デービット ヒックス。 【楽天市場】【送料無料】

デービッド・アトキンソン

デービット ヒックス

経歴 [ ] でを学ぶ。 (の前身)やに勤務し 、頃に渡日。 にに移ってとして活動し、後の日本の銀行に眠る巨額のを指摘。 ほどなく不良債権問題が顕在化し、その名を高める。 にパートナーに昇任した後、に「マネーゲームを達観するに至って」退社した。 アナリストを引退してに打ち込む時期を経て 、所有するの隣家が日本のやなどを補修している小西美術工藝社社長の家だった縁で経営に誘われてに同社に入社し、5月に会長就任。 4月に社長兼務となって経営の建て直しにあたった。 その後は日本の文化財政策・観光政策に関する提言などを積極的に行うようになり、の著書『新・観光立国論』で第24回を受賞した。 2015年5月よりONLINEにて文化財・観光・経済政策に関する題材を中心とした連載を開始。 2016年より三田証券株式会社の社外取締役に就任。 2017年6月よりの特別顧問に就任。 主張 [ ] 日本の国宝や重要文化財に指定された建造物文化財の年間修復予算が80億円で、一例として経済規模が半分のイギリスの500億円と比べても低予算すぎると指摘し(2011年時点)、建造物文化財の保存に支障をきたし、観光などの波及的経済効果の面でも機会損失をしていると主張している。 また日本の観光業界・行政が売り物にする「」が外国人旅行者から見ると優先度が実は低いと指摘。 長期滞在してもらえる仕組みづくりやガイドの配置、公衆トイレといった環境整備を積極的に行うべきであると主張している。 日本経済全体に関して、と社会における向上の必要性を主張し、そのための賃上げや中小企業統合の政策を提言している。 著書 [ ]• 『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』、2014年• 『新・観光立国論』、2015年• 『国宝消滅』東洋経済新報社、2016年• 『新・所得倍増論』東洋経済新報社、2016年• 『日本再生は、生産性向上しかない! 』、2017年• 『世界一訪れたい日本のつくりかた』東洋経済新報社、2017年• 『新・生産性立国論』東洋経済新報社、2018年• 『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』講談社、2019年• 「日本の文化財を守れ~アトキンソン社長の大改革~」 2017年4月29日 脚注 [ ]• 2019年5月1日閲覧。 毎日新聞社 2015年4月10日. 2015年12月19日閲覧。 東洋経済新報社. 2015年12月19日閲覧。 『』朝刊: p. 役員紹介 2018年3月4日. 2018年3月4日閲覧。 丸の内シティキャンパス MCCマガジン 2019年10月18日• ハーバービジネスレビュー 2015年6月25日• 日本政府観光局 2017年6月2日. 2017年11月11日閲覧。 建築学部• 『』2020年3月6日【編集長インタビュー】小西美術工芸社社長デービッド・アトキンソン氏「生産性上げないと共倒れ 中小の再編待ったなし 最低賃金引き上げは有効」• 外部リンク [ ]•

次の

【楽天市場】【送料無料】

デービット ヒックス

経歴 [ ] 生い立ち [ ] デビッド・テイラー・プライスはで父デビー、母ボニーのもとに生まれた。 彼には2人兄弟がいる。 彼は幼少期にを始め、のファンで、がお気に入りの選手だった。 10代の頃、クーパーズタウン・ドリームズ・パークに通った。 ブラックマン高等学校に進学し野球とで活躍した。 高校時代、0. 43、奪151を記録した。 2003年と2004年にMVPピッチャーに選ばれ、最終学年時にマイケル・アルコーンと共にコ・ディストリクト7AAAピッチャー賞、2002年から2004年の3年連続ラザフォード郡男子アスリート賞を受賞した。 2004年、で行われた高校全米選手権に出場した。 大学時代 [ ] でから19巡目に指名を受けるが契約せず、奨学金を受けてに進学した。 野球部に所属し、3年間ピッチャーを務めた。 2005年の1年次、プライスは『』誌と『コリジエイト・ベースボール』紙の両方から全米大学新人賞を受賞した。 同年彼は2勝4敗、19試合中防御率2. この頃はまだそれほど登板させられず、プライスは野球を辞めて地元ので働こうと考えるようになったが、 ()監督に説得されて思いとどまった。 同年夏、プライスはに選出された。 26、39奪三振、13フォアボールを記録した。 8月2日、戦で5ヒットのみ、完封した。 2年次のに9勝5敗、防御率4. 奪三振155は学校新記録であった一方、は43であった。 シーズン最初の先発6回で彼は戦の17奪三振を含み平均10以上の奪三振を記録した。 同年、彼はの最終選考の5人に残り、では2次選考に入った。 全米大学野球記者協会、全米野球監督協会、 SEC の全米チームに指名された。 同年夏、で行われたに出場し、8回先発してプライスは5勝1敗、防御率0. 20でチームに金メダルをもたらした。 3年次のは11勝1敗・防御率2. 63・194奪三振を記録し、前年に記録した奪三振の学校記録をさらに更新した。 SECでの最後の先発はミシシッピ州立大学戦であった。 プライスは完投し、5ヒット、2ラン、11奪三振、フォアボールなしで9回になった。 大学野球最後の先発はナッシュビル・リージョナルの初戦となる戦であった。 9回5ヒット、1ラン、2フォアボール、17奪三振で終了した。 大学野球最高賞とされる賞 、ブルックス・ウォレス賞、ゴールデンスパイク賞とロジャー・クレメンス賞の両賞を受賞した。 プロ入りとレイズ時代 [ ] レイズ時代(2012年) でから1巡目(全体1位)に指名を受け、8月15日に契約金560万ドルを含む6年総額850万ドルの契約を締結し入団。 ただしこの契約にはを得た場合に契約で定められた年俸を取り消して調停を受けることができる、という条項が加えられた。 30の好成績 を挙げてメジャーに昇格し、9月14日の戦でメジャーデビュー。 5試合に登板して防御率1. 93を記録し、チームは球団創設以来初の地区優勝。 のロースター入りを果たし、とのでは3試合にリリーフ登板して相手打線を無安打に抑え、最終第7戦ではセーブを記録してリーグ優勝に貢献。 一躍ヒーローとなった。 とのでは2試合に登板したが、チームは1勝4敗で敗退した。 は開幕をマイナーで迎えたが5月に昇格し、5月30日の戦で6回途中11奪三振の好投で初勝利を挙げた。 に定着し10勝7敗・防御率4. 42の成績を残した。 は4月25日の戦でメジャー初完封勝利を挙げる など、前半戦で12勝4敗・防御率2. 42の好成績 でに初めて選出され、リーグの先発投手を務めた。 最終的にリーグ2位タイの19勝、同3位の防御率2. 72を記録し、チームの2年ぶりの地区優勝に貢献。 とのでは第1戦と第5戦に先発するが共に敗戦投手となり、2勝3敗で敗退した。 の投票ではに次ぐ2位に入った。 は初のを務める。 12勝13敗・防御率3. 49と前年を下回ったが、リーグ最多の34試合に先発して218奪三振を記録。 などのの観点からは前年よりも優れた投球内容であったことが示されていた。 チームは9月にを逆転してを獲得。 レンジャーズとのでは第3戦に先発し、6回まで無失点に抑えたが7回に捕まって敗戦投手となり、チームは1勝3敗で敗退。 は20勝5敗・防御率2. 56・205奪三振を記録して・(とタイ)の二冠を獲得。 サイ・ヤング賞の投票では2位のを4ポイントという僅差で抑えて初めて受賞した。 は、出だしから大量にホームランを浴びた上、には審判とのいざこざで罰金を科されたほか、利き腕である左腕の筋肉を痛めて入りする状態でシーズン序盤を過ごした。 しかし故障から復帰してからは調子を取り戻し、最終的には規定投球回に到達し、防御率3. 33・10勝8敗だった。 は、23試合に登板して11勝を挙げ、170. 1イニングで189奪三振だった。 タイガース時代 [ ] 7月31日にレイズ、間の三角トレードでへ移籍した。 タイガース加入後は11試合に先発登板し、防御率3. 59・4勝4敗とやや調子を落としたが、相変わらずのペースで三振を奪った。 最終的には、いずれもメジャー1位の248. 1イニング・271奪三振を記録し、ア・リーグのになった。 なお、この年は全体的にピッチングに波があり、5自責点以上を喫した試合が7試合もあった。 は、21試合に登板し、9勝4敗、防御率2. 53と好投した。 ブルージェイズ時代 [ ] トロント・ブルージェイズ時代(2015年8月8日) 7月30日に、、 ()とのトレードでへ移籍した。 移籍後は投球内容が更に凄みを増し、11試合に投げて防御率2. 30・9勝1敗という圧巻の内容だった。 タイガースとの合算では、ア・リーグの(2. 45)に輝いたほか、同3位の18勝・同2位の勝率. 783・投球イニング数を上回る225奪三振を記録し、プレーオフ進出に貢献した。 オフの11月2日にFAとなった。 レッドソックス時代 [ ] 2015年12月4日、と7年総額2億1700万ドルの契約を結んだ。 この金額は投手として当時の史上最高額である。 キャリアを通じてこれまでの背番号は「14」だったが、レッドソックスの背番号「14」は永久欠番()のため、「24」を付けることになった。 4月5日の開幕戦で移籍後初勝利を挙げたが、序盤は5月までに一試合5失点以上を4度喫する等、防御率4. 62と乱調だった(しかし打線の援護には恵まれ、7勝1敗だった)。 7月以降はやや持ち直し、チーム2位・リーグ4位タイの17勝を記録、両リーグ最多の230イニングを投げたが、序盤の不振もあり防御率は3. 99に落ちた。 開幕前の1月5日にシーズンを優先するため、のへの不参加の意思を表明した。 しかし、末に利き腕である左肘に違和感を発症し、開幕を入りで迎える事になった。 戦列復帰後は11試合に先発登板して防御率3. 82・5勝3敗という成績を挙げていたが、に入って同じく左肘に炎症を発症し、再度故障者リスト入りした。 の戦列復帰後はリリーフに専念し 、5試合・8. 2イニングを3安打無失点2四球13奪三振と好投した。 レギュラーシーズンのトータルでは防御率3. 38・WHIP1. 19だった。 は先発ローテーションに復帰し、最初の2回の先発で合計14回を投げ無失点を記録し、2回目のフェンウェイ・パークでの先発からの降板の際にはが行われ、球場が熱狂する事態になった。 その試合の後、監督は「彼が健康な時は、リーグで最上級の投手の一人である。 」と答えた。 4月11日のヤンキース戦に先発登板したがの軽度の症状で1回4失点で降板したが、故障者リストには入らなかった。 レギュラーシーズンでは30登板(30先発)で176回を投げ、16勝・7敗・防御率3. 58・177奪三振を記録した。 ポストシーズンでは、初めにの戦の第2戦に先発したが、1. 1回3失点で敗戦を喫した。 この試合でポストシーズンでの自身10先発目となり、今までの先発試合をすべて敗戦していることになる。 次にの戦の第2戦で登板。 2回4失点で降板するも、チームは7-5で勝利を飾った。 第5戦は当初の先発登板の予定だったが、健康上の理由により登板を回避し、先発登板することが急遽決まった。 6回無失点、9奪三振の好投で自身初のポストシーズン先発勝利になった。 第2戦に先発登板で6回2失点と打線を封じ込め、チームも4-2で勝利。 第4戦目でもブルペン入りをして肩を作っていた。 第5戦の先発予定は順序的にはセールだったが、コーラ監督はナショナルリーグの球場では先発を早めに下げることにもなるがあることを考慮し、プライスを先発投手に起用した。 への1球目で本塁打を打たれることはあったものの、その後の14打者を抑え込んだ。 7回を投げ切って5-1とチームが勝っているところで交代となり、残りの6つのアウトカウントをとセールが奪い、ワールドシリーズ優勝を決めた。 10月31日にチームの優勝パレードに先だって、「私たちは今年優勝を決めた。 でももう一度このチームで優勝をしたい。 」と言い、オウトアプト契約の破棄を表明した。 11月の初旬に、のニューヨーク総会にてポストシーズンで最高な成績を挙げたための受賞者であることが発表された。 少し遅れた同月に、アメリカンリーグのを受賞したことが発表された。 開幕前に背番号を、長男のゼイビア(Xavier)の頭文字をに見立てた『10』に変更した。 シーズンでは5月に左肘の炎症で故障者リスト入りした。 8月初頭には第2子の誕生に立ち会うため、チームを離れた。 その後すぐに左腕ので故障者リスト入りし、9月1日に復帰したが追加の治療のため、シーズンを終了することになった。 ドジャース時代 [ ] 2月10日に、、 ()とのトレードで、と共にドジャースへ移籍した。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 5 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 57 14. 0 9 1 4 0 1 12 0 0 4 3 1. 93 0. 93 23 23 0 0 0 10 7 0 0. 588 557 128. 1 119 17 54 0 4 102 2 0 72 63 4. 42 1. 35 32 31 2 1 0 19 6 0 0. 760 861 208. 2 170 15 79 1 5 188 5 3 71 63 2. 72 1. 19 34 34 0 0 0 12 13 0 0. 480 918 224. 1 192 22 63 5 9 218 2 0 93 87 3. 49 1. 14 31 31 2 1 1 20 5 0 0. 800 836 211. 0 173 16 59 2 5 205 8 1 63 60 2. 56 1. 10 27 27 4 0 3 10 8 0 0. 556 740 186. 2 178 16 27 0 3 151 6 0 78 69 3. 33 1. 10 23 23 2 0 1 11 8 0 0. 579 689 170. 2 156 20 23 1 5 189 2 0 68 59 3. 31 1. 05 11 11 1 0 1 4 4 0 0. 500 320 77. 2 74 5 15 0 0 82 0 0 32 31 3. 59 1. 15 '14計 34 34 3 0 2 15 12 0 0. 556 1009 248. 1 230 25 38 1 5 271 2 0 100 90 3. 26 1. 08 21 21 3 1 2 9 4 0 0. 692 592 146. 0 133 13 29 2 3 138 3 0 68 59 2. 53 1. 11 11 11 0 0 0 9 1 0 0. 900 296 74. 1 57 4 18 0 0 87 1 0 20 19 2. 30 1. 01 '15計 32 32 3 1 2 18 5 0 0. 783 888 220. 1 190 17 47 2 3 225 4 0 70 60 2. 45 1. 08 35 35 2 0 1 17 9 0 0. 654 951 230. 0 227 30 50 1 7 228 4 0 106 102 3. 99 1. 20 16 11 0 0 0 6 3 0 1. 667 317 74. 2 65 8 24 0 4 76 2 0 30 28 3. 38 1. 19 30 30 1 0 1 16 7 0 0. 696 722 176. 0 151 25 50 0 10 177 1 0 75 70 3. 58 1. 14 22 22 0 0 0 7 5 0 0. 583 458 107. 1 109 15 32 0 3 128 3 1 57 51 4. 28 1. 31 :12年 321 311 17 3 10 150 80 0 2. 652 8314 2029. 2 1813 207 527 12 59 1981 39 5 819 746 3. 31 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2008 TB 5 0 1 0 0 1. 000 2009 23 5 17 1 0. 957 2010 32 8 22 0 2 1. 000 2011 34 13 23 4 2. 900 2012 31 6 28 3 4. 919 2013 27 7 25 0 0 1. 000 2014 23 3 15 1 1. 947 DET 11 1 3 0 0 1. 000 '14計 34 4 18 1 1. 957 2015 21 9 17 2 1. 929 TOR 11 5 6 0 0 1. 000 '15計 32 14 23 2 1. 949 2016 BOS 35 5 22 0 2 1. 000 2017 16 6 6 1 0. 923 2018 30 6 20 0 0 1. 000 2019 22 4 7 0 0 1. 000 MLB 321 78 212 12 12. 960• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :1回(2012年)• :2回(2012年、2015年)• :1回(2014年) 表彰 [ ]• :1回(2012年)• :1回(2010年)• 優秀投手:2回(2010年、2012年)• :1回(2010年9月)• :1回(2007年)• :1回(2007年)• :1回(2008年)• :1回(2018年) 記録 [ ]• 選出:5回( - 、 - ) 背番号 [ ]• 14(2008年 - 2015年)• 24(2016年 - 2018年)• 10(2019年) 代表歴 [ ]• アメリカ合衆国代表 脚注 [ ]• Spotrac. 2016年6月27日閲覧。 2014年. 2015年12月7日閲覧。 Art Davidson 2007年7月7日. The MetroWest Daily News. 2007年9月27日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 Jeff Passan 2007年6月4日. 2015年12月7日閲覧。 Major League Baseball. 2015年12月7日閲覧。 Sports Illustrated. 2008年8月4日. の2009年3月4日時点におけるアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 2009年2月28日閲覧。 College Baseball Foundation. 2009年2月2日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 Keith Law 2007年8月16日. ESPN. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2013年4月29日閲覧。 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』、2009年、36頁。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 ESPN. 2010年11月19日. 2015年12月7日閲覧。 Rays Index 2012年3月5日. 2015年12月7日閲覧。 BBWAA. 2015年12月7日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、51頁。 英語 プレスリリース , MLB. com Detroit Tigers , 2014年7月31日 , 2015年12月7日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、108頁。 ISM 2015年7月31日. 2015年8月2日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 ESPN 2015年7月30日. 2015年8月1日閲覧。 MLB. com 2015年11月2日. 2015年11月3日閲覧。 Quinn Roberts 2015年12月4日. MLB. com. 2015年12月7日閲覧。 Boston Herald (英語) 2017年1月5日 2017年1月13日閲覧• 産経ニュース 2017年3月15日. 2017年10月3日閲覧。 MSN Japan 2017年9月15日. 2017年10月3日閲覧。 産経ニュース 2017年7月29日. 2017年10月3日閲覧。 - Baseball-Reference. com 英語. 2017年10月3日閲覧。 BostonGlobe. com. 2018年12月1日閲覧。 Itemlive. 2018年4月5日. 2018年12月1日閲覧。 ESPN. com. 2018年12月1日閲覧。 Castrovince, Anthony 2018年10月24日. mlb. com. 2018年12月1日閲覧。 Fletcher, Jeff 2018年12月1日. Orange County Register. MLB. com. 2018年12月1日閲覧。 Boston. com. 2018年12月1日閲覧。 Yang, Nicole 2018年12月1日. 2018年11月1日閲覧。 2018年11月3日. 2018年12月1日閲覧。 Boston. com 2018年11月20日. 2018年12月1日閲覧。 MLB. com. 2019年9月19日閲覧。 Abraham, Pete. PeteAbe. 2019年8月2日閲覧。 Mike Chiari. Bleacher Report. 2019年9月19日閲覧。 Ken Gurnick 2020年2月10日. MLB. com. 2020年6月4日閲覧。 SANSPO. com. 2020年2月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、、• MiLB. com (英語)• DAVIDPrice14 -• davidprice14 -.

次の

デービッドヒックス : David Hicks

デービット ヒックス

経歴 [ ] 生い立ち [ ] デビッド・テイラー・プライスはで父デビー、母ボニーのもとに生まれた。 彼には2人兄弟がいる。 彼は幼少期にを始め、のファンで、がお気に入りの選手だった。 10代の頃、クーパーズタウン・ドリームズ・パークに通った。 ブラックマン高等学校に進学し野球とで活躍した。 高校時代、0. 43、奪151を記録した。 2003年と2004年にMVPピッチャーに選ばれ、最終学年時にマイケル・アルコーンと共にコ・ディストリクト7AAAピッチャー賞、2002年から2004年の3年連続ラザフォード郡男子アスリート賞を受賞した。 2004年、で行われた高校全米選手権に出場した。 大学時代 [ ] でから19巡目に指名を受けるが契約せず、奨学金を受けてに進学した。 野球部に所属し、3年間ピッチャーを務めた。 2005年の1年次、プライスは『』誌と『コリジエイト・ベースボール』紙の両方から全米大学新人賞を受賞した。 同年彼は2勝4敗、19試合中防御率2. この頃はまだそれほど登板させられず、プライスは野球を辞めて地元ので働こうと考えるようになったが、 ()監督に説得されて思いとどまった。 同年夏、プライスはに選出された。 26、39奪三振、13フォアボールを記録した。 8月2日、戦で5ヒットのみ、完封した。 2年次のに9勝5敗、防御率4. 奪三振155は学校新記録であった一方、は43であった。 シーズン最初の先発6回で彼は戦の17奪三振を含み平均10以上の奪三振を記録した。 同年、彼はの最終選考の5人に残り、では2次選考に入った。 全米大学野球記者協会、全米野球監督協会、 SEC の全米チームに指名された。 同年夏、で行われたに出場し、8回先発してプライスは5勝1敗、防御率0. 20でチームに金メダルをもたらした。 3年次のは11勝1敗・防御率2. 63・194奪三振を記録し、前年に記録した奪三振の学校記録をさらに更新した。 SECでの最後の先発はミシシッピ州立大学戦であった。 プライスは完投し、5ヒット、2ラン、11奪三振、フォアボールなしで9回になった。 大学野球最後の先発はナッシュビル・リージョナルの初戦となる戦であった。 9回5ヒット、1ラン、2フォアボール、17奪三振で終了した。 大学野球最高賞とされる賞 、ブルックス・ウォレス賞、ゴールデンスパイク賞とロジャー・クレメンス賞の両賞を受賞した。 プロ入りとレイズ時代 [ ] レイズ時代(2012年) でから1巡目(全体1位)に指名を受け、8月15日に契約金560万ドルを含む6年総額850万ドルの契約を締結し入団。 ただしこの契約にはを得た場合に契約で定められた年俸を取り消して調停を受けることができる、という条項が加えられた。 30の好成績 を挙げてメジャーに昇格し、9月14日の戦でメジャーデビュー。 5試合に登板して防御率1. 93を記録し、チームは球団創設以来初の地区優勝。 のロースター入りを果たし、とのでは3試合にリリーフ登板して相手打線を無安打に抑え、最終第7戦ではセーブを記録してリーグ優勝に貢献。 一躍ヒーローとなった。 とのでは2試合に登板したが、チームは1勝4敗で敗退した。 は開幕をマイナーで迎えたが5月に昇格し、5月30日の戦で6回途中11奪三振の好投で初勝利を挙げた。 に定着し10勝7敗・防御率4. 42の成績を残した。 は4月25日の戦でメジャー初完封勝利を挙げる など、前半戦で12勝4敗・防御率2. 42の好成績 でに初めて選出され、リーグの先発投手を務めた。 最終的にリーグ2位タイの19勝、同3位の防御率2. 72を記録し、チームの2年ぶりの地区優勝に貢献。 とのでは第1戦と第5戦に先発するが共に敗戦投手となり、2勝3敗で敗退した。 の投票ではに次ぐ2位に入った。 は初のを務める。 12勝13敗・防御率3. 49と前年を下回ったが、リーグ最多の34試合に先発して218奪三振を記録。 などのの観点からは前年よりも優れた投球内容であったことが示されていた。 チームは9月にを逆転してを獲得。 レンジャーズとのでは第3戦に先発し、6回まで無失点に抑えたが7回に捕まって敗戦投手となり、チームは1勝3敗で敗退。 は20勝5敗・防御率2. 56・205奪三振を記録して・(とタイ)の二冠を獲得。 サイ・ヤング賞の投票では2位のを4ポイントという僅差で抑えて初めて受賞した。 は、出だしから大量にホームランを浴びた上、には審判とのいざこざで罰金を科されたほか、利き腕である左腕の筋肉を痛めて入りする状態でシーズン序盤を過ごした。 しかし故障から復帰してからは調子を取り戻し、最終的には規定投球回に到達し、防御率3. 33・10勝8敗だった。 は、23試合に登板して11勝を挙げ、170. 1イニングで189奪三振だった。 タイガース時代 [ ] 7月31日にレイズ、間の三角トレードでへ移籍した。 タイガース加入後は11試合に先発登板し、防御率3. 59・4勝4敗とやや調子を落としたが、相変わらずのペースで三振を奪った。 最終的には、いずれもメジャー1位の248. 1イニング・271奪三振を記録し、ア・リーグのになった。 なお、この年は全体的にピッチングに波があり、5自責点以上を喫した試合が7試合もあった。 は、21試合に登板し、9勝4敗、防御率2. 53と好投した。 ブルージェイズ時代 [ ] トロント・ブルージェイズ時代(2015年8月8日) 7月30日に、、 ()とのトレードでへ移籍した。 移籍後は投球内容が更に凄みを増し、11試合に投げて防御率2. 30・9勝1敗という圧巻の内容だった。 タイガースとの合算では、ア・リーグの(2. 45)に輝いたほか、同3位の18勝・同2位の勝率. 783・投球イニング数を上回る225奪三振を記録し、プレーオフ進出に貢献した。 オフの11月2日にFAとなった。 レッドソックス時代 [ ] 2015年12月4日、と7年総額2億1700万ドルの契約を結んだ。 この金額は投手として当時の史上最高額である。 キャリアを通じてこれまでの背番号は「14」だったが、レッドソックスの背番号「14」は永久欠番()のため、「24」を付けることになった。 4月5日の開幕戦で移籍後初勝利を挙げたが、序盤は5月までに一試合5失点以上を4度喫する等、防御率4. 62と乱調だった(しかし打線の援護には恵まれ、7勝1敗だった)。 7月以降はやや持ち直し、チーム2位・リーグ4位タイの17勝を記録、両リーグ最多の230イニングを投げたが、序盤の不振もあり防御率は3. 99に落ちた。 開幕前の1月5日にシーズンを優先するため、のへの不参加の意思を表明した。 しかし、末に利き腕である左肘に違和感を発症し、開幕を入りで迎える事になった。 戦列復帰後は11試合に先発登板して防御率3. 82・5勝3敗という成績を挙げていたが、に入って同じく左肘に炎症を発症し、再度故障者リスト入りした。 の戦列復帰後はリリーフに専念し 、5試合・8. 2イニングを3安打無失点2四球13奪三振と好投した。 レギュラーシーズンのトータルでは防御率3. 38・WHIP1. 19だった。 は先発ローテーションに復帰し、最初の2回の先発で合計14回を投げ無失点を記録し、2回目のフェンウェイ・パークでの先発からの降板の際にはが行われ、球場が熱狂する事態になった。 その試合の後、監督は「彼が健康な時は、リーグで最上級の投手の一人である。 」と答えた。 4月11日のヤンキース戦に先発登板したがの軽度の症状で1回4失点で降板したが、故障者リストには入らなかった。 レギュラーシーズンでは30登板(30先発)で176回を投げ、16勝・7敗・防御率3. 58・177奪三振を記録した。 ポストシーズンでは、初めにの戦の第2戦に先発したが、1. 1回3失点で敗戦を喫した。 この試合でポストシーズンでの自身10先発目となり、今までの先発試合をすべて敗戦していることになる。 次にの戦の第2戦で登板。 2回4失点で降板するも、チームは7-5で勝利を飾った。 第5戦は当初の先発登板の予定だったが、健康上の理由により登板を回避し、先発登板することが急遽決まった。 6回無失点、9奪三振の好投で自身初のポストシーズン先発勝利になった。 第2戦に先発登板で6回2失点と打線を封じ込め、チームも4-2で勝利。 第4戦目でもブルペン入りをして肩を作っていた。 第5戦の先発予定は順序的にはセールだったが、コーラ監督はナショナルリーグの球場では先発を早めに下げることにもなるがあることを考慮し、プライスを先発投手に起用した。 への1球目で本塁打を打たれることはあったものの、その後の14打者を抑え込んだ。 7回を投げ切って5-1とチームが勝っているところで交代となり、残りの6つのアウトカウントをとセールが奪い、ワールドシリーズ優勝を決めた。 10月31日にチームの優勝パレードに先だって、「私たちは今年優勝を決めた。 でももう一度このチームで優勝をしたい。 」と言い、オウトアプト契約の破棄を表明した。 11月の初旬に、のニューヨーク総会にてポストシーズンで最高な成績を挙げたための受賞者であることが発表された。 少し遅れた同月に、アメリカンリーグのを受賞したことが発表された。 開幕前に背番号を、長男のゼイビア(Xavier)の頭文字をに見立てた『10』に変更した。 シーズンでは5月に左肘の炎症で故障者リスト入りした。 8月初頭には第2子の誕生に立ち会うため、チームを離れた。 その後すぐに左腕ので故障者リスト入りし、9月1日に復帰したが追加の治療のため、シーズンを終了することになった。 ドジャース時代 [ ] 2月10日に、、 ()とのトレードで、と共にドジャースへ移籍した。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 5 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 57 14. 0 9 1 4 0 1 12 0 0 4 3 1. 93 0. 93 23 23 0 0 0 10 7 0 0. 588 557 128. 1 119 17 54 0 4 102 2 0 72 63 4. 42 1. 35 32 31 2 1 0 19 6 0 0. 760 861 208. 2 170 15 79 1 5 188 5 3 71 63 2. 72 1. 19 34 34 0 0 0 12 13 0 0. 480 918 224. 1 192 22 63 5 9 218 2 0 93 87 3. 49 1. 14 31 31 2 1 1 20 5 0 0. 800 836 211. 0 173 16 59 2 5 205 8 1 63 60 2. 56 1. 10 27 27 4 0 3 10 8 0 0. 556 740 186. 2 178 16 27 0 3 151 6 0 78 69 3. 33 1. 10 23 23 2 0 1 11 8 0 0. 579 689 170. 2 156 20 23 1 5 189 2 0 68 59 3. 31 1. 05 11 11 1 0 1 4 4 0 0. 500 320 77. 2 74 5 15 0 0 82 0 0 32 31 3. 59 1. 15 '14計 34 34 3 0 2 15 12 0 0. 556 1009 248. 1 230 25 38 1 5 271 2 0 100 90 3. 26 1. 08 21 21 3 1 2 9 4 0 0. 692 592 146. 0 133 13 29 2 3 138 3 0 68 59 2. 53 1. 11 11 11 0 0 0 9 1 0 0. 900 296 74. 1 57 4 18 0 0 87 1 0 20 19 2. 30 1. 01 '15計 32 32 3 1 2 18 5 0 0. 783 888 220. 1 190 17 47 2 3 225 4 0 70 60 2. 45 1. 08 35 35 2 0 1 17 9 0 0. 654 951 230. 0 227 30 50 1 7 228 4 0 106 102 3. 99 1. 20 16 11 0 0 0 6 3 0 1. 667 317 74. 2 65 8 24 0 4 76 2 0 30 28 3. 38 1. 19 30 30 1 0 1 16 7 0 0. 696 722 176. 0 151 25 50 0 10 177 1 0 75 70 3. 58 1. 14 22 22 0 0 0 7 5 0 0. 583 458 107. 1 109 15 32 0 3 128 3 1 57 51 4. 28 1. 31 :12年 321 311 17 3 10 150 80 0 2. 652 8314 2029. 2 1813 207 527 12 59 1981 39 5 819 746 3. 31 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2008 TB 5 0 1 0 0 1. 000 2009 23 5 17 1 0. 957 2010 32 8 22 0 2 1. 000 2011 34 13 23 4 2. 900 2012 31 6 28 3 4. 919 2013 27 7 25 0 0 1. 000 2014 23 3 15 1 1. 947 DET 11 1 3 0 0 1. 000 '14計 34 4 18 1 1. 957 2015 21 9 17 2 1. 929 TOR 11 5 6 0 0 1. 000 '15計 32 14 23 2 1. 949 2016 BOS 35 5 22 0 2 1. 000 2017 16 6 6 1 0. 923 2018 30 6 20 0 0 1. 000 2019 22 4 7 0 0 1. 000 MLB 321 78 212 12 12. 960• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• :1回(2012年)• :2回(2012年、2015年)• :1回(2014年) 表彰 [ ]• :1回(2012年)• :1回(2010年)• 優秀投手:2回(2010年、2012年)• :1回(2010年9月)• :1回(2007年)• :1回(2007年)• :1回(2008年)• :1回(2018年) 記録 [ ]• 選出:5回( - 、 - ) 背番号 [ ]• 14(2008年 - 2015年)• 24(2016年 - 2018年)• 10(2019年) 代表歴 [ ]• アメリカ合衆国代表 脚注 [ ]• Spotrac. 2016年6月27日閲覧。 2014年. 2015年12月7日閲覧。 Art Davidson 2007年7月7日. The MetroWest Daily News. 2007年9月27日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 Jeff Passan 2007年6月4日. 2015年12月7日閲覧。 Major League Baseball. 2015年12月7日閲覧。 Sports Illustrated. 2008年8月4日. の2009年3月4日時点におけるアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 2009年2月28日閲覧。 College Baseball Foundation. 2009年2月2日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 Keith Law 2007年8月16日. ESPN. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2013年4月29日閲覧。 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』、2009年、36頁。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 Baseball-Reference. com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。 ESPN. 2010年11月19日. 2015年12月7日閲覧。 Rays Index 2012年3月5日. 2015年12月7日閲覧。 BBWAA. 2015年12月7日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、51頁。 英語 プレスリリース , MLB. com Detroit Tigers , 2014年7月31日 , 2015年12月7日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、108頁。 ISM 2015年7月31日. 2015年8月2日時点のよりアーカイブ。 2015年12月7日閲覧。 ESPN 2015年7月30日. 2015年8月1日閲覧。 MLB. com 2015年11月2日. 2015年11月3日閲覧。 Quinn Roberts 2015年12月4日. MLB. com. 2015年12月7日閲覧。 Boston Herald (英語) 2017年1月5日 2017年1月13日閲覧• 産経ニュース 2017年3月15日. 2017年10月3日閲覧。 MSN Japan 2017年9月15日. 2017年10月3日閲覧。 産経ニュース 2017年7月29日. 2017年10月3日閲覧。 - Baseball-Reference. com 英語. 2017年10月3日閲覧。 BostonGlobe. com. 2018年12月1日閲覧。 Itemlive. 2018年4月5日. 2018年12月1日閲覧。 ESPN. com. 2018年12月1日閲覧。 Castrovince, Anthony 2018年10月24日. mlb. com. 2018年12月1日閲覧。 Fletcher, Jeff 2018年12月1日. Orange County Register. MLB. com. 2018年12月1日閲覧。 Boston. com. 2018年12月1日閲覧。 Yang, Nicole 2018年12月1日. 2018年11月1日閲覧。 2018年11月3日. 2018年12月1日閲覧。 Boston. com 2018年11月20日. 2018年12月1日閲覧。 MLB. com. 2019年9月19日閲覧。 Abraham, Pete. PeteAbe. 2019年8月2日閲覧。 Mike Chiari. Bleacher Report. 2019年9月19日閲覧。 Ken Gurnick 2020年2月10日. MLB. com. 2020年6月4日閲覧。 SANSPO. com. 2020年2月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、、• MiLB. com (英語)• DAVIDPrice14 -• davidprice14 -.

次の