引越し 会社 比較。 引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引越し 会社 比較

オフィス移転・引越とは オフィスの移転はとても大変です。 機械やパソコンが多いですし、社員の引越しも荷物が多いし、書類は多いし・・・というところです。 電話やインターネット、電気工事、LANなども関わってきますので、自分たちだけでやるのはとても困難です。 また社員も普段は仕事をしながら荷造りなどもしなければなりませんので、残業や休日を利用して机周りを片付けたりすることも多いでしょう。 オフィスの移転や引っ越しをスムーズに終えるにはどのようなことが大切なのでしょうか? まず、次のようなポイントを絞らなくてはなりません。 1、 工事内容を決める。 (電話回線、パソコン、複合機など) 2、 オフィスレイアウトを決める。 3、 費用を見積もる 4、 環境に優しい移転が出来るかどうか(不用品の廃棄など含めて) 5、 その他 これだけでもさらに業種によっては、多くのことを考えなければいけません。 移転企業全体の声をこの際に少しでも反映しようという場合もありますね。 オフィスデザインを含めて現状の把握と目的をつかみながらスムーズに移転するのが理想です。 移転はさらに効率よく気持ちよく仕事ができる、ワークスタイルの確立をしなければなりません。 オフィスの移転とは心地よい空間を提案することでもあります。 心地よい新しい働き方を提案できるのは専門のオフィス移転、引っ越し会社なのかもしれませんね。 とりわけ重要なのはOA機器とデスクなどの配置でしょう。 コスト削減を同時に実現できるのであればしたいですよね。 さらにオフィスビルであれば移転前にビル管理会社などとのルールなど打ち合わせも必要になりますし、場所によっては建物のリフォームが必要なこともあります。 移転場所の事前に周辺道路や時間帯を搬入搬出で影響がないように下調べも必要ですね。 移転計画はその場ですぐに出来るものではありません。 まずは、レイアウト図作り、移転に関わる段取りや、現在よりも使いやすいオフィスにする提案が必要なので準備が必須となります。 一番気になるのは「就業しながら準備する、移転する」点でしょう。 お客様に迷惑をかけないように、普段の業務を行いながら新しいところへの準備をするのはとても大変です。 だからこそ、専門のオフィス移転会社へ相談すれば、普段通りの業務を行いつつ、スムーズな移転が期待できるのです。 また移転した後のオフィスの回復作業なども必要になるかもしれません。 いわゆる「原状回復作業」が発生します。 この費用もちゃんと見積もってもらいましょう。 オフィス移転・引越を依頼する流れ• 移転場所が決まったら オフィス移転専門の企業へ、現在のオフィスから新しいオフィスへ荷物を動かすときの見積もりを取ります。 キャビネット、デスクなど大型ものから機械ものまで下見をして見積もりを取ります。 電話の移転・増設の配線や工事などの相談 社内のネットワーク構築、LAN工事などの詳細を詰めます。 コスト削減とエコ対策を同時にしてくれるオフィス移転会社もあります。 梱包資材に荷物を入れる 廃棄処分の物は業者に相談し、引っ越しの前日までに段ボールにそれぞれの分を詰めて机の横などに積んでおきます。 オフィスの区画ごとに、段ボールには中身とわかるフロア数、部門などをシールで書き込みします。 移動したときにどこへ運べばよいかがすぐにわかるようにします。 移転・引越 レイアウトや配線などを新オフィスで行ってもらい、作業漏れやミスがないか最終チェックします。 だいたい1週間〜2週間くらい前には打ち合わせを済ませておくほうが良いでしょう。 特殊な機械があるなどの場合はもっと早くから話を詰めておきましょう。 オフィス移転・引越会社の選び方 業者を使うメリットは「効率的」「業務の支障が最小限で済む」「使いやすくなる」 「必要に応じてレイアウトや内装もできる」「アフターフォローができる」「業務にすぐに取り掛かれる」など多くのメリットがあります。 全部自分たちで行おうと思えば会社や店舗を休業しなければならないこともありますし、それを考えるとコスト的にも割安になるといえるでしょう。 なんといっても専門の業者が行うので人件費も最小限に抑えつつ、フルスロットルで動くことができます。 オフィス移転の計画から実施、原状回復工事まで、すべてを行ってもらえるならそのほうが便利です、店舗・倉庫・工場等、より使いやすいオフィスの空間を提供してくれるものでなければなりません。 効率的なレイアウトや新オフィスになったから働きにくくなったというのでは本末転倒になってしまいます。 「無駄なスペースをなくすこと」「今より少ない坪数でも効率的に業務ができるようにすること」業務の効率化もレイアウト次第、配線もパソコンの場所も同じことです。 オフィス環境に強い引っ越し業者なら、レイアウトから専門の配線まで行えますので「邪魔なく、使いやすい空間」を作り出してくれるのです。 引っ越し=最適な空間がもたらされなければ新しい場所に移る意味も薄れてしまいます。 非効率なレイアウトやいらないものは廃棄する、会社の断捨離を行えるのはオフィス移転の際にはチャンスになります。 ミーティングをおこなうスペース、社員がリラックスできるオフィスづくりを移転とともに提案してくれればなお良いです。 オフィスで最小限必要なことをもとに、あとは心地よさを提案してくれるのが、オフィス引っ越し業者の腕といえるでしょう。 下見の段階でちゃんと見積もりを取ってくれるか 下見をしたときに細分化して、きちんと見積もりを出してくれるかどうかを見ましょう。 後から追加料金などがないようにしてくれるか 追加料金などは下見をしている後なので極力発生しないもの。 追加がある場合の説明などもしてもらえるといいでしょう。 オフィスレイアウトや環境に気を配ってくれるか オフィスのレイアウトや環境にもアドバイスや気配りをしてくれる業者が良いです。 汚いままの引っ越しではせっかくの新オフィスが霞んでしまいます。 オフィス移転・引越の料金相場 オフィス移転の費用はどれくらいかかるのか?というのはオフィス規模や坪数、荷物の量で異なってきます。 大規模オフィスなら何百万と係る場合もありますし、小規模なら何万円で終わることもありますね。 一番かかるのは人件費。 あとは配線やレイアウト、内装などのオプションで変わってきます。 一般的な小規模オフィスビルの相場をいくつかまとめてみました。 業者にあらかじめ確認をしておきましょう。 見積り金額と当日の引越しでの差額は発生するのでしょうか 訪問してのお見積りとなりますので、差額はほとんど出ません。 ほぼ確定で進めていけます。 料金が上がるシーズンとかはあるんですか 新生活スタートの春は繁忙期となる為、引っ越しの少ない梅雨時期や年末前などがおすすめです。

次の

【引越し業者ランキング】サービスと評判・満足度を比較して自分に合った業者を見つけよう

引越し 会社 比較

この記事の目次• 引越しで大変なことの1つに、引越し業者選びがあります。 サービスがよく安心して任せることができる業者は?自分の要望に合う業者は?みんなが使って満足しているオススメ業者は?など、複数の引越し業者の中からピッタリの業者を探すのは大変ですよね。 そんな疑問を解決できるよう、 引越し業者をランキング形式でまとめてみました。 引越し業者のおすすめランキング! 引越し業者選びでおすすめなのが、 引越し一括見積もりサイトを利用すること! 引越し一括見積もりは全国のさまざまな引越し業者の中から、条件に合った業者を見つけることができます。 また、 一度に複数の業者から見積もりをとることができるため、引越し費用の相場を把握しながら最安の業者を探すのもカンタンです。 今回は、引越し一括見積もりサイト「ズバット引越し比較」の引越し業者ランキングをもとに、 おすすめ5社のプランや特徴をご紹介します! 1位 日本通運 「引越しは日通」でおなじみの日本通運は、国内大手の物流会社として日本国内だけでなく海外にも店舗を持っていて、国内には230店舗あります。 物流で得たノウハウやネットワークをもとに小規模から大規模までさまざまな引越しに対応しています。 単身プラン、家族プランと大きく分けて2つの引越しプランがあり、荷物の量、移動距離、サービス内容で自分に合ったプランを細かく選ぶことが可能です。 は、「受付対応」「訪問見積もり」「作業員の対応」「作業スピード」「サービス内容」の各項目についての満足度と、それらを総合した満足度をランキングにしています。 どの項目の満足度を重視するのか、 自分の条件に合った満足度ランキングで引越し業者を比較できるので便利です。 どのようなサービスや対応について満足と感じるのかは、人それぞれですよね。 ズバット引越し比較の引越し業者ランキングを見れば、満足度やおすすめを知ることができます。 実際に利用した方の口コミなので、ぜひ引越し業者を選ぶ時は参考にしてみましょう。 引越し一括見積もりで自分にピッタリの引越し業者を見つけよう 各社の特徴を引越し業者ランキングでチェックしたら、実際に 引越し一括見積もりを使って、引越し業者から見積もりを取ってみましょう! 複数の引越し業者から見積もりを一度に取ることができるので、 さまざまな引越し業者の特徴や強みをカンタンに比較できます。 引越し料金やサービス内容などについて自分のニーズと合う引越し業者を選べば、よりよい引越しができますね。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

最新!引越し業者ランキング

引越し 会社 比較

ところで、引越し料金の相場とは果たしてどのくらいなのでしょうか?一概にはいえませんが、今回は分かりやすいように、単身と4人家族、2つの例を挙げてみました。 単身(一人暮らし)の場合 電話調査によると、「単身」「同じ都道府県内」「荷物は少なめ」と仮定すると3万円前後が相場のようです。 荷物が多い場合はこれにプラスして2000円~5万円程度アップします。 4人家族の場合 次に4人家族の場合、こちらも距離によりますが、500km以内の範囲だと8万円~22万円かかると思っておくといいでしょう。 いずれの場合も、「距離」と「荷物の多さ・大きさ」によって料金に差が出てきます。 それだけではなく、特に引越し会社の繁忙期か通常期かによっても料金は大きく変わります。 やはり引越しが多い春は高めの料金設定になる傾向が多いようです。 もちろん会社によっても料金は異なるので、料金やサービスを比較することが大切になってきます。 自分の行う引越しの相場がいくらくらいなのかさらに詳しく知りたい場合は、こちらのページをチェックしてみてください。 繁忙期の引越し料金相場 それでは、繁忙期にはどの程度料金はアップするのでしょうか? 2月から4月がいわゆる「繁忙期」で、単身はもとより、家族で引越す場合には金額はかなり高くなります。 繁忙期は部署の異動・転勤、学生なら進学など、引越しが非常に重なる時期ですので、その分、引越し代金もかかるのです。 ですので、可能ならこの時期は外したほうがコストは抑えられます。 会社勤めの場合、引越しの時期をずらすのは難しいでしょうが、繁忙期がひと段落した4月下旬から夏にかけては狙い目です。 見積もりを安くするために 繁忙期でも比較的安い値段で引越しできるかもしれない方法があります。 それは、 あらかじめ引越し会社に空いている日程を聞いておき、こちらがその日程に引越し日を合わせる方法です。 こちらが合わせようとすることで、値引きを考えてくれる会社もいますので、ぜひ確認してみてください。 また、早期の予約で割引を受けられる「早割」のようなサービスが用意されていることもあります。 引越しの計画が早い段階で決まっているのであれば、こういった割引も積極的に利用しましょう。 訪問見積もりのメリットは、実際の荷物に見合った料金見積もりの精度の高さです。 引越しのプロである担当者が判断するため、誤算しにくいといえるでしょう。 追加料金が発生するような可能性は低く、計画的に引越しを行うことができそうですね。 電話見積もりという方法もありますが、家の中の様子を電話で隅から隅まで伝えなければならない手間もありますし、伝え方一つで誤認されてしまう可能性もあります。 実際に家を見てもらう訪問見積もりと比べて、差が出てしまうことがあるようです。 訪問見積もりのメリット• ・対面で見積もりするので、詳しい内訳を直接聞ける• ・顔を合わせているので、交渉ももちかけやすい• ・荷物量の把握が正確なので、多すぎず少なすぎずの適切な価格が出せる• ・道路状況や駐車スペースなど、輸送環境をチェックしてもらえる• ・訪問見積もり限定の特典が受けられることも 「荷物の多い引越し」の場合は訪問見積もりが不可欠 前述したように、訪問見積もりは荷物量の把握が正確なのが利点の一つ。 そのため、単身の引越しよりも、どうしても荷物が多くなる家族で引越しのほうが訪問見積もりのメリットを受けることができます。 また、家の前にはトラックを止められないなど、周辺の道路状況を確認してもらう必要がある場合にも、訪問見積もりは有効です。 家族で引越す場合には、こちらでは気づけなかった難しい作業が発生したり、想像よりも荷物や家具が多かったりと、こちらでは判断できないことが追加料金につながることも。 そんなことにならないよう、訪問見積もりのメリットである「精度」がいかせるのは、家族での引越しのほうといえるでしょう。 引越し料金が上下するのは荷物量だけではありません。 旧住所から新住所までの距離、引越す時期、使用するトラックの大きさや台数、備品関係など、さまざまな要因が関係します。 精度の高い見積もりを知りたいなら、訪問見積もりの魅力が適しています。 訪問見積もりが不要なサービスは条件が多い 運ぶ荷物の上限が決まっている「単身パック」や、物が少ない学生の単身引越しに利用できる「学割パック」などは、基本的に訪問見積もりは不要です。 これらの定額サービスには、荷物上限のほかにも移動距離や利用できる時期など、いくつかの制限が設けられていることがありますから、申し込み前に自分がサービス対象になるかしっかり確認をしておきましょう。 単身の場合は、荷物の量は予想を大きく外さないことが予想されるため、料金に差が出ないと考えられます。 とはいえ、単身でも荷物が非常に多い方や、大型の家具や楽器などがある場合には、訪問見積もりが適しています。 訪問見積りによるデメリットとしては、転居先や日程が決まっていないと適切な見積もりができないということがあります。 「何を・いつ・どこまで運ぶのか」といった具体的な情報が決まっていないと明確な金額を出すことはできません。 取りあえず大まかな金額が知りたい場合は、まずはネットで見積もりをシミュレーションしてみるのも一つの手です。 また、訪問見積りは営業スタッフを30分~1時間程度。 自宅に招くことになるため、「めんどくさい」「他人を家に入れるのが嫌」「面倒な感じがする」といった心理的なハードルを感じる方もいるようです。 対面で交渉できるのは訪問見積りのメリットですが、反対に人によっては断りにくいというデメリットにもなり得ます。 そうしたデメリットはあるものの、訪問見積りはメリットの多いものです。 やはりプロの視点で引越しをサポートしてくれるのは魅力的ですから、メリット・デメリットをはかりにかけて検討してみましょう。 訪問見積もりで来た営業担当の人柄 訪問見積もりに来る営業担当の人柄は重要です。 ここで担当者の人柄をあまり好ましくないと感じたなら、引越し当日にやってくる作業員はどうなのだろうと心配にもなることでしょう。 引越し作業が丁寧で誠実かどうかは、会社の「顔」ともいえる見積もり担当の印象で決まる部分が大きいかもしれません。 スタッフの印象も大事な要素ですので、ぜひチェックしましょう。 仮に有名な引越し会社であっても、実際に作業するスタッフが自分の求める人柄かどうかは分かりません。 そこをある程度、訪問見積もりの段階で見極めることは重要です。 適切な段ボールの数を教えてくれるか 段ボールの数を曖昧にする引越し会社は避けたほうがよいと言われます。 引越しのプロは、荷物の量を見ただけで段ボールの数が分かるものです。 つまり、段ボールの数を曖昧にする引越し会社は、引越しに慣れていない可能性が考えられます。 引越しは慎重に行わないと、部屋に傷がつくなどの不要なトラブルを招きます。 そのような事態を起こさないためにも、十分注意してください。 訪問なし見積もりのメリット 訪問見積もりが面倒だったり、時間に余裕がない場合には、訪問なしの見積もり(電話やメールなど)も考慮に入れましょう。 荷物が少なく、定額パックでまかなえる範囲の引越しは、訪問なしの見積もりでも比較的正確な見積もりを出すことができます。 訪問見積もりについても、メリット・デメリットを比較検討することが引越し成功のコツです。 訪問なし見積もりのメリット• ・手軽に見積もり依頼ができる• ・見積もりにかかる時間が短縮できる• ・断りやすい、過度の営業を受けない 訪問なし見積もりのデメリット 訪問なしの見積もりでは、訪問の時間が不要なことが大きなメリット。 一方でデメリットもあります。 訪問なし見積もりのデメリット• ・余裕をもった積載量で見積もられるため、訪問見積もりより高くなりがち• ・対面よりも値引き交渉が難しい傾向がある• ・荷物量が申告と違う場合、当日荷物が乗り切らない致命的なトラブルに• ・住まいの周辺情報が把握しにくいため、作業が円滑に進まないことも メリットとデメリットを比較し失敗のない引越しを 訪問なし見積もりだと、人を家に入れたり、対人でやり取りしたりすることがないので、気が楽で時間をとられないというメリットがあります。 しかし、訪問なし見積もりのデメリットは、「引越し料金が高くなりがち」「周辺環境や荷物を確認できないので当日作業がスムーズにいかないかもしれない」など、実際にこちらが損をこうむるようなものが多いです。 訪問なし見積もりで引越しを済ませたい方は、デメリットに要注意です。 引越しの日に心配事を残さないためにも、訪問見積もりをしておくことをおすすめします。 訪問ありの見積もりは、直接家を見てもらうことによって、正確な荷物量で引越し料金を出してもらうことが可能です。 複数人分の引越し、大型家具の多い場合、道路状況等が複雑な場合には、訪問あり見積もりが向いているでしょう。 一方で、単身者、荷物が少ない、時間がない人にとっては、訪問なし見積もりは便利なサービスです。 自分の状況と照らし合わせて、どちらにするか検討してみてくださいね。 画像:PIXTA.

次の