いとこの息子 関係。 「いとこの配偶者」の呼び方(続柄)について解説

いとこもいない 一人息子

いとこの息子 関係

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の

「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いは?家系図で見る親族の呼び名

いとこの息子 関係

いとこ 両親の兄弟姉妹(おじ、おば)の子供 はとこ・またいとこ 両親のいとこ(いとこ違い)の子供 であることが分かると思います。 自分と親族の間柄を示す等級のことを 親等と言いますが、自分から見ると 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等ということになります。 親等で考えると、「いとこ」と「はとこ・またいとこ」は等級に違いがあることが分かりますよね。 実生活で「いとこ」と関わることが思いますが、親等で考えれば「祖父母の兄弟(大おじ・大おば)」と同じ4親等です。 近いようで遠い関係のように感じますよね。 「はとこ・またいとこ」に関しては6親等で、ひいおじいちゃん(曽祖父)・ひいおばあちゃん(曽祖母)よりも遠い存在ということになります。 と言っても両親が「いとこ」の関係なので、それほど遠い関係というわけではないかもしれませんね。 サザエさん一家の場合 「いとこ・はとこ・またいとこ」との関係が家系図を見て分かったと思います。 ここからは、国民的アニメ「サザエさん」を例に見ていきましょう。 サザエさんの家系図を簡単にまとめてみました。  誰を基準に考えるかによって、誰と誰が「いとこ」「はとこ・またいとこ」になるのかが変わります。 「いとこ」の関係 「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できる? さて、ここで気になるのが「いとこ」同士、「はとこ・またいとこ」同士で結婚できるかということ。 その答えは 「できる」です。 日本では、民法という法律の中で結婚に関してルールが定められています。 民法第734条に、親族間の結婚についての記載があります。 (近親者間の婚姻の禁止) 第七百三十四条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。 2 第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。 出典元: 法律を見る限り、 日本では4親等以上離れていれば結婚できるということになります。 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等になるので、「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できるというわけです。 聖徳太子の時代から「いとこ」同士の結婚はあったようですが、現在の日本では「いとこ」同士の結婚はかなり少なくなったみたいです。 ただ、 海外では事情が異なります。 例えば、アメリカでは「いとこ」同士の結婚を禁止している州がありますし、サウジアラビアでは「いとこ」同士のお見合いが多いそうです。 親族間の結婚は、それぞれの地域の文化が影響しているということですね。 まとめ 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いについて、理解できたでしょうか? もう一度振り返ってみましょう。

次の

続柄

いとこの息子 関係

「親族」「親等」に対応する英語表現 親類・親族・親戚は relative 親族は英語では relative と表現できます。 relative の語そのものは「関係がある」という意味合いが根本にあり、文法の脈絡では関係詞あるいは関係代名詞を指します。 人間関係について言及する脈絡ではもっぱら親戚・親類を指します。 もうちょっと硬い表現としては kinsman も使えます。 kinsman は「血族」に相当するニュアンスのある語で、やや文語的、さらに「同郷の者」という意味合いで用いられる場合があります。 親戚関係は relationship 抽象的に「親戚という関係」を指す場合は relationship と表現することになります。 親類とおぼしき方について「あなたとはどういうご関係?」と質問するような場合には、What is your relationship to ~? のように尋ねる言い方が定番といえます。 What is your relationship with him? あの方とはどういうご関係ですか ただし、 relationship は「関係」全般を幅広く含む語です。 どちらかといえば、「親戚(という関係)」よりは「(親戚という)関係」の方が実情に即した記述といえるでしょう。 上司、部下、友達、同級生、大家さんといった間柄も relationship です。 What is your relationship with him? という質問は、必ずしも親戚関係を前提とした質問ではなく、もっと広く「関係」を尋ねる言い方ということになります。 「親等」は degree of relationship 「親等」は親戚関係の近さ遠さの度合いを示す考え方です。 日本における親等と同様の考え方が英語圏にもあります。 「親等」は英語では degree of relationship と表現します。 degree は「程度」「度合い」といった意味の語です。 1親等、2親等、という具体的な親等を表現する場合、1親等なら relation in the first degree、2親等なら relation in the second degree のように表現できます。 degree を kinship に置き換えて表現する言い方も使えます。 1親等なら the first degree of kinship と表現する要領です。 具体的な親戚関係を指す英語表現 1親等の関係(親・子) 「1親等」そのものは英語では relation in the first degree と表現します。 該当する関係は《親-子》だけですが、言及する頻度の高い関係であるだけに表現の種類は豊富です。 言い方ひとつで色々なニュアンスが含められます。 parent 親 parents 両親(父母) father 父親 mother 母親 son 息子 daughter 娘 sons 息子たち sons and daughters 子女 child 子 children 子どもたち 2親等(兄弟や祖父母) 2親等は relation in the second degree と表現できます。 兄弟も(親に遡って辿るため)2親等に該当します。 brother 兄弟 sister 姉妹 elder brother 兄 younger brother 弟 sibling きょうだい sibling は性別を前提せず「兄弟姉妹」の意味で使える表現です。 便利といえば便利ですが、日常会話ではやはり brother、sister の方が一般的です。 なお、英語では兄弟の人数は「自分を除いた人数」で表現する言い方が普通です。 つまり日本語で「3人兄弟です」と言う場合には(自分を含んで3人と言っているわけですが)、英語では「自分には兄弟が2人います」という風に述べることになります。 grandfather 祖父 grandmother 祖母 3親等(叔父や甥) 3親等は relation in the third degree です。 great-grandfather 曾祖父(ひい爺さん) great-great-grandfather ひいひい爺さん great-grandchild 曾孫(ひ孫) uncle 叔父(おじ) aunt 叔母(おば) nephew 甥(おい) niece 姪(めい) 4親等以降(いとこ・はとこ) cousin いとこ(従兄弟、従姉妹) second cousin またいとこ、はとこ またいとこは親同士がいとこの関係にある親戚。 親等は六親等に当たります。 姻族(配偶者や義父) 血のつながりはないものの、姻戚関係(婚姻などによる家の結びつき)のある人を、姻族といいます。 spouse 配偶者 husband 夫 wife 妻 father-in-law 義父、舅 mother-in-law 義母、姑 brother-in-law 義兄または義弟 sister-in-law 義姉または義妹 son-in-law 婿 step father 継父 実父ではない、母の後夫のこと。 step mother 継母 実母ではない、父の後妻のこと。 s tep child、または step son、 step daughter 継子 血のつながりがない子。 adopted child 養子 stepbrother 継父(継母)の息子 stepsister 継父(継母)の娘.

次の