いつか の メリー クリスマス 歌詞。 B’z「いつかのメリークリスマス」 歌詞の意味

いつかのメリークリスマス B'z 歌詞情報

いつか の メリー クリスマス 歌詞

12月頃になると毎年日本では各地でクリスマスモードになります。 といっても日本では専ら恋人同士がイチャイチャするようなイベントに化しているような気がします。 そして決まってクリスマスソングも所々で流れます。 みなさんの定番のクリスマスソングと言えば何でしょうか? 一番定番なのはやはり山下達郎の『 クリスマス・イヴ』になりますかね。 どことなく独身男性の鬱気分を表しているようで切ない感じです。 30~40代の人であれば知っている人は多いでしょう。 発売されたのが今から25年も前になりますが、やはりクリスマスの名曲として知られています。 これまでにも浜崎あゆみやGackt、安室奈美恵、平井堅、TAKAHIRO(EXILE)などといった多くの有名アーティストにも歌われています。 そのため歌詞カードでも曲順は「SCENE」というやや変わった表記がされています。 ミニアルバムと言う形式で発売された作品ですが、売上はミリオンセールを記録しています。 ロック調の曲は一切入っておらず全てバラード曲となっています。 収録されている曲で最も有名なのが、今回紹介する「 いつかのメリークリスマス」ですね! クリスマスの名曲としてすっかりお馴染みとなりましたが、改めて歌詞の意味について説明しますと、 男女の恋愛に関してのストーリーです。 さらに後で詳しく解説しますが、 最終的に2人の男女は失恋してしまったことも伺えます。 一体どうして失恋しまったのか?詳しく探っていきましょう。 歌詞の意味をじっくりと考えよう! 「いつかのメリークリスマス」の歌詞はどんな意味が込められたストーリーなのか? 筆者は既に丸暗記しているほどこの曲を聴いていますが、改めていい歌だなと思います。 特に素晴らしいのは歌詞ですが、全体を通してみると明らかに男女の恋愛に関してのストーリーを描いています。 12月になり待ち中はすっかりクリスマスムードになった。 主人公(僕)は彼女が欲しがっていた椅子を買い、電車の中で一人幸せな気分に浸った。 サビ:幸せだった頃(彼女と付き合っていた頃)を回想するシーン ただがむしゃらに夢を追いかけていたが、いつか喜びも悲しみも全部分かち合って、幸せになるだろうと思っていた。 プレゼントを持って帰宅すると、彼女が料理を作っていた。 誇らしげにプレゼントを渡すと彼女は心から喜んで、僕たちは抱き合った。 サビ:同じく回想シーン 彼女がいなくなることを初めて怖いと思った。 ローソクの火を見ながら、彼女と別れてしまうと悟って泣いた。 サビ:同じく回想シーン 彼女と別れた後、プレゼントを抱えて家に帰る人を見て、昔の僕と重ね合わせている。 Aメロで描かれてるのは彼女のためにプレゼントを買って、電車の中でそわそわする男性です。 クリスマスの時期になると、そういった光景を目にする機会も多くなります。 やっぱりサプライズとしてプレゼントするというのは昔からの風物詩です。 またBメロで彼女に椅子を渡すのですが、ここで「 なぜ椅子?」と思いますよね? クリスマスプレゼントに椅子を渡すだなんて、正直かなり珍しいと思います。 ただの飾り物では飾られるだけでその後見向きもされなくなります。 そこで生活の中で座るために絶対に必要な椅子を渡すことで、嫌でも自分の渡したプレゼントは無駄じゃないということを強調したかったのではないでしょうか? 座る度に 「この椅子はあの人がくれた椅子だ。 大切にしよう。 」 と思って使ってくれますから。 こんな椅子でも喜んでくれる、しかも自分のために料理も作ってくれていた。 君がいなくなることを 初めて怖いと思った というフレーズは確かに幸せだけど、その幸せはいつまでも続かないのでは? そんな不安な心理を描いていますが、この予感は悪いことに的中してしまうようです。 2人の男女は失恋した? サビに出てくる いつまでも手を繋いで いられるような気がしていた また最後の方の部分で出てくる 何故だかわからず泣いた などというフレーズから察するに、最終的には二人の男女は 失恋をして別れてしまったということが読み取れます。 別れたとは一言も表現されていませんが、幸せな時にもいつか離れてしまうと主人公の男性がどこかで悟っているのがわかります。 別れた原因はいろいろあるかもしれません。 気になるフレーズと言えばサビの中に出てくる 何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた の部分です。 そうした姿勢は確かに素晴らしいですが、恋する女性から見るとどうしても自分への関心度が低くなったと感じられがちです。 すると徐々に女性からも、さらに自分自身も恋の意識が薄れていき、次第に別れてしまったということでしょうか? もしくは就職で上京する過程で自然と別れたのか、お互いに別の恋人ができたとも言えます。 ただ一つだけ言えるのは最後は現在形で締めくくっていることで、これまでの恋の思い出を振り返っていることです。 立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に 通り過ぎる 荷物を抱え 幸せそうな顔で というのは、あの頃の僕を思い出しています。 スポンサーリンク• 僕の罪:一度別れた彼女と再会したが、実は付き合っている男性がいた。 そのことを知らずに好きでいた僕に対しての罪悪感を描いている• 恋じゃなくなる日:彼女が別の男性と付き合っているために決して昔と同じじゃない、そのことについて葛藤している• どうしても君を失いたくない:一度愛した女性と別れてしまうのは仕方ないことだが、それでもやはり失いたくないと決意し、再び友達同士でやり直すことで解決する という感じになります。 コンセプトアルバムなだけに非常に凝った内容と言えます。 公表もされていないので正式タイトルは不明ですが、原曲よりもややポップな曲調になっていて個人的にはかなり気に入っています。 32,261 views February 27, 2018 に投稿された• 19,256 views November 30, 2017 に投稿された• 18,890 views May 31, 2018 に投稿された• 18,217 views May 26, 2017 に投稿された• 18,136 views March 31, 2017 に投稿された• 17,703 views April 29, 2017 に投稿された• 16,945 views April 26, 2019 に投稿された• 15,921 views April 30, 2017 に投稿された• 15,535 views June 8, 2019 に投稿された• 14,995 views March 30, 2017 に投稿された• 13,675 views September 30, 2018 に投稿された• 13,455 views December 31, 2018 に投稿された• 10,481 views May 27, 2017 に投稿された• 8,424 views May 21, 2017 に投稿された• 7,567 views February 26, 2018 に投稿された.

次の

B'z『いつかのメリークリスマス』の歌詞の情景について教えて下さ...

いつか の メリー クリスマス 歌詞

12月頃になると毎年日本では各地でクリスマスモードになります。 といっても日本では専ら恋人同士がイチャイチャするようなイベントに化しているような気がします。 そして決まってクリスマスソングも所々で流れます。 みなさんの定番のクリスマスソングと言えば何でしょうか? 一番定番なのはやはり山下達郎の『 クリスマス・イヴ』になりますかね。 どことなく独身男性の鬱気分を表しているようで切ない感じです。 30~40代の人であれば知っている人は多いでしょう。 発売されたのが今から25年も前になりますが、やはりクリスマスの名曲として知られています。 これまでにも浜崎あゆみやGackt、安室奈美恵、平井堅、TAKAHIRO(EXILE)などといった多くの有名アーティストにも歌われています。 そのため歌詞カードでも曲順は「SCENE」というやや変わった表記がされています。 ミニアルバムと言う形式で発売された作品ですが、売上はミリオンセールを記録しています。 ロック調の曲は一切入っておらず全てバラード曲となっています。 収録されている曲で最も有名なのが、今回紹介する「 いつかのメリークリスマス」ですね! クリスマスの名曲としてすっかりお馴染みとなりましたが、改めて歌詞の意味について説明しますと、 男女の恋愛に関してのストーリーです。 さらに後で詳しく解説しますが、 最終的に2人の男女は失恋してしまったことも伺えます。 一体どうして失恋しまったのか?詳しく探っていきましょう。 歌詞の意味をじっくりと考えよう! 「いつかのメリークリスマス」の歌詞はどんな意味が込められたストーリーなのか? 筆者は既に丸暗記しているほどこの曲を聴いていますが、改めていい歌だなと思います。 特に素晴らしいのは歌詞ですが、全体を通してみると明らかに男女の恋愛に関してのストーリーを描いています。 12月になり待ち中はすっかりクリスマスムードになった。 主人公(僕)は彼女が欲しがっていた椅子を買い、電車の中で一人幸せな気分に浸った。 サビ:幸せだった頃(彼女と付き合っていた頃)を回想するシーン ただがむしゃらに夢を追いかけていたが、いつか喜びも悲しみも全部分かち合って、幸せになるだろうと思っていた。 プレゼントを持って帰宅すると、彼女が料理を作っていた。 誇らしげにプレゼントを渡すと彼女は心から喜んで、僕たちは抱き合った。 サビ:同じく回想シーン 彼女がいなくなることを初めて怖いと思った。 ローソクの火を見ながら、彼女と別れてしまうと悟って泣いた。 サビ:同じく回想シーン 彼女と別れた後、プレゼントを抱えて家に帰る人を見て、昔の僕と重ね合わせている。 Aメロで描かれてるのは彼女のためにプレゼントを買って、電車の中でそわそわする男性です。 クリスマスの時期になると、そういった光景を目にする機会も多くなります。 やっぱりサプライズとしてプレゼントするというのは昔からの風物詩です。 またBメロで彼女に椅子を渡すのですが、ここで「 なぜ椅子?」と思いますよね? クリスマスプレゼントに椅子を渡すだなんて、正直かなり珍しいと思います。 ただの飾り物では飾られるだけでその後見向きもされなくなります。 そこで生活の中で座るために絶対に必要な椅子を渡すことで、嫌でも自分の渡したプレゼントは無駄じゃないということを強調したかったのではないでしょうか? 座る度に 「この椅子はあの人がくれた椅子だ。 大切にしよう。 」 と思って使ってくれますから。 こんな椅子でも喜んでくれる、しかも自分のために料理も作ってくれていた。 君がいなくなることを 初めて怖いと思った というフレーズは確かに幸せだけど、その幸せはいつまでも続かないのでは? そんな不安な心理を描いていますが、この予感は悪いことに的中してしまうようです。 2人の男女は失恋した? サビに出てくる いつまでも手を繋いで いられるような気がしていた また最後の方の部分で出てくる 何故だかわからず泣いた などというフレーズから察するに、最終的には二人の男女は 失恋をして別れてしまったということが読み取れます。 別れたとは一言も表現されていませんが、幸せな時にもいつか離れてしまうと主人公の男性がどこかで悟っているのがわかります。 別れた原因はいろいろあるかもしれません。 気になるフレーズと言えばサビの中に出てくる 何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた の部分です。 そうした姿勢は確かに素晴らしいですが、恋する女性から見るとどうしても自分への関心度が低くなったと感じられがちです。 すると徐々に女性からも、さらに自分自身も恋の意識が薄れていき、次第に別れてしまったということでしょうか? もしくは就職で上京する過程で自然と別れたのか、お互いに別の恋人ができたとも言えます。 ただ一つだけ言えるのは最後は現在形で締めくくっていることで、これまでの恋の思い出を振り返っていることです。 立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に 通り過ぎる 荷物を抱え 幸せそうな顔で というのは、あの頃の僕を思い出しています。 スポンサーリンク• 僕の罪:一度別れた彼女と再会したが、実は付き合っている男性がいた。 そのことを知らずに好きでいた僕に対しての罪悪感を描いている• 恋じゃなくなる日:彼女が別の男性と付き合っているために決して昔と同じじゃない、そのことについて葛藤している• どうしても君を失いたくない:一度愛した女性と別れてしまうのは仕方ないことだが、それでもやはり失いたくないと決意し、再び友達同士でやり直すことで解決する という感じになります。 コンセプトアルバムなだけに非常に凝った内容と言えます。 公表もされていないので正式タイトルは不明ですが、原曲よりもややポップな曲調になっていて個人的にはかなり気に入っています。 32,251 views February 27, 2018 に投稿された• 19,206 views November 30, 2017 に投稿された• 18,785 views May 31, 2018 に投稿された• 18,192 views May 26, 2017 に投稿された• 18,111 views March 31, 2017 に投稿された• 17,638 views April 29, 2017 に投稿された• 16,745 views April 26, 2019 に投稿された• 15,876 views April 30, 2017 に投稿された• 15,465 views June 8, 2019 に投稿された• 14,995 views March 30, 2017 に投稿された• 13,645 views September 30, 2018 に投稿された• 13,435 views December 31, 2018 に投稿された• 10,471 views May 27, 2017 に投稿された• 8,399 views May 21, 2017 に投稿された• 7,532 views February 26, 2018 に投稿された.

次の

B'Z いつかのメリークリスマス 歌詞

いつか の メリー クリスマス 歌詞

4時間かけて放送する音楽番組って珍しい 歌のゴールデンヒット~昭和・平成・令和の歴代歌王ベスト100~が10月7日TBSで放送された。 その内容は株式会社がチャートとして売り上げ集計を開始した1968年から2019年までの51年間で最もシングルを売り上げた 男性アーティストをランキング形式で発表するといったものだ。 なるほど、だから歴代歌唱「 王」なのか。 ランキングの結果は以下の通り。 1位 2位 3位 嵐 4位 5位 6位 (なぜ6位まで書いたのかというとが好きだから) シングル総売上数 3598万枚を叩き出し、圧倒的な数字を持って堂々の1位を飾ったのはやはり B'zだった。 これには文句なしの完全納得である。 (この真、超カッコいい) テレビから流れるB'zの映像を眺めているとなんだかじっくり稲葉の歌声を聴きたくなってきた。 私は番組が終わると、を取り出して再生リストをスクロールし始めた。 ふと目に止まったのは 「」。 私が1番好きな曲「ねがい」までリストをスクロールしていくつもりだったが、あ行でその曲を見つけて指が止まった。 そのまま再生ボタンに人差し指が触れる。 秋に聞くクリスマスソングもまた乙なもの。 来たる冬に期待を持たせる。 曲が紡ぎ出す今、昔、そして今 久しぶりに聞いた 「」。 なんど聞いてもこの曲はいい……。 なんと素敵な歌声と言葉達なのだろう。 たぶん歌詞をそのまま載せると的にアウト?なので、抜粋して紹介する。 まず冒頭はこうだ。 ゆっくりと12月の明かりが灯りはじめ 慌ただしく踊る街を誰もが好きになる 12月の明かり、慌ただしく踊る街。 クリスマスという言葉を使わずに12月の情景を作り上げる。 その後、クリスマスを楽しみ過ごす様子が「僕」という一人称視点で歌われていく。 そのサビはあまりにも有名である。 いつまでも手をつないでいられるような気がしていた 何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた お気づきだろうか。 クリスマスの情景を作り出した冒頭以降言葉は 全て過去形で歌われていく。 忘れかけていた過去の思い出が切れぬようゆっくりと糸を巻き戻すように。 別れを漂わせる名曲だが、実はそこに後悔などの負の感情は全く感じさせない。 なぜなら今の「僕」が見ている景色は昔どこかにあった「いつかの」景色だからだ。 別れの余韻が残り続けている後悔のクリスマスじゃない。 時間と共に薄れていく記憶、振り返ること少なくなってきたあの日。 綺麗に飾られた冬の街の中にいつかの景色を見つけてふと思い出す。 そして最後はこうしめる。 立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に 通り過ぎる 荷物をかかえ 幸せそうな顔で 最後の視点は 現在に戻ってくる。 実は現在の時間軸で行われた僕の動きは 「クリスマスの街並みを見て、ふと立ち止まってる」。 たったそれだけである。 過去に思いを馳せていることなど誰知らず、みな特別な日を過ごすクリスマス。 目の前を駆けていった誰かにいつかの自分を重ね合わせる。 そしてよりも少し大人になった彼が自嘲気味に白い息を吐く姿が想像できる。 だが、今ならわかる。 これは過去への鎮魂歌だ。 過去と現在の使い分け。 「いつかの」と表現される特別な日。 優しく背中から抱きしめてくれるような松本の。 静かな音の中で稲葉の声が切なく震え、人肌の暖かさで聞く者の心を包む。 いやーB'zには参りました。 lovelive-yuki.

次の