成田 童夢。 成田童夢とは

成田童夢とは

成田 童夢

国母和宏容疑者は昨年12月ごろにプロスノーボーダー・戸田聖輝被告(とだ・まさき 30歳)らと共謀し、アメリカから国際スピード郵便を使って、大麻を濃縮加工した「大麻ワックス」を東京都武蔵村山市に密輸した疑いが持たれています。 週刊誌『フライデー』や『週刊文春』などの報道によれば、1年のほとんどをアメリカで過ごしている国母和宏容疑者が、戸田聖輝被告のもとに大麻を送るよう手はずを整えていたとみられているそうで、国母容疑者は密輸を認めた一方で、営利目的ではないと一部容疑を否認しています。 押収された大麻ワックスは乾燥大麻の約2倍の価格で取引されているそうで、耳かきひとすくい分で1回の使用量となり、1グラム1万円以上で取引(乾燥大麻は1グラム5000円前後)されていて、大麻ワックスは成分が濃縮されている分、少量で幻覚作用が得られるなど効き目が強いことで大麻常用者の間で好まれているとのことです。 国母和宏容疑者が3つに分けて密輸した大麻ワックス約57グラムは、100回以上の使用量にあたるとされ、知人らだけで使用するにはあまりにも量が多いとして、国母容疑者は売人の可能性もあるとみて捜査が進められており、もし営利目的で大麻を輸入していたとなれば「10年以下の懲役」、さらに悪質性が高いと判断された場合には300万円の罰金も併せて科されます。 もし営利目的ではなかった場合には、「7年以下の懲役」となり、悪質性が高い場合には200万円の罰金が併科されます。 こうした事件を起こした国母和宏容疑者に対して、トリノ五輪の日本代表として共に出場した成田童夢さんが激怒しており、『東京スポーツ』(東スポ)の取材に対して、 「残念で仕方ない。 強ければ、上手ければ、それでいいのか?いくら技術があっても、アスリート以前に人としてダメだろう。 有名アスリートは『上級国民』でルールを破っていいとでも思っていたのだろうか。 臨時とはいえ、指導する立場にあった人間が誘惑に負けてどうする!」と怒りをあらわにしています。 僕も見たが、煙に触れるのも怖いので近づかなかった。 大麻が禁止されている日本国民としての当然の倫理観であり、日の丸を背負ったアスリートならなおさらだ」と訴え、 「百歩譲って、若いころ大麻を吸っていたとしても、結婚や子供の誕生を機に心を入れ替えるべき。 親としてそういう場面を子供に見せたいか?大麻でリラックスしないと怖さを克服できないなら、スノボはやめるべき。 それでもやりたければ、合法の国に移住して国籍を変更するとか、いくらでも方法があるだろう。 日の丸を背負うならそれだけの覚悟を持て!」とブチまけています。 このように怒りをあらわにしている成田童夢さんは、2006年のトリノ五輪直前の2005年12月にワールドカップで優勝し、その晩に代表メンバー等で集まって打ち上げをしていたところ、当時17歳ながらテキーラを飲んで泥酔状態の国母和宏容疑者が、成田さんの後頭部を空き瓶で殴り、 「お前、生意気なんだよ」と言ってヘラヘラと笑っていたというトラブルを暴露しており、この暴行事件で成田さんは出血、負傷したといいます。 ちなみに、国母和宏容疑者だけでなく数人の代表メンバーたちも、成田童夢さんを無視するなどイジメをしていたとされ、2010年2月の『週刊新潮』に掲載された記事で成田さんは、 「国母選手は先輩の名前も呼び捨てだし、ミーティングでもふんぞりかえっていた。 合宿で一緒に練習をしている時『もっとこうした方がいいんじゃない?』ってアドバイスのつもりで言ったら『ウゼーよ』。 こうした裏側を明かした成田童夢さんは当時から、国母和宏容疑者の腰パンなど服装の乱れについて、日本代表として身だしなみを整えるのは最低限のルール、礼儀だとした上で、 「スノーボードは個性を競うスポーツだし、年齢よりも実力の世界。 『不良のスポーツ』と言われるように、コンビニでたむろする中学生がそのまま大人になったような選手も多い。 その中で育った国母選手が礼儀やルールに無頓着なのもある程度は仕方ないかもしれませんが、コーチや両親がきちんと指導していればね。 ああいう選手が手本では若い人に夢や希望を与えられません。 最低限のルールを守った上で、国母君には『雪の上で』渋いプレーを見せて欲しい」と訴えていました。 ですが、成田童夢さんのこうした思いは届かず、国母和宏容疑者は自身のスタイルを貫き通して大麻事件まで起こし、逮捕されてしまったわけですが、東スポのインタビューで成田さんは、 「このままでは薬物、飲酒事件を起こす確率が異常に高い。 代表選手は犯罪予備軍に見られても仕方ない。 そんな競技に公費を支出すべきなのかという意見も出るだろう。 子供にスノボをやらせるのをちゅうちょする親御さんも出て、ただでさえ減っている競技人口がさらに減る可能性がある。 」とスノーボード界への悪影響を危惧し、 「そもそも(全日本スキー連盟)スノボ部の中に、スノボを競技ではなく遊びの延長と考えている人間が多すぎる。 組織が腐っている。 ボクシングやテコンドーのように、一度リセットして第三者を入れ立て直すべきだ」とも語っています。 こうした成田童夢さんの訴えを受けてネット上では、• 童夢君の言う通りやね• 成田童夢が意外にしっかりしててびっくり• 遊びのボード、楽しむためのボードなら、ある程度自由にどうぞ、だけど、オリンピック選手となると、素行は正すべきとなるのは当たり前。 国費(税金)での支援が行われるからね。 犯罪者を税金かけて応援はしない。 成田氏の見解はしごく真っ当。 残念ながらスノボーにあまり興味がない私としては腰パンのイメージが強いので、ああやっぱりと思ってしまった。 同競技を真剣に取り組んでいるアスリートは大変迷惑ですね。 国母が童夢選手に傷害を負わせてたなんて初めて知った。 しかもオリンピック期間中で未成人飲酒つき。 これを黙ってたスノボー関係者とメディアは酷すぎる。 今からでも再検証すべき。 スポーツ選手で最大級の不祥事でしょ。 トリノの話は初めて聞いた、酷すぎる。 成田童夢はトリノの惨敗で随分叩かれた。 これの影響があったなら本当に気の毒だし、箝口令まで敷かれていたとは。 強くても不祥事を起こしたときは謹慎させないと結局本人のためにならない。 などの声が上がっています。 国母和宏容疑者が当時、かなり調子に乗っていたのは間違いなく、2006年トリノ五輪時の『日本オリンピック委員会(JOC)』公式サイト掲載のプロフィールを見ると、趣味・特技の欄には「催眠術」と記述し、競技を始めたきっかけは「運命的な出会い」、五輪への抱負も「楽しみます」の一言のみでした。 自分のスタイルを崩してまで大事な事はないと思うし、空港でピシッとして、みんなと並んで歩いて、まともなインタビューをしてっていうのはスノーボードではないと思った。 」などと語っています。 また、同年11月に配信されたスノーボードウェブマガジン『EPIC SNOWBOARDING MAGAZINE』のインタビュー記事では、 「日本のシーンにあって海外のシーンにないモノは?」との問いに対して、 「S〇Jのアホども。 オリンピックに出たい子はオリンピックと引き換えにその先を潰されてる。 俺が出たときは一緒になって戦ってくれたコーチ、役員がいた。 」と回答しており、この「S〇J」というのは『全日本スキー連盟(SAJ)』のことです。 このインタビューでは 「スノーボードしていて良かったこと」との問いに、 「ワガママできる」と回答するなどしており、結婚して3人の子供を持つ父親になったものの、10代、20代のころと全く変わっていないのがよく分かります。 そのため、大麻で逮捕されたことに対しても世間からは「やっぱり」といった声も多く上がっているほか、スノーボード界では大麻など違法薬物が蔓延しているのではと疑いの目を向けられてしまっており、成田童夢さんが怒りをあらわにするのも当然だと思いますし、今回の事件ではなるべく厳しい処分を下してもらいたいです。

次の

成田緑夢

成田 童夢

こんにちは! 平昌パラリンピックでスノーボードに出場する成田緑夢選手。 かつてはオリンピックメダル候補とも言われていた成田選手ですが練習中の不運な事故で足を切断寸前までに追い込まれていたようです。 事故が起きてしまった原因とは一体何だったのでしょうか。 当時は「兄弟」である事とそれぞれの「個性」が話題となり人気となりましたが、童夢さんはトリノ以降怪我をしてしまいスノーボードを引退。 その後は引きこもり生活、アーティスト活動、タレント活動、父親のサポート役でコーチ業を兼任、一般女性と結婚と様々な人生を歩まれていますが、平昌オリンピックではコメンテーターとしてテレビに出演。 成田緑夢の才能は兄姉以上!?親のスパルタ教育が話題に! 緑夢選手の父親、成田隆史 なりたたかし さんは京大卒の天才肌で、緑夢選手は「生まれた時から五輪を目指す」が当たり前の家庭で育ちました。 そんな父親の持つ「夢クラブ」で1歳の頃から童夢さん、メロさんと一緒にスノーボードを始めます。 「今なら虐待と言われるかもしれない」という親の指導はスパルタで学校にも行かせないやり方は当時世間からやり玉にあがる事も。 2013年のフリースタイルスキー世界選手権では日本代表に選出され、将来のオリンピックメダル候補とまで言われていた矢先に練習中まさかの大怪我をしてしまいます。 成田緑夢がトランポリンの練習中に切断事故寸前の大怪我。 事故は空中での姿勢や感覚を磨くために取り入れていたトランポリンの練習中に起きました。 スキー板の重さを想定し両足首に2. 5キロの重りをつけ5メートルほど宙返りしながらジャンプする練習の途中で足が滑り、バランスが整わないまま不自然な体勢で地面に激突すると、膝が逆に曲がってしまい靱帯断裂と半月板損傷の重傷を受けてしまいます。 医師は両親に「歩けるようになる可能性20パーセント、切断の可能性もある」と告げると父親が何とか切断しないで欲しいと懇願。 半年の間に4度の手術が行われ懸命なリハビリもなかなか回復せず左ひざから下の感覚が失う障害が残ったそうです。 SponsordLink 成田緑夢が懸命のリハビリでパラリンピック出場! 退院から半年も経たないうちに父親から「スキーに行くぞ」と言われ痛みに耐えながら滑っていると、ある日同じ障害のある人から「頑張っている緑夢君を見て勇気をもらった」とメッセージをもらったことがきっかけで〃誰かを励ませるかもしれない〃と考えるようになった緑夢選手。 今でも痛みは消えず左足は動かないそうですが、障害のあるスポーツ選手たちの夢や希望になるかもしれないと本格的にスノーボードを再開。 リオ・パラリンピックでは陸上の走り高跳びの選手としても出場を目指しました。

次の

成田緑夢の両親(父・母)と兄姉の現在まとめ!家族画像あり | ホットワードブログ

成田 童夢

結果は残せませんでしたが先日平野歩夢さんが銀メダルを獲得していた時は 演技の解説を丁寧にしていてとっても分かりやすかった! その童夢さんの弟の緑夢さんもスノボをしています。 成田緑夢さんは1歳のときにスノーボードを始めます。 この時点でスゴイ! 1歳なんて歩くのもままならない状態なのに・・・。 兄も姉も当然のようにオリンピックを目指す環境にいました。 そこにグリム選手も入り、自分もオリンピックを目指して日々励んでいました。 しかし成田緑夢さんが小学校6年生のとき 兄と姉がお父さんの指導に我慢できずに出ていってしまいます・・・。 練習練習だった日々から一転、なーんにもすることがなくなりました。 そこで始めたのがトランポリンです。 母に推められてちょっとやってみようかなくらいの軽い気持ちでした。 家の屋上にトランポリンがあったそうです・・・。 どんな家だ・・・後述しますが お父さんがトランポリン教室をされているんですね。 スノボを練習するのと同時に スノボの空中感覚を身につけるため実家で毎日のようにトランポリンを跳んでいました。 そして高校2年生のときはなんと トランポリンの全国大会で優勝。 2012年のロンドン五輪の日本代表最終選考まで残るという結果を残しています。 同じ年にフリースタイルスキーも始めなんと5ヶ月で結果を出してしまいます。 2013年の世界選手権の代表に選ばれているんです、猛スピードで成長しています! 出典: juniorski. blog88. fc2. com 他にもウェイクボードの大会にも出場していて スポーツはなんでも挑戦したい気持ちがこの頃あったようです。 こちらの動画に成田緑夢さんの活躍する場がぎゅっとつまっていて めっちゃかっこいい! スノボハーフパイプやサーフィンもやっていて まず 運動神経がいい!のが基本にあって 努力を積み重ねることで到達できるところまで昇華させていて凄すぎますね。 成田緑夢の大怪我について しかし、2013年の4月に大怪我を負ってしまいます。 いつものようにトランポリンの練習中にバランスを崩し 左膝に左肩を強打 腓骨神経麻痺 ひこつしんけいまひ になるという重度の障害を負います。 出典:nurseful. この怪我で膝が逆に曲がったそうです。 歩ける確率は20%・・・ 「選手復活は無理」とはっきり言われたそうです。 そのとき父親の成田隆史さんは医者にこう発言します。 あなたは神ですか? 引用元:www. facebook. この発言の意味は、先生になんとしても息子の怪我を治してもらう!という強い意志を伝えたものだと思われます。 成田隆史さんはまるで医師の言う事を信じておらず 緑夢はかならず歩ける、復帰できると信じていたそうです。 思いっきり持ち上げられた医師の先生はかなーりビビりまくっていたそう笑 これはかなりの衝撃発言ですが 父親は自身の子にだけでなく 言葉で熱量を伝える天才なのではないでしょうか・・・。 医師の先生も諦める症状を自分の言葉によって先生のモチベーションを上げたと捉えることも出来ます。 実際に緑夢さんが復活しているんだから、先生も少なからず影響されて頑張ったんでしょうね。 これはスゴイ話しですよね。 兄姉とともに当たり前のようにオリンピックを目指していた緑夢さん。 怪我をしてその夢を諦めなければいけなくなりました。 しかし退院から半年もたたずに父が放った衝撃の一言! 「スキーに行くぞ」 引用元:withnews. 夏にはウェイクボードも再開しています。 無茶なことをしていた自覚は自分でもあったんでしょうね笑 そんなある時一通のSNSでの言葉に心を揺さぶられたそう。 けがをしても、頑張っている緑夢君に勇気をもらった これによりスポーツをする意味を考えるようになり 自分が活躍することで同じ障害を持つ人の励みになったり 夢や希望を与えられるんじゃないか その強い思いからパラリンピックに出場するという強い意思を持つようになった緑夢さん。 スポンサーリンク 成田緑夢がオリンピックを目指すことに 最初はリオ五輪で走り高飛びでの出場を目指した緑夢さん。 出典:blog. goo. 足に踏ん張りが効かない中、試行錯誤でターン練習など 頑張ってきた甲斐や才能もあり 2018年平昌五輪に出場するまでになりました! 競技はスノーボード 成田緑夢が出場するスノーボード競技について 成田緑夢選手が出場するスノーボードには2種類あり スノーボードクロス タイマンで早さを競うスノーボードクロス 動画は健常者のレースですが パラリンピックは1VS1で競います。 バンクドスラローム 旗がありそこを通過しながらタイムを競うバンクドスラロームがあります。 成田緑夢さんはこのどちらも好成績を納めていて 平昌五輪でも同じ種目に出場します。 五輪に出場する以外にも 「 superトランポリン」というフィットネスクラブで働いているといいます。 トランポリンをすることで自分が色んなスポーツで好成績を納められた実績があります。 それを元に教える立場で小さな子供から大人まで幅広くコミュニティを広げているようです! まだ24歳なのに素晴らしい行動力ですね! スポンサーリンク 成田緑夢の両親 父・母 と兄姉の現在まとめ! 成田緑夢さんは大変複雑な家庭環境で育っています。 4人兄妹の中で一番下になる成田緑夢さん。 そして上3人の兄妹とは母親が違います。 家族構成とともに一人ひとり詳しく調査してみました。 成田緑夢の家族構成• 成田隆史• 今井多美江• 継母 名前不詳• 成田童夢• 今井メロ• 成田流星• 成田緑夢• crayonsite. ここで成田緑夢さんもトランポリンを跳んでいたんですね! 見た目からかなりパリピっぽい感じが伝わってくるイケイケおっさんです笑 出典:www. facebook. 御年98歳だそうです!お元気! お父さんがぶっ飛んでいる感じがするのは確実に祖母のよっちゃんから受け継がれているものでしょう笑 ときたま成田緑夢さんを応援している熱いメッセージをSNSで発信したりしていますね。 お父さんの隆史さんの指導は スパルタで 兄・童夢さんを学校へも行かせずに練習させる様子は世間の批判を浴びたこともありました。 結果を出さないといけないから普通の練習じゃダメ とりあえず練習の数をやれ。 数をやったら君たちは何かを得るんだ、というのが父のやり方だった 引用元:www. nikkei. 兄弟全員に厳しいスポーツ教育を施していた成田隆史さんですが 緑夢さんがケガをした後はすこし変わったそうですよ。 以前はうまく演技がいっても全く褒めてくれることはなかったそう。 そんな父からのまたまた衝撃の一言! 『頑張ってるな』 引用元:withnews. 成田緑夢さんは• 過去の厳しい父の指導も理解できるし• 現在は良き理解者同士で普通の親子関係に戻った と24歳にしてやっとこれから父・子の関係を育んでいけるようになったようで 微笑ましいです。 成田童夢 なりたどうむ 生年月日 1985年9月22日 年齢 33歳 2019年5月現在 血液型 AB型 成田緑夢さんのお兄さんは有名な 成田童夢さんです。 前述しましたが 2006年トリノオリンピックに出場していますね。 成田隆史さんの指導を受けてスノボはプロだったんですが オリンピックの結果は予選落ち 本人にとってとてもショックだったみたいで その後メディアではまったく見なくなりました。 スノボよりも 声優になりたい夢があったようで オリンピック後はサブカルチャーの情報発信や アイドルユニットのプロデュースなどもしているようです。 成田緑夢さんが怪我をする前の高校時代のときに 成田童夢さんがスノボ引退を決意したエピソードがあります。 トランポリンをしていた当時に気分転換で訪れたゲレンデで童夢さんは衝撃の光景を目の当たりに! 弟の緑夢さんがハーフパイプで「 ダブルマックツイスト」を決めたんです! スノボの神様と言われるショーンホワイトの代名詞技をごくあっさりメイクし 自分の時代が終わり新しい波が来てると確信したそう。 こんなエピソードもありスノボへの踏ん切りがついた童夢さん。 最近ではグッディで平昌のスノボ競技について解説者として出演していました。 弟の緑夢さんとはとてもとても仲が良いようで 2018年2月にはケガをして以降初めてスノボを一緒にすべったんだとか。 出典:www. asahi. 次男 今井流星 成田隆史さんと今井多美江さんとの間に生まれた次男が今井流星さんです。 一般人とのことで情報がまったくありませんでした。 離婚した今井多美江さんと一緒に暮らしているとの情報もありましたが 真相は不明です。 長女 今井メロ 成田隆史さんと今井多美江さんとの間にうまれた長女の 今井メロさん。 本名は今井夢露 1987年10月26日生まれ 今井メロさんについては 離婚・引きこもり・夜のお仕事・中絶・整形・生活保護などなど これだけで何記事にもなるほどの人生を歩んでこられたみたいです。 asahi. me まるで別人のように変わっています・・・。 しかし2017年になんとスノーボードのハーフパイプに復帰しています! そして 35回全日本選手権で優勝しちゃっているんです! 11年ぶりのハーフパイプでしかも優勝とは 子供の頃に培った体の使い方やメンタルって いつまでたっても活きるものなんでしょうね、きっと。 〜3:00くらいまでに上位3人が滑っていますが メロさんだけレベルが違う・・・。 ジャンプの高さがすごく高いし、回転もいれているあたり さすが元オリンピアンといったところです。 過去は衝撃的ですが、現在スポーツで活躍する姿を見られると なんだか安心してしまいます。 お子さん共々幸せになって欲しいですね・・・。 ちょっと、というかかなり長いですけどね! 昔から父親の指導教育法は一貫して変わらず 徹底して家訓達成に務めることを目指してきた姿勢が伺えます。 転倒で金メダルはのがしたものの その後の3位決定戦で勝利したときの嬉しそうな成田緑夢さんの顔は皆さんの記憶に刻まれましたよね。 感動でした。 成田緑夢バンクドスラロームで金メダル獲得! 父親の成田隆史さんの期待通り、16日に行われた バンクドスラロームではなんと3本とも記録を更新し 文句なしの 金メダルに輝きました! 家族について詳しく知った上で 今までの人生が乗っかった滑りだと思いながら見ていると 本当に感動しました! まとめ ここまで成田緑夢さんの家族についてまとめてきました。 成田緑夢さんは現在実の母と成田隆史さんとともに暮らしているようです。 今回平昌パラリンピックに出場することになり 競技に専念するため働いているトランポリンジムは一時休止になるようです。 本気でメダルを取ることを目指しているということでしょう! 期待しています! 成田緑夢さんの高校・中学や気になる彼女についてや年収はこちらで記事にしています。

次の