楽天 ゴールド カード インビテーション。 ゴールドカードのインビテーションが届く条件は?審査・年会費無料などまとめて紹介

【突撃】楽天ブラックカードのメリットとインビテーションの条件とは

楽天 ゴールド カード インビテーション

あります。 たとえカード会社からのインビテーションだとしても、審査は一から行われるので落ちることもあります。 インビテーションは一定の条件を満たした人に送られてきますが、それと与信審査が通るかとはまた別の話です。 そのため、インビテーションから申し込んだとしても審査落ちする可能性は十分あるのです。 インビテーションとは インビテーションとは「招待」という意味で、カード会社が利用者に対して発送する上級カードへの申込み用紙となっています。 たとえば、今まで通常のクレジットカードを使っていた会員に対してゴールドカードのインビテーションを発送するというような使い方をします。 中にはインビテーションを通してしか申し込めないクレジットカードもあります。 インビテーションは言ってみれば上級カードの申込み用紙であるため、インビテーションを受ける場合は申込み用紙に記入して郵送するという流れになります。 特に魅力を感じなければインビテーションは破棄しても構いません。 インビテーションでも審査あり インビテーションというくらいですから、既に審査は完了していて申し込んだらすぐにクレジットカードが郵送されてくると思っている人も多いようです。 しかし、実はインビテーションであっても審査に落ちることはあるのです。 なぜかというと、インビテーションを通して申し込んでも通常通りの与信審査が行われるからです。 その与信審査の結果、カードの発行が否決されるということもあります。 インビテーションが送られてくる基準はカード会社によっても異なりますが、利用金額や利用期間など様々です。 たとえこれらの基準をクリアしたとしても、与信審査に通るかはまた別の問題なのです。 インビテーションをカード会社から送ってきたのに審査で否決されるのはなんとも不愉快な気持ちですが、インビテーションでも審査落ちはあるということは覚えておきましょう。 このコラムにおすすめのクレジットカード 三井住友カード ゴールド.

次の

確実にインビテーションで作れるゴールドカード3選

楽天 ゴールド カード インビテーション

楽天市場などで5. 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる• ETCカードの年会費が無料になる• 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい• ANAマイルを貯めるのにも適している• ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大• 年会費が税別2,000円かかる• ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め• 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン• 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない まずは 切り替え方法や審査にかかる時間を見ていきましょう。 ) 切り替え手数料は無料楽天ピンクカードや楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えは、手数料が1,000円(税別)かかります。 しかし、 楽天ゴールドへの切り替え手数料は完全に無料です。 切り替え手数料 楽天ピンクカード 1,000円(税別) 楽天ANAマイレージクラブカード 1,000円(税別) 楽天ゴールドカード 無料 切り替え審査時間:最短1分〜5・6時間 「切り替え」と言っても、審査自体は新規申し込み時と同様に行われます。 審査時間は 最短で1分。 何はともあれ、スコアリング点数が高い人 (審査に問題がない人)は、平日の営業時間内に申し込めば、まずその日のうちに審査が終わるでしょう。 (審査基準に関してはで後述) 届くまでの期間:4〜7日間 楽天ゴールドカードへの切り替え審査が終わると「発行手続き完了のお知らせ」というメールが届きます。 (審査結果自体はメールで届きません。 ) そこには以下のような文言が。 カードはお申し込みから通常1週間でのお届けとなりますが、年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合や、審査状況や配送地域により、通常よりもカードのお届けが遅れる場合がございます。 連休が重なる日以外は審査終了から1週間以内に届くと捉えて良さそうですね。 現在実施中のキャンペーンはありませんが、 過去には3,000〜5,000ポイントもらえたことも。 2019年のキャンペーン予想もしているので、参考にして見てください。 切り替えキャンペーンは基本的にない 新規入会では5,000〜10,000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえる楽天ゴールドカード。 しかし、楽天カードなどからの 切り替えでは基本的にキャンペーンはなく、ポイントはもらえません。 ただ開催事例が全くないわけではなく、 稀に切り替えキャンペーンで3,000〜5,000ポイントもらえることがあります。 (くわしくはで後述) インビテーションで1,000〜3,000ポイントもらえることも 楽天カードをしばらく使っていると、楽天ゴールドカードのインビテーションが届きます。 その インビテーション用紙に1,000〜4,000ポイントの切り替えキャンペーンの案内が記載されていることがあるんですね。 楽天カードのインビテーション初めてはがきで届いたけどe-naviで申し込める内容と同じだしわざわざ何で送ってきたんだってレベル 楽天プレミアムカードの三年無料のインビテーションくれよなあ — ごみたそ gmi84 稀に開催されるキャンペーンよりは少なめの傾向がありますが、全くもらえないよりはマシなので、 インビテーションを待つのも1つの手でしょう。 通常の楽天カードだけでなく、楽天ANAマイレージクラブカードや楽天PINK(ピンク)カードからの切り替えも対象。 もらえるのは期間限定ポイントですが、キャンペーンがないよりは全然マシですね。 過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり 過去に行われた楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンは以下のとおり。 2018年にはダイヤモンド・プラチナ会員限定の切り替えキャンペーンも開催されたみたいなので、 日頃から楽天カードを使って会員ランクをあげておくようにしましょう。 2019年の切り替えキャンペーンのタイミングはいつ? 次回の楽天ゴールドの切り替えキャンペーン開催時期、こればっかりはかなり予想するのが難しいです…。 ただ、過去の開催時期を分析すると、なんとなくは以下のような傾向がありそうです。 8,000ポイントキャンペーンの開催時期と酷似?通常の楽天カードでは新規入会で5,000ポイントですが、年に4,5回ほど8,000ポイントになる時期があります。 この 8,000ポイントキャンペーンと、楽天ゴールドカードの切り替えキャンペーンの開催時期が酷似しているんですよね。 空港ラウンジを無料で使える 楽天ゴールドカードでは、国内主要29空港とハワイ・韓国の空港ラウンジを無料(年2回まで)で利用できます。 いやほら、ポイント5倍になるし。 ほら、空港ラウンジ使えるし。 ちょっとゴールドでイキりたい訳じゃないですよ!決して! — ザブロー アフィリーマン「20万の壁の巻」 zabroow いわゆるカードラウンジというもので、ソフトドリンク無料・WiFi完備。 (那覇の空港ラウンジではシークワーサージュースが無料) 空港に早く着きすぎても、ゆったり休憩できますし、充電も完備なので仕事もできますね。 楽天カード:3,024ポイント• 楽天ゴールドカード:5,040ポイント これが損益分岐点です。 つまり、月々にして9,000円以上楽天市場で使うなら、年会費以上のポイントが貯まるので、楽天ゴールドカードのほうがお得になります。 年会費500円(税別) 年会費無料 発行不可 ・楽天カード ・楽天PINKカード ・ ・楽天銀行カード ・楽天ゴールドカード ・楽天プレミアムカード ・楽天カードアカデミー 確かに通常の楽天カードでも、楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」以上であれば、ETCカード年会費が無料になります。 利用額が多い人なら楽天カードでも問題ないんですが、 楽天ゴールドカードに切り替えれば最初から無料なので気楽ですね。 家族カードの年会費が500円(税別)と有料に 楽天ゴールドカードは家族カードの年会費が500円(税別)と有料に。 本カード年会費 無料 2,000円(税別) 家族カード年会費 無料 500円(税別) せっかく本体の年会費が安くても、 家族が多ければ意外と維持費がかかりそうなので、切り替えの際には十分に考慮する必要があるでしょう。 損益分岐点も上がる 家族カードの 発行枚数が増えるにつれて、楽天カードとの損益分岐点も上がっていきます。 切り替えできないのはなぜ?• 切り替え審査に落ちたらどうするの? Q. 切り替えできないのはなぜ? ほとんどのケースでは、 申し込み条件を満たしていないことが原因です。 (20歳未満や学生など) ただ、稀に原因不明のエラーが発生することもあるみたいです。 なーんどやっても楽天ゴールドカードへの切り替えができん 「申し訳ございません。 エラーが発生いたしました。 お客様は既に楽天銀行カードをお持ち、あるいは申し込み済みですので、新たにカードをお申し込みいただくことができません。 切り替え審査に落ちたらどうするの? 楽天ゴールドの切り替え審査に落ちてしまった場合は、まずは理由を究明することが先決です。 大体は、年収や職業の面で支払い能力が低いと判断されたのだと思いますが…。 切り替えは楽天e-NAVIから無料で簡単にできる• 審査は最短1分、届くまでは最短4日と発行スピードにも定評あり• 年会費が2,000円(税別)と有料になるが、楽天市場での還元率がアップし、空港ラウンジも無料で使えるようになる• 基本的に楽天ゴールドの切り替えキャンペーンはない• 過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり• 2019年は残り2回ほどキャンペーンが行われると予想 使う人によっては楽天カードよりも確実にお得になる楽天ゴールドカード。 切り替えキャンペーンは基本的にないですが 、ごくたまに3,000〜5,000ポイントあるので、定期的に公式サイトをチェックするといいですよ!.

次の

【楽天ブラックカード】インビテーションが届いたので発行してみた!|共働きくま夫婦のブログ

楽天 ゴールド カード インビテーション

・ インビテーション条件 楽天ブラックカードは、基本的に インビテーション(招待)を受けてから申し込むことになる。 公式サイトには楽天ブラックカードの申し込みページは掲載されていない。 一般的に、インビテーションの条件は公開されないことが多く、楽天ブラックカードも例外ではない。 ブラックカードに関する口コミ・評価を調べると、一般的なブラックカードであれば、通常年収1,000万円~2,000万円のカード会員がインビテーションの対象になる傾向がある。 年収よりも楽天グループの利用度合いが重要 楽天ブラックカードの場合、一般的なブラックカードほど高い年収でなくてもインビテーションが届いたというケースが見られる一方、年収が高くても招待されていないという声もある。 勤続年数も長いことに越したことはないだろうが、口コミ・評価を見るとさほど重要視されていないようだ。 以上より、楽天ブラックカードのインビテーションは 「楽天グループの優良顧客であるか」が重視される傾向にあると言える。 クレジットカードの審査基準以上に、楽天グループのヘビーユーザーであるかが試されているのだ。 そのため、インビテーションを受けるためには、直接申し込み可能ななどの会員になり利用実績を積み上げて、楽天銀行や楽天証券の残高を増やしていくのが近道だろう。 その他にも、楽天市場や楽天トラベルを積極的に利用し、会員ランクを上げていくのも有効と考えられる。 審査基準 インビテーションからの申込は簡単 インビテーションを受けて申し込みをした場合、その後のフローで問題がなければそのままカード発行に至る。 申し込み後には、まず、在籍確認の電話連絡がくることになる。 生年月日や職業、年収を聞かれるので、対応できるようにしておこう。 なお、電話連絡が終わった後はスムーズにカードが発行されるようだ。 申し込みから24時間以内に審査が完了したという声も聞かれるので、スピード感を持ってブラックカードを手に入れることができるだろう。 直接申込の場合は非常に厳しい 楽天ブラックカードは公式サイトに掲載されていないため、 通常は直接申し込みすることはできない。 しかし、インビテーションで届く楽天ブラックカードの申し込みフォームを知っていれば、そこから直接申し込むという荒技もできなくはない。 審査基準は非公開だが、ネットの口コミ情報を見てみると、年収2,000万円以上で楽天ゴールドランク会員でも審査に落ちている例も見られる。 直接申し込みをする場合は、楽天銀行や楽天証券での取引があり、楽天カードの年間利用金額が数百万円以上でないと却下される可能性が高いと言えよう。 ただし、これだけ楽天グループを積極的に利用していたら、通常であればインビテーションが届くことになるだろう。 直接申し込みから楽天ブラックカードを所有できるのは、 非常に稀なケースだ。 特徴と付帯サービス 年会費3万円(税抜)で保有できる楽天ブラックカード。 10万円以上の年会費が設定されることの多いブラックカードの中では、破格の年会費であることが分かる。 一方で、楽天カードの最高ランクカードならではの上質なサービスが多数付帯している。 プライオリティパスが無料で発行可能 楽天ブラックカードがあれば、国内の主要空港ラウンジを無料で利用することができる。 それだけでなく、世界中の700以上の空港ラウンジを無料で利用できる 「プライオリティパス」も利用可能だ。 通常、プライオリティパスのプレステージ会員になるには 約40,000円の年会費がかかるので、このサービスだけでもカード年会費の元がとれるのだ。 同伴者は2名まで無料になるので、恋人や家族、同僚と空港を利用する際にも便利。 他社のプラチナカードは同伴者1名まで無料としていることが多いため、優れたサービスであると言えるだろう。 コンシェルジュサービスを無料で利用可能 365日24時間、いつでもどこでも自分の代わりにホテルやレストランなどの予約手配をしてくれる コンシェルジュサービスを無料で利用することができる。 国内だけでなく海外のおすすめレストランまで紹介および予約代行をしてもらえるため、利用シーンに応じて最適なレストランを手配することが可能に。 世界中のホテルや航空券、レンタカーの予約サービスもあるので、自分の手を煩わせることなく旅行や出張のスケジュールを立てることができるだろう。 コンサートからバレエ・オペラ、ミュージカル、スポーツまであらゆるイベントのチケットも手配してもらえる。 ゴルフ場の空き情報やゴルフコースの情報提供サービスもあり、仕事からプライベートまで快適な生活をサポートしてもらえるのだ。 トラベルサービスが充実 楽天ブラックカード専用のデスクで国内の宿泊施設を紹介・予約してもらえ、 会員限定の特別優待サービスも受けることができる。 世界30拠点以上の海外トラベルデスクでレストランやオプショナルツアーの予約・手配も対応してもらえる。 海外へ旅行もしくは出張へ行く場合には、出発時か到着時に空港から自宅・会社まで手荷物を無料で宅配してもらえるクーポンも利用可能だ。 保険・補償サービスが充実 海外旅行保険は 最高1億円までが自動付帯するため、カードを持っているだけでケガや事故の補償を受けることができる。 国内旅行保険は 最高5,000万円で、どちらも家族まで補償対象となる。 楽天ブラックカードで購入した商品が、万が一盗難被害にあったり破損してしまったりしても、購入日から90日以内まで年間最高300万円まで補償される。 各種保険・補償サービスが充実しているので、カードを1枚保有しているだけでも安心だ。 楽天市場では常時ポイント5倍 楽天関連サービスでは、組み合わせて利用することで楽天市場でのポイント還元率がアップするSPUというプログラムがある。 ちなみにこれは、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードも同様だ。 貯めたポイントは、1ポイントあたり1円として、楽天関連サービスを含む楽天ポイント加盟店で利用することが可能だ。 ネットショッピング以外にも、大丸やジョーシン、マクドナルド、ミスタードーナッツなど様々な実店舗でそのままポイント支払いができるので、貯めたポイントを無駄にすることもない。 楽天Edy搭載可能 楽天ブラックカードは、他の楽天カードと同じく電子マネーの Edy(楽天Edy)機能を付けることができる。 楽天ポイントを貯めることができるので、クレジットカード・ポイントカード・電子マネーという3つの機能を1枚のカードに集約することが可能だ。 国際ブランドと限度額に注意 年会費を抑えながら上質なサービスを享受できる楽天ブラックカード。 ただし、次の2点には注意してほしい。 VISAブランドは選べない 楽天ブラックカードの国際ブランドは「MasterCard」か「JCB」の二種類から選択することになる。 世界シェアが最も高い「VISA」が対象になっていないので、楽天ブラックカードをメインカードにする場合は、サブカードでVISAを発行しておくとよいだろう。 利用限度額が低め 楽天ブラックカードの分利用限度額は 300~1,000万円。 一般的なブラックカードと比較すると低めに設定されている。 楽天ブラックカードに切り替える際の注意点 楽天ブラックカードを発行したら、 それまで使用していた楽天カードは無効となるので注意しよう。 年会費の返還もなく、 カード番号も変更される。 決済でクレジットカード番号を登録している場合は、全て新しい番号へ登録し直さなければならない。 楽天プレミアムカードに付帯している 「楽天Edy」も番号が変更される。 ただし、楽天Edyはクレジットカード機能が無効になってからも利用することができるため、入金金額を使い切ってからカードを破棄すればよいだろう。 楽天プレミアムカードで既に発行している プライオリティパスも無効になる。 ブラックカードを発行したら、新しいプライオリティパスの発行手続きを忘れないようにしよう。 このように、楽天ブラックカードに切り替えることで変更される点がいくつか存在する。 クレジットカード番号の再登録など多少面倒な手続きもあるが、抜け漏れなく対応しておこう。 まずは楽天プレミアムカードを発行しよう 楽天ブラックカードの審査基準は公開されていないため、正確な事情は分からない。 しかし、年収や勤続年数以上に「楽天グループをよく利用しているかどうか」が重要な基準となっているようだ。 また、基本的にはインビテーションを受けてからでないと審査に通るのは難しい。 インビテーションを受けるためにも、まだ楽天カードを保有していない場合は、 直接申し込みできる楽天プレミアムカードを発行して利用実績を積み上げることから始めよう。 楽天プレミアムカードの審査に不安がある場合は、先に楽天カードや楽天ゴールドカードで実績を積もう。 さらに、楽天銀行や楽天証券、楽天市場などグループが提供サービスを積極的に利用することで、インビテーションが届く可能性を上げることができるはずだ。

次の