化膿 性 扁桃 腺 炎。 化膿性扁桃腺炎とは?症状・原因・治療法を紹介!予防するにはどうする?

【医師監修】扁桃周囲膿瘍は何が原因?どうやって治療するの?

化膿 性 扁桃 腺 炎

こんにちは。 この質問をなさってからすでに一日経過しているので、少しは治まってきた頃でしょうか? 私も去年の夏に化膿性扁桃炎になりました。 私の場合は、土曜に熱がでて、月曜の朝まだ40度近い熱が出てたので耳鼻咽喉科に行ったら、即入院させられました。 抗生剤の点滴を始めたら痛みはだいぶ治まって入院3日目で5分粥になりました。 痛みがひどいなら飲んで! と、 痛み止めの薬も処方されてました。 熱が下がったならあと3日くらいの我慢だとは思いますが、痛みで食べれない場合は普通点滴しなければならないはずです。 体力がないと回復も遅いので。 いつから熱と痛みに苦しんでいるのかはわかりませんが、じょじょに痛みは減るけど1週間は辛いと思います。 あと、扁桃炎の場合は内科より耳鼻咽喉科の方が専門ですよ。 Q はじめまして。 先週から喉の痛みを感じ、木曜日には 水を飲むのもつらくなってきたため 病院に行きました。 お医者さんには扁桃腺が化膿して扁桃腺同士が くっつきかかっていると言われ点滴をしてもらい 抗生物質と消炎酵素剤、総合感冒薬、去たん剤、 高熱が出た時用に頓服薬を頂きました。 どうしても金土の仕事が休めなかったため 薬を飲んでがんばっていて 若干良くなる兆しを感じていたのですが 今朝起きると扁桃腺の腫れがひどくなっており 熱も38度出ていて、声もほぼ出ません。 薬は毎回飲んでおりますが それ以外に早く治癒するために 何かよい方法はございませんでしょうか? 仕事が忙しいため明日からも 休めない状況です・・・・。 よきアドバイスよろしくお願い致します。 A ベストアンサー 扁桃腺持ちです。 40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。 しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。 気にすることはないです。 薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。 そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。 実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいましたが、いきなり連れて行かず、事前に電話で確認するのはそういう意味でもとても正しい判断だと思います。 内科と耳鼻科、両方行って良いと思いますよ。 耳鼻科は直に患部に薬を塗布してくれるので良く効きますが(これは内科では設備が無い)、点滴設備がないこともあるので、体力の落ちた状態なら、点滴も必要だと思うので。 先に内科に行くなら、そこで出た薬を持って耳鼻咽喉科で説明すると、作用がかち合わない薬を出してくれます。 蛇足ですが、ちょっとのどが痛いな?と思った時にプロポリスキャンディーを舐めておくといいですよ。 味は悪いですが、なめ終わった後に効いてきます。 あとは、怪しい時には即、耳鼻咽喉科で!扁桃腺持ちには、内科より耳鼻咽喉科の方が向いてます。 扁桃腺持ちです。 40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。 しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。 気にすることはないです。 薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。 そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。 実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいまし... Q 金曜日からずっと、39度を超える熱が続いています。 日中は37度台でおさまるのですが、夜になると39度を超え、40度にまで達することもあります。 内科の病院にかかったところ、熱とそれに伴う関節痛・頭痛とのどの痛みの症状だけだったので、風邪でもインフルエンザ(陰性)でもなく、扁桃腺炎症だといわれました。 (化膿しているようです) 抗生物質や解熱剤などをもらい、治療しているのですがまったくよくなる兆しがありません… ふと思い返すと、先日(発熱の一週間ほど前)一夜を共にした相手に口でしました。 お風呂の直後でもないのでバイ菌だらけだったと思います… もしかしたらそれが原因なのか?と思うと、 ・婦人科に行って検査をしたほうがいいのか? ・今の治療で治るのか? ・一刻も早く熱を下げるのにはどうしたらいいのか? と疑問だらけです… また、性病検査は保険適用外という噂も聞きましたが本当でしょうか? ご存知の方、回答よろしくお願いいたします。 Q お正月早々熱が39度出てしまい翌日急患をみてくれる総合病院(といっても小規模)に行ったのですがそこではどうみてもアルバイトであろう先生が診察をしてロキプロナ-ルとトラサミンカプセルとフロモックスと座薬を3回分出してくれました。 翌日には通常診察があるので翌日にまたくるようにいわれました。 この時期だけにインフルエンザも心配でしたので座薬は使わなかったのですが、3回目の薬を飲んだ20分後くらいに息が苦しくなってどうしようもなくまたその病院にいきましたが、血液中の酸素の量が98%あるし心配ないということで気管支拡張の吸入をして落ち着き帰ってきました。 翌朝、診察に行くと副院長の診察で、息苦しくなったのは婦人にみられるヒステリー症状でしょう。 といわれレントゲンや血液、尿の検査をし、抗生物質の点滴を受けました。 年のため薬をクラリスとセレスタミンとトラサミンに変えてくれました。 検査の結果は特に問題なく、明日、あさってにも点滴にくるようにいわれました。 半年前に扁桃腺炎で同じ病院でかかった時は違う先生で点滴は一度きりですっきり治ったのに3回も??とも思ったのですが飲み薬が変わったせいかとも思い熱も痛みもなかったものの今日2回めの点滴を受けて来ました。 診察はなく点滴だけをしました。 20分位後になんだか唇がしびれた感じがしてそのうち手もしびれるようになってしまいました。 我慢できないしびれではないのですが、なんだかしびれているといった感じです。 それは10時間たった今もまだ続いています。 明日は診察と点滴といわれているのですが点滴は断った方がいいのでしょうか?前回の先生は耳鼻科が専門だからといって点滴の後は耳鼻科に通ったのですが、前回のカルテを見て「点滴してよくなると来ないんだね。 」といやみをいわれ3回分の予約をいれられたようで・・・。 本当に点滴って3回も必要なのでしょうか? お正月早々熱が39度出てしまい翌日急患をみてくれる総合病院(といっても小規模)に行ったのですがそこではどうみてもアルバイトであろう先生が診察をしてロキプロナ-ルとトラサミンカプセルとフロモックスと座薬を3回分出してくれました。 翌日には通常診察があるので翌日にまたくるようにいわれました。 この時期だけにインフルエンザも心配でしたので座薬は使わなかったのですが、3回目の薬を飲んだ20分後くらいに息が苦しくなってどうしようもなくまたその病院にいきましたが、血液中の酸素の量が98%あるし心配... A ベストアンサー 細菌性の扁桃炎の場合、細菌を殺すための薬として、抗生剤が必要になります。 扁桃炎を起こす細菌も何種類かありますし、それぞれ効果的な抗生剤は違いますので、本当は「咽頭培養」といって細菌の種類を調べる検査をし、原因となっている細菌に最も有効な抗生剤を使うのが理想的ですが、培養の結果がでるのに3~4日間はかかりますから、それまでの当座の治療として、いろいろな細菌に効果的な抗生剤を使い始めることになります。 また、普通の外来診療では、培養をするのは「面倒」ですから、とりあえずその医者の使い慣れた「抗生剤」を使って治療を始めます。 そして、効果がなければ、別の抗生剤を使うことになります。 /抗生剤は点滴(静注)で使うのが一番、大量に使えますし、効果が強いので、入院して治療しなければならないときには、第一選択となります。 その時には、1日2~4回、続けて治療し、数日は続けるのが普通です。 外来で1日1回程度の点滴は、いってみればその代用のようなもので、本当の治療効果の何分の一の効果しかありません。 普通、外来で抗生剤を使う場合は、内服治療が原則で、その効果は点滴のやはり数分の一です。 /内服治療では効果がないし、しかし入院するまでもない、と言ったときに、外来で点滴治療をするのでしょうけれど、ちょっと中途半端な治療だということを理解して下さい。 ですから、3回が普通か、とか、1回でよいのか、といった正解はありません。 内服治療で十分治るようになるまでの、補助的な治療だと考えましょう。 /症状がかなりよくなるか、例えば血液検査の値が改善するのが目安でしょう。 細菌性の扁桃炎の場合、細菌を殺すための薬として、抗生剤が必要になります。 扁桃炎を起こす細菌も何種類かありますし、それぞれ効果的な抗生剤は違いますので、本当は「咽頭培養」といって細菌の種類を調べる検査をし、原因となっている細菌に最も有効な抗生剤を使うのが理想的ですが、培養の結果がでるのに3~4日間はかかりますから、それまでの当座の治療として、いろいろな細菌に効果的な抗生剤を使い始めることになります。 また、普通の外来診療では、培養をするのは「面倒」ですから、とりあえずその医者... Q はじめまして。 20代の女性です。 先週の土曜日から急性扁桃炎にかかってしまいました。 月曜日から点滴をうちはじめ、症状が出始めてから4日になります。 病院の先生からは安静にしているように言われているのですが、初めてですのでいくつか教えていただきたく書き込みました。 1)原因は・・・ストレス性なのでしょうか?ストレスなら心当たりがあるのですが 2)ウイルス性だと思うのですが人にうつったりしますか?例えば食べ物の口移しや飲み物を二人で飲んだり・・・ちょっと心配なのです 3)大体どのくらいで治るものなのでしょうか?会社にいこうと思えばいけないこともないような気がするのですが、やはり朝のおきがけなどは少し辛いんですね 4)からだが結構痛くなったり、39度くらいの熱が出たりもしました。 今は熱は微熱程度、もしくはなくなったのですが、体の痛みがあります。 よく鍼灸や、岩盤浴にいって治すのですが、やはり急性扁桃炎がなおるまでは行かないほうがいいですかね? 5)お風呂は入ってもよいのでしょうか?? 以上5点です。 もしよろしければ教えてください。 また、早く治すためのアドバイス、取ったらよい食品などありましたら教えてください。 はじめまして。 20代の女性です。 先週の土曜日から急性扁桃炎にかかってしまいました。 月曜日から点滴をうちはじめ、症状が出始めてから4日になります。 病院の先生からは安静にしているように言われているのですが、初めてですのでいくつか教えていただきたく書き込みました。 1)原因は・・・ストレス性なのでしょうか?ストレスなら心当たりがあるのですが 2)ウイルス性だと思うのですが人にうつったりしますか?例えば食べ物の口移しや飲み物を二人で飲んだり・・・ちょっと心配なのです 3)大体ど... A ベストアンサー 私も20過ぎの頃、急性扁桃炎になりました。 原因はたぶんストレスと睡眠不足だったようです。 基本的には、急性扁桃炎は移りません。 しかし、体の免疫力が低下しているので、風邪などにかかりやすくなっています。 私の場合には、最初だるく、熱が39度まで上がり、風邪でも引いたかなと思って寝ていたら非常に息苦しくなって、食べるどころか呼吸が苦しい状態で医者に言ったら救急病院に回され、そのまま切開して膿を出し、即入院となりました。 その後慢性化し、23歳の時に扁桃の摘出術を受けました。 一番効くのは抗生物質(フルマリンとペントシリンでした) だいたい3~4日点滴を受け続けると良くなってました。 ちょっと良くなったかなと思って仕事をするとぶり返して長いときは3週間くらい微熱と倦怠感(だるさ)が続くことがありました。 お風呂は控えた方が無難ですが、熱が高く汗でべたべたするし、女性と言うことでシャワーを浴びる程度がよいのでは無いでしょうか? 扁桃炎をなめていると私のように2~3ヶ月に一回くらいの割合で症状が出てしまうので、少しでも熱やだるさがあるときには一切の活動を控えた方が無難ですよ。 原因はたぶんストレスと睡眠不足だったようです。 基本的には、急性扁桃炎は移りません。 しかし、体の免疫力が低下しているので、風邪などにかかりやすくなっています。 私の場合には、最初だるく、熱が39度まで上がり、風邪でも引いたかなと思って寝ていたら非常に息苦しくなって、食べるどころか呼吸が苦しい状態で医者に言ったら救急病院に回され、そのまま切開して膿を出し、即入院となりました。 その後慢性化し、23歳の時に扁桃の摘出術を受けました。 Q 質問させてください。 昨晩から彼の扁桃腺が腫れ始め、今朝は39度の熱がありました。 急いで病院に行って注射をして頂きました。 処方されたお薬も朝、昼と飲ませました。 昼はいったん症状も落ち着き、38度まで熱が下がったのですが、 夜になってからはまた熱も上がり、悪寒からがくがく震えながら布団の中で丸まっています。 とりあえずたくさん水分を取らせ、冷えピタや保冷剤で解熱しているのですが、他に何かした方がいいことはありますか。 また、晩ご飯をまだ食べていないのですが、今お家にあるもの ・おかゆ ・なめらかぷりん ・なだでここ入りのゼリー のどれを食べさせたらいいんでしょうか・・・ 彼は明日、どうしても行かなければならない面接があり、どうにか楽にしてあげたいです。 回答いただければとても嬉しいです。 A ベストアンサー その手術をされた方が扁桃腺を摘出するまでの経緯はわかりませんが取らないほうが今後大変なことになるのは間違いないでしょう。 扁桃腺炎・扁桃周囲膿瘍というものは繰り返すうちに体内に抗体が作られそれらの影響で腎炎・糖尿病などになる確率が上がります。 また慢性化を起こせば常に微熱・のどの腫れがあり生活に支障をきたすでしょう。 「手術をしても熱が出なくなる保証はない」というのは、扁桃腺が原因の熱はなくなるが、他の病気では熱が出ることがあるから100%保証できないということです。 1年に4回の発熱のある状態であれば扁桃腺からの悪影響を考えると確実に適応内です。 それに伴う合併症がなくなる。 私にはなぜ手術を皆さん反対されたのかがわかりません。 ここまで詳しくはせつめいされませんでしたか? Q 旦那(30歳前半)が、数日前から喉の痛みを訴えてて、喉の奥(扁桃腺の辺り?)を見ると、真っ白いできものが右の方にできていました。 私自身、よく扁桃腺が腫れて熱がでることがあるのですが、赤くなることはあっても、白いできものができたことはありません。 先週水曜日に、町医者(内科)に行って抗生物質(クラビット)とロキソンニン(炎症を抑え、熱を下げる)とうがい薬(イソジン)をもらいましたが、 すっきりしないので、金曜日に総合病院に行って、抗生物質(フロモックス)・ロキソニン・ケルナック(胃薬)・ダーゼン(痰の切れをよくする)をもらいました。 でもその日は熱が37度位出たので、汗をかく毎に体を拭いて着替えをマメにしました。 一時36度台まで下がることもあるのですが、翌日の朝はまた38. 5度まで上がりました。 食事(おかゆ、湯豆腐鍋等)は摂って、薬も飲んで、暖かくして、汗を拭いて着替えをして、 今朝は35度台まで下がっていたので大丈夫かと思ったのですが、 朝食後、悪寒がするといって床に付いてから、先程熱を測ったら、また37. 5度位ありました。 とにかく熱が上がったり下がったりします。 月曜日に、今度は耳鼻咽喉科に行った方が良いでしょうか。 今日は、日曜日なので、薬局で喉の患部に直接塗る薬を買った方が良いでしょうか。 (ちなみに、どの商品が良いでしょうか。 ) それから、医者では扁桃腺と言われましたが、インフルエンザ等、別の病気の可能性はないでしょうか。 ちなみに私は現在妊娠9ヶ月の身です。 アドバイスよろしくお願いします。 旦那(30歳前半)が、数日前から喉の痛みを訴えてて、喉の奥(扁桃腺の辺り?)を見ると、真っ白いできものが右の方にできていました。 私自身、よく扁桃腺が腫れて熱がでることがあるのですが、赤くなることはあっても、白いできものができたことはありません。 先週水曜日に、町医者(内科)に行って抗生物質(クラビット)とロキソンニン(炎症を抑え、熱を下げる)とうがい薬(イソジン)をもらいましたが、 すっきりしないので、金曜日に総合病院に行って、抗生物質(フロモックス)・ロキソニン・ケルナ... A ベストアンサー 症状からすると、やはり扁桃腺炎という感じがします 明日にでも、信頼のおける耳鼻咽喉科の診察を受けられるのがよいでしょう。 喉の白い物は、おそらく化膿して膿がたまっているものと思われます。 耳鼻咽喉科なら、こうした膿も取り除いてもらえます。 参考URLの過去問にもありますが、扁桃腺炎は腎炎などの重い病気の引き金になることもありますから 決して侮ってはいけません。 そして、ご質問のように長引いておられるのなら、 必ず血液検査を受け、抗体の数を調べてもらってください。 その結果次第では、扁桃腺の手術が必要な場合があります。 なお、喉に直接塗布したり、噴霧したりするタイプの薬は、刺激が強すぎてかえって逆効果になることも ありますから、あまりご使用になられないほうがよいと思います。 goo. php3? 年に3~4回ほど扁桃腺炎を繰り返していた者です。 以前トランサミンやクラビットを処方されたことがありますが薬が合っていなかったようで、慢性化した風邪をずっとひいているかの状態になっていたことがありました。 一昨年に高熱を出したんですが、そのときに内服の抗生剤と痛み止のほかに抗生剤の点滴を一日に二回、一週間継続してやっと治ったという経験があります。 それ以降は環境が変わったせいもあってひどい炎症は起きていませんが、軽い扁桃腺炎にはなったことがあります。 そのときに出してもらった薬でガチフロという抗生剤があったのですが、それを処方されたときには予想外にすんなり炎症が治まりました。 その医師がよく処方している抗生剤だったというのもあったと思いますが、違う医師にみてもらったということも良かったのかもしれません。 私は総合病院にかかっていたので医師を指名せず、空いた医師に診てもらっていたからたまたまという状態なのかもしれませんが。 (^^; 内科でも医師によって処方する薬は違うので、一度違う医師に診てもらっても良いかもしれませんよ。 ちなみに、何度も症状が繰り返したりすることで日常生活に支障をきたすというのであれば扁桃腺切除を受けるという方法もあります。 扁桃腺のサイト、見つけたのでアドレス載せておきますね。 geocities. html こんにちは。 年に3~4回ほど扁桃腺炎を繰り返していた者です。 以前トランサミンやクラビットを処方されたことがありますが薬が合っていなかったようで、慢性化した風邪をずっとひいているかの状態になっていたことがありました。 一昨年に高熱を出したんですが、そのときに内服の抗生剤と痛み止のほかに抗生剤の点滴を一日に二回、一週間継続してやっと治ったという経験があります。 それ以降は環境が変わったせいもあってひどい炎症は起きていませんが、軽い扁桃腺炎にはなったことがあります。 そのと...

次の

化膿性扁桃腺炎(扁桃炎)で喉が痛い!【症状・原因・治療】

化膿 性 扁桃 腺 炎

スポンサーリンク 腰痛には様々な種類があります。 その中に扁桃腺炎などで発症する、化膿性脊椎炎というものがあります。 化膿性脊椎炎がおきてしまう原因や、その種類や症状と、対処法ついてくわしく説明していきます。 【化膿性脊椎炎になる原因】 この腰痛が発症してしまう原因となるのが、脊椎などに病原菌が感染してしまうことによるものです。 その病原菌とは扁桃腺炎にもなる原因である「黄色ブドウ球菌」といわれるものです。 この菌がどうやって感染してしまうのか。 その経路としては、扁桃腺炎などで感染する「血行性感染」と手術で感染する「直接感染」という2つの経路があります。 このうち、血行性感染がもっとも多いと言われています。 スポンサーリンク 【化膿性脊髄炎の種類と症状】 化膿性脊椎炎という腰痛には3つ種類があり、症状は次のようなものです。 感染してしまった部分に強い痛みと高熱がでてくる「急性期」と、痛みと発熱はあるものの急性期よりも症状は軽い「亜急性期」、そして、痛みや発熱共が急性期や亜急性期よりも軽度のものとなる「慢性期」に分けられます。 扁桃腺炎を患い、腰痛になったときは注意が必要です。 【受診すべき科と対処法】 化膿性脊椎炎という腰痛は、扁桃腺炎などの感染症で発熱を伴う症状なので、内科を受診するべきだと思われがちですが、脊椎による腰痛のため整形外科を受診して対処してもらいます。 この腰痛の対処法としては保存的治療と抗生剤による対処法と、最終手段として手術での対処法があります。 抗生剤を使っても腰痛が一向に改善がされなかったり、脊椎の変形や神経麻痺症状が出てしまったときに手術となります。 扁桃腺炎は比較的若い人がかかりやすいですが、化膿性脊椎炎は全体的に免疫力が低下していく高齢の人に発症しやすくなります。 日頃から、扁桃腺炎などにならないように健康管理に気をつけ、もしも発熱を伴う腰痛の症状が出た場合は、放っておかず、すぐに病院で対処してもらうことが大切です。 スポンサーリンク.

次の

扁桃咽頭炎

化膿 性 扁桃 腺 炎

スポンサーリンク 腰痛には様々な種類があります。 その中に扁桃腺炎などで発症する、化膿性脊椎炎というものがあります。 化膿性脊椎炎がおきてしまう原因や、その種類や症状と、対処法ついてくわしく説明していきます。 【化膿性脊椎炎になる原因】 この腰痛が発症してしまう原因となるのが、脊椎などに病原菌が感染してしまうことによるものです。 その病原菌とは扁桃腺炎にもなる原因である「黄色ブドウ球菌」といわれるものです。 この菌がどうやって感染してしまうのか。 その経路としては、扁桃腺炎などで感染する「血行性感染」と手術で感染する「直接感染」という2つの経路があります。 このうち、血行性感染がもっとも多いと言われています。 スポンサーリンク 【化膿性脊髄炎の種類と症状】 化膿性脊椎炎という腰痛には3つ種類があり、症状は次のようなものです。 感染してしまった部分に強い痛みと高熱がでてくる「急性期」と、痛みと発熱はあるものの急性期よりも症状は軽い「亜急性期」、そして、痛みや発熱共が急性期や亜急性期よりも軽度のものとなる「慢性期」に分けられます。 扁桃腺炎を患い、腰痛になったときは注意が必要です。 【受診すべき科と対処法】 化膿性脊椎炎という腰痛は、扁桃腺炎などの感染症で発熱を伴う症状なので、内科を受診するべきだと思われがちですが、脊椎による腰痛のため整形外科を受診して対処してもらいます。 この腰痛の対処法としては保存的治療と抗生剤による対処法と、最終手段として手術での対処法があります。 抗生剤を使っても腰痛が一向に改善がされなかったり、脊椎の変形や神経麻痺症状が出てしまったときに手術となります。 扁桃腺炎は比較的若い人がかかりやすいですが、化膿性脊椎炎は全体的に免疫力が低下していく高齢の人に発症しやすくなります。 日頃から、扁桃腺炎などにならないように健康管理に気をつけ、もしも発熱を伴う腰痛の症状が出た場合は、放っておかず、すぐに病院で対処してもらうことが大切です。 スポンサーリンク.

次の