マイクロソフト アカウント ロック 解除。 Microsoftアカウントがロックされ、回復も出来ません。

ロックされたマイクロソフトアカウントを携帯電話無しで解除する方法

マイクロソフト アカウント ロック 解除

ユーザー アカウントをロック解除し、承認する VB Unlocking and Approving User Accounts VB• この記事の内容 by または or このチュートリアルでは、管理者がユーザーのロックアウトと承認済みの状態を管理するための web ページを構築する方法について説明します。 This tutorial shows how to build a web page for administrators to manage users' locked out and approved statuses. また、電子メールアドレスを確認した後にのみ、新しいユーザーを承認する方法についても説明します。 We will also see how to approve new users only after they have verified their email address. はじめに Introduction ユーザー名、パスワード、および電子メールと共に、各ユーザーアカウントには、ユーザーがサイトにログインできるかどうかを指定する2つの状態フィールドがあります。 ロックアウトされ、承認されています。 Along with a username, password, and email, each user account has two status fields that dictate whether the user can log into the site: locked out and approved. 指定した分数内に無効な資格情報が指定した回数だけ提供された場合、ユーザーは自動的にロックアウトされます 既定の設定では、10分以内にログイン試行が5回失敗した後にユーザーがロックを解除します。 A user is automatically locked out if they provide invalid credentials a specified number of times within a specified number of minutes the default settings lock a user out after 5 invalid login attempts within 10 minutes. 承認済みの状態は、新しいユーザーがサイトにログオンする前に何らかのアクションを実行する必要がある場合に役立ちます。 The approved status is useful in scenarios where some action must transpire before a new user is able to log on to the site. たとえば、ユーザーは、最初に電子メールアドレスを確認するか、ログインする前に管理者によって承認される必要があります。 For example, a user might need to first verify their email address or be approved by an administrator before being able to login. ロックアウトされたユーザーまたは未承認のユーザーがログインできないため、これらの状態をリセットする方法は自然なものになります。 Because a locked out or unapproved user cannot login, it's only natural to wonder how these statuses can be reset. ASP. NET には、ユーザーのロックアウトおよび承認済みの状態を管理するための組み込み機能や Web コントロールは含まれていません。 これらの決定はサイトごとに処理する必要があるためです。 ASP. NET does not include any built-in functionality or Web controls for managing users' locked out and approved statuses, in part because these decisions need to be handled on a site-by-site basis. サイトによっては、すべての新しいユーザーアカウントが自動的に承認される場合があります 既定の動作。 Some sites might automatically approve all new user accounts the default behavior. 管理者が新しいアカウントを承認したり、サインアップ時に指定された電子メールアドレスに送信されたリンクにアクセスするまでユーザーを承認したりすることはできません。 Others have an administrator approve new accounts or do not approve users until they visit a link sent to the email address provided when they signed up. 同様に、一部のサイトでは、管理者が状態をリセットするまでユーザーがロックアウトされる場合がありますが、他のサイトでは、アカウントのロックを解除するためにアクセスできる URL を使用して、ロックアウトされたユーザーに電子メールが送信されます。 Likewise, some sites may lock out users until an administrator resets their status, while other sites send an email to the locked out user with a URL they can visit to unlock their account. このチュートリアルでは、管理者がユーザーのロックアウトと承認済みの状態を管理するための web ページを構築する方法について説明します。 This tutorial shows how to build a web page for administrators to manage users' locked out and approved statuses. また、電子メールアドレスを確認した後にのみ、新しいユーザーを承認する方法についても説明します。 We will also see how to approve new users only after they have verified their email address. 手順 1:ユーザーのロックアウト状態と承認済み状態の管理 Step 1: Managing Users' Locked Out and Approved Statuses 」では、ページ分割された GridView で各ユーザーアカウントを一覧表示するページを作成しています。 In the tutorial we constructed a page that listed each user account in a paged, filtered GridView. グリッドには、各ユーザーの名前と電子メール、承認およびロックアウトされた状態、現在オンラインになっているかどうか、およびユーザーに関するコメントが表示されます。 The grid lists each user's name and email, their approved and locked out statuses, whether they're currently online, and any comments about the user. ユーザーの承認済みとロックアウト状態を管理するために、このグリッドを編集可能にすることができます。 To manage users' approved and locked out statuses, we could make this grid editable. ユーザーの承認済みの状態を変更するには、まず、管理者がユーザーアカウントを検索し、対応する GridView 行を編集して、[承認済み] チェックボックスをオンまたはオフにします。 To change a user's approved status, the administrator would first locate the user account and then edit the corresponding GridView row, checking or unchecking the approved checkbox. または、別の ASP. NET ページを使用して、承認された状態とロックアウトされた状態を管理することもできます。 Alternatively, we could manage the approved and locked out statuses through a separate ASP. NET page. このチュートリアルでは、 ManageUsers. aspx と UserInformation. aspxの2つの ASP. NET ページを使用します。 For this tutorial let's use two ASP. NET pages: ManageUsers. aspx and UserInformation. aspx. ここでの考え方は、 ManageUsers. aspx はシステム内のユーザーアカウントを一覧表示しているのに対し、 UserInformation. aspx では、管理者は特定のユーザーの承認済みおよびロックアウト状態を管理できます。 The idea here is that ManageUsers. aspx lists the user accounts in the system, while UserInformation. aspx enables the administrator to manage the approved and locked out statuses for a specific user. 最初のビジネスの順序は、 ManageUsers. aspx の GridView を拡張して、リンクの列として表示されるハイパーリンクフィールドを含めることです。 Our first order of business is to augment the GridView in ManageUsers. aspx to include a HyperLinkField, which renders as a column of links. 各リンクは UserInformation. aspx? UserNameは編集するユーザーの名前です。 We want each link to point to UserInformation. aspx? Note 「 」チュートリアルのコードをダウンロードした場合は、[ ManageUsers. aspx] ページに "管理" リンクのセットが既に含まれており、[ UserInformation. aspx] ページに、選択したユーザーのパスワードを変更するためのインターフェイスが用意されていることがわかります。 If you downloaded the code for the tutorial you may have noticed that the ManageUsers. aspx page already contains a set of "Manage" links and the UserInformation. aspx page provides an interface for changing the selected user's password. このチュートリアルに関連付けられているコードでは、この機能をレプリケートしないことにしました。 これは、メンバーシップ API を回避し、SQL Server データベースを直接操作してユーザーのパスワードを変更することによって動作したためです。 I decided not to replicate that functionality in the code associated with this tutorial because it worked by circumventing the Membership API and operating directly with the SQL Server database to change a user's password. このチュートリアルは、最初から UserInformation. aspx ページから開始します。 This tutorial starts from scratch with the UserInformation. aspx page. UserAccountsGridView に "管理" リンクを追加する Adding "Manage" Links to the UserAccountsGridView [ ManageUsers. aspx] ページを開き、[ハイパーリンク] フィールドを UserAccounts GridView に追加します。 Open the ManageUsers. aspx page and add a HyperLinkField to the UserAccounts GridView. [ハイパーリンク] フィールドの [ Text] プロパティを "Manage" に設定し、その DataNavigateUrlFields と DataNavigateUrlFormatString のプロパティを UserName および "UserInformation. aspx? Set the HyperLinkField's Text property to "Manage" and its DataNavigateUrlFields and DataNavigateUrlFormatString properties to UserName and "UserInformation. aspx? これらの設定は、すべてのハイパーリンクに "Manage" というテキストが表示されるように hyperlink フィールドを構成しますが、各リンクは、適切な ユーザー名の値を querystring に渡します。 These settings configure the HyperLinkField such that all of the hyperlinks display the text "Manage", but each link passes in the appropriate UserName value into the querystring. [ハイパーリンク] フィールドを GridView に追加した後、ブラウザーを使用して ManageUsers. aspx ページを表示します。 After adding the HyperLinkField to the GridView, take a moment to view the ManageUsers. aspx page through a browser. 図1に示すように、各 GridView 行には "Manage" リンクが含まれるようになりました。 As Figure 1 shows, each GridView row now includes a "Manage" link. の [管理] リンクは UserInformation. aspx? aspx? The "Manage" link for Bruce points to UserInformation. aspx? aspx? 図 1:[ハイパーリンク] フィールドには、ユーザーアカウントごとに "管理" リンクが追加されます されます。 Figure 1: The HyperLinkField Adds a "Manage" Link for Each User Account ここでは、 UserInformation. aspx ページのユーザーインターフェイスとコードを作成しますが、まず、ユーザーのロックアウト状態と承認済みの状態をプログラムで変更する方法について説明します。 We will create the user interface and code for the UserInformation. aspx page in a moment, but first let's talk about how to programmatically change a user's locked out and approved statuses. には、 プロパティとがあります。 The has and. IsLockedOut プロパティは読み取り専用です。 The IsLockedOut property is read-only. プログラムによってユーザーをロックアウトするメカニズムはありません。 ユーザーのロックを解除するには、 MembershipUser クラスのを使用します。 There is no mechanism to programmatically lock out a user; to unlock a user, use the MembershipUser class's. IsApproved プロパティは読み取りと書き込みが可能です。 The IsApproved property is readable and writeable. このプロパティに対する変更を保存するには、 Membership クラスのを呼び出して、変更された MembershipUser オブジェクトを渡します。 To save any changes to this property, we need to call the Membership class's , passing in the modified MembershipUser object. IsApproved プロパティは読み取りと書き込みが可能であるため、CheckBox コントロールは、このプロパティを構成するための最適なユーザーインターフェイス要素として使用されることがあります。 Because the IsApproved property is readable and writeable, a CheckBox control is probably the best user interface element for configuring this property. ただし、管理者がユーザーをロックアウトすることはできず、ユーザーのロックを解除することはできないので、 IsLockedOut プロパティではチェックボックスは機能しません。 However, a CheckBox will not work for the IsLockedOut property because an administrator cannot lock out a user, she may only unlock a user. IsLockedOut プロパティの適切なユーザーインターフェイスはボタンです。 クリックすると、ユーザーアカウントのロックが解除されます。 A suitable user interface for the IsLockedOut property is a Button that, when clicked, unlocks the user account. このボタンは、ユーザーがロックアウトされている場合にのみ有効にする必要があります。 This Button should only be enabled if the user is locked out. UserInformation. aspxページの作成 Creating the UserInformation. aspxPage これで、 UserInformation. aspxにユーザーインターフェイスを実装する準備が整いました。 We are now ready to implement the user interface in UserInformation. aspx. このページを開き、次の Web コントロールを追加します。 Open this page and add the following Web controls:• ハイパーリンクコントロール。 クリックすると、管理者が [ ManageUsers. aspx] ページに戻ります。 A HyperLink control that, when clicked, returns the administrator to the ManageUsers. aspx page. 選択したユーザーの名前を表示するためのラベル Web コントロール。 A Label Web control for displaying the selected user's name. このラベルの ID を UserNameLabel に設定し、Text プロパティをクリアします。 Set this Label's ID to UserNameLabel and clear out its Text property. IsApprovedという名前の CheckBox コントロール。 A CheckBox control named IsApproved. AutoPostBack プロパティを Trueに設定します。 Set its AutoPostBack property to True. ユーザーの最後のロックアウト日を表示するためのラベルコントロール。 A Label control for displaying the user's last locked out date. このラベルに LastLockedOutDateLabel という名前を付け、その Text プロパティをオフにします。 Name this Label LastLockedOutDateLabel and clear out its Text property. ユーザーのロックを解除するためのボタン。 A Button for unlocking the user. このボタン UnlockUserButton という名前を指定し、その Text プロパティを "Unlock User" に設定します。 Name this Button UnlockUserButton and set its Text property to "Unlock User". "ユーザーの承認された状態は更新されました。 " などのステータスメッセージを表示するためのラベルコントロール。 A Label control for displaying status messages, such as, "The user's approved status has been updated. " このコントロールに StatusMessageという名前を設定し、その Text プロパティをオフにして、その CssClass プロパティを Importantに設定します。 Name this control StatusMessage, clear out its Text property, and set its CssClass property to Important. Important CSS クラスは、 Styles. css スタイルシートファイルで定義されています。 これにより、対応するテキストが大きな赤いフォントで表示されます。 The Important CSS class is defined in the Styles. css stylesheet file; it displays the corresponding text in a large, red font. これらのコントロールを追加した後、Visual Studio のデザインビューは、図2のスクリーンショットのようになります。 After adding these controls, the Design view in Visual Studio should look similar to the screen shot in Figure 2. 図 2: UserInformation. aspx 用のユーザーインターフェイスを作成されます Figure 2: Create the User Interface for UserInformation. aspx ユーザーインターフェイスが完成したら、次に、選択したユーザーの情報に基づいて IsApproved チェックボックスとその他のコントロールを設定します。 With the user interface complete, our next task is to set the IsApproved CheckBox and other controls based on the selected user's information. ページの Load イベントのイベントハンドラーを作成し、次のコードを追加します。 EventArgs Handles Me. Load If Not Page. IsPostBack Then ' If querystring value is missing, send the user to ManageUsers. QueryString "user" If String. IsNullOrEmpty userName Then Response. Redirect "ManageUsers. GetUser userName If usr Is Nothing Then Response. Redirect "ManageUsers. aspx" End If UserNameLabel. UserName IsApproved. IsApproved If usr. LastLockoutDate. Empty Else LastLockoutDateLabel. LastLockoutDate. ToShortDateString UnlockUserButton. IsLockedOut End If End If End Sub 上記のコードは、最初にページにアクセスし、次のポストバックではないことを確認することから始まります。 The above code starts by ensuring that this is the first visit to the page and not a subsequent postback. 次に、 user querystring フィールドを通じて渡されたユーザー名を読み取り、 Membership. GetUser username メソッドを使用してそのユーザーアカウントに関する情報を取得します。 It then reads the username passed through the user querystring field and retrieves information about that user account via the Membership. GetUser username method. Querystring でユーザー名が指定されなかった場合、または指定されたユーザーが見つからなかった場合は、管理者が ManageUsers. aspx ページに戻されます。 If no username was supplied through the querystring, or if the specified user could not be found, the administrator is sent back to the ManageUsers. aspx page. MembershipUser オブジェクトの UserName 値が UserNameLabel に表示され、 IsApproved プロパティ値に基づいて IsApproved チェックボックスがオンになります。 The MembershipUser object's UserName value is then displayed in the UserNameLabel and the IsApproved CheckBox is checked based on the IsApproved property value. MembershipUser オブジェクトのは、ユーザーが最後にロックアウトされた日時を示す DateTime 値を返します。 ユーザーがロックアウトされていない場合、返される値はメンバーシッププロバイダーによって異なります。 The MembershipUser object's returns a DateTime value indicating when the user was last locked out. If the user has never been locked out, the value returned depends on the Membership provider. 上のコードでは、 LastLockoutDate プロパティが2000年の前に発生した場合、 LastLockoutDateLabel に空の文字列が表示されます。 それ以外の場合は、 LastLockoutDate プロパティの日付部分がラベルに表示されます。 The above code displays an empty string in the LastLockoutDateLabel if the LastLockoutDate property occurs before year 2000; otherwise, the date portion of the LastLockoutDate property is displayed in the Label. UnlockUserButtonの Enabled プロパティは、ユーザーのロックアウト状態に設定されます。 つまり、このボタンは、ユーザーがロックアウトされている場合にのみ有効になります。 The UnlockUserButton's Enabled property is set to the user's locked out status, meaning that this Button will only be enabled if the user is locked out. ブラウザーを使用して UserInformation. aspx のページをテストしてみましょう。 Take a moment to test the UserInformation. aspx page through a browser. もちろん、 ManageUsers. aspx で開始し、管理するユーザーアカウントを選択する必要があります。 You will, of course, need to start at ManageUsers. aspx and select a user account to manage. UserInformation. aspxに到着すると、[ IsApproved] チェックボックスは、ユーザーが承認されている場合にのみチェックされることに注意してください。 Upon arriving at UserInformation. aspx, note that the IsApproved CheckBox is only checked if the user is approved. ユーザーがロックアウトされている場合は、最後のロックアウト日が表示されます。 If the user has ever been locked out, their last locked out date is displayed. [ユーザーのロック解除] ボタンは、ユーザーが現在ロックアウトされている場合にのみ有効になります。 IsApproved チェックボックスをオンまたはオフにして [ユーザーのロック解除] ボタンをクリックすると、ポストバックが発生しますが、これらのイベントのイベントハンドラーをまだ作成していないため、ユーザーアカウントに変更は加えられません。 The Unlock User button is enabled only if the user is currently locked out. Checking or unchecking the IsApproved CheckBox or clicking the Unlock User button causes a postback, but no modifications are made to the user account because we've yet to create event handlers for these events. Visual Studio に戻り、 IsApproved CheckBox の CheckedChanged イベントと、 UnlockUser ボタンの Click イベントのイベントハンドラーを作成します。 Return to Visual Studio and create event handlers for the IsApproved CheckBox's CheckedChanged event and the UnlockUser Button's Click event. CheckedChanged イベントハンドラーで、ユーザーの IsApproved プロパティをチェックボックスの Checked プロパティに設定し、 Membership. UpdateUserの呼び出しを使用して変更を保存します。 In the CheckedChanged event handler, set the user's IsApproved property to the Checked property of the CheckBox and then save the changes via a call to Membership. UpdateUser. Click イベントハンドラーでは、 MembershipUser オブジェクトの UnlockUser メソッドを呼び出すだけです。 In the Click event handler, simply call the MembershipUser object's UnlockUser method. 両方のイベントハンドラーで、 StatusMessage ラベルに適切なメッセージを表示します。 In both event handlers, display a suitable message in the StatusMessage Label. EventArgs Handles IsApproved. GetUser userName usr. Checked Membership. UpdateUser usr StatusMessage. EventArgs Handles UnlockUserButton. GetUser userName usr. UnlockUser UnlockUserButton. " End Sub UserInformation. aspxページのテスト Testing the UserInformation. aspxPage これらのイベントハンドラーを使用して、ページを再実行し、ユーザーを未承認にします。 With these event handlers in place, revisit the page and unapproved a user. 図3に示すように、ページには、ユーザーの IsApproved プロパティが正常に変更されたことを示す簡単なメッセージが表示されます。 As Figure 3 shows, you should see a brief message on the page indicating that the user's IsApproved property was successfully modified. 図 3:Chris が未承認になりました されます Figure 3: Chris has been Unapproved 次に、ログアウトして、アカウントが承認されていないユーザーとしてログインします。 Next, logout and try to login as the user whose account was just unapproved. ユーザーは承認されていないため、ログインできません。 Because the user is not approved, they cannot login. 既定では、ログイン制御は、理由に関係なく、ユーザーがログインできない場合、同じメッセージを表示します。 By default, the Login control displays the same message if the user cannot login, regardless of the reason. ただし、 に関するチュートリアルでは、より適切なメッセージを表示するように、ログインコントロールを拡張する方法を検討しました。 But in the tutorial we looked at enhancing the Login control to display a more appropriate message. 図4に示すように、Chris には、アカウントがまだ承認されていないためにログインできないことを示すメッセージが表示されています。 As Figure 4 shows, Chris is shown a message explaining that he cannot login because his account is not yet approved. 図 4:アカウントが承認されていないため、Chris はログインできません されます Figure 4: Chris Cannot Login Because His Account is Unapproved ロックアウトされた機能をテストするには、承認されたユーザーとしてログインを試みますが、正しくないパスワードを使用します。 To test the locked out functionality, attempt to login as an approved user, but use an incorrect password. ユーザーのアカウントがロックアウトされるまで、必要な回数だけこのプロセスを繰り返します。 ロックアウトされたアカウントからログインしようとすると、カスタムメッセージを表示するように Login コントロールも更新されました。 Repeat this process the necessary number of times until the user's account has been locked out. The Login control was also updated to show a custom message if attempting to login from a locked out account. ログインページで次のメッセージが表示されると、アカウントがロックアウトされていることがわかります。 "無効なログイン試行回数が多すぎるため、アカウントがロックアウトされました。 You know that an account has been locked out once you start seeing the following message at the login page: "Your account has been locked out because of too many invalid login attempts. アカウントのロックを解除するには、管理者にお問い合わせください。 " Please contact the administrator to have your account unlocked. " ManageUsers. aspx ページに戻り、ロックアウトされたユーザーの [管理] リンクをクリックします。 Return to the ManageUsers. aspx page and click the Manage link for the locked out user. 図5に示すように、[ユーザーのロック解除] ボタンが有効になっている LastLockedOutDateLabel に値が表示されます。 As Figure 5 shows, you should see a value in the LastLockedOutDateLabel the Unlock User button should be enabled. ユーザーアカウントのロックを解除するには、[ユーザーのロック解除] ボタンをクリックします。 Click the Unlock User button to unlock the user account. ユーザーのロックを解除すると、再度ログインできるようになります。 Once you have unlocked the user, they will be able to login again. 図 5:Dave がシステムからロックアウトされました されます Figure 5: Dave Has Been Locked Out of the System 手順 2:新しいユーザーの承認済み状態の指定 Step 2: Specifying New Users' Approved Status 承認済みの状態は、新しいユーザーがサイトのユーザー固有の機能にログインしてアクセスできるようにするために、何らかのアクションを実行する必要がある場合に便利です。 The approved status is useful in scenarios where you want some action to be performed before a new user is able to login and access the user-specific features of the site. たとえば、プライベート web サイトを実行していて、ログインページとサインアップページを除くすべてのページが、認証されたユーザーのみがアクセスできるようにすることができます。 For example, you may be running a private website where all pages, except for the login and signup pages, are accessible only to authenticated users. しかし、ユーザーが web サイトに到達し、サインアップページを検索して、アカウントを作成した場合はどうなるでしょうか。 But what happens if a stranger reaches your website, finds the signup page, and creates an account? この問題を回避するには、サインアップページを Administration フォルダーに移動し、管理者が各アカウントを手動で作成する必要があります。 To prevent this from happening you could move the signup page to an Administration folder, and require that an administrator manually create each account. または、すべてのユーザーにサインアップを許可し、管理者がユーザーアカウントを承認するまでサイトアクセスを禁止することもできます。 Alternatively, you could allow anyone to signup, but prohibit site access until an administrator approves the user account. 既定では、CreateUserWizard コントロールは新しいアカウントを承認します。 By default, the CreateUserWizard control approves new accounts. この動作は、コントロールのを使用して構成できます。 You can configure this behavior using the control's. 新しいユーザーアカウントを承認しないようにするには、このプロパティを True に設定します。 Set this property to True to not approve new user accounts. Note 既定では、CreateUserWizard コントロールは新しいユーザーアカウントに自動的にログオンします。 By default the CreateUserWizard control automatically logs on the new user account. この動作は、コントロールのによって決まります。 This behavior is dictated by the control's. 未承認のユーザーがサイトにログインできないため、 DisableCreatedUser が True 場合、 LoginCreatedUser プロパティの値に関係なく、新しいユーザーアカウントはサイトにログインしません。 Because unapproved users cannot login to the site, when DisableCreatedUser is True the new user account is not logged into the site, regardless of the value of the LoginCreatedUser property. Membership. CreateUser メソッドを使用してプログラムによって新しいユーザーアカウントを作成する場合、未承認のユーザーアカウントを作成するには、新しいユーザーの IsApproved プロパティ値を入力パラメーターとして受け取るオーバーロードのいずれかを使用します。 If you are programmatically creating new user accounts via the Membership. CreateUser method, to create an unapproved user account use one of the overloads that accept the new user's IsApproved property value as an input parameter. 手順 3:電子メールアドレスを確認してユーザーを承認する Step 3: Approving Users By Verifying their Email Address ユーザーアカウントをサポートする多くの web サイトは、登録時に指定した電子メールアドレスを確認するまで、新しいユーザーを承認しません。 Many websites that support user accounts do not approve new users until they verify the email address they supplied when registering. この検証プロセスは、ボット、スパム送信者、およびその他の neer を阻止するためによく使用されます。 これは、一意で検証された電子メールアドレスが必要であり、サインアッププロセスに追加の手順が追加されるためです。 This verification process is commonly used to thwart bots, spammers, and other ne'er-do-wells as it requires a unique, verified email address and adds an extra step in the signup process. このモデルでは、新しいユーザーがサインアップすると、確認ページへのリンクを含む電子メールメッセージが送信されます。 With this model, when a new user signs up they are sent an email message that includes a link to a verification page. このリンクにアクセスすることで、ユーザーは電子メールを受信したことがわかっているので、指定された電子メールアドレスが有効であることが証明されます。 By visiting the link the user has proven that they received the email and, therefore, that the email address provided is valid. 検証ページは、ユーザーを承認する役割を担います。 The verification page is responsible for approving the user. これは自動的に発生し、このページに到達したユーザーを承認するか、ユーザーがなどの追加情報を提供した後にのみ承認されます。 This may happen automatically, thereby approving any user who reaches this page, or only after the user provides some additional information, such as a. このワークフローに対応するには、最初にアカウント作成ページを更新して、新しいユーザーが承認されないようにする必要があります。 To accommodate this workflow, we need to first update the account creation page so that new users are unapproved. Membership フォルダーの [ EnhancedCreateUserWizard. aspx] ページを開き、CreateUserWizard コントロールの DisableCreatedUser プロパティを [ True] に設定します。 Open the EnhancedCreateUserWizard. aspx page in the Membership folder and set the CreateUserWizard control's DisableCreatedUser property to True. 次に、新しいユーザーに電子メールを送信するように CreateUserWizard コントロールを構成し、アカウントを確認する方法を説明します。 Next, we need to configure the CreateUserWizard control to send an email to the new user with instructions on how to verify their account. 特に、 Verification. aspx ページ まだ作成していません へのリンクを電子メールに含め、新しいユーザーの UserId を querystring で渡します。 In particular, we will include a link in the email to the Verification. aspx page which we've yet to create , passing in the new user's UserId through the querystring. Verification. aspx ページでは、指定されたユーザーを検索し、承認済みとしてマークします。 The Verification. aspx page will lookup the specified user and mark them approved. 新しいユーザーに確認メールを送信する Sending a Verification Email to New Users CreateUserWizard コントロールから電子メールを送信するには、その MailDefinition プロパティを適切に構成します。 To send an email from the CreateUserWizard control, configure its MailDefinition property appropriately. で説明したように、ChangePassword および passwordrecovery コントロールには、CreateUserWizard コントロールのと同じ方法で動作するが含まれています。 As discussed in the , the ChangePassword and PasswordRecovery controls include a that works in the same manner as the CreateUserWizard control's. Note MailDefinition プロパティを使用するには、 Web. configでメール配信オプションを指定する必要があります。 To use the MailDefinition property you need to specify mail delivery options in Web. config. 詳細については、「 を参照してください。 For more information, refer to. まず、 EmailTemplates フォルダーに CreateUserWizard. txt という名前の新しい電子メールテンプレートを作成します。 Start by creating a new email template named CreateUserWizard. txt in the EmailTemplates folder. テンプレートには、次のテキストを使用します。 Use the following text for the template: Hello! Welcome aboard. Your new account is almost ready, but before you can login you must first visit: Once you have visited the verification URL you will be redirected to the login page. If you have any problems or questions, please reply to this email. Thanks! txt" に設定し、その Subject プロパティを [My Web サイトへようこそ] に設定します。 txt" and its Subject property to "Welcome to My Website! アカウントをアクティブ化してください。 " Please activate your account. " CreateUserWizard. txt 電子メールテンプレートには、 プレースホルダーが含まれていることに注意してください。 Note that the CreateUserWizard. txt email template includes a placeholder. ここで、 Verification. aspx ページの URL が配置されます。 This is where the URL for the Verification. aspx page will be placed. CreateUserWizard は、 と のプレースホルダーを新しいアカウントのユーザー名とパスワードに自動的に置き換えますが、組み込みの プレースホルダーはありません。 The CreateUserWizard automatically replaces the and placeholders with the new account's username and password, but there is no built-in placeholder. 適切な検証 URL に手動で置き換える必要があります。 We need to manually replace it with the appropriate verification URL. これを実現するには、CreateUserWizard ののイベントハンドラーを作成し、次のコードを追加します。 Web. WebControls. MailMessageEventArgs Handles NewUserWizard. GetUser NewUserWizard. ProviderUserKey, Guid ' Determine the full verification URL i. aspx? Url. GetLeftPart UriPartial. aspx? Message. Message. Body. Replace "", fullUrl End Sub SendingMail イベントは、 CreatedUser イベントの後に発生します。 つまり、上記のイベントハンドラーが実行されたときに、新しいユーザーアカウントが既に作成されていることを意味します。 The SendingMail event fires after the CreatedUser event, meaning that by the time the above event handler executes the new user account has already been created. 新しいユーザーの UserId 値にアクセスするには、 Membership. GetUser メソッドを呼び出し、CreateUserWizard コントロールに入力した UserName を渡します。 We can access the new user's UserId value by calling the Membership. GetUser method, passing in the UserName entered into the CreateUserWizard control. 次に、検証 URL が形成されます。 Next, the verification URL is formed. ステートメント Request. Url. GetLeftPart UriPartial. com の部分を返します。 Request. ApplicationPath は、アプリケーションがルートとするパスを返します。 The statement Request. Url. GetLeftPart UriPartial. com portion of the URL; Request. ApplicationPath returns path where the application is rooted. 検証 URL が Verification. aspx? The verification URL is then defined as Verification. aspx? この2つの文字列は、完全な URL を形成するために連結されます。 These two strings are then concatenated to form the complete URL. 最後に、電子メールメッセージの本文 e. Message. Body には、すべての が完全な URL で置き換えられます。 Finally, the email message body e. Message. Body has all occurrences of replaced with the full URL. 実質的な効果は、新しいユーザーが未承認であることです。 つまり、サイトにログインすることはできません。 The net effect is that new users are unapproved, meaning that they cannot log into the site. さらに、確認 URL へのリンクを含む電子メールが自動的に送信されます 図6を参照。 Furthermore, they are automatically sent an email with a link to the verification URL see Figure 6. 図 6:新しいユーザーは、確認 URL へのリンクを含む電子メールを受信します されます Figure 6: The New User Receives an Email with a Link to the Verification URL Note CreateUserWizard コントロールの既定の CreateUserWizard ステップでは、ユーザーにアカウントが作成されたことを知らせるメッセージが表示され、[続行] ボタンが表示されます。 The CreateUserWizard control's default CreateUserWizard step displays a message informing the user their account has been created and displays a Continue button. このボタンをクリックすると、ユーザーはコントロールの ContinueDestinationPageUrl プロパティによって指定された URL に移動します。 Clicking this takes the user to the URL specified by the control's ContinueDestinationPageUrl property. EnhancedCreateUserWizard. aspxに送信するように構成されています。 これにより、ユーザーは自分の故郷、ホームページの URL、署名を求められます。 The CreateUserWizard in EnhancedCreateUserWizard. aspx, which prompts the user for their hometown, homepage URL, and signature. aspx に戻すことができます。 aspx. さらに、[ EnhancedCreateUserWizard. aspx] ページまたは CreateUserWizard 手順は、確認メールが送信されたことをユーザーに通知するように拡張する必要があります。 また、そのアカウントは、この電子メールの指示に従うまでライセンス認証されません。 Moreover, the EnhancedCreateUserWizard. aspx page or the CreateUserWizard step should be augmented to inform the user that they have been sent a verification email and their account won't be activated until they follow the instructions in this email. これらの変更は、読者のための演習として残しておきます。 I leave these modifications as an exercise for the reader. 検証ページの作成 Creating the Verification Page 最後に、 Verification. aspx ページを作成します。 Our final task is to create the Verification. aspx page. このページをルートフォルダーに追加し、 Site. master マスターページに関連付けます。 Add this page to the root folder, associating it with the Site. master master page. 前に説明したコンテンツページのほとんどがサイトに追加されたので、コンテンツページがマスターページの既定のコンテンツを使用するように、 LoginContent ContentPlaceHolder を参照するコンテンツコントロールを削除します。 As we've done with most of the previous content pages added to the site, remove the Content control that references the LoginContent ContentPlaceHolder so that the content page uses the master page's default content. [ Verification. aspx] ページに [ラベル] Web コントロールを追加し、その ID を StatusMessage に設定して、[text] プロパティをオフにします。 Add a Label Web control to the Verification. aspx page, set its ID to StatusMessage and clear out its text property. EventArgs Handles Me. Load If String. IsNullOrEmpty Request. QueryString "ID" Then StatusMessage. QueryString "ID" Catch StatusMessage. GetUser userId If usr Is Nothing Then StatusMessage. " Else ' Approve the user usr. UpdateUser usr StatusMessage. Please login to the site. " End If End If End Sub 上記のコードの大部分では、querystring によって指定された UserId が存在すること、有効な Guid 値であること、および既存のユーザーアカウントを参照していることを確認します。 The bulk of the above code verifies that the UserId supplied through the querystring exists, that it is a valid Guid value, and that it references an existing user account. これらすべてのチェックに合格すると、ユーザーアカウントは承認されます。 それ以外の場合は、適切なステータスメッセージが表示されます。 If all of these checks pass, the user account is approved; otherwise, a suitable status message is displayed. 図7は、ブラウザーを使用してアクセスしたときの Verification. aspx ページを示しています。 Figure 7 shows the Verification. aspx page when visited through a browser. 図 7:新しいユーザーのアカウントが承認されました されます Figure 7: The New User's Account is Now Approved まとめ Summary すべてのメンバーシップユーザーアカウントには、ユーザーがサイトにログインできるかどうかを決定する2つの状態があります。 IsLockedOut と IsApprovedです。 All Membership user accounts have two statuses that determine whether the user can log into the site: IsLockedOut and IsApproved. ユーザーがログインするには、これらのプロパティの両方を True する必要があります。 Both of these properties must be True for the user to login. ユーザーのロックアウト状態はセキュリティ対策として使用されます。 これは、ブルートフォース方式によって、ハッカーがサイトに侵入する可能性を低減するためです。 The user's locked out status is used as a security measure to reduce the likelihood of a hacker breaking into a site through brute force methods. 具体的には、一定の時間内に無効なログイン試行回数があると、ユーザーはロックアウトされます。 Specifically, a user is locked out if there are a certain number of invalid login attempts within a certain window of time. これらの境界は、 Web. configのメンバーシッププロバイダー設定を使用して構成できます。 These bounds are configurable through the Membership provider settings in Web. config. 承認済みの状態は、一部のアクションが発生するまで、新しいユーザーがログインできないようにする手段としてよく使用されます。 The approved status is commonly used as a means to prohibit new users from logging in until some action has transpired. サイトでは、最初に管理者が新しいアカウントを承認する必要があります。 または、手順3で見たように、電子メールアドレスを確認してください。 Perhaps the site requires that new accounts first be approved by the administrator or, as we saw in Step 3, by verifying their email address. プログラミングを楽しんでください。 Happy Programming! com の執筆者 が Microsoft の Web テクノロジを使用しています。 NET books and founder of 4GuysFromRolla. com, has been working with Microsoft Web technologies since 1998. Scott は、独立したコンサルタント、トレーナー、およびライターとして機能します。 Scott works as an independent consultant, trainer, and writer. 彼の最新の書籍は ています。 His latest book is. Scott は、 またはブログでにアクセスできます。 Scott can be reached at or via his blog at. ありがとうございました。 Special Thanks To… このチュートリアルシリーズは、役に立つ多くのレビュー担当者によってレビューされました。 This tutorial series was reviewed by many helpful reviewers. 今後の MSDN 記事を確認することに興味がありますか? Interested in reviewing my upcoming MSDN articles? その場合は、 の行を削除します。 If so, drop me a line at.

次の

ORA

マイクロソフト アカウント ロック 解除

html の内容もご存知と承知して、コメントいたします。 》 当該URLリンク以外のURLリンクは問題なく表示されますか? そのとおりです。 例:教えてgoo、YAHOO! 329 配下の IE 11. 329. 19041. 0 です。 Edge 44. 19041. 0 でも同じ[サインイン]エラーが出ます。 いま、気付いたのですが、OKWAVEにアクセス時の赤枠警告文が、以前の 「Internet Explorer推奨環境の変更に関する重要なお知らせ」 から 「Internet Explorer推奨環境の終了に関する重要なお知らせ」 に変わっていますね。 EG-44:  ̄ ̄問題は解消していました。 ありがとうございました! 獲得しているカテゴリマスター• その他(パソコン)カテゴリマスター• その他 Windows カテゴリマスター• パソコン・スマートフォンカテゴリマスター• デスクトップPCカテゴリマスター• ノートPCカテゴリマスター• その他(インターネット・Webサービス)カテゴリマスター• Androidカテゴリマスター• Windows 8カテゴリマスター• その他 ソフトウェア カテゴリマスター• プリンター・スキャナーカテゴリマスター• その他 PCパーツ・周辺機器 カテゴリマスター• Windows 7カテゴリマスター• CPU・メモリ・マザーボードカテゴリマスター• マウス・キーボードカテゴリマスター.

次の

マイクロソフトアカウントのロック(その2)

マイクロソフト アカウント ロック 解除

パソコンに仕事用の資料、日常の音楽・動画、勉強用のファイルなどたくさん保存しているので、パスコンの情報セキュリティーのために、windows パスワードを設定しています。 パスワードが多すぎて、またはパスワードを頻繁に変更すると、新しいパスワードを設定した後におきがちなことです。 windows 10 パスワードを忘れて、パスワードをログインできないときは、何かいい方法がありますか。 パソコンのデータを失わずにwindows10 パスワードをリセットまたは削除する対処方法があるでしょうか。 Windows 10では、Microsoftアカウントとローカルアカウントを使用できますから、ログイン パスワードを忘れた場合の対処方法は異なります。 この記事では、パソコンでwindows 10 パスワードを忘れてサインインできないときの対策方法をまとめて解説します。 ご参考いただければ幸いです。 Windows 10でユーザーアカウントの種類 Windows 10でパソコンのユーザーアカウントには二つの種類のパスワードがあります。 一つはMicrosoftアカウントのパスワードです。 もう一つはローカルアカウントのパスワードです。 ローカル アカウント ローカル アカウントとは、設定したパソコンでのみ使用できるアカウントです。 ローカルアカウントでサインインしてコンピューターを使用する場合、Windows ストアアプリの機能の一部が制限され、Microsoft storeからアプリをダウンロードしたり、Microsoftのオンラインのサービスを利用したりすることができません。 Microsoft アカウント Microsoftアカウントとは、電子メールアドレスとパスワードを使用して、インターネット上の複数のサービスを使用できるアカウントです。 それに、Microsoftアカウントを使って、複数のパソコンへサインインすると、オンラインで個人設定を同期して、PCのテーマと壁紙、ブラウザのお気に入り、アプリなどを共有します。 それぞれのwindows パスワードを忘れたときの対策を紹介します。 Windows 10でMicrosoftアカウントのパスワードを忘れた場合 Windows 10でMicrosoftパスワードを忘れた場合には、サインイン画面から、パスワードをリセットすることで、パスワードのロックを解除してログインできます。 Microsoft パスワードロックを解除する手順をご案内します。 ステップ1:ロック画面下にある「パスワードを忘れた場合」をクリックします。 ステップ2:アカウントの画面が表示され、Microsoftアカウントの中にアカウント情報を入れて、本人確認をします。 ステップ3:メールで受け取ったコードを入力して、「次へ」をクリックします。 ステップ4: パスワードのリセット画面で、新しいパスワードを入力して、「次へ」をクリックします。 ステップ5:これで、パスワードのリセットが完了です。 サインイン画面に戻り、新しいパスワードを入力して登録します。 重要 :• Microsoftアカウントのパスワードを変更するには、パソコンがインターネットに接続された状態で行ってください。 この操作手順では、Microsoftアカウントのメールアドレスに届いたメールをほかの端末から確認する必要があります。 Windows 10でローカルアカウントのパスワードを忘れた場合 Windows 10で管理者のローカルアカウントのパスワードを忘れた場合はどうしたら良いでしょうか。 二つの対策方法を取り上げます。 セキュリティの質問でWindows 10パスワードを見つける セキュリティの質問を覚えていないときには、パスワードリセットディスクを利用して、windows 10で忘れたパソコンパスワードをリセットすることができます。 あらかじめ作っておいたパスワードリセットディスクをパソコンへ接続すると、リセットウィザードが始まります。 ウィザードの指示に従ってwindows 10 パスワードをリセットすることを説明しますね。 ステップ1:サインイン画面に何度も間違ったパスワードを入力したら、「パスワードのリセット」という文字が出て、それをクリックします。 ステップ2:セキュリティの質問が表示され、質問の答えを入力して、矢印を押します。 ステップ3:「新しいパスワード」ボックスと「パスワードの確認入力」ボックスに新しいパスワードを入力して、矢印をクリックします。 それで、新しいパスワードを変更する操作が完了します。 新しいパスワードを使って、パソコンにサインインできます。 パスワードリセットディスクを利用する セキュリティの質問を覚えていないときには、パスワードリセットディスクを利用します。 あらかじめ作っておいたパスワードリセットディスクをパソコンへ接続すると、リセットウィザードが始まります。 ウィザードの指示に従ってパスワードをリセットすることを説明しますね。 ステップ1:3回パスワードを間違って入力すると、パスワードのリセットという文字が表示され、それをクリックして質問の画面が現れ、「代わりにパスワードリセットディスクを使用する」をクリックします。 ステップ2:パスワードのリセットウィザードの開始画面が出て、「次へ」をクリックします。 ステップ3:パスワードリセットディスクを挿入し、ドライブ名を選択して、「次へ」をクリックします。 ステップ4:新しいパスワードとパスワードのヒントを入力して、「次へ」をクリックします。 ステップ5:「パスワードのリセットウィザードの完了」という画面が表示されます。 「完了」をクリックして、パスワードのリセットが成功します。 Windows 10 パスワード ロックを迅速に解除する Windows 10 パスワードを忘れた場合に、セキュリティの質問の答えが思い出さなかったり、答えが忘れたりすることがよくあります。 また、パスワードのリセットディスクを事前に作成していないと、上記に紹介する二つの対処方法では、対応できません。 Windows10でパソコン パスワードを忘れた場合に、一番簡単でスピーディな対策方法は4WinKeyを使うことです。 は、windows パスワード向けの専門的なパスワード リセット ツールとして、パスワードリセットディスクを迅速に作成し、パスワードロックを素早く解除し、パスワードの回復率が100%です。 Microsoftアカウントのパスワードを忘れても、ローカルアカウントのパスワードを覚えなくても、ワンクリックで忘れたwindows10パスワードをリセットまたは削除することが対応できます。 windows 10 パスワードの忘れを困ったときにはを使ってください。 windows10 パスワードを忘れてログインできないときには、どのようにこのツールを使ったら良いと思われますか。 これから、操作手順をご案内します。 USBを挿入して、USBドライブを選択して「次へ」をクリックします。 ステップ2:USBディスクの書き込みを開始して、しばらくすると、書き込みが正常に完成します。 ステップ3:パスワードを忘れたパソコンにUSBドライブを挿入して、パスコンを起動します。 ステップ4:使用しているWindows10を選び、「パスワードをリセット」の項目を選択して、「次へ」をクリックします。 ステップ5:windowsアカウントを選び、新しいパスワードを入力して、「リセット」ボタンをクリックします。 Windowsパスワードのリセットが成功します。 次の動画では、PassFab 4WinKeyで忘れたwindows10 パスワードをリセットする操作方法を解説しています。 補足 : PassFab 4WinKeyで、MicrosoftアカウントでもWindows 10 ローカルアカウントでもパスワードのリセット操作が同じなので、画面の指示に従っていくだけです。 パソコン内のデータを安全に守りながら、自動でパスワードをリセットしてくれます。 まとめ 以上はwindows10でパソコンパスワードを忘れてログインできない場合の対処方法です。 もちろん、windows 10 パスワードを忘れたとき、一番お勧めの対策はPassFab 4WinKeyを利用することです。 Windows10 のユーザーアカウントを二つとも忘れてしまっても安心してください。 「4WinKey」を使えば、Windowsシステムを再インストールせず、データを保護しながら、安全にwindows 10 パスワードのリセットと再設定が出来ます。 それに、もしadminアカウントの名とパスワードを忘れたら、アカウントを作成することもできます。

次の