チロ ちゃん youtube。 チロちゃん|YouTubeランキング

チロちゃんYouTubeチャンネル(チロちゃん)

チロ ちゃん youtube

今回ご紹介するのは、ちょっぴり天然系の柴犬ミク。 ミクはちょっぴりマイペースさんな性格なのですが、それが影響しているのか何だか気になる行動を見せるのです。 それは、「寝ても覚めても、気づかず舌チロ」。 え、最高可愛いやつじゃないの…と思ったあなた、大正解ですよ。 眠りながら、ベロがチラ…っと登場 ミクは今、ちょっと変わった寝相でお休み中。 体をねじるようにしてうつ伏せで眠っています。 冒頭で触れたとおり、ミクには変わったクセ(?)があるのです。 それは「舌がペロっと出がち」という事なのですが、その決定的瞬間をオーナーさんが動画でおさえてくれました。 とにかくその絵が見たいと思いますので、早速ご覧いただきます、どうぞ! 出典:YouTube(【柴犬と、4匹の先住猫】ミク、トラ、シンバ、テト、茶々の日常) いやだ可愛い…! このおかしな寝相がまた、愛らしさを増しているようですね。 その後、もしかして何か食べている夢でも見ているのか一度お口に引っ込みます。 そして、アゲインを願ったオーナーさんの想いが届いたようで、再びペロっと登場。 この光景は、悶絶という言葉以外に、当てはまる言葉が見つからない…。 アングルが変わり、くるんと丸まって眠るような寝相もまた最高に愛らしい姿でしたね。 さて、お次の動画も見てまいりましょう! しまい忘れ、とかじゃなさそう さて、この日もミクは床で丸まってお休み中。 もちろん舌はチラリ。 もちろんこれだけでも十分に可愛らしい様子ですが、この動画は、さらに他の日の様子も収められていました。 という事で別の日のミクは、カーペットの上で気持ち良さそうに深い眠りに落ちていますが、やはりブツは出ています。 あまりに可愛い姿にオーナーさんも魅了されたのか、かなりのアップに。 もはや感謝せずにいられないアングルには悶絶…なんて思っていると、パッと目覚めたミク。 どうやらカメラに驚いたようですが、舌をしまうことはせず、そのまま再びスヤ…。 ここまでくると「どんだけ…!」なんて思いつつも、そのまま撮影続けるオーナーさんが気になったのか、ミクは起き上がってしまいました。 しかし… 「なあに?」 出典:YouTube(【柴犬と、4匹の先住猫】ミク、トラ、シンバ、テト、茶々の日常) やっぱり出たままなのです…。 この可愛さ、ちょっとズルくないですか?.

次の

チロちゃんの最新動画|YouTubeランキング

チロ ちゃん youtube

Kojic acid is a naturally occurring hydrophilic fungal metabolite obtained from species of Acetobacter, Aspergillus and Penicillium [73]. Although kojic acid is a popular treatment for melasma, it can cause contact dermatitis, sensitization and erythema [65]. 微生物起源の皮膚美白活性物質 例えばコウジ酸などのチロシナーゼ阻害活性を有する他の非キノン関連剤もある(5-ヒドロキシ-2-ヒドロキシメチル-4- Hピラン-4-オン)。 コウジ酸は、Acetobacter、AspergillusおよびPenicilliumの種から得られる天然に存在する 親水性 真菌 代謝産物である[ 73 ]。 コウジ酸の活性は、チロシナーゼの活性部位に 銅原子をキレート並びに5,6-ジヒドロキシインドール-2-カルボン酸〔にドパクロムの 互変異性化を抑制することから生じると考えられている59、74]。 コウジ酸はメラカス によく使われているが、 接触皮膚炎、 感作、 紅斑を引き起こす可能性がある[ 65 ]。 It is a natural substance that is produced by Pityrosporum ovale, a yeast strain [75, 76]. It is used as a treatment for acne, rosacea, skin pigmentation, freckles, nevi and senile lentigines [57, 64, 69]. The compound is able to bind amino and carboxyl groups and may prevent the interaction of tyrosine in the active site of tyrosinase and thus function as a competitive inhibitor. Interestingly, azelaic acid has been shown to inhibit thioredoxin reductase in guinea pig and human skin, on cultures of human keratinocytes, melanocytes, melanoma cells, murine melanoma cells and on purified enzymes from Escherichia coli, rat liver, and human melanoma [72]. アゼライン酸(1,7-ヘプタンジカルボキシリック酸)は、 小麦、 ライ麦、および 大麦に天然に見られる 飽和ジカルボン酸である。 それによって生成される天然の物質である ピチロスポルム開存、酵母 株[ 75、76 ]。 これは、 にきび、 酒さ、皮膚の 色素沈着、 そばかす、 母斑および 老人性 黒子の 治療薬として使用されている57、64、69]。 この 化合物は、アミノおよびカルボキシル基に結合することができ、チロシナーゼの活性部位におけるチロシンの 相互作用を防止し、したがって 競合阻害剤として機能することができる。 興味深いことに、アゼライン酸は、ヒトケラチノサイト、メラノサイト、メラノーマ細胞、マウスメラノーマ細胞および大腸菌、ラット肝臓、およびヒトメラノーマ由来の精製酵素上のモルモットおよびヒト皮膚におけるチオレドキシンレダクターゼを阻害することが示されている[ 72 ]。 これは、チオレドキシンレダクターゼとしてのアゼライン酸の抗増殖および細胞傷害効果、細胞周期のS期におけるDNA 合成の 基質であるデオキシリボヌクレオチドの合成を説明するかもしれない[ 77]。 フラボノイド様 薬剤 現在までに約4000種類のフラボノイドが 同定されており、このクラスの植物ポリフェノールは葉、樹皮および花に見いだすことができる。 彼らは[例えば、抗 炎症、抗ウイルス、 抗酸化及び抗発癌特性などの様々な効果を有することが報告されている59、60、75 ]。 フラボノイドの色素減少効果の主な作用は、ROS捕捉特性および金属酵素の活性部位で金属をキレート化する能力である[ 60 ]。 Aloesin has been proven to competitively inhibit tyrosinase but also been shown to inhibit TH and DOPA oxidase activities [78]. Resveratrol is found in red wine and has been shown to reduce not only tyrosinase activity but also MITF expression in B16 mouse melanoma cells [60, 79]. 多くのフラボノイドが、アロエシン、ヒドロキシスチルベン誘導体および甘草抽出物などの皮膚ライトニング 調製物において頻繁に使用される。 アロエシンは競合的にチロシナーゼを阻害することが証明されているが、THおよびDOPAオキシダーゼ活性を阻害することも示されている[ 78 ]。 より効率的な色素増強フラボノイドのサブカテゴリのいくつかは、ヒドロキシスチルベン化合物であり、そのうちのレスベラトロールが一般的な例の1つである。 レスベラトロールは赤ワイン中に見出され、B16マウスメラノーマ細胞[においてチロシナーゼ活性もMITF発現しないだけを減少させることが示されている60、79 ]。 JMギルブロ、MJオルソンらの論文から.

次の

チロちゃんの最新動画|YouTubeランキング

チロ ちゃん youtube

Kojic acid is a naturally occurring hydrophilic fungal metabolite obtained from species of Acetobacter, Aspergillus and Penicillium [73]. Although kojic acid is a popular treatment for melasma, it can cause contact dermatitis, sensitization and erythema [65]. 微生物起源の皮膚美白活性物質 例えばコウジ酸などのチロシナーゼ阻害活性を有する他の非キノン関連剤もある(5-ヒドロキシ-2-ヒドロキシメチル-4- Hピラン-4-オン)。 コウジ酸は、Acetobacter、AspergillusおよびPenicilliumの種から得られる天然に存在する 親水性 真菌 代謝産物である[ 73 ]。 コウジ酸の活性は、チロシナーゼの活性部位に 銅原子をキレート並びに5,6-ジヒドロキシインドール-2-カルボン酸〔にドパクロムの 互変異性化を抑制することから生じると考えられている59、74]。 コウジ酸はメラカス によく使われているが、 接触皮膚炎、 感作、 紅斑を引き起こす可能性がある[ 65 ]。 It is a natural substance that is produced by Pityrosporum ovale, a yeast strain [75, 76]. It is used as a treatment for acne, rosacea, skin pigmentation, freckles, nevi and senile lentigines [57, 64, 69]. The compound is able to bind amino and carboxyl groups and may prevent the interaction of tyrosine in the active site of tyrosinase and thus function as a competitive inhibitor. Interestingly, azelaic acid has been shown to inhibit thioredoxin reductase in guinea pig and human skin, on cultures of human keratinocytes, melanocytes, melanoma cells, murine melanoma cells and on purified enzymes from Escherichia coli, rat liver, and human melanoma [72]. アゼライン酸(1,7-ヘプタンジカルボキシリック酸)は、 小麦、 ライ麦、および 大麦に天然に見られる 飽和ジカルボン酸である。 それによって生成される天然の物質である ピチロスポルム開存、酵母 株[ 75、76 ]。 これは、 にきび、 酒さ、皮膚の 色素沈着、 そばかす、 母斑および 老人性 黒子の 治療薬として使用されている57、64、69]。 この 化合物は、アミノおよびカルボキシル基に結合することができ、チロシナーゼの活性部位におけるチロシンの 相互作用を防止し、したがって 競合阻害剤として機能することができる。 興味深いことに、アゼライン酸は、ヒトケラチノサイト、メラノサイト、メラノーマ細胞、マウスメラノーマ細胞および大腸菌、ラット肝臓、およびヒトメラノーマ由来の精製酵素上のモルモットおよびヒト皮膚におけるチオレドキシンレダクターゼを阻害することが示されている[ 72 ]。 これは、チオレドキシンレダクターゼとしてのアゼライン酸の抗増殖および細胞傷害効果、細胞周期のS期におけるDNA 合成の 基質であるデオキシリボヌクレオチドの合成を説明するかもしれない[ 77]。 フラボノイド様 薬剤 現在までに約4000種類のフラボノイドが 同定されており、このクラスの植物ポリフェノールは葉、樹皮および花に見いだすことができる。 彼らは[例えば、抗 炎症、抗ウイルス、 抗酸化及び抗発癌特性などの様々な効果を有することが報告されている59、60、75 ]。 フラボノイドの色素減少効果の主な作用は、ROS捕捉特性および金属酵素の活性部位で金属をキレート化する能力である[ 60 ]。 Aloesin has been proven to competitively inhibit tyrosinase but also been shown to inhibit TH and DOPA oxidase activities [78]. Resveratrol is found in red wine and has been shown to reduce not only tyrosinase activity but also MITF expression in B16 mouse melanoma cells [60, 79]. 多くのフラボノイドが、アロエシン、ヒドロキシスチルベン誘導体および甘草抽出物などの皮膚ライトニング 調製物において頻繁に使用される。 アロエシンは競合的にチロシナーゼを阻害することが証明されているが、THおよびDOPAオキシダーゼ活性を阻害することも示されている[ 78 ]。 より効率的な色素増強フラボノイドのサブカテゴリのいくつかは、ヒドロキシスチルベン化合物であり、そのうちのレスベラトロールが一般的な例の1つである。 レスベラトロールは赤ワイン中に見出され、B16マウスメラノーマ細胞[においてチロシナーゼ活性もMITF発現しないだけを減少させることが示されている60、79 ]。 JMギルブロ、MJオルソンらの論文から.

次の