白目 ぶよぶよ 目薬。 白目ぶよぶよが治らない件…結膜浮腫?結膜嚢胞?

白目がブヨブヨに腫れる結膜浮腫、自然に治るが入院になることも

白目 ぶよぶよ 目薬

こんにちは。 気付いたら今年の上半期最後の月がこんにちは。 休診日の爽やかに晴れた日、自転車で15分程度の所までTシャツで気持ちよく往復したら夜に二の腕が腫れて痒くなりました。 紫外線、恐るべし!日焼け止めを顔に塗り帽子を目深にかぶって眼と顔は保護したのに、上腕にはあまりに無防備でした。 さらーと話は変わります。 鏡でご自身の眼をチェックしてください。 通常、黒目(瞳孔)が真ん中にあって、取り囲むように日本人では茶目(虹彩)、茶目を覆うドームのような角膜があり、その周りには白目(結膜)が見えるかと思います。 白目が結膜といわれる所以は眼球とまぶたを結ぶ、ということであり、上まぶたの裏から角膜の周りを覆い、下まぶたの裏(通常アカンベーをして見えるとこです)まで、ぜーんぶ覆っている、ビロードのような柔らかい半透明の粘膜です。 眼を動かすときにスムースに動かせるように、角膜の周りを覆っている部位(球結膜)は比較的ゆったりしていますが、角膜の縁(輪部)とはしっかりと360度強固にくっついています。 以前のブログにも書きましたが、結膜にはアレルギーや炎症を起こす免疫担当細胞がごまんと潜んでいるため、擦ることで簡単に炎症を起こすシグナルが出され、球結膜はまるで水で膨らむジェリーキューブのごとく一気に膨らみ、「目の中から白っぽいゼリーみたいなのが!!」とびっくりされることも多いです。 その状態を結膜浮腫といいます。 目の中は空間が殆どないのに結膜が膨らむため、瞼の中はいっぱいいっぱい。 アレルギー性結膜炎や感染性結膜炎を起こすと、いろんなところの結膜が腫れるので、圧迫感や不快感、異物感を感じます。 ゴミかと思って擦ると、更に炎症は酷くなり、結膜を支配している神経はビンビンに感じてゴロゴロ感マックス!考えただけで鬱陶しいですね。 結膜浮腫は、見た目は派手ですが、擦らずに冷やすと比較的早く治まります。 稀に、結膜炎を起こして、ゴミは入っていないけれど「ゴミが入っているはず!」と信じてくださらない方もいらっしゃり、自分の説明の下手さ加減にがっかりするのですが、とにかくゴミが入ったみたいな感じがあれば、眼科受診してください。 ゴミがあったらちゃんととります! ちなみに、最初のつれづれ日記で間違いがあります。 腕は腫れて痒くなったのではなく、痒かったから擦ったら腫れたのです。 皮膚は粘膜よりも厚くてしっかりしているので、結膜ほど膨らみませんけどね。 あっ 後半と無理やりだけどつながった(^^) カテゴリ:,.

次の

白目がぶよぶよする原因とは?水ぶくれと充血には要注意!?

白目 ぶよぶよ 目薬

ドライアイとは、角膜や結膜が乾燥して傷ついている状態のことを指します。 ドライアイの自覚症状がある人は多いと思いますが、今一度、ご自身の目の状態をチェックしてみましょう。 以下の項目に複数当てはまる方は、ドライアイの可能性が高いと言えます。 目が乾く• 目がゴロゴロする• 目が痛い• 光を眩しく感じることが多い• 目が重たい感じがする• 目が疲れやすい• 視界がかすむことがある 眼科では、こういった「自覚症状の有無」に関する問診のほか、「BUT検査」というテストも行います。 これは2016年から新たに導入された診断方法で、目を開いている状態で何秒間涙が角膜を覆っているかを調べるものです。 このテスト結果が5秒以下だった場合には、ドライアイと判断します。 ドライアイの原因は「涙の分泌量が少ない=量的異常」「涙の成分や目の表面に問題がある=質的異常」の2つにあります。 涙は眼球の表面を覆い、眼球を守るバリアのようなもの。 そのため、涙の量や質に異常があると、目の健康に大きな影響を及ぼします。 その原因は人によってさまざまで、スマホやパソコン使用によるまばたきの減少やコンタクトレンズの装用・空気の乾燥・加齢などが考えられます。 また、まれに膠原病(こうげんびょう)などの病気が関係していることもあります。 涙は本来、水分の蒸発を防ぐ皮膜の役割をする「油層」、目を潤す「水層」、角膜上に涙を行き渡らせ安定させる「ムチン層」という3つの層で構成されています。 この3つのバランスが悪くなると、涙は眼球を守る役割を十分に果たせなくなります。 その結果、眼球が傷つき、乾燥したりゴロゴロしたり痛くなったりといったドライアイの症状が出てしまいます。 しかし実はこれ、ドライアイの症状を悪化させる恐れがある行為です。 というのも、市販の目薬には薬効成分以外に防腐剤や目にスーッとした刺激を与えるための成分などが含まれているため、頻繁に使っていると目の角膜が荒れやすくなってしまうのです。 その結果、余計に目がゴロゴロしたり痛くなったり、見えにくさを感じたりといった症状が出ることが考えられます。 もちろん「市販の目薬は絶対に使ってはいけない」というわけではありません。 眠気覚ましやリフレッシュのために目をすっきりさせたいという場合には効果的ですし、防腐剤無添加の目に優しい点眼液を使用するという選択肢もあります。 しかし、角膜の健康を考えるのであれば、スーッとする目薬をあまり頻繁に使用するのは避けるべきでしょう。 ドライアイは眼科での適切な治療や生活習慣の改善によって治療が可能です。 眼科では、基本的にドライアイの治療には点眼薬が処方されることが多いです。 前項で説明したように、ドライアイの原因は人によってさまざまなので、点眼薬は患者の目の状態にあったものを処方されます。 例えば涙の分泌量自体は決して少なくないのに、涙の保水力が低下していることでドライアイになっている方がいます。 こういったタイプのドライアイの方は、市販の目薬で水分だけを補給しても目の乾燥は根本的には癒えないので、水を抱え込む性質のあるヒアルロン酸が含まれた点眼薬が効果的だと言えます。 このほか、涙の分泌量が少ない方には涙の分泌を促す点眼薬が、角膜が傷ついている方には炎症を抑える成分の配合された点眼薬が処方されます。 根本的にドライアイを改善するためには、原因を突き止めたうえでその原因を解消するための点眼薬を用いることが大切なのです。 例えば、10時・13時・16時・20時などのタイムスケジュールを決めておいて、目の乾きの自覚症状とは関係なく点眼するのがおすすめ。 目薬をさすときは下まぶたを「あっかんべー」にして、液を粘膜の赤い部分に落としてから目を閉じてみてください。 瞳全体に行き渡させるようにするのがベストです。 わざわざ上を向いて瞳の上に落ちるように点眼する必要はありません。 ただし、上まぶたの皮膚やまつげを伝わせるようにして点眼液をさすのはNGです。 雑菌やアイメイクの粒子が皮膚を伝って、目に入ってしまいます。 意識的にまばたきをする まばたきはドライアイを防ぎ、瞳の健康を保つために非常に重要な役割をしています。 まばたきをせずに目を見開いたままでいると、だんだん目が乾燥してきて開けていられなくなりますよね。 これは、眼球の表面を覆っている涙が蒸発していってしまうからです。 また、まばたきには角膜を刺激して涙腺から涙の分泌を促す働きや、分泌された涙を眼球の表面に行き渡らせ保護膜のようなものをつくる働きがあります。 しかし、何かひとつの作業に集中していると、どうしてもまばたきの回数は少なくなりがちです。 その結果、涙の蒸発が進み、分泌量は低下し涙の膜がうまく形成されなくなってしまいます。 この傾向は、スマホやパソコンを長時間使う人に多く見られます。 作業中は、意識的にまばたきをたくさんするようにしましょう。

次の

白目ぶよぶよが治らない件…結膜浮腫?結膜嚢胞?

白目 ぶよぶよ 目薬

Contents• 白目が腫れる!? 私があまりに見慣れない目の症状にびっくりしたのはある初夏の日です。 目に何かチクっと刺さるような刺激を感じ、強いかゆみがおこりました。 目の中の ゴロゴロする異物感とかゆみに我慢できずにこすっているとどんどん目が腫れてきたのです。 最初のうちは軽い充血とかゆみだったのですが、そのうち涙が止まらなくなり目を動かすと白目が邪魔に感じるように! よく見ると目の動きにあわせて白目にしわがよるのです。 こすればこするほどその白目のふくらみとしわの寄り方が大きくなるようでした。 白目は腫れて膨らみ、卵の白身のようなぶよぶよのゼリーのようになっています。 いつもすっきりとへこんでいるはずの白目が黒目より膨らんで、それこそ 眼球がこぼれ落ちそうになりました。 そうしているうちにまぶたまで腫れがひどくなり、 涙とかゆみが止まらない、目を開けることも閉じることもできなくなりました。 ずっと半目だけ開いたの状態で涙があふれ、かゆさと違和感が我慢できないほどに。 かゆさと腫れに気をとられて気づかなかったのですが、よく感覚を研ぎ澄ますと痛いのです。 目が「痛痒い」という表現がぴったりの症状です。 眼帯もなかったのでサングラスで半開きの腫れあがった目を隠し、あわてて近くの眼科を受診しました。 眼科ではその腫れのひどさから「急患」扱いになるほどでした。 何しろ片目が腫れたまぶたに押されて物が二重に見え、閉じることもできず前をしっかり見て歩くことが出来ないのです。 看護師さんに手を引かれて診察室まで案内されました。 眼科の先生は一目見て「ちょっと大きい病院に行ってもらうことになるかもしれないよ」と言いました。 それほどひどい腫れ方でした。 そのあとに診察室でいろいろな検査を受けて、この病名が最終的にわかったのです。 「 結膜浮腫(けつまくふしゅ)」という症状でした。 結膜浮腫の原因は? いろいろな検査を受けて結局 「結膜浮腫」ということになり、大きい病院へは行かずに済みました。 結膜浮腫は緊急度の高い病気ではないからです。 結膜とは白目の表面の透明な粘膜です。 結膜はしっかりと白目にくっついているのではなく、白目と結膜の間には少し隙間があります。 この 白目と結膜の間に水がたまってむくんで腫れた状態が「結膜浮腫」となります。 結膜浮腫の症状• 目の猛烈なかゆみ• 目の中のゴロゴロした異物感• 白目の充血• 涙がとまらない• 白目が腫れてぶよぶよとしたゼリー状になる• まぶた、目の周囲が腫れる このような症状は本当にびっくりするものです。 また、 結膜浮腫の原因はアレルギーによるものが最も多くなっています。 スポンサードリンク 結膜浮腫の原因• アレルギー反応(これが圧倒的に多い)• 細菌の感染• 目をこするなどの刺激• コンタクト装着による刺激• 疲れやストレスによる免疫低下 花粉や動物の毛、ハウスダスト、ダニなどへのアレルギーが結膜浮腫を起こすことが多いのですね。 大人でもこのような現象には驚くものですが、実は 子どもさんには比較的多い症状です。 お子さんは目がかゆいと強くこする機会が多いので、花粉症などのアレルギーが起こり、目をこすることでよく起こります。 お母さんがびっくりしてまれに救急車を呼ぶこともあるほど、見た目には本当にただごとではない重大な病気のようにうつります。 夜中に目をこすってしまい、朝起きたら白目がぶよぶよして目が腫れて涙が止まらなくなっていることも少なくありません。 白目が突然こぼれそうなゼリーのようになって不快を訴えれば、原因が全くわからない怖い病気を疑うのも無理はありません。 結膜浮腫の治療は? 結膜浮腫と診断されて、まず眼科の先生に言われたことは「放っておいても自然治癒するよ」ということでした。 この 結膜浮腫の症状はそれほど緊急性の高いものではなく、自然に治るものだということです。 私の場合は、あまりに浮腫みがひどかったので眼圧が上がってしまい再検査となりましたが、普通は洗眼してそのまま帰すとのことです。 抗アレルギーの目薬と飲み薬を処方され、「1~2日で治まるはずだけどもし症状がそのままだったり悪化したら来院して」と言われました。 結膜浮腫の治療• ほとんどの場合は1~2日のうちに自然治癒• 目をこすらない、さわらない、刺激を加えない• コンタクトはなるべく使わずメガネで過ごす• よく冷やす かゆみがひどくて涙が止まらないのも 「冷やす」ことで不快感がかなり軽減できます。 保冷剤や冷やしたタオルを目の上にあてると痛痒さや腫れがすーっと引いていく感じがします。 基本的に結膜浮腫を治すには 「絶対に目をさわらないこと」がポイントです。 また、状況が許すならできれば体力を使わずに安静にして治せると一番良いでしょう。 結膜浮腫は自然治癒を待つ 実はこの結膜浮腫、これほどひどい症状が出ることはないものの年に何回も繰り返しています。 はっきりわかりませんが、この重症だったケースの時の原因は近所のフルーツ店で丸ごと売られていたパイナップルへのアレルギーを疑っています。 パイナップルを手づかみで持って帰り、その手で目をこすったことでもともとあったアレルギー性結膜炎がひどくなったのではないかと。 その後は花粉の飛ぶ季節、しばらく使っていない部屋の掃除の後、寝不足などで疲れがたまった時などに発症することが多いです。 そしてなぜか必ず片目だけが結膜浮腫になり、両目がいっぺんになることはありません。 また、この重症の結膜浮腫だった時以外はいつも1日ほどで白目のぶよぶよした腫れは治っています。 白目がぶよぶよのゼリーのようになる結膜浮腫は怖い病気ではありません。 あまり心配せずに、 目に触らずに冷やしながら腫れが引くのを冷やして待ってください。

次の