プライベート ジェット機。 年利14%! 富裕層だけが知る「航空機投資」の世界

年利14%! 富裕層だけが知る「航空機投資」の世界

プライベート ジェット機

プライベートジェットとは? プライベートジェットは別名 ビジネスジェットとも呼ばれており、 乗客6名から40名程度と小型な機体が主になります。 とはいえ、航続距離に応じて機体の大きさは変わりますので一概には言えません。 ちなみに、プライベートジェットの 値段は数百万ドル~数億ドルであり、 数億円~数百億円というとんでもない金額になります。 そのため、プライベートジェットは、大富豪たちが所有していることが多いです。 プライベートジェットを購入するメリットは、「権威づけができる」、「モてる」など様々なメリットがあり、特にワールドワイドに移動することが頻繁にある人は、 「時間を買える」ことが最大のメリットになるでしょう。 プライベートジェットの航続距離は? プライベートジェットの 航続距離は、 2000㎞から10000㎞も移動できます。 一般の旅客機が3000㎞から15000㎞も移動できるので、航続距離は旅客機並にありますね。 日本から2000㎞の距離であれば 台湾まで行けますし、10000㎞の距離であれば フランスや イタリアなどのヨーロッパまで行けます! プライベートジェットを購入するときは、よく行く地域を考えて航続距離の適切な機体を購入する必要がありますね。 まあ大富豪であれば、航続距離が長いほうが自由度が上がるので、航続距離が長い大きなプライベートジェットを購入しそうですが。 プライベートジェットの維持費は? プライベートジェットの 維持費は、一体、いくらなのか?なんと、 年間2、3億円かかるそうです。 サラリーマンの生涯年収ぐらいかかりますね… なぜ、そんなに維持費がかかるかというと、 燃料代、パイロットの給料、駐機代、保険料、点検費用など、プライベートジェットを常に運航できる状態に保っておく費用がかかるからです。 うーん、ほんとプライベートジェットを購入できる人は大富豪って言葉がお似合いです。

次の

【プライベートジェット】購入価格は? 維持費は? 手配の仕方は? 専門家に一問一答!

プライベート ジェット機

Light Jet Midsize Jet Super Midsize Large Cabin Heavy Jet と種類があり、前澤社長のプライベートジェット機『 ガルフストリームG650』は、この中でも一番大きいHeavy Jetに該当します。 社員とハワイ行ったり、友達と旅行行ったり、みんな笑顔。 買ってよかった。 — Yusaku Maezawa MZ 前澤友作 yousuck2020 「 買ってよかった」なんて、軽く言っちゃってますが。 何なら家をいくつも買えるレベル。。。 これは資産が 4000億と言われるZOZO前澤社長だから言えることですよね。 豪華絢爛!プライベートジェットの内装はエルメス! 引用元:mynews23. com 『ガルフストリームG650』の基本の内装は上記の写真ですが、前澤社長のプライベートジェットの内装はなん とエルメス製だとか! 1つ1つのものでも高価なのに、内装 全部エルメスだったら、いったいいくらかかっているのでしょうね。 新しい飛行機。 内装はHERMES社。 素材とカラーはほぼ決定。 イメージカラーは織部グリーン。 今回はシャワー付き。 — Yusaku Maezawa MZ 前澤友作 yousuck2020 さすが高級感ありますね! まさに 夢のような乗り物です。 ちなみに、前澤社長はこのエルメス製内装のプライベートジェットに登場する際は、 ZOZOのデニムとTシャツでプライベートジェット(約70億)に乗ることが多いです。 と言っていたとか。 そこは抜かりなく ZOZOアピールですね。 搭乗時に エルメスは着ないようです(笑 どうせなら内装も ZOZO仕様にすればいいのにと思うのは管理人だけでしょうか? しかし羨ましすぎます。 引用元:rollinn. なのでZOZO前澤社長はかなり希少ですよね。 話題にも上がるはずです。 国内ではプライベートジェット機(民間機)として 約25機ほど登録されているようですが、1機を複数所有することもあるようです。 また、日本だと空港の 発着枠等諸事情で定置することが難しいため、アメリカ籍になっていたりもするようです。 ちなみに、先日逮捕された日産の カルロス・ ゴーン会長もプライベートジェット機を所有していたようですよ。 そのジェット機が日本籍であったかどうかは定かではありません。 しかし、お金が有り余るほどの セレブでも、まずプライベートジェット機を所有し続けることはないようです。 現に ホリエモンこと 堀江貴文氏も以前は所有していましたが、手放しています。 なぜなのか、理由を見てみましょう。 プライベートジェット機は維持費が高すぎる 引用元:kei-nisikori-ouen. click 肝心な乗り心地ですが、意外と 快適ではないのだとか。 もちろん内装が素晴らしいので、ゆったりと過ごすことはできますが、飛行中は気流によって 揺れもかなりあるそうです。 プライベートジェット機は、ANAやJALなどのジャンボ機に比べると、やはり 小さいので、その分揺れるのだそう。 飛行機に 酔ったら内装の 快適さなんて重要ではなくなりますね。 また乗り降りのときは、タラップを使わずに飛行機の近くまで移動し階段で搭乗しますよね。 赤い絨毯でも引いてあれば セレブ感もあり ステータスを感じられるそうですが、そこまでするということはあまりないそうです。 いちばん大事な 飛行中の乗り心地は イマイチだし、 ステータスを感じられるのは乗り降りするときなんて! せっかくのプライベートジェットなのに、ちょっと悲しいお話ですね。 引用元:kei-nisikori-ouen. click 今は事前に 飛行計画書を提出して準備をしておけば、日本の大抵の空港での離発着は可能のようですし、成田空港と伊丹空港に プライベートジェットが飛べる専用ターミナルがあるので、すんなり搭乗手続きなども行えるようですが、利便性を考えると保有している メリットはあまりないようですね。 また安全面についても、 普通の飛行機を利用したほうが良いとか。 確かにパイロット1人に身を任せるのはちょっと怖いかもしれません。 総理大臣もプライベートジェットで海外へ行かない理由は安全面によることが理由なのだとか。 安全と ステータスを存分に感じられるのは、普通のジャンボジェットの ファーストクラスを貸し切るのが一番なんだとか。 これらのことを踏まえると 保有するメリットとしては、「 所有しているのを自慢したい」というのが一番大きいようですね。 引用元:You Tube 購入に興味のある人は、概要欄に載っているアドレスに連絡してくださいとのことでしたが、気になるのがそのお値段ですよね。 中古だということを差し引いても、やはり 数十億は下らないでしょう。 さて、このプライベートジェットを購入したいというセレブは存在するのでしょうか。 維持費もすごいですし、相当な資産家でないと難しいかもしれませんね。 誰が買われるか、みなさんきっと興味津々ですね! プライベートジェットは日本人所有者が少ない?まとめ いかがでしたか? プライベートジェット機の日本人所有者が少ない理由がわかりましたね! 基本的に社長さんになるような人は 倹約家が多いですよね。 コストパフォーマンスを考えて所有しない人がほとんどなのでしょう。 こう考えると、ZOZO前澤前社長は太っ腹ですね! しかし今後は社長職を退任されたことですし、そろそろこのプライベートジェット機は 手放すような気もしていましたが、まさかの買い替え!驚きの連続です。 何はともあれ、一度は乗ってみたいものです。

次の

世界の大富豪・有名人がもつプライベートジェット機まとめ

プライベート ジェット機

前澤友作氏は2機目の豪華仕様プライベートジェット機をオーダーした 話題に事欠かない前澤氏ですが、2018年8月10日にはtwitterにて「 新しい飛行機。 内装はHERMES社。 素材とカラーはほぼ決定。 イメージカラーは織部グリーン。 今回はシャワー付き。 」とツイートしています。 そう、新しい飛行機の保有を宣言したのです。 前澤友作氏(Twitter:yousuck2020より拝借) 新しい飛行機。 内装はHERMES社。 素材とカラーはほぼ決定。 イメージカラーは織部グリーン。 今回はシャワー付き。 — Yusaku Maezawa MZ 前澤友作 yousuck2020 既に機体登録番号「N2020Q」("2020"="ZOZO")というプライベートジェット機を保有していますが、追加なのか乗り替えなのか判りませんが、現行機と異なる点は、新しい飛行機にはシャワーが完備されることです。 新プライベートジェット機にはシャワールームが設置されている 機内にシャワーがあると、慌ただしい中でも移動中にスッキリでき、到着地では気分爽快で降り立つことができます。 最高に贅沢な時間の使い方ですね。 やっぱりここまでお金持ちになると、まさに"TIME IS MONEY"なんでしょうね。 そして、ツイートに掲載された画像からはカナダ「BOMBADIER」製のビジネスジェット機であることが判ります。 Google先生で「bombardier shower」とググってみると、以下画像のようなシャワールームの画像が検索できました。 おそらく前澤氏の新プライベートジェット機にも同様のシャワールームが設置されるのでしょう!! 剛力彩芽ちゃんも、こんなスケスケなシャワールームを使うのか・・・。 Photo:BOMBARDIER In-Flight Shower 新プライベートジェット機の機種は? なお、シャワーを設置できるシリーズとして、新プライベートジェット機は"Global"シリーズであると考えられます。 1海里は1852メートル) の5タイプの内のいずれかが前澤氏がオーダーした機種であると思われます。 BOMBARDIER Business Aircraft: Photo:BOMBARDIER Global 8000 前澤氏の個人資産管理会社はアメリカにある? あくまでもの話ですが、前澤氏の個人資産管理請負元はアメリカ「WILMINGTON TRUST CO」社であり、その中の「 9685 TRUST」社が書面上の管理会社であると推測されます。 (この情報はアメリカFAAのWEBページで公開されているので、特に問題は無いはず) なお、FAAのWEBページによると、「9685 TRUST」社が保有する航空機は前澤氏が現在使用中の機体登録番号「N2020Q」のみなので、新たな飛行機はまだ前澤氏に引き渡されていないようですね。 新しい飛行機の動向を引き続きモニターしていきたいと思います。 N2020Q:• 9685 TRUST: 参考記事.

次の