とり ささみ。 ささみ

ゆで汁を活用!鶏ささみのスープのレシピ/作り方:白ごはん.com

とり ささみ

な「とりわさ」食いたいって、があったので、 紹介してみる。 俺もめちゃくちゃとりわさ好きで、 の肉で家で何回もやってるし、壊したことも 一回もない。 手順通りちゃんとやれば、原因菌の は殺せるので、的。 俺も解んないよ。 というか処理の段階で菌が付着しらしい 鮮度良くても駄目なは駄目です。 とは言え、してすぐ=のが少ない ってことにはなるので、「が出てない」 「がけっこう先」ぐらいで選んでみてはどうだろう。 だととりわさとは言わないか…。 2000円もしないで買える。 <作り方> 1)鶏の筋を抜く の真ん中に白い筋があるので抜こう。 上手く引っこ抜けない時はを使ってもOK。 2)をに入れてを抜こう 筋をぬいたをに入れてチャックの横にて しゅってを抜こう。 パックみたいになったらだ。 3)鍋に使って62度のお湯を作ろう。 は鍋に刺したままでOK。 4)その中に2)の鶏を入れて蓋をして1 時々を見て60度を下回ったら少し火を入れて 62度にしよう。 5)1経ったらに取り出して、ぶつ切りにして、 とかにる 6)上刻んだ三つ葉をかけて、を溶いた (だしかか)をかければ出来上がり <コツ> ・温度は62度をプ。 65度まで上げちゃったら失敗 (1~2度の温度差がすごいに影響で) ・冷えてきたに、入れる火は弱火で混ぜながら。 ・少ないお湯に肉入れすぎると、温度保が難しい 肉100gに対してお湯1くらいが良い。 【衛生】 ・の原因はです ・湯通ししたくらいではは死にません。 (で出ているとりわさも) ・75度1分で殺菌というのがですが、 75度なんかに熱したらカチカチのにい。 ・で、よくよく調べると中心温度60度1分でほぼす。 ・とり刺みたいな生感は減りが、とやわらかく美味しい とりわさが作れ。 <追記> いろいろとがたので追記。 >鶏わさでいっぱいでてるじゃねーか。 上にも書きましたが、しっかり加熱してなければ店だろうが だろうがどこのでもになり。 正直上ので作るよりも のとりわさ食べる方が高いとには思い。 (超にしないように生でされたは除きが、 のはそんな高い使ってないが多いです) >鶏のは生感ないでしょ? に近い感触です。 それでも、ぎりぎり狙ってるので もうやわら感じですかね。 >や他の菌を考えたら85度まで加熱よ! の可能性を言い始めるとでもでもなんでも、 全部しっかり加熱しないとアウトですよ。 されてる方は一切そういう食事取らないのでしょうか?? に気になる方は全部加熱したを召し上がればよいかと 思い。 (は無いのでは調整した) >60度のは? の保健局が60度以上に中心温度があがっていれば ないというを出してい。

次の

家で作れる比較的安全なとりわさ※自己責任でどうぞ

とり ささみ

鶏ささみの加熱&だし取り 鶏ささみのゆで汁を美味しいスープに活用するには 『風味づけの"生姜"と"ねぎの青い部分"を一緒にゆでる』とよいです。 生姜は皮ごと薄切りに、ねぎは料理では少し使いづらい長ねぎ(白ねぎ)の青い部分を捨てずに取っておいて使用します。 はじめの水分量は、鶏ささみ2本に対して500ml。 鍋に水と生姜、ねぎを入れて火にかけ、沸いたら分量の塩とささみを投入します。 ささみを入れたら1分ほどぐつぐつと煮出し、それから火を止めます。 蓋をして余熱で7〜9分ほど蒸らして鶏ささみにふっくら火を通します。 時間がくれば鍋の中のものをすべて取り出し、粗熱が取れたら鶏ささみを粗くほぐします(このとき筋があれば取り除くとよいです)。 今回は 三つ葉とえのき茸を合わせました。 三つ葉は1〜2㎝幅に、えのきは2〜3㎝幅に切ります。 また、鍋に残ったゆで汁(出汁)はAの調味料を加えて味を調えておきます。 具材の準備ができたら、鍋を再び火にかけ、沸騰直前に鶏ささみと三つ葉、えのき茸を加えます。 具材に軽く火を通したら完成です。 椀に盛り付けてごまを振りかけます(ごまを指で軽くつぶしながら加えるとごまの香りが立ってくれます)。 具材のアレンジとしては、絹さや、セロリ、ブロッコリー、椎茸などのきのこ類、れんこん、じゃがいも、人参などでも。 火の通りづらいものは、ささみをゆでる時にいっしょに加えるか、ゆで汁だけになったときに先に火を通すか、などするとよいです。 仕上がりに加えるものとして、ごま以外に一味唐辛子や、風味づけにごま油やオリーブオイルなどの油を少量好みで加えても。 のページでは、塩の量と蒸らす時間が少し多く(長く)なっています。 これはあくまで鶏ささみにしっかり塩気をつけたかったり、ふっくら火を通したいという理由からです。 このページはあくまで 「ゆで汁をスープして美味しくする」ことを念頭にしているので、ちょっと違いがあります。

次の

家で作れる比較的安全なとりわさ※自己責任でどうぞ

とり ささみ

鶏ささみの加熱&だし取り 鶏ささみのゆで汁を美味しいスープに活用するには 『風味づけの"生姜"と"ねぎの青い部分"を一緒にゆでる』とよいです。 生姜は皮ごと薄切りに、ねぎは料理では少し使いづらい長ねぎ(白ねぎ)の青い部分を捨てずに取っておいて使用します。 はじめの水分量は、鶏ささみ2本に対して500ml。 鍋に水と生姜、ねぎを入れて火にかけ、沸いたら分量の塩とささみを投入します。 ささみを入れたら1分ほどぐつぐつと煮出し、それから火を止めます。 蓋をして余熱で7〜9分ほど蒸らして鶏ささみにふっくら火を通します。 時間がくれば鍋の中のものをすべて取り出し、粗熱が取れたら鶏ささみを粗くほぐします(このとき筋があれば取り除くとよいです)。 今回は 三つ葉とえのき茸を合わせました。 三つ葉は1〜2㎝幅に、えのきは2〜3㎝幅に切ります。 また、鍋に残ったゆで汁(出汁)はAの調味料を加えて味を調えておきます。 具材の準備ができたら、鍋を再び火にかけ、沸騰直前に鶏ささみと三つ葉、えのき茸を加えます。 具材に軽く火を通したら完成です。 椀に盛り付けてごまを振りかけます(ごまを指で軽くつぶしながら加えるとごまの香りが立ってくれます)。 具材のアレンジとしては、絹さや、セロリ、ブロッコリー、椎茸などのきのこ類、れんこん、じゃがいも、人参などでも。 火の通りづらいものは、ささみをゆでる時にいっしょに加えるか、ゆで汁だけになったときに先に火を通すか、などするとよいです。 仕上がりに加えるものとして、ごま以外に一味唐辛子や、風味づけにごま油やオリーブオイルなどの油を少量好みで加えても。 のページでは、塩の量と蒸らす時間が少し多く(長く)なっています。 これはあくまで鶏ささみにしっかり塩気をつけたかったり、ふっくら火を通したいという理由からです。 このページはあくまで 「ゆで汁をスープして美味しくする」ことを念頭にしているので、ちょっと違いがあります。

次の