ポカホンタス。 元祖ポカホンタス女⁉︎ 留学帰りの日本人女子がなぜポカ化するか、かつて自分の中にあったポカ性から考えてみた。

ディズニー映画「ポカホンタス」強い女性が主人公のハッピーエンドではない話

ポカホンタス

概要 アメリカの一つ「ポウハタン族」に生まれた女性。 ポカホンタスとは「お転婆」や「甘えん坊」を意味する渾名で、本名は マトアカ。 英名はレベッカ・ロルフ。 正確な生年は不明だが、1595年ごろにポウハタン族の酋長の娘として生まれたと思われる。 イギリスからやってきた探検家ジョン・スミスが、ポウハタン族に捕えられて処刑されかけた所を彼女が命乞いして助けたというエピソードで有名。 このため、白人とアメリカンインディアンの友好の象徴として扱われ、事実、ポウハタン族は、この後飢餓に苦しむ入植地ジェームスタウンに食料を送っている。 しかし、白人の入植地拡大に伴って白人とポウハタン族は衝突するようになる。 この時期、彼女はスミスにポウハタン族の襲撃を知らせて再び彼を救ったと言われる。 しかし、指導者である酋長(これは白人の勘違いで、実際の酋長の役割は統率ではなく調停)の娘であることに目をつけた白人によって彼女は人質として拉致され、通訳として役立つよう英語を教えられた上で、洗礼させられる。 また、この頃にイギリス人商人のジョン・ロルフと結婚し、レベッカ・ロルフと名乗るようになる。 この結婚の経緯は穏やかとは言えなかったが、結果として白人とポウハタン族の対立は数年治まる。 夫に連れられて大英帝国に赴き、ジェームズ1世に謁見。 「インディアンの姫」として一躍有名人となる。 しかし、ジェームズタウンへ帰る途中、イギリスのケント州グレーブゼンドで病死した。 享年は23歳前後だと言われる。 彼女はグレーブゼンドの「聖ジョージ教会」に埋葬されたが、その墓は現存していない。 実像 ポウハタン族の酋長の娘にポカホンタスという人物が存在したのは事実だが、ジョン・スミスとの一連のエピソードは彼がかなり後になって語ったもので矛盾も多く、全て創作である可能性は高い。 また、ジョン・ロルフとの結婚も、ロルフのタバコビジネスの発展とプロパガンダを目的としたもので、あまり幸福ではなかったようである。 加えて、高い知名度を誇る反面、インディアン側からは彼女を「白人にこびへつらったインディアン」と見る向きもある。 そもそも、アメリカインディアンには基本的に文字の文化がなかっため、彼女の正確な半生を残した記録はない。 アニメ映画 ポカホンタスのエピソードを元にした映画が後に製作された。 17世紀初頭のアメリカを舞台に、アメリカンインディアンと白人の恋愛を描く。 pixivではこれに関するイラストが多い。 この映画は「事実に即していない」、「インディアンに対する差別用語が多い」、「白人から見たインディアン像しか描かれていない」などの理由から批判をうけている。 その一方で、ハリウッド映画としては珍しくインディアンが善として描かれており、差別用語も「当時の差別の酷さを表現するのに必要だった」ともされている。 あらすじ ポウハタン族酋長の娘ポカホンタスは、大自然を自由に駆け回って暮らしていた。 そんな彼女に、部族の英雄ココアムとの縁談が来る。 父やココアムは結婚に前向きになるが、束縛を嫌う彼女は今ひとつ乗り気になれない。 そんな時、イギリスから白人たちが植民にやってくる。 物珍しさから彼らを観察していたポカホンタスは、リーダーであるジョン・スミスと偶然出会い、様々な壁を越えて恋に落ちる。 インターネットスラング 上では、「被れで自尊心が強く、お高くとまっている日本人女性」を指す言葉としても使われている。 そのような女性に限って、みな揃ってポカホンタスに似たようなファッションをしていることからそう呼ばれるようになったらしい。 略して「ポカ」と呼ばれることもある。 白人の彼氏を自慢しつつ、自画自賛をして他の日本人を蔑視するような言動や振る舞いをするような日本人女性がポカホンタスと呼ばれることが多く、この言葉が広く普及し共感を得た背景には、彼女らに対する、多くの人々が持つ反感や怒りが根底にある。 似たような意味を持つ言葉として「欧米」「」がある。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ポカホンタス女、コロナ陽性!栃木帰国者から特定されて終わる…

ポカホンタス

平和の象徴 1595-96年頃生まれ、1617年死去 1595年頃、アメリカ・インディアンのアルゴンキン族に生まれたポカホンタスは、伝説の人となった。 実際、彼女はアメリカへの初期の入植者たちの生活と自分の仲間たちに、平和をもたらそうと努力した女性である。 ポカホンタスは、現在のバージニア州に当たる地域に居住していたアルゴンキン族の有力な首長、パウハタンの娘だった。 誰も確かめることはできないが、彼女が初めてヨーロッパ人入植者と出会ったのは、1607年春、ジョン・スミス船長がほかの入植者とともにジェームズタウンに上陸したときだったかもしれない。 スミス自身が後に自分の人生の決定的瞬間について記述しているが、そのとき若きポカホンタスは重要な役割を果たしている。 スミス船長によると、彼はアルゴンキン族に捕らえられて命の危機に瀕した。 若きポカホンタスは素早く前に進み出て、スミスと彼を処刑しようとする者の間に割って入り、スミスの命乞いをした。 彼女の願いは聞き届けられ、友情が芽生えた。 記述では、ポカホンタスは新たな入植者たちと親交を深め、時に食料を持ってきたり、父親からの伝言を取り次いだりした。 入植者とアルゴンキン族との間に緊張関係が生じたとき、サミュエル・アーゴールという英国人がポカホンタスを誘拐し、身代金を要求、条件に合意するまで人質にした。 アルゴンキン族と入植者の関係が改善した後、ポカホンタスは英国人ジョン・ロルフと結婚した。 時期は定かではないが、ポカホンタスは結婚までにキリスト教に改宗し、「レベッカ」という名前をもらった。 アメリカ合衆国の未来にとって重要なのは、この結婚が、入植者とアルゴンキン族の緊張関係の緩和に役立ったことである。 1616年、ポカホンタスは、夫と幼い息子とともに船で英国へ向かったが、この旅は広く宣伝されることになった。 ポカホンタスは国王ジェームズ1世と王室の人々に紹介された。 彼女が最も感激した瞬間は、何年も前に死んだと思っていたスミス船長と再会したときだろう。 悲劇的なことに、ポカホンタスは帰路、致命的な病に罹って1617年3月に亡くなり英国のグレーブゼンドに埋葬された。 ポカホンタスの生涯は短かったが、そのロマンチックな物語は米国人の想像力に訴え続け、多くの神話作りのテーマになった。 *上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。 She was, in fact, a woman who sought to bring peace to the lives of the United States' first settlers and to her own people. Pocahontas was the daughter of Powhatan, a powerful chief of the Algonquin tribe in the territory of present-day Virginia. Although nobody can be sure, she may have seen European settlers for the first time in the spring of 1607, when Captain John Smith landed with other settlers at Jamestown. Smith himself later would describe a decisive moment in his life during which the young Pocahontas would play a critical role. According to Smith, he was captured by the Algonquin tribe and threatened with death. Rushing forward and placing herself between Smith and his would-be executioner, young Pocahontas pleaded for the captain's life. Her wish was granted and a friendship developed. Accounts say that Pocahontas went on to befriend the new settlers, bringing them food and delivering messages from her father from time to time. As tensions arose between the settlers and the Algonquin tribe, an Englishman by the name of Samuel Argall kidnapped the young girl, holding her for ransom until he agreed to terms of settlement. After relations between the Algonquin and settlers had improved, Pocahontas was married to Englishman John Rolfe. Although the timing is unclear, Pocahontas had, by the time of her marriage, converted to Christianity under the name "Rebecca. " Importantly for the future of the United States, the marriage helped to calm tensions between settlers and the Algonquin. In 1616, she made a well-publicized journey to England by ship, along with her husband and their young son. Pocahontas was presented to King James I and to the royal family. Perhaps the most thrilling moment for her was meeting Captain Smith, whom she had believed dead for many years. Tragically, Pocahontas contracted a fatal disease on the trip home and died in March 1617. She was buried in Gravesend, England. Despite her short life, Pocahontas's romantic story continued to appeal to the American imagination. It has become the subject of much myth-making, as witnessed by the many stories, books, paintings and even films — most recently The New World — based on her life, and the towns, school buildings, and even a Civil War fort named after her.

次の

ポカホンタス|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

ポカホンタス

ディズニー映画の「ポカホンタス」を知ってますか? 著作権の関係でここで画像を載せられないから、からポカホンタスとジョン・スミスも確認してくれ。 今回はこのポカホンタスについて書いていこうと思う。 いまアメリカでトランプ大統領の言葉が物議をかもしている。 トランプ大統領に批判的で「反トランプ」として有名な民主党のウォーレン議員を、「ポカホンタス(Pocahontas)」と呼んで揶揄(やゆ)したのだ。 AFPの記事(2017年11月28日)にこうある。 トランプ氏は「あなた方は私たちの誰よりも長くここにおられる」と語り掛けた後、「しかし、議会にも昔からいる議員がいる。 彼女はポカホンタスと呼ばれている」と述べ、先住民の祖先がいると公言しているウォーレン氏を皮肉った。 トランプ氏はウォーレン氏を繰り返し「ポカホンタス」と呼んでいる。 ウォーレン議員は「アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン、インディアン)を先祖にもつ」と主張していたことから、トランプ大統領はアメリカ先住民の「ポカホンタス」の名前をもちだしたらしい。 ホワイトハウスは「トランプ氏の発言は人種差別ではない」と声明をだしている。 トランプ大統領の発言が差別かどうかは別として、アメリカに興味があるなら、「ポカホンタス」は知っておいたほうがいい。 でも、ポカホンタスの前に、このニュースにたいする日本の反応を紹介したい。 インターネットではこんなコメントがあった。 ・アンポンタン ・バッファロー吾郎かよ ・ディズニーだろやったじゃん ・アパッチけんみたいなもんだろ 別にいいじゃん ・七面鳥を奢ってくれた部族を絶滅させたのがアメリカの白人たち ・この発言のどのへんが差別なんだ? ポカホンタスはアメリカでは「知ってて当たり前」という人物だけど、日本での知名度はいまいち。 ポカホンタス(1595年ごろ- 1617年)はアメリカ先住民の女性で、ヨーロッパ人との友好を象徴するような存在だ。 1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見(または到達)してから、たくさんのヨーロッパ人がアメリカに来るようになった。 あるときヴァージニアで、イギリス人ジョン・スミスがアメリカ先住民のポウハタン族にさらわれ、殺されそうになる。 そのとき、身を投げ出してジョン・スミスを助けたのが、ポウハタン族の娘ポカホンタスだった。 スミスの命を救うポカホンタス(ウィキペディアから)。 ポカホンタスについてアメリカの歴史教科書にはこう書いてある。 たいへんな美人で、のちにタバコの栽培に成功したジョン・ロルフと結婚したが、先住民へのキリスト教の普及、タバコ栽培などが順調であることを宣伝するために、1616年、ロンドンに送られた。 ロンドンでは上流社会にデビューして歓迎を受けたが、1617年春、帰国を前に病没した。 「アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 (Japan Book)」 ちなみに、ポカホンタスがこの世を去った1年前(1616年)、日本では徳川家康が亡くなっている。 世界史を学んでいる人は、1616年に女真族のヌルハチが後金(清)を建国したことも覚えておこう。 ポカホンタス 今のアメリカでは、先住民を先祖にもつ人たちとヨーロッパ人を先祖にもつ人たちとの間は、必ずしもうまくいっていない。 アメリカ先住民の人たちにとって、ヨーロッパから来た人間は「侵略者」という見方が強くある。 実際、ヨーロッパ人はアメリカ先住民を殺したり、彼らの土地を奪ったりしていた。 ヨーロッパ人を先祖にもつ人たちは、そのことにたいする罪の意識がある。 最近も、アメリカで「コロンブス・デーという呼び方はやめるべきではないか?」という議論もあった。 それで、アメリカ先住民をルーツとする人たちが反発することがある。 そもそも先住民の中には、「ネイティブ・アメリカン」という呼び方を嫌う人もいる。 「ネイティブ・アメリカン」という用語を「合衆国がでっち上げた政治用語」であり、「アメリカインディアンという民族名を歴史から消し去ろうとするものだ」として、現在も激しく批判している。 「ウィキペディア」 日本では「アメリカ先住民をインディアンと呼んではいけません。 ネイティブ・アメリカンと呼ぶことが適切です」と学校で習った人がいると思うけど、現実には、必ずしもそうでもない。 「インディアン」という呼び方のほうが正しい、という見方もある。 アメリカには、インディアン(先住民)の権利回復を目的とする「レッド・パワー(Red Power)」という運動がある。 レッド・パワーの「パワー」は、1960年代にあった「ブラック・パワー」にちなんでいる。 ブラック・パワーとは、黒人差別に反対し、黒人の地位を向上させるための運動や考え方のこと。 1965年のロサンジェルス、67年のデトロイトなど、北部の大都市で次々と黒人暴動が起こった。 彼ら黒人は公民権の保障だけでは平等は達成できないと考え、白人の理解によってではなく、黒人自身の力で平等を勝ち取ろうと考え、「ブラックパワー」を唱えるようになった。 「」 アメリカには「先住民 vs ヨーロッパ人」、「黒人 vs 白人」といった対立がある。 そんなアメリカで、イギリス人ジョンスミスを助けてヨーロッパ人と結婚したポカホンタスは、対立ではなく友好や協調のシンボルになる。 アメリカ社会にとって、とても重要な意味をもつ。 トランプ大統領は不用意にそのポカホンタスをもちだして、いらない問題をうんでしまった。 ところで、「バッファロー吾郎かよ」というコメントの意味が分かるだろうか? これはバッファロー吾郎(木村 明浩:きむら あきひろ)のギャグのこと。 近年の一番のヒットギャグ「Oh! ポカホンタス! 」に関して、後輩から「あれ何でポカホンタスなんですか? 」と尋ねられた木村は「ポカって殴られるやろ、そっからイマジネーション広げてん」と答えたという。 ちなみに肩を殴ると「Oh! カタホンタス! 」と言う 「ウィキペディア」 ここから宿の予約ができますよ。 こちらの記事もいかがですか?.

次の