座右の銘 ランキング。 「座右の銘」の意味とは? 自己アピールに使える名言集

座右の銘のランキング一覧(かっこいい・笑顔・努力・面白い・有名人)

座右の銘 ランキング

座右の銘にしたい!かっこいいことわざ一覧【人生】 「座右の銘」とは、「常に自分の心に留めておいて、日常のいましめとすることばや文」のことです。 座右の銘とは?意味や由来、読み方は? 「座右の銘」とは「ざゆうのめい」と読みます。 「座右の... 愛情を与えてもらうのも、憎まれているのも、感謝されているのも全て自分の態度や行動から出た結果です。 全て無意識にも無作為にも与えられるものは、自分が招いたものなのだと、考えて行動して見ましょう。 人と人、男女であっても仕事や学校の仲間であっても、出会えたことは全て、何かの縁です。 友達だけではなく、様々なものも人も、その不思議な縁は、生涯大事にしてください。 就職、転勤、転職など、すべてが縁巡り合わせ。 じゃあ若いうちにしか縁がないかというと、そうではなく、歳を重ねたら、重ねただけの縁巡り合わせがある、という意味です。 何歳になっても、縁巡り合わせはあるので、忘れずにいた方がいいという、いい言葉です。 あまりにも一つの不幸ごとに気を取られてしまうと、反対にある小さな幸に気づけずに勿体無い、という意味でもあります。 その一つの出来事だけに踊らされているべきではありません。 人生は、長い旅のようなもので、途中で楽しいことも苦しいこともたくさんあるでしょう。 でも、それも旅の一部。 それすらも楽しみながら、人生を歩んでいくことの大切さを説いています。 周りがどんどん咲いていても、自分のペースでじっくり時間をかけ、実ったものは遅咲きであっても、価値がある、と心に留めておきたい言葉です。 心がおれるような出来事は、日常的に起こりがち。 何度つまづいても起き上がる強い気持ちを持ち続けることは、何よりもカッコよく、また、難しいことでもあるのです。 仕事でも、勉強でも、そのほかのことであっても、努力に挫折や、嫌になることはつきもの。 そんな時にも、自分の達成したい目標や、自分のために、思い続けてやり続ければ、硬い岩を通すくらい、大きな障害であっても乗り越えられる、ということです。 そんな時こそ、この言葉を座右の銘として、心に留めておきましょう。 継続することができる、ということすら、あなたが持っている力の一つです。 ウサギとカメのお話のような、言葉です。 目指している部分の人やことからどんなに劣っていても、めげずに腐らずに努力し続ければ、結果はついてくる、と説いています。 自分の周りには、できる人がたくさんいて、自分に劣等感を持つことも日常的にあります。 そんな時に思い出して、自分らしく頑張ることを忘れずにいてください。 座右の銘ランキング一覧【かっこいい】 では、かっこいい座右の銘ランキング一覧をみていきましょう... 1番最初に始めた時の気持ちを忘れず持ち続けたまま、物事に取り組みましょう。 また、全然身にしみておらず、同じことを繰り返してしまう、なんてことも。 1度経験した、苦い経験は忘れず、しっかりと胸に刻んで、糧にして、前に進んでいきましょう。 食事は、生活の中心でもあり、健康管理の一環でもあります。 どんな健康法やダイエット法も、食事が重要であることは、基本中の基本です。 食事こそ、日常的な最良の薬・治療法で、ひいては予防にも繋がる、ということでもあります。 ちょっとでも忘れてしまえば、そこから繋がる不仲はもう誰もとりもつことができないがために、大切な人を失うことにもつながりかねないのです。 ある程度、満足のラインを知っておかなければ、求めることばかりになってしまい、手元にある、たくさんのいいことや足りていることにも気づかずに取り落としてしまう、なんてことも少なからずあるのです。 そこだけで判断してしまったり、重視しがちですが、中身の素敵な部分を大事にしてください。 また、自分も中身で判断されるようにな人間んインあるため、心に留めておくのも座右の銘としての意味があります。 昔の旅路は辛いものだったことからきています。 大事だからこそ、手放して、きついことともしっかりと向き合わせることが、愛情の一つでもあります。 惜しげも無く、自分のできることを他人や見ず知らずの人に、提供できるような人になりたい、という人にもオススメです。 頼るものは自分んで選んで、判断していかなければ、痛い目にあった時に、自分の中で、受け止めることができなくなってしまいます。 そしてそれは、他人のせいにしないことでもあるので、他の人に対する、愛情の一つでもあるのです。 愛したものの中には、だんだん見えてくる悪な部分や、にくいと思っていたものの中にも思いがけず、善いことはたくさんあるので、冷静に判断するべきなのです。 経済状況や、立場んあど、変化のあることで、離れてしまうような関係ではなく、どんな時も一緒にいてくれる友人は、かけがえのないものです。 何かあった時に、相談できること、一緒に喜べること、それは、「信頼を置いている友人」であるからこそできることなのです。 そういった関係を気づけている友人がいることを誇りに思い、また、そういう友人ともっと出会いたい、という意味でもあります。 立場・出身・国籍・性別など、私たちを分ける言葉はたくさん存在しますが、どんな人であっても平等に、という意味です。 敵味方関係なく、どんな言葉でも分けたりせず、多くの人と関わる人生は豊かになるものでしょう。 お互いに何かあった時に、心を開き、心の底から、互いの力になるように行動することで、お互いの友人関係がどれだけのものであるかも再確認できます。 そこでまた、新たな信頼関係も生まれ、もっともっと、真剣にお互いのことを話すこともできるのです。 隣、は、いちばん身近であり、友好関係も築きやすい立場でもあります。 まずは隣の人、隣の国、など、身近な人を大事人して、友好関係を築いていきましょう。 時間はお金では買えない、という意味と、時間を無駄にするのとお金を無駄にするのは同じくらい勿体無いこと、という意味でもあります。 アルバイトをした方はわかりやすいと思いますが、1時間多く入るのと、1時間少なく入るのでは、お給料に差が出ます。 それくらい、時間とお金は大事にしなければならない、という意味で、時間の損失は、お金(利益)の損失、という意味を持っています。 お金の余裕は心の余裕でもあり、寛大な心を持ってこそ、金運やお金の流れもよくなるとされています。 めぐりめぐって自分のお財布に入るものです。 お金を使えば減るのは当たり前、ではそのお金をどう使うか、が大事なところです。 無駄遣いや、必要のいものばかり買うのではなく、しっかりと、「必要なのかどうか」を見極めてください。 きちんと、悪事ではなくてにいれて、しっかりと自分のために使えるようにしたいものです。 お金は意外なところから、湧き出てくることがあるので、いま手元になくても、悲観んしてはいけないという意味でもあります。 お金は、巡り巡って何かの拍子に、手元に入ってくるので、心配しすぎも良くありません。 お金にとらわれすぎずにいることが、お金に巡りを良くするための1つの方法です。 順序や、処理の仕方は、その仕事内容などによって様々ですが、効率的に短時間でやるために頭を使う、ということです。 多くの考えをめぐらせ(謀)、うまく処理する(善断)を四字熟語で表しています。 勤勉で、無駄遣いはせず、精一杯努力して、力にするまでは、時間も労力も使います。 でもそれを自分のものにできた時の喜びもひとしおです。 一生懸命に努力をし、物事に対して、真剣んに取り組むことが、成功や達成への近道です。 やっていく中では、苦しいこともたくさんありますが、それを超えることができれば、一気に成果を感じられます。 全てがスピード重視な訳ではありませんが、ある程度スピード感は持って行うことで、自分のための時間を作ることができたりと、良いこともたくさんあります。 スピードは持ちつつ、丁寧に仕事をこなせることが一番のいい方法です。 夢中になることもそうですが、一つの物事に取り組むことは、仕事や勉学、結果を出すことに、繋がります。 気が散ってしまうことや物はたくさんありますが、そちらに気を取られたりせず、一つの物事に集中して行いましょう。 笑えないような何かが起こることも日常生活にはたくさんありますが、そんな時も、笑顔を忘れずにいれば、いい方向に必ず向いていきます。 例えば、何かが盗まれた時、憎むべきは「盗んだ人」ではなく「盗むという行為」を肉旨機ということです。 もちろん、盗んだ人にも責任はありますが、犯罪自体を憎むべき、人自身を憎むことは自身のストレスにもつながってしまいます。 善行、良いことは、必ずしも人が見ているとは限りません。 また、必ずしも誰かに褒めてもらうこともありません。 ですが、誰に見られていなくても、良い行いは、必ず自分に返ってくるのです。 一番重要な場面での気の持ちようを表します。 難しいことや勝負事に対する心構えのことを言い、座右の銘として心に留めるのに最適です。 自らの意思を貫いて、思い切って進むことは、大事ではありますが、困難ものももちろんつきものです。 その困難を物ともせずに、振り切って、取り組むことで大きな成果が得られます。 いきなり、入り口から、山頂に飛ぶことは不可能です。 どんな道や物事も、1歩進むことから始まります。 どんなに険しい道も、1歩1歩いけば、いつのまにか千里の道、すなわちゴールや目標達成のためのみちを進んでいるのです。 進歩するスピードがかなり早いこと、も表し、日ごと月ごとの成長が早いことを説いています。 悪い意味ではなく、成長をする、前向きな意味で用いる言葉です。 小さすぎ、微力過ぎてなかなか結果が出ずに、イライラすることも落ち込むこともあります。 でも積み重ね、根気よく続ければ、確実んい結果となって自分のためになるのです。 何かを達成するには、失敗や挫折はつきものです。 それでもなんどもなんども諦めずに挑戦することで、成長につながります。 失敗を恐れずに何度も挑戦していく不屈の精神が大切です。 一つの方針や方向性を貫くのは、かなり大変です。 それができることも、成果や、大きな成長につながっていくのです。 座右の銘にしたい!かっこいいことわざ人気ランキング 3位:初心忘るべからず 身近な分、わすれがちな、心持ちを、座右の銘にすることで、いつでも振り返れるようにするといいでしょう。 また、自分の中の大事なことも、忙しかったり、頑張りすぎると忘れてしまいがちです。 それも忘れずにとどめておくための座右の銘として用いるのもいいでしょう。 2位:継続は力なり 途中でわからないこと、できないことが見つかると、そこから先、続けていくこと自体が困難になる場合があります。 ですが、それにめげることなく、続けることで、力は確実についてきます。 自分との戦いを表す言葉でもあるので、座右の銘として心に留めておく人も多い言葉です。 1位:七転び八起き 2位と同じく、自分との戦いですが、何度転んでも、立ち上がり、挑戦していくことを大切にする人が座右の銘にすることが多い言葉です。 仕事・勉強・スポーツなど、なんでもつまずいた時にこれからどうしていくか考えられるかが大切です。

次の

「座右の銘」の意味とは? 自己アピールに使える名言集

座右の銘 ランキング

偉人の言葉には、重みや深みのある言葉が数多くあるのではないでしょうか。 そんな偉人の言葉は、端的な文で、つい感心してしまうような言葉がたくさんあります。 また、好きな偉人や有名人の名言に絞って探すと見つけやすいかもしれません。 1 意志のあるところに道がひらける (エイブラハム・リンカーン) 2 人生は選択の連続である (ウィリアム・シェイクスピア) 3 夢を現実にするのは人である (ウォルト・ディズニー) 4 自分の心を知り、自分の人生を生きよ (ナポレオン・ヒル) 5 人生とは今日一日のことである (デール・カーネギー) 6 かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない (ココ・シャネル) 7 天才とは努力する凡才のことである (アルベルト・アインシュタイン) 8 仕事を追い、仕事に追われるな (ベンジャミン・フランクリン) 漫画やアニメというと子どもが見るもので幼いイメージがあるかもしれませんが、実はよく考えると意味深い言葉や感心してしまう言葉がたくさんあります。 子ども向けだからこそ、誰にでもわかりやすい言葉が多く、誰にでも伝えやすいというメリットがあります。 1 悩んでる暇にひとつでもやりなよ (ドラえもん) 2 重要なのは練習の量や内容ではなく気持ちの継続 (あひるの空) 3 他人にやらされていた練習を努力とは言わねぇだろ (MAJOR) 4 愛とは自分より相手を思いやることだよ (アナと雪の女王) 5 仲間のために一生懸命になる。 これ以上大切なものはありません! (スマイルプリキュア!) 6 意味の無いことをたくさんするのが人生なんじゃよ (ちびまる子ちゃん) 7 本気の失敗には価値がある (宇宙兄弟) 8 負けたことがあるというのが、いつか大きな財産になる (スラムダンク) 日本のことわざとは違って、海外のことわざにはちょっと独特の言い回しがありかもしれません。 文化が違うので、例え話も少しピンとこないところがあるようです。 しかし、聞きなれない言葉だと耳に残りやすいという利点もあります。 1 意志をもつものに力あり (フランス) 2 毛布が小さければ、体を丸めよ (フィリピン) 3 濡れている者は雨を恐れない 裸の者は盗賊を恐れない (ロシア) 4 楽しい人には草も花、いじけた人には花も草 (フィンランド) 5 好機は卵と同じく、一つずつやってくる (アメリカ) 6 耳は二つで口は一つ 自分が話す二倍聞け (トルコ) 7 一度道に迷うよりも、二度尋ねる方が良い (デンマーク) 8 早く進みたければ一人で行け 遠くに進みたければみんなで行け (アフリカ).

次の

「座右の銘」の意味や使い方とは?選び方や例をご紹介

座右の銘 ランキング

「座右の銘」の意味と読み方 「座右の銘」とは自分を律する格言 「座右の銘」は「ざゆうのめい」と読みます。 「座右の銘」とは、自分の心を律するための「格言」のことです。 「格言」とは人間の真理や生き方、戒めなどを簡潔に表した言葉のことです。 日々を生きていく上で、自分が「忘れてはならない」と思っていることや「こうでありたい」と感じている格言を、自分の「座右の銘」とすることで、毎日を揺るがず有意義に過ごすための指針とします。 「座右の銘」に決まりはない 「座右の銘」は四字熟語やことわざ、歴史上の人物や高い功績を残した偉人の言葉などが選ばれることが多いですが、どんな言葉でも「座右の銘」にすることができます。 「ありがとう」「感謝」などの一言を座右の銘にしても良いですし、「努力は裏切らない」など言葉をそのまま座右の銘にしても問題ありません。 また、座右の銘は1つと決まっているわけではなく、1人で2つ、3つと複数持っている人も多くいます。 「座右の銘」の語源は「右に置く紙」 まず「座右」とは「自分が座ったときの右側」のことです。 次に「銘」とは石や器に歴史上の人物の言葉を記したもので、現代で言う「紙」のようなものです。 昔の皇帝など位の高い人は、「銘」に自分が尊敬する過去の人の言葉を記し、自分の右側に置いていたと言われています。 皇帝にとっての「右側」というのは、自分がもっとも信頼する補佐役などを座らせる場所です。 このことから「自分にとって重要な右側に置くほど、大切な言葉」という意味で「座右の銘」と言われるようになったとされています。 皇帝が言葉で冷静を保ったことが由来 「座右の銘」がいつから使われるようになった言葉なのか、ということについては明らかではありませんが、昔の皇帝は「座右の銘」を持つことで冷静さを欠くことなく過ごしたと言われています。 現代の「座右の銘」も、自分が自分らしくいるため、あるいは自分が目指す方角へ向かうために冷静さを必要としている多くの人が胸に掲げています。 「座右の銘」の使い方 自己紹介や面接などアピールの場で使う 「座右の銘」は、人に話すために持つのではなく、自分の中に置いておくものです。 しかし「座右の銘」があれば、初対面の人に「自分はどんな人間なのか」ということを簡潔に伝えることができます。 特に自己紹介や面接の場では「座右の銘」が有効に使えるでしょう。 「座右の銘」は「こうでありたい」という信念なので、今現在自分が座右の銘通りの人間でなくても良いのです。 「今は違うけれど、こうなりたいと思いながら日々がんばっています」ということを示すだけでも、相手には「こういう志を持った人なんだな」と伝わります。 特に面接では「継続は力なり」「石の上にも三年」など継続することを怠らないイメージのものや、「一期一会」「袖触れ合うも多生の縁」など、人との縁を大事にするものが人気のようです。 新年など気持ちを新たにするときに使う 「座右の銘」は思い立ったときに決めて、自分の胸に置いておくという人が多いようです。 特に「座右の銘」を決めやすいのは新年や、転職、卒業など新たなスタートを切るときでしょう。 新しいスタートを切るときに決められる「座右の銘」は「日進月歩」「秒針分歩」など、絶え間なく前進するイメージの言葉が多いようです。 何かにチャレンジをするときに使う 人生の中で「これから特に頑張らなければならない」と感じるときに、「座右の銘」を決める方も多いでしょう。 受験や入社試験、資格取得試験や起業など一念発起するときに座右の銘があると挫けにくくなります。 何かにチャレンジをするときの「座右の銘」では、「日々是精進」「今日を生きる」など日々の努力を諦めないための言葉が選ばれるようです。 自分の仕事を全うするための座右の銘を決めるのであれば「ことわざ」などから探すのも良いでしょう。 ことわざには、昔の人の知恵や考え方が多く含まれています。 過去を生きた人の格言を座右の銘とすることで、現代社会でのビジネスに役立てるというビジネスマンも増えています。 特に「今度こそ努力を続けたい」と強く願う人なら「四字熟語」の中から座右の銘を探すのも良いかもしれません。 四字熟語は長い間繰り返されている自然現象に基づいたものが多く、絶え間なく進化し続けたいという人の心に響くものがたくさんあります。 自分を自然に例えたときに、もっとも近い自然現象が関係している四字熟語などはしっくり来やすいかもしれません。 日々を笑顔で過ごしていきたいという人は、思いだしただけで少し笑顔になれるような「座右の銘」を探してみると良いでしょう。 自分が、過酷な状況でも「このことを思い出すと笑ってしまう」という出来事などからインスピレーションを受けた言葉がおすすめです。 自分の信念や理想を言葉にしたり、考え方を端的にまとめてみたりすると、「オリジナルの座右の銘」を作ることができます。 「座右の銘」には決まりがありません。 思うように自由に考えてみるのも楽しいかもしれません。 誰に言っても「かっこいい」と言ってもらえるようなものを「座右の銘」とすることで、自分の意識を寄せて行くこともできるかもしれません。 かっこいい座右の銘を探す場合は、「座右の銘ランキング」などを使うと良いでしょう。 人気のものや、著名な人が遺した重みのある言葉と出会えます。 また、その人の言葉でなくても、その有名人やアスリートが座右の銘としている言葉を真似ても良いかもしれません。 自分が「こんな人になりたい」と思う人が「座右の銘」としている言葉を共有することで、自分を鼓舞することもできます。 「座右の銘」の例• 「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」 お釈迦様が誕生したときの言葉で「自分という存在は唯一」という意味です。 「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」 アメリカの哲学者「ウィリアム・ジェームズ」の言葉です。 「明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ」 インドの宗教家「マハトマ・ガンジー」の言葉です。 まとめ 「座右の銘」とは、持っていても持っていなくても良いものです。 しかし、日々の生活の中で「いつもこういう場面に弱い」「自分を変えたい」と思うことがある人にとっては、いざというときの心のよりどころとすることができるかもしれません。 ぜひこの機会に「自分にとっての座右の銘」を考えてみてください。

次の