松本 市 コロナ。 イベント中止のお知らせ

松本市の開店・閉店の地域情報一覧

松本 市 コロナ

長野放送 長野県は松本地域に住む60代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 県内での感染はこれが初めてです。 長野県・阿部守一知事: 「本日、新型コロナウイルス検査の結果、陽性反応が出た方が1名いました。 (県内での)感染者の発生は初めてとなります」 県によりますと、新型コロナウイルスの「陽性反応」が確認されたのは、松本地域在住の60代の会社役員の男性です。 県によりますと、男性は出張で今月14日から17日まで北海道内に滞在。 その後17日から19日まで東京都内に滞在しました。 出張から戻り、20日に倦怠感がありましたが、短時間出社したということです。 翌21日には37度から38度台の発熱があり、松本地域の医療機関を受診。 23日に松本保健所に相談し24日に県内の感染症指定医療機関に入院しました。 採取した検体を調べた結果、けさ、「陽性反応」が確認されました。 男性は発症前2週間以内に海外への渡航歴はないと申告しているということです。 また、県外出張中はマスクを着けていたということです。 現在、男性は入院していますが重症ではなく食事や会話もできる状態だということです。 男性の感染経路は不明ですが、北海道や東京で感染が広がっていることを受け、知事は「県外で感染した可能性が高い」としています。 長野県・阿部守一知事: 「これまでの行動歴を見ると、県外で感染した可能性が高い」 県は男性の行動歴などを調べ2次感染の恐れがある接触者がいないかなどを調べています。 なお、男性の家族には小さい子どもはいないということです。 県の会見: 「県内でのまん延防止、予防をはかるのが第一だと思っている。 行動歴や濃厚接触者の調査が第一ということで、すでにとりかかっている」 長野放送.

次の

長野県内における新型コロナウイルス感染症の動向/長野県

松本 市 コロナ

新型コロナウイルス対策特別資金 資金名 新型コロナウイルス対策特別資金 融資対象者 新型コロナウイルス感染拡大により、事業経営に著しい影響を受けており、次の条件に該当する中小企業の方 ・市内に居住し、かつ市内に店舗もしくは工場を有する方で、6カ月以上の操業実績がある。 ・最近1カ月の売上高が前年同期に比べ10%以上減少している。 (創業1年未満の事業者については、最近1カ月の売上高が、その前3カ月間の売上高の平均に比べ10%以上減少している。 貸付限度額 小規模事業者は運転資金2,000万円 上記以外は運転資金3,000万円 貸付利率 0. 6%の全額を市が3年間負担し、4年目以降に年0. 8%へ利率を変更しています。 セーフティネット保証条件等 セーフティネット保証4号 セーフティネット保証5号 危機関連保証 対象 中小企業者 原則として最近1か月の売上高等が前年同月比20%以上減少し、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高が前年同期比20%以上減少することが見込まれる。 指定業種に属し、次の要件を満たすもの。 1 最近3か月の売上高等が前年同期比で5%以上減少している。 最近1か月の売上高等が前年同月比15%以上減少し、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高が前年同期比15%以上減少することが見込まれる。

次の

長野県松本保健所管内の新型コロナウイルス感染者は誰?感染経路や入院先の病院はどこ?│ひつまぶしブログ

松本 市 コロナ

長野放送 長野県は松本地域に住む60代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 県内での感染はこれが初めてです。 長野県・阿部守一知事: 「本日、新型コロナウイルス検査の結果、陽性反応が出た方が1名いました。 (県内での)感染者の発生は初めてとなります」 県によりますと、新型コロナウイルスの「陽性反応」が確認されたのは、松本地域在住の60代の会社役員の男性です。 県によりますと、男性は出張で今月14日から17日まで北海道内に滞在。 その後17日から19日まで東京都内に滞在しました。 出張から戻り、20日に倦怠感がありましたが、短時間出社したということです。 翌21日には37度から38度台の発熱があり、松本地域の医療機関を受診。 23日に松本保健所に相談し24日に県内の感染症指定医療機関に入院しました。 採取した検体を調べた結果、けさ、「陽性反応」が確認されました。 男性は発症前2週間以内に海外への渡航歴はないと申告しているということです。 また、県外出張中はマスクを着けていたということです。 現在、男性は入院していますが重症ではなく食事や会話もできる状態だということです。 男性の感染経路は不明ですが、北海道や東京で感染が広がっていることを受け、知事は「県外で感染した可能性が高い」としています。 長野県・阿部守一知事: 「これまでの行動歴を見ると、県外で感染した可能性が高い」 県は男性の行動歴などを調べ2次感染の恐れがある接触者がいないかなどを調べています。 なお、男性の家族には小さい子どもはいないということです。 県の会見: 「県内でのまん延防止、予防をはかるのが第一だと思っている。 行動歴や濃厚接触者の調査が第一ということで、すでにとりかかっている」 長野放送.

次の