島クリエイター構想。 【あつ森】島の構想シミュレーター発見!【発売間近!】

【あつ森】島のレイアウトまとめ

島クリエイター構想

第一回 島大規模整地 さっそく、 島全体の整地作業を行いました。 道や建物の区画整備は今後進める予定ですが、だいぶ理想の地形に近づいてきたように思います! 構想段階では、南東にのびた大きな河の形が直線すぎて不自然に見えるかもしれないと思っていたのですが、 実際に整備してみると、コンセプトの全く異なる 3エリアの区分がより明確になって良い効果が出たと感じています。 また、整地後地図と構想地図を比較すると、和風エリア上部の神社の地形を大きく変更しているのが分かると思いますが、これは滝や川をひいた際にひとまず見栄えが良くなるように整地しただけなので、今後家具を実際に設置するタイミングで改めて整えていく予定です。 約2日ほどかけてじっくりと整地を行ったのですが、その中で判明した島クリエイターの使用感や作業のコツについて、次項でお話ししたいと思います。 整地の効率と作業量について 別ゲームの話になりますが、私は「 」という有名なゲームが大好きで、大規模な整地やブランチマイニングを過去に何度も経験してきました。 きっとプレイヤーの中には、経験者の方も多いと思いますし、 あつ森の事前情報で島クリエイター機能の発表があった際、「まるでだ」という指摘は海外でも沢山あがっていました。 の無限に広がる世界と比較すると、あつ森の島はとても狭い土地なので、 島の半分以上距離のある川を埋め立てたり、数区画分の高台を切り崩したりという作業も、私にとってはほとんど苦になりませんでした。 実際の作業効率としても 「効率エンチャント無しのダイヤでブランチマイニングをする」程度のスピードで工事を進めることができるので、速度に関してはあまりストレスを感じませんでしたね。 整地作業に2日かかったと前述しましたが、実際に費やした時間としては約12時間程度で完了しました。 しかし、いくら便利な島クリエイター機能とはいえ、1回の操作で干渉できるのは1ブロック分までなので、 広範囲のブロックを一気に変更するということはできません。 ゲーム未経験者の方からすると、もしかしたらこの整地はかなり骨の折れる仕事になるかもしれません。 それにあつ森では、 操作キャターがどの方向のブロックへ干渉しようとしているのか、パッと見では判断し辛いという問題があります。 そのため、自分が意図していない場所のがけを破壊してしまったり、せっかく綺麗に角を整えた池を埋め立ててしまったりという誤操作が多く発生します。 体感として河川工事は特にその不具合が起きやすいのですが、今回は比較的作業しやすいがけ工事について、ちょっとしたコツをご紹介します。 がけ工事の特徴と作業のコツ がけブロックの斜め破壊について あつ森ではより地形を自然にみせるために、端にあるブロックを1度破壊すると角を斜めに削ることができます。 正確に言うと、「 キャターが向いている方向に対して左右どちらか一方に同じ高さのブロックが隣接しているがけ」を破壊すると、そのブロックが斜めに削れるのです。 写真をもとに詳しくご説明しますね。 まずキャターは画面向かって左向きに立っています。 彼女が破壊したいブロックの奥、つまりキャターから見て右側(赤枠部分)には同じ高さのがけブロックが隣接していますが、左側(青点線部分)にはブロックがありません。 この様な場合のみブロックの角を斜めに削ることができます。 斜めに削られたブロックは、もう一度壊すことによって完全に切り崩すことが出来ます。 切り崩し1回目 切り崩し2回目 逆にとらえると、 この状況のブロック1個を完全に破壊するためには2回がけを削らねばならないのです。 つまり端一列のブロックをすべて壊すためには単純に ブロック数の2倍の採掘作業が必要となります。 それってただでさえ地道な整地作業において、とんでもなく非効率だと思いませんか。 広範囲のがけを効率良く削るには 広範囲の崖を効率良く削るためには、1ブロックを1度の操作で壊したいですよね。 そのためには先述した状況を回避する必要があります。 ではどうしたらよいのか。 ずばり、 「1列おきにがけを削る」のです! 斜めにがけを削らないようにするには、 削りたいがけの左右両方に同じ高さのブロックがある or ない状況を作れば良いわけです。 当たり前といえば当たり前のことですね。 笑 でも広範囲のがけを切り崩そうとすると、つい端から順に削っていきたくなりますから、ぜひ意識して1列ごとに整地してみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 状況は随時ご報告しますね! それでは、最後までお読みいただきありがとうございました! toimaru332.

次の

【あつ森】おしゃれ島一覧!島クリエイターですごい参考になる!おすすめ島レイアウト(構想)紹介!【Twitter】

島クリエイター構想

島の構想について そもそも島の構想って何ぞやって方もいらっしゃると思うので簡単に説明を! 構想とは「自宅・博物館などの施設・道・橋」などの 進めていく上で設置していくことになるものを、 どこに配置したいかな~ってなんとなく決めておくことだと思っています。 他には「こんなテイストの島づくりにしたい」とか「こんな景色が見える地形がいい」とかとか。 これがある程度決まっていると後々移転なども減らせるかなと思います!(きっとお金かかるしね?) 今作では地形厳選をそこまで頑張る必要はないといわれています。 理由は「 島クリエイター」というライセンスを使うことによって、 道を敷いたり、川を埋め立てたり、新たに作ったりが可能だと発表されてるからです! しかしながら、気を付けるべき点として、• 河口はいじれないのではないか• 案内所は移動できないかも• 飛行場&桟橋は固定• 作ってみた 簡単な構想を作ってみました! 実際に使って思ったのですが、たぶん 建物たちの縮尺は小さめですね…。 飛行場と案内所は動画などの通りだと思いますが、他のスタンプたちは小さめです。 左上の眺めのいい山あたりに池&滝を作って、キャンプサイトにする• プライベートビーチの近くに自宅• 橋を渡って自宅っていいな(川と海での釣りが近い)• 右上のハート型池の近くは推しのお家にしたい• 山の上に博物館が望み• 博物館の近くにも庭園的に滝と、お花畑作りたい• 飛行場から案内所付近は商店街的な感じにしたい• 住人は基本的には並んで住んでいてほしいかなぁ• 岬は灯台を置いて、その側に灯台守的な動物誰か住まわせたい•

次の

【あつ森】島クリエイターのコツと参考例|島クリエイターになるには【あつまれどうぶつの森】

島クリエイター構想

島クリエイターでできること 塗装工事 ・地面にレンガや岩の道を敷ける 河川工事 ・川や滝、池を自由に作れる 崖工事 ・崖を新たに作ったり、崩したりできる 塗装工事は地面に道を敷ける 島に自由に道を作ることができます。 自然豊かな足元を、ひとつの村や集落のように道を舗装して、家や施設をつなぐことが可能です。 初期の2つ以外は、タヌポートで購入できるため、自身の気になる好みの道を選んで舗装していきましょう。 下記記事では、素敵なマイデザインを一覧で掲載しているので、気になる方は是非下記の記事をご覧ください。 河川工事は川や滝を自由に作れる 河川工事のライセンスを入手することで、川や滝を自由に作ることができます。 広すぎる川幅を狭くしたり、逆に狭い川幅を広くしたりと、自分の島生活が過ごしやすくなるように形を変更していきましょう。 アイデアを駆使して自分だけのおしゃれな滝を作ってみましょう。 池は好きな場所に作れるので、自宅の目の前にハートの池を作ったりするのも素敵ですね。 崖工事は崖を作ったり崩したりできる 崖工事のライセンスを入手すると、島にある崖を好きな形に変えることができます。 気になる崖を崩したり拡張したりして、自分が行動しやすい形に変更していきましょう。 「河川工事」で河口の位置を変更することもできないので、 ゲーム開始時の島厳選で好きな河口の位置の島を選ぶ必要があるので注意しましょう。 こちらもゲーム開始時の島選びで厳選する必要があります。 施設の移動は 案内所のインフラ整備から「区画整理」でしか行えないので注意しましょう。 そのためこちらもゲーム開始時の島選びで厳選しなければなりません。 崖は3段目までしかつくれない 島クリエイターの「崖工事」で作れる崖の高さは3段目までになります。 また 3段目の高台には登ることができないので、3段目以上の高台には花を咲かせたり、家具を置くこともできません。 坂 階段 や橋も作れない 島クリエイターでは「坂 階段 」や「橋」を設置することはできません。 坂や橋を設置するには案内所のインフラ整備から「橋や坂の相談」から行いましょう。 島クリエイターのライセンス一覧と入手方法 追加ライセンスはマイルで交換する ライセンスは初期の状態だと、地面のタイルを変更できる「舗装工事」しか所持していません。 たぬきマイル交換にて、変更できる要素が増えるライセンスと地面のデザインを増やせるライセンスが販売されていますので、これらを購入して島をデザインしましょう。 とたけけを島に呼ぶまでには、『あつまれどうぶつの森』の ストーリーに当たる部分をすべて攻略する必要がありますので、かなりの時間を要します。 島クリエイターまでの最速解放手順を下記の記事にまとめていますので、是非参考にしてください。 島クリエイターとは 自分好みの島にできる工事ライセンスのアプリ 島クリエイターとは、島に道を作ったり川や崖を好みの形に変えたりできるようになる、工事ライセンスのスマホアプリです。 自然が手つかずの無人島を、自分だけの島に作り変えていくことができます。 関連記事 スマホとアプリの情報一覧 島クリエイターの解放条件.

次の