パチスロ ガンダム クロス。 【パチスロ】ガンダムクロスオーバーの有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

『機動戦士ガンダム』『Ζ』『逆襲のシャア』が1台に!「カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー」稼働開始!

パチスロ ガンダム クロス

1 97. 6 98. 9 100. 9 103. 3 107. 9 108. 設定6のみ大きな設定差があります。 打ち方の項目を参照 パターン別の示唆 C子…基本パターン F子…奇数設定示唆 Z子…偶数設定示唆 全員集合…設定4以上 全員集合 宇宙 …設定5以上 全員集合 浜辺 …設定6確定 AT終了画面 AT終了画面の選択率に設定差が存在。 中には高設定確定パターンあり。 パターン別の示唆 シャア専用MS…設定2以上 百式…設定5以上 全員集合…設定6確定 AT開始時の作戦ナンバー AT開始時に出現するナンバーで設定を示唆しています。 パターン別の示唆 パターン 示唆 人の心の光 設定2以上 宇宙世紀の覇者 設定4以上 通常時概要 本機はカードバトルがモチーフとなっており、通常時は「ガシャパート」「強化パート」「バトルパート」の3パートで構成 周期システム されています。 最終的に、「バトルパート」にてバトルに勝利が出来たら擬似ボーナス以上に当選となる流れとなります。 クロスオーバーラッシュは枚数変動タイプのAT機で、10G継続する強化パートを経由した後、バトルパートへ移行する流れとなります。 2枚・4. 25% オペ子 — 18. 0% NTナビ — 60. 0% 10. 0% 5. 0% 10. 0% 10. 0% ガンダム足ナビ — 40. 0% 30. 0% 5. 0% 10. 0% 12. 5% キャノンナビ — — 60. 0% 30. 0% 10. 0% 10. 0% コロニーナビ — — — 60. 0% 20. 0% 10. 0% HCプレートナビ — — — — 50. 0% 12. 5% ララァナビ — — — — — 10. 0% ファウナビ — — — — — 10.

次の

カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバーのボーナス概要。X(クロス)

パチスロ ガンダム クロス

Wii版はバンダイナムコゲームスより発売 人気アニメ『機動戦士ガンダム』がパチスロへ! パチスロメーカーの山佐では、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』を2007年12月初旬のリリースに向けて、開発中であることを明らかにした。 2007年9月13日に都内で行われた発表会では、山佐の執行役員、吉国純生氏が登壇。 「賑わいのあるホール空間を演出するためには、どうしても国民的アニメである『ガンダム』というコンテンツが必要でした。 パチスロのことをよく知らなくても、老若男女が楽しめるものに仕上がっています」と説明した。 タイトルからも想像されるように、劇場版2作目『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』をモチーフにしたこのパチスロだが、驚くべきはその『ガンダム』に対するコダワリぶり。 『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』専用に設計された筐体は、『機動戦士ガンダム』のメカニックデザインである大河原邦男氏のデザインによるもので、ガンダムのコックピットを模したものとなっている。 パネルのイラストも大河原氏の描き下ろしだ。 さらには、15. 4インチというパチスロではあまり類を見ない大型液晶から流れてくるのは、完全リメイクとなるアニメの映像。 劇場版『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』のオリジナル映像を、寸分違わず3Dに起こし直したという力の入れようだ。 それにともないセリフも、すべて撮り直しているという。 もちろん起用したのはオリジナルの声優陣! 「目の肥えた『ガンダム』ファンにも納得してもらえるものを目指しています」という。 4インチの大型液晶を採用するなど、臨場感は相当なもの。 発表会にゲスト出演したアムロ・レイ役の古谷徹も感慨深げで、「アムロとは25年以上の付き合いになりますが、かつてアニメの映像を見ながら収録したのは3回しかありません。 今回は4回目になります。 アニメの『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』では、アムロが脱走してランバ・ラルと出会い、ホワイトベースに戻って独房に入れられるというストーリーがあります。 そこでアムロは「あの人に勝ちたい」という名セリフを言うのですが、その一連の演技は、いままでやったなかでいちばんよかった。 名場面、名曲が網羅されているので、『ガンダム』ファンにはぜひ確認してもらいたいです」と、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』が見どころいっぱいであることをアピールした。 サービス精神が極めて旺盛! 「パチスロをプレイして『ガンダム』を見たくなってくれたらうれしい」とのこと。 そしてこの『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』は、Wii専用パチスロシミュレーターソフトとして、バンダイナムコゲームスより開発中であることもあわせて発表。 イベントで登壇したバンダイナムコゲームスの堀内美康プロデューサーは、「従来機ではパチスロの魅力がなかなか表現できないということで、Wiiでの開発を決定しました。 マシンスペックを存分に活かして、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』をきっちりと再現したいと思っています」とのことだ。 この『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」(仮題)』の気になる発売時期については、今冬予定。 「冬のいちばんいい時期を目指して開発中です」(堀内)とのことだ。 パチスロとWiiで展開される『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』の世界。 この冬は新たに生まれる『ガンダム』のコンテンツに注目したい。 実機の再現性はもとより、パチスロシミュレーターソフトとしての機能はすべて実装しているとのことだ。 山佐は『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』により、新たなパチスロエンターテインメントを目指すとのことだ。

次の

アイマックス

パチスロ ガンダム クロス

Wii版はバンダイナムコゲームスより発売 人気アニメ『機動戦士ガンダム』がパチスロへ! パチスロメーカーの山佐では、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』を2007年12月初旬のリリースに向けて、開発中であることを明らかにした。 2007年9月13日に都内で行われた発表会では、山佐の執行役員、吉国純生氏が登壇。 「賑わいのあるホール空間を演出するためには、どうしても国民的アニメである『ガンダム』というコンテンツが必要でした。 パチスロのことをよく知らなくても、老若男女が楽しめるものに仕上がっています」と説明した。 タイトルからも想像されるように、劇場版2作目『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』をモチーフにしたこのパチスロだが、驚くべきはその『ガンダム』に対するコダワリぶり。 『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』専用に設計された筐体は、『機動戦士ガンダム』のメカニックデザインである大河原邦男氏のデザインによるもので、ガンダムのコックピットを模したものとなっている。 パネルのイラストも大河原氏の描き下ろしだ。 さらには、15. 4インチというパチスロではあまり類を見ない大型液晶から流れてくるのは、完全リメイクとなるアニメの映像。 劇場版『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』のオリジナル映像を、寸分違わず3Dに起こし直したという力の入れようだ。 それにともないセリフも、すべて撮り直しているという。 もちろん起用したのはオリジナルの声優陣! 「目の肥えた『ガンダム』ファンにも納得してもらえるものを目指しています」という。 4インチの大型液晶を採用するなど、臨場感は相当なもの。 発表会にゲスト出演したアムロ・レイ役の古谷徹も感慨深げで、「アムロとは25年以上の付き合いになりますが、かつてアニメの映像を見ながら収録したのは3回しかありません。 今回は4回目になります。 アニメの『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』では、アムロが脱走してランバ・ラルと出会い、ホワイトベースに戻って独房に入れられるというストーリーがあります。 そこでアムロは「あの人に勝ちたい」という名セリフを言うのですが、その一連の演技は、いままでやったなかでいちばんよかった。 名場面、名曲が網羅されているので、『ガンダム』ファンにはぜひ確認してもらいたいです」と、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』が見どころいっぱいであることをアピールした。 サービス精神が極めて旺盛! 「パチスロをプレイして『ガンダム』を見たくなってくれたらうれしい」とのこと。 そしてこの『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』は、Wii専用パチスロシミュレーターソフトとして、バンダイナムコゲームスより開発中であることもあわせて発表。 イベントで登壇したバンダイナムコゲームスの堀内美康プロデューサーは、「従来機ではパチスロの魅力がなかなか表現できないということで、Wiiでの開発を決定しました。 マシンスペックを存分に活かして、『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』をきっちりと再現したいと思っています」とのことだ。 この『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」(仮題)』の気になる発売時期については、今冬予定。 「冬のいちばんいい時期を目指して開発中です」(堀内)とのことだ。 パチスロとWiiで展開される『機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜』の世界。 この冬は新たに生まれる『ガンダム』のコンテンツに注目したい。 実機の再現性はもとより、パチスロシミュレーターソフトとしての機能はすべて実装しているとのことだ。 山佐は『パチスロ「機動戦士ガンダムII〜哀・戦士編〜」』により、新たなパチスロエンターテインメントを目指すとのことだ。

次の