インド 映画 ハエ。 【レビュー】想像力の限界を超越するハエの復讐劇! インド映画『マッキー』

インド映画「マッキー」ハエが人間と戦う爆笑必至の予告公開 : 映画ニュース

インド 映画 ハエ

解説 殺されてハエに生まれ変わった主人公が愛する人を守るため戦う姿を描き、インドで大ヒットを記録した奇想天外なアクションコメディ。 家の向かいに住む美人の慈善活動家ビンドゥに思いを寄せるジャニ。 一方、表向きは建設会社の社長で、裏ではマフィアの顔をもつスディープもまた、ビンドゥに夢中だった。 ある日、ジャニは勇気を出してビンドゥに告白し、2人は両思いになるが、金と権力とルックスで落とせない女はいないと思っていたスディープは激怒。 ジャニをなぶり殺してしまう。 やがて小さなハエとして転生したジャニは、殺された恨みを晴らし、ビンドゥを守るためスディープに立ち向かう。 本作の後に手がけた「バーフバリ」が日本でも旋風を巻き起こしたS・S・ラージャマウリ監督が、「バーフバリ」以前に手がけた一作。 日本では2013年10月に劇場公開。 19年11月にリバイバル公開。 2012年製作/125分/G/インド 原題:Eega 配給:TCエンタテインメント 日本初公開:2013年10月26日 スタッフ・キャスト 悪党に殺された主人公が、ハエに転生して、愛する女性を守り、悪党に復讐するために戦いを挑む! 完全にバカ映画のアイデアだが、バカ映画も中途半端には仕上げないのが、インド映画のサービス精神の豊かさ。 ハエになるまでの前半戦は、王道のロマンチックコメディとして楽しめるし、後半の復讐戦になると、超ダンディな悪役スディープが(なんでか映画スターのスディープが自分の名前のまま演じている)血まみれになりながら、全力でハエと戦ってくれるのだ。 ハエはもちろんCGなので、撮影現場ではスディープはたったひとりで見えないハエと格闘していることになる。 その本気かつ捨て身の演技が、本作の最大の見どころであり、VFXを駆使しながらも、手作り感あふれる愛らしさが全編に漂っているのがいい。 そして本作を大ヒットさせたラージャマウリ監督は、そのエンタメ力を遺憾なく発揮して『バーフバリ』二部作をものにしてしまうわけで、監督力というものを堪能するためにも、『バーフバリ』とセットで観て欲しい快作だと思う。 マッキーとはハエの意。 マイクロアートが趣味の女学生ビンドゥ、その彼氏ジャン、脱税裏切り人殺しの悪社長スディープ。 始まって30分でハエ目線のまるでピクサーアニメーションみたいな思いきったカメラワーク。 車の空気口から入ってスディープの眼球アタックから大クラッシュになり、フロントに「I will kill you」で暗転休憩となる前半一番のクライマックスシーンはテンション激上がり。 カセットテープでルームランナー、ミニチュアハエメガネ、プラスチックアレイ、スマホをステージLEDにするなど小物を使ったアイデアが豊富。 唐突の奇術師。 ビンドゥがハエと会話できちゃうとか、 大爆発に全く巻き込まれないとかツッコミはあるがそれを上回るエンタメで総じて満足度が高かった。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

「きっと、うまくいく」だけじゃない!?おすすめのインド映画7選!

インド 映画 ハエ

CONTENTS• All rights reserved. 2012年インドで公開され大ヒットを記録したのを皮切りに、 ハエが主人公のアクションコメディという前代未聞の設定に「新しいジャンルを切り開いた」と各メディアが激賞! 評判は瞬く間に海外にも広がり、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、台湾など世界中で公開されました。 日本でも2013年に劇場公開し大きな話題を呼びました。 日常生活では嫌われがちで決して主役になることはないと思われていたハエが悪い人間と戦うという、誰も考えつかないヒーロー像を見事に映像化。 明るくお調子者のハエが愛する彼女を守るために戦う姿はピクサー・アニメーションのキャラクターのように愛らしく、誰もが応援したくなります。 映画『マッキー』のみどころ 参考:S. S・ラージャマウリ監督のツイッター Pic:3 Telugu — rajamouli ss ssrajamouli 本作で注目すべきは、 5ミリ程度のハエが空間を飛び回り、人間と戦う様をダイナミックに映し出すことに成功している点。 ハエ視点のコミカルかつ臨場感たっぷりな映像は本作の見どころの1つです。 ハエと人間の物語を見事に作り上げた監督は、「バーフバリ」 前後編 を放ったS. S・ラージャマウリ。 VFXは、インド最大の映画祭「ナショナル・フィルム・アワード」で最優秀特殊効果賞も受賞したインドの映像制作会社「MAKUTA VFX」が手掛けています。 S・ラージャマウリは、『マッキー』と「バーフバリ」を続けて同チームで制作。 両作にて大胆な構図と迫力あるVFXを見せ、インドを代表する監督の1人として知られるようになりました。 映画『マッキー』の作品情報 【製作】 2012年(インド映画・ヒンディー語) 【復活上映日本公開】 2019年 【原題】 Eega 【監督・脚本】 S. S・ラージャマウリ 【キャスト】 ハエ(ナーニ)、スディープ、サマンサ・ルス・プラブ 【作品概要】 トロント・アフター・ダーク映画祭や上海国際映画祭で上映され、国内外の多くの映画賞を受賞した本作。 監督はS・S・ラージャマウリ、脚本は父親のK・V・ヴィジャエーンドラ・プラサードの「人間に復讐を企んでいるハエ」という冗談から着想を得て、1990年代から構想が練られていました。 2010年から本格的に企画を進め、同年12月7日からハイデラバードのラマナイドゥ・スタジオで撮影開始。 映画『マッキー』のあらすじ ジャニ ナーニ は家の向かいに住む美人ビンドゥ サマンサ・ルス・プラブ のことが好き。 彼女もジャニのことが気になっていました。 一方、建設会社社長のスディープ スディープ は野心家で自信家、そして無類の女好き。 彼は美しいビンドゥに釘づけになります。 ある日、ついにジャニはビンドゥに想いを伝えました。 するとビンドゥのほうもジャニのことを好きだといいます。 彼女がすっかり自分の手に落ちたと勝手に思っていたスディープは怒り狂い、ジャニを呼び出し、なぶり殺しにしてしまいました。 死んだジャニが生まれ変わったのはなんとハエ。 ハエになったジャニは前世でのスディープへの恨みを思い出し、スディープに大復讐を誓うのでした…! まとめ 参考:映画『マッキー』ツイッターアカウント 【インド映画講座!】もともとテルグ語映画だった『Eega』を、ヒンディー語に吹き替えて制作した『マッキー』。 ラージャマウリ監督の鬼才っぷりを今こそ再確認しましょう。 全編CGによるハエと実写の人間との戦いに、笑って泣けて、ラストは大感動できるアクションコメディ『マッキー』。 今回の復活上映には『バーフバリ』絶叫上映をプロデュースしたV8Jも協力に加わりました。

次の

2020年1月のインド映画 January 2020 Releases

インド 映画 ハエ

VARAHI CHARANA CHITRAM [映画. com ニュース] インドのアクションコメディ映画「」(監督)の予告編がこのほど公開され、主人公のハエが人間相手に爆笑必至の戦いを繰り広げる姿が明らかになった。 マフィアが見初めた女性と両思いになったために殺されてしまった主人公が、ハエに生まれ変わり恨みをはらすという奇抜なストーリーを、実写とCGのハイブリッドで展開。 インド国内で大ヒットし、「」のやキング・オブ・ボリウッドの異名をもつらボリウッドスターたちも絶賛した異色作だ。 主人公ジャニは、美人で慈善活動家のビンドゥに勇気を出して告白し、両思いになる。 しかし、表向きは建設会社社長だが、裏ではマフィアの顔を持つスディーブもビンドゥにほれ込んでおり、ふたりの関係に激怒してジャニをなぶり殺してしまう。 やがてジャニはハエのに生まれかわり、愛するビンドゥを守るためスティーブに立ち向かう。 インド映画らしい歌とダンスも盛り込まれた予告編では、インドのピクサーと呼ばれるマクタスタジオが作り上げたが縦横無尽に飛び回る。 アイデア満載のトレーニングで体を鍛える様子や、殺虫剤やハエタタキにもひるまずスティーブに対抗する姿から目が離せない。 ハエとは思えない愛嬌のある動作にも注目だ。 「」は、10月26日からTOHOシネマズ六本木ほか全国で公開。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の