イボコロリ 液体。 いぼを液体窒素で治療した方、教えてください。困ってます。

【市販イボ治療薬】イボコロリは効かないって本当?その成分と正しい使い方

イボコロリ 液体

イボコロリの効果 ウイルス性イボの治療薬と言えばイボコロリなんじゃないでしょうか。 昔からあるロングセラー商品です。 サリチル酸が10%入っていて、これが皮膚をふやかして剥がして治していきます。 使ってみた感想 使い心地は接着剤を塗っているみたいです。 しかも速乾性のあるアロンアルフアみたいなサラッとした液体です。 これを使うと薄い膜になって膜が付いている間は(手洗いの時など段々落ちてくることがある)サリチル酸が効いているみたいです。 1日4回塗りなおすように説明書きがあったのですが、イボの数が多い場合は塗りなおすときに薄い膜をはがさないといけないので結構手間と時間がかかります。 効果があるのか? イボコロリを使ってみて思ったのは、薄い膜をしっかり剥いでいかないと効果が薄いんじゃないかということです。 薄い膜はその下の皮膚をふやかして剥がしやすくしますが、柔らかくなった皮膚を取っていかないとイボが取れて来なかったです。 でき始めのイボに効果的かも 増えたイボにもイボコロリを使っていましたが、でき始めのイボにはかなりの効果があったように感じました。 でも根が深くなってしまった年季が入った古いイボにはあまり急激な効果が感じられませんでした。 皮膚が厚くなっていないでき始めのイボにイボコロリを使うとあまり痛みもなく楽に治せると思いました。 皮膚科での液体窒素治療の効果 皮膚科でスタンダードな治療は液体窒素でイボを焼く方法みたいです。 他にもレーザー治療とかがあるようですが最終的な方法なのか、私が行ってみた皮膚科では勧められたことはありません。 (治療も自費診療なのかも) 液体窒素で焼く方法はイボを火傷みたいな状態にします。 火傷をさせて新しい皮膚を作れば良いので焼き火箸なんかで焼くのと同じですが、熱いよりも冷たくして火傷させた方が皮膚の治りが良いらしいので皮膚科で焼いた方が良いみたいです。 自分でイボを焼く人も イボを自分で焼いている人もブログで見かけました。 根が深いイボなら効果が高いように見えましたが、火傷でケロイド状になるほど焼いてしまうと傷跡が残るので私は自分で焼くのは怖いなぁと思いました。 (なので試してない) 自分でイボを焼いている人は鉄の塊とか線香とかを使っていました。 鉄の塊は持つところが無くて落として大やけどしそう…線香は途中で折れそう…なのではんだ小手とか意外に持ち手もついていて使えるような気がしました。 (実際使ってみてない、怖くて使えないけど) 長引く治療 皮膚科の治療に1年近く通いましたが…まだ全く治る気配がないです。 出来かけのイボ、新しいイボは液体窒素で焼けば割とすぐに治りましたが…。 1年くらい放置したようなイボは変化があまり感じられませんでした。 皮膚科の先生に聞いても年季が入ったイボは年単位で治療期間が必要らしいです。 1回の治療費は1000円くらいなので年間治療費に2万円くらいかかるのが痛いです。 皮膚科に行く時間が無い、早く治したい!という場合はイライラさせられるような気がします。 顔のイボには皮膚科が良いと思う ただ、安全重視で傷跡のケアまでしたい場所にイボが出来てしまったなら皮膚科での治療が良さそうだと思います。 顔とかのイボは傷跡のアフターフォローが無いと怖いですね。 皮膚科なら傷が残らない治療法やクリーム、ケア方法などのノウハウが多いし、化粧品売り場の美容部員に相談するよりも医師に相談する方が効果が高い薬を出してくれると思いました。 ただあんまり美容の治療に熱心になると保険適応にならなくなると思います。 イボの治療後の傷跡処理は相談しやすくていい方法を探してくれるのが美容部員か皮膚科医か?という問題かもしれないです。 リンゴ酢の効果 海外ではイボをリンゴ酢を使って治療する方法があるようなのでやってみました。 リンゴ酢を塗っていくと皮膚が柔らかくなって剥げ落ちる…という方法なのでイボコロリと同じ原理です。 ピーリングっぽい リンゴ酢を使ってみた感想はピーリングのような使い心地だと思いました。 ゆっくりじっくり剥がしていく感じ…。 まるで酢漬けのような工程で皮膚が柔らかくなっていきます。 ピクルスみたいに皮膚の色が変わってしぼんでいく感じです。 浸透圧かなんかなんでしょうか。 酢が臭う リンゴ酢の特徴として、使っているときの匂いが強烈です。 酸っぱくて香ばしい匂いがします。 近くに寄ると普通の人の匂いじゃないので、ちょっとした異臭を放つ人になりそうです。 なので使い方としては夜寝る前から朝にかけて使うとか、休みの日に自宅でゆっくり使う方法が良いと思います。 リンゴ酢はかなりふやける リンゴ酢の効果で目を見張るものは…皮膚がかなりふやけることです。 お風呂に長い時間入った時みたいにふやけます。 しかもただふやけるだけじゃなくてイボで固くなったところの皮膚は茶色とか真っ黒になってきます。 リンゴ酢で黒くなった皮膚をはぎ取る リンゴ酢を使って黒くなった部分はイボ、もしくは死んだ皮膚であるようなので容赦なくはぎとれます。 粘着テープの効果 粘着テープをイボに貼って窒息させると治るという方法がありましたのでやってみました。 結果的にこの方法はうまくいかなかったんですが、季節がよければ効果がありそうです。 粘着テープを密着させる イボの呼吸が止まればポロっと取れる、と言われているのがこの粘着テープ療法みたいです。 イボコロリやリンゴ酢はイボを柔らかくして取る、液体窒素はイボを焼いて取る、という方法に対して粘着テープはイボを酸欠にして取る…みたいな方法のようです。 ウィルス性のイボは根っこに血管を呼び込んでいるので厳密に言うと酸欠になるはずは無いですが、イボが柔らかくなって取れるようです。 密着するテープを選ぶ テープを貼るとイボが窒息状態になるかどうかは疑問が残りますが、自分の汗でふやけてくるのは間違いないです。 ばんそうこうを張り続けていた部分が真っ白にふやけることがありますが、あの状態になります。 ちゃんと元の状態に戻るか心配になるくらいふやけます。 夏場ははがれやすい、かぶれやすい 私が粘着テープ療法を試したのが真夏だったせいか、テープがはがれやすいです。 はがれると狙った部分に密着していないので健康な皮膚だけがふやけていたりします。 イボがふやけてこないと削り取れないのでテープを貼る意味がなくなります。 粘着テープ療法はとにかくテープを張り続けるのがポイントなので途中で剥がれてしまうと効果が薄くなるということらしいです。 あと、粘着テープのベタベタしたのが皮膚について汗と交じって痒くなりました。 足の裏、手のひらにはお勧めしない 粘着テープ療法は腕とか脚とかテープがずれにくくて汗が溜まらないところのイボには効果が高いと思います。 でも足の裏だと蒸れたり歩いたりするうちにずれてきて結局はがれたりして、靴下の中にテープだけが残されて洗濯機に引っかかる…なんてことになります。 同じように指にイボが出来た場合も手洗いのたびに密着しなくなって結局剥がれます。 そもそも指に粘着テープが貼ってあること自体、すごく目立つのであんまりやりたくない方法です。 ずれなければ良く効くらしい 粘着テープ療法はテープがずれなければすごく効果があるようで、私も期待していました。 ある日、テープを交換するときにイボごとポロっと取れるみたいです。 ふやけてしまったイボ周辺の皮膚もちょうどいい境で剥がれるみたいなのでイボが取れる時は気分爽快そうです。 イボのできた場所が擦れない部分、関節のような場所でなければ簡単にできる方法なのでおすすめできるような気がします。 ただ、真夏は無理です。 汗だくで剥がれます。 サリチル酸のテープ 私が一番効果が高いと感じたのがサリチル酸が浸透しているテープです。 ちょっと厚みがあるクッションテープみたいな、シップみたいなテープです。 サリチル酸テープの効果 寝る前から貼って朝起きたら取り外す方法で1週間使ってみたところ、劇的な変化がありました。 まず、皮膚が健康な皮膚も含めてベロンと一枚とれました。 それでも頑固はイボは根っこが残りましたが、出来立てのイボはかなり一掃されました。 粘着テープと同じように真夏は剥がれやすいです。 でも寝ている間だけ付けるだけなので、朝までなら剥がれずに持ちます。 朝は剥がれそうなイボをはぎ取ってイボコロリを併用する使い方をしました。 ベロベロと剥がれるので早く治りそう サリチル酸テープを貼ったイボはテープを貼った周囲の健康な皮膚もろともベロベロに剥がれるようになります。 なので、ちょっと怖い薬でもあります。 フリーサイズのサリチル酸テープの説明書きにもイボよりも小さめにカットして使うように書いてあります。 Amazonのベストセラーだったから買ってみた イボコロリを薬局で買っていたんですが、イボの数が多すぎてすぐにイボコロリが無くなります。 ちょうど切らしたときにAmazonでイボの薬を探したところ、スピール膏というものを見つけました。 サイズが変えられるパッドも入っている サリチル酸がしみ込んでいるテープを使うとイボ周りの健康な皮膚も一緒に剥げてしまいますが、スピール膏は薬液の範囲を変えられるシートが付いているのでイボだけをピンポイントに狙って貼れます。 健康な皮膚を傷めることなくイボだけポロっと取れるので一つだけイボがある人はすごく便利な薬です。 ただ…うちの場合はイボがすぐ隣に並んで出来てしまったのでこのテープじゃダメでした。 たくさんできたイボにはフリーサイズテープ うちみたいに指にイボがたくさん並んで出来てしまった場合はフリーサイズのサリチル酸テープがおすすめです。 イボの形に合わせて切ってサージカルテープで貼り付けます。 小さなイボがたくさんできた場合はこれが一番便利な方法だと思いました。 フリーサイズのサリチル酸テープにもイボにあたるサイズを変えるパッドが入っているのでいろんな大きさのイボに対応できます。 私はマツキヨブランドで見かけたのですぐさま買いました。 800円くらいです。 amazonでもフリーサイズのサリチル酸テープが売っていて、約500円くらいなのでAmazonの方が安かったです。 1週間で小さなイボが無くなる サリチル酸テープを毎日貼り付けること約一週間。 小さなイボがぽろぽろと取れるようになりました。 テープを貼ったところはふやけて真っ白になっていて、元の状態に戻るのか心配になるほどでした。 (すぐに元に戻ったので安心したけど) 古い皮膚が真っ白になって下に新しい皮膚ができた状態でイボをむしるときれいに取れてなくなりました。 まとめ 手にできたたくさんのイボはフリーサイズのサリチル酸テープがおすすめです。 粘着テープ療法は真夏は避けた方がいいかもしれません。 顔のイボ、目立つ場所のイボは皮膚科でフォローを受けながら治療したほうが傷跡が残りにくいと思います。 イボコロリと皮膚科での液体窒素治療は結構時間がかかるような気がします。

次の

イボ2年目!イボコロリを使ってみたら痛い…。1ヶ月後は?

イボコロリ 液体

イボが1つから3つに増えてしまった。 こらあかんわとなったので、2年ほど前に10回ほど通った皮膚科の病院に再訪する。 イボ1つ治すのも大変やのに、3つになってしまい、困ったことになったなぁと頭を抱えた。 病院での治療は、以前と同じくである。 手術という手段もあるが、100%取り除けるとはいえず、すこしでもウイルスが残れば再発する。 したがってで地道にやっていくのが望ましいと医者が言い、私はその提案を受け入れた。 というか、こちらにイボについての知識などないから従うしかない。 攻撃箇所が3か所になったので、以前よりも痛い。 ただし治療代は、数が3か所以内であれば同料金。 ほったらかしていたら増えてしまい、完治させるには3か所も治さなければならない。 さらに増える可能性もある。 さすがにこれはヤバいと思った。 ブログを見ると、多くの人が自分でやれる治療法をいろいろとしている。 私が最初に試したのは、シールタイプの である。 これはで皮膚を溶かすことで、タコや魚の目やウイルス性イボを治すものだ。 私はとを併用しようと考えた。 を当ててもあまり効果がないのは、表面から焼いても皮膚の奥まで入り込んでいるウイルスに届いていないからだ、と考えた。 したがってで皮膚を溶かし、奥まで届く状態にしたうえでを当てれば効くのではないか。 下の写真は、一度だけの攻撃がうまくいき、皮膚の奥まで溶けた状態。 ウイルスが露出している。 2年物なので、大きい。 下は、治療の翌日の足。 激痛のため、血色が悪い。 で皮膚を溶かすと、白くなり、さらに溶かすとその部分がとれる。 この併用策を医者には言っていない。 言えば、余計なことはするなと言われる可能性がある。 ということで医者はそのことを知らないわけやが、診察のときに、でなくによって患部が溶けた状態の足裏を見せると、医者は瞬時に「いい!」と言った。 これはが効いている証拠だと、1年以上やってもウンともスンともならない人もいるのに、これはいいよと言われた。 皮膚科の医者が皮膚の病気の認識を間違えている。 私はこいつに不信感を抱いた。 イボ治療に関して調べ、知識が増えることでわかったことは、 を勧めてくる皮膚科の医者は、ダメな医者やということ。 では、おそらく90%ぐらいの確率で治らない。 激痛を伴うし、真面目に1年治療すると4万円ほどかかる。 医者からすれば、を当てるだけの作業である。 これほど楽な治療法などないだろう。 したがってを勧める医者は、患者のことなど一切考えない、己の金儲けしか考えていないクズ医者だ。 少なくとも私はそう考える。 治らんわ激痛でその日は歩けんわそれが毎週続くわで最悪だ。 何年も治療をして、まったく治らない不幸な人もいる。 例外として、のだめな点をきちんと説明したうえで、「自分の病院や他の病院で手術やレーザー治療もできるが、それでもで治療したいとあなたが判断するのであれば、うちでの治療はできますよ」と、そこまで説明するなら頭がまともな医者だ。 私の認識では、ほとんどの皮膚科の病院でウイルス性イボの治療はで治そうとするが、ほぼ治らないとわかっていてそれを勧めるのはどういうことか。 とはいえ、この間によいこともあった。 私が再通院を始めたのは5月で、との併用は6月からである。 ととの併用策は功を奏し、新しく増えた真ん中のイボは消滅し、治ったのである。 ただし客観的にみて、だけなら治らなかったと思う。 併用攻撃で表面の皮膚が剥けるが、 ウイルスはもっと奥にいる うれしかったが、まだ2つも残っている。 残っているが、このあたりからの痛みが嫌になってきた。 その日は痛みで満足に歩けなくなるのも厳しい。 それをして、いずれ治るのならば我慢するが、結局は治らない。 とどめは医者に、患部が白くふやけているのはのおかげと言われたこと。 それはまったくの勘違いで、で皮膚を溶かすことでこうなった。 これらの経験を経て思ったのは、「結局、医者からすれば自分の病気ではないので、こいつらにとっては患者の病気などどうでもいいのだろう」。 こんなもんあほらしいと思い、9回の通院でやめた。 自力で治そうと決めたのだった。 私の選んだ治療法は、とともに、 での治療である。 がイボに効くとのことで、これをガーゼのような物に染み込ませ、患部に当て、テープで止める。 早くて1時間、少なくても1日に数回は交換する。 あとになってわかったが、も皮膚を溶かす効果がある。 したがって患部にそれを当て続けると、徐々にではあるが皮膚が溶け、さらに皮膚の奥まで溶けていくと、沁みて痛みが出てくる。 しかしながらを何か月も真面目にやった結果、ある程度皮膚は溶けるが、イボに対しての効果はほぼなかった。 したがって治療はすべきでない。 私の経験上では、 でイボを治すのは無理やと考える。 次に試みたのは、「 患部を線香で焼く」。 今になって振り返るとバカやが、ネットで知り、当時はこれで治そうと本気で考えた。 、での治療もしつつ、である。 風呂上りの、皮膚が柔らかくなっている状態で線香を当てる。 欠点はもちろん、痛いこと。 ただし痛いからこそ、治りそうな気にもなる。 これも1か月半ほど試したが、効果なし。 線香で皮膚を焼けば激痛なので、夜がくるのが怖くなってくる。 そうこうしていると、(2016年の)10月ぐらいに、ウイルス性イボが無かった左足の薬指の側面に、イボが2つもできてしまった。 靴下か、家の床からウイルスが移ったのだろう。 これで計4つになり、なおかつ両足にできたことになる。 ここにきてやっと理解した、 自宅治療でイボを治すのは不可能であると。 私のイボ日記 suzaku-umenoya.

次の

顔にイボが出来てしまったのでイボコロリを使ってみた、本当は禁止です

イボコロリ 液体

液体タイプの使い方 キャップを取ると棒が付いています。 この棒に薬剤の液を一滴ずつイボに付けます。 一気に付けるのではなく、すこしずつ付けるのがポイントです。 イボ以外の皮膚につかないように気を付けてくださいね。 薬剤を塗ると、すぐに乾きます。 あっという間に乾くので、初めて使う人は驚くかもしれません。 乾くと白くなります。 薬剤が乾いて白くなったら、そのままにします。 水仕事もお風呂にも、そのまま入れますよ。 1日に4回塗ります。 次に塗るときに、白くなった薬剤を剥がします。 剥がしてから、新しく塗ってください。 もし、剥がれない場合はムリして剥がさなくても大丈夫です。 剥がれないときは、そのまま新しく塗ってください。 何日か塗っていると、イボが柔らかくなっていることに気づきます。 「イボが取れそう。 」 と感じたら、ピンセットなどでイボを取り除いてください。 指先で取れるかもしれませんが、できれば清潔にしたピンセットなどを使うようにしてください。 もし、痛みを感じたら取り除くのは止めましょう。 その時は、もう一度イボコロリを塗り直して様子を見てください。 お風呂などで、イボや皮膚がふやけている時が取りやすいですよ。 一度で、イボが全部取れなかったら、もう一度薬を塗ります。 完全にイボが取れるまで続けてください。 イボが取れると、皮膚に穴が開いた状態になります。 初めてイボを取る人は、穴が空いているのを見て、ビックリするかもしれません。 でも、不思議と痛みも感じないんです。 あいた穴も、数日経てば塞がります。 周りの白くふやけた皮膚も、キレイに剥がれます。 そうなると、イボコロリでの治療は完了です。 絆創膏タイプの使い方 絆創膏に薬剤が染み込んだ部分があります。 そこをイボにあてます。 絆創膏のように、貼ります。 2~3日貼りっぱなしにします。 「貼りっぱなしにするの?」 と驚かれるかもしれませんが、2~3日は剥がさず貼り続けてください。 貼りっぱなしにしている期間中に、テープが剥がれたり、ずれたりした場合は、新しく貼り直してください。 絆創膏を剥がしたときに、イボも一緒に剥がれそうになります。 もしくは、一緒に剥がれてきます。 後は液体タイプと同じく、ピンセットなどでイボを取り除きます。 痛みを感じたら、ムリに取り除かないようにしましょう。 一度で、イボが取りきれなかったら、もう一度絆創膏を貼ってください。 あとは、液体タイプと同じようば肌の状態になります。 液体タイプは、1日に4回も塗り直さなくてはいけません。 ですが、絆創膏を貼れない場所、剥がれやすい場所では、液体タイプがいいでしょう。 絆創膏タイプは、貼りっぱなしにしますのでケアが楽です。 ただし、剥がれやすい場所では向いていません。 イボができている場所や、自分の生活に合わせて、液体か絆創膏タイプかを選んでくださいね。

次の