ホイップ クリーム レシピ。 美味しいホイップクリームの作り方・泡立て方のコツ [簡単お菓子レシピ] All About

美味しいホイップクリームの作り方・泡立て方のコツ [簡単お菓子レシピ] All About

ホイップ クリーム レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

豆乳クリームが低カロリーで女性に嬉しい!作り方と活用レシピ

ホイップ クリーム レシピ

ホイップクリームはおうちで手軽に作れる! ふわふわで甘いホイップクリーム。 ケーキには欠かせない存在ですよね。 カフェや喫茶店、ファミリーレストランやスーパーなどでも、ホイップクリームをたっぷりと使ったケーキなどのスイーツをよく見かけます。 また、ホイップクリームはケーキのデコレーションに使用するだけではなく、ホットケーキやパウンドケーキに添えたり、フルーツやドリンクに合わせていただいたりと、ご自宅でもさまざまな場面で美味しくいただけます。 そんなホイップクリームですが、ご自宅でもとても簡単に作ることができます。 材料と道具を揃えれば、あとはふんわりと泡立てるだけ。 出来立てのホイップクリームを使った自家製ケーキは、家族の記念日やホームパーティーでいただくのにぴったり! お好みのスイーツやフルーツに合わせれば、お子さまのおやつにも最適です。 生クリームを選ぶときのポイント ホイップクリームを作るときに欠かせない「生クリーム」。 生クリームを選ぶときのポイントは以下の2つです。 植物性脂肪か動物性脂肪か• 生クリームの脂肪分の量 詳しく解説していきます。 ホイップには、植物性脂肪と動物性脂肪どちらがおすすめ? ホイップクリームに使用する生クリームは、大きく分けて2種類あります。 植物性脂肪の生クリームと、 動物性脂肪の生クリームです。 使用する生クリームによって、ホイップクリームの出来上がりや味が異なってきます。 植物性脂肪の生クリームは 比較的長い期間保存することができます。 ホイップする際も泡立ちが良く、簡単に泡立てることができるのが利点です。 動物性脂肪の生クリームは風味が良く、 ミルクの濃厚な味わいを楽しむことができます。 色味も真っ白な植物性のものと比べると、ほんのり黄色味がかった色合いになっているものが多いようです。 ホイップにおすすめの生クリームの脂肪分の量は? 脂肪分の違いによって、泡立てやすさや味わいにも違いが出てきます。 お菓子作りやケーキのデコレーションには、乳脂肪分35〜45%のものがよく使われています。 乳脂肪分35%程度の生クリームは、ふんわりと泡立つまでに少し時間がかかります。 しかし、食べたときの口当たりはとても軽く、 ふわっと食べやすいホイップクリームに仕上がります。 一方、45%ほどと脂肪分高めの生クリームは、乳脂肪分が高い分早く泡立てることができます。 乳脂肪分が多いだけあり、味わいは濃厚。 コクがあり、 ミルク感をしっかりと楽しむことができます。 「どんなホイップクリームに仕上げたいか」によって、使用する生クリームを選んでみてくださいね。 ホイップクリームを作るときに必要なアイテム ここからは、ホイップクリームを作るときに必要なアイテム(道具)をご紹介します。 ホイップクリームを作る際に必ず必要になってくるものから、あると便利なものまでご紹介しますので、以下を参考に、ご自分にあった道具を揃えてみてくださいね。 ボウル(大・小 1個ずつ) ホイップクリームを作る際に必ず必要となるのが「 ボウル」。 大きめのボウルとひとまわり小さいボウル、2つ用意しましょう。 小さいボウルには生クリームと砂糖を、大きいボウルには氷水を入れ、冷やしながら泡立てていきます。 ブレンダーの泡立て器を使用する際は、小さめのボウルの代わりに、ブレンダーとセットになっている専用のカップを使えば、生クリームが飛び散ることなく、きれいに泡立てることができますよ。 泡立て器 「 泡立て器」も、ホイップクリームを作る際にはかかせないアイテム。 小さすぎるとホイップできるまでに時間がかかるので、ある程度大きさがあるものを。 時間をかけて泡立てていくので、疲れにくく手に馴染むものをチョイスすると良いでしょう。 また、電動の泡立て器やホイッパー付きのブレンダーを選べば、短時間で力も使わず、とても簡単にホイップクリームを作ることができるためおすすめです。 ゴムベラ 「 ゴムベラ」は、ボウルで作ったホイップクリームを取る際に、とても便利なアイテム。 ゴムベラを使えば、ボウルについているホイップクリームを無駄にすることなく、きれいに取り切ることができます。 せっかく作ったホイップクリームですから、無駄なくしっかりといただきたいですよね。 絞り出し袋と口金 ケーキなどにホイップクリームをデコレーションする際に必要なのが「 絞り出し袋」と「 口金」。 絞り出し袋にホイップクリームを入れ、絞り出し袋の先端に口金をつけてスイーツに絞り出していきます。 口金はさまざまな形の商品があるので、いくつか用意しておくとバリエーション豊かなお菓子作りが楽しめます。 ホイップクリームの作り方 ホイップクリームは、コツさえ押さえれば失敗なく作ることができます。 ここからは、ホイップクリームを作る際に用意するものと、作り方の手順を写真付きでご紹介します。 分量と手順を間違えなければ、おいしいホイップクリームを作ることはとても簡単です。 時間をかけてたくさん泡立てるほど、クリームが硬くなり、ツノが立つようになります。 緩めのホイップにして使用したい場合は、泡立てすぎないよう注意が必要です。 「六分立て」の生クリーム かなりゆるめ。 ケーキをコーティングしたり、ムースなどに使うことが多いです。 ディップソースとしても使えます。 「七分立て」の生クリーム 泡立て器で少しすくうことができますが、すぐに流れ落ちていく状態。 「八分立て」の生クリーム 泡立て器ですくうことができる程度の柔らかさ。 ロールケーキやショートケーキの内側、絞り出しのデコレーションなどに使用するのに向いています。 「九分立て」の生クリーム しっかりとツノが立ち、ある程度のかたさがある状態。 泡立て器でしっかりとすくうことができます。 少し固めですが絞り出しもでき、 ドリンクの上にのせるのにも最適です。 ホイップクリームを上手に作るには? ホイップクリームを失敗なく、おいしく作るためには、いくつか気を付けていただきたいポイントがあります。 こちらではホイップクリームを上手に作るポイントや、作り方を失敗したときのリカバリー方法などをご紹介します。 しっかりと冷やしながら泡立てること• 泡立てすぎないこと 生クリームは、温度が高くなってしまうと泡立ちづらく、ゆるいホイップクリームに仕上がってしまいます。 氷水で冷やすのはもちろん、可能であれば 泡立て器やボウルなどを事前に冷蔵庫で冷やしておくと短時間にきれいなホイップクリームを作ることができます。 また、 生クリームは泡立てすぎると分離してしまうので注意が必要。 電動の泡立て器を使う際は特に注意をし、いっきに泡立てず、途中で何度か固さを確認しながら泡立てていくと失敗がありません。 ホイップクリームを泡立てすぎてしまったときは? ホイップクリームは、泡立てすぎてしまうと分離し、固くボソボソとした状態になってしまいます。 そのままではホイップクリームとして使うことはできなくなってしまいますが、 柔らかく戻す方法や そのままでも美味しくいただける手段を知っていると、泡立てすぎてしまった際にかなり役に立ちます。 以下に、元の状態に近づけるやり方やそのままいただく際のアイデアをご紹介します。 もし分離するまで泡立ててしまった際には参考になさってください。 【1】牛乳を足して元の状態に戻す 牛乳にも生クリームと同様に乳成分が含まれているため、少しづつ足していくことでなめらかな状態に戻すことができます。 牛乳を足す場合は泡立て器を使わずに、ゴムベラや木べらなどを使います。 牛乳を少しずつ加え、全体をゆっくりと混ぜていきます。 牛乳がホイップクリーム全体に馴染むと、とろっとした状態にすることができます。 MEMOもし牛乳を足しても分離したままの状態の場合は、「元の状態には戻せない状態まで泡立ててしまった」ということなので、牛乳をたくさん入れず、そのまま料理などに使ってしまうのがベストです。 【2】シチューやグラタンにプラスして 泡立てすぎてしまったホイップクリームは、シチューやグラタン等のクリーム系のお料理にプラスすると、とても美味しくいただくことができます。 砂糖が入っていますが、大量に入れすぎなければ甘さを感じることはなく、濃厚クリーミーで上品な味わいに仕上がります。 また辛口のカレーにスプーン1杯程度プラスして、お皿の中で合わせながらいただくのもおすすめ。 辛さを少しまろやかにすることができるため、味に変化をつけることができますよ! 【3】スコーンやパンにつけて美味しくいただく 分離したクリームをそのまま、お好みのパンやスコーンにつけていただくのもおすすめ。 自家製のバタークリームとしてとても美味しくいただくことができ、ジャムと一緒に添えればホームパーティーなどにも最適。 砂糖をプラスしてヘラなどで混ぜ合わせれば、焼き立てのトーストにもぴったりです。 ホイップクリームが余ってしまったら? ホイップクリームを作りすぎてしまった、または余ってしまったときは 冷凍保存がおすすめです。 ホーローのタッパーなど保存容器にクッキングペーパーを敷き、絞り袋にホイップクリームをいれたら少量ずつクッキングペーパーの上に絞っていきます。 そのままフタをして冷凍庫へ。 いただくときは、お好みの量を凍ったままコーヒーやココアなどホットドリンクに。 温かい飲みものと合わせれば、解凍も必要ありません。 ホイップクリーム作りにおすすめアイテム ホイップクリームをご自宅で作る際に、あると便利なアイテムを以下でご紹介します。 泡立て器で攪拌するのもなかなか大変な作業。 そんな作業をラクにする、素敵なアイテムばかりです。 気になった方はぜひゲットしてみてくださいね。 ふりふりクリームメーカー ホイップクリームを作ると、道具の準備や後片付けに時間と手間がかかりますよね。 そんな面倒な手間を省いてくれるのが、こちらの 「ふりふりクリームメーカー」です。 生クリームと砂糖を容器にいれ、フタを押さえながら振るだけ。 とっても簡単にホイップクリームを作ることができちゃいます。 100mlのホイップクリームを振るだけで作ることができるのはもちろん、容器の先端が絞り口になっているので、 そのままケーキなどのスイーツに絞って使うことができるんです! 手軽にホイップクリームを作ることができ、デコレーションまでこれ一つで完結!お子さまと一緒にお菓子作りが楽しめる、かなり便利な商品です。 ホイップクリームを使ったおいしいレシピアイデア ケーキなどお菓子作りにかかせないホイップクリームですが、今回はケーキ以外でもおいしくいただけるレシピアイデアをいくつかご紹介します。 いつものドリンクやスイーツにちょっとプラスするだけで、おいしいだけじゃなく特別感のある仕上がりとなり、満足感が高まります。 ぜひ以下のアイデアを参考にしてみてくださいね。 まるで喫茶店のような可愛らしいプリンの完成です。 フルーツ数種類とホイップクリームをたっぷり添えれば「 プリンアラモード」に。 簡単に「 お店スイーツ」が完成しますよ! アイスココアの上にたっぷりとのせて アイスココアを作ってたっぷりとホイップクリームをのせれば、ふわっとクリーミーなおいしいココアが完成します。 ホイップクリームの上にはココアの粉を少し振って。 いつも行くカフェのココアような、上品な仕上がりになりますよ。 抹茶オレやミルクティー、コーヒーにもおすすめ。 こちらは、トーストした食パンにホイップクリームをたっぷりとのせ、イチゴをプラス。 上からはちみつをたらりとかけて、ティータイムに最適なオープンサンドに仕上げてみました。 フレンチトーストも同様に、お好みのフルーツとホイップクリームをのせて。 ふわふわで甘いフレンチトーストには、砂糖控えめのほんのり甘いホイップクリームがおすすめです。 ディップとしてビスケットに添えて 少し塩気のあるビスケットに、ディップとしてホイップクリームを添え、午後のティータイムに。 ホイップクリームを添えるだけで、いつものビスケットやクッキーがワンランクアップ!お子さまのおやつにもおすすめです。 今回は「ホイップクリーム」の作り方とそのポイント、使い方のアイデアなどをご紹介しました。 ホイップクリームはコツさえ押さえれば、ご自宅でとても簡単に作ることができます。 たくさん作りすぎてしまっても、冷凍保存もできるので心配無用です。 上手にホイップクリームを作り、ご自宅でのお菓子作りやティータイムなどにぜひ役立ててみてくださいね!.

次の

ホイップクリームを使ったレシピ・作り方一覧(28件)

ホイップ クリーム レシピ

生クリームとホイップクリームは何が違うの? お菓子作りに欠かせない生クリームやホイップクリーム。 いろんな商品があるけれど、どれを選ぶか、どう違うのか、迷ったことはありませんか? 「なんとなくしかわからない」という皆さんのお役に立てたらと思います。 他のものが入っていると生クリームとは呼べません。 生乳から乳脂肪分だけを遠心分離で取り出し、濃縮させて作られます。 ただこれは一般的にであって、食品衛生法に基づく規格でいうと、ちょっと名称が異なります。 細かい話ですがここを知っていただくと、クリーム選びがぐぐっと分かりやすくなるのではないかと思います。 パッケージの裏を見てみよう!! それぞれのクリームの原材料などが書かれているところを見てみてください。 名称:乳等を主要原料とする食品 こちらは3種類あります。 乳脂肪の一部を植物性脂肪に置き換えたものでコンパウンドクリームとも呼ばれる c. 純植物性脂肪のもの それぞれ、もう少し詳しくお話していきますね。 クリーム本来の風味・口溶け・コクが存分に味わえます。 消費期限はとても短く、金額は最も高価です。 *乳脂肪分の割合が高いほどコク 風味 ・かたさ・分離のしやすさなどが強くなります。 こんな時にオススメ• 生クリーム本来の風味を大切にしたい時。 添加物が気になる方。 名称:乳等を主原料とする食品とは a. 1のクリームと混同してしまいがちですが、ちゃんと違いがあるのです!! 風味は1と変わりなく、添加物によって安定性や保形性が良くなり、扱いやすくなっています。 消費期限は短めで、金額は1よりややお安めのものが多いです。 こんな時にオススメ• 生クリーム本来の風味は欲しいけれど、少しでも安定性 分離しにくさ 、保形性を上げたい時。 夏場など環境が悪い時は特に1よりおすすめ。 *bやcに比べると分離しやすいですが、1に比べると分離しにくいです。 乳脂肪の一部を植物性脂肪に置き換えたもの コンパウンドクリーム c. 純植物性脂肪のもの パッケージに『〇〇フレッシュ』や『〇〇ホイップ』などと書かれています。 風味や口どけは純乳脂に劣りますが、作業性の良さ・ダレにくさ・さっぱり感からこちらが適していることも。 消費期限がとても長く、日持ちします。 添加物が多く、金額は最も安価です。 こんな時にオススメ• 純乳脂は黄みがかっているので、白さを求める時。 軽さ、さっぱりさが欲しい時。 よりしっかり形を保って欲しい時。 価格が安いので気軽に使いたい時。 使用感やお味は?どんな違いがあるの? 実際に泡立てて比べてみました。 使用したのはコチラの2種。 それぞれ100mlに7g加糖し、氷水につけながらハンドミキサーの低速で、やわらかい角が立つ状態まで泡立てました。 *クリームの管理状況・使用するハンドミキサー・ボールの形状・サイズなど、条件が変わると当然時間は変わるので、一つの目安として捉えてくださいね。 ちなみに乳脂肪分35%の純生クリームだと1分10秒かかりました。 少しとろみがついてくると、あっという間にかたくなってしまうので注意が必要。 食べてみると ミルクの風味がとても良い。 コクがあって口どけが良い。 ホイップクリーム 泡立てにかかった時間:1分25秒 純生クリームの倍近くの時間がかかりました。 ある程度とろみがついたあともすぐにかたくなったりぼそついたりしにくい。 食べてみると ふわっと軽いけれど、口どけは純生クリームの方が良い。 乳製品独特の風味はないのであっさりした感じ。 色合いがだいぶ違いますね。 いろいろ使ってみると面白い!! みんな、はっきりとお味の違いが分かったようです。 用途に応じて選ぶのも大事ですが、ご興味のある方はぜひいろんなタイプのクリームを試して実感してみてください。 講師繋がり嬉しいです。 焼く道具であるオーブンとオーブントースター。 komomottiさん コメントありがとうございます。 参考になったとのお言葉とても嬉しいです!! お役に立てたら嬉しいのですが・・・。

次の