阿波 踊り 掛け声。 実は踊りながら挨拶をしている!? 徳島県の阿波踊りのかけ声には、どんな意味があるの?

徳島阿波踊り完全ガイド|阿波踊りとは|阿波踊りの連一覧

阿波 踊り 掛け声

「築城起源説」は、天正15年(1587)に蜂須賀家政によって徳島城が落成したとき、そのお祝いの行事として城下の人々が踊ったことが始まりとする説です。 また「風流おどり起源説」は、能楽の源流をなすといわれる「風流」の 影響を強く受けているといわれ、寛文3 1663 年の「三好記」の中には、天正6 1578 年に十河存保が勝瑞城で風流おどりを開催したという記録に基づいて、これが阿波おどりの原型とする説です。 もう一つが「盆踊り起源説」とよばれるもので、阿波踊りが旧暦の7月に行われた盆踊りであるとする説です。 このように諸説ありますが、いずれにしても400年以上も歴史がある伝統的なお祭りであり、民衆娯楽として根付いてきた歴史があります。 一時的に衰退したこともあった阿波踊りですが、戦後に目覚ましい復興を遂げ、市民の熱い想いとともに、今では全国にその名前を知られるお祭りとして成長を遂げています。 Sponsored Links 阿波踊りの掛け声「ヤットサー」の意味 阿波踊りの特徴の一つにその意気のよい掛け声があります。 その一つが 「ヤットサー」とよばれるもので、踊りの始まりや途中によく聞かれるものです。 「ヤットサー」と声をあげると「あ、ヤット、ヤット」と返すのが、阿波踊りの習わしです。 「ヤット」とは徳島の方言で「久しい間」を意味しています。 これは名古屋弁の「やっとかめ」に通じるといわれ 「お久しぶり。 元気ですか?」という意味があります。 阿波踊りの掛け声「エライヤッチャ」の意味 また「エライヤッチャ、エライヤッチャ、ヨイヨイヨイヨイ」という掛け声も、阿波踊りではよく使われています。 これは「偉い」という意味ではなく、関西弁と同じ意味を持っており、 「大変なことだが、大丈夫だぞ!」という少し複雑な意味が込められています。

次の

なぜか首都圏で流行る阿波踊り!今年も開催「高円寺&南越谷阿波踊り」

阿波 踊り 掛け声

街が「ぞめいて」きましたね!徳島市阿波踊りがはじまるじょ! 12日~15日。 4日間で130万人の観光客が来ますが、阿波踊りをあんまり知らない方の為に、今日は 「阿波踊り用語」をまとめたじょ。 これを見るともっと阿波踊りが楽しむ事ができるはず!ほな今年も連の皆さん、ボランティアの皆さま宜しくお願いしますな。 踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々 「踊る人も見ている人も、どうせ阿呆なのだから踊ったほうが得じょ!」という意味で、全国的に有名な名言。 由来は、京都の豊年踊りからではとの説があります。 えっとぶり! えっとぶりは「久しぶり」の意味じょ!掛け声の「ヤットサー、ヤットヤットー」はえっとぶり~!って意味なんじょ。 騒き ぞめき ぞめくとは「浮かれて騒ぐ」ことじょ!盆ビートを聞いているとぞめかずにはいられないんじょ。 浮いてくる 「浮いてきた」とは踊っているうちにテンションが上がってきがじょ~!って意味なんじょ。 阿波踊りの掛け声に 「ひょうたんばかりが浮き物か。 私の心も浮いてきた。 浮いて踊るは阿波踊り」があります。 阿波よしこ 江戸後期に流行した俗謡。 因みに「阿波よしこの」の名手芸者「お鯉さん」は徳島の母じょ! 連 れん 連とは阿波踊りのグループの事じょ!徳島県には1000連、踊り子10万にがいると言われているんじょ。 その中でも歴史があり人気がある連は「有名連」と言われます。 にわか連 連に入らなくても誰でも、自由な服装で自由に踊ることができるんじょ。 阿波踊り観てると必ず踊りたくなってくるんですが、その時はにわか連に参加してみてね。 「流し」、「輪踊り」、「舞台」踊り。 阿波踊りには大きく分けて3の場で踊りを表現するところがあるんじょ。 「舞台」、「流し」、「輪踊り」があります。 ・ 「舞台」は舞台場で踊る事で、フォーメーションなど緻密な演出が必要です。 ・ 「流し」は大人数で隊列くんで進む踊り、「行進型」踊りです。 ・ 「輪踊り」はストリートで輪になって踊る事です。 天水 てんすい 阿波の方言で、「少しめでたくて、調子がよく、一つのことに熱中しやすい人」を形容して使われます。 何があっても、逞しく、楽天的に過ごす。 目の前のことに熱中してとことん極める。 情けがあって、やさしいそれが阿波の『天水』じょ。 囃し言葉 はやし) 踊り子が連全体を盛り上げるために発するかけ声のこと。 「ヤットサー」「ヤットヤット」「エライヤッチャ」などがよく使われる。 桟敷 さじき 演舞場に設置された阿波踊りを観覧するための座席のこと。 桟敷には有料と無料の2種類があり、有料演舞場が有料桟敷、無料演舞場が無料桟敷となる。 正調(せいちょう) 「正しく受け継がれてきた(唄い方などの)調子」ということで、対義語は変調となるんじょ。 本来、音階の正しさを指すが、阿波おどり界では正統派、本格派といった広い意味で使われることが多い。 っとは言いつつ阿波踊りは日々進化してるので「 阿波踊りに、絶対的な正調はない」んじょ。 ドカドカ系 徳島の「苔作」さんが発祥とされ、「 ドカドカ系」や「打楽器系」、「一拍子系」などとも呼ばれているんですが、太鼓と鐘を中心に構成されていて地鳴りのなるような太鼓は大迫力じょ!今や全国に広がっています。 奴踊り やっこおどり 踊りの派生型として一人が凧を操る役、そしてもう一人がやっこ凧として操られる様を表現したアクロバティックな踊りじょ。 阿波踊りの掛け声はこちら 阿波踊りの掛け声も予習するじょ!.

次の

盛岡さんさ踊りの種類や踊り方って!?掛け声のかけ方も教えて!

阿波 踊り 掛け声

暑い日がだんだん増えてきて、いよいよ夏が近づいてきました! 夏に楽しみなイベントの一つに、花火や踊りで盛り上がるお祭りがありますよね。 みなさんはそのお祭りの中で、阿波踊りを見たことはありますか? 阿波踊りを見たことがあるという方は、「ヤットサー、ア、ヤットヤット」という掛け声を聞いたことがあるのではないでしょうか。 阿波踊りを盛り上げるために重要なのがこの踊り子の掛け声です。 また、阿波踊りの踊りの種類には男踊りと女踊りがあり、それぞれの踊りによって掛け声が変わる場合があります。 今回は阿波踊りをテーマに、阿波踊りの基本知識や踊りの種類、そして踊りを盛り上げる上で重要な掛け声についてご紹介をしていきます。 阿波踊りとは 阿波踊りとは徳島県発祥の踊りで、約400年の歴史があります。 現在は徳島県と関東地方を中心に全国各地に阿波踊りの文化が広がっていて、夏には多くのお祭りが開催されます。 また、阿波踊りでは一つのグループのことを「連(れん)」といいます。 商店街で結成した連や企業で結成した企業連、大学連など大小様々な連があり、連によって音色やテンポ・衣装などが異なります。 そのため、複数の連が参加する阿波踊りのお祭りでは、様々な踊りを見て楽しむことができます。 阿波踊りの踊りの種類 次に阿波踊りの踊りの種類です。 阿波踊りは基本的に男踊りと女踊りに分かれ、太鼓や笛などの鳴り物の音に合わせて踊ります。 2-1. 男踊り 浴衣か法被を着ていて、いずれの場合も足袋を履いています。 自由に大きく動く踊りが特徴で、時には滑稽(こっけい)に踊ります。 基本的には素手ですが、団扇や提灯を持って踊ることもあります。 2-2. 女踊り 浴衣を着て網笠を被って踊り、下駄を履いているのが特徴です。 上品にしなやかに動くため、ダイナミックに動く男踊りとは対照的な踊りです。 たくさんの女踊りたちが揃って踊る姿は壮観です。 そして、この踊り子と一緒に阿波踊りを構成する重要な要素が、鳴り物です。 鳴り物には、太鼓や笛、三味線などがあります。 阿波踊りの魅力は、この楽器の生演奏が聴けることです。 鳴り物は基本的に踊り子の後ろについて演奏するケースが多く、お客さんの目の前で奏でられる鳴り物の音楽は、迫力があります。 また、この演奏に踊り子の掛け声が加わることで、活気がある踊りとなっています。 阿波踊りの掛け声 最後に阿波踊りの掛け声について紹介します。 阿波踊りというと「踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」というフレーズが有名ですが、実際に使われることは比較的少ないです。 それでは、実際にどのような掛け声が使われているのでしょうか。 3-1. 「ヤットサー、ア、ヤットヤット」 阿波踊りで最も使われる掛け声の一つです。 男踊り・女踊り共によくこの掛け声を使います。 実際には、この掛け声から踊り始めることが多く、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 3-2. 「エライヤッチャ、エライヤッチャ、ヨイヨイヨイヨイ」 こちらも有名な掛け声で、関西弁の「えらいこっちゃ」に由来しているという説があり、使われる時には気合を入れて鼓舞するような意味があるとされています。 3-3. 「一かけ二かけ三かけて、四(し)かけた踊りは止められぬ、五かけ六かけ七かけて、八(や)っぱり踊りは止められぬ。 ヤットサー、ア、ヤットヤット」 この掛け声は、主に女踊りで使われます。 しとやかに踊る女踊りですが、この掛け声はテンポよく、早口で歌います。 お祭りで聞き取れなかったという方もいるかもしれませんが、実は踊りへの思いと数字を掛け合わせた掛け声になっています。 そして、最後には「ヤットサー」の掛け声で締めくくります。 これらの掛け声は、連によって使う回数や頻度などが異なりますが、自分たちの連の名前を掛け声に織り交ぜている場合もあります。 お祭りは、掛け声を通して、様々な連の個性に触れることができる楽しい機会です。 お祭りに行ったら、各連でどのような掛け声が使われているのかについても、是非耳を傾けてみてください。 まとめ 阿波踊りの種類や掛け声について見てきましたが、いかがだったでしょうか。 阿波踊りは元気な男踊りと優美な女踊り、迫力ある鳴り物の演奏、そして踊り子の掛け声の全てが揃って成り立っています。 それぞれが欠かすことのできない大切な要素で、お祭りの本番までに、踊り子はそれぞれの踊りの練習に、演奏者は鳴り物の練習に励みます。 夏前に今回の阿波踊りの豆知識を知っていただいたことで、本番のお祭りの楽しさが倍増すること間違いなしです! 今から夏の阿波踊りのお祭りが楽しみですね!.

次の