四 十 九 日 香典。 四十九日法要の香典金額相場!香典袋の色や書き方は?入れ方は?

四十九日】香典金額相場・法要・挨拶・服装・お供え・引き出物・お返し・花

四 十 九 日 香典

から初まり、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)と行い、 7回目の追善法要を七七日(なななのか)、いわゆる「四十九日」と呼びます。 そして、四十九日までは「忌中」(中陰)といい、この四十九日をもって(満中陰)となります。 また、「四十九日」は、7回目の「忌」ということで、「七七日忌」と言うこともあります。 四十九日では、閻魔大王の裁きを受けるとされており、法要の中でも最も重要なものとなりますので、忌中の法要は省略されることはあっても四十九日法要は、 近親者、親戚、友人、知人などを招いて、皆で行うことが一般的です。 なお、となり、法事は五十日祭を行います。 四十九日法要の準備 四十九日法要については、などと異なり、あらかじめ出席する方を招待して行います。 四十九日では、親族以外に故人の友人、知人なども呼ぶことが多いため、法要の日時は早めに知らせてあげるようにします。 法要の日時を知らせるにあたっては、を使用するのが便利ですが、人数が少ない場合には直接電話などで連絡をして知らせるとよいでしょう。 法要は四十九日前に行う必要がありますので、日時は菩提寺の僧侶と相談して早めに決めるようにしましょう。 なお、 法要日については出席者のことも考えて、四十九日前の土日祝で調整する場合が一般的です。 法要後には通常、会食「お斎(おとぎ)」を行うことが多いですが、その場所も法要の日時が決まったら、早めに予約するようにします。 予約をする時点では出席者がまだ確定していませんので、おおよその人数で予約をすることになります。 貸し切りなら別ですが、通常は会食会場のお店もその人数で部屋や席を確保しますので、多少減ることあっても、大幅に増える場合には部屋や席の対応が難しくなる場合があります。 そのため、あまり少ない人数で予約をしないほうが良いと思います。 (大幅に減ることも会食会場のお店に迷惑をかけることになるので、難しいですが) いずれにしても、葬儀を済ませてから、四十九日まで一か月ちょっとしかありません。 法要に参列する方への案内は、出席する方の都合も考えて、一か月くらい前には行うことを考えると、も忙しいかとは思いますが、 「僧侶と法要日時の調整」「会食会場の予約」「法要出席者への案内」までは、早めに行うことをお勧めします。 四十九日法要のお返し(引き出物) 四十九日法要当日に、出席者は「香典」「」を持参されます。 これは、葬儀や告別式でいただいた「」とは別になりますので、 法要当日には別途「(引き出物、)」を準備するようにします。 法事のお返しの相場としては、3,000円~5,000円程度が一般的となります。 会食を行う場合、お食事の相場が、3,000円~5,000円程度となりますので、香典を一人一万円包んできていただいた場合には、 会食会場での飲み物代なども考えると多少持ち出しが発生する場合がありますのでそれを踏まえて考えましょう。 (会食会場で食事をしない場合にも、折詰の弁当とお酒などを代わりに法事のお返しといっしょに渡す場合もあります。 ) 法事のお返しは通常、夫婦で出席している場合でも、「香典」を1つしかいただいていない場合には、お返しも「1つ」だけ渡すようにします。 ただ、ある程度年齢を重ねた親子が出席する場合、それぞれ別々に「香典」をいただく場合があります。 その場合には、お返しも「2つ」用意する必要があります。 四十九日のお返しを渡すタイミングは、会食をする場合には、「会食がお開きになる前」に渡すようにして、会食をしない場合には、「法要後」にそれぞれ渡すようにします。 また、法要を欠席された場合でも、香典やお供えを別途送ってくる方もいらっしゃいますので、宅配で送るなどして同様にお返しをしましょう。 をしてもらった僧侶にも法事のお返しは通常はお渡しますが、地域よっては、その分「」を多めにして、法事のお返しは渡さない場合もありますので、 わからない場合には確認するとよいでしょう。 四十九日法要のお返しの品物とのし紙 四十九日法要のお返しでよく使われるのは、昔から後に残らないようにということで、「消えもの」が一般的となります。 具体的には定番の、などから、、、、などの食品から、、などの日用品がよく選ばれています。 2品用意する場合には、通常の品物と1品「お菓子」を添えてつけるところもありますので、その場合の袋は2品入る大きさの袋を用意するとよいでしょう。 また、地域によってはお供えのお下がりを皆で分けて持ち帰る場合もありますので、その場合は少し大きめの袋を準備するようにします。 高齢の方や遠方からの出席者がいる場合には、「大きくないもの」「重くないもの」を選ぶようにするなど、配慮すると良いと思います。 最近では、法事のお返しでも「」よく利用されるようになりました。 カタログギフトはもらった方が自由に品物を選ぶことが出来ることや、持ち運びに便利なため少しずつ人気が出てきていますが、 高齢の方で「カタログギフトのシステム(もらったら、カタログからハガキなどで注文すること)」をよくわからない方もまだいらっしゃいますので、高齢の方が多い場合には通常の品物を選ぶようにするとよいかもしれません。 のし紙については、上側には「志」「粗供養」と入れて、下側には「苗字」(又は苗字と家)もしくは「フルネーム」を入れるようにします。 (地域によっては、四十九日のお返しを「」とするところもあります) のしの種類については、「黒白結びきり」または「黄白結びきり」の水引のものを使用するようにします。 蓮の絵柄のある「黒白結びきり」の「のし紙」については、仏教のみでしか使用できませんので、神式の場合には注意するようにしましょう。 法事のお返しの品物やのし紙でよくわからない場合には、同じように法事を行った近親者、または専門の仏事ギフト業者に相談すると良いと思います。

次の

四十九日法要までの流れと基礎知識

四 十 九 日 香典

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 四十九日法要の意味を知って故人を追悼する 四十九日法要をするとき、それをおこなう意味を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで、まずは四十九日法要の意味を基礎知識と一緒にご説明していきます。 四十九日と七七日 七七日という言葉を聞いたことはありますか。 実は七七日とは、四十九日のことをさすのです。 読み方は、「しちしちにち」「なななぬか」「なななのか」といったように少し変わった読み方をします。 地域によって呼び方が異なるため、いくつかの言い回しがあります。 四十九日 七七日 とは、仏教の考えかたで 「極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日」のことをいいます。 故人の次の世が決まる日なので、故人はもちろんのこと遺族にとっても大事な日なのです。 満中陰法要と忌明け 満中陰とは、忌明けのことです。 あまり聞きなれない言葉だと思いますが、「まんちゅういん」と読み、中陰 死後四十九日間 が満ちることを表しており、中陰の終わる日という意味を持っています。 この満中陰 忌明け に、満中陰法要 忌明け法要 をおこないます。 四十九日の数え方と過ごし方 四十九日は、命日を1日目として四十九日目を計算するのが一般的です。 そのため、 命日から48日目が、四十九日になります。 例えば、2019年03月01日が命日の場合、2019年04月18日が四十九日になります。 四十九日までは、故人を偲ぶ気持ちを常に持ってすごしましょう。 毎日お線香をお供えしたり、できるだけ祭壇の前にいる時間を持ったりするとよいでしょう。 反対に、四十九日にやらない方が良いことがあります。 それが、「正月祝い」「年賀状」「初詣」「結婚式への参加」「お祭り」などの祝い事です。 四十九日の間は、これらの行事ごとはできるだけ避けるようにしましょう。 喪主を務める?葬儀が終わったら早めに準備に取り掛かろう 葬儀が終わったあとは、あっという間に四十九日法要の日にちになってしまいます。 直前になって焦らないためにも、葬儀が一段落したら、早めに準備に取り掛かりましょう。 ここからは、四十九日法要の準備の仕方を説明していきます。 四十九日の日取りの決め方 四十九日の法要は、基本的には当日におこなうのが良いでしょう。 しかし、四十九日の法要には親戚などに集まってもらうことを考えると、平日におこなうことは難しいこともあります。 そのため、 直前の土日や祝日などに、日程を調整する方が多いです。 日程については遺族間で話し合って決定しましょう。 避けたほうが良い日 四十九日は、葬儀のようになどの六曜を気にする必要はありません。 ただし、四十九日よりも後に法要をおこなうのはよくないです。 なぜかというと、四十九日よりも後に法要をおこなうと、故人が来世へ行くことに戸惑ってしまうからです。 また、四十九日が3ヶ月をまたぐことも避けてください。 なぜかというと、 「始終苦 四十苦 労が身 み につく」と言い伝えられているからです。 そのため、四十九日は三ヶ月をまたがないうちに、早めにおこないましょう。 会場・僧侶・会食の手配 四十九日法要をおこなうにあたって、喪主は会場・僧侶・会食の手配をおこなう必要があります。 会場は、 付き合いのある寺があればそこで行うのもよいですが、もしない場合は 自宅や葬儀式場なども選択肢にあります。 利用できない日もあるため、葬儀が終わったらすぐに会場の手配を始めましょう。 会場側や僧侶、参列者の都合を考えると、遅くとも1ヵ月前までに決めておくのがベストです。 会場の手配をおこなうのと同時に、僧侶に四十九日法要の依頼をする必要があります。 僧侶の予定も合わなければ、四十九日法要をおこなうことはできないため、できる限り早く依頼をすると良いでしょう。 また、すでにお墓の準備が整っている場合は、四十九日法要と同じ日にをおこなうために、こちらも一緒に依頼しておくとよいでしょう。 四十九日法要のあとにおこなう会食の手配も忘れてはいけません。 自宅で四十九日法要をおこなう場合は、仕出し料理を手配することが多くなっています。 しかし、お寺や葬儀式場などでおこなう場合は、近くにある料亭などを利用するのが一般的です。 予約をするときには、法要であることを伝えるとそれに見合った料理を出してもらうことができます。 必ず 「法要である」というひとことを添えるようにしましょう。 参列者への連絡 四十九日法要の日程が決まったら、さっそく参列者へ案内状を書いて連絡します。 四十九日法要の案内状には、書き方のマナーがあります。 それは 「縦書きにすること」「句読点を使わないこと」です。 「句読点を使わないのは難しい」と思われる方もいるかもしれませんが、句読点の代わりに空白スペースを使えば問題ありません。 案内状の内容についてですが、主に「季節の時候とあいさつ」「法要の案内」「法要へ参列して欲しい旨」「法要の日時・場所」「会食の有無」「返信の方法・返信期限」「施主の氏名と連絡先」といった7つのことを書き込むと良いでしょう。 参列者の範囲はどう決める? 四十九日法要の参列者は、 特にこだわりがない場合は親族全員を招くのが無難です。 もちろん故人の遺志で、「家族のみでおこなってほしい」などの希望があれば、そのようにするのが良いですが、そうでない場合は親族全員を招いた方が後々の人間関係で悩むリスクを減らすことができます。 本位牌への変更 仮の位牌である白木位牌から本位牌にする作業は、できるだけ早く依頼しましょう。 本位牌を依頼すると、1~2週間ほどかかるからです。 また、白木位牌から本位牌にするためには、いくつか簡単な手順をふむ必要があります。 その簡単な手順を以下で説明していきます。 まずは、位牌に彫り込む「戒名」「俗名」「命日」「享年」を控えます。 また、すでに仏壇を持っている方は、他の位牌の大きさを測っておきましょう。 大きさを把握しておくことで、他の位牌と並んだときにバランスが悪くならずにすみます。 依頼できる準備が整ったら早速、位牌づくりに対応している仏壇店を探します。 そして、準備していた位牌へ彫り込む文字の控えをお店の人に渡し、位牌づくりを依頼します。 1~2週間ほどで位牌が出来上がったら、受け取りにいき本位牌への変更が可能になります。 香典返しの準備 通夜や葬儀などにいただいた香典のお礼として、品物をお返しすることを香典返しといいます。 香典返しの金額の目安としては、一般的に いただいた香典の半分から三分の一ほどになります。 また、香典返しの数の目安ですが、香典一つにつき香典返しも一つです。 そのため、参列してくださった人数と香典返しの数が同じになることはめったにありません。 納骨を行うために必要な準備 納骨とは、 火葬したお骨を入れた骨壷をお墓や納骨堂などに納めることをいいます。 ここでは納骨を行うにあたり、そのタイミングや準備・用意すること、葬儀社やお寺に確認することをご紹介します。 納骨を行うタイミング 「四十九日の法要と同日に行う」「四十九日の法要を過ぎてから行う」「四十九日のときには納骨しない」など、まずは 納骨を行うタイミングを決めましょう。 一般的には四十九日の法要と同じタイミングに納骨を行いますが、お墓を新規購入するまでに時間がかかっているなど、様々な理由により四十九日法要と日をずらして納骨を行う場合があります。 いつまでに納骨をするという決まりは特にありませんが、 一周忌までに納骨するのが一般的です。 必要書類を準備する 納骨を行うためには 「埋葬許可証」が必要となります。 を提出すると、市町村役場から 「」「埋葬許可証」等の許可証が発行されます。 納骨法要には、埋葬許可証を持参しなくてはなりません。 事前に必要となる書類を確認しておきましょう。 葬儀社やお寺に確認する 葬儀社やお寺に納骨式の日程を伝え、僧侶の都合を確認します。 納骨を身内だけで行うことも多いのですが、もし納骨式を四十九日の法要と同日に行う場合にはその旨を伝え、費用も確認しましょう。 納骨堂に納骨する場合には、日程を伝え、費用と準備するものを確認しておきましょう。 また納骨に際し、骨壷のまま納めるケースと、骨壷から専用袋に移し変えるケースがありますので、 必要な準備をお寺や葬儀社などに必ず確認して下さい。 墓地の準備や用意をする 墓地に納骨する場合には、先祖代々の墓地に納骨する場合と、新しい墓地を用意する場合があります。 最近では墓地、納骨堂のほかにやなどの選択肢があります。 新しい墓地を用意する場合には、 「開眼供養=かいがんくよう」という儀式を行います。 一般的に開眼供養は納骨式と同じ日に行うことができるところもあります。 また、墓地の準備が四十九日に間に合わない場合には、墓地の準備ができるまでの「期限付き」の利用として 一旦納骨堂に納める「期限付き納骨」をすることも可能です。 四十九日法要にかかる主な費用 四十九日法要は規模が大きいだけに、かかる費用が気になるところです。 法要にどれだけの費用がかかるのか、会場費や会食費、僧侶へのお布施代などについてご紹介します。 会場の使用料 会場を自宅にするか、お寺を借りるか、ホテルや霊園などで行うかによっても費用は違います。 法要を自宅以外で行う場合は、会場費(会場利用料)が必要になります。 お寺で行う場合、お布施に含めている場合や別途使用料を払う必要がある場合など、お寺によって様々です。 ホテルや霊園などで法要を行う場合、参加者の人数や会場のグレードによって料金は大きく異なってきます。 またホテルによっては、会場費は無料、または食事代に含まれることもあります。 僧侶へのお布施代 お寺に頼む場合、法要にかかる費用として読経を行う僧侶への 読経料があります。 読経料はお布施というかたちでお渡しします。 お布施に金額の決まりは特にありませんが、四十九日などの法要では、 葬儀費用の10分の1程度が目安といわれています。 具体的なお布施の相場としては、一般的には3万円程度から5万円程度が多いです。 お寺や宗派、地方、お寺との付き合いなどによって相場は変わってきますので、お寺に事前に確認しておくと良いでしょう。 会食費用 会食費の相場は 1人当たり3千円から1万程度となっています。 自宅で法要を行う場合は、会食用としてお弁当を用意するケースもあります。 またホテルなどで法要を行う際、料理のコースやグレードによって会食費は大幅に上下しますので、参加者の人数や予算に応じて適切な価格を決めるようにしましょう。 会食を行わない場合、持ち帰り用として引き出物と一緒にお弁当を用意することもあります。 四十九日法要当日の流れ 四十九日法要に出席したことがない方では、当日にどのような流れで法要が行われるのか気になるかと思います。 ここでは、当日に慌てることのないよう、四十九日法要当日の流れをご紹介します。 開式の挨拶 四十九日法要の際に、すぐさま読経から始まるということは基本的にありません。 四十九日法要は施主が行うものであるため、僧侶を仏壇の前に案内したあとに、 施主が簡単に開式の挨拶を行った後に始まります。 読経と焼香 施主からの挨拶の後には、僧侶による読経と焼香が行われます。 焼香の順番としましては、まず施主から行い、その後に故人の親族等、次に故人の友人・知人という順で行います。 焼香の仕方については、基本的には右手の親指・人指し指・中指の3本で抹香をつまみ、額に押しいただきます。 その後、指をこすりながら香炉の中に落とします。 これらの動作を1〜3回繰り返し行いますが、 回数については宗派ごとに決まりがありますので事前に確認しておきましょう。 僧侶による説話 読経と焼香の後には、僧侶による説話あります。 説話とは、 僧侶が法要等の参加者に対しありがたいお話をすることを言います。 説話の内容については僧侶により異なりますが、基本的には仏法に関するような、身のためになるお話をされることが多いです。 各位牌の閉眼供養・開眼供養 説話の後には各位牌の 閉眼供養・開眼供養が行われます。 ここで、閉眼供養とは「故人の魂が宿っていたものからその魂を抜く法要」をいい、一方で開眼供養とは「あたらしいものに故人の魂を宿らせる法要」のことをいいます。 仏教では、葬儀の時点では白木の仮位牌(かりいはい)に故人の魂が宿るとされています。 その 仮位牌から黒い漆塗りの本位牌に魂を移すことが、四十九日法要における閉眼・開眼供養の内容といえます。 納骨・墓参り すでにお墓が用意されているような場合には、開眼供養・閉眼供養の後に納骨・お墓参りが行われます。 お寺で四十九日法要を行う際にはそのままお墓に向かうことができるので、特に大掛かりな移動をする必要がありません。 香典返しのマナー 香典返しをするときにも押さえておきたいマナーがいくつかあります。 もっとも基本的なマナーは、香典返しは 忌が明けたあとに贈るということです。 これは、「弔事を無事に終えた」という報告の意味があるためです。 そのほかのマナーについても見ていきましょう。 香典返しの品物選びと金額の相場 香典返しには、「あとに残らないもの」を選びましょう。 これは、香典返しに「不祝儀を残さない」という考え方があるからです。 そのため、お茶やコーヒーといった「食べたらなくなるもの」を選ぶのが一般的です。 これに加えて、相手がいつ食べるか分からないので、「日持ちのいいもの」を選ぶと良いでしょう。 この他に、石けんや洗剤などの日用品も香典返しの定番とされています。 ただし、どこの家庭にも日用品はあるので、素材にこだわったものを贈ると相手はより喜んでくれるでしょう。 また、香典返しの金額は、前項でも述べたように いただいた香典の半分から三分の一ほどが相場です。 例えば、1万円の香典をいただいたら、3千円~5千円分の香典返しをします。 香典返しののし紙 香典返しをするときには、のし紙のない掛け紙をかけます。 これは、のし紙がお祝い事などのめでたいときに使われるものだからです。 そのため、弔事には水引のみが印刷された掛け紙を使います。 あやまってのし紙をつけないように気をつけましょう。 四十九日に参加するときの服装 四十九日法要の服装は、 施主・遺族と参列者では違います。 施主・遺族は正式な喪服を着て、参列者よりも軽い服装にならないようにします。 具体的には、男性が黒いスーツ、女性が黒い長そでのワンピース・スーツを着ます。 参列者に関しては、男性がスーツ、女性がワンピースやスーツ、アンサンブルを着ます。 男性、女性に関係なく落ち着いた色を選ぶのが基本です。 また、男性に関してはいくつか注意点があります。 それが、ワイシャツは白いものを、靴下と靴は黒いものを着るということです。 しかし、「平服でお越しください」と案内がくることもあるので、その場合スーツは選ばず、あまり派手にならないような私服にします。 礼装ではなくても、それに近い服装である必要があるため、カジュアルになりすぎない服装にしましょう。 四十九日法要の香典について 四十九日法要の香典について、「どのくらいの金額を持っていけばいいのか」「香典袋をどのように書けばいいのか」といったことで悩まれる方も多いのではないでしょうか。 そこでここからは、香典の金額相場から香典袋の書き方までを解説していきます。 香典の金額相場 四十九日法要での金額相場は、 故人との親しさの程度によって変わります。 また、これに加えて四十九日法要のあとに会食があるかどうかでも変わってきます。 故人と血縁関係がある場合の相場は1万円~3万円、故人と血縁関係がない友人などは5千円~1万円、その中でもお世話になったという方は1万円~3万円が相場です。 また、会食がある場合の相場は、これらの相場よりも上がります。 具体的な数字で見ると、故人と血縁関係がある場合は2万円~5万円、故人と血縁関係がない友人などは1万円~3万円、その中でもお世話になったという方は3万円からが相場となっています。 香典袋の書き方 四十九日での香典袋には、 「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます。 これは、極楽浄土に行けるかどうかが決まる四十九日を境に故人が仏様になるといわれているからです。 しかし、宗教によって異なる場合もあるので注意が必要です。 例えば、浄土真宗の場合は通夜の段階から「御仏前」と書きます。 聞ける場合は、前もって故人の宗派を聞いておくと良いでしょう。 年季法要、作法のQ&A 年季法要について、疑問に思うことも多いのではないでしょうか。 そこで本項では、「年季法要はいつまで続ければ良いのか」といった疑問から「宗教の違いはなにか」といった疑問まで説明していきます。 年季法要はいつまで続ける? 葬式が終わってからはじめておこなわれるのが四十九日法要ですが、その後はまでおこなうのが一般的です。 七回忌以降はあまりとりおこなわれることはありません。 ただ、「年忌法要をいつまで続けるか」は自由ですので、それぞれの事情に合わせて考えると良いでしょう。 初めてのお盆と彼岸はどうする? 初めてのお盆や彼岸は、なにか特別なことをしなければいけないと思う人もいるかもしれません。 しかし、初めてのお盆や彼岸にやるべきことは 普通のお盆や彼岸と同じです。 ただし、初盆に関しては、普通のお盆と違うところがあります。 初盆は普通のお盆とは違って、故人と親しかった人たちを招いて盛大におこないます。 宗派の違いはどう影響する? 宗教の違いによって、法要をおこなう年が違っていたり、法要がそもそもなかったりもします。 ここでは、「仏教」「神道」「キリスト教」に分けて説明していきます。 仏教の場合 法要を行う年が決まっています。 具体的に説明すると、初七日から始まり百回忌まであり、仏教では必ず命日よりも早く法要をおこなうのが一般的です。 神道の場合 法要はありませんが、仏教の法要にあたる「霊祭」と呼ばれる行事があります。 葬儀の翌日におこなわれる翌日祭から始まり、この後は10日ごとに「十日祭」から「五十日祭」まであります。 これらの行事では、故人の好物を墓に備えるなどしてお参りしますが、二十日祭と四十日祭は省略されることが多くなっています。 キリスト教 カトリック の場合 法要はありませんが、命日から3日目、7日目、30日目などに追悼ミサをおこないます。 追悼ミサとは、遺族や友人などが教会に集まり、聖歌斉唱や神父の説教を聞くことをいいます。 キリスト教では特に日にちに決まりがないため、仏教の初七日や四十九日に合わせて追悼ミサをおこなうこともできます。 よくある質問 Q:四十九日とは? A:四十九日 七七日 とは、仏教の考えかたで「極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日」のことをいい、故人の次の世が決まる日です。 Q:四十九日法要を行うのはいつ? A:四十九日の日に行うのが良いですが、難しい場合は四十九日以前の近い日に前倒しするのがしきたりで、後には行いません。 一般的には四十九日直前の土日に多く行われています。 Q:四十九日法要は誰まで呼ぶべきなの? A:故人の遺志で、「家族のみでおこなってほしい」などの希望があればその意向に沿うのが良いですが、四十九日法要の参列者は、特にこだわりがない場合は親族全員を招くのが無難です。 Q:四十九日法要までに準備することは? A:日取り・会場・僧侶・会食の手配・参列者への連絡・本位牌への変更・香典返しの準備などがあります。 気を付けるべき点など、詳細はをご覧ください。 Q:四十九日法要のお布施の相場は? A:四十九日法要のお布施の金額相場はおよそ30,000円~50,000円です。 その他にお車代や御膳料も用意しておく必要がありますが、多くても合計で100,000円程度だと考えておきましょう。 Q:四十九日法要の香典における金額相場は? A:四十九日法要での金額相場は、故人との親しさの程度によって変わります。 故人と血縁関係がある場合の相場は1万円~3万円、故人と血縁関係がない友人などは5千円~1万円、その中でもお世話になったという方は1万円~3万円が相場です。 会食がある場合はこれらの相場よりも上がります。 その相場についてはをご覧ください。 Q:四十九日法要の香典袋の書き方は? A:四十九日での香典袋には、「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます。 しかし、宗教によって異なる場合もあるので注意が必要です。 詳しい書き方はをご覧ください。 Q:四十九日法要に参列する際の服装マナーは? A:四十九日法要では、施主・遺族は正式な喪服を着て、参列者よりも軽い服装にならないようにします。 参列者に関しては、男性がスーツ、女性がワンピースやスーツ、アンサンブルを着ます。 より詳しい内容についてはをご覧ください。 まとめ 四十九日法要には故人を偲ぶという深い意味があり、遺族や関係者にとって大切な法要になります。 後悔なくしっかりとおこなうためにも、事前の準備はしっかりと進める必要があります。 四十九日法要をおこなうときは、本記事を参考にしてみてください。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

家族葬後の四十九日法要の基礎知識|ウィズハウス

四 十 九 日 香典

四十九日法要の準備(引き出物、お供え。 亡くなってから七日目に行う 「初七日」から、四十九日目に行う 「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。 この間、一般的には初七日以外の法要は遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 閻魔様に少しでも良い判決をしてもらうために故人が生前に行なった善行に(ぜんこう=よいおこない)、遺族が祈ることによって善を足す、善を追加するという意味で「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。 [年忌法要] 命日から一年目、三年目、七年目など、 節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要と言い、一周忌とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います。 また、命日と同じ月の同じ日が毎年一年に一度やってきます。 この日のことを祥月命日と言います。 なお、厳密には法事という言葉は仏教の行事全般をさしますが、法要は追善法要および年忌法要のことをさします。 そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多いほか、仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。 [納骨・納骨式] 遺骨をお墓に埋葬する儀式。 納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。 四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。 [開眼供養] 仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。 [香典返し] 通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。 一般的に四十九日の忌明けにタイミングを合わせて手配をします。 この間、14日目、21日目、28日目、35日目、42日目といった具合に、七日ごとに法要があります。 それぞれ名称がついており、例えば14日めは「二七日忌(ふたなぬか)」21日めは「三七日忌(みなぬか)」となります。 これらの法要は遺族のみで行われます。 ・四十九日までの日数を数える時には、亡くなった日を含めて数えます。 (百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて数えます) 場所を決める ・四十九日法要を行う場所を決めます。 自宅、お寺、斎場、ホテルなどのいずれの場所で行うのかを決めます。 自宅や菩提寺で行なう場合が多いと思います。 納骨をするかどうか決める ・「納骨」も四十九日の忌明けに合わせて行なわれることが多いようです。 遺族が相談し、四十九日の法要と合わせて納骨をするかどうかを決めます。 もし納骨を行なう場合には「埋葬許可証」が必要です。 (絶対にこの日に納骨を行なわなくてはならないと言うものではありません。 遅くとも三回忌の法要までには納骨を済ませるようにします) [納骨について] ・死亡届を市町村役場に提出すると、「火葬許可証」および「埋葬許可証」が発行されます。 納骨法要には、この埋葬許可証が必要となります。 ・納骨と合わせて卒塔婆が必要となる場合もあります。 納骨をする旨を菩提寺(お寺)に伝え、必要な費用を確認しておくと良いでしょう。 会食をするかどうかを決める ・法事の後でする会食をお齋と言います(お齋=おとき、と読みます)。 ・まずは 「会食をする・会食をしない」のいずれかを決め、会場を変えるかどうかも話し合っておきましょう。 自宅で四十九日法要をする場合は法要のあと別室での会食となりますが、法要のあとで場所を移して会食をする場合もあります。 菩提寺(お寺)で法要をした後、近くの料亭やレストランで会食という例も増えているようです。 ・会食は行わなくても失礼にはあたりません。 その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。 招待する人を決める ・四十九日法要に招待する人を決めます。 遺族、親族だけで行うか、故人の友人、知人、会社関係まで声をかけるかを決めます。 ・葬儀の際の受付名簿などを参考にしながら遺族で話し合って決めます。 会場の場所を決めたり、案内状の送付の際に必要となります。 菩提寺があれば菩提寺に連絡をしますが、霊園や墓地を利用しているお宅の場合には、葬儀や忌明けの法要の時にお世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 ・ 四十九日の法要を執り行いたいと告げ、日程と法要の場所も忘れずに伝えた上でお寺の都合を伺います(ご住職、僧侶の都合を確認します)。 また、納骨法要・納骨式を四十九日の法要と合わせて行ないたい場合には、その旨も告げて費用を確認します。 「ご院家様(ごいんげさま)」とお呼びすることもありますが宗派によるようです。 筆者は葬儀社から「浄土真宗では住職に対してご院家様と呼ぶ」と教えて頂いたのですが、地方によってはこの呼称は使わず、すべての住職に対し「和尚様(おしょうさま)」と呼ぶ地域もあります。 ・ 献立の中におめでたい鯛や伊勢海老などのご祝儀料理が入ることが無いように 「四十九日の法要のあとの会食」と伝えた上で、日程と人数、予算を告げて予約をします。 自宅から移動する場合に必要があれば送迎用の車なども手配します。 ・会食は行わなくても失礼にはあたりません。 その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。 案内状の準備と送付 ・四十九日の法要を遺族や親族のみで行う場合には電話による連絡でも良いのですが、故人の知人、友人や会社関係者などにも知らせる場合には、案内状を送ります。 ・親族以外の方にも案内状を送る場合には、食事や引出物の手配の都合もあるため、返信用はがき(または往復ハガキ)にて出欠を確認します。 ・案内状の文例はこちらの別ページへ 引き出物 ・法要のあとでお渡しする引き出物(頂く香典のお返しの意味もあります)の手配をします。 詳細はこのページの次の項で説明します。 お布施ほか ・四十九日法要のあとで僧侶にお渡しするお礼(お金)をお布施と言います。 法要を寺でなく自宅で行う場合には 、「お布施」の他に「お車代」を用意します。 もし、法要のあとの会食に僧侶が出席しない場合にはこれらとは別 に「御膳料」という形で現金を包みます。 詳細は次のページの項で説明します。 ・お布施をお渡しする時には、 直接手渡しするのではなく、お盆に載せてお渡しするのが正式な作法なので、小さなお盆も用意しておきましょう。 四十九日の法要だけでなく納骨法要・納骨式も合わせて行なう場合にはその分のお礼の金額も合わせて考慮しなくてはなりません。 お供え・花 ・果物やお花などをご仏前にお供えする場合には手配をします。 果 物やお花などのお供物は、遺族・親族だけでなく参列者がお供えすることもあります。 ・お供え物ののしの表書きは「御供」など。 納骨の準備 ・もし四十九日の法要と合わせて納骨を行なう場合には、「納骨許可証」と「寺(菩提寺)」にも連絡をします。 四十九日の法要の場所と、納骨の場所が異なる場合(例えば霊園墓地のようなところで僧侶による読経と納骨式をお願いする場合には、別 途「お車代」「お布施」などが必要となります。 卒塔婆 ・四十九日に、故人の供養のためにお墓に卒塔婆をつけてもらう場合には、お寺に料金を確認してください。 お寺によって、また地方によっても異なりますが、金額のめやすは3,000円くらいです。 ・卒塔婆とは、お墓の後ろに立っている薄い板のことで、戒名、享年、梵字などが書かれたものをさします。 卒塔婆供養は四十九日法要に欠かせないものというわけではありません。 なお、卒塔婆は浄土真宗では用いません。 ・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。 ・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には施主の姓を書きます。 引出物にはどんなものを? ・引き出物に多く使われるものとしては、石鹸、洗剤などの実用品や、お茶、お菓子、海苔などの食品が一般的です。 お菓子は和菓子が中心となりますが洋菓子でもOKです。 実用品や食品などの消えもの(消えもの=消費されて消えてなくなるもの)が多く、インテリアや食器などの残るものはあまり向きません。 ごく一部の関東地区では緑色と白の饅頭を使う地域もあります。 金額のめやすとしては、2,000円〜5,000円程度の品物が一般的です。 年齢やおつきあいの深さによっても変わって参ります。 ・ 四十九日には、親族の他にはごく親しい人しか出席しませんので、お店などで引き出物を手配する場合には品物だけ決め、およその数を伝えておいたあと、案内状に対する出欠の返事を得てから数量を確定します。 ・四十九日法要のあと会食は行わなくても失礼にはあたりません。 その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。 会食が無い場合には、引き出物以外に折り詰めやお酒などの手配を忘れずにします。 こうした場合、会食の料理の分だけ引き出物の予算を増やすと良いでしょう。 引き出物に印をつける ・もし、他の人とは異なる引き出物を用意する場合には、お持ち帰り頂く際にすぐにわかるように印をつけます。 僧侶のところに最初に配ります。 和室で座布団のお席の場合に通行の邪魔にならないように卓の上、膳の脇、テーブルの下などに、相手に声をかけながら置いていきます。 [引き出物を置く際、一声かける挨拶の例] 「恐れ入りますがこちらに置かせていただきます。 少し荷物になりますがお帰りの際にお持ち帰り下さい」など。 ・もし出席者の人数が多い場合は引き出物を配るのに時間がかかるだけでなく、配る行為自体がお齋の邪魔になるのであらかじめ各席に置いても良いでしょう。 ・会食があるのにも関わらず会食に出席せずに帰る方がいらっしゃる場合は、その客の分だけ別 においておきます。 法要が終わってお帰りになる際に、お礼の挨拶を述べながら引き出物をお渡しします。 [先に帰るお客様に引き出物をお渡しする際、一声かける挨拶の例] 「本日はお忙しい中をおこし頂きありがとうございました。 」など。 会食をレストランやホテルなどで行う場合には、会場の準備を先方に任せる場合が多いため、引き出物をあらかじめセッティングして頂くか、会食のお開きが近付いた頃に配っていただくか、会場担当者と打ち合わせをしておきましょう。 会食なしの場合 ・出席者の都合がどうしても合わない場合や、遠方での法要の場合など、会食なしでも失礼にはあたりません。 会食が無い場合には、引き出物と一緒に折り詰めのお弁当(または折り詰めの料理)と小壜のお酒(300ml程度kらいまでのサイズ)を用意します。 [会食(お齋=おとき)が無い場合の、施主の挨拶の例] 「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございました。 これからも変わらぬ ご指導ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。 本来であれば、このあとお膳でもご用意すべきところではございますが、都合により本日はこれにてお開きとさせて頂きます。 恐縮ではございますが、折り詰めなどを用意しておりますのでお持ち帰り下さいませ。 本日は誠に有難うございました。 」など。 四十九日法要の準備(引き出物、お供え。

次の