筋肉 けいれん。 ピクピクと筋肉が痙攣するときの原因と対処法【腕・肩・顔】

腕のけいれん

筋肉 けいれん

筋肉の痙攣は、不随意の筋肉収縮が原因で起こります。 筋肉組織全体が収縮するのではなく、その内の一部のみが収縮します。 それにより、痙攣が一部に集中するので、 激しくて堪え難い痛みが出るのです。 痙攣は、筋肉への直接的な外傷や損傷とは関係がありません。 は、一般的に激しい運動の後や、寝る前に起こります。 不随意の筋肉収縮の原因 先ほどもお伝えしましたが、直接的な外傷は痙攣の原因ではありません。 実際、筋肉が損傷したからと言って、痙攣が引き起こされるという事はないのです。 最も一般的なものは次のとおりです。 脊髄の負傷• 神経機能不全• 過度の筋力運動• の欠如• 水分不足• 筋肉への不十分な血流• 背中や首の神経の圧迫 その他の原因としては、次もあげられます。 賢不全• 機能の低下• 特定の薬 こちらもご覧ください 筋肉の痙攣が起きたらすべきこと 筋肉の痙攣は、いつ、どこにいても起こりえるので、 起こった時にどう対処するべきかを知っておく必要があります。 運動する前に あなたの筋肉をいきなり運動させることは、不随意の筋肉収縮の主な原因の一つになります。 このため、運動する前にいくつかの点に注意してください。 運動をする前に、 身体の全ての筋肉を起こしてあげるようにストレッチなどのウォームアップをしましょう。 これから、使用する筋肉を重点的にのばすようにしてください。 運動の前、最中、後に をしっかりと行いましょう。 運動前の 重い食事は控えてください。 もし食べたいのであれば、 運動する2時間前に食事を済ませるようにしましょう。 運動前にコーヒーやアルコール飲料を飲むのは避けてください。 筋肉痙攣時の痛みのコントロール法 不随意の筋肉収縮を和らげる方法は多くあります。 最も簡単で、実用的な方法をいくつかご紹介しますね。 痙攣している筋肉をマッサージする は、痙攣を治す最も一般的な方法です。 誰にでも簡単に行うことができて、すぐに痛みがひくからです。 まず痙攣を起こしている筋肉の位置を確認し、 マッサージが行いやすい体勢をとりましょう。 片方の手で、適度な力を入れながら、円を描くようにマッサージしていきます。 これにより、 筋肉への血液循環が促進され、筋肉が正常な状態へ戻ります。 こちらもご覧ください 患部を暖める これも、筋肉痙攣からの痛みを和らげるのに素晴らしい効果があります。 特に、痛みが長時間続く場合に試してください。 色々な方法で患部を暖めることができます。 温かいシャワー:身体に温かいお湯を浴びることで、不随意収縮を徐々に和らげていきます。 お湯と蒸気の組み合わせが、非常に効果的です。 温湿布:タオルにお湯を含ませ、温湿布をつくり患部に直接あてておきます。 タオルがない場合には、他の布類で代用してください。 水をたくさん飲む 痙攣の主な原因の一つに脱水症状がありますので、 水を多く飲むことで症状が改善するでしょう! 水分補給をすれば、 痙攣を治すだけではなく、痙攣を予防することもできます。 痙攣を既におこしてしまっている時は、 少なくとも半リットルのを飲むようにしましょう。 しかし、この方法は、筋肉の痙攣が運動中に起こった場合にのみ有効です。 運動中に起こる痙攣の多くは、脱水症状に直接関係している為です。 筋肉の痙攣は、とても一般的だということを知っておいてください。 そして、筋肉の痙攣による不快な痛みは、せいぜい10分間しか続きません。 もし痛みがそれ以上続く場合は、医師に相談し、痛みがある部分の筋肉を検査してもらってください。 com.

次の

筋肉の痙攣が起こった時の対処法 — みんな健康 自然療法

筋肉 けいれん

運動中に突然足がつったり、筋肉のけいれんが起こったりすることがある 身体を動かすと筋肉は必ず収縮しますが、このときにナトリウム(塩分)、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分が必要になります。 血液中のミネラル分は適切な量を保って全身に供給されていますが、体温が上がり汗をかくと、水分とともにミネラル分が体外に排出され、血液中の電解質バランスが崩れてしまいます。 これによって筋肉のけいれんや、いわゆる「足がつった」状態が引き起こされると考えられています。 汗をかきやすい暑い季節はもちろん、運動によってもミネラル分は消費されるため、運動を長く続ければ続けるほど筋疲労による影響もあわせて考えられます。 この他にもさまざまな原因が挙げられます。 水分・ミネラル分不足など血液中の電解質バランスの乱れによるもの• 筋疲労によるもの• 体温低下(筋温低下)によるもの• 食後などで筋肉への血流が不足している状態 等々 筋肉のけいれんは、筋肉の付着している部位であればどこでも起こりますが、特にふくらはぎの筋肉や太ももの裏側(ハムストリングス)の筋肉、腹筋などによく見られます。 「足がつる」という症状は、足の筋肉が不意に細かく収縮してけいれんを起こす状態です。 ふくらはぎの場合には腓腹筋(ひふくきん)のことを指し、「こむら返り」と呼ばれることもあります(「こむら」とは腓腹筋のことです)。 筋肉のけいれんは激しい運動中や運動後に起こることが多いものの、疲労がたまっている場合などは安静時や就寝時にも起こります。 筋温の低下などによって夜中に足がつってしまう方もいるでしょう。 足がつったときやこむら返りの治し方……あわてず息を吐いて筋肉を伸ばす 筋肉のけいれんが起こったら、あせらず息を吐きながらストレッチをすること 筋肉のけいれんは予期せぬ状態で突然起こることが多く、痛みを伴うために焦ってしまいがち。 「筋肉がつった!」という状態になったときは、あわてずにゆっくりと息を吐きながら、つった筋肉を伸ばしていくようにします。 息を吐きながら行うと筋肉がゆるみやすくなります。 一人で行うことが難しい場合は、誰かにサポートしてもらいながらパートナーストレッチを行いましょう。 就寝中に突然足がつってしまったときは、息を吐きながらストレッチを行うことと同時に筋肉を軽くさすったり、温めたりすることも効果的です。 ケガをした際の多くは患部を氷などで冷やす応急手当が一般的ですが、足がつった場合などの一時的な筋肉のけいれんは、局所の血流不足を改善させるために患部を冷やすのではなく温めるようにすることや、固定してしまうのではなくより積極的に動かすことで、筋肉への血流を増やすようにします。 ただし筋肉のけいれんが一時的なものにとどまらず、長く続く場合は筋線維を傷め、筋肉の肉離れを起こす場合があります。 ストレッチをしたり、温めてほぐしたりしても痛みが変わらない、痛みが増す場合は患部を冷やして炎症を抑える必要があります。 筋肉のけいれんを予防する方法・飲み物・補食も効果 カフェインを含まない麦茶は水分・ミネラル分補給に適している 突然起こる筋肉のけいれんや運動中に足がつるのを防ぐためには、基本的なことですが運動前後や運動中の水分・ミネラル分の補給が不可欠です。 特に運動中は水分補給の回数が減ってしまいがちですので、運動中の水分・ミネラル分補給に配慮したスポーツドリンクやお茶などをこまめに飲むことが筋肉のけいれん予防につながります。 ただしスポーツドリンクの多くは飲みやすさを考慮して糖分が多く含まれているため、成分表示のラベルを確認し、過剰摂取には気をつけましょう。 またカフェインを含むお茶は利尿作用が影響することも考えられますので、カフェインを含まず、かつミネラル分を豊富に含む麦茶を運動時の水分・ミネラル分補給に利用すると糖質の過剰摂取も抑えられます。 さらに運動中の補食としてはミネラル分補給を意識した梅干しや塩昆布、レモンなどの柑橘類、マグネシウムが豊富なアーモンド、カリウム豊富なバナナ等を準備しておくとよいでしょう。 特にバナナは手軽で食べやすく、消化吸収も早いため、運動時の補食に適しています。 ジュニア選手などにはアーモンドチョコレートを準備し、アーモンドによるマグネシウム補給とエネルギー源である糖分を同時に補給して、筋肉のけいれんを予防し、エネルギー源を確保するようにしています。 運動前後はウォームアップ・クールダウンも忘れずに 筋温を上げ、維持するためにもウォームアップ、クールダウンは念入りに。 また、特に筋肉がつりやすくなる運動を行う場合、メインの運動前には必ずウォームアップを行うようにしましょう。 軽いウオーキングやジョギング、体操、ストレッチなどを行い、筋肉を適度に収縮させて筋温を上げながら、少しずつ段階的に身体を動かすようにします。 筋温が低下した状態でいきなり動き出すと筋肉や関節を傷めるだけではなく、低温によっても筋肉のけいれんを起こしやすくなります。 また運動中は汗をかいて身体が温まっていますが、運動後に汗が冷えて身体全体を冷やしてしまうとやはり筋温が急激に下がって筋肉のけいれんを起こしやすくなることが考えられます。 運動後は汗を拭き、着替えてストレッチやウオーキングなどのクールダウンを行い、筋肉への血流を維持することも大切です。 筋肉のけいれんは突然起こりやすくあわててしまうことが多いと思いますが、適切な対処法を理解し、焦らずに対応するようにしましょう。

次の

テーマ別掲示板 [筋肉のけいれん]

筋肉 けいれん

スポンサードリンク 腕がけいれんする 二の腕も、ピクピクと痙攣することがあります。 腕のけいれんの原因、対処法をご紹介します。 腕の痙攣の原因 二の腕がピクピクとけいれんする原因に、栄養素の不足が考えられます。 カルシウム、マグネシウムは、筋肉を収縮させるのに不可欠な栄養素です。 不足すると、痙攣や疲労回復の遅れなどが起きます。 また、ナトリウムとカリウムは、細胞の水分バランスを保つ役割をしています。 カリウムには、ナトリウムを尿と一緒に排泄する役割があります。 ナトリウムとカリウムのバランスが崩れると、神経伝達や代謝が上手くいかず、やはりけいれんします。 腕の痙攣の対処法 ミネラルを摂る必要があります。 カルシウム、マグネシウムは、比率が2対1になるようにします。 カルシウムだけ過剰に摂ると、マグネシウムを損失します。 あおさ、大豆、ごま、干しエビなどがマグネシウムを多く含んでいます。 干しエビはカルシウムも多く含んでいます。 チーズやしらす干しも、カルシウムを多く含んでいます。 カリウム、ナトリウムですが、ナトリウムは日常で十分補えるので、カリウムを摂るよう心がけます。 カリウムは水に溶けやすい性質があるので、果物で生のまま食べると効率よく摂れます。 バナナ、アボガドなどに多く含まれます。 カフェインを過剰摂取すると、カリウムを失いやすいので、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。 スポンサードリンク 肩が痙攣する 肩も痙攣することがあります。 肩の筋肉も、腕と同様に、ミネラルの不足によって起きます。 また、肩は四十肩、五十肩になると、痙攣することがあります。 また、筋膜性疼痛症候群の可能性もあります。 四十肩、五十肩、筋膜性疼痛症候群の原因と対処法を見ていきます。 腕を動かそうとすると、激しい痛みがあります。 初期症状として、肩が痙攣します。 炎症が起きる部分は、二か所あります。 上腕二頭筋の腱、骨と上腕骨の辺りにある広い腱板の間にある「肩峰下滑液包」です。 また、「肩峰下滑液包」に石灰がたまると四十肩、五十肩になります。 腱板が傷ついても、起きます。 痙攣に関してみれば、肩関節の前側で起きます。 肩は前内に傾いているので、外側や後ろの腱がそれを引き延ばそうとして、痙攣が起きます。 自然治癒で数ヶ月かけて徐々に治っていきます。 最初は夜寝るのも辛いほど痛む、ということが多いですが、一ヶ月ほどで痛みが和らいできます。 強い痛みには、安静にするのがよいです。 お風呂に入る、温湿布をするなど、肩を温めて筋肉を和らげます。 腕が思うように動かせないと、生活する上で大変不便を感じます。 前側で痙攣がある場合は、ストレッチをする、軽い運動をするなどして、肩を柔軟にして、予防しましょう。 片方だけ症状が出たら終わりではなく、もう片方に出ることもあります。 これが筋肉痛の状態です。 これが繰り返される、さらに血行が悪くなる条件が重なると、痙攣を起こし、筋肉痛のように自然治癒できなくなります。 痛みやしびれが激しくなります。 広範囲に起きる症状で、肩から腕にかけて起きることがあります。 カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンなどが不足気味の場合、起きやすいです。 痙攣をおこしているところを押すと、そこから痛みが広がる点があれば、筋膜性疼痛症候群の可能性があります。 また、痛みのある付近にむくみがあることもあります。 治療は、痙攣している部分に麻酔注射をうちます。 スポンサードリンク 顔がけいれんする 顔面が、長時間痙攣するようになると、人前に出るのがつらくなるので、そういった意味でも苦しみの大きい病気です。 どういった症状があるのか、原因、対処法を見ていきます。 顔面けいれんの症状 顔の片側で、自分の意志とは関係なくけいれんが起きます。 最初は目の周りでぴくぴくとし、それが、徐々に額や頬、口元まで広がっていきます。 あごの下まで痙攣するようになります。 最初は短い時間の痙攣だったのが、次第に長くなり、寝ている間にも起きるようになります。 顔面けいれんの原因 顔面神経は、脳幹から出ています。 その部分の血管が、神経を圧迫しているために置き、脈拍と共に痙攣が起きます。 初期の場合は、疲れ目と判断されてしまう場合があります。 目をぎゅーっとつむって、パッとひらくと瞼の下に痙攣が起きます。 また、口元をイーと引き延ばしたら瞼の下にけいれんが出ます。 対処法 脳外科医による手術が行われます。 血管を神経から剥離するという手術です。 また、薬が用いられることもあります。 薬は、てんかんの治療に使われるカルバマゼピンというもので、神経の伝導を抑える働きがあります。

次の