ギルティ ギア スト ライヴ。 【GGST】ギルティギア ストライヴ発売日延期情報まとめ

『ギルティギア ストライヴ』ファウストの立ち回り・主要技・基本コンボ(CBT版)。ホラー感が増し増しに!

ギルティ ギア スト ライヴ

本作では、小技をつなげるのではなく、シンプルなコンボをするだけでも十分実用的ではないのかと思います。 しかし、コンボの自由度は本シリーズの魅力の1つであると思っているので、『ギルティギア』シリーズファンには、コンボのやりこみが減ったというわけではないことも説明しておきたいところ。 空中の相手にコンボをする際、過去作では発生の速い技を振っていたところが、浮いている間はどんな技でも追撃できるので、【しゃがみHS】で対空し、相手の高度が下がるのを待ってから【立ちHS>必殺技】を決めるといった芸当もできます。 さらに、通常技1つをとっても、空中の相手の当たる高さによって追撃のしやすさが変わるといった仕様もあるようです(ソル=バッドガイの近距離立ちSなどは、空中の相手に当てるとフワッとした浮き方になります)。 シリーズ初心者でもコンボを決めやすく、やりこめば多彩なコンボを開発できる仕組みになっていると感じました。 これまでダストアタックはモーションがわかりやすく、発生もそこまで早くなかったので、慣れればガードできるものも多かった印象です。 しかし本作では、対戦中に繰り出されると反応するのは難しそうな発生速度に感じました。 慣れてくればある程度ガードできるのかもしれませんが、発生が早くなっていることは間違いありません。 崩しのバリエーションも、従来のものとは変わってくる可能性が十分にあるでしょう。 代表的なものを1つ挙げるとすれば、ロマンキャンセルと同時にダッシュを入力しておくと、キャンセルしたタイミングでキャラクターが前に進んでいるというテクニックがありました。 開発中のため仕様が変更される可能性は十分にありますが、プレイヤーの開発力が試されるシステムとなっていることは間違いないでしょう。 さらに魅力的になったキャラクターが続々参戦! 以下では、試遊版でプレイできた6キャラクターの特徴や使用した感想、そしてプレイ動画を紹介します。 『ギルティギア ストライヴ』ARCREVO America 2019試遊版 プレイ動画• アクセルは鎌を使ってリーチの長い攻撃を繰り出す、典型的な遠距離キャラです。 しかし、やりこみ要素がなくなったわけではありません。 コンボや立ち回りを研究すれば、より戦いやすく、より複雑な戦い方もできるでしょう。 新規プレイヤーも既存プレイヤーも楽しめる作品であることは間違いありません。 演出やアクションの派手さも注目の本作。 PS4版のクローズドベータテストの実施も決定しているなど、今後の展開も見逃せません。

次の

ギルティギアシリーズ最新作のタイトルは「ギルティギア ストライヴ」に決定!新たにファウストの参戦が発表され、計7名が明らかに!

ギルティ ギア スト ライヴ

基本システム ロマンキャンセル(RC) ゲージを50%使用するキャンセル• 性能 様々な行動をキャンセルしてニュートラル状態に戻るアクション。 今作では4種類のロマンキャンセル(赤・黄・青・紫)があり、それぞれ発動タイミングや性能が異なります。 使用するゲージ量は50%で統一されていますが、クールタイムはそれぞれ異なります。 前作からの変更点 大きな変更点は下記の3点。 スローになる条件変化 前作では発動するだけで一定時間スローモーションになっていましたが、今作では発動後に出るエフェクトを当てた時のみスローに。 移動しながらキャンセル可 RC発動直前に66or44方向の入力を行うことで、前後にスライドしながらキャンセルを行います。 (後述する黄RCではおそらく不可)• エフェクトが必殺技キャンセル可 RCのコマンド入力後すぐに必殺技を行うとエフェクトを出さずに必殺技を発動出来ます。 エフェクトを出さないのでスローモーションになりません(後述する黄RCではおそらく不可) ダッシュがないポチョでもスライドしながらのロマキャン出来るよ 赤色ロマンキャンセル(赤RC) 攻撃を当てた直後に行うロマンキャンセル• コマンド 攻撃をヒットorガードさせた直後に Dボタン以外3つのボタン同時押し• 性能 攻撃を当てた直後に行うRC。 使用するテンションゲージは50%• 前作からの変更点 前述した3点の変更点以外はおそらく前作通りの性能 紫ロマンキャンセル(紫RC) 前作からあるロマンキャンセル• コマンド 攻撃空振り時に Dボタン以外3つのボタン同時押し• 性能 攻撃が空振りした時に行うRC。 使用するテンションゲージは他のものと同じで50%• 前作からの変更点 前述した3点の変更点以外はおそらく前作通りの性能。 黄色ロマンキャンセル(黄RC) ガード中に行うロマンキャンセル• コマンド 攻撃をガード中に Dボタン以外3つのボタン同時押し• 性能 今作から新しく追加になったガードキャンセルのRC。 使用するテンションゲージは他のものと同じで50%• 前作からの変更点 ガードキャンセルに変化。 デッドアングルアタックがなくなったので今後のガーキャンはこれで。 前作の黄RCとは全くの別物だね 青色ロマンキャンセル(青RC) ニュートラル等で行うロマンキャンセル• コマンド 技を出していない状態で Dボタン以外3つのボタン同時押し• 性能 ガードまたは攻撃を行っていないときに出来るロマンキャンセル。 使用するテンションゲージは他のものと同じで50% Xrd前にあったFRCとは全くの別物で、あえていうなら前作の黄RCのようなイメージ。 サイクバースト バーストゲージを消費して行うアクション 今作では2種類のバーストがあります。 金色サイクバースト• 青色サイクバースト 金色サイクバースト(金バ) ニュートラル中に行うバースト• コマンド バーストゲージが満タンの時、 Dボタン+それ以外のボタン1つ• 性能 バーストゲージが満タンの時、8割消費して行うアクション。 ヒット時にはテンションゲージが100%になります。 前作との違い おそらく前作通りの性能。 青色サイクバースト(青バ) 攻撃を受けている時に行うバースト• コマンド バーストゲージが最大の時、ガードまたは攻撃を受けている最中に、 Dボタン+それ以外のボタン1つ• 性能 相手を弾き飛ばすアクション。 バーストゲージを100%使用して発動しヒットしたら20%回復• 前作との違い おそらく前作通りの性能。 ダウンバーストがあるかは未検証。 壁割り 新システム• 性能 壁に張り付いている相手に攻撃してエリア移動する新システム エリア移動後は開幕位置に戻り、割った側が後述するポジティブ状態になります。 ポジティブ状態 テンションゲージが増加しやすい状態• 性能 エリア移動後、壁を割った側がこの状態になりテンションゲージが一定時間増加しやすくなります。 受身 体勢を立て直すアクション• 性能 ダウン状態から復帰するアクション。 前作との違い 一部状況を除き自動で行うようになったので、今までのようにボタンを押す必要はありません。 ちなみに、空中受身はありません。 カウンターヒット• 性能 相手の攻撃モーション中に攻撃を当てるシステム。 前作との違い カウンター時の演出が大きくなり分かりやすくなりました。

次の

『ギルティギア ストライヴ』新たに「ラムレザル=ヴァレンタイン」の参戦が決定。紹介映像が公開に

ギルティ ギア スト ライヴ

また、『』第3弾トレーラーを3月22日(日)10:00より、youtubeアークシステムワークス公式動画チャンネルにて、プレミア公開します。 オンラインテスト実施前にはCOM戦をお楽しみ頂ける期間がございます。 また、本テストでは「ファウスト」を初めて試遊頂けます。 ギルティギアファン、格闘ゲームファンの皆様のご応募をお待ちしております。 4月13日(月)15:00以降に、アンケート回答時に入力したメールアドレスにご連絡致します。 開催スケジュール• 4月16日(木)時刻未定:事前ダウンロード開始• 4月17日(金)12:00~18日(土)11:59:サーバーメンテナンス(COM戦のみプレイ可)• 4月18日(土)12:00~16:59:オンラインテスト(1)(オンライン対戦のみプレイ可)• 4月19日(日)04:00~08:59:オンラインテスト(2)(オンライン対戦のみプレイ可)• 4月19日(日)19:00~23:59:オンラインテスト(3)(オンライン対戦のみプレイ可) 17日(金)12:00から18日(土)11:59までの最大24時間、サーバーメンテナンスを予定しております。 サーバーメンテナンス中はCOM戦がお楽しみいただけます。 ボイス言語:日本語• テキスト言語:英語、日本語、韓国語(PS4の本体設定によって設定されます)• 使用可能キャラクター:ソル=バッドガイ/カイ=キスク/メイ/アクセル=ロウ/チップ=ザナフ/ポチョムキン/ファウスト)計7キャラクター• リージョン区分:「日本」「韓国」「北米」「欧州」「アジア(日本・韓国を除く)」の5つのリージョン区分があります。 ご自身のPSNアカウントのリージョンにてお申し込みください。 別リージョンのコードはご利用になれません。

次の