東京 ハローワーク。 東京都のハローワーク障害者求人・転職情報

ハローワーク求人検索サイト

東京 ハローワーク

よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。 中国工場で得たやりがいを求めて、再び中国へ転職! (京都府京都市出身 I. Tさん) 私は以前、中堅電機メーカーで経理担当でした。 入社以来、地方都市の工場に勤務し、原価計算などを担当していました。 ところが、入社して12年ほど経った頃、会社が中国に工場を増設するというので、その立ち上げメンバーに選ばれ、主に原価周りの担当者として、中国は蘇州に赴任しました。 私の日本での立場は主任という平社員のひとつ上でしたが、中国の工場では、原価管理課というひとつの課を任され、中国人の部下も5名ほどついて、課長待遇となりました。 工場の立ち上げということで苦労も多かったのですが、やりがいは大きく充実した日々を送っていました。 言語については、専属の通訳が付いたので、特に困ることはありませんでした。 ところがその4年後、今度は一転、日本へ戻ることになりました。 海外赴任前と同じ部署に戻ったのですが、大きな責任もなく、日々同じ作業の仕事にやりがいを見い出すことができませんでした。 そこで、大手転職エージェントにネットで登録し、大阪まで面談に行って、すぐに海外で働かせてもらえる会社を探して頂きました。 年齢は30代後半に入っていたので、難しいかと危惧していましたが、すぐに候補となる会社が見つかりました。 東京に本社を置く、小規模の部品メーカーでした。 大連に小規模工場を建設して稼働させたものの、現地で採用した中国人の原価担当者が出す数値に納得できず、日本人の管理職を探しているとのこと。 扱う製品が変わりますので、多少の不安はありましたが、前職の工場より規模が小さくなること、4年の海外赴任体験から、多少の言語も分かるようになっていたことから、応募してみたところ、即採用が決まりました。 あとで聞いたことですが、採用の決め手は中国での原価担当の管理職としての経験と、比較的年齢が若かったことに加え、同じシステムを使っていたことが大きかったようです。 日本へ戻ったことで下がっていた給与も、中国へ行って元の水準に戻り、希望の地での再就職に満足しています。 住所、連絡先電話番号、利用時間などは各施設の都合により変更されることがあります。

次の

東京都のハローワーク求人

東京 ハローワーク

運営が異なる まず、ハローワークと東京しごとセンターは運営が異なります。 ハローワークは厚生労働省(国)が設置したサービスです。 一方、東京しごとセンターは東京都が設置したサービス(通称:ジョブカフェ/正式名称:若年者のためのワンストップサービスセンター)になります。 ジョブカフェは都道府県ごとに名称が異なり、たとえば以下のような名称があります。 埼玉県:ヤングキャリアセンター埼玉• 千葉県:ちば若者キャリアセンター• 神奈川県:かながわ若者就職支援センター 名前こそ違いますが、どれも都道府県が設置したジョブカフェで、「職業相談から求人紹介までをワンストップで受けられる」という点は共通します。 職業相談・セミナー:東京しごとセンターが充実している ハローワークは「求人紹介」が主な役割になります。 そのため、職業相談やセミナーなど具体的な就職支援については補足的なサービスになります。 一方、東京しごとセンターは職業相談(どのような仕事に就きたいか、どのような悩みがあるかなど)や各種セミナー(履歴書の書き方、面接対策、企業研究など)が充実しています。 求人紹介:どちらでも受けられる 「求人紹介」はハローワークが得意とする分野です。 また、東京しごとセンターでもハローワークと同じデータベースの求人を調べられます。 さらに、東京しごとセンターでは、ハローワークとは別に東京都が募集している求人もあるため、「ハローワーク+東京都」の求人から選ぶことが可能です。

次の

全国ハローワークの所在案内|厚生労働省

東京 ハローワーク

よく行く地域のハローワークもチェックしましょう。 中国工場で得たやりがいを求めて、再び中国へ転職! (京都府京都市出身 I. Tさん) 私は以前、中堅電機メーカーで経理担当でした。 入社以来、地方都市の工場に勤務し、原価計算などを担当していました。 ところが、入社して12年ほど経った頃、会社が中国に工場を増設するというので、その立ち上げメンバーに選ばれ、主に原価周りの担当者として、中国は蘇州に赴任しました。 私の日本での立場は主任という平社員のひとつ上でしたが、中国の工場では、原価管理課というひとつの課を任され、中国人の部下も5名ほどついて、課長待遇となりました。 工場の立ち上げということで苦労も多かったのですが、やりがいは大きく充実した日々を送っていました。 言語については、専属の通訳が付いたので、特に困ることはありませんでした。 ところがその4年後、今度は一転、日本へ戻ることになりました。 海外赴任前と同じ部署に戻ったのですが、大きな責任もなく、日々同じ作業の仕事にやりがいを見い出すことができませんでした。 そこで、大手転職エージェントにネットで登録し、大阪まで面談に行って、すぐに海外で働かせてもらえる会社を探して頂きました。 年齢は30代後半に入っていたので、難しいかと危惧していましたが、すぐに候補となる会社が見つかりました。 東京に本社を置く、小規模の部品メーカーでした。 大連に小規模工場を建設して稼働させたものの、現地で採用した中国人の原価担当者が出す数値に納得できず、日本人の管理職を探しているとのこと。 扱う製品が変わりますので、多少の不安はありましたが、前職の工場より規模が小さくなること、4年の海外赴任体験から、多少の言語も分かるようになっていたことから、応募してみたところ、即採用が決まりました。 あとで聞いたことですが、採用の決め手は中国での原価担当の管理職としての経験と、比較的年齢が若かったことに加え、同じシステムを使っていたことが大きかったようです。 日本へ戻ったことで下がっていた給与も、中国へ行って元の水準に戻り、希望の地での再就職に満足しています。 住所、連絡先電話番号、利用時間などは各施設の都合により変更されることがあります。

次の