すかいらーく 優待利回り。 株主優待目当てで、すかいらーくHD(3197)を100株買いました

株主優待利回りランキング

すかいらーく 優待利回り

すかいらーくHD 3197 の約定履歴 今回で、すかいらーくHD 3197 を買った約定履歴です。 すかいらーくHD 3197 約定履歴 約定日 2020年1月8日 水 約定単価 2,138円 約定数 100株 手数料・諸経費 250円 課税額 25円 受渡金額 214,075円 すかいらーくHD 3197 の株価は上がる?下がる? 人口減、インフレ 物価上昇 、消費税増税、所得 給料 が上がらないなど・・・、日本、特に外食産業はこれから厳しい時代になるのは明らか。 現に2019年11月にはペッパーフードサービス 3053 が運営する、いきなり!ステーキが44店舗 全店舗の約1割 の閉店を発表し、幸楽苑 7554 も2020年4月までに全国約500店舗のうち51店舗閉店すると発表しました。 -; ペッパーフードサービス 3053 の株価チャート 幸楽苑HD 7554 の株価チャート 僕も2017年に3ヶ月ほどペッパーフードサービス 3053 を100株保有してたけど、近所 岡山県 に「いきなり!ステーキ」ができたので初めて行ったとき、これは色々と厳しいな・・・と思ったので即売却しました +10万ほど。 すかいらーくHD 3197 の株価チャート つまり株主優待が魅力的なので買ったら売らないガチホ buy&hold する人が圧倒的に多いと予想できます。 コロナショックによって飲食店の多くは宅配、テイクアウトに力を入れてきてるけど、最低でも2020年はかなり厳しいかなと。 スポンサーリンク ただ株価もソコソコ下がってるから、長期保有であれば2020年中に買い増してもいいかなと思ってます。 すかいらーくHD 3197 の配当&配当利回り 年 配当金 年2回合計 配当利回り 2014年 14. 621円 — 2014年 13. 52円 2. 24% 2015年 33円 2. 1% 2016年 38円 2. 46% 2017年 38円 2. 37% 2018年 38円 2. 19% 2019年 19円 0. すかいらーくHD 3197 の株主優待 株主様ご優待カード 株主優待の人気ランキングサイトは数多くあるけど、そのほとんどでTOP10に入るほど人気なのが、すかいらーくHD 3197 の株主優待です。 人気の理由は、全国約3,000店舗の「すかいらーくグループ」で利用できる 株主様ご優待カードが貰えるからです。 株主優待目当てで株を買わない理由 僕は基本的に株主優待目当てで株は買いません。 だって株価がダダ下がっても「株主優待があるから売れないな・・・」と思うのが嫌だし、株主優待目当てじゃなくキャピタルゲイン 値上がり益 狙いのほうが魅力的じゃない? 例えば株主優待目当てで買った株が1年で+5%値上がりして、+株主優待が貰えたとしても、キャピタルゲイン狙いの株が1年で+10%値上がりしたら、後者のほうがお得でしょ? もちろん株主優待も貰えて、配当金も貰えて、さらに株価も爆上げしてくれれば嬉しいけど、そんなに甘くないからなー。。 ただ、すかいらーくHD 3197 の株主優待は、すかいらーくグループをよく利用する人にとっては魅力的なのは間違いないし、今後も安定した業績が期待できるので今100株保有してるけど、もし株価が1,500円割ったら200株買い増して300株保有 年間2万円の株主様ご優待カード にしたいなー。 すかいらーくHD 3197 株主様ご優待カードが使えるお店一覧 株式会社すかいらーくレストランツ Sガストを除く ・ガスト ・バーミヤン ・ジョナサン ・しゃぶ葉 ・夢庵 ・ステーキガスト ・グラッチェガーデンズ ・藍屋 ・魚屋路 ・和・カフェ ・いろどり和菜みわみ ・ゆめあん食堂 ・とんから亭 ・からあげ専門から好し ・ばーみやん軒 ニラックス株式会社 ・グランブッフェ ・フェスタガーデン ・イタリアンバイキング パパゲーノ ・ブッフェ グランチャイナ ・ブッフェ エクスブルー ・むさしの森珈琲 ・ラ・オハナ 株式会社トマトアンドアソシエイツ ・じゅうじゅうカルビ ・トマト&オニオン.

次の

すかいらーくの株主優待!年間総合利回りは「約6%」!

すかいらーく 優待利回り

株主優待で人気の すかいらーくですが、業績が振るわずに株価が下落しています。 2017年に年間2000円分の株主優待が3倍の6000円に拡充されましたが、2018年は営業利益18. 一方、株価は2017年の1500円前半から一時は2200円を突破しました。 直近で大幅下落したとはいえ、未だ1800円台を維持しており、2017年当時から経営状況が悪化しているにも関わらず株価は高いという矛盾が生じています。 今回は、すかいらーくの決算から主要な数値をピックアップし、すかいらーく株を買う上で重要となる「株主優待の今後」を占った上で、買い時を判断してみました。 営業利益には客数や客単価の増減、人件費など、飲食店経営で重要な数値が反映されていますので、すかいらーくがどれだけの企業価値を持っているかを判断する目安になります。 また、すかいらーく株の人気の理由である株主優待は利益が上がっていることが前提となります。 営業利益が少なくなれば改悪、もしくは廃止ということも考えられます。 これらの理由から、すかいらーく株を買う上で営業利益は非常に重要な指標です。 2016年〜2019年の営業利益と売上高の推移が次のグラフです。 これは、すかいらーくを取り巻く事業環境が変化し、収益力が下がっていることが要因です。 その要因として「人件費高騰」と「株主優待」が挙げられます。 人件費と株主優待が重荷 以下は2018年と2019年で営業利益が低下した原因を分析したものです。 人件費については、2018年で-19億円、2019年で-26億円もの低下要因になっています。 さらに、株主優待は2018年で-34億円、2019年に-7億円となっており、経営上の大きな負担になっていることがわかります。 2018年の営業利益と、前年度からの変化要因。 人件費で-19億円、株主優待で-34億円もの下押しとなった。 2019年の営業利益と、前年度からの変化要因。 人件費で-26億円、株主優待で-7億円の下押しとなった。 株主優待がこれだけの負担になっているのは、2017年に発表した株主優待拡充によるものです。 以前までは100株保有で年間2000円分の商品券だった株主優待を、2017年からは6000円分に拡充したことで、配布した商品券分の引当金を計上。 拡充の次年度である2018年には昨年度比で-34億円もの下押し圧力となったのです。 さらに、2015年以降顕著となっている時給の値上がりが「人件費」として重くのしかかっています。 人件費の上昇は少子化や求人倍率の上昇が主な要因ですが、これらは急激に改善される見込みは無く、今後も営業利益の負担であり続けます。 株主優待がテレビなどでも取り上げられるようになったこともあり、2017年中旬には1600円代だったすかいらーく株は2019年末には2200円を突破するまでに上昇します。 上昇の根拠としては、株価に対する還元額の割合を示す「利回り」がありました。 個人投資家を中心に書いが集まり、株価上昇に至ったのです。 株主優待拡充以降、すかいらーく株は右肩上がりに上昇した 株主優待廃止の可能性も 2016年以降、連続して減益となっているすかいらーくですが、業績悪化にも関わらず、株主優待による人気で株価が上昇するという「歪み」が生じる結果となりました。 株主優待で配布する商品券は利益を削って捻出しているものですので、利益が減少すれば維持することが困難となります。 このまま営業利益が低下すれば、すかいらーくは100株あたり6000円もの株主優待を支えきれなくなることは必至。 業績が改善しなければ、株主優待の改悪、最悪の場合は優待制度廃止によってこの歪みが是正されることになるでしょう。 大口投資家からも優待廃止要望 また、株価に大きな影響を及ぼす大口投資家からは株主優待を廃止するよう要望が上がっています。 それよりも配当で還元するよう、業界全体として要望が上がっています。 と言うより、改悪されるまで買うのは危険、と言った方が正しいですね。 改悪されることで株価下落は免れませんので、保有していると損失を被ってしまいます。 株主優待が改悪され、株価下落が落ち着いた頃が買い時となりそうです。 業績が回復すれば優待が廃止されるリスクは小さくなり、株価は下がりにくくなり、買う上での懸念が無くなります。 仮に優待が改悪されてもその分配当に回される可能性が高く、株価は下がらないでしょう。 現在は人件費が高止まりしているため急激な回復は望めませんが、新業態の店舗が利益に貢献するようになることで長期的な業績の改善が見込めます。 髙くても1600円台、あるいは1400円台まで下落すれば買い時なのではないでしょうか。 證券大手のJPモルガンは目標株価1400円を掲げており、1400円台まで下落する可能性も十分あるでしょう。 まとめ すかいらーくの株主優待は個人投資家を中心に人気ですが、その根拠となる営業利益が低下していることから、薄氷の上に成り立っているようなものです。 今後、さらに業績が悪化すれば株主優待の改悪は免れません。 ただでさえ現在の株価は割高であると判断されますので、少なくとも今が買い時でないのは確かであると言えるでしょう。

次の

すかいらーく(ガスト)の株の買い方/有名企業の株の購入方法/i

すかいらーく 優待利回り

すかいらーくの株の買い方 すかいらーくホールディングス(以下すかいらーく)はガスト・バーミヤン・ジョナサンなどを運営する有名なファミレスの会社ですね。 現在は社名のすかいらーくの店舗は全てガストになり、すかいらーくはありませんが、ガストはファミレスで店舗数No1。 利用している人も多いでしょう。 ガストやジョナサンなどのすかいらーく系列のファミレス等で使えるお得な株主優待もあり、配当利回りも高め。 優待と配当を合わせた利回りだと6%を超えるお得な銘柄です。 このページではすかいらーくの株の買い方を解説していきます。 すかいらーくの株の買い方 すかいらーくの株を買いたい、すかいらーくの株主になりたいという方は、まずはネット証券に口座開設をしましょう。 すかいらーくの株はどこの証券会社やネット証券でもいいので、口座開設(無料)をすれば、普通に買うことができます。 (株を買うには証券会社の口座が必要です) ネット証券ならスマホやパソコンで簡単に株を買えますよ。 まずはを参考に、口座開設の申し込みをしてみて下さい。 ネット証券の口座開設は無料で、維持費などもかかりません。 また、に口座開設をすれば、お金がもらえたり口座開設をするだけでお得な場合もあります。 証券会社の口座開設は申込から数日かかりますので、買うと決めたら早めに申込をしておいたほうがいいですね。 口座開設が完了したら、ネット証券の銘柄検索で「すかいらーく」または「3197」で検索をしてみましょう。 3197はすかいらーくの株価コードです。 すかいらーく株を購入する資金をネット証券に入金して、買いの注文を入れれば買うことができます。 2018年8月の株価(1614円)で計算すると、約16万円で買える銘柄ですね。 すかいらーくの株主優待や配当金 すかいらーくの株主優待は100株以上株を持っていればもらえます。 すかいらーくの株主優待の内容はお食事券(株主優待カード)で、各種割引券との使用が可能です。 基準日は6月末と12月末です。 100株以上・・・6,000円相当• 300株以上・・・20,000円相当• 500株以上・・・33,000円相当• 100株保有で3800円の配当(税引き前)です。 2018年12月も同じ38円の予想です。 2018年8月の株価(1614円)で計算すると配当利回りは2. 35%。 100株保有の株主優待の6,000円を合わせた 優待+配当の利回りは 6. 07%。 1000株保有なら6. 63%。 配当+優待での利回りで考えるとかなり高いですね。 すかいらーくの株価 すかいらーくの株価や株価チャートは、Yahoo! ファイナンスなどで見ることもできます。 すかいらーくの株価コードは3197です。 (Yahoo! ファイナンス) ただし、これは20分遅れのデータとなり、自動更新もしません。 リアルタイムの株価やより多くの情報をより速く知りたい方はネット証券で口座開設をしましょう。 口座開設も無料で維持費もかかりませんので、今すぐ取引をしないとしても株に興味があるなら、ネット証券の口座開設をして画面を見ていればだんだん慣れてきますよ(参考:) また、マネックス証券の (無料)などのサービスを使ってすかいらーくの株価がいくら以上(いくら以下)になったら携帯メールに知らせてもらえば、毎日株価をチェックするためにわざわざネット証券にログインしなくても株価をチェックすることができて便利ですね。

次の