガバンドヲ始動シタノガ9年前デスケド、横浜アリーナデ2日間、コンナニモ多クノ方ニ観テ頂ケルナンテ想像モツカナカッタデス。 本当ニコレダケ集マッテクレテアリガトウゴザイマス!」と感謝を述べた。 初日の公演にはさらに、サプライズ演出としてフジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」主演の窪田正孝をはじめ、本田翼・広瀬アリス・浜野謙太・丸山智己・矢野聖人・山口紗弥加・遠藤憲一が応援に駆け付けた。 「MAN WITH A MISSIONのファンの皆さん元気ですかー?」という窪田正孝の挨拶に観客のボルテージも最高潮に達し、「オ前ラ今日イチ盛リ上ガッテルジャネーカ!」とジャン・ケン・ジョニーが観客に突っ込む場面も。 「もしもしにっぽん」は日本のポップカルチャー(ファッション・音楽・アニメ・フード など)を世界に向けて発信するプロジェクトです。 日本のファンとそしてこれから好きになってくれる人たちに日本に訪れるきっかけを作りたいと考えています。 また、「もしもしにっぽん」は日本を代表する様々なコンテンツと手を組み、オリジナルのオールジャパンを目指すとともに、各国内企業のローカライズ支援も行っています。 アウトバウンドとインバウンドの両側面から、国内経済のさらなる活性化を目指しています。

次の

マンウィズ ライブツアー2019 全公演セトリまとめ

マンウィズ 熊本

「 2012」にて。 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル FROM YOUTH TO DEATH RECORDS (2010年 - ) ( - ) (2013年 - ) 事務所 FYD (業務提携 公式サイト メンバー Tokyo Tanaka() Kamikaze Boy(・) Jean-Ken Johnny(・ボーカル・) DJ Santa Monica(・) Spear Rib() MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)は、の5人組である。 所属は。 所属はFYD。 は、はという外見 の究極の 5人で構成されるという設定である。 バンド名はで「使命を持った男」という意味 で、 MWAMや マンウィズ などの略称で呼ばれる。 また、その外見から オオカミバンドと俗称される事もある。 概要 公式設定としては、19XX年、が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、であるジミー・ヘンドリックスによるの結果生まれた生命体とされる。 ジミー自身はを趣味 としていたことで、音楽の能力がされた。 超人的な肉体とを持つため、、と言った権力者から、に至るまで利用されることとなり 、の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えにのの中に氷漬けにした。 凍結中は、オオカミならではの発達したで世界中の様々なを聴いていた が、に開催されたで演奏された音を聴いたことをきっかけに 、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。 以後凍結状態が続いていたが、になり、の影響で氷が融けてしまったために復活 し、バンド活動を開始した。 バンド自体の結成時期は公表されていない。 また、メンバーのやも非公開となっている。 楽曲制作において、ギターのJean-Ken JohnnyとのKamikaze Boyが主にを手掛けている。 は、Jean-Ken JohnnyとKamikaze Boyによってコード進行やリズムパターンとイメージが骨組みとして決定され 、その後各パートごとの詳細なをメンバー全員で話し合いながら作り上げていく手法を取っている。 Jean-Ken Johnnyがバースを歌い、Tokyo Tanakaがサビを歌う楽曲構成が大半を占める。 ライブでの登場SEにはの「Man With A Mission」という自身のバンド名と同名の楽曲を使用している。 なお、該当曲が収録されているアルバム「Recipe For Hate」のジャケットにはMWAMのメンバーと同じく頭が狼になっている人物が2人描かれている。 メンバー メンバーの中ではJean-Ken Johnnyのみが唯一日本語を操れる 設定だが、Tokyo Tanakaはボーカルを担当し歌唱しているほか、Kamikaze Boyはコーラスを担当し、と英語を使用して歌詞を書いていたり 、Spear Ribがインタビューに日本語で回答している など、発音自体は出来ないが理解はしている模様。 また、「」のライナーノーツではKamikaze Boyも喋れることが明らかになっている。 なお、彼等の言葉は、固有名詞など一部の例外を除いて平仮名を使わず、かな文字は片仮名で統一するのが公式の表記となっている。 文字数が多い場合は平仮名を使った表記にされることもあるが、これは「翻訳」と称されている。 『月刊GiGS』()では2012年8月号から編集部が独自に用意したという「マンウィズ変換器」が導入され、これによって「翻訳」されているが、この変換器はたびたび壊れており、その度に片仮名表記に戻っている。 ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』では自動翻訳機「ガウリンガル」が登場し、Jean-Ken Johnny以外のメンバーも音声で発言している。 ライブではTokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、Kamikaze Boyの顔は下顎が大きく開いている。 また、ライブ映像はなぜか下顎が映らないアングルで構成されている。 Tokyo Tanaka Tokyo Tanaka 職業 担当楽器 Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)。 リーダー。 好きなことは寝ることと歌うこと。 好きな音楽は。 マイブームはステロイド注射。 人物 通称 タナパイ(タナカ先輩の略)。 舌が右に出ている体格がいい狼。 ライブでは七分丈のパンツを愛用。 運動神経抜群、特技はや等、全般。 アイスと良く冷えたテキーラが好物。 好きな肉料理は。 最も真面目な性格の持ち主、メンバーの暴走を制止するのは彼の役割である。 Jean-Ken Johnny Jean-Ken Johnny 職業 担当楽器 著名使用楽器 エレクトリックギター• WAG• YAMAHA RGXA2 JBL• USA2 Custom• YAMAHA PACIFICA611 HFM TPP• Classic Player Jaguar Special HH• Fender American Professional Jaguar• Fender Pawn Shop Jaguarillo• Deluxe Lone Star Stratocaster• POTBELLY アコースティックギター• YAMAHA A3R Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)。 、、、、担当。 特技はとギター。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 下顎が若干出ている為、通称 シャクレ狼(受け口により穏やかな笑顔にみえるが、デビュー当時と顔が違う為、ファンはおろかスタッフから整形疑惑が浮上している)。 トークに定評があり、ライブのMCやメディアでの質疑応答、メンバーの通訳は彼が担当。 英語が堪能で海外のアーティストやメディアと通訳なしで話せる。 趣味は漫画と映画鑑賞。 好物は前述のチキンタツタと。 いわゆる絡み酒で、タナカによくくだを巻いている。 Kamikaze Boy Kamikaze Boy 職業 担当楽器 著名使用楽器• ・RBX4A2 WAG• ・RBX4A2 JBL• 2024X BL Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)。 、、、担当。 特技はとベース。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 ボイさん、 ナミカゼ。 メンバー1の長身痩躯、スキニーパンツを愛用。 ライブ後は打ち上げにより、大抵。 ならぬ雨狼。 遅刻や勘違いによる失敗が多く、周囲から「ポンコツ」と称されている。 公式ツイッターではメンバー1の迷走率を誇る。 ライブではベースのネックに噛み付くパフォーマンスを見せるが、そのために歯がボロボロになり、1本になっているという。 DJ Santa Monica DJ Santa Monica 職業 担当楽器 DJ Santa Monica(ディージェイ・サンタ・モニカ)。 、、担当。 特技はとDJと。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 サン太、 サンちゃん。 タナカとは逆に舌が出ている。 ちなみにに行った事はない。 「皿回しパーティー野郎」の異名を持つお調子者だが、意外に繊細かつ常識人。 Spear Rib Spear Rib 職業 担当楽器 著名使用楽器• STAR Bubinga Spear Rib(スペア・リブ)。 好きなことはご飯を食べることとドラムス。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 リブちゃん。 唯一常に口を開いており、メンバーでは最も小柄。 公式ツイッターでは語尾に「〜ニク」がつく(サインや捺印も「肉」)。 アイドル的存在である一方、辛辣な発言も多い。 好物はコーラとスペアリブ。 女性人気が特に高いことを自覚している節があり、ジョニー曰く「悦真っ盛り」。 サポートメンバー E. Vedder(イー・ディー・ヴェダー) 担当。 とは別人。 パーカーのフードを深く被り、白塗りのお面をしている。 「Feel and Think」など一部楽曲の作曲も担当。 フェスなどでは本編開始前にVedderと同様の服装をし、MWAMと同じメンバー構成、よく似た声のスタッフがサウンドチェックを行う光景が見られる。 略歴 プロジェクト始動 - インディーズ活動 2010年、プロジェクトの始動が公式アナウンスされ 、同日ににて行われた、Bar「」およびeggmanによる共同企画イベント「!! Vol. 3(バカモンロック)」にて初を行う。 、楽曲「DON'T LOSE YOURSELF」のをに公開。 、渋谷EGGMANにて行われた、World ChordおよびEGGMANによる共同企画イベント「World Standard Development Vol. 4」にて、3曲入りの初の「MAN WITH A MISSION」を会場で販売。 11月3日、FROM YOUTH TO DEATH RECORDSより、『WELCOME TO THE NEWWORLD』を1万枚限定で発売 し、全国。 公式先行発表されていた収録曲「DON'T ROSE YOURSELF」は、『Mutoma』2012年1月度に起用された。 11月17日より全4公演でツアーを行い 、その際に告知を見たのが「クール」と叫び、自身のステージで『WELCOME TO THE NEWWORLD』のタイトルを連呼したとされ、話題となった。 2011年、を受けて公式上で声明文を掲載 し、被災地とに向けて新曲「RAIN OF JULY」をおよびYouTube上に公開。 同曲は、収益分を全額被災地へのに充当するシングルとして急遽制作され 、ライブ会場限定でまで販売された。 、『』2011年4月度テーマソング および『Hits seeker』2011年4月度パワープレイ に起用されたシングル「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」を、2,029枚限定で発売。 発売直後のからは、全国ツアー『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR 2011』を全国11公演で開催。 、日本クラウンからのを正式に発表。 メジャーデビュー以降・2011年 、CROWN STONESより、『MAN WITH A MISSION』を発売しメジャーデビュー。 収録曲で、限定シングルで既に発表していた「FLY AGAIN」はミュージックビデオが制作され、tvk『Mutoma』2011年6月度テーマソングおよび『』2011年6月度エンディングテーマにそれぞれ起用された。 アルバムからは「FLY AGAIN」「RAIN OF JULY」「DANCE EVERYBODY」の3曲 が各局オンエアーで取り上げられ、全国計27のでおよび番組テーマを獲得した。 、東日本大震災の支援として、にてと支援物資のを行う。 、渋谷EGGMANにて、全国ツアーの最終公演にて初のワンマンライブ『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR FINAL』を開催し、398人を動員。 にはにて、東京会場BEACH STAGEに出演を果たす。 9月9日にはにて、初の自主企画ライブ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol. 1』を開催。 、をコンセプトとしたミニアルバム『Trick ot Treat e. 』を発売。 の楽曲「」のを収録したほか、リードトラック「Feel and Think」はtvk『音楽缶 』2011年10月度テーマソングおよび系『』2011年10月度パワープレイに起用された。 2012年 - より、『』のジングルを担当。 、メジャーデビューアルバム『MAN WITH A MISSION』がに入選。 、日本クラウン主催の第48回日本クラウンヒット賞を部門で受賞し、贈呈式に出席。 同席したから好評と激励を受けた。 、インディーズデビューミニアルバムに楽曲2曲を追加収録した『WELCOME TO THE NEWWORLD -standard edition-』を再発。 本作で初出となる新曲「TAKE ME HOME」はミュージックビデオが制作され、系『』Baby Dragon's Gate(パワープレイ)に起用された。 、メジャー初のシングル「distance」を発売。 では、CDのみの通常盤のほかに付2枚組の初回限定盤の2形態が同時発売となり、本作付属DVDが初の映像作品の製品化となる。 タイトル曲「distance」はテレビ朝日系『』2012年4月度オープニングテーマ 、『』2012年4月度オープニングテーマ 、tvk『音楽缶 』2012年4月度テーマソング にそれぞれ起用された。 デイリーランキングでは4月4日付で4位を記録 し、自身初のトップ5入りを記録。 また、ニルヴァーナのアルバム『』のカバーを収録した『』も同時発売され、本作で「Lithium」のカバーを収録した。 同日より、NANO Media Inc. の提供により、および端末向けのアーティスト公式『MAN WITH A MISSION Official Apps』が無料配信開始。 シングル発売を記念し、発売翌日のには渋谷店にてメンバーが1日店長に就任し、本作と同時に接客やなどの営業業務を行った。 には、ニッポン放送『』にて、Jean-Ken Johnnyがに起用された『MAN WITH A MISSION ジャン・ケン・ジョニーのオールナイトニッポンR』が放送。 2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発売。 2ndフルアルバム収録の「FROM YOUTH TO DEATH」がハッピーMusic7月オープニングテーマに起用される。 、テレビ朝日系『』に出演。 地上波の音楽番組に初めて生出演した。 、全日本CDショップ店員組合の「第5回」の大賞を「」で受賞。 、ソニー・ミュージックレコーズへの移籍を発表。 移籍後初のシングル「」は『』のオープニングテーマとして使われ、同作の第1期第18話にメンバー全員がモブキャラとして登場している。 2016年10月から「ハイレゾ級ワイヤレス」キャンペーンCMに起用され、CM初出演を果たす。 2020年2月、ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』を公開。 詳細は不明である。 収録曲は 1. FUCKING ROCK STAR 5. BREATHE 6. 2014年 6月18日 super stomper feat. MAN WITH A MISSIONに参加。 2017年 5月24日 Stories Noticed The Data feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 Luster feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 2018年 9月5日 のトリビュート・アルバム に参加。 2019年 5月29日 Give It To The Universe feat. MAN WITH A MISSION に参加。 各曲にメンバーからのアドバイスが寄せられている。 - 初版発行• - 2012年初版発行• - 初版発行• 2011年 - THE MISSION vol. 2011年 - 『Trick or Treat e. 2012年 - DON'T FEEL THE DISTANCE~8カ所だョ!全員集合 ONE MAN TOUR~• 2013年 - MAN WITH A MISSION ヨーロッパツアー2013• 2013年 - 「Wake Myself Again TOUR 2013」 Supported by Budweiser• 2014年 - MAN WITH A MISSION「NORTH AMERICAN TOUR 2014」• 2014年 - MAN WITH A MISSION「PLAY WHAT U WANT TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「Europe Tour 2015」• 2016年 - MAN WITH A MISSION Asia Tour 2016• 2016年 - MAN WITH A MISSION Europe Tour 2016• 2017年 - MAN WITH A MISSION "Dead End in Tokyo Tour" Europe 2017 出演イベント• 1月9日 - 第弐回TENKAICHI Presented by 銀座 美酒家 忠• 1月23日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 1月29日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月6日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月18日 - NO BUTS!?? 2月27日 - LionFESTA vol. 3月25日 - Ya kick so bad PUNK!? -ヤキソバパン-1st Anniversary! 3月26日 - @中目黒CAMARADA• 4月17日 - road to MONSTER baSH ~AWA baSH~• 5月4日 - METAMORGENERATION CONTACT• 5月26日 - QUATTRO MIRAGE VOL. 2 ~MORE ACTION, MORE HOPE. ~ powered by TOWER RECORDS• 6月18日 - 神戸UNIONWAY FEST• 7月7日 - ATMC2011~TA NA BA TA Session~• 7月9日 - 2011~今年も楽しむ覚悟でいらっ祭!~• 7月17日 - 蓮沼2011 supported by TOHOgakuen• 7月22日 - Jumping Buffalo's Night 20110722• 7月24日 - '11• 7月31日 - RockDaze! 2011 -druming-• 8月10日 - ISHINOMAKI MUSIC FESTIVAL ~東日本大震災チャリティーイベント~• 8月13日 - TREASURE 05X-the flashy seed-• 8月14日 - 2011• 8月19日 - FANTAZMA -心斎橋CLUB DROP 8th ANNIVERSARY-• 8月28日 - Live Plant in まつりつくば• 9月3日 - seedleSs Party 2011• 9月10日 - 2011• 9月12日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 9月18日 - 2011• 9月29日 - 未来音来 2011 Vol. 9月30日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 10月2日 - Candy Stripper 15th Anniversary Party• 10月8日 - MAD Ollie 2011 autumn• 10月9日 - 北海学園大学十月祭60周年記念SPECIAL LIVE 2011• 10月11日 - ~IBSP 10th ANNIVERSARY~ IBSP,DUCE PRESENTS「POSITIVE NOISE」• 10月15日 - タワレコオリヤマナイト• 10月23日 - 音龍門 presents LIVE DROGON GATE 002• 10月30日 - SABBAT NIGHT2011• 11月1日,11日 - House of Chaos3• 11月18日 - Ya kick so bad PUNK!? 11月20日 - COLLAVOLUTION tour 2011• 11月25日,27日 - Brand New World Tour• 11月29日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA Vol. 0 ~SKULLSHIT 15th ANNIVERSARY 第二弾~• 11月30日 - Presents 「Tribute to JAPAN」• 12月1日 - LOVE! LIFE! 12月3日 - COUNTDOWN TO FREEDOM 2011• 12月9日 - FAT PROP Brand New World Tour• 12月18日 - Boo Xmas 11• 12月23日 - SEEDS OF HOPE TOUR 2011-2012 Day 16• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 12月30日 - shibuya eggman 30th anniversary [音故知新] FINAL!!! 12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2011 -UDAGAWA OVER DAY 2-• 2月18日 - presents BLARE DOWN BARRIERS 2012• 3月10日 - 夢チカLIVE SP in• 3月17日 - MUSIC CUBE 12• 3月25日 - 卒フェス2012 ~サクラサクトキトビラアク~• 4月28日 - 12• 5月20日 - GREENROOM FESTIVAL'12• 6月30日 - EMOTIONS tour• 7月5日 - JAPAN EXPO 2012• 7月7日 - 京都大作戦2012~短冊に こめた願いよ 叶いな祭~• 7月15日 - NIIGATA Rock Museum 2012• 7月21日 - KESEN ROCK FESTIVAL'12• 7月22日 - 2012• ウイダーinゼリー~BAND NATION~• 8月5日 - 2012• 8月8日 - Talking Rock! FES. 2012• 8月18日 - SUMMER SONIC 2012• 8月19日 - SETSTOCK'12 10th Anniversary in Bihoku• 8月25日 - 2012• 8月26日 - 2012 ~one pray in nagasaki~• 9月1日 - TREASURE05X ~dancing colorz~• 9月2日 - 2012• 9月6日 - TSUTAYA オリジナルLIVE「ツタロック」• 9月8日 - BAYCAMP 2012• 10月7日 - 2012• 10月21日 - JAPAN TOUR 2012• 10月28日 - 主宰 HALLOWEEN PARTY 2012• 11月29日 - イベント「ドギマズン」• 12月15日 - オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON• 12月16日 - 『 Brand-New Life 2012』tour• 12月23日 - presents「ポルノ超特急2012」• 12月30日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月20日 - NO MATTER LIVE• 2月23日 - TOYOTA BIG AIR• 3月30日 - 2013 <OSAKA>• 3月31日 - PUNKSPRING 2013 <TOKYO>• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月11日 - Japan 2013• 5月17日 - Tour「相克」• 5月25日 - 2013• 6月2日 - [NOID] FESTIVAL 2013• 6月22日 - MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2013• 7月6日 - 京都大作戦2013~天の川 今年も宇治で 見上げな祭~• 7月14日 - KESEN ROCK FESTIVAL'13• 7月19日 - SiM "EViLS TOUR 2013" 2 MAN SHOWS• 8月2日 - 2013• 8月4日 - FORMOZ FESTIVAL 2013 野台開唱• 8月10日 - SUMMER SONIC 2013 <OSAKA>• 8月11日 - SUMMER SONIC 2013 <TOKYO>• 8月24日 - TWINKLE ROCK FESTIVAL• 8月25日 - MONSTER baSH 2013• 8月31日 - 音楽と髭達2013-CARNIVAL-• 9月14日 - 万博2013• 9月21日 - GUNMA ROCK FESTIVAL 2013• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN WEEK 2013• 11月7日 - GRINDHOUSE 3. 徳島から福島へ• 11月9日 - MADOllie2013 powered by Monster Energy• 11月17日 - FUNKIST FESTIVAL 2013• 11月23日 - 東北ジャム2013 in 石巻• 12月19日 - Boo Xmas 2013• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月18日 - ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol. 3月6日 - 第6回CDショップ大賞2014 SPECIAL LIVE• 3月12日 - 『Tales of Purefly』発売記念フリーライブ• 3月15日 - NO MATTER LIVE Special• 3月21日 - ROTTENGRAFFTY "Walk" TOUR 2013-2014 FINAL SERIES• 3月29日 - PUNKSPRING 2014【TOKYO】• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月24日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014• 5月29日 - SAYONARA国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT『Japan to the World』• 7月20日 - JOIN ALIVE 2014• 7月26日 - '14• 8月24日 - 2014• 8月30日 - SWEET LOVE SHOWER 2014• 9月5日 - タイバンビガロ VOL. 9月7日 - TREASURE05X 2014 -galaxy of liberty-• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN 2014 「ROCK' N HALLOWEEN」• 2014• 11月8日 - ミュージックドラゴン LIVE 2014• 11月16日 - JAPAN 2014• 11月24日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol. 11月26日 - JAPAN TOUR 2014• 12月23日 - ポルノ超特急2014• 3月7日 - Japan Tour 2015• 3月28日 - PUNKSPRING 2015 <OSAKA>• 3月29日 - PUNKSPRING 2015 <TOKYO>• 4月16日 - 「」~スペシャルライブ~SSSL• 4月25日 - ARABAKI ROCK FEST. 7月5日 - 京都大作戦2015~いっ祭 がっ祭 感じな祭! 7月12日 - DEAD POP FESTiVAL 2015• 7月20日 - presents 真夏のWOW• 7月26日 - NUMBER SHOT 2015• 8月8日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 8月14日 - 2015 in EZO• 8月16日 - SUMMER SONIC 2015 <TOKYO>• 8月22日 - MONSTER baSH 2015• 8月23日 - Sky Jamboree 2015 ~one pray in nagasaki~• 9月21日 - いしがきミュージックフェスティバル 2015• 9月27日 - 風とロック芋煮会2015 KAZETOROCK IMONY LAND• 10月11日 - MBS音祭2015 Final Party• 11月15日 - 尽未来際 ~尽未来祭~• 11月20日 - ROCK-O-RAMA 2015• 11月21日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2015• 12月20日 - MERRY ROCK PARADE 2015• 12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015• 2月3日 - 「XENO WORLD TOUR 2016」• 2月11日 - New Album「The World's On Fire」発売記念 スペシャルフリーライブ• 5月1日 - 茨城県常総市復興支援イベント「Dappe Rock's」• 5月14日 - ~VARIOUS PEOPLE,ONE SKY~ ふくしま おおぞら フェスタ2016 AIR LIVE• 6月4日 - SATANIC CARNIVAL '16• 6月5日 -• 7月9日 - JAPAN EXPO 2016• 7月16日 - KESEN ROCK FESTIVAL'16• 7月17日 - JOIN ALIVE 2016• 7月23日 - FUJI ROCK FESTIVAL'16• 8月9日 - "STOP THE WAR TOUR"• 8月11日 - 旅祭2016• 8月21日 - WILD BUNCH FEST. 2016• 8月27日 - 音楽と髭達2016 -C'mon OTOHIGE-• 8月28日 - 2016• 9月17日 - 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~• 10月30日 - ドギマズン 2016• 11月5日 - LIVE 2016• 11月6日 - KNOTFEST JAPAN 2016• 11月9日 - PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT SPECIAL vol. 12月3日 - SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り• 12月23日 - 2016• 12月25日 - ポルノ超特急2016• 1月3日 - がんばろう! 九州 HUIS TEN BOSCH New Year Special Live 2017• 1月14日 - 東日本大作戦番外編• 1月18日 - 『新宿スワンII』スペシャルライブ~SSIISL• 1月28日 - JAPAN TOUR 2017• 2月13日 - 「JUICE UP!! TOUR FINAL SERIES」• 2月19日 - LIVE EGG BUDOKAN ~shibuya eggman 35周年 大感謝祭~• 3月28日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 3月29日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 4月18日 - 「試練のTAIMANツアー 2017」 主な出演 CM• 「ハイレゾ級ワイヤレス」(2016年) 映画• MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-(2020年) 脚注 注釈• - Revolver・2016年1月21日閲覧。 Musicman 2017年8月21日. 2020年1月13日閲覧。 国税庁法人番号公表サイト. 2020年1月13日閲覧。 トライストーン・エンタテイメント. 2020年5月4日閲覧。 com編集部 2011年3月30日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 日本クラウン. 2012年2月13日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年6月8日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年4月22日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 オリコンニュース 2012年10月18日. 2018年1月30日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日閲覧。 YAMAHA. 2012年2月13日閲覧。 安井幸代 2010年7月25日. TANK! the WEB. 2013年10月24日時点のよりアーカイブ。 2012年2月13日閲覧。 Listen Japan. 2011年10月5日. 2012年2月13日閲覧。 竹内美保. music UP's. 2012年2月13日閲覧。 Skream! 2012年2月13日閲覧。 『月刊GiGS』()2012年8月号P17• New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2010年3月15日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年7月6日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 2010年8月11日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 MySpace. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 サンケイスポーツ 2011年4月16日. MSN 産経ニュース. 2012年2月13日閲覧。 日テレNEWS24. 2011年4月16日. 2012年2月13日閲覧。 Ameba. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2011年3月19日. 2012年2月13日閲覧。 MAN WITH A MISSION 2011年4月8日. Twitter. 2012年2月13日閲覧。 ナタリー. 2011年3月30日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年4月28日. 2012年2月13日閲覧。 FLYING POSTMAN PRESS. 2011年6月14日. 2012年2月13日閲覧。 ぴあ関西版WEB. 2011年6月15日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 Narinari. com編集部 2011年6月7日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年8月15日. 2012年2月13日閲覧。 海江敦士 2011年10月19日. EMTG MUSIC. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 RO69 2012年1月27日. 2012年2月13日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年2月10日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年2月11日. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 001」、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、2012年3月20日、『VA』2012年4月号 vol. 117。 BARKS. 2012年1月30日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年4月5日. 2012年4月6日閲覧。 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 ナタリー. 2013年2月19日. 2013年3月10日閲覧。 デイリースポーツ社. 2013年2月22日. 2013年3月10日閲覧。 ナタリー. 2013年3月7日. 2013年3月10日閲覧。 - 2013年8月19日• - 2013年8月19日• 『ログ・ホライズン 完全設定資料集』(2014年、)P107• ORICON STYLE. 2016年10月17日. 2016年10月17日閲覧。 海外作品のためオリコン集計なし• 海外作品のためオリコン集計なし• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 mwamjapan -• manwithamission -.

次の