お辞儀 イラスト。 基本のビジネスマナー。正しい「お辞儀の仕方」とは|「マイナビウーマン」

基本のビジネスマナー。正しい「お辞儀の仕方」とは|「マイナビウーマン」

お辞儀 イラスト

そもそも、お辞儀は日本に限らず世界中に存在する動作です。 もちろん、国によってお辞儀の意味合いは変わってきます。 日本では一般的に挨拶、感謝、敬意の意味合いがあります。 それでは接客時において正しいお辞儀の仕方について見ていきます。 接客業におけるお辞儀の角度は30度が適切 それでは、接客業における正しいお辞儀の仕方について紹介します。 まず、お辞儀をするときに大切となってくるのは相手へ頭を下げるときの角度です。 人とすれ違う時や、人の前を通るときによく使われるときのお辞儀の角度は15度程度が適切とされています。 合わせてビジネスシーンや接客業でお客様にする挨拶の時に多く使われる一般的なお辞儀は30度程度が適切だと言われています。 ですので、接客業での正しいお辞儀の仕方は姿勢をよくし、相手へ感謝の気持ちをこめて30度くらいを意識してお辞儀するようにしましょう。 接客時における正しい手の組み方や位置とは 今回は、接客時の正しいお辞儀や手の組み方・手の位置のマナーについて紹介していきます。 接客業をしている方であれば一度は正しいお辞儀の仕方や、手の組み方・手の位置について「手を前で組むのはいいのに、どうして手を後ろで組むのは手の組み方マナーではダメなのか」などで悩んだことがあると思います。 接客時における正しいお辞儀の仕方や手の組み方・手の位置はどうすればいいのでしょうか。 そして、手の組み方で、手を後ろで組む格好がいけないと言われているのはどうしてなのでしょうか?これから接客時における手の組み方マナーの説明していきたいと思います。 手を後ろで組むことがNGな理由は姿勢にある 接客の基本は、お客様をおもてなしすることですので、そういった時の手の組み方で、手を後ろで組むことは手の組み方マナーではNGと言われています。 まず、手を後ろで組むと、手を前で組むときとは違ってお腹が出て胸が反りますので、そういった姿勢は相手からみて、とても偉そうに見えます。 お客様をおもてなしをする際にそのような、横柄な態度を厳禁です。 ですから接客業では手の組み方マナーとして手を後ろで組むような事は禁止なのです、これは接客業において当然のマナーです。 手を組むときは、手を前で組むようにしてくださいね。 手を後ろで組むと相手に何か隠し事があると思われる 基本的に人間の心理的なものに、この手の位置についても決まっていますが、後ろで手を組んでいると何か隠してるのでは無いか? と明確に思わなくても感じますし、そのような連想を相手に抱かせてしまいます。 なので接客業での正しい手の組み方と手の位置は、手を前に組み、手を相手へ見せる事です。 そうすることにより相手に安心感を与え、信頼感に繋がると接客業で言われています。 手の組み方で左上と右上がある理由とは 接客時や待機時、手の組み方マナーでは右手を上にした方が正しいのか、はたまた左手を上にするべきなのか、どちらが正しいのか迷ってしまったことってありませんか?いったいどちらの手を前で組むのが正解なのでしょう。 接客業での正しい手の組み方マーは左手で右手を隠し前で組む ここで、接客業における正しい手の組み方マナーとして、どのように手を組むのが正しいのか?という事に関してですが、接客業では、基本として手を前に出し相手から見える位置に出しますので、手は前に持ってきます。 そして右手が必ず下にくるようにして、右手の上から左手を組みます。 これが接客業では、正しい手の位置であり、手の組み方になります。 その時の姿勢は、背筋をしっかりと伸ばして、端から見てだらしなく見えないようにしてください。 手の組み方マナーは理由を知って覚える 左手を上にした状態で待機するのにも、右手を上にした状態で待機するのにも、実はちゃんとした理屈があるものなのです。 ご存知でしたでしょうか?そういった接客マナーの由来などを知っておくと、接客マナーも自然と覚えることにもなりますので、この機会におさえておきましょう。 左手を上にした手の組み方は相手へ忠義を尽くすという理由から 右手を隠すのには、まず利き手が右手の人が多いところから来ていますが、どういった事かといいますと、相手に対して利き手つまり右手を覆うことで、殴ったりしないという敵対心はなくす、相手へ忠義を尽くすというという意味合いがあります。 これは西洋から来たサービスマナーが始まりと言われています。 その上、利き手は良く利用する為、利き手じゃない方の手よりも見た目が綺麗でない可能性が大きくなってしまいます。 その汚れを隠す意味もあります。 こういったマナーは自分以外の方に不快感を与えない為に慣習として行われるものです。 右手を上にした手の組み方は相手への思いやりや気づかい表示の理由から また、利き手を上にする事で、いつでもお役に立ちますとの思いやりや気づかいの精神がこの行為には意味があります。 お客様をお迎えする際には、ようこそいらっしゃいましたの意味を込めて、右手を下に組みます。 自分が相手に何かをして差し上げる場合以外は右手を下にするのがマナーとしているところも多いです。 接客時のお辞儀の角度は30度で手の組み方と手の位置は左手を上に前で組む 接客時の正しいお辞儀や手の組み方・手の位置のマナーについて紹介してきましたがいかがでしたか?手を前で組むさいに、左右どちらの手を上にして前で組むか、というのは右だとする会社、左だとする会社で別れるところも正直あります。 ですから、ここは自分でどうこう考えるよりも、自身の会社の手の組み方マナーの方針に従うのが一番でしょう。 ただし、こういった手の組み方、手の位置に関しては、きっちりとした理由でマナーが決まっていますので、ポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の

基本のビジネスマナー。正しい「お辞儀の仕方」とは|「マイナビウーマン」

お辞儀 イラスト

お辞儀の種類を理解しよう ひとくちにお辞儀といっても、感謝・敬意から謝罪まで、その種類はさまざま。 それぞれの種類とその仕方についてまずは紹介します。 お辞儀は大きく分けて3種類 お辞儀には立ってする「立礼」と、座ってする「座礼」の2種類があり、「立礼」の中でも礼の深さによって「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3つに分類されます。 社会人のマナーとして、場面によって使い分けられるようにしましょう。 会釈 軽い一礼。 廊下ですれ違ったり、自分宛てではなくてもお客さまと目があったりしたときには、軽く頭を下げてあいさつします。 軽いあいさつですが、立ち止まってゆっくり頭を下げると丁寧な印象を与えます。 上体を15度の角度で倒します。 敬礼 あらゆるシーンでもっとも使うお辞儀で、お客さまや目上の人に対する敬意を表します。 腰から頭まで一直線になるよう背筋を伸ばし、30度の角度で上体を倒します。 つま先から120cmほどの地点に目線を合わせるとピッタリと30度の角度になります。 最敬礼 深々と頭を下げる、もっとも丁寧なお辞儀です。 深い感謝や謝罪、お客さまのお見送りや葬儀の際に最敬礼をします。 腰から頭まで一直線になるよう背筋を伸ばし、45度の角度で上体を倒します。 つま先の少し先を見つめて頭を下げると45度の角度になります。 男女で違う!? お辞儀をするときの手の位置 まずは姿勢よくきちんと立ち、腕の力を抜いて自然に下ろします。 女性は右手を左手でカバーして前で重ね、男性は両脇に手をまっすぐ伸ばして添わせ礼をしますが、職種によっては手を前で重ねる場合があります。 また、表情もあいさつの大切な要素です。 謝罪やお悔やみでない限り、明るい表情でしたいものです。 あいさつとお辞儀、どっちが先? 「語先後礼」という言葉があるように、まず、あいさつ言葉を先に述べてから頭を下げます。 あいさつ言葉を述べるときは、相手の目を見ること(アイコンタクト)も大切です。 お辞儀をキレイに見せるコツ キレイなお辞儀のコツですが、腰から頭まで背筋をまっすぐ伸ばして倒すこと。 そして、倒すときが1だとすると、起こすときは2くらいのカウントで起こします。 さらに、ゆっくりと起こすと丁寧さが増します。 また、最敬礼はもちろん、敬礼や会釈でも立ち止まってするのが望ましいです。 立ち止まってするお辞儀を「静止礼」と呼びます。 普段の仕事で使うことが多い電話ですが、あなたの電話は大人としてきちんとマナーを守れているでしょうか。 社会人として押さえておきたい、ビジネスシーンでの電話のかけ方について、ホスピタリティエバンジェリストの佐野昭子さんに解説していただきます。 会話の中で必要な書類などがある場合は、手元に準備しておくとスムーズです。 「いつもお世話になっております」などの挨拶を忘れずに。 もし不在の場合は、取次人に要件を伝え、取次人の名前を聞いておきます。 「ガチャン!」と切らず、相手が電話を切り終わったのを確認してから静かに切ります。 うっかりマナー違反しないように気をつけましょう。 これらの時間に電話をかけるのは、できるだけ避けるようにしましょう。 ビジネス電話の基本通話時間は約3分とされています。 要点を絞って伝えられるよう、事前に内容をまとめておきましょう。 曜日を入れることで1・4・7などの数字の聞き間違いが防げます。 伝えたいアルファベットの文字ではじまる英単語を述べてから、そのアルファベットを言うようにすると、聞き間違いを防げます。 なぜなら、相手にガチャンと切る音を聞かせるのは失礼だからです。 どうしても先に切らなければならないときや、明らかに先方が切るのを待っているのがわかった場合は、電話機のフックを静かに押し通話を切ってから、受話器を置くようにしましょう。 特に聞き取りにくい姓の方は、先方にしっかりと聞き取ってもらえるように、発音練習をしておくことをおすすめします。 また電話では、直接姿かたちは見えませんが、声の調子によってその相手の姿勢・表情・感情・空気感・状況を感じ取れます。 これは「視覚部分を補うために、聴覚をいつも以上に集中させる」という、人間の本能によるもの。 姿勢を正し、表情は笑顔で、深呼吸などをして心を落ち着かせてから電話をかけましょう。 企業の方(特に人事)は、電話で話す(使う)言葉で、相手自分や会社をリスペクトしているのかそうでないのかなど、人間性もわかってしまうそう。 できる限り正しい敬語を使えるように、日頃から訓練しておくことも大切です。 そして最後は「自分のために時間を取ってくださって、ありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします」という、感謝の気持ちをお礼の挨拶に込めましょう。 最後の言葉はより記憶に残り、相手の心に響くものだからです。 ぜひ心がけてくださいね。 ビジネスシーンにふさわしい電話のかけ方をチェック ビジネスシーンでの電話は欠かせないもの。 電話での応対がいいと、それだけで印象アップにつながることも。 この機会に一度、自分はマナーを守れているか、普段の仕事における電話のかけ方をチェックしてみてくだいね。

次の

基本のビジネスマナー。正しい「お辞儀の仕方」とは|「マイナビウーマン」

お辞儀 イラスト

そもそも、お辞儀は日本に限らず世界中に存在する動作です。 もちろん、国によってお辞儀の意味合いは変わってきます。 日本では一般的に挨拶、感謝、敬意の意味合いがあります。 それでは接客時において正しいお辞儀の仕方について見ていきます。 接客業におけるお辞儀の角度は30度が適切 それでは、接客業における正しいお辞儀の仕方について紹介します。 まず、お辞儀をするときに大切となってくるのは相手へ頭を下げるときの角度です。 人とすれ違う時や、人の前を通るときによく使われるときのお辞儀の角度は15度程度が適切とされています。 合わせてビジネスシーンや接客業でお客様にする挨拶の時に多く使われる一般的なお辞儀は30度程度が適切だと言われています。 ですので、接客業での正しいお辞儀の仕方は姿勢をよくし、相手へ感謝の気持ちをこめて30度くらいを意識してお辞儀するようにしましょう。 接客時における正しい手の組み方や位置とは 今回は、接客時の正しいお辞儀や手の組み方・手の位置のマナーについて紹介していきます。 接客業をしている方であれば一度は正しいお辞儀の仕方や、手の組み方・手の位置について「手を前で組むのはいいのに、どうして手を後ろで組むのは手の組み方マナーではダメなのか」などで悩んだことがあると思います。 接客時における正しいお辞儀の仕方や手の組み方・手の位置はどうすればいいのでしょうか。 そして、手の組み方で、手を後ろで組む格好がいけないと言われているのはどうしてなのでしょうか?これから接客時における手の組み方マナーの説明していきたいと思います。 手を後ろで組むことがNGな理由は姿勢にある 接客の基本は、お客様をおもてなしすることですので、そういった時の手の組み方で、手を後ろで組むことは手の組み方マナーではNGと言われています。 まず、手を後ろで組むと、手を前で組むときとは違ってお腹が出て胸が反りますので、そういった姿勢は相手からみて、とても偉そうに見えます。 お客様をおもてなしをする際にそのような、横柄な態度を厳禁です。 ですから接客業では手の組み方マナーとして手を後ろで組むような事は禁止なのです、これは接客業において当然のマナーです。 手を組むときは、手を前で組むようにしてくださいね。 手を後ろで組むと相手に何か隠し事があると思われる 基本的に人間の心理的なものに、この手の位置についても決まっていますが、後ろで手を組んでいると何か隠してるのでは無いか? と明確に思わなくても感じますし、そのような連想を相手に抱かせてしまいます。 なので接客業での正しい手の組み方と手の位置は、手を前に組み、手を相手へ見せる事です。 そうすることにより相手に安心感を与え、信頼感に繋がると接客業で言われています。 手の組み方で左上と右上がある理由とは 接客時や待機時、手の組み方マナーでは右手を上にした方が正しいのか、はたまた左手を上にするべきなのか、どちらが正しいのか迷ってしまったことってありませんか?いったいどちらの手を前で組むのが正解なのでしょう。 接客業での正しい手の組み方マーは左手で右手を隠し前で組む ここで、接客業における正しい手の組み方マナーとして、どのように手を組むのが正しいのか?という事に関してですが、接客業では、基本として手を前に出し相手から見える位置に出しますので、手は前に持ってきます。 そして右手が必ず下にくるようにして、右手の上から左手を組みます。 これが接客業では、正しい手の位置であり、手の組み方になります。 その時の姿勢は、背筋をしっかりと伸ばして、端から見てだらしなく見えないようにしてください。 手の組み方マナーは理由を知って覚える 左手を上にした状態で待機するのにも、右手を上にした状態で待機するのにも、実はちゃんとした理屈があるものなのです。 ご存知でしたでしょうか?そういった接客マナーの由来などを知っておくと、接客マナーも自然と覚えることにもなりますので、この機会におさえておきましょう。 左手を上にした手の組み方は相手へ忠義を尽くすという理由から 右手を隠すのには、まず利き手が右手の人が多いところから来ていますが、どういった事かといいますと、相手に対して利き手つまり右手を覆うことで、殴ったりしないという敵対心はなくす、相手へ忠義を尽くすというという意味合いがあります。 これは西洋から来たサービスマナーが始まりと言われています。 その上、利き手は良く利用する為、利き手じゃない方の手よりも見た目が綺麗でない可能性が大きくなってしまいます。 その汚れを隠す意味もあります。 こういったマナーは自分以外の方に不快感を与えない為に慣習として行われるものです。 右手を上にした手の組み方は相手への思いやりや気づかい表示の理由から また、利き手を上にする事で、いつでもお役に立ちますとの思いやりや気づかいの精神がこの行為には意味があります。 お客様をお迎えする際には、ようこそいらっしゃいましたの意味を込めて、右手を下に組みます。 自分が相手に何かをして差し上げる場合以外は右手を下にするのがマナーとしているところも多いです。 接客時のお辞儀の角度は30度で手の組み方と手の位置は左手を上に前で組む 接客時の正しいお辞儀や手の組み方・手の位置のマナーについて紹介してきましたがいかがでしたか?手を前で組むさいに、左右どちらの手を上にして前で組むか、というのは右だとする会社、左だとする会社で別れるところも正直あります。 ですから、ここは自分でどうこう考えるよりも、自身の会社の手の組み方マナーの方針に従うのが一番でしょう。 ただし、こういった手の組み方、手の位置に関しては、きっちりとした理由でマナーが決まっていますので、ポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の