とある科学の超電磁砲学園都市順位。 【とある科学の超電磁砲】最強は誰だ!】強さランキングTOP15

【とあるシリーズ】超能力者(レベル5)まとめ!8人目は登場するのか?【とある魔術の禁書目録】

とある科学の超電磁砲学園都市順位

学園都市に住む少年。 どこにでもいるような平凡な高校生だが、その右手には生まれつき「幻想殺し(イマジンブレイカー)」という力が宿っている。 作中で多用される自身の能力名に似た台詞「その幻想をぶち殺す」は、ゲーム版でも必殺技の掛け声となっている。 ツンツンした短めの黒髪をしており、それ以外にはこれと言って特徴が無い平凡な容姿。 この髪型は天然ではなく整髪料を使っているらしいが、それほど身なりに気を使ってはいない。 体格は中肉中背だがやや筋肉質。 服装は基本的に学生服で、夏は半袖の制服の下にオレンジ色のTシャツを着ており、冬は詰襟の上着のボタンを開け下に赤系のシャツを着こんでいる。 靴は白地に赤ラインのプーマのスニーカーを愛用している。 白い短髪と赤い瞳に中性的な体格で、整った顔の美少年。 髪の色はその能力によって紫外線などを反射し色素を必要としていないから。 体格もそれに関連して外部刺激を受けていないため、ホルモンバランスが崩れていることが原因であると自己解釈している。 能力 有する能力はレベル5の「一方通行(アクセラレータ)」。 運動量・熱量・光量・電気量など、体表面に触れたあらゆる力の向き(ベクトル)を任意に操作(変換)する能力。 デフォルトでは重力や酸素などの生活に必要最低限の無害な力を除いた全てのベクトルを「反射(ベクトルの反転)」するよう、無意識下で設定している。 放射線や低周波音など通常の人間では気付かない物も感知・観測できる。 核兵器を打ち込まれても無傷のままでいられるとされ、(一部の特殊例を除く)あらゆる兵器や能力を使った攻撃を反射するため学園都市最強の能力とされる。 敵には一切の干渉を許さず一方的に圧倒する様はまさしく一方通行。 前述のように能力使用に時間制限が付くようになる以前は、睡眠時も反射が適用され完全に隙が無く不意打ちも常時無効だった。 学園都市第2位の超能力者(レベル5)。 都市の暗部組織「スクール」のリーダー。 長身・茶髪でヤクザ予備生+新人ホストのような風貌の少年。 同じレベル5の麦野をあっさり退け、一方通行の反射を打ち破るなど、非常に高い戦闘力を誇る。 能力はレベル5の「未元物質(ダークマター)」。 この世に存在しない新しい物質(素粒子)を作り出す能力で、それを活用することで既存の物理法則を塗り替えることも可能。 能力を発生させると天使のような6枚の発光する翼が形成され、それにより飛行、防御、打撃、烈風を生み出すことができる。 またその翼を通過した太陽光を殺傷力をもった光線に変えるなど、かなりの自在性を持つ。 麦野の「原子崩し」を受けても即座に再生するなど驚異的な再生力を持ち、物理攻撃に対してはほぼ無敵であるうえ内部で情報伝達を行う電気信号も直結ではなく自由伝達を可能とするため、信号を逆流させても効果はない。 物質表面にこびりついた細かな凹凸をなぞることで、その場に残留した情報に形を与えることもできる。 能力はレベル5の「原子崩し(メルトダウナー)」。 電子を波と粒子のどちらでもない状態に固定し、自在に操る能力(正式な分類上では「粒機波形高速砲」と称される)。 結果として、固定された電子は、ほとんど質量を持たない「壁」として機能し、その「壁」を高速で動かし叩きつけることで圧倒的な破壊を引き起こすことが可能。 またこの状態の電子を一定座標でループさせることも可能であり、浜面との2度目の対決ではこの方法で失った腕を能力で補うという手法を見せた。 ただし、威力が強すぎるので目標設定は慎重に行う必要があり、自然と発動は遅くなってしまうのが欠点。 また、反動も大きく、通常は無意識下でリミッターを設け、自身が傷つかないようにしている。 なお、能力だけでなく身体能力もスキルアウトで鍛えていた浜面を圧倒する程のレベルにある。 実験施設の防衛を依頼され美琴と交戦。 フレンダ、滝壺と3人がかりで美琴を追いつめるも能力と地の利を生かされ取り逃がした。

次の

超能力者(レベル5)とは (レベルファイブとは) [単語記事]

とある科学の超電磁砲学園都市順位

【超電磁砲】キャラの能力一覧! 「とある科学の超電磁砲シリーズ」に登場するキャラクターごとに、能力をまとめてみました。 発電能力の最高峰であり、他の能力者とは別格の強さ。 基本的な使い方はコインを弾丸として使い、 電磁加速を加えて放つ 超電磁砲(レールガン)だが、磁力を操作することで周囲の金属を組み固めて盾にしたり、電気信号を操作することで電子機械に対してハッキングをしたりもできる。 物質を自動的に押し出して転移する空間移動能力。 転移先に干渉する物質がある場合、板状のものを転移させることで物質を「切る」ことも可能。 転移対象は皮膚上に触れているものに限定される。 触れている物体の温度を一定に保つことが出来る。 戦闘で使える能力ではないが、日常生活で使用する場面がある。 大気を揺らすことができる能力だが、佐天自身に元々の能力がなく、数枚の木の葉を動かす程度の能力だった。 周辺の水を操ることができる。 射程距離は15m、体積の上限は300L、同時に操れる水塊の数は4つまで。 自身と周囲の浮力を増幅させる。 応用することで水面を走ったり、物体を持ち上げることができる。 手で触れた物体から空気を噴出させて飛ばすことができる。 風での攻撃の他に、風で物体を飛ばしての攻撃もできる。 学園都市最強の精神系能力。 脳内の液体を操ることで、記憶の読心や洗脳、念話、記憶消去や意思の増幅と言ったあらゆる精神系操作をこなす。 機械や動物は操作できないが、多数の人間を一度に操作することも可能。 体細胞の電気信号を操作することで肉体のリミッターを一時的に解除し、身体能力を限界以上に引き出す能力。 超人的な身体能力を駆使して、常人離れした跳躍をしたり、重いものを振り回して戦ったりできる。 手を使わずに物体を動かす事ができる。 離れた人間と会話できる能力。 一定の範囲内に存在する複数人と念話できる。 入鹿ちゃ。 「波動的な性質を持つもの」を増幅したり収束したりでき、光や音を自在に操ることができる。 懐中電灯から発生させた光を刀として鉄筋を切断したり、ホイッスルの音を衝撃波として使うなど、攻撃に応用が利く。 (学園都市が表向きレベル0=無能力者として扱っている) 相手の能力や魔術を打ち消す能力。 触れるだけで魔術・超能力問わずあらゆる異能の力、またはそれが生み出す超自然現象を無効化する。 相手を透視することで、隠し持っている武器などを発見できる。 運動量・熱量・光量・電気量など、あらゆる力の向き(ベクトル)を任意に操作(変換)する能力。 効果範囲は体表面を覆うように展開されているため、直接身体で触れることなく発動できる。 (個体によりレベルが異なる) 御坂美琴の量産軍用モデルとして造られた体細胞クローンである妹達(シスターズ)が共通して持つ能力。 固定された電子は、質量ほぼゼロの「壁」となり、「壁」を高速で動かし叩きつけることで圧倒的な破壊を引き起こす。 【超電磁砲】学園都市能力順位まとめ (禁書目録を含む順位) 『とある魔術の禁書目録』シリーズの学園都市最強能力ランキングです。 こちらはレベル5とカテゴライズされる超能力者のランキングを紹介します。 学園都市第7位:不明(原石) 学園都市第7位の能力はまだ明かされていませんが、その能力は学園都市の学者さえも取り扱えないほど複雑かつ繊細であり、世界最高の原石とされています。 なお、能力者である削板 軍覇(そぎいた ぐんは)は既に本編に登場しています。 学園都市第6位:不明 学園都市第6位の能力はまだ明かされておらず、こちらは第7位と違って、能力者の容姿、性別、年齢など一切の個人情報が不明で、学園都市でも一切存在を知られていません。 唯一の情報が「藍花 悦(あいはな えつ)」という名前ですが、こちらの真偽も定かではありません。 精神系能力において頂点に君臨するほど強力な能力です。 電子の粒子と波形の間の状態である電子を強制的に操ることができ、全身からビームが放出できます。 学園都市第3位:電撃使い(エレクトロマスター) 御坂 美琴が使用する能力です。 電撃を使った遠距離攻撃から、電磁気を使った様々な物体の操作が行える万能型能力です。 この世に存在しない新しい物質(素粒子)を作り出す能力で、既存の物理法則を塗り替えることも可能です。 学園都市第1位:一方通行(アクセラレータ) アクセラレータ)聖杯だろうとハワイ旅行だろうと知らねぇが、1人1人ぶっ潰してやるぜ! — ZAIAエンタープライズ・ジャパン社に就職したかずみん zLHm7zXYDSqC2iL 一方通行(アクセラレータ)の通り名にもなっている能力です。 運動量・熱量・光量・電気量のあらゆる力の向き(ベクトル)を任意に操作する能力です。 【超電磁砲】学園都市能力順位まとめ (超電磁砲内での考察順位) 『とある科学の超電磁砲』に登場するキャラクターの中から特に強力と思われる能力をランキング形式で紹介します。 学園都市第7位:欠陥電気(レディオノイズ) レディオノイズ計画 — しるふら SilkFlag 妹達(シスターズ)の使用する能力です。 「欠陥」という名前が現す通り、個としての能力は「2万人集まっても美琴に敵わない」程度です。 しかし妹達(シスターズ)は『ミサカネットワーク』という脳波ネットワークを使い、各個体が情報や記憶を共有しています。 このミサカネットワークを使うことで、約一万人が最新鋭の戦術を駆使し、完璧な連携でレベル2~3相当の電撃を使用して戦えます。 個々の能力は低いですが、戦術的に見ると相当強力な能力だと言えそうです。 学園都市第6位:天衣装着(ランペイジドレス) スピンオフ作品「アストラル・バディ」主人公の帆風 潤子が使用する能力です。 身体能力の強化で、肉弾戦で圧倒的な強さを誇る能力です。 超人的なパワー、スピード、反応速度、動体視力をもって相手を圧倒!したいところですが、この能力の原理は「電気信号の操作で肉体のリミッターを外す」というもの。 使用者本人の肉体能力が向上するわけではないため、無茶をすると身体を痛めてしまうというデメリットがあります。 肉体へのダメージは「肉体再生」で本人が怪我を認識できない程度の回復が可能ですが、負傷が大きすぎると意識を刈り取られない程の強烈な頭痛が伴うということで、これが本来の力を引き出せなくしています。 能力は非常に強力ですが、デメリットが大きすぎるため、第6位という判定に。 学園都市第5位:心理掌握(メンタルアウト) 食蜂操祈が使用する、学園都市最強の精神系能力です。 およそ人間の精神に関わることならなんでも操作できる上に、一度に多人数へ発動できるということで第4位にランクインです。 使い方次第ではもっと上位の能力者相手にも勝つことができそうな、非常に強力な能力です。 これまで紹介してきた強力な能力を全て「無効」にできるという、反則的な能力。 これを発動すれば、どんな強力な能力者、さらには魔術師に対しても純粋な肉弾戦で勝負ができます。 能力保持者の上条当麻自身は身体能力的に特段優れているわけではないですが、喧嘩慣れしていることもあり、普段から能力に頼った戦闘しかしていない能力者たち相手には圧倒できる程度の腕前です。 そのため、能力者相手には超有利、一方で普段から肉弾戦の訓練をしている格闘家や軍人などには普通に負けます。 ということで、相手は選びますが唯一無二の強力な能力のため、第4位という結果に。 学園都市第3位:原子崩し(メルトダウナー) 麦野沈利が使う能力です。 「粒機波形高速砲」と称される能力で、全身からビームを射出することが可能な非常に攻撃的な能力です。 純粋な攻撃力は強いのですが、「威力が強すぎる故に目標設定がデリケートで発動が遅れる」「反動が大きく、通常時に無意識下でリミッターをかける必要がある」などデメリットも目立ちます。 しかし、高い攻撃力とデメリットを差し引いても第3位にふさわしい能力でしょう。 学園都市第2位:電撃使い(エレクトロマスター) 『とある科学の超電磁砲』の主人公、御坂美琴が使う能力です。 そもそもの攻撃力が高い「電撃」属性である上に、電気信号や磁力を操作することで「砂鉄の剣」を作ったり、ハッキングをしたり、精神攻撃を無効化できたりと、とにかく応用範囲が広いため堂々第2位のランクインです。 能力の連続使用による「電池切れ」と、スタンダードな能力であるがゆえにそもそも自力が上の相手にはほぼ勝てないという弱点があるので、惜しくも1位は譲る形に。 学園都市第1位:一方通行(アクセラレータ) 『とある魔術の禁書目録』のライバル役であり、外伝『とある科学の一方通行』での主人公、一方通行の能力です。 あらゆる力の向きを任意に操作できる上に、直接触れなくても操作ができる反則級の能力。 さらに、デフォルトでは必要最低限の無害な力以外は全てのベクトルを「反射」するよう無意識下で設定、つまり一方通行に対する一切の攻撃を反転する、というほぼ無敵状態です。 抜群の応用範囲で最強の攻撃と最強の防御を誇る一方通行が第1位に輝きました。 まとめ 『とある魔術の禁書目録』でも「学園都市最強」と言われ続けていた一方通行が案の定、第1位に輝きました。 並べてみると、攻防一体のあまりにもチートすぎる能力であることがわかりますね! 文句なし、堂々の第1位です。 相性が良いとは言え、こんな無敵のモンスターに土を付けた上条さん、ほんと凄いです! 一方で、『とある科学の超電磁砲』の主人公・御坂美琴の能力も一方通行には一歩及びませんでしたが、最強クラスのレベル5にふさわしい能力です。 電磁気を使った応用範囲の広い能力も魅力的ですし、何より必殺技が電撃攻撃というのはシンプルにカッコよくて強いです! 個人的には劣化版とは言え超強力な戦術が展開できる妹達(シスターズ)の欠陥電気(レディオノイズ)や、食蜂操祈の心理掌握(メンタルアウト)も十分に反則級かなと思います。 使い方や状況次第では「もっと上位も狙えるかも?」と思いました。 また、『とある魔術の禁書目録』では明確に上位の超能力者(レベル5)が7人定義されています。 しかし、まだ能力があかされていない人物もいたり、「さらに上位のレベルがある可能性」が示唆されたりと、今後の展開次第ではランキングが変動する可能性もあります。 特に第7位の削板 軍覇は世界最高の原石と呼ばれていますし、第6位の藍花 悦に至っては全てが謎に包まれているので、「実は凄い能力でした!」なんて展開も十分あるのではないかと思います。

次の

【とある科学の超電磁砲】最強は誰だ!】強さランキングTOP15

とある科学の超電磁砲学園都市順位

『とある科学の超電磁砲T(レールガン)』のアニメ第3期が2020年1月に始まりましたね。 『とある科学の超電磁砲』とは、ライトノベル作品の『とある魔術の禁書目録(インデックス)』から派生した外伝作品です。 「禁書目録」に登場する人気キャラ、 御坂美琴が主役の物語です。 外伝作品でありながら、その人気は本編の「禁書目録」に匹敵します。 「レールガン」アニメ第1期は2009年9月に始まりました。 次の第2期が2013年4月開始だったので、2020年1月からのアニメ第3期からかなり時間が経っていますね。 今回のアニメ第3期から、はじめて観たという人もいるのではないでしょうか? 『とある科学の超電磁砲』『とある魔術の禁書目録』両方に出てくる重要なキーワードに、 超能力者(レベル5)があります。 超能力者とは何なのかが分かれば、両作品の面白さが増すはずです!それぐらい重要なキーワードなのです。 何を隠そう、主人公の御坂美琴もレベル5ですから! 今回は 超能力者(レベル5)をランキング形式で紹介します。 超能力者(レベル5)とは? 能力者のトップ 「とあるシリーズ」の主な舞台は、高度な科学技術が栄える 学園都市です。 学園都市には様々な能力者が暮らし、総人口は約230万人でそのうちの8割が学生で約230万人の能力者の頂点にたつ存在が 超能力者です。 能力者達は能力の強さや便利さで レベル1~5にランク付けされており、一番高いのが レベル5なのです。 ひとつ下のレベル4とは比べ物にならないくらい強いです。 全員が軍隊と単独で戦える力を持つので、学園都市で重宝されています。 しかも、彼らのほとんどは研究者レベルの高い頭脳も持ち合わせているので、学園都市の最優秀生徒とも呼ばれています。 希少価値の高さが伺えますね。 人数はたったの7人 そんな彼らの人数はたったの 7人!軍隊とサシで渡り合える強さなので、これぐらいが丁度いいのかもしれませんね。 その中でも第1位と第2位、第7位は恐るべき強さを誇ります。 レベル5は第1位~第7位で正式に順位が付けられています。 この順位は能力の単純な強さではなく、 学園都市への貢献度を表します。 具体的に言うと、学園都市の研究にどれだけ使えるかということです。 ちなみに彼らのほとんどが変人です。 頭が良すぎると性格がネジ曲がる代表例ですかね。 物語にどう関わるのか レベル5は学園都市の大事な研究対象であり、彼らを中心にしたプロジェクトや研究がたてられるほどです。 「禁書目録」ではレベル5を対象にしたプロジェクトに関するストーリーがありました。 「超電磁砲」もレベル5のプロジェクトが物語の中心です。 学園都市のトップクラスの強さを持つので、それぞれの活躍シーンも多いです。 中には未だに登場していないレベル5もいるのですが……。 第7位 削板軍覇(そぎいた ぐんは) とにかく熱い性格です。 頭に巻いたバンダナが似合ってます。 根性が口癖の熱血漢 レベル5は最優秀生徒なだけあって頭が良い人が多いんですが、削板軍覇だけはそうとは思えないですね(汗)。 実際に細かいことは気にしない単純な性格ですし。 困っている人を迷わず助けるので、変人揃いのレベル5の中では比較的良識的な性格とも言えます。 「禁書目録」ではあんまり登場しなかったのですが、「超電磁砲」アニメ第3期では上条当麻と共に大活躍しました! 謎の超パワー 削板軍覇の能力ですが、未だに原理が謎です。 名前もありません。 ちなみに本人も原理を分かってません。 「すごいパーンチ」という必殺技で敵を薙ぎ払ったり、音速の2倍の速さで移動したり、背後で爆発を起こしたり、とにかくめちゃくちゃです。 能力は基本的に学園都市の研究で開花するのですが、レベル5の中で彼だけは異質です。 元から能力を持っている 原石の一人だからです。 原石は全世界でも約50人だけなので、超貴重な超能力者と言えます。 他に登場している 原石は上条当麻です。 後述の第1位がラスボスなら、削板軍覇は裏ボスと言えますね。 第6位 藍花悦(あいはな えつ) 本編の「禁書目録」ですら、名前以外のことが一切不明です。 すべてが謎 名前はどことなく女性っぽい響きですが、性別はどっちなんでしょうかね? 追い詰められた状況の人に「藍花悦」の名前と身分を貸して、脱出の手助けをしているようです。 なので「藍花悦」を名乗る人が多いです。 これから本格的に登場するのか、どんな能力なのかが気になりますね。 もし登場したら嬉しくて「よっしゃぁぁ!!」と叫ぶかも(笑)。 第5位 食蜂操祈(しょくほう みさき) キラキラした瞳が特徴の金髪美少女です。 常盤台の女王様 とてもスタイルが良いですが、これでも美琴と同じ中学2年生なんです。 その美貌と能力の強さから 「常盤台の女王」と呼ばれ、派閥の生徒たちから絶大な信頼を寄せられています。 性格は腹黒く常識外れな部分がありますが、自分の能力に責任を持つなど良識も備えています。 また、乙女な一面という可愛らしい所も。 実は美琴よりも先に上条当麻と出会っていて、彼を慕っています。 しかしある事件で上条は彼女のことを忘れ、認識することもできなくなってしまいました。 それでも上条が自分を思い出してくれるのを一途に待っています。 「超電磁砲」アニメ第3期では友達を救うために、メインとして大活躍します。 ここでも上条をサポートしました。 精神を掌握する 能力名は「心理掌握(メンタルアウト)」。 洗脳、記憶操作、念話、心の中を読むなど、精神に関することなら何でもできる能力です。 作中では生徒を何人も一斉に洗脳したり、離れた場所にいる上条を念話で誘導したりサポートしました。 実は人の体内の水分を操作して、精神に影響を与える原理となっています。 かなり精密さが必要なので、能力をかける相手にリモコンを向けます。 その気になればいくらでも人の頭の中を覗けますが、本人はそれをしないというルールを自分に課しています。 あまりに倫理観が欠如した人が使うとシャレにならない能力ですしね。 ちなみに能力頼りのためか、食蜂の身体能力はとても低いです。 第4位 麦野沈利(むぎの しずり) 「原子崩し(メルトダウナー)」 暗部組織の一人 学園都市で暗躍する暗部組織のひとつ「アイテム」のリーダーです。 年齢は高校生以上で、レベル5の中では年長者だと思われます。 性格は正直言っておっかない。 気性が荒く、怒ると口汚くなって放送禁止用語を連発します(汗)。 敵だけでなく、言うことを聞かない「アイテム」のメンバーにも容赦なし。 レベル5の中でも分かりやすく破綻した性格ですね。 「超電磁砲」アニメ第2期では強敵として登場しました。 原子を壊す超火力 能力名は「原子崩し(メルトダウナー)」。 主にビームを発射します。 このビームに当たると鉄も溶かすので、人に当たればひとたまりもありません。 電子の性質である「粒子」と「波形」の中間のまま固定し、操る原理となっています。 破壊力抜群ですが、ビームが強すぎると本人も無事では済まない諸刃の剣と言えます。 第5位の食蜂操祈と違って、麦野の身体能力も高いです。 第3位 御坂美琴(みさか みこと) 「常盤台のエース」 学園都市最強の電撃 使い(エレクトロマスター) 「超電磁砲」の主役 「禁書目録」の人気キャラで、「超電磁砲」の主人公です! 常盤台中学の2年生で、異名は「常盤台の超電磁砲(レールガン)」。 後輩の白井黒子達と共にいろんな事件を解決していきます。 基本的には優しくサバサバしていて、黒子をはじめとした後輩達から慕われていますが、上条当麻に対してはかなりのツンデレです(笑)。 正義感も相まって、レベル5の中では一番まともな性格です。 「とあるシリーズ」には美琴のクローンが多く登場し、いずれも重要な存在です。 電気系能力のトップ 能力名も「超電磁砲( レールガン)」。 学園都市の電気系能力の頂点と言われるほど、威力はもちろん応用性の範囲がとても広いです。 必殺技は、電磁加速によって音速の3倍の速さでコインを発射する攻撃。 機械も溶かす威力を発揮します。 最大10億ボルトの電撃を放出することもできます。 他には静電気で操ったマンホールを、銃弾から身を守る盾にしたりしました。 この時点ですごく強いことが分かりますが、実は第1位と第2位の強さには遠く及ばないんです……。 第2位 垣根帝督(かきね ていとく) 麦野沈利と同じく暗部組織の一人であり、「スクール」のリーダーです。 ホストみたいな外見の優男 「禁書目録」では麦野、一方通行と対立したことがありました。 かなり気まぐれで掴めない性格ですが、暗部の人間なだけあって邪魔な存在には容赦しない残忍な一面を持ちます。 一方で自分を「最低の人間」と称したり、一般人にはなるべく手を出さない信念など、ある程度の人間味も見せます。 「禁書目録」では一方通行に敗れた後、とんでもない姿で復活しました(汗)。 存在しないものを作る 能力名は「未元物質(ダークマター)」。 この世に存在しない物質を生み出して操る能力です。 生み出した物質の性質はかなり特殊で、現実世界の常識が通用しません。 天使のような白い翼を生み出して空を飛んだり、垣根自信のクローンを生み出したりしました。 美琴でもどうしようもなかった一方通行の反射を攻略した数少ない能力です。 いろんな物質を作れる能力から、学園都市に与える利益は莫大なものでしょう。 第1位 一方通行(アクセラレータ) アクセラロリータさん。 「禁書目録」の主役の一人 「禁書目録」「超電磁砲」で上条に敗れた後、主人公の一人として活躍する人気キャラ。 本名は不明で、能力名の一方通行で呼ばれます。 学園都市の最強の超能力者であり、専門の科学者にも匹敵する知識量、常人離れした演算能力を持ちます。 髪も服装も真っ白で華奢な体格ですが、極悪人にしか見えない凶悪な目つきです(笑)。 御坂美琴のクローンの一人である「打ち止め(ラストオーダー)」の保護者でもあり、口は悪くても彼女をとても大切に思っています。 ベクトル操作 能力名も「一方通行(アクセラレータ)」。 運動量、熱量、電気量などのあやゆるベクトル(向き)を操作する能力です。 具体的に言うと、銃弾の軌道を変えたり、電子を操ってエクトプラズマを放出したりすることが出来ます。 一方通行の体は「反射」で覆われていて、攻撃を受けても相手に反射して一方通行本人にはダメージが通りません。 一方通行を攻撃するには、まず「反射」をどうにかしないといけません。 美琴の「超電磁砲」でも傷一つつけられませんでした。 恐ろしく強い能力ですが、一方通行の異常に高い演算能力によって成り立っています。 しかし「打ち止め」を守った事件で、一方通行は脳にダメージを負って、能力を使える時間に制限が付きました。 今後のレベル5の活躍に期待! いかがでしたか?以上がレベル5のランキング紹介でした。 それぞれの能力が分かりやすく強いし、個性的な性格もあっていろんな活躍を見せてくれます。 気になるのはやはり正体不明の第6位ですね。 食蜂操祈が「超電磁砲」で初登場したので、第6位も外伝で登場する可能性がありますね。 おすすめアニメランキング.

次の