新日本監査法人 評判。 EY新日本有限責任監査法人ってどうよ?【新日本の名に一億円?】

【EY新日本有限責任監査法人への転職】様々な中途採用情報を公開

新日本監査法人 評判

本記事の目次• 新日本有限責任について EY新日本有限責任監査法人は、東京都千代田区に本部を置く2000年創立の法人です。 主な事業は、会計監査、アドバイザリーサービスです。 プロフェッショナルとしての職業的倫理観を基礎に、会計およびマネジメントに関する知識・経験を生かし、監査を中心とする保証業務や経営に対するアドバイザリー業務等、クライアントに期待以上の価値あるサービスを提供すること、これら高品質なサービス提供による社会からの信頼に基づき、わが国企業を含むさまざまな事業体の健全な経営に資することを通じて、公正かつ活力あるわが国経済社会の発展に貢献することを法人の理念としています。 また、社会への貢献、信頼、絆、未来への貢献の4つを行動指針としています。 本行動指針は、当法人の経営理念を実践するために、構成員が共通に持つべき指針です。 すべての構成員は、本行動指針の内容を自ら尊重し、積極的に取り組んでいます。 新規採用者の出身大学は、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、立教大学、明治大学、明治学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学などの有名私立大学が中心です。 初任給は、企画管理系事務職(CBS職)で月額210,000円、監査トレーニー職で月額235,000円となっています。 手当としては、通勤手当(全額支給・法人取扱いによる)、出張手当、残業手当などが支給されます。 また社員教育として、入社後は従業員一人ひとりのキャリアや目標に合わせて、自由に組み立てられる体系的な研修カリキュラムが用意されています。 職階別・分野別・専門別に求められる専門的能力を養うプログラムや、グローバル人財育成研修、次世代リーダーの育成研修など、さまざまな研修プログラムも用意されています。 新日本有限責任の会社情報 企業名 新日本有限責任 本社所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 2000年4月1日 代表取締役 辻 幸一 役員 現在調査中 上場・非上場 非上場 電話番号 03-3503-1100 FAX番号 現在調査中 決済月 6月 売上高 1,000億3,600万円 従業員数 5,595 人 男女比 4:1 CM動画 現在調査中 新日本有限責任の事業内容 主な事業内容は、会計監査、アドバイザリーサービスです。 経営理念とビジョン 経営理念 プロフェッショナルとしての職業的倫理観を基礎に、会計およびマネジメントに関する知識・経験を生かし、監査を中心とする保証業務や経営に対するアドバイザリー業務等、クライアントに期待以上の価値あるサービスを提供します。 これら高品質なサービス提供による社会からの信頼に基づき、わが国企業を含むさまざまな事業体の健全な経営に資することを通じて、公正かつ活力あるわが国経済社会の発展に貢献します。 法人に所属することに誇りを持って業務に臨み、経営理念の実現によりプロフェッショナルとして喜びを共有します。 ビジョン 社会への貢献、信頼、絆、未来への貢献の4つを行動指針としています。 本行動指針は、当法人の経営理念を実践するために、構成員が共通に持つべき指針です。 すべての構成員は、本行動指針の内容を自ら尊重し、積極的に取り組んでいきます。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は750万円~1,200万円で、平均年収は890万円です。 年度別平均年収は、現在調査中です。 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:507. 3万円、25~29歳:631. 9万円、30~34歳:694. 2万円、35~39歳:792. 1万円、40~44歳:890. 0万円、45~49歳:996. 8万円、50~54歳:1068. 0万円、55~59歳:1023. 5万円、60~64歳:720. 9万円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 企画管理系事務職(CBS職):月額210,000円、監査トレーニー職:月額235,000円 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 新日本有限責任の平均勤続年数は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 47. 1時間 【有給消化率】 59. 社内制度は従業員一人ひとりのキャリアや目標に合わせて、自由に組み立てられる体系的な研修カリキュラムが用意されています。 EY Japan各社の研修内容は相互に利用可能なものです。 そして昇格時研修はEY Japan共通で実施し、平等であることに配慮しています。 研修内容は、従業員の多様なニーズや希望に応じて設定しています。 職階別・分野別・専門別に求められる専門的能力を養うプログラムや、グローバル人財育成研修、次世代リーダーの育成研修など、さまざまな研修プログラムが用意されています。 人事制度は従業員本人の希望や仕事に対する適性などを総合的に考慮して、配属部署を決定しています。 また、仕事に対する能力と法人が必要とする職務内容、また社会環境などを照らし合わせ、齟齬のないように配慮・勘案して配属が決定されます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社員さんには色々福利厚生があると思います。 育児休暇や出産前休暇等がしっかり取れる様です。 時間短縮勤務等もあるようです。 職場にリフレッシュルームもあるのでコーヒーや紅茶・お茶とか無料で飲めます。 仕事中プロのマッサージを受けられるのも良いと思いました。 出典元: ブラックな口コミは? 実質より体裁面から入る傾向があり 何時以降原則強制退社、形式的な業務効率化等 、業務量削減という本質的な議論にはなかなかいきません。 取り組みの取りかかりとしてしょうがないこととは思いますが、抜本的に改善するには経営陣と業務責任者の思いきった判断が必要です。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 新日本有限責任の採用情報 採用人数、インターン 採用人数は若干名で、インターンは希望者は、法人所定の「インターンシップ応募シートを提出することになっています。 主な内容は、経理・監査実務(監査リスクアプローチ、主要な実証手続き等)、新日本有限責任監査法人クライアント工場視察(現場実習)、新日本有限責任監査法人職員との座談会などです。 出身大学の傾向・学歴 慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、立教大学、明治大学、明治学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学などの有名私立大学 新日本有限責任のまとめ いかがでしたか?「新日本有限責任」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

新日本監査法人の業績ってどうなの?過去8年間の決算書を分析!

新日本監査法人 評判

たとえば「会計事務所」「税理士法人」「一般企業」などです。 監査法人以外で働く公認会計士の平均年収目安は960万となります。 ここではそれぞれの仕事内容について、具体的に解説します。 監査業務 まず、監査法人での主要業務となる監査業務について解説します。 監査とは 監査とは、企業の業務執行や会計処理について、不正や誤りがないかを法律などに照らしてチェックすることです。 これを公認会計士が行う場合は「会計監査」、税理士が行う場合は「税務調査」と区別されています。 監査の重要性 なぜ監査が重要なのかというと、第三者的な立場での判断が必要だからです。 もしこれを企業などが独自で行えば、決算報告などの信ぴょう性が損なわれます。 つまり、外部機関からも評価を得ることが求められるのです。 監査業務の流れ 予備調査の後、監査計画のとおりに業務を行います。 また、スケジュール例に出てくる「往査」とは、 監査対象の企業に出向いて監査を行うことを指します。 コンサルティングは監査業務と平行して実施されることもあれば、専門のコンサルタントと連携して実施されることもあります。 株式公開支援業務 経営戦略として企業が株式を公開する場合のサポートです。 スケジュールや資本政策を立案し、法律や株式公開規制にもとづいて株価算定をします。 また、株式公開を成功させるための事業計画を立て、株式公開に向けた書面審査もバックアップします。 具体的な業務は財務から法務まで幅広く、顧客との打ち合わせや相手企業との交渉なども行います。 その他 最後に、会計業務・税務について解説します。 会計業務 会社に出入りするお金の流れに関わる仕事です。 決算書類を作成したり、請求書の確認や売掛金の管理をしたりします。 場合によっては、伝票整理や帳簿づけも行います。 また、決算報告や経営者の判断に応じて事業計画の作成を依頼されることもあるでしょう。 税務 本来は税理士が行う業務ですが、公認会計士は税理士登録をした上で行います。 主な業務は税務相談や税務申告の代行、税務書類の作成などです。 監査法人で働くために知っておきたいこと ここでは、監査法人で働くために知っておきたいことを紹介します。 公認会計士の資格が必要 資格取得が就職の絶対条件というわけではありませんが、実状としては資格を取得していないと採用されにくい場合があります。 試験内容の詳細と合格基準 公認会計士の試験は「短答式」「論文式」の2種類あります。 公認会計士・監査審査会が公開している試験は以下のとおりです。 短答式試験(年2回): ・4科目/総点数の70%を基準として公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率とする。 ・1科目につき、満点の40%に満たない場合は不合格となることがある。 論文式試験(年1回): ・5科目/52%の得点比率を基準として公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率とする。 ・1科目につき、その得点比率が40%に満たない場合は不合格となることがある。 いずれの試験も合格した科目は、合格後2年間の試験が申請により免除されます。 独学の場合、挫折しやすい、疑問点を質問できる相手がいない、論文の添削を行ってもらえないなど様々なデメリットがあるため、基本的には予備校などに通うことをおすすめします。 一方、独学での合格も不可能なわけではありません。 もし独学で勉強する場合は、市販のテキストで問題の理解をした上で、過去問を繰り返し解くことが大切です。 また、自分の実力を客観的に知るために、予備校などで行われる模試にはできるだけ参加するようにしましょう。 モチベーション維持にもつながります。 公認会計士の就職状況 ある一時期、国の政策で公認会計士の合格者が大幅に増えたことがありました。 その結果、2009年頃に公認会計士の就職氷河期が訪れました。 しかし現在、監査法人は公認会計士の資格保有者にとっては「売り手市場」の業界といわれています。 背景にあるのは、好景気によって生じた監査業務の需要増加と人手不足です。 このような状況は少なくとも2020年頃まで続くと見られています。 法律的にも、アシスタントは公認会計士の資格取得を義務づけられていないため、資格がなくても働けます。 アシスタントの仕事は監査業務などの補佐が主になり、地域によっても異なりますが、随時募集があります。 まとめ 本記事では、監査法人の年収目安と業務内容、監査法人で働くために知っておきたいことについて解説しました。 監査法人で働く場合、年収はサラリーマンの平均年収を大きく上回ります。 公認会計士に合格さえすれば、現在監査法人は売り手市場となっています。 興味がある方は就職をぜひ検討してみてください。 正社員•

次の

新日本有限責任監査法人の年収は890万円!新日本有限責任監査法人を徹底解説!

新日本監査法人 評判

四大監査法人として比べられることが多い、EY新日本、トーマツ、あずさ、あらたですが、職員数でみるとあらたはその半数程度の規模となっています。 またあらたは社員数は他法人の4分の1程度とかなり少ないです。 売上高は他法人の半分程度ですので、社員一人当たりの売上高が他法人の2倍程度になっています。 あらたは少ない社員で効率的に報酬を獲得しているといえると思います。 それだけ大変ですが、チャンスも多いということだと思います。 売上高 (出典:「業務及び財産の状況に関する説明書類」、単位:百万円) 区分 EY新日本 トーマツ あずさ あらた 監査業務 83,087 74,284 76,549 23,455 非監査業務 15,854 30,419 20,571 22,167 合計 98,941 104,703 97,121 45,622 非監査割合 16. 一方で監査資源を監査業務に多く割いたこともあり、非監査業務の売上高は大きく落としています。 結果、非監査業務も合わせると、売上高は減少しており、1,000億円を割り込む結果となっています。 成長著しいトーマツですが、売上高ではEY新日本を抜いて悲願の四大監査法人の中で一位となっています。 しかしながら内容をよく見てみると、監査業務に関わる売上高は、742億円とEY新日本、あずさに次ぐ三位に留まっており、非監査業務に関わる売上高が他法人に比べて多いことが見てとれます。 これはトーマツが監査業務以外の非監査業務に力を入れていることが原因です。 これまでは監査業務による売上高の比率が高いのが通常だったのですが、今後も新規上場の大幅な増加は見込めませんので、安定した成長のために、各法人とも非監査業務による売上高の増加を目指しています。 その意味では、あらたが先を行っており、トーマツ、あずさがそれに続いていると言えます。 一方で品質問題を抱えるEY新日本は、まずは監査業務の立て直しが急務になっていることがうかがえます。 人件費 (出典:「業務及び財産の状況に関する説明書類」及び「計算書類」) 区分 EY新日本 トーマツ あずさ あらた 報酬給与 42,675百万円 50,387百万円 42,547百万円 25,500百万円 賞与 8,546百万円 10,329百万円 13,368百万円 合計 51,221百万円 60,716百万円 55,915百万円 25,500百万円 人員数 5,578人 6,660人 6,182人 3,055人 一人あたり報酬給与等 9,183千円 9,117千円 9,045千円 8,347千円 社員と職員を合わせた総人員数で人件費を除して一人当たりの報酬給与等の金額を算定してみると、どの法人もおおよそ9百万円前後となり、ほぼ横並びの状況が見てとれます。 あらたが他の法人に比べ若干一人当たり報酬給与等が少なく見えますが、職員の構成比が異なったりすることが原因と考えられるので、待遇はどの法人も横並びと考えた方がよいでしょう。 全体的には、一番構成比率の高いと思われるスタッフの年収が500万円から600万円であることを考えると、マネージャ以上の報酬給与が高く、一人当たり報酬給与を引き上げていることが伺えます。 やはり公認会計士になりさえすれば、高給が約束されるということが見てとれます。 次いでトーマツの959社、あずさの814社となっています。 あらたは192社と他の四大監査法人に比べ上場会社の数は少なくなっています。 監査業務に関する売上高を社数で除した一社あたりの監査報酬は四大監査法人でほぼ横並びですが、トーマツが22百万円で最も高くなっています。 比較的小規模なクライアントが多いと言われていたトーマツですが、監査報酬の引き上げにも成功しているようです。 非監査業務 (出典:「業務及び財産の状況に関する説明書類」) 区分 EY新日本 トーマツ あずさ あらた 社数 2,799 2,940 2,120 1,241 非監査業務売上高 15,854百万円 30,419百万円 20,571百万円 22,167百万円 一社あたり非監査報酬 5百万円 10百万円 9百万円 18百万円 非監査業務については、四大監査法人の中でも対応が大きく分かれています。 EY新日本は社数こそ多いですが、一社あたりの報酬は5百万円とあらたの18百万円の3分の1程度の留まっています。 報酬は案件の大きさに比例すると思われますので、EY新日本は比較的小さな案件を取り扱っており、あらたは大きな案件を取り扱っているといえます。 東芝問題で監査の品質向上に取り組んでいるEY新日本は、非監査業務に回せるリソースが限られているということかもしれません。 業種別クライアントの状況等 各監査法人の上場企業の監査シェアは以下のとおりとなっています。 売上高1兆円超企業 売上高1兆円超の企業の152社のシェアは以下のとおりです。 クライアントの入れ替えを積極的に行ってきたあずさが、トップで55社となっています。 トーマツは他と比べて小さなクライアントが多い印象でしたが、その通りの結果となっています。 あらたは上記のグラフでは少なく見えますが、そもそもクライアント数が他の監査法人に比べて少ない中、1兆円超企業の監査を14社も担当しているのは驚きです。 製造業 製造業を営む上場会社は全体で1,508社あるのですが、そのシェアは以下のとおりです。 単純に社数を見ると新日本が365社でトップとなっており、トーマツが358社でそれに続いています。 ただトーマツはクライアント数が最も多い監査法人で、クライアント構成比でみると製造業の会社は決して多くはなく、製造業に強いとは言えないと思います。 むしろあずさの方がクライアント構成比でみると製造業の会社の監査を実施しており、強みを持っているように思います。 商業 商業(卸売業、小売業)に属する上場会社は全体で696社あり、そのシェアは以下のとおりです。 トーマツが193社と他の監査法人と大きく引き離しています。 トーマツは商業の会社に強いといってよいでしょう。 銀行業 銀行業を営む上場会社は90社ありますが、そのシェアは以下のとおりです。 銀行業については、新日本に強みがあるようです。 そもそもクライアントが少ないあらたですが、銀行業を営む上場企業の監査は行っていません。 あらたはクライアント数が少ないこともあり、クライアントの業種に偏りが見られます。 銀行業の監査も経験してみたいと思っている人は、注意が必要です。 証券業 証券業を営む上場会社は41社ありますが、そのシェアは以下のとおりです。 トーマツ、新日本、あずさはほぼ横並びとなっています。 あらたは1社のみとなっていますが、一方でその他の監査法人が監査を実施している上場証券会社は16社とかなり多く、驚きです。 電力会社 新電力も含めると上場電力会社は14社ですが、そのシェアは以下のとおりです。 新日本が5社でトップ、続いてトーマツの4社となっています。 あらたの2社はいずれも新電力の会社です。 電鉄会社 上場電鉄会社は25社ありますが、そのシェアは以下のとおりです。 上場電鉄会社ではあずさと新日本が強いですね。 反対にあらたは上場電鉄会社の監査を行っていません。 国内拠点 (出典:「業務及び財産の状況に関する説明書類」) 区分 EY新日本 トーマツ あずさ あらた 地区事務所 16 28 11 4 地域オフィス ー 9 11 ー 合計 16 37 22 4 国内拠点が最も多いのはトーマツの37拠点となっています。 次いであずさ、EY新日本と続いています。 EY新日本は2018年5月に国内12拠点を集約したため、大きく数を減らしています。 あらたについては、東京、大阪、名古屋、福岡の4か所に拠点を置くに留まっています。 地元で監査法人に就職したい人は、多くの国内拠点を展開しているトーマツやあずさが選択肢になると思います。 なお地域オフィスは登記簿上の地区事務所ではない事務所のことをいい、比較的小規模な事務所であることが多いです。 また場所によっては、常勤の職員がいない地域オフィスもありますが、各拠点によって状況は異なります。 監査法人について、もっと知りたいと思った人は、こちらの記事もどうぞ。

次の