鬼頭明里 歌うまい。 鬼頭明里は絵がうますぎる!イラストレーターも絶賛の絵とは? | 声優日誌

【60画像】美人声優・鬼頭明里のかわいい高画質画像まとめ!

鬼頭明里 歌うまい

アニメ『鬼滅の刃』では役柄上セリフは多くありませんが、メインキャラクターの禰豆子に抜擢され鬼滅の刃ブームの火付け役になったことは間違いありませんね。 そんな鬼頭明里さんですが、この度1stアルバム『 STYLE』を発売することが決まり、話題となっているため、鬼頭明里さんは歌がうまいのか?また、声優や歌だけでなく、絵もイラストレーター並みにうまいと評判ですので、プロフィールと共に確認してみたいと思います。 さっそくその腕前を見てみましょう。 第2話本編で登場した夏帆役の鬼頭明里さん描き下ろしイラストを公開! うまい、うますぎる。 鬼頭明里さんはマルチな才能を持っているんですね。 (2020年6月時点) 高校卒業後に上京して、現在所属しているプロ・フィットの声優養成所に入所。 養成所を卒業後は2015年4月からプロ・フィットの準所属となり、2019年4月からは制所属なっています。 特技の「湯切り」は、むかしラーメン屋でバイトしていた経験から、『湯切りん』の愛称も持っています。 かわいいですね。 [ad] これまでの主な出演作(メインキャラのみ)• タイムボカン24 カレン役 2016年• タブー・タトゥー アリヤバータ役 2016年• 僕だけがいない街 ヒロミ役 2016年• アリスと蔵六 雛霧よなが役 2017年• ようこそ実力至上主義の教室へ 堀北鈴音役 2017年• 徒然チルドレン 飯島香奈役 2017年• ブレンド・S 日向夏帆役 2017年役• ラーメン大好き小泉さん 中村美沙役 2018年• グランクレスト戦記 シルーカ・メレテス役 2018年• ウマ娘 プリティーダービー セイウンスカイ役 2018年• 七星のスバル 碓氷咲月約 2018年• 私に天使が舞い降りた! 姫坂乃愛役 2019年• 鬼滅の刃 竈門禰豆子役 2019年• ナカノヒトゲノム【実況中】 更屋敷カリン役 2019年• Re:ステージ! まちカドまぞく 千代田桃役 2019年• 地縛少年花子くん 八尋寧々役 2020年• 虚構推理 岩永琴子役 2020年• 安達としまむ 安達役 2020年• 鬼頭明里さんは、名前に同じ『鬼』が作品ということから思い入れも強く、オーディションも禰豆子役に絞ってチャレンジして、見事大役を勝ち取っています。 しかし実際アフレコは大変だったみたいで、禰豆子は竹筒を加えた鬼役で第1話以外は人間としても言葉がほとんどなく、うなり声ばかりなので、その中で制作陣からはいろんなバリエーションを求められたしたそうですが、見事に禰豆子を演じきっていました。 さすがです。 [ad] 鬼頭明里さんは歌うまい?イラストレーター並みの絵やプロフィール|鬼滅の刃竈門禰豆子 かまどねずこ 声優まとめ 鬼頭明里さん、いかがでしたでしょうか。 声優としては『鬼滅の刃』の竈門禰豆子役という役を演じたことで、更に声優としての幅が広がったのではないでしょうか。 歌手としても1stアルバム『STYLE』が2020年6月10日に発売され、これからどんどん歌の仕事も増えていきそうです。 鬼頭明里さんの活躍から目が離せませんね。

次の

鬼頭明里(声優)は裏名?コスプレがかわいい!イラストがスゴイ!

鬼頭明里 歌うまい

以前から「声優にならなければ、イラストレイターになっていた」と語っていた彼女は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて自身のイベントが中止になった際、恨み節ではなく、SNSで自身の手書きイラストを5枚投稿。 『鬼滅の刃』原作が完結し「鬼滅」熱が収まらぬ一方で、声の活動の再開にはハードルが立ちはだかる。 鬼頭の自粛中の過ごし方や今後の展望、さらに自身の新アルバムについてもじっくり話を聞いた。 2014年にデビューし、『タイムボカン 逆襲の三悪人』でヒロイン・カレン役を務めたのをきっかけに多くの役柄を射止め、現在では『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS』近江彼方役、『鬼滅の刃』竈門禰豆子役など多くの話題作に出演している。 「ニュータイプアニメアワード2018-2019」声優賞(女性)では1位を獲得。 今最も注目される声優の一人だ。 アーティストとしてのデビューは2019年で10月にシングル『Swinging Heart』を発売。 翌年の2020年、2ndシングル『Desire Again』をリリースし、この度、6月10日に1stアルバム『STYLE』を発売した。 だが過去のインタビューでは「アーティスト活動は考えてない」と発言。 この真意はどこにあったのか。 「自分には務まらないと考えていたんです。 アニメキャラクターの声とイメージで歌うキャラクターソングは担当してきて、それは割と得意だと思っていたのですが、カラオケへ行っても、私、歌っている方の歌い方に寄せて歌っちゃうタイプなんです(笑)。 アーティストさんといえば、自分だけの歌い方を持っているというイメージ。 そういった意味で、『私には出来ないのではないか』と考えたんです」(鬼頭明里/以下同) だがアーティストデビューが決まり、1stシングルも発売されることになる。 「私にとって本当にサプライズでしたね(笑)。 私は声優ということもあり、演じるキャラクターの人生観まで考え、普段彼ら彼女らがどのように過ごしているのか、自分だったらどのように感じるか、当てはめていく仕事をしていました。 この影響もあったのか、楽曲によって声と歌い方を無意識に変えてしまう癖があったみたいです(笑)。 「バラードなど、これまであまり聞くことのなかった音楽やアクション映画など見たことのないジャンルの映画を見るようになりました。 そもそも彼女の探究心は折り紙付きで、そのせいか演じる役柄も『ラブライブ!』の学生アイドル役から、『グランクレスト戦記』では王道メインヒロイン役、『ようこそ実力至上主義の教室へ』ではクールな役、『まちカドまぞく』ではダウンテンション、その他、老婆から『鬼滅の刃』竈門禰豆子役などの人外まで、驚くほどに幅広い。 空き時間に鬼頭が試みていること 彼女が仕事をする上で、もう一つ大切な要素がある。 共演者との掛け合いだ。 「緒方恵美さんとの共演では、役の掘り下げ方が本当に素晴らしさに感動しました。 私も頑張っているつもりなのですが、皆が納得するまで突き詰めていくその姿からは多くのことを学びました。 先輩の宮野真守さんですと、いらっしゃるだけで現場を明るくしてくださる素敵な人間性がまずあり、お芝居も素晴らしい。 「悠木碧さんは私がド新人の頃からよくしていただいてます。 オタク趣味が合うということもあってフランクに話してくださるようになったのですが、お仕事の相談はもちろん、プライベートでも食事やカラオケへ行ったり。 とてもありがたい存在です」。 現在、コロナ禍で自粛中だが、「LINEで『このアプリゲーム、お勧めだからやってみて』といったメッセージが届くんです」と笑う。 そのコロナで声優業界も様変わりしている。 先日、『サザエさん』の新作が作れなくなっていることが報道されたが、それは業界全体の話でもあるという。 だが彼女はその機会をポジティブにも捉えている。 「YouTubeでいろんなMVを見たり、ライブ映像を見て、ライブパフォーマンスの勉強をしています。 2ndシングルのリリースイベントが中止になった際はもちろん残念でしたが、だからこそファンとのつながりをもっと持とうとも考えました」。 「この状況下、気持ちが沈むことも多いと思うんですけど、今回のアルバムは、楽しい気持ちになれたり、寂しい気持ちに寄り添えたりする、いろんな楽曲が詰まった一枚になっています。 (取材・文/衣輪晋一).

次の

鬼頭明里アルバムスタイルや声優・彼氏について調査してみた。

鬼頭明里 歌うまい

以前から「声優にならなければ、イラストレイターになっていた」と語っていた彼女は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて自身のイベントが中止になった際、恨み節ではなく、SNSで自身の手書きイラストを5枚投稿。 『鬼滅の刃』原作が完結し「鬼滅」熱が収まらぬ一方で、声の活動の再開にはハードルが立ちはだかる。 鬼頭の自粛中の過ごし方や今後の展望、さらに自身の新アルバムについてもじっくり話を聞いた。 2014年にデビューし、『タイムボカン 逆襲の三悪人』でヒロイン・カレン役を務めたのをきっかけに多くの役柄を射止め、現在では『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS』近江彼方役、『鬼滅の刃』竈門禰豆子役など多くの話題作に出演している。 「ニュータイプアニメアワード2018-2019」声優賞(女性)では1位を獲得。 今最も注目される声優の一人だ。 アーティストとしてのデビューは2019年で10月にシングル『Swinging Heart』を発売。 翌年の2020年、2ndシングル『Desire Again』をリリースし、この度、6月10日に1stアルバム『STYLE』を発売した。 だが過去のインタビューでは「アーティスト活動は考えてない」と発言。 この真意はどこにあったのか。 「自分には務まらないと考えていたんです。 アニメキャラクターの声とイメージで歌うキャラクターソングは担当してきて、それは割と得意だと思っていたのですが、カラオケへ行っても、私、歌っている方の歌い方に寄せて歌っちゃうタイプなんです(笑)。 アーティストさんといえば、自分だけの歌い方を持っているというイメージ。 そういった意味で、『私には出来ないのではないか』と考えたんです」(鬼頭明里/以下同) だがアーティストデビューが決まり、1stシングルも発売されることになる。 「私にとって本当にサプライズでしたね(笑)。 私は声優ということもあり、演じるキャラクターの人生観まで考え、普段彼ら彼女らがどのように過ごしているのか、自分だったらどのように感じるか、当てはめていく仕事をしていました。 この影響もあったのか、楽曲によって声と歌い方を無意識に変えてしまう癖があったみたいです(笑)。 「バラードなど、これまであまり聞くことのなかった音楽やアクション映画など見たことのないジャンルの映画を見るようになりました。 そもそも彼女の探究心は折り紙付きで、そのせいか演じる役柄も『ラブライブ!』の学生アイドル役から、『グランクレスト戦記』では王道メインヒロイン役、『ようこそ実力至上主義の教室へ』ではクールな役、『まちカドまぞく』ではダウンテンション、その他、老婆から『鬼滅の刃』竈門禰豆子役などの人外まで、驚くほどに幅広い。 空き時間に鬼頭が試みていること 彼女が仕事をする上で、もう一つ大切な要素がある。 共演者との掛け合いだ。 「緒方恵美さんとの共演では、役の掘り下げ方が本当に素晴らしさに感動しました。 私も頑張っているつもりなのですが、皆が納得するまで突き詰めていくその姿からは多くのことを学びました。 先輩の宮野真守さんですと、いらっしゃるだけで現場を明るくしてくださる素敵な人間性がまずあり、お芝居も素晴らしい。 「悠木碧さんは私がド新人の頃からよくしていただいてます。 オタク趣味が合うということもあってフランクに話してくださるようになったのですが、お仕事の相談はもちろん、プライベートでも食事やカラオケへ行ったり。 とてもありがたい存在です」。 現在、コロナ禍で自粛中だが、「LINEで『このアプリゲーム、お勧めだからやってみて』といったメッセージが届くんです」と笑う。 そのコロナで声優業界も様変わりしている。 先日、『サザエさん』の新作が作れなくなっていることが報道されたが、それは業界全体の話でもあるという。 だが彼女はその機会をポジティブにも捉えている。 「YouTubeでいろんなMVを見たり、ライブ映像を見て、ライブパフォーマンスの勉強をしています。 2ndシングルのリリースイベントが中止になった際はもちろん残念でしたが、だからこそファンとのつながりをもっと持とうとも考えました」。 「この状況下、気持ちが沈むことも多いと思うんですけど、今回のアルバムは、楽しい気持ちになれたり、寂しい気持ちに寄り添えたりする、いろんな楽曲が詰まった一枚になっています。 (取材・文/衣輪晋一).

次の