とつげきチョッキ おすすめ。 「チョッキ」に関連する育成論|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

【USUM】今流行りの中堅ポケモンたち【おすすめマイナーポケモン】

とつげきチョッキ おすすめ

ナットレイの育成論 ナットレイの育成論は大きく分けて2つ存在します。 こだわりハチマキ、とつげきチョッキ型• 性格:ゆうかん• 特性:てつのとげ• 持ち物:こだわりハチマキ or とつげきチョッキ• 努力値:HA252 D4• 性格:のんき• 特性:てつのとげ• 持ち物:たべのこし• 努力値:HB252 D4• 残りは攻撃か防御に振ることになると思いますが、育てたい型によって性格も決めておくと良いでしょう。 高い耐久で迎え撃つ重戦車型にしたい方は『ゆうかん』を、鉄壁ボディプレスのコンボを狙いたい方は『のんき』を選んでおくと良いと思います。 テッシードは夢特性も『てつのとげ』であり、ナットレイに進化したタイミングで『きけんよち』に変化します。 知らず知らずのうちに夢特性の個体を育ててしまっているケースもあるので、ナットレイの特性が『てつのとげ』になっているかよく確認するようにしましょう! ナットレイの持ち物は構築と相談しよう! ナットレイはその優秀な種族値とタイプで、炎タイプの攻撃以外であれば大抵の攻撃を1発は耐えることができます。 攻撃を耐えた後に高火力の『ジャイロボール』で反撃できる『こだわりハチマキ』、 特殊受けとして運用しやすくなり、また不意の炎技にもある程度対応可能になる『とつげきチョッキ』、 『てっぺき』や『やどりぎのタネ』を駆使して居座ることを目的とするケースで強力な『たべのこし』 このあたりの持ち物を構築と相談しながら持たせることになると思います。 努力値はHA、またはHBに特化するのがおすすめ! 鉄壁ボディプレス型ではなく、『こだわりハチマキ』や『とつげきチョッキ』を使った型を採用する場合には低い攻撃を補うためにHAベースで努力値を振ることになるでしょう。 『ジャイロボール』の最大威力は150もあるため、攻撃を伸ばしておく恩恵は大きいはずです。 一方、ナットレイをボディプレス主体の型にするのであれば、火力と耐久を両立できるHBに特化するのがベストになるでしょう。 おすすめの技 ナットレイのおすすめの技を紹介します。 ジャイロボール 最大で威力150にもなる『ジャイロボール』はナットレイと相性の良い技で、鉄壁ボディプレス型でも採用されることがあります。 最遅である 素早さ実数値『22』の個体を用意できれば、相手の素早さが『132』以上のときに威力150を発揮できるようになるので、この技を採用する際は素早さのなるべく低い個体を厳選するようにしましょう! パワーウィップ 草技には命中安定な『タネばくだん』や『タネマシンガン』もありますが、威力の高い『パワーウィップ』がおすすめです! 『だいもんじ』と『かえんほうしゃ』のような微々たる違いであれば、好みで命中安定のものを選べば良いのですが、 『パワーウィップ』は威力120、命中85 『タネばくだん』は威力80、命中100 と、僅かな命中難と引き換えに威力が1. 5倍も違うとなると、さすがに無視できないでしょう。 また、もう1つのメインウエポンである『ジャイロボール』が命中100の技なので、ナットレイの草技は『パワーウィップ』で問題ないと思います。 ボディプレス ナットレイは防御の種族値が『131』もあり、『てっぺき』も覚えるため『ボディプレス』ととても相性が良いです。 防御に努力値を振っていなくてもそこそこの火力が期待できるので、『とつげきチョッキ』を持たせた場合などでも採用していける技となっています。 てっぺき 『てっぺき』を採用する場合は『ボディプレス』とセットで採用すると良いでしょう。 耐久の底上げと同時に『ボディプレス』の火力も上げられる一石二鳥の強力なコンボとなります。 ナットレイの弱点の1つである『かくとうタイプ』は物理技に集中しているため、『てっぺき』を積むことにより炎技以外で致命傷を負うことがほとんどなくなるのも強みと言えるでしょう。 やどりぎのタネ 『やどりぎのタネ』は鉄壁ボディプレス型における回復のリソースとして相性の良い技です。 命中が少し不安定ではありますが、それを差し置いても採用する価値のある技と言えるでしょう。 まもる ダブルバトルで『まもる』を使いながら、隣のポケモンで炎技を使うポケモンを処理するルートを取っていけると強いです。 『やどりぎのタネ』や『たべのこし』とも相性がよく、通称「やどまも」と呼ばれるコンボも狙っていけるため、シングルでも採用の余地がある技となっています。 はたきおとす 相手の持ち物を無効化できるようになる『はたきおとす』も魅力的です。 技スペース的にも、チョッキ型で採用する場合にはほぼ採用することになるでしょう。 ステルスロック ナットレイはガラル地方では希少な『ステルスロック』を覚えるポケモンの1匹でもあります。 シングルで起点作りを狙っていく型を考えている場合は採用していくと良いでしょう。 ナットレイの対策 ナットレイは炎タイプが4倍弱点なので、炎技を当てていくことが重要になります。 炎タイプの技を積極的に採用する 『マジカルフレイム』や『かえんほうしゃ』、『ほのおのパンチ』など、炎技は多くのポケモンに配られているため、これらの技を積極的に構築に取り入れておくと対処が楽になります。 技の構成を少し意識するだけで簡単に対策できるので、構築のパワーをほとんど落とすことなく自然に組み込めます。 『おにび』を当てる ナットレイの特攻の種族値はわずか『54』しかないため、ほとんどのナットレイは物理型であることが想定できます。 ナットレイに『おにび』を入れて「やけど状態」にすることで、こだわりハチマキやチョッキ型は機能停止に追い込めますし、鉄壁ボディプレス型であっても『たべのこし』の回復量を相殺できるため、かなり対処しやすくなります。

次の

【ポケモン剣盾】ウッウロボのおすすめ複数アイテム合成レシピ一覧(第1弾)│Rainのゲーム三昧

とつげきチョッキ おすすめ

カビゴンについて 今作ではランクマッチをやっていれば見ない日はないと言えるほど使用率の高いポケモンです。 不遇な単タイプでありながらも「ノーマル」というタイプと高い種族値、加えて優秀な特性によって、その見た目からは想像できない強さを発揮できます。 ランクマッチに存在するカビゴンは 基本的な努力値振りはHB振りかAB振りの2パターンに分かれています。 特性は「あついしぼう」か「くいんしんぼう」が主流ですが、どちらを採用しているかは技構成やパーティによって異なり、様々な型を考えることができます。 持ち物も様々な候補が存在し、「フィラのみ」「ラムのみ」「とつげきチョッキ」「たべのこし」などがあげられます。 このように 豊富な型が存在することも強みの一つであると言えます。 また、今作では「キョダイマックスカビゴン」になることで専用技「キョダイサイセイ」を使うことができ、約50%の確率で使用した「きのみ」を回収することができる効果はカビゴンとの相性も良く、攻撃しつつ「フィラのみ」や「ラムのみ」を拾ってくるのは脅威であると言っていいでしょう。 そんなカビゴンでも苦手とするポケモンは存在するので、それらのポケモンをうまく活用してカビゴンを対策していきましょう。 カビゴンの型 カビゴンは努力値振りが同じでも技構成や持ち物が異なっていたりと、様々な型が存在します。 ここでは基本的な型の技や持ち物などを紹介しています。 あくびまもる型 「 あくび」「 まもる」を使い、積みアタッカーをいなしたり、ダイマックスポケモンのダイマックスターンを枯らしたりという動きをとってきます。 耐久に振っているため火力はないが、「じわれ」を持っていることが多いため注意が必要です。 この型では、 キョダイマックス個体を採用している場合が多いです。 先発で出てきて1ターン目からダイマックスをし、相手の場を荒らしてから控えの2体で詰めてくる動きをとってきます。 攻撃技しか持っていないがために、 技範囲が豊富なので注意が必要です。 ですが、無振りでもHPが高く防御に努力値を振っている場合が多いので、物理アタッカーで攻めても突破しにくいことに変わりはないので注意しましょう。 いじっぱり ABカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 38. 2~45. 7~89. 3% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 34. 8~41. 7% 確定3発 ダイフェアリー 49. 7~58. 7% 確定2発 ドレインパンチ 38. 7~46. 3% 確定3発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 35. 7~43. 4% 確定3発 ダイドラグーン 46. 3~54. 8% 乱数2発 ローブシン(A252) ドレインパンチ 97. 8~115. 7% 乱数1発(こんじょう有) わんぱく HBカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 30. 7~36. 6~71. 9% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 27. 7~32. 5% 確定4発 ダイフェアリー 40. 0~47. 1% 確定3発 ドレインパンチ 31. 0~37. 0% 確定4発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 29. 2~34. 4% 確定4発 ダイドラグーン 37. 0~43. 8% 確定3発 エースバーン(A252珠) とびひざげり 103. 3~122. 8% 確定1発 (いじっぱり) とびひざげり 94. 3~111. 9% 乱数1発 (ようき) ・「ちょうはつ」で補助技を封じをよう カビゴンは補助技を持っていることが多く、「ちょうはつ」で 補助技を使えなくするだけで有利に立ち回ることができます。 特に「あくび」「リサイクル」「のろい」を持っている型の場合は使えなくするだけで、逆に積みの起点にしやすくすることができます。 ・「こだわり」アイテムを渡そう カビゴンは技範囲が広く、補助技を持っている場合が多いため、 「こだわり」アイテムを「トリック」や「すりかえ」で渡すだけで本来の動きを封じ込めたり、無理やりダイマックスを使わせたりすることができます。 ただし、「こだわりハチマキ」は逆にカビゴンを有利にしてしまう場合があるので注意が必要です。 また、きのみ持ちのカビゴンである場合は「リサイクル」や「キョダイサイセイ」できのみの回収ができなくなるため効果的です。 ・HPの高さを利用しよう カビゴンはHPが高いため、他のポケモンに比べて 「ドレインパンチ」や「やどりぎのタネ」を使った際の回復量を多く得ることができます。 そのため、カビゴンからもこちらのポケモンを突破することが難しくなります。 また、「てっぺき」と相性の良い技である「ボディプレス」はかくとうタイプの技なので、カビゴンに対してばつぐんをとることができます。 そのため、 「てっぺき」と「ボディプレス」を両採用することでカビゴンに対して有利に立ち回ることができます。 ただし、カビゴンが「DDラリアット」を持っている場合は能力上昇を無視して攻撃できるため、「てっぺき」の使用は注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾】環境上位のトゲキッス相手にも戦えるとつげきチョッキ持ちストリンダー 昔に比べて大分認知度は増えたか・・・?

とつげきチョッキ おすすめ

ポケモン公式ツイッターでも告知されています。 『ポケモン ソード・シールド』のマックスレイドバトルにダイマックスしたミュウツーが初登場! このミュウツーはすごく強力で、捕まえるスキがない……!? ミュウツーの攻略法 ミュウツーは高い素早さから超火力の攻撃を1ターンに4回も放ってきます。 型も複数存在するようで、物理技メインであったり、特殊技メインであったり、特殊メインでありながらサイコブレイクで物理をついてきたりと様々です。 バリアも6枚張られるので、行動回数を稼ぐということが非常に重要になってきます。 マックスレイドバトル特有の、ステータス変化を無効にしてくる動きもあるので、積み技も安定しません。 ということで、参加させるポケモンに求められるのは、• エスパー耐性を持っていること• 耐久力の高いポケモンであること この2点になります。 次の項でそれらに当てはまる「おすすめのポケモン」を紹介していきます。 今回のレイドバトルは「かいふくのくすり」や「まんたんのくすり」も必要になるので、忘れずに持っていきましょう! おすすめのポケモン ミュウツーを倒すためのおすすめのポケモンを何匹か紹介します。 ルナアーラ ポケモン剣盾では手に入らないポケモンですが、持っている人はルナアーラを連れて行くと良いでしょう。 高い数値を誇り、 HP満タン時に受けるダメージを半減できる『ファントムガード』の特性がとても優秀です。 もし、対ミュウツー専用に育成をするなら以下のようになるでしょう。 性格:ひかえめ• 持ち物:とつげきチョッキ、たつじんのおび、のろいのおふだなど• 努力値:H252 C200 D56• (特攻も11nでとても美しい配分です) 技は、 「シャドーレイ」だけではプレッシャーのせいでPPが持たないので、別のゴースト技として「たたりめ」も覚えさせておくと、電磁波を入れてくれるオーロンゲらと組んだときに高い火力を出せるのも便利でしょう。 選択枠には、ナイトバーストやひかりのかべなどが候補になります。 月食ネクロズマ ルナアーラを吸収したネクロズマもとても優秀です。 ですが、ネクロズマはHPの種族値が高くないため、ルナアーラほどの耐久は出せません。 ファントムガードによるダメージの軽減もなかったりと、基本的にはルナアーラに軍配が上がるので、ネクロズマだけ育成済でルナアーラは育てていないという方向けのポケモンとなります。 火力は月食ネクロズマのほうが上なのですが、ミュウツーの火力はとても高いので、ルナアーラのほうが安定します。 マーシャドー マーシャドーはエスパー技に弱いのですが、専用技であるシャドースチールを評価しておすすめのポケモンとしました。 相手のステータス変化を奪う効果があるため重宝するでしょう。 オーロンゲ ポケモン剣盾のみで入手できるポケモンとしては、オーロンゲがおすすめです。 いたずらごころからの電磁波や壁で補助しつつ、ソウルクラッシュでミュウツーの特攻を落としながら攻撃できる点がとても優秀です。 技は、ひかりのかべ、リフレクター、ソウルクラッシュまでは確定で、でんじはとちょうはつを好みで選ぶといいでしょう。

次の