デルタ 500 マイル。 デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンがメールで申請可能に!

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンがメールで申請可能に!

デルタ 500 マイル

デルタ航空が ニッポン・500マイルキャンペーンという太っ腹なキャンペーンを実施していることをご存知でしょうか? ニッポン・500マイルキャンペーンはデルタ航空が毎年延長しながら実施しているキャンペーンでして、国内線 JAL, ANA, LCCの等どこでもOK の 搭乗券を搭乗後2か月以内にデルタ航空にFAXすると、 片道500スカイマイルをプレゼントしてくれるというなんとも太っ腹なキャンペーンです 2度目。 スカイカイルの通常会員は年度内で10回 5000マイルまで 、シルバーメダリオン以上のエリート会員は40回 20000マイルまで 申請できるので、枠内いっぱいまでじゃんじゃん申請しましょう。 以前はFAXか郵送での申請だったのです、最近メールでの申請に変更されました。 何回もFAX送ろうとしてるのにずっと話中でこれはおかしいと思って公式見たらメール申請に切り替わってました。 規約には 搭乗券を送れと書いてありますが、スキップサービスなどを利用して搭乗券を受け取れなかった場合はピンク色のご搭乗案内の紙でもOKです 自分で確認済み。 さらに、 特典航空券のような運賃の発生しない搭乗券でもキャンペーン対象という太っ腹っぷり 3度目。 ただし座席をしない3歳未満の幼児などは2019年度からキャンペーン非対象になってます。 お座席をご利用にならない乳幼児の方などは、当キャンペーンをご利用いただけません。 空港名や航空会社名等でうっかり日本語書かないように注意してくださいね。 FAXで申請していた時はキャンペーン申請用紙に搭乗券が2枚しか貼れないのが嫌でしたが、メール申請になってからは申請用紙と搭乗券を別にファイルで送ればよいので一度に4件分申請できますね。 申請メールの送り先は申請用紙にも書いてありますが下記です。 そうすれば申請するごとに必要な部分だけ記入すればよくなりますからね。 Contents• スカイマイルプログラムへの入会方法 そんな太っ腹なキャンペーンを実施しているスカイマイルプログラムへの入会方法ですが、年齢によって異なります。 子供はちょっと手間がかかってめんどくさいです。 13歳以上の方 まずは簡単な13歳以上の人から。 デルタ航空のページに行ってネットで申し込めば完了です。 入会申請フォームは英数字で記入してください。 KNOWN TRAVELER 番号とかREDRESS NUMBERといった自分に関係のないところは空欄でOKです。 例として三重県xx市xx町1丁目1番地の501号室に住んでいる電話番号090-1234-5678の人の場合を以下に示しておきます。 パスワードも設定するのですが英数字・大文字小文字混合で8文字以上にする必要があるので要注意。 13歳未満の方 次は13歳未満の場合です。 13歳未満の人をスカイマイルに登録しようとすると、生まれた年を入力した時点で以下のメッセージが表れて先に進むことができません。 デルタ航空では、未成年のお子様のオンラインでのプライバシー保護に努めています。 お子様のスカイマイルプログラムへのご入会については、をダウンロードし、提出方法に従って手続きを行ってください。 未成年って書いてるのに13歳の場合はこのメッセージは表示されないのが謎ですが、デルタのルールなので13歳未満の子供をスカイマイルに入会させるときは以下の流れで手続きしましょう。 ダウンロードしたフォーマットを印刷したら、子供と親の情報を記載していきます。 書き方というか注意点ですが、ローマ字英数字で記載するようにしてください。 例として先ほどの三重県xx市xx町1丁目1番地の501号室に住んでいる電話番号090-1234-5678の人が自分の子供を登録する場合の書類を以下に示しておきます。 ・入会申請書 ・保護者証明書 記入し終わったらスキャンしてpdf化しましょう。 それをデルタ航空に送ります。 メールで送る場合のあて先と件名は申請書に書いてあるのでよく確認して下さい。 参考までに私が送ったメールを例として載せておきます。 宛先:SMAssist. delta delta. com 件名:Child application 本文: Dear Sir or Madam I would like to enroll my child in SkyMiles. Please find the attached document. Best regards, 自分の名前 添付ファイルの名前はpdfを作成した時に自動で付けられた適当な名前のまま送りましたが問題なく登録されました。 結構時間かかりますね。 メールの内容は 子供のスカイマイル入会が完了したぜ。 番号はxxxxxxだ。 delta. comにきて会員口座の管理からパスワードを設定してくれ! あと、30日前のデルタ航空のフライトまでならさかのぼってマイル付与できるぜ。 そういうのが有ったら連絡くれよな。 大切なのは会員番号とパスワードを設定することですね。 メールに書いてある通りdelta. comの会員番号の管理に進んでもログイン画面にたどり着くだけで、 パスワードはどうやって設定するの? って感じになりますが、「パスワードをお忘れの場合」をクリックするとパスワードやら秘密の質問やらを設定することができます。 設定してないのに忘れたってなんだか変な感じですが、米系ですし、関係ない日本国内線で500マイルくれるんですから大目に見ましょう。 以上で子供のスカイマイル登録作業は終了です。 これで子供の分の搭乗券でも片道500マイルいただけますね。 米系航空会社だし公式ページにも6~8週間後に反映と書いてあったので、もっと時間がかかると思っていましたが、2週間以内で反映されるとは驚きです。 貯めたスカイマイルの使い道 今回反映分でスカイマイルは20000マイルを超えましたが、悩ましいのがスカイマイルの使い道です。 スカイマイルは特典航空券交換に必要なマイル数が多いこともあり使いにくいんですよ。 なので私は特典航空券に交換するのは諦めて、 10000マイルで10000円分のJTB旅行券に交換しています。 JTB旅行券はツアーのほかにホテル宿泊のみの予約もできるので、 マイルで移動手段は確保してるよって方はホテルのみを旅行券で手配すると良い感じになれるでしょう。 詳細は下記事をご参照ください。 カテゴリー• 125• 20 メタ情報•

次の

デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーンはメールで申請が可能に!

デルタ 500 マイル

デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーンの概要 キャンペーン対象期間 2019年4月01日~2020年3月31日 対象フライト キャンペーン期間中に利用した国内線 (運賃、クラス、路線を問わず 特典航空券を含む) ボーナスマイル 1フライトにつき500マイル ボーナスマイル上限 スカイマイル・メダリオン会員 最大40フライト分 (合計20,000ボーナスマイル) 一般会員 最大10フライト分 (合計5,000ボーナスマイル) 申込期限 フライトから2ヶ月以内 加算されるまでの時間 6 週間から 8 週間後 必要なもの 自動チェックイン機、空港カウンターで発行されるeチケットお客様控え 搭乗券 搭乗半券 モバイルチェックイン、Webチェックインなど、紙の搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合はモバイル搭乗券画面のスクリーンショットやホームプリント搭乗券 航空会社から発行される「搭乗証明書」 対象外なもの 保安検査場で発行される保安検査証やご搭乗案内は対象外 申込み方法 と必要書類をメールに添付 (JPG,PNG,PDFで最大2MB 送付先 Japan500 delta. com 件名 ニッポン500マイルキャンペーン加算申請 これが本キャンペーンの概要になります。 以前はFAXで送付でしたが、 最近メールに変更になりました。 詳細はデルタ航空のキャンペーンページに記載されています。 comへEメールでお送りください。 ご旅行が終わってから 2ヵ月以内に送付してください。 ご利用規約: このキャンペーンは、デルタ航空が独自に行うものであり、日本国内線を運航する他社との提携によるものではありません。 このキャンペーンは、日本国内のご住所を登録されているスカイマイル会員に限り有効です。 まだ会員でない方はdelta. comにて今すぐご入会いただけます。 入会は無料です。 スカイマイルご入会前のご旅行にはボーナスマイルは加算されません。 また、搭乗券に記載された氏名とスカイマイルへの登録氏名が同じである必要があります。 2019年4月01日から2020年3月31日までのキャンペーン期間中にご利用いただいた国内線が対象となります。 運賃、クラス、路線を問わず、1フライトにつき500ボーナスマイルをご獲得いただけます(スカイマイル特典旅行などの日本国内線特典航空券を含む)。 また不定期路線・チャーター便はこのキャンペーンの対象外です。 国際線の路線の一部として運航されている国内線のフライトを含む国際線のフライトもこのキャンペーンの対象外です。 お座席をご利用にならない乳幼児の方などは、当キャンペーンをご利用いただけません。 ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請フォームは、delta. comで入手したものをご利用ください。 ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし必要事項をご記入の上、搭乗券とともに添付(JPG、PNG、もしくはPDF形式:最大2MB)にてJapan500 delta. comへEメールでお送りください。 最大2MB)にてJapan500 delta. comへEメールでお送りください。 ご旅行が終わってから 2ヵ月以内に送付してください。 その他の件に関するお問い合わせやご要望は、本Eメールではお受けできませんのでご了承ください。 またボーナスマイルがお客様のスカイマイル会員口座に加算されるまで、送付した書類をおとりおきください。 不正に書き換えられた、もしくは改ざんされたと判断される搭乗券は無効にさせていただきます。 その判断はデルタ航空で行い、デルタ航空による決定はすべて最終決定とします。 対象搭乗券は以下の通りです(搭乗者名、便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている必要があります): 自動チェックイン機、空港カウンターで発行されるeチケットお客様控え、搭乗券、搭乗半券 モバイルチェックイン、Webチェックインなどの場合はモバイル搭乗券画面のスクリーンショットやホームプリント搭乗券 航空会社から発行される「搭乗証明書」 ご注意:保安検査場で発行される保安検査証やご搭乗案内は対象外です。 すべてローマ字/英数字でご記入ください。 日本語での記載、もしくは情報に不備があるボーナスマイル加算申請フォームは無効となります。 Eメールに添付していただくすべての書類に、10桁のスカイマイル会員番号、氏名、その他必要事項をご記入ください。 ボーナスマイル加算申請フォームを受領後、約8週間から12週間後にスカイマイル会員口座にボーナスマイルを加算します。 デルタ航空の社員はこのキャンペーンの対象外です。 記入漏れ、搭乗券や書類の貼付忘れは無効となります。 ボーナスマイルの譲渡、換金はできません。 このボーナスマイルは、メダリオン会員資格取得必要マイル数には算入されません。 スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで、一般会員の方はお一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。 フライト日の会員ステータスが適用されます。 期間中に会員ステータスが一般会員からメダリオン会員へ、またはその逆へ変更になった場合は、最大40フライト分までしか獲得できません。 ボーナスマイルはフライト利用日時点のスカイマイル会員ステータスに基づき付与されます。 貼付される搭乗券(半券)や書類は、ご本人のお名前(スカイマイルに登録されている個人名)が印字されているものに限ります。 会社名、団体名などの印字された搭乗券(半券)や、旅客名などが手書きで記載された搭乗券はこのキャンペーンの対象外となります。 また、搭乗券にお名前が入らない場合もこのキャンペーンの対象外です。 国際線の一部として扱われる国内路線は対象外です。 また日本国内の不定期路線、チャーター便はこのキャンペーンの対象外です。 2020年5月31日以降に到着したボーナスマイル加算申請フォームは無効となります。 ボーナスマイル加算申請フォームによるご意見、ご要望はお受けできませんので、余白にはご記入にならないようご注意ください。 キャンペーンは予告なく変更・終了される場合があります。 追加の規定が適用される場合があります。 デルタ航空は、キャンペーンの実施に関するすべての権限および権利を保有します。 また、デルタ航空による決定はすべて最終決定とします。 このキャンペーンは、デルタ航空が独自に行うものであり、日本国内線を運航する他社との提携によるものではありません。 このキャンペーンに関するお問い合わせは、デルタ航空予約センターまでお電話いただくようお願いいたします。 ニッポン500マイルキャンペーン申請用紙の記入方法 こちらがメールで送信するキャンペーンの申請用紙です。 記入する箇所は全部で10箇所あります。 以下に記入例を書きます。 写真を取るかスキャンして添付します。 PDFの場合は大丈夫だとは思いますが写真の場合はファイルサイズに注意してください。 (最大2MBまで).

次の

【2020年度から改悪?】デルタ航空「ニッポン500マイル」を利用してデルタ航空のマイルも一緒に貯めよう!

デルタ 500 マイル

もくじ• ニッポン500マイルキャンペーンの魅力 デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンは、 一応、期間限定のキャンペーン。 現在は、 2019年4月01日〜2020年3月31日のフライトが対象ですが・・・ 2020年4月以降も継続するんじゃないのん?って思ってます。 日本国内線のご利用で500ボーナスマイル• ご旅行期間: 2019年4月01日~2020年3月31日• 対象となるフライト:日本国内定期路線( すべての航空会社・運賃・クラス)• ボーナスマイル: 国内線のご利用1回につき500ボーナスマイル。 キャンペーン期間中、一般会員の方は、お一人様 最大10フライト分(合計5,000マイル)まで、メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000マイル)までご獲得いただけます。 片道500マイル、 往復1,000マイルも貯まり、 一般会員でも、 年間5,000マイルまで貯められるという。 キャンペーンの上限マイル(年間)• 一般会員: 5,000マイル(10フライト)• メダリオン会員: 20,000マイル(40フライト) JALでも、ANAでも、LCCでもデルタスカイマイルが貯まるわけで、 マイルのダブル獲りも可能ってわけ。 JAL便を利用すれば、JALマイルも貯まり、 ANA便を利用すれば、ANAマイルが貯まりますからね。 デルタ便なんて利用しないから、関係ないって人も、 デルタスカイマイル会員には 無料で入会できるし、 維持費も無料。 とりあえず、デルタスカイマイルを貯めておいて、 使いみちは後から考えても良いのかと。 デルタスカイマイルには有効期限が無いから、 忘れて失効することもないし、忘れたころには結構貯まってるのさ。 ニッポン500マイルキャンペーンの魅力• 1フライト毎に 500マイル貯まる• 全ての航空会社フライト(国内線)で貯まる• 利用航空会社のマイルも同時に貯まる• デルタ航空スカイマイルは 入会無料• デルタ航空スカイマイルは 有効期限が無い• 申請期限は 搭乗後2ヶ月以内• 一般会員は 年間5,000マイル(10フライト)まで 私は、デルタアメックスゴールドカードで、デルタのメダリオン会員なので、 年間20,000マイルまで貯めらますからね。 ニッポン500マイルキャンペーンの申請方法 国内線を利用したら、 フライト後2ヶ月以内に 下記リンクの 申請フォームを入力して、 搭乗券(半券)を添付してメール送信するという流れ。 以前の 郵送またはFAXでの受付は終了となり メール受付へ。 FAX送信費用や手間もなくなり、だいぶラクに申請できますので。 加算申請フォームの記入方法 申請書類は、全て 英数字、ローマ字にて記入となります。 日本人の私は、こういうの苦手で嫌い。 毎回時間がかかるので・・・記入内容をまとめておきます。 記入する項目は、• スカイマイル会員番号• 姓(Family Name)• 名(Fast Name) 対象フライトの詳細の部分に、• 航空会社名• 出発地• 目的地 繰り返しますが、全て 英数字、 ローマ字にて記載が必須、 実際に記載したのは、以下のような感じ。 後は、メールタイトルを「 ニッポン500マイルキャンペーン加算申請」と入力し、 加算申請フォームと スキャンした搭乗券を添付してメール送信すれば、 キャンペーン申請手続きは終了。 受付メールや、マイル付与完了のメールは有りませんので、 ひたすら、マイル付与されるのを待ちましょう。 申請フォームはPDFダウンロードとなっているので、 そのままPDFで入力するのが手間も無い。 デジタル入力なら、 間違えても修正できるし、 一回入力して保存しておけば、 ちょっと修正するだけで、次回以降のフライトでも使えますから。 PDFでの入力や編集は、 無料のAcrobat ReaderでOK。 搭乗券のスキャンも、スマホスキャンが便利。 スマホのスキャンアプリで優秀なのが「CamScanner」。 スマホカメラで撮った書類を切り抜いて平面にしてくれます。 ニッポン500マイルキャンペーンの注意点 メール申請から付与されるまでの期間 2018年11月19日分のフライト分を、 2019年1月9日に申請したところ、1月16日には反映されてました。 「JAPAN DOMESTIC FLIGHT BONUS MILES」というやつ。 メール申請に切り替わった直後は反映が 約1ヶ月と遅かったのですが、 2020年1月現在は、申請処理も早くなり 約1週間くらいで反映されてます。 まぁ、公式には 6~8週間後に付与と表記されてますし、 タイミングにも依るので、約1ヶ月くらいは待ってますけど。 ボーナスマイル加算申請フォームを受領後、 6 週間から 8 週間後にスカイマイル会員口座にボーナスマイルを加算します。 1ヶ月経っても付与されないなら、ちょっと怪しい。 私なら再申請する。 申請後に付与されない場合 書類の不備等で、マイル加算が失敗した場合、 「JAPAN DOMESTIC BONUS-INVALID DOCUMENTS」とマイル履歴に表示されます。 この時はFAX申請時代だったので・・・ 搭乗券を縮小コピーで申請したのが原因かと。 まぁ、全てはデルタの判断なんで仕方ない。 不正に書き換えられた、もしくは改ざんされたと判断される搭乗券は無効にさせていただきます。 その判断はデルタ航空で行い、デルタ航空による決定はすべて最終決定とします。 搭乗券という証拠が必要 基本的に 搭乗券(搭乗券の半券)が必要となります。 搭乗券を紛失したり、捨ててしまった場合は、 申請することができません。 搭乗券を発行した場合、 「ご利用案内書」「引換証ご利用案内書」「搭乗案内書」「搭乗証明書」は全て無効となります チェックイン時、もしくは搭乗ゲートにて、 搭乗券・搭乗半券が発行される場合は、搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されていても「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外となります。 その場合は、必ず搭乗券・搭乗半券を添付してください。 搭乗券が発行されない場合は、控え書類でOK 控え書類が駄目なのは、あくまで搭乗券が発行された場合の話。 搭乗券が発行されない場合に限り、 「お客様控え」等の書類で代用が可能となります。 搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に 各航空会社から発行されるもの(搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている「お客様控え」など)でも代用が可能です。 JALの「ご搭乗案内」とか。 ANAの「ご搭乗案内」「保安検査証」とかとか。 搭乗券を発行した場合、控え書類はNGで、 搭乗券を発行してない場合、控え書類でOKというルール。 ただ、上記は全てルール上の話であり、 デルタ航空側で「搭乗券の発券」を確認する術は無いと思ってる。 このキャンペーン自体も、デルタ航空独自のキャンペーンであり、 わざわざ各航空会社に確認してまで、承認しているとも思えません。 私なら、ダメ元で控え書類でも申請してみる。 とりあえず、メールするのはタダですからね。 添付ファイル容量は最大2MBまで メール送信になり、ラクになりましたが、 メールに添付できるファイル容量は、 申請フォームも含め、 最大2MBの制限があるので気をつけて。 ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし必要事項をご記入の上、搭乗券とともに添付(JPG、PNG、もしくはPDF形式:最大2MB)にてJapan500 delta. comへEメールでお送りください。 特に、搭乗券をスマホ撮影する場合、 無駄に高画質で送らないように。 画素数を押さえる、もしくはリサイズ、トリミングする。 また、添付ファイルの データ形式(拡張子)にも気をつけて、 JPG、PNG、PDFのみ対応です。 デルタスカイマイルの交換先が微妙 1回乗るごとに500マイルが貰えるって凄いんですけど、 デルタマイルって、ANAやJALよりも使いづらいです。 国内線で特典航空券に交換する場合は「スカイマーク」であり、 交換レートも 往復1. 5~2万マイル必要と割高。 スカイマークの片道は、往復と同等マイルが必要という謎。 デルタマイルを特典航空券で使うなら、やはり国際線になるかと。 デルタ航空以外の、スカイチーム航空会社にも利用できるわけで、 韓国7,500マイル(片道)、アジア17,500マイル(片道)、 東南アジア22,500マイル(片道)、 ハワイ30,000マイル(片道)・・・と、 片道発券も可能ってのが救いなのかな。 ちなみに、デルタ航空スカイマイル会員(シルバー・ゴールド・ダイヤモンド)や、 提携クレジットカード会員(アメックス、JCB等)の場合は、 JTBクーポンにも交換可能となります。 年間3万マイル(3万円分)まで交換可能で、 JTBクーポンの 有効期限は受付日から6ヶ月、 JTBクーポンの利用先は、 国内パッケージ商品・・・ といろいろと制限がありますが、 スカイチームを利用しないなら、一番現実的な交換先なのかと。 ニッポン500マイルキャンペーンまとめ デルタ航空の癖の有るキャンペーンであり、 ちょっと使い勝手も微妙なデルタスカイマイルですが、 有効期限が無いので、悩むなら貯めておくべし。 申請方法もFAXから メールに変わり、手間も無くなりましたから。 JGC修行や、SFC修行するなら、フライト回数も多く塵も積る。 ついでにデルタマイルも貯めておきましょう。 JALやANAではない選択肢、海外航空会社は格安ですからね。 日本人に馴染みの有るハワイ便でも、スカイチームはコスパ良いと感じています。 デルタアメックスゴールドカードがあれば、イキナリゴールドメダリオン会員になれるわけ。 マイルでもVIP待遇、ラウンジも利用できますからね。

次の