袴垂、保昌にあふこと現代語訳。 袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

袴垂、保昌にあふこと現代語訳

袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題 袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題 昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。 a 十月ばかりに衣の用ありければ、衣すこしまうけんとて、さるべき所々うかがひありきけるに、夜中ばかりに、人みなしづまりはててのち、月の朧なるに、衣あまた着たりける主の、指貫のそばはさみて、絹の狩衣めきたる着て、ただひとり笛吹きて、 b 行きもやらず、ねりゆけば、「あはれ、これ【 c 】、我に衣えさせんとて、出でたる人なめれ」と思ひて、走りかかりて衣をはがんと思ふに、あやしく物のおそろしく覚えければ、そひて二三町ばかりいけども、我に人こそつきたれと思ひたるけしきなし。 かやうにあまたたび、とざまかうざまするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。 「希有の人かな」と思ひて、十余町ばかり具して行く。 「さりとてあらんやは」と思ひて、刀を抜きて走りかかりたる時に、そのたび笛を吹きやみて、立ち帰りて、「こは、何者ぞ」ととふに、心も失せて、 d 我にもあらで、ついゐられぬ。 又「いかなる者ぞ」ととへば、「今は逃ぐとも、よも逃がさじ」と覚えければ、「ひはぎに候ふ」といへば、「何者ぞ」ととへば、「あざな袴垂となん言はれ候ふ」と答ふれば、「さいふ者ありと聞くぞ。 あやふげに、希有のやつかな」と言ひて、「ともにまうで来」とばかり言ひかけて、又同じやうに笛吹きて行く。 この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじと覚えければ、鬼に神とられたるやうにて、ともに行く程に、家に行きつきぬ。 いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。 aQ1 家のうちに呼び入れて、綿あつき衣一つを給はりて、「衣の用あらん時は、参りて申せ。 心も知らざらん人にとりかかりて、汝あやまちすな」とありしこそ、あさましくむくつけく恐ろしかりしか。 aQ2 いみじかりし人のありさまなりと、とらへられて後、語りける。 問1 文中で撥音便化していて撥音が表記されていない語はどれか、その本来の形を記して答えなさい。 問2 a 十月の読み(異名)を現代仮名遣いのひらがなで記しなさい b 行きもやらず・d 我にもあらでを口語訳しなさい。 cの空欄に2字の助詞を記しなさい。 advanced Q. 1 aQ1 家のうちに呼び入れて、綿あつき衣一つを給はりて、「衣の用あらん時は、参りて申せ。 心も知らざらん人にとりかかりて、汝あやまちすな」とありしについて、保昌がそうしたのはなぜか説明しなさい。 advanced Q. 2 aQ2 いみじかりし人のありさまなりとは、ここでは具体的にはどういうさまを言うものか、15字程度で記しなさい。

次の

大至急 古典訳お願いします。

袴垂、保昌にあふこと現代語訳

テスト勉強に活用してみてください。 その1 問1 「いみじき盗人」の意味は? A 並々ではない恐ろしい盗賊 問2 「十月」の旧暦の読みは何か? A かんなづき 問3 「さるべき」のここでの意味は? A 強盗するのにふさわしい 問4 「指貫」の読みは? A さしぬき その2 問5 「行きもやらず、練り行けば」の意味は? A 急いでいくこともなく、ゆっくりと静かにいくので その3 問6 「我に人こそ付きたれと思ひたる気色もなし」を現代語訳せよ。 A 自分に人がついていると思っている様子もない その4 問7 「走り退きぬ」は、誰がなぜしたのか? A 袴垂が、保昌に襲いかかることができそうもなかったから。 問8 「つゆばかりも騒ぎたる気色なし」を現代語訳せよ。 A 少しも慌てている様子がない。 問9 「稀有の人かな」と思ったのはなぜか? A 何度も襲いかかろうとしているのに、 少しも騒ぐ様子がないから。 その5 問10 「さりとてあらむやは」意味は? A そうは言っても、このままでいいのだろうか、いや良くない 何の進展もないのは良くない。 問11 「我にもあらで」とはどういう意味か? A 茫然自失の状態で 問12 「つい居られぬ」を現代語訳せよ。 自然と膝をついて座ってしまった その6 問13 「今は逃ぐとも、よも逃さじとおぼえければ」を現代語訳せよ。 A、たとえ今逃げたとしても、 まさか自分を逃す事はないだろうと思われたので その7 問14 「さ」の指示内容は? A 袴垂となむ、言はれ候ふ その8 その9 問15 保昌の発言にはどんな意図があるか? 袴垂にこれ以上罪を犯させないため。 人々が袴垂に襲われることを阻止するため。 その10 問16 今回の文章の中心的なテーマは何か? A 保昌の人間としての器の大きさを表している 以上です。 テスト勉強の参考にして、頑張ってください!!.

次の

袴垂、保昌に会ふこと(「宇治拾遺物語」) 問題

袴垂、保昌にあふこと現代語訳

はじめに かつて平安の都に袴垂 (はかまだれ)という盗賊がその名を轟かせていました。 数々の悪事を重ね、彼には懸賞金が掛けられほどだったと言います。 今回は『今昔物語』『宇治拾遺物語』『続縁古事談』や歴史史料にも登場する、ある袴垂という男の話です。 袴垂とは? さて、袴垂というのは本名ではありません。 本当の名は藤原保輔 (ふじわらのやすすけ)と言われています。 藤原保輔は平安時代中期の人で、右京大夫・藤原致忠 (ふじわらのむねただ)の子です。 日本の主要な氏族の系図をまとめた『尊卑分脈』にもその名は記されており、勤めた官職の名前を並べた後に「本朝第一の強盗の大元」だと記されています。 袴垂保輔の罪歴 官人だった藤原保輔ですが、彼の悪行はかなりのものでした。 貴族が集まる宴会で傷害事件を起こしたり、自分の兄を捕まえた検非違使を弓で射たり、貴族の屋敷への強盗するなどの罪を重ねています。 『今昔物語』にはその袴垂の人物像を 「肝っ玉が大きく、腕力も強く、足も速く、腕も利き、頭も良かったので、世に並びなき人物だった」 とまるでヒーローのような持ち上げています。 しかしなぜか彼はその才能を他には使わず、隙を窺っては人の持ち物を盗むことばかりに使って泥棒稼業を続けていたのでした。 『今昔物語』には藤原保昌 (ふじわらのやすまさ)という男の剛胆さを示す話しに、脇役として袴垂が登場します。 追いはぎを試みた袴垂が、保昌にやり込められて、最後には彼の家で衣服を与えられて畏れ入る、という話です。 『宇治拾遺物語』には、保輔が自分の家の蔵の床下に穴を掘り、商人を蔵に呼んで商品を買ったあとに、穴の中に次々と商人を突き落として殺していたという説話もあります。 かなり残酷なこともする男だったようです。 そんな彼も一度は捕まえられて獄舎に入れられました。 しかし、大赦があって世の中にでてくると、その途端に人を殺して衣服や武具、馬を奪ってしまいます。 そしてすぐに仲間を集めて20~30名の徒党を組み、強盗集団を結成しています。 切腹第一号の袴垂保輔の最期 やがて、袴垂保輔にも検非違使という警察の役目をする役人たちの手が伸びます。 彼を捕まえた者には恩賞が出ると発表され、保輔は手下に密告されてしまいます。 なんとか追っ手から逃げ剃髪・出家しましたが、代わりに父親の致忠が捕まえられて、拷問に掛けられ、ついに保輔も捕縛されて獄に繋がれてしまいました。 保輔は捕まる際に自分の腹部を刀で切り、腸を引きずり出して自害を図ったといいます。 そして翌日、その傷がもとで獄中死してしまいました。 これは、記録に残る日本最古の切腹の事例だったということですが、その死にざまはかなり悲惨だったようです。 988年のことでした。 袴垂と藤原保輔 袴垂は実在した平安時代最凶の盗賊。 藤原保輔についても藤原一族のメンバーでありながら、かなりの悪事を働いた人物らしく、二人とも実在し、活動時期がほぼ一致していることもあって同一人物と考えられています。 彼らの生き方にエンターテイメント性があったのか、いろいろな説話が残されており、史実と創作が混ざってしまっています。 ただ、少なくとも平安京がいかに無秩序で危険な都だったかは伝わってきます。

次の