チャーシュー 圧力 鍋 レシピ。 圧力鍋で絶品&カンタン煮豚チャーシューを作るポイント3点

電気圧力鍋でチャーシューを作ろう! 調味液少なめレシピ

チャーシュー 圧力 鍋 レシピ

圧力鍋で作る時のポイント• 加圧する前に、沸とうさせてアクをとること• 加圧時間が長すぎるとお肉がやわらかくなりすぎるので気を付けること (加圧15分でちょうど良かったよ!)• できればたっぷりタレを作る方が望ましいが、少なめの場合はできあがってからたまに お肉を裏返して、まんべんなく味がしみこむようにすること まとめ 圧力鍋でチャーシューを作ると決めた時、臭みが残ったりやわらかくなりすぎて角煮のようになってしまわないか心配だったのですが、臭みはまったくなく、加圧時間にも気を付けて作ることでちょうどいい弾力が残ってとてもおいしくできました。 圧力鍋がある人はぜひ一度作ってみてくださいね!ちなみに、我が家の電気圧力鍋はこちらです。 容量が2. 5Lと4Lのものがあるのですが、子ども含めて3人家族の私たちは4Lでちょうどいいかなと思います。 我が家の場合、2. 5Lだとちょっと足りないかも。 今後のことを考えると4Lが私はおすすめです。

次の

圧力鍋で簡単!お手軽チャーシューレシピまとめ

チャーシュー 圧力 鍋 レシピ

厚切りにしても柔らかく、 脂身はトロトロ。 そんなチャーシューを 自宅でも作ってみたい。 そんな方に、圧力鍋を使った 簡単なチャーシューレシピを公開します。 とろとろチャーシュー。 しかも圧力鍋で煮込む時間は 30分ほど! このレシピを参考にぜひ一度、 自宅で本格的なチャーシュー作りに チャレンジしてください。 激ウマ!チャーシューはこの材料で作る!今すぐスーパーへ?! チャーシューは、意外と身近な材料で 作ることができます。 準備物も、身近にあるものばかり。 お鍋にお任せ!簡単トロトロの裏ワザは? <作り方> フライパンに油をひき、豚かたまり肉の 表面に焼き色を付けます。 圧力鍋に<煮汁>の材料と焼いた 豚かたまり肉を入れ、加熱開始。 圧力が掛かったら 20分、 火を止めて余熱で 10分。 たったこれだけです。 美味しいチャーシューは時間が勝負!味の決め手は? 豚かたまり肉に竹串などを刺し、 肉汁が赤くなければ完成です。 肉に火が通ってなければ、 再度5分加圧し、 圧力が抜けるまで置いてください。 完成自作チャーシュー!美味しい食べ方と保存方法をチェック! 煮汁は捨てずに再度鍋で煮詰め、 チャーシューをおかずとして 食べるときのタレに使いましょう。 出来上がったチャーシューは、 フリーザーパックなどに 入れて冷蔵庫で4~5日。 冷凍すれば2週間は保存できます。 ひと手間で二度おいしい!簡単に玉子の作り方 加熱終了後、まだ熱い鍋の中に ゆで玉子を入れてみましょう。 かんたんに美味しい 煮玉子が出来上がります。 ラーメンに入れるもよし。 そのままご飯のおかずに、 お酒のおつまみとしても最高の一品ですよ。 もう一工夫!肉汁たっぷりチャーシューのコツは? バラ肉を使う場合はタコ糸で形を整えると、 肉汁が残りやすくなります。 甘めのチャーシューが好きな方は、 ハチミツを大さじ1~2杯加えてもOK。 誰でもトロトロ!絶対失敗しないポイントを復習! どうですか?とても簡単ですよね? 圧力鍋は種類によって 圧の掛かり方が異なります。 そのため、低圧の鍋をお使いの場合は 若干 加熱時間が長くなります。 それでも1時間もかかりません。 自宅で激旨チャーシュー麺!話題の宅麺って!? せっかく美味しいトッピングを作ったら、 美味しいラーメンを食べましょう! おススメは、 大人気のラーメンお取り寄せ、 宅麺。 自宅で全国の有名店の ラーメンを楽しむことができるのです。 宅麺の特徴は、なんといっても、 自宅にいながら行列必至の有名ラーメンが たべられるということ! 中には、 「お取り寄せの有名ラーメンなんて、 よくある監修ものじゃない?」 と思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、そういった 「有名店監修ラーメン」と宅麺は まったく異なるジャンルのラーメンです。 それは一体、 どういった違いなのでしょうか。 有名店監修ラーメンにがっかり!! 宅麺の実力徹底検証 昨今では、コンビニやスーパーなどにも、 有名店監修のカップ麺や冷凍麺が 数多くならんでします。 そして、そうした商品を食べた方の多くは、 ちょっとした失望を 味わっているのではないでしょうか。 「ぜんぜん物足りない…」 「こんなもんか…」 「お店のラーメンとは全然ちがう!! 」 しかし、ご安心ください。 宅麺は、よくある有名店の監修商品とは 一線を画しています。 それは、 宅麺が店舗で提供しているラーメンを そのまま商品化しているから!! つまり、コストや生産性を上げるために、 再商品化された監修商品とは、 もともと異なるのです。 大人気!行列店再現率99. 9%の宅麺が大人気の理由とは 宅麺は、有名店監修ラーメンとは 根本的に異なります。 味の決め手となるスープは 濃縮するのではなく、店舗提供のものと 全く同じものをストレートスープとして冷凍。 具材や麺も同様に、 店舗提供のものを店舗で冷凍処理しています。 そうした宅麺の特徴をまとめると 次のようになります。

次の

レシピ特集

チャーシュー 圧力 鍋 レシピ

圧力鍋は、料理をより手軽にすることができる便利アイテムです。 こちらを利用すれば、美味しくて簡単なチャーシューを作ることも可能です。 おうちでお店のような味を堪能できる圧力鍋チャーシューレシピについてみていきましょう。 圧力鍋で簡単に作れる簡単チャーシュー 一見、手間や時間がものすごくかかって作るのは大変そうなチャーシュー。 でも圧力鍋があれば時間短縮して簡単に作ることができるので、すぐにでもチャレンジしたくなるメニューです。 そんな圧力鍋を使った、簡単にできるチャーシューのレシピを紹介します。 一緒にゆで卵も入れておけばおいしい煮卵まで作れる便利なレシピです。 用意する道具は、圧力鍋・フライパン・たこ糸・竹串・フォーク。 必要な食材は、豚かたまり肉500g・油ごく少量。 タレの材料は、おろししょうが少々・玉ねぎの粗みじんぎり1個分・しょうゆ大さじ6・砂糖大さじ3・酒大さじ3・水2カップ。 おろししょうがはチューブタイプのものでOK。 また、玉ねぎは煮込むため細かくみじん切りにする必要はありません。 それから煮卵も作る時は小なべと必要な個数の卵も用意しておきましょう。 下ごしらえとして、お肉全体にフォークをさして穴をあけ味の染み込みと火の通りを良くしたあと、たこ糸で縛ります。 お肉がほどけてこないようしっかりと縛っておきましょう。 そのお肉を熱しておいたフライパンで強火で焼き、全体の表面に焦げ目をつけます。 このとき芯まで火を通す必要はありません。 そして圧力鍋にタレの調味料をすべていれてまぜ、お肉をいれてから強火で加圧。 シュンシュンと音がしてきたら中火~弱火にして20分煮込み、その後火を止めて15分予熱で加熱します。 使う圧力鍋のタイプによっては時間を延ばす場合もありますが、鍋の様子を見て時間の延長をしましょう。 お肉を調理している間の時間に隣でゆで卵を作っておくとできあがりのタイミングでゆで卵をタレにいれやすくなります。 もちろん事前に作っておいても構いません。 時間がたったら鍋の蓋をあけてお肉に竹串をさし、赤い肉汁がでなければOKです。 そのまま再び火にかけてときどきお肉を転がしながら煮汁を煮詰めていきますが、この時ゆで卵をいれるとおいしい煮卵を一緒に作ることができます。 タレの煮詰め具合はお好みの味になるまでなので、あっさりめが良いかしっかりした味付けが良いか自分の好きなように調整してください。 ただし、火を止めたあと予熱でも煮詰められてしまうためお好みの味の一歩手前で火を止めるのがポイントです。 あとはたこ糸をほどき、好きな大きさにスライスするなどして使うだけ。 もし作りたいチャーシューのタイプがとろとろの食感であれば豚バラ肉を、歯ごたえあるしっかりした食感では豚肩ロースを使いましょう。 モモを使うと硬めにできあがるので、細かく刻んでチャーハンにするとおいしく食べられます。 厚切りでも柔らかいとろとろチャーシュー おいしいチャーシューの条件といえば、とろとろにとろけることははずせません。 しかも厚切りにしたときにとろっとやわらかくとろけてしまうようなチャーシューは本当に絶品です。 ごはんにはもちろん、お酒のおつまみとしてもパーティー料理などにも重宝する一品です。 そんな厚切りでも柔らかく食べられる、とろとろチャーシューの簡単レシピをご紹介します。 まず用意しておく道具は、圧力鍋・ザル・たこ糸・食品保存用ポリ袋またはタッパー・ボウル。 必要な食材は、豚バラブロック1kg・にんにく1個・玉ねぎ1個・にんじん1本・長ネギの青い部分、なければ白い部分でも構わないので1本分。 そしてタレの材料はしょうゆ300cc・酒150cc・みりん150cc。 もしあればだし用昆布10cm程度を2枚・かつお節10g程度。 たっぷり豚バラ肉を使うので特売の日を狙って購入するのがポイントです。 それから作り方は初めに用意した野菜(にんにく・玉ねぎ・にんじん・長ネギ)の皮をむき、大き目のざく切りにします。 もし冷蔵庫に余りの野菜があればそれをプラスしてもOKです。 次に豚バラ肉を半分に切り、それぞれ折りたたむようにしながらたこ糸でぐるぐる巻きましょう。 この時お肉に隙間があかないようにしっかりと力をいれてギュッと縛るのがポイントです。 また、お肉の量は圧力鍋の大きさに合わせて調整し、オーバーしないようにします。 準備ができたら下茹でをするために圧力鍋へ野菜とお肉を入れ、食材がひたるくらいの水を入れます。 このときも圧力鍋の限界をこえないよう注意しましょう。 超えてしまうと危険がともないます。 蓋をして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にして加圧すること2時間。 時間がたったら火をとめて30分そのまま放置しましょう。 スープの良い香りがただよってきます。 この時スープからアクをすくい、野菜を取り出すと極上のスープベースが完成します。 今度はタレ用の材料を使ってタレ作りです。 まず調味料をすべて入れ、あれば昆布を入れて煮立たせ、煮立ったら昆布は取り出しザルに入れたかつお節を鍋の中につけて3分待ちます。 かつお節のダシが出たところでザルごと取り出し、鍋へお肉を入れます。 ここから中弱火にかけ片面15分ずつの合計30分煮込みましょう。 ちなみに片面の煮込みが終わった15分のところで煮汁をとり、2倍に薄めてゆで卵をつけこんでおくとおいしいに卵を作ることも可能。 両面の煮込みが終わったら鍋から取り出してよく冷まします。 温かいうちにスライスすると崩れてしまうので注意です。 食品保存用ポリ袋にお肉とタレを入れて空気を抜き、汁が漏れないよう閉じたら冷蔵庫で一晩寝かせましょう。 それ以上寝かせると味がしょっぱくなるため、一晩がちょうどいい味になります。 あとはたこ糸をほどいてスライスしたらできあがり。 歯ごたえがある豚肩ロースチャーシュー 豚肩ロースが特売になった時にぜひ作っておきたい、おいしいチャーシュー。 豚肩ロース肉を使うと豚バラ肉を使った場合よりも歯ごたえが楽しめる仕上がりになります。 しっかりしたチャーシューが好みの方におすすめ。 しかも圧力鍋を使えば自宅で簡単にチャーシューを作ることができます。 そんな歯ごたえしっかりのシコシコチャーシューの圧力鍋レシピをご紹介します。 用意しておく道具は、圧力鍋・包丁・まな板・フォーク。 必要な食材は豚肩ロースかたまり肉1本・しょうが1かけ・ねぎ10cm・ごま油大さじ1。 タレ用の材料はしょうゆ50cc・酒50cc・みりん大さじ2・砂糖大さじ2・水180cc。 初めに下ごしらえをします。 かたまり肉を圧力鍋に入る大きさに切り、しょうがは薄切りにねぎはぶつ切りにしておきましょう。 余裕があればかたまり肉にフォークで全体をさし穴をあけておくと味がしみ込みやすくなります。 そして圧力鍋を中火にかけごま油を熱し、先にしょうがとねぎを炒めたあとでかたまり肉を焼きます。 この時お肉全体に焼き色がつくまでしっかり焼くのがポイント。 焼き色が全体についたら、タレ用調味料をすべて鍋にいれて蓋をし加熱。 シュンシュンと音がし始めたら弱火にして25分間加圧を続けます。 時間がたったあとは火を止めてそのまま放置しましょう。 圧力が抜けたころに蓋をあけて火をつけ中火でさらに煮込みます。 このときこげないようにときどき肉を転がして向きをかえましょう。 煮汁が減ってとろみがついてくればできあがりです。 しっかりした仕上がりになるチャーシューなので温かいまま切って食べても、保存しておいて温めなおして食べてもOK。 たくさん作った時は食品保存用袋やタッパーにいれてしっかり封をし冷蔵庫で保存しましょう。 よく味がしみこみ、煮込んであるため日持ちもする常備食材としても役に立ってくれます。 例えばラーメンの上にのせるのはもちろん、丼にもったご飯の上に千切りキャベツと一緒にスライスしたチャーシューをのせ、タレとマヨネーズをかければ何杯でも食べられるチャーシュー丼に。 刻んでチャーハンの中にいれてもおいしくできあがります。 夕食のメニューに何かたりないと思った時にさっと出すこともできるうれしい一品にも。 歯ごたえしっかりなので形も崩れにくく、おせち料理の重箱にいれておいても人気のメニューに。 またお花見や運動会などたくさんの人が集まる時のおいしい料理としても一気にたっぷり作れて便利です。 かなりさまざまな使い方のできるチャーシューなので作り方をマスターしていつでもできるようにしておくと重宝します。 さらに時間をあまりかけずにできあがるので、忙しい時でもチャレンジできる魅力も大きいです。

次の