セダム 増やし 方。 セダムの育て方

セダムの育て方

セダム 増やし 方

スポンサーリンク セダムの特徴 セダムはグリーンランドから南アフリカまでオセアニアを除く全世界に分布するベンケイソウ科マンネングサ属の多肉植物です。 世界には500種類以上の品種があると言われています。 日本を原産とするセダムも17種あり、最もポピュラーな多肉植物として親しまれています。 セダムには「虹の玉」や「八千代」のような葉がぷっくりした品種から、「コーラル・カーペット」のようにグランドカバーとして使えるもの、「玉すだれ」のように枝が垂れるものまで色々なタイプがあり、株の大きさや花の色もそれぞれ異なります。 小さな葉がぷっくり連なっている姿は愛嬌があり、さらに日本の気候でも育てやすいため観葉植物として人気があります。 寄せ植えの主役にも脇役にもなる植物です。 セダムは春秋型の植物なので、夏と冬に休眠します。 品種によって白や黄色、オレンジ、ピンクなどの花が咲き、秋になると紅葉も楽しめます。 基本データ 難易度 易しい 流通名 セダム、マンネングサ 成長速度 やや速い 花・種 品種によって開花時期や花の色が異なります 日照量 日当たりを好みますが直射日光は避けましょう 温度 品種によって耐寒気温は異なりますが冬は室内に移します 湿度 多湿に弱いので水の与えすぎには注意してください 花言葉 静寂、落ち着き、私を思ってください、枯れることのない愛 セダムが好む環境 セダム グリーンペット 日当たりと置き場所 日当たりの良い場所を好みますが、葉焼けを防止するため真夏の直射日光は避けましょう。 屋内で育てる場合 セダムは耐陰性があるため屋内でも管理ができますが、日によく当てることで丈夫な株に育ちます。 窓際などの明るい場所で管理してください。 ただし、セダムは夏に休眠するため強い日差しを当てると弱ることがあります。 真夏は直射日光を避けてレースのカーテン越しのやわらかい光を当ててください。 耐寒性は品種によって異なりますが、日当たりの良い室内に置いていれば寒さに弱いセダムも越冬できるでしょう。 屋外で育てる場合 セダムには寒さに強い品種が多いため基本的には年間を通して屋外で育てることができます。 日光を好む植物なので、春から秋の暖かい時期は戸外の日当たりの良い場所に置くと元気に育ちます。 ただし、高温多湿に弱いため、梅雨から夏にかけては風通しが良く雨が当たらない半日陰に移して管理します。 温度・湿度 セダムは高温多湿が苦手な植物です。 梅雨の季節は雨が当たらない風通しの良い場所で管理し、真夏の直射日光は避けましょう。 冬の寒さには耐えられる品種が多いですが、霜や雪に当たって株が凍ると弱ってしまうため、冬の寒冷地域では室内へ移して管理します。 セダムは葉に水分を蓄える多肉植物なので乾燥には強く、水が多少不足してもすぐに枯れることはありません。 夏と冬の休眠期には水やりの回数を減らして乾燥気味の状態を保ちましょう。 用土 セダムは乾燥に強く多湿を苦手とする植物です。 土が常に湿った状態になると根腐れを起こしてしまうので、用土には水はけの良い土を使用します。 自作する場合は赤玉土(小粒)2:鹿沼土2:ピートモス2:川砂2:燻炭2、もしくは赤玉土(小粒)5:腐葉土3:パーライト2などの割合で混ぜた土がおすすめです。 初心者であればホームセンターなどに売られている多肉植物専用の土を使用してもよいでしょう。 セダムは痩せた土地や岩場などにも自生する丈夫な植物なので、水はけの良い土であれば土質はあまり選びません。 セダムを上手に育てるコツ セダム 虹の玉 水やり 春から秋にかけては土の表面が乾いたら水を与えるようにします。 多肉植物なので乾燥には強いですが、生育期にはたっぷりと水やりをしましょう。 セダムは高温多湿に弱いため、梅雨から夏の休眠期に土が湿った状態になると根腐れを起こす可能性があります。 水やりは控え目にして雨があたらない場所で管理してください。 冬場はセダムの成長がゆるやかになるため水はほとんど必要ありません。 葉の表面が乾燥してきたら水を与える程度で良いでしょう。 葉水 セダムのような多肉植物には基本的に葉水は不要です。 葉に水分を蓄えているため乾燥に強く、多少水が不足しても問題なく育ちます。 生育期には鉢土が乾いたらたっぷりと水を与え、休眠期には月に数回土壌を湿らせる程度に水やりをすれば、乾燥が原因で枯れることはありません。 ただし、水やりを控える夏と冬の時期に室内の暖房などで葉が乾燥している場合は、霧吹きなどで水を吹きかけても良いでしょう。 その際はセダムの葉が薄く濡れる程度の量に止めてください。 肥料の与え方 セダムは痩せた土壌や岩場などにも自生する丈夫な植物なので、肥料はほとんど必要としません。 日当たりや水やりの頻度、気温などの環境を整えても生育が悪い場合は、春と秋に緩効性の固形肥料を数ヶ月に1度のペースで与えましょう。 肥料の量が多いと肥料焼けを起こして枯れてしまうので、与えすぎには注意してください。 夏と冬の休眠期には、株が傷む原因となるため肥料は与えず、水やりも減らします。 冬越し セダムは霜や雪が当たらない環境であれば屋外で冬を越すことができます。 ただし、寒さに弱い品種もあるので、低音になる場合は暖かい室内へ移して管理してください。 冬場はセダムの生育がゆるやかになるため水やりは月に数回、土を湿らせる程度でかまいません。 庭植えの場合、基本的に水やりは不要です。 セダムの選び方 セダムを購入する際には害虫が付いていないか必ず確認してください。 害虫が付着したものを買ってしまうと株が傷んだり他の植物に被害が及んだりする可能性があります。 株がしっかりしていて間延びしておらず、葉と葉の間隔が詰まったものを選びましょう。 リンク セダムの増やし方 セダムは挿し木や葉挿し、株分けによって簡単に増やすことができます。 茎が長く伸びる品種は挿し木が適しています。 茎を先端から5~10cmほど切り取り、下の方の葉を取り除きます。 切り取った茎を1週間ほど風通しの日陰に置いて切り口を乾燥させてから、用土に植え込みます。 セダムの葉挿しは茎が短く葉が肉厚の品種に適しています。 葉を手でひねって取り、切り口を乾かしてから鉢土の上に並べておくと発根します。 セダムの株分けは、大きくなった株を植え替えるタイミングでおこないます。 親株を鉢から抜き取って根についた土を軽くふるい落とし、手やナイフで切り分けてください。 切り分けた株の切り口を風通しの良い日陰で1週間ほど乾燥させた後、新しい鉢へ植え付けます。 挿し木、葉挿し、株分けのいずれも3月~5月、9月~10月ごろが適期です。 セダムの植え替え 大きくなったセダムを同じ鉢で育てていると、鉢の中に根が回って根詰まりを起こします。 根詰まりは根腐れの原因になるため1~2年に1度を目安に植え替えましょう。 植え替えの際、大きくなった株は株分けを、茎が伸びている株は挿し木や剪定をして仕立て直すのもおすすめです。 セダムの植え替えは以下の手順でおこないます。 植え替えの数日前から水を控えて土を乾燥させる• 1回り大きな鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷く• 鉢からセダムを抜き出し、根についた土を軽く落とす• 鉢の中央へセダムを置いて土を隙間なく入れる• 半日陰に置いて管理し、4~5日後に水を与える セダムの植え替えは生育期の初期である3~5月頃が適しています。 セダムの品種 セダムは沢山の種類がありますが一部品種を写真付きで掲載しています。 赤く紅葉したセダム 虹の玉 セダム 乙女心 セダム 春萌 セダム オカタイトゴメ セダム 白花タイトゴメ セダム アルブムヒレブランティ セダム ダシフィルムリファレンス セダム パリダム セダム ミモザ セダム コーラルカーペット セダム サンライズマム セダム 覆輪万年草(ふくりんまんねんそう)別名:姫笹(ヒメササ)、リネアレバリエガータ セダム パープルヘイズ セダム サクサグラレモスグリーン 別名:六条万年草(ロクジョウマンネンソウ) 病気・害虫 セダムは4~6月の雨の多い季節に「黒星病」にかかることがあります。 黒星病にかかると葉や茎に黒褐色の病班が現れ、進行すると枯れてしまいます。 病気になった箇所は元に戻らないので被害が大きくなる前に取り除くようにします。 黒星病は雨水や昆虫によって感染する病気なので、雨が当たらない場所に置いたり、水やりの際に泥はねを防いだりすることで予防ができます。 セダムにつきやすい害虫にはアブラムシやナメクジがいます。 アブラムシは葉や茎に付着して植物の養分を吸い取り、株を弱らせます。 発見したら粘着テープなどで取り除くか薬剤を使って駆除しましょう。 ナメクジは新芽や若葉を食べてしまう害虫です。 見つけ次第すぐに手や割り箸を使って取り除いてください。

次の

セダム虹の玉の増やし方。伸びすぎの多肉をカットして挿し木したぞ、の巻

セダム 増やし 方

セダムは直射日光を好むので、冬以外は屋外の日当たりがよい場所というのが基本になります。 ただ、夏場の日照りが強いときは、葉焼けを防ぐため、半日陰の場所に移動して管理します。 冬は、霜にあたると枯れてしまうので、室内で育てます。 また、セダムは加湿に弱いので、風通しがよい場所を選ぶことも大事になります。 土壌は、常に水はけが良い状態にしておきましょう。 梅雨時は雨よけがある場所に移動させます。 多肉植物はもちろん室内でも育てられますが、外で太陽にたっぷり当てた方が生育はよく、花付きもよくなります。 セダムの水やり セダムをはじめとした多肉植物は、あまり水やりをしなくても育てられます。 多肉植物といえば、葉がプニプニとしていますが、この部分に水を貯め込むことができるのです。 真夏の日照りの強い時期を除けば、水やりの回数は少なくても問題ありません。 水やりは、土が真っ白に乾いてからでいいので、春と秋は数日おきに行います。 冬は休眠期となるので、葉も枯れた状態になりますが、水やりはしないで、土が乾燥した状態を保つようにしてください。 セダムの肥料 セダムは多肉植物のなかでも成長が早く、どんどん大きくなります。 種類によっては、大きくなる性質を活かして、庭のグランドカバーにすることもできます。 しかし、肥料を与えることで、茎がひょろひょろと伸びてしまったり、葉と葉の間に隙間ができることもあるのです。 むしろ、肥料なしのほうが育てやすいかもしれません。 肥料の与え過ぎは、多肉植物を枯れさせてしまう原因となりうるのです。 どうしても、成長を速めたいというのであれば、植え付けや植え替えのときに、緩効性の錠剤タイプの肥料を置くようにしましょう。 追肥は不要です。 セダムなどの多肉植物に限らず、どんな植物でも鉢植えをするときは、新しい清潔な土に植え付けをするのが基本です。 きれいな土に植えることで、病気や害虫からの被害を予防することもできますよ。 セダムは水はけがよく、排水性が高い土を選んで育てましょう。 鉢植えにするなら、市販の多肉植物用の培養土か赤玉土3、鹿沼土3、腐葉土4を混ぜた土が適しています。 観賞植物用の培養土は、多肉植物用に比べると保水性が高いので、セダムを育てる土には向いていません。 セダムの育て方で注意すべき病気・害虫 セダムを育てるときは湿気に注意して乾燥気味にする分、害虫つきやすくなります。 次に、セダムにつきやすい害虫について説明していきます。 カイガラムシ カイガラムシは、貝殻のようなものが、葉の部分につくだけではなく、排泄物がウィルスを媒介したり、スス病という病気にかかることもあります。 葉に白い粉のようなものが付着しているときは、カイガラムシが付いている可能性も。 除去をする時は、消毒用のアルコールをピンセットや楊枝につけてかきだします。 アブラムシ アブラムシは、新芽ややわらかい葉につきます。 カイガラムシと同様に、スス病の原因にもなります。 セダムにカイガラムシがついていたら、水をかけて洗い流すのが効果的です。 ネジラミ ネジラミは土の中にいるので、ほかの害虫に比べると被害がわかりにくいのが難点です。 根の部分の栄養を吸い取ってしまうので、葉が枯れていたり、成長していないように感じたら、一度鉢から取りだして、清潔な土に植え替えをしましょう。 ネジラミは、鉢植えで育てていても、ほかの鉢に媒介する可能性があるので、近くに置いてある鉢は、すべて植え替えをします。 ハダニ ハダニは葉の裏から養分を吸い取ります。 被害にあった部分は白や黄色に変色します。 ハダニもネジラミと同様に、症状が出るまで被害にあっていることに気が付かないこともあります。 挿し芽 セダムを一番増やしやすい方法が挿し木です。 カットした茎は、切り口の部分を乾燥させて、根が出てきたら新しい土に植え付けます。 根が付くまで、1週間位室内の暗い場所で管理します。 このとき水やりは不要です。 葉挿し セダムの種類のなかには、葉がポロポロと落ちやすい品種があります。 落ちたり、取れたりした葉は、色がきれいなものであれば葉挿しに使えます。 葉挿しにするときは、清潔な土の上に葉を置いて、軽く土をかけます。 根が出るまでは半日陰の場所で管理してください。 セダムは元々葉に水を貯める性質があるので、水やりはしなくても育ちます。 乾燥が気になる場合は、霧吹きで少しだけ水をかけてもよいでしょう。 株分け セダムは大きく成長したものであれば、株分けをして増やすこともできます。 親株の根から土を取り除いて、小分けにします。 根の部分を乾燥してから、植え付けをしてください。 挿し木や葉挿しと同じく、根付くまでは水やりは不要です。 セダムの手入れ セダムは、一年草、二年草、多年草と種類によって形状が異なります。 できるだけ、長い期間栽培を楽しみたいのであれば、こまめに手入れをしましょう。 生育期は茎が伸びてくるので、風通しをよくするためにも、こまめに切り戻しをしましょう。 夏と冬の休眠期には、枯れた茎を整理します。 開花の時期は、種類によって違いますが、花が終わったタイミングで、整理すると翌年以降も新芽が出やすくなります。 セダムの種類 セダムは、500種類以上の品種があり、世界中で栽培されています。 ここでは、セダムのなかでも代表的な品種をご紹介します。 虹の玉 中米原産の品種で、気温が低くなると葉の色が赤くなります。 暑さ、寒さにも比較的強いので、育てやすい品種といえます。 開花の時期は、春で、黄色の花が咲きます。 葉挿しで増やすのも向いている品種です。 春萌 セダムのなかでも人気の品種で、葉が大きくなると斜めに倒れてきます。 色の変化はありませんが、春に花が咲き、香りがあることでも知られています。 増やすときは、挿し芽にします。 原産地は中米です。 乙女心 中米原産の品種で、秋になると色が赤くなります。 枝分かれしながら、上に伸びていくタイプで、春に黄色の花が咲きます。 挿し芽で増やすことができます。 夏の暑さが苦手なので、長く育てるには「夏越し」ができるかが大事です。 ゴールデンカーペット 横に広がって増えていくタイプなので、グランドカバー用にも適しています。 秋になると葉の色が赤くなります。 成長のスピードが早く、暑さ、寒さにも強いため、多肉植物初心者でも育てやすい品種です。 ミセバヤ 日本原産の品種で、茎が伸びて大きくなります。 開花の時期は秋で白とピンクの花が咲きます。 葉の色が変わるのは2年目の秋からになります。 冬は地上部が枯れます。 挿し芽で増やすことができますが、セダムのなかでは上級者向けの品種です。 セダムの育て方を覚えよう!.

次の

セダムの育て方|水やりや肥料の与え方、増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

セダム 増やし 方

スポンサーリンク 多肉植物の代名詞「セダム」。 屋外にも生えています。 多肉植物はグリーンインテリアとして、小鉢やちいさなカップに入って店頭に並んでいることがおおいですね。 多肉植物と聞くと、サボテンの仲間みたいに思われてしまうことも多いのですが、意外と屋外でも見かけることが多いのです。 普段はあまり気にしないかもしれませんが、「〇〇万年草」と呼ばれる植物もセダムの仲間だったりするんですよ。 だから、地面の土を覆うように、芝生替わりに植えられていたりします。 セダムは湿気や蒸れに弱い一面もありますが、生命力や繁殖力が強いので、弱ったように見えても復活することが多々あるんです。 笑 そうそう! セダムの育て方については、以前にお話していますから、よかったらご覧になってくださいね。 過去記事:「」 多肉植物「セダム」にはどんな種類があるの? 多肉植物の話題の中に「セダム」という言葉がたびたび登場します。 セダムというのは、多肉植物のグループ名のひとつです。 もちろん、セダムのに属する多肉植物のひとつひとつには、ちゃんと名前がついていますよ。 それでは、セダムには、どんな種類の多肉ちゃんがいるのかをいくつか紹介しますね。 虹の玉-多肉植物セダム属- まずは、お馴染みの虹の玉という多肉植物です。 小さな玉のような葉っぱがとってもかわいい!この多肉ちゃんは、秋になると紅葉してくれるタイプの子です。 玉葉の多肉植物は、葉っぱがとれやすいのですが、とれた葉っぱから芽や根が出てくるのですね。 月の王子、黄麗(オウレイ)-多肉植物セダム属- 月の王子という多肉植物です。 とっても覚えやすい名前ですよね! この多肉ちゃんには、黄麗(オウレイ)という別名もあるんです。 どちらの名前もお店でよく見かけます。 葉っぱの色が黄色っぽくてお月さまみたいに見えるから「月の王子」っていうのかな? この子はギュット身が締まった姿がとってもカッコイイです。 ちょっとお花みたいな感じにも見えますよね。 わたしは、黄麗が大好きなんですw いつか、バケツいっぱいになるくらい、たっくさん集めてみたいと思っています。 ブロンズ姫-多肉植物セダム属- ブロンズ姫という多肉植物もセダムの代表格ですね~。 まさにブロンズ色(銅色)に紅葉してくれる多肉ちゃんです。 この子は、本当におてんば姫と呼ぶにふさわしいくらいに暴れまくります。 そのはずです。 残念なことに、わたしはまだ大暴れするくらいに大きく育てられたことがないのですね。 今年の春は気合をいれて、しっかり育ててあげようと思っています。 カメレオン-多肉植物セダム属- カメレオンという多肉植物です。 これまでの子とは、ちょっと印象がちがいますよね。 この子のように、ツンツンした葉っぱが付くタイプもあるんです。 カメレオンは、名前に恥じないくらいに、しっかり紅葉してくれる多肉植物。 ロッティー-多肉植物セダム属- ロッティーという多肉植物です。 お花みたいな形をしていると思いませんか? このままでも十分カワイイのですが、ほんのりピンク色に色づいてくれるんです。 セダムの仲間には、こういうお花みたいな形をしてるものもあります。 エケベリアという種類の多肉植物もお花のような形をしているのが特徴でしたね。 この子のような形の多肉植物は、お水やりの頻度が多くなると、茎の部分がピョ~ンと伸びやすくなるのです。 そこが難しいところなんですよね~。 汗 プロリフェラ-多肉植物セダム属- プロリフェラという多肉植物です。 ごらんのとおり、この多肉ちゃんは紅葉するタイプの子です。 そして、タイミングがよかったのですが、ぴょ~んと子株が飛び出してきました! こんな感じで、どんどん増えていきますから、育てていると本当に楽しませてくれるんです。 ウインクレリー-多肉植物セダム属- ウインクレリーという多肉植物です。 この子は虹の玉と似たような雰囲気に感じるかもしれませんが、全然別ものです。 これらは、ほんの一部。 まだまだ、たくさんセダムの仲間はいるのですね。 多肉植物は、ホームセンターの園芸、ガーデニングコーナーや園芸店、雑貨屋さんなどで購入することができます。 明日からの3連休は絶対に狙い目です! おでかけのついででも十分ですから、是非、一度店頭で実物のセダムを手にとってみてくださいね! 今回の記事がみなさんの参考になればうれしいです。 私も以前の会社で、そぅでしたから。 偏頭痛が酷くなったり、お腹がゆるくなったり…。 月の王子!バケツにいっぱいが夢なんですね?

次の