アダル と サイト 請求 電話 着信 拒否。 アダルトサイト高額請求、回避法は?

アダルトサイトからの請求が電話で(急いでいます!)

アダル と サイト 請求 電話 着信 拒否

\あなたと家族を守る弁護士保険/ 一方的に送られてきた請求メールは詐欺の可能性大 身に覚えがなく一方的に送られてくるアダルトサイトの料金請求メールは、悪質な業者が不特定多数に送信している迷惑メールである可能性が高いです。 いわゆる『架空請求』と言われる詐欺の一種だと思ってください。 仮に身に覚えがあったとしても、無視するに越したことはありません。 メールに返信してしまうと、悪質な業者が『カモ』と判断してあなたのメールアドレスをリストに登録し、他の迷惑メールが、多数送られてきてしまう可能性があるからです。 基本的には、電話はもちろん、メールの開封も避けたほうがよいでしょう。 メールに添付されているファイルに、ウイルスが仕組まれていることもあるからです。 本文内に記載されたURLをクリックするのもやめておきましょう。 クリック先のリンクであたかも契約が正式に完了したような画面が表示されるからです。 もちろん、そのような契約が有効になることはないのですが、突然のことに正常な判断ができなくなることがあります。 表示画面に携帯電話の個体識別番号や、パソコンの固有識別番号、IPアドレスで『個人を特定しました』と書いてあることがありますが、それらの情報だけからは個人を特定できないので安心してください。 また、URLをクリックすることでウイルスに感染させるサイトもあるので気を付けましょう。 誤って電話してしまった!そんなときの対処法 メールに記載されていた電話番号に連絡してしまうと、業者からのしつこい請求が来るかもしれません。 もし、実際に連絡してしまった場合には、以下の対処法を参考に行動するとよいでしょう。 ・着信拒否する 電話番号しか知られていなければ、業者側も電話しかできません。 身に覚えがない請求は無視してしまって大丈夫です。 ・電話番号を変更する 業者によっては違う電話番号からかけてくることもあります。 その場合には面倒ではありますが、電話番号を変えてしまうのがよいでしょう。 ・国民生活センター・警察に相談する 電話した際に個人を特定できそうな情報を話してしまい、急に家や職場などに押しかけられるのではないかと不安な場合には、警察や国民生活センターに相談してみましょう。 国民生活センターでは、アダルト情報サイトに関する相談が多数寄せられていますので、的確なアドバイスがもらえるはずです。 ・弁護士に相談する 極めてまれなケースですが、過去に出会い系サイトの業者が、架空請求でサイト利用者に訴訟を起こしたことがあります。 裁判所は訴状の形式に問題がなければ受理してしまいますので、訴える内容が正当なのかどうかまでは事前に判断をしないのです。 裁判所からの呼び出しを無視して答弁書を出さず、審理にも出なかった場合、原告の請求が認められ、裁判に負けることになってしまいます。 また、訴訟で求める支払いの請求額が60万円以下の場合、少額訴訟手続による審理になると思いますが、少額訴訟手続は1回の審理で終了してしまうので、適切な反論をすることが必要になります。 訴訟が起こされると、『特別送達』と書かれた封筒が裁判所から届くので、必ず確認して失くさないようにし、どう対応していくかは弁護士に相談するとよいでしょう。 基本的にアダルトサイトからの料金請求メールは無視してかまいません。 しかし、メールに記載された番号に電話してしまって、問題が起きた場合には、公的機関や弁護士に相談してみるとよいでしょう。 *記事監修弁護士: Twitter、Facebookに対する発信者情報開示請求仮処分について、それぞれ日本第1号事案を担当するなど、インターネット上の誹謗中傷に対する事案解決に注力しています。 Topics• 弁護士一覧• 【無料法律相談の質にこだわる】【24時間・365日受付・土日祝日・早朝や深夜も対応可能】【弁護士7名・司法書士1名所属】【全国対応可能】 迅速な対応、わかりやすい説明、徹底した報告を軸に、アイデアと馬力を駆使して、皆さまのために戦います。 今まで取り扱ってきた案件は多岐にわたりますが、男女トラブル、不当要求への対応及び刑事事件に特に力を入れております。 他の事務所では話も聞いてくれなかった、という声を耳にいたしますが、皆様のお話をきちんとお伺いしなければ問題解決の糸口が見つかるはずもありません。 まずはお気軽にご相談いただきたく思います。 弁護士となってから、数々の不倫・離婚問題に携わってまいりましたので、不倫問題・離婚問題はお任せください。 迅速に対応いたします!LINEでの相談も承っております。 facebookページ.

次の

スマホの情報漏れに注意を

アダル と サイト 請求 電話 着信 拒否

\あなたと家族を守る弁護士保険/ 一方的に送られてきた請求メールは詐欺の可能性大 身に覚えがなく一方的に送られてくるアダルトサイトの料金請求メールは、悪質な業者が不特定多数に送信している迷惑メールである可能性が高いです。 いわゆる『架空請求』と言われる詐欺の一種だと思ってください。 仮に身に覚えがあったとしても、無視するに越したことはありません。 メールに返信してしまうと、悪質な業者が『カモ』と判断してあなたのメールアドレスをリストに登録し、他の迷惑メールが、多数送られてきてしまう可能性があるからです。 基本的には、電話はもちろん、メールの開封も避けたほうがよいでしょう。 メールに添付されているファイルに、ウイルスが仕組まれていることもあるからです。 本文内に記載されたURLをクリックするのもやめておきましょう。 クリック先のリンクであたかも契約が正式に完了したような画面が表示されるからです。 もちろん、そのような契約が有効になることはないのですが、突然のことに正常な判断ができなくなることがあります。 表示画面に携帯電話の個体識別番号や、パソコンの固有識別番号、IPアドレスで『個人を特定しました』と書いてあることがありますが、それらの情報だけからは個人を特定できないので安心してください。 また、URLをクリックすることでウイルスに感染させるサイトもあるので気を付けましょう。 誤って電話してしまった!そんなときの対処法 メールに記載されていた電話番号に連絡してしまうと、業者からのしつこい請求が来るかもしれません。 もし、実際に連絡してしまった場合には、以下の対処法を参考に行動するとよいでしょう。 ・着信拒否する 電話番号しか知られていなければ、業者側も電話しかできません。 身に覚えがない請求は無視してしまって大丈夫です。 ・電話番号を変更する 業者によっては違う電話番号からかけてくることもあります。 その場合には面倒ではありますが、電話番号を変えてしまうのがよいでしょう。 ・国民生活センター・警察に相談する 電話した際に個人を特定できそうな情報を話してしまい、急に家や職場などに押しかけられるのではないかと不安な場合には、警察や国民生活センターに相談してみましょう。 国民生活センターでは、アダルト情報サイトに関する相談が多数寄せられていますので、的確なアドバイスがもらえるはずです。 ・弁護士に相談する 極めてまれなケースですが、過去に出会い系サイトの業者が、架空請求でサイト利用者に訴訟を起こしたことがあります。 裁判所は訴状の形式に問題がなければ受理してしまいますので、訴える内容が正当なのかどうかまでは事前に判断をしないのです。 裁判所からの呼び出しを無視して答弁書を出さず、審理にも出なかった場合、原告の請求が認められ、裁判に負けることになってしまいます。 また、訴訟で求める支払いの請求額が60万円以下の場合、少額訴訟手続による審理になると思いますが、少額訴訟手続は1回の審理で終了してしまうので、適切な反論をすることが必要になります。 訴訟が起こされると、『特別送達』と書かれた封筒が裁判所から届くので、必ず確認して失くさないようにし、どう対応していくかは弁護士に相談するとよいでしょう。 基本的にアダルトサイトからの料金請求メールは無視してかまいません。 しかし、メールに記載された番号に電話してしまって、問題が起きた場合には、公的機関や弁護士に相談してみるとよいでしょう。 *記事監修弁護士: Twitter、Facebookに対する発信者情報開示請求仮処分について、それぞれ日本第1号事案を担当するなど、インターネット上の誹謗中傷に対する事案解決に注力しています。 Topics• 弁護士一覧• 【無料法律相談の質にこだわる】【24時間・365日受付・土日祝日・早朝や深夜も対応可能】【弁護士7名・司法書士1名所属】【全国対応可能】 迅速な対応、わかりやすい説明、徹底した報告を軸に、アイデアと馬力を駆使して、皆さまのために戦います。 今まで取り扱ってきた案件は多岐にわたりますが、男女トラブル、不当要求への対応及び刑事事件に特に力を入れております。 他の事務所では話も聞いてくれなかった、という声を耳にいたしますが、皆様のお話をきちんとお伺いしなければ問題解決の糸口が見つかるはずもありません。 まずはお気軽にご相談いただきたく思います。 弁護士となってから、数々の不倫・離婚問題に携わってまいりましたので、不倫問題・離婚問題はお任せください。 迅速に対応いたします!LINEでの相談も承っております。 facebookページ.

次の

身に覚えのあるアダルトサイトからの不当請求

アダル と サイト 請求 電話 着信 拒否

更新日:2015年8月5日 身に覚えのない「サイト利用料金」の請求がメールで届いた! ~「法的措置」と書かれていても慌てないで!架空請求メールは無視しましょう~ 消費者注意情報 平成27年8月5日 相談事例 1 <「連絡しないと法的措置をとる」と書かれていた!> 「督促状」という件名でメールが来たので内容を確認したところ、「以前利用したアダルトサイトの料金が未納となっている。 放置すると法的措置をとる。 退会するのであれば連絡するように」と記載があった。 全く身に覚えがないが、どう対処したらよいか。 (60歳代 男性) 相談事例 2 <サイトに電話をしたら高額な請求をされた!> 携帯電話のショートメールにアダルトサイトの未納料金の請求メールが届いた。 心当たりはないが「本日中に連絡がなければ訴訟になる」とあったので、サイトに電話をしたところ「未納料金は30万円。 今日中に取消をすれば16万円でよい」と言われた。 怖くなり電話を切ったが、今後どうすればよいか。 (40歳代 男性) ココに注意!…東京都消費生活総合センターからのアドバイス• 不審な事業者に連絡をとらないで! 「身に覚えのない請求がメールで送られてきた」「知っているサイトの名称で請求メールが届いたが、そのサイトとは契約したことはない」といった相談が増えています。 こうしたメールは、不特定多数の人に一斉に送信されているもので、その内容は根拠のないものです。 メールを見て不安になり、連絡してきた人に金銭を支払わせるのが目的だと考えられます。 相手の事業者に電話やメールをすると、執拗に支払いを請求されます。 絶対に相手の事業者に連絡してはいけません。 「退会」や「誤操作取消」などを口実として連絡させようとする事例もありますが、このようなメールは無視するのが一番です。 もし、メールを送信したり、電話をかけてしまったりした場合には、受信拒否機能や着信拒否機能を利用して、様子をみましょう。 支払請求には絶対に応じないで! 「法的措置をとる」などと記載されていても、慌ててお金を支払ってはいけません。 また「裁判所」を名乗るメールもあるようですが、裁判所がメールでこのような連絡をすることはありません。 一度支払ったお金を取り戻すことは極めて困難なだけでなく、繰り返し同じような請求が続くきっかけとなってしまいます。 請求内容に少しでも疑問、不安を感じたら、すぐに最寄りの消費生活センターに相談を!• 下記ホームページで架空請求に関する最新の手口・対処方法をわかりやすく解説していますのでご覧ください。

次の