ディズニー サントラ。 リトル・マーメイド

ディズニーサントラのおすすめ人気ランキング50選【最新作も!】

ディズニー サントラ

日本版ではDream Amiさんが歌っていました。 こども向け作品のイメージが強いディズニー映画ですが、ズートピアではさまざまな種族の動物が共存しているということで、人種差別というテーマも描かれています。 ただ面白いというだけで終わらない映画になっているため、ほかのディズニー映画とは一線を画す内容です。 主人公ジュディと相棒ニックの、恋愛まではいかないけれど友情以上のものを匂わせるような関係性にもついついにやけてしまいます。 シュガー・ラッシュ 2012年公開の映画「シュガー・ラッシュ」のテーマ曲です。 爽やかでノリもよくてとても好きな曲です。 日本公開バージョンではエンディングテーマ曲はAKB48が担当していました。 アーケード・ゲームの中のキャラクター、しかもヒーローになれないいつもやっつけられる悪役に焦点を当てるという、設定だけでそそられる映画ではありませんか? そんな悪役ラルフと、レースゲーム「シュガー・ラッシュ」ではみ出者扱いされているヴァネロペとの友情と成功を描く物語は熱いです。 日本でもなじみ深い悪役、「スーパーマリオ」シリーズのクッパもちらっとですが登場します。 この曲を聞くと、主人公ウッディとおもちゃの持ち主である子供時代のアンディが遊んでいる風景をイメージしてしまいますね。 子どものころ見たときはウッディが悪い、バズがかわいそう、と思ってました。 でも改めて見ればウッディのジェラシーもわかるんですけどね。 最終作品である「トイ・ストーリー3」ではアンディが成長し大人になっています。 当時映画をリアルタイムで見たこどももアンディと同じく成長しているため、より感情移入できたのではと思います。 あと、3でボー フランス人形? がいなくなっているあたりが、リアルだなぁと感じました。

次の

サントラ/ディズニー・スーパー・ベスト

ディズニー サントラ

ディズニー映画最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』のサントラがウォルト・ディズニー・レコードより10月26日にリリースされる(日本盤CDは11月21日発売)。 このサントラ制作の声がかかったのは『ダークナイト』や『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも知られる作曲家ジェームズ・ニュートン・ハワード。 演奏には、ベネズエラ出身でウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2017にて指揮をするなど現在37歳の若き天才指揮者グスターボ・ドゥダメル率いるロンドンのフィルハーモニア管弦楽団、そして世界的に有名なピアニストであるラン・ランをフィーチャーしてレコーディングされた。 ディズニーの長編映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は全米で11月2日に公開、日本公開は11月30日となっている。 ハワードが作曲とプロデュースを担当したサントラは、1892年のチャイコフスキーによるバレエの名作を軸に創り上げられ、オリジナルのバレエ作品である『くるみ割り人形』に新しい想像力を与えながら、現代のひねりを加えて映画の魔法と魅力をとらえている。 サントラについてハワードはこうコメントしている。 「チャイコフスキーは最高の作曲家の一人です。 『くるみ割り人形』のバレエ曲は映画のサントラの重要な構成要素の一部となっています。 映画音楽作曲家としてのルーツは19世紀のロマン派の音楽にあると言えるでしょう。 すべては物語なんです。 曲は大オーケストラ編成で、とても伝統的。 木管楽器と弦楽器が非常に多く、ティンクル・ベルとチェレスタと少年合唱を含む合唱曲で成り立っています」。 グスターボ・ドゥダメル C Richard Reinsdorf 現代でもっとも著名な指揮者として知られるドゥダメルがフィルハーモニア管弦楽団と共に曲に命を吹き込んだ。 ドゥダメルはこう語る。 「チャイコフスキーの偉大なスコアはいつも私を旅に連れ出してくれます。 そこにディズニー映画の魔法を少し付け足すと、結果はとんでもなく素晴らしいものになるんです。 一瞬で家族が楽しめる名作の完成ですね」。 ウォルト・ディズニー・レコードのサントラと並行して、ドゥダメルの演奏で絶賛されたチャイコフスキーの『くるみ割り人形』のオリジナルがドイツ・グラモフォンより11月30日にリリースされる。 このアルバムについてロサンゼルス・タイムズ紙は「チャイコフスキーの名作がディズニー・ホールでドゥダメルとロサンゼルス・フィルの手によって、たまらなく魅力的な作品となった」と評している。 チャイコフスキー:バレエ《くるみ割り人形》 世界的な天才ピアニスト、ラン・ランは自身のキャリアの始まりはチャイコフスキーのおかげだと話す。 「彼のピアノ協奏曲第1番が私のキャリアを生み出しました。 彼の音楽はエキサイティングなだけではなく、とても美しくて深い。 心にまっすぐ届くんです。 これがチャイコフスキーの音楽の力です。 ジェームズはそれを自分のものにしました。 これはすべて彼の作品のマジックです。 精神的なもので、キラキラしています。 観客はまったく新しい音の体験をすることになると思います」。 映画のエンド・クレジットには、世界的なテノールのスーパー・スター、アンドレア・ボチェッリと彼の息子、マッテオ・ボチェッリによる心に強く訴えるデュエットの新曲「Fall On Me」が使われている。 youtube. All Rights Reserved. 映画公式サイト•

次の

映画『アラジン』オリジナル・サウンドトラック

ディズニー サントラ

q []. createElement 'script' ;r. hjsv; a. hotjar. ダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン、キャメロン・ボイス、ブーブー・スチュワートら、シリーズ通しておなじみのキャストが再結集した本作は、今秋のディズニー・チャンネルでの日本初放送に先駆けて、ディズニー公式エンターティメントサービス「Disney DELUXE ディズニーデラックス 」にて9月13日 金 より先行配信が決定している。 監督は、エミー賞、全米監督協会賞を受賞したケニー・オルテガ 「ディセンダント」シリーズ、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ が務める。 また製作総指揮は、オルテガ、ウェンディ・ジェフェット、スーザン・カートソニスと共に、全米脚本家組合で賞を受賞した脚本家サラ・パリオット、ジョーサン・マクギボンが担当。 オラドン王国に招くヴィランズの子ども達を選抜するため再びロスト島を訪れたマル、イヴィ、カルロス、ジェイたちだったが、島を覆うバリアに裂け目が生じてしまったことで巻き起こる騒動を描いたストーリーが描かれる。 すでにYouTubeで公開されている再集結のアンセム「グッド・トゥ・ビー・バッド」の公式ミュージックビデオには、マル役のダヴ・キャメロン、カルロス役のキャメロン・ボイス、イヴィ役のソフィア・カーソン、ジェイ役のブーブー・スチュワートが登場。 3,000万以上の再生回数を記録している。 さらに、『ディセンダント3』キャストによる新バージョンの「Rotten to the Core D3 Remix 」 シリーズ第1弾より も収録されている。 『ディセンダント』『ディセンダント2』のミュージックビデオは、これまでに合計でYouTubeで30億回以上の総再生回数を誇り、楽曲のストリーミング回数は13億回を記録するなど大ヒット。 どちらのサウンドトラックも、全米レコード協会によってゴールドディスク認定されている。 また、9月にはプロモーションとしてダヴ・キャメロンの2度目となる来日が決定し、9月9日には、ファンミーティングを実施。 「ディセンダント」シリーズのファンたちとの対面が予定されている。 マル、イヴィ、カルロス、ジェイはオラドン王国に招くヴィランズの子ども達を選抜するため再びロスト島を訪れる。 ところが島を覆うバリアに裂け目が生じてしまう。 ウーマとハデスがオラドン王国に復讐することを恐れたマルは、バリアを閉ざし、自分の故郷・ロスト島を永遠に封印する決断をするが、得体の知れない闇が忍び寄っていた。

次の