サーナイト エルレイド どっち。 エルレイドとは (エルレイドとは) [単語記事]

【ポケモンGO】エルレイドへの進化方法とバトルでの最適技・評価を紹介!|ポケらく

サーナイト エルレイド どっち

アイテム「シンオウのいし」が必要 もうひとつの条件として、 「キルリア」から「エルレイド」へ進化するにはアイテム 「シンオウのいし」が必要です。 「シンオウのいし」は、フィールドリサーチの大発見報酬、またはトレーナーバトル(PvP)での報酬から入手できます。 しかし、確実に入手できるわけではなく確率もそれほど高くありません。 「シンオウのいし」の入手方法については、以下のページにまとめています。 持っていない場合はゲットしていきましょう! ジム・レイドバトルの最適技 「エルレイド」がバトルでどれだけ活躍できるかを考察していきます。 まずはジムバトル・レイドバトルです。 「エルレイド」は、「エスパー」「かくとう」という2つのタイプを持ちます。 現在ポケモンGOに実装されているポケモンでこの2つのタイプを持つのは、他に「 」とその進化となる「 」だけで珍しい組み合わせです。 2重弱点はなく弱点となるタイプも3つと少なめなので、 タイプ相性面からはバトルで使いやすいポケモンと言えます。 ジム・レイドバトルの技性能 バトルでの活躍は、種族値と同様に 覚えるわざの優秀度合いが大きく影響します。 「エルレイド」の ジムバトル・レイドバトルでの覚えるわざデータは以下となります。 相手のタイプや天候などにより最適構成は変わってきます。 エスパーわざ統一がおすすめ 「エルレイド」は「かくとう」と「エスパー」2つのタイプを持ちます。 「かくとう」タイプのスペシャルアタック「インファイト」は性能として悪くないものの、1ゲージ技であり発動まで時間を要するため使い勝手があまり良くありません。 一方、エスパータイプでは 通常時に覚える「サイコキネシス」が2ゲージ技で威力もエスパータイプ技の中では優秀なため、エスパータイプの統一がおすすめです。 コミュニティ・デイで覚える特別技「シンクロノイズ」よりも優秀です。 相手のポケモンやタイプなどにより最適構成は変わってきます。 PvP対人戦での活躍は難しい 「エルレイド」は攻撃よりの種族値のため、耐久型のポケモンが有利となる「スーパーリーグ・ハイパーリーグ」での活躍は難しいです。 他のポケモンより優先して PvP用に強化・育成するメリットはありません。 GOロケット団バトルでは活躍できる 攻撃性能の高さを利用して、できるだけ強化することで「GOロケット団したっぱ」とのバトルで活躍できます。 「GOロケット団したっぱ」の 「どく」タイプを繰り出してくるバトルに最適です。 以下は実際に「エルレイド」1体で倒した動画です。

次の

【ポケモンGO】「シンクロノイズ」の技性能と評価!サーナイト・エルレイドどちらに覚えさせる?|ポケらく

サーナイト エルレイド どっち

/同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 場に出た時、相手と同じ特性になる。 相手が2体いる場合はランダムにどちらかの特性が選ばれる。 相手の特性が『ARシステム』『イリュージョン』『かがくのちから』『かわりもの』『きずなへんげ』『ぎょぐん』『スワームチェンジ』『ぜったいねむり』『ダルマモード』『てんきや』『トレース』『ばけのかわ』『バトルスイッチ』『フラワーギフト』『マルチタイプ』『リミットシールド』『レシーバー』の場合は効果がなく、相手が別の特性のポケモンとなった時に発動する。 通常攻撃。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 第7世代までは、野生のポケモンとの戦闘を終了する効果だった Lv. 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 17 XY〜DPt ,キルリア:Lv. 17 XY〜DPt ,ラルトス:Lv. [Lv. 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 道具を持っている場合は失敗する。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

サーナイトとは (サーナイトとは) [単語記事]

サーナイト エルレイド どっち

ジム・レイドバトルでの性能はそこそこ ジム・レイドバトルのデータを見ると、 「シンクロノイズ」はエスパータイプの2ゲージ技でそこそこの攻撃性能(時間あたりに与えるダメージ量)を誇っています。 ただし、 同じ2ゲージ技では 「サイコキネシス」と「サイコブレイク」に少し劣ります。 この点が少し残念です。 PvPでは必要ゲージが少ないことが魅力 トレーナーバトル(PvP対戦)では 発動に必要なエネルギー(ゲージ量)が 50 と低めなため 使い勝手は良いほうです。 ただし、同じエスパータイプのわざでは「サイコブースト」(デオキシス専用わざ)、「サイコショック」と同等または劣っているところもあり、 高威力とまでは言えません。 「サイコキネシス」と比較しても性能が高いとは言えません。 評価まとめ エスパータイプのスペシャルアタックとしてはそれほど悪くありません。 ただし、素晴らしいとも言えません。 悪く言えば少しまとまってしまった、中途半端かなという印象です。 また、コミュニティ・デイの限定特別わざとしては御三家が覚える強力わざや「コメットパンチ」のような例があるため少し期待が高かった面もあるかもしれませんが… また、「シンクロノイズ」を覚える 「サーナイト」と「エルレイド」はどちらも「サイコキネシス」を覚えるため、 『じゃぁ、サイコキネシスでいいか』ということになってしまいます。 サーナイトとエルレイドどちらに覚えさせるか もう一つ悩みどころとしては、「シンクロノイズ」を「サーナイト」と「エルレイド」どちらに覚えさせるか、おすすめはあるかという点です。 結論を言うと、 技性能としてはどちらも「サイコキネシス」で十分なため、無理して覚えさせる必要はありません。 しかし、今後技性能の変更(アップデート)で強化される必要もあるため、念の為覚えさせることをおすすめします。 その状況でポケ活スタイルに沿って覚えさせることがおすすめです。 エルレイド かくとうタイプにはサーナイト ジムバトルやレイドバトルのかくとうタイプポケモン「カイリキー」「キノガッサ」「ハリテヤマ」などには かくとうタイプに2重耐性 のある「サーナイト」がおすすめです。 これらのポケモンはジムバトルのアタッカー(攻撃側)として良く使われるため、ジム防衛ポケモンとして「サーナイト」が活躍します。 また、「シンクロノイズ」は 発動時間 0. 9秒 と非常に短く2ゲージ技で短い間隔で撃つことができるため、攻撃側はシンクロノイズを避け難く非常に厄介な技です。 サーナイトにシンクロノイズを覚えさせるのであれば、 アタッカーより防衛ポケモンとしてジムに配置することをおすすめします。 どくタイプにはエルレイド サーナイトはどくタイプに弱点がありますが、 エルレイドは弱点としていません。 そのため、どくタイプポケモンには「エルレイド」がおすすめです。 どくタイプポケモンはGOロケット団したっぱがバトルで繰り出してきます。 エスパー技に統一して ロケット団バトルで活躍させることもできます。 実際にGOロケット団のどくタイプ型ポケモンに「シンクロノイズ」を覚えた「エルレイド」で挑み3タテしたバトルを動画にしています。

次の